軒下での仕事と息子のミッション

15日は朝から雨降りで薄暗く涼しいので、連れ合いや息子は寝ている。
その間に土いじりを少しした。

ホームタマネギの球を買って来たなかから8個だけプランターへ植えた。
プランターでホームタマネギ
12月から1月に収穫できるそうな。
畑へも植えたかったけど準備が出来ていないし、雨降りなのでやむを得ずそちらは後日に回す。


紅白のはつか大根の種が残っていたのでこちらもプランターへ蒔いた。

再生土にはつか大根


今回息子のミッションはわがパソコンに関する限りでは「chromeでRSSフィードで新規に登録する方法」と外付けブルーレイでテレビでダビングした物を見ようとしても出来ないという事。
また、WOWOWオンデマンドを使う方法はあるかという事。


「RSSフィードで新規登録」については以前はPC内で出来た事がフィードのサイトへ行ってやることになったらしく、その方法を書き留めてくれたので試したら出来た。

WOWOWオンデマンドについてはIDとパスワードを書いておいてくれたのでテレビで見逃した番組などを見れるようになった。
見逃した1話と2話

使い終わったらログアウトしておく事を忘れないように。


外付けブルーレイに付属しているソフトの更新が出来なかったが「管理者として更新」をしていなかったためと分かった。
ブルーレイディスクを入れてソフトを立ち上げても動かないのは、ノートパソコンとモニターを繋いでいるケーブルがアナログだから駄目だと判明。
映像と音声が一緒になっているHDMIケーブルが必要でそれに変えた。
そしたら今まではモニターからではなくスピーカーからの音声だったのがモニターの音声になってしまった。
音が悪い。
自分には全く分からないが、モニターを経由してスピーカーから音声を出す事にしてくれた。

経由しているせいか、今までより音量が小さいと思う。

流石の彼もこれらは簡単にはいかなかったようで、出来た時は「よっしゃ!」とガッツポーズをしていた。

ミッションを終えて早々に帰って行った。
サンキュー!
20170815今日のメモ

あっちこっちへお参り

帰省した息子も一緒に主人の実家・自分の実家のお仏壇へお参りと双方のお墓参りを午前中にすませた。

曇り空で比較的涼しくて楽だった。

午後は胃を三分の二摘出の手術して退院してきた姉の家へ。
「先ほどまでネギの植え替えをするための手伝いをしていた」そうである。
ネギの皮を剥く作業である。

細くはなっていたが歩けないことはないし、食欲はある。
但し、用心しつつ食べているとか聞いてひとまず安心した。

つづいて、昨年9月に息子に先立たれた姉のところへ。

先立たれたショックは流石におさまったらしいが、今後の事など心配の種は尽きないようである。
黙って聞いてやること以外は何もできない。

姉たちの家へも息子が付き合ってくれたのが嬉しかった。
何年も会わない伯母たちだから、もしかしたこれが最後だったという事にもなるかもしれないと思ってくれたのだろうか。

お参りに終始した14日であった。



合間に息子がテーブルで何やら開いているのでちょっと覗いたら、学生さんの期末試験の採点をしていた。

河川環境工学のテストに読み方が2問設問してあった。
「天端」と「法面」である。
法面(のりめん)は分かったが「天端」が読めなかった。(てんば)だそうである。

ユニークアンサーでは「てっぱん」あるいは「あまはし」というのがあった。

採点をしている先生も、昔々の中学時代にこれと同様の読みを書いて大いに笑われた事があるのだ。
「若干」を「わかぼし」とフリガナをしたのであるから、学生諸君もそう恥じることはないかも知れない。




未だトマト攻撃止まず。

夕食の一品に「ラタトゥイユ」
その残りで朝食にピザトーストとし、スープはレタスとトマトである。
レタスとトマトのスープ

こちらのトマト入りオムレツは前日主人と分けあって食べた。
トマト入りオムレツ



本いろいろと退化した脳

読書月間と銘打って予約した本や希望の本を5冊も借りてきてある。

「福袋」 朝井 まかて 8つの短編集 よかった。
「デンジャラス」 桐野 夏生 谷崎潤一郎を巡る女性たちを3番目の奥さん松子の妹の視点で描いている。

と、ここまでは面白くてずんずんと読み進んだ。

米沢穂信の2冊 「満願」と「王とサーカス」を読みだして、共に読んだことがあるなあと思った。
借りてきた記憶はないし、自分で本も買っていないので不思議に思いつつ念のためと自分の記録を検索した。
2017年には該当なし。
2016年で検索したら何と、11月から12月に借りて来てある。
途中で放棄したとも書いてないので一応最後まで読んだのだろうが、感想も書いてないので印象が薄かったのだろう。

それにしてもまだ1年も経っていないのに読んだ本を失念するとは・・・
やはり老化・退化が始まっているのは間違いない。


後の一冊は宮尾登美子の「天涯の花」。

これはNHKテレビ 新日本風土記「四国山地」で、石鎚山と剣山を見て、ずっと昔にこのどちらかの山の神社の神官の家へ貰われていった少女の話を本で読んだことが思い浮かんだのである。

本の題名も作者も覚えていないが昭和30年代の険しい山の中で暮らすという事だけを頼りにし調べた。

石鎚山が登場する小説では天童荒太の「永遠の仔」だった。
剣山に関係する小説では宮尾登美子「天涯の花」だった。

剣山の方だった。
これはもう一度読んでみたいと、借りて来たのだから再読でも納得済みである。

寂しい山の中で彼女が癒される花や植物たちのうちキレンゲショウマ。
その当時はどんな花か今のように検索すればわかる時代ではなく、表紙の絵で見るだけだった。
改めて見ると神々しいばかりの花である。

天涯の花のキレンゲショウマ


こうして読書月間は過ぎ去っていく。

過去の天気のデータを見る

noriheraさんのブログに書かれていた、過去の天気データを調べる方法。


ヤフーの天気はもっぱらこれからの予報などを見ていたが、こんな風にも使えるのだと初めて知ったのである。

ヤフーの天気

右下の方の「過去の天気」をクリック
過去の天気

地域を指定
過去の天気地域を指定

月を指定
過去の天気地域月を指定

過去の天気地域月

クリックでその日の15時のデータも見れる(7月31日は暑かった)
15時のデータへリンクも出来る

以前は夏休みの終わりごろになると過去の天気などが発表されて子供たちの宿題の手助けをしていたが、今時は気象台に尋ねなくてもいいのだな。



山の日だった

昼間は今日8月11日が山の日であることは覚えていた。


夜、NHKの番組で「北アルプス大縦走・ドローンカメラで絶景ハンティング」を途中から観た。

手持ちのカメラと共にドローンを飛ばして撮影した画像は素晴らしかった。
いわゆる岩峰の岩の肌の細やかなところなどとても臨場感があり、霧の流れるさまも見惚れた。
特に滝谷に入り込んで舐めるようにその絶壁を映したのは秀逸だと思った。

最後に案内の杏が「皆様もご自分の足で山へどうぞ」と言ったので「ああ、山の日のための特集番組なのだ」と思い至ったのである。

そういえば「エベレスト 神々の山嶺」というのもやっていたのはそのためか。(こちらはもう観たので興味がなかったが)



SachiさんのW1131枠テキストを参考に、少しだけ変更して今咲いているランタナとマンデビラを入れた。

w1131waku


プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索