FC2ブログ

枯れたり腐ったり

長雨・日照不足で夏野菜で早くも終わり状態になってきたのがゴーヤにズッキーニ。

枯れたり腐ったりの夏野菜ふたつ

残念だけど仕方がない。
ゴーヤ5本、ズッキーニは沢山採れたのでまあいいでしょう。

カボチャは何とか収穫できそう。
カボチャそろそろ?

はずれた

直木賞の予想が外れた。

午後からのPC同好会の前に、もさもさの木(どうでもいいような皐月など)を切ろと思った。
7時に初めて3時間くらいはやりたいと思っていたが、8時半にはざっと雨が降り出して大急ぎで撤収。

朝ごはんを食べずにスタートすればよかったなあと思ったが後の祭りである。
少しだけ剪定
直木賞に続き、天気予報も外してしまった。
続きはいつできる事やら。


直木賞候補のあと1冊がまだ来ないので葉室 麟 「螢草」を読んだ。

NHKBSドラマ【螢草~菜々の剣~】清原果耶が新たな時代劇のヒロインに挑戦!
というキャッチコピーに踊らされたのである。

『なつぞら』で妹役で出て来た清原 果耶(きよはら かや)が主役。
勧善懲悪。必死にけなげに生きる16歳の少女。
本を読んで大体想像できてしまって、おそらくドラマは1回だけしか見ないだろうなあ。

清原 果耶なら8月3日から再放送の「透明なゆりかご」を観てみたい。(昨年の放送を見ていないので)

今日のGoogle面白かった。月面着陸50周年だとか。


トマトソース二色

焼いて食べたら不味かったイタリアントマトだがかなり採れたのでソースづくりを始めた。
ハーブいろいろと

黄色のどうしようもないトマトも溜まったのでこちらもソースにしようと始めた。
赤と黄煮込む

赤い方は大事にしまっておき、黄色の方から使った。
黄色のソースでパスタ

黄色の方でもこうして加工すれば食べられなくはない。
黄色のトマトに罪はない。 食べきってやらないと可哀そうだから・・・

直木賞選考委員の講評

6月に発表された第161回直木賞候補作品が17日の選考会にて受賞作が選ばれる。
受賞した作品もさることながら、審査員による「選評」も楽しみである。
日本文学振興会の評議員で直木賞担当のそうそうたるメンバーが各候補作品についていろいろ感想などを言ったりするを後から読むことが出来る。
作家が作家に向かって「評」をつけるって勇気が要る事だろうと思われるが、かなり辛らつに講評される人もいるみたい。

受賞作一覧という所で過去の選評などを観るのも面白いが、ここは独断で書かれているサイトなので全部信じてはいけない事だけは頭に置いてそれなりに楽しむ。
2019 第161回直木賞候補作品

15日までに候補作6作品中5作品は借りて来て読んだ。
窪 美澄の「トリニティ」だがこれはまだ手に入っていない。
今までの5作中でneko選考委員が選ぶなら 原田 マハ「美しき愚かものたちのタブロー」である。

今年は国立西洋美術館が開館されて60年。
今しもそこで松方コレクション記念展覧会が開かれているそうだ。
東京国立博物館では松方氏→十五銀行→宮内省という流れの浮世絵展もひらかれているとか。

「日本に美術館を」と西洋の絵画や彫刻を買い集めた松下氏・それに付き添った人・第二次大戦中のパリに残されていた松方氏のコレクションをパリ占領のナチスから守った人・終戦後それらのコレクションをフランスが差し押さえてしまった物を返して欲しいと頑張った吉田首相など、絵画(タブロー)に夢中になり守った人々を描いた作品である。

というタイミングもあって原田 マハの作品が受賞するかもしれないと思うのはミーハー的だろうか?

※ 
午後7時前、大島真寿美さんの「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」が直木賞受賞だった。
neko 選考委員の予想は外れた。

誘引クリップ

ネットの動画でナスやキュウリやトマトなどの栽培方法を見ていると目に付くのが洗濯ばさみみたいなもの。
茎などをテープで引っ張り上げたりしている。
自分の洗濯ピンチを持っていって試しても「違うなあ」

それが先日やっとわかったのでホームセンターへ行って探した。
プロではないし、お試しなのでと買って来た二種類。
紐やテープを挟んで茎や枝を保持するタイプ
茎を支柱に固定する

支柱に固定するタイプは支柱の径によって使えない場合がある。
お試しに第2弾のトマトでやってみた。
第2段のミニトマト状況

紐を挟むタイプで大きくなってきたナスも誘引した。
動画で見るような立派なのではないが誘引クリップが買えたし、理屈も分かってすっきりとした。


こちらも理由が分かってスッキリとした事。

校区での敬老会、昨年は出席した。
どんなものかよく分かったので今年は欠席しようと決めていた。
かなり前に父さんには往復はがきで招待状が届いていた。
彼は欠席だとすぐに返事をしたのだが今年は料理屋さんで行う旨書かれていた。
「あんなに沢山の人を集められる料理屋さんなんて知らんよねえ」と昨年の体育館でも出席者人数から疑問に思っていたし、自分には通知が届いていなかった。

すっかり忘れていたが回覧で回って来たお知らせ。
今年度からは80歳以上、しかも80・83・85・88歳の方のみというやり方に変えたとあった。
忘れていてよかったというか、「何で私には来ないのや」と叫ばなくてよかった。
それにしてもこのお知らせの回覧の日付は6月吉日となっているし、招待状の往復はがきはもうとっくに届いているのにどうした事なのだろうとそちらを疑問に思ったのだった。
プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索