だらだらした火曜日

火曜日はスポーツクラブも休館日だし、雨の後のアジサイを見に行こうか?
それとも延び延びになっている挿し芽した植物の植え替えなどしようか?

朝、起きてすぐはそんな風に考えながらも最初にしたことは、いもこさんのブログに載っていた冷たい枝豆スープを用意しようと枝豆をを茹で、実をとりだして薄皮を向いて100g。
結構な量の枝豆で、買って来てはとても勿体なくて作れない。
どっさりと貰えたので出来たぜいたく品である。(夜まで冷蔵庫で保存。美味いと言って貰えた)

冷製枝豆スープ


そして何日も前からの懸案事項だったとろとろになるまで炒めたタマネギを作ることも始めた。
Lサイズの玉ねぎ6個をみじん切りにし、半分ずつレンジにかけて(3個で600w15分。途中で混ぜる)出来上がったものを炒める。
透明になって水分が飛んだ玉ねぎは後の炒め時間が短縮できる。
こちらは適当にねっとりとしてきたら終了。(6個でやはり15分くらい炒めただろうか)

とろとろ玉ねぎ2017



起き抜けの予定とは全く違い、実際は何処へも出かけず、鉢物もいじらずだらだらとしてしまった。

前日(月曜日)の食べ物たちを紹介する。
ビールのお友達

ズッキーニで二つ

①は「案外いけるやないか」
②は「今一やなあ」
の感想を頂戴した。自分も同感だった。

ピーマン類とトマト

例年は前年の種を蒔いて作った長いシシトウ。
今年は苗を買った。万願寺唐辛子(接ぎ木)1本
カラーピーマン(と書いてあった)赤・黄1本ずつ(接ぎ木ではない)も買った。

万願寺の方は数本採れ、ほかの野菜と炒めたら柔らかくて美味しかった。
カラーピーマンは巨大化しつつある。
カラーピーマンが色づくのは?

軸の谷間に挟まってしまっていたのを青いまま収穫した。
緑色で採ったカラーピーマン

細切りにしてもやしと炒めたらこちらも美味しかった。
普通のピーマンは作っていないので、グリーンのが欲しいときはこうやって色づく前のを取ればいいのだと納得した。


種蒔きしたイタリアントマトも少しずつ採れ始めている。
トマト5月24日の様子


カラー(地植えの白)の開花後に種が出来ていた。
カラーに実と白い蝶


「キャロル」と「プロバンスの休日」を観た

内容も知らないままに録画してあった「キャロル」と「プロヴァンスの休日」を観た。

いやいや、2本とも拾いものだった。
プロバンスの休日

3兄弟の母親とその父がずっと疎遠で、初めてパリから南フランスの田舎生活をしなければならなくなったに上の二人は不満たらたらだったが、口の不自由な下の少年が頑固な祖父と寄り添うようになってからだんだん親しみを深める。
心がほっとする映画だった。


もう1本の「キャロル」は女性同士が惹かれあうという映画なのだが、どろどろした話では無く、家庭生活(子供を非常に愛している)とか、子供の親権を巡っての話とか。
こちらをケイト・ブランシェットが演じ、独身の女性をルーニー・マーラが演じている。
もう会わないで置こうと言いながらも電話してしまったりするのは男女間の恋愛と同じなのだ。
キャロル


独身女性役の女優がどこかで見た事があると思いつつもエンドのクレジットで「ドラゴンタトウの女のリスベットだ」と分かった。
リスベットの扮装


「ジャン・レノの映画を観たよ」と夕食時に話題にしたら彼も題名こそ忘れていたが、殺し屋が少女を助ける映画は覚えていた。
「レオン」だと検索してわかった。
そして、初めて知ったのが、その少女をやったのがナタリー・ポーマンだったそうな。

今はネットで調べれば自分の知りたいことだけなく、おまけで知り得ることも多い。




おろし人参炊き込みライスとラタトゥイユ

先だっては下した人参でフレンチトーストとジャムを作ったが今回は洋風炊き込みである。

数日前の朝刊をに載っていた。
ごく簡単だし残り物の人参もあったので夕食に炊いた。

キャロットライス作り方2

下した人参で炊き込むご飯なんて初めてなので舌が?と言っている。
バターは最初から入れるのがコツだとか。
確かにパラリとしているのはいい。


夏野菜でズッキーニが取れる時にラタトゥイユは絶対作らなくちゃ。
幸いに玉ねぎは勿論、なすもピーマンも採れ、終盤ながらインゲンもある。
ラタトゥイユ


トマトだけはまだ小さなのが3個くらいしか色づいていないのでやむを得ず、缶詰を使った。
こちらは馴染んだ味で美味しかった。

※ ニンジンジャムはヨーグルトにトッピングするより、カリッと焼いたパンに乗せた方が美味しかった。

サツマイモに固執する

何故かサツマイモに固執している気がする。

昨年思ったように収穫できなくて今年こそは頑張ってきたけど途中経過は・・・

サツマイモの苗の変遷


そして・・・まだ苗を成長させて植える勘考をしているのである。

芋苗の成長を待つ



セロリの花にカメムシが・・・ sachiさんの加工と外枠を使わせてもらった。

w1112外枠9付きセロリとカメムシ

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索