大雨と川の水位とライブカメラ

連日の雨。

小さい河川が集まって長良川へ合流する地域に住んでいるので、長良川そのものも恐いが近くの河川も心配である。
「川の水の様子は見に行くな」と子供たちからコンコンと注意されている。

今ではライブカメラと言うのがあって、居ながらにして川の様子が分かるようになってきた。

地域の川から中河川への排水機場のカメラ。
伊自良川排水機場


上記の川やその他の近辺の川と合流した後の、長良川にかかる橋で一番近い所の水位は「氾濫注意水位」であるからまずまずその辺はいい。

今後の降り方も注意したい。

3日間畑へ行っていない。どうなっている事やら。
なるようになりなさい。

上記のカメラは県の物だが国の中部地方整備局の木曽川上流河川事務所のカメラはここで見た。

あちこち見た。

XGamesで優勝した子

先週、公民館から帰る時気がついた横断幕。
「スノーボード ビックエアーで金メダル」とあり、村瀬心椛さんは岐阜西中とあった。

全く知らなかったので帰宅してから調べたら、

2018年 X Games Oslo - オスロ
スノーボードビッグエアで村瀬心椛が女性では史上初のバックサイドダブルコーク1260を成功させ優勝。

とあった。

エックスゲームズとは何ぞや。

「エックスゲームズ(X Games)は、いろいろな種類のエクストリームスポーツを集め、夏と冬の年2回開催されるスポーツ競技大会である。」
とウィキペディアで書かれていた。

エクストリームスポーツってなあに?

「速さや高さ、危険さや華麗さなどの「過激な (extreme)」要素を持った、離れ業を売りとするスポーツの総称」

結局よく分からないけど、オリンピックでも行われていいるような競技もあるし、そうじゃないようなものもあるらしい。

スノーボードのビッグエアーというのは今年の平昌オリンピックから新種目としても始まったスポーツだから、13歳の村瀬は北京オリンピックでは?と言うのは気が早い?

こんなかわいい子。
村瀬ここも

ユーチューブでその時の映像があった。

オスロビックエアー



ポケモンゴー

プールから図書館へ行った。

いつもはほとんど人通りがない道なのに、あちらこちらで歩いたり立ち止まっていたりする人が見受けられる。
図書館を出てから気がついた。
例の「ポケモンゴー」とやら言うやつが出没するスポットなのだ。

円鏡寺境内の駐車場も車でいっぱい。
歩道に乗り上げて停車している車もある。
道を歩きながらポケモンを探している人は下を向いて歩くから危ないよ。

スマホ片手に
帰ってから検索したら

「2018年6月16日はみんなお待ちかねのポケモンGOコミュニティ・デイ」だ。第6回目の今回、大量発生するのはヨーギラス……! さあ、みんな準備はいいか?

とあった。
発生したヨーギラスをゲットするのに皆さんはスマホ片手に集まっていたのだね。
ヨーギラス



そんな事は全く気に掛けずセダムは進化している。
色鮮やかセダム

対岸からの風景

長い間通行止めだった道路が通れるようになった造成地区。

来るまでは通ったが自転車ではまだだった。
側道が出来てはいても物が置いてあったりして「危ないからやめよう」と自粛していたのに知りたがり屋の虫がムズムズと出て来てしまった。

プールの帰りに川の対岸から見てみた。
あれは何をしているのだろう。
初めて反対側から見た造成地

対岸から見る造成地その2

橋を渡って、前後から車が来ないか確認して素早く危ないところを通り過ぎた。
父さんには内緒である。
言ったらきっと叱られるから。


スナップエンドウが少々採れたのでレンジでチンして薄切りしたタマネギと一緒にドレッシングで和えた。

タマネギとスナップエンドウ簡単レシピ

簡単に出来た

さっぱりした春の味だった。

ハクモクレンとシデコブシ(?)

例年通る道にはハクモクレンが咲き、眺めては喜んでいた。
今年は工事中のため迂回している。
遠目に白い花が咲いているのが見える。
遠目で眺めるハクモクレン

そこにシデコブシも咲いていたと記憶している。(珍しいと書かれていた)

ハクモクレンとシモクレン(紫)の違いは一目瞭然なのだが、コブシとシデコブシの違いがあいまいだった。

シデコブシの花の色はピンク色。
シデコブシとコブシの違いは花びらにもあります。
コブシの花びらは6枚なのに対して、シデコブシは12枚から18枚です。


先週の木曜日に実家の脇を通りかかって「これだ!」と今さらながらに発見したシデコブシ。(と自分では思っている)
(園芸品種のベニコブシ?)
実家のシデコブシ

実家には以前、大木のハクモクレンやシモクレンもあったのだが今はない。
このシデコブシだけが生き残っていて、今ようやくここで生まれた人に認めて貰えたのである。

全く可哀そうなシデコブシ。
今年は沢山の花が咲いて「見てよ!」と主張したのだろう。



自分では作っていない芽キャベツ。
ニンニクを刻んでオリーブ油に漬けたものがあったので、さっとゆでた芽キャベツを炒めて、塩コショウで食べた。美味しかった。
芽キャベツガーリックオイル炒め

今年はこれが最初で最後だろう。

ジビエ

「ジビエ」ってこの頃よく耳にするようになった。
山国の岐阜では少しずつではあるがお店も出来つつあるようだ。

新聞を読んで笑った。
花札の猪鹿蝶の語呂合わせて「猪鹿庁」という組織を作って云々とあった。
猪鹿庁

やはり新聞の記事で「作家の口福」というところに「ヒグマのステーキは絶品。野生のヒグマはクルミ・どんぐり・栗・すももを好んで食べているのでその肉からはナッティな芳香がする」
そしてヒグマの料理を食べさせる店と値段も紹介されていた。(コース料理で15000だとか)

ちょっと調べたらなんと、いつもの谷汲さんへの道端にフレンチの店でジビエを食べさせる店があることが分かった。
ランチいいから一度食べたいな。(とんでもない値段でないので)



どっさりと頂いた月桂樹の枝。(ありがとう!)
息子にも持たせたが、自分はリースと葉のみを糸で通したので保存する。

ローリエ乾燥

タマネギやトマト料理などに惜しげもなく使えるのでとてもありがたい。

隣町の説明会

企業誘致のため造成工事中の隣町の説明会がやっと開かれた。

すぐ近くの公民館なので「あんた、行くかね」「お前、代表で行ってこい」という事で行ってきた。

自治会や農地委員の方らしい人たちばかりで、ちょっと引いたがそこは年の功というか厚かましいというか「何の遠慮がいるものか」と着席した。

どうしてこの地域に企業誘致をしたのかの説明。
市街化調整区域だが町の地域再生計画として検討した結果、ここが企業誘致エリアとして適当であるとし、企業用地の確保と町道整備などの基盤整備事業としてスタートした。

用地の整備の仕方。盛り土の高さや排水の仕方。工事のや通行止めの期間などの説明を受けた後で質問を受け付けられた。

皆が頷いたのは、「いくら自分ちの用地での工事でも近隣の迷惑や今後の不安なことなどもあるのだから、もっと早い段階でこうした説明会が開かれるべきではなかったか」という事である。

農家のかたは農業用パイプラインが走っている道路を時間当たり30台のダンプが毎日行きかう事により断裂などしないか心配される。
また生活道路を長期間使えないのは不便である。
子供たちの通学路にも接しているから事故も心配である。
工業誘致は選んで欲しい。(排水の心配)

町側は企業名についてはまだ正式に契約していないので言えないが、南側一社、北側も一社であることだけは明かした。

難しい事は分からない自分は、ごく身近な質問をした。

何本か走っていた農道を自転車で走り、堤防の中段の道も使っていた。
盛り土が堤防の天板の高さだとその中段の道はどうなるのか?


ボードに図で説明してくれた。
中段の道を堤防の高さにして天板ともで幅9メートルの道路にします。

よーくわかりました。

ねちねちと訳の分からない嫌味ばっかり言うおじいさんを除いては今後の要望などを適切にされたと思う。

こちらから要望してやっと開かれた説明会だったが行って見て良かった。
排水路進行中

進捗状態11月29日


ダンプカーの通行量が多くなっているのでこの道を横断するには信号機のある所を通るようにした。
ダンプの通行




スマホで練習キルタンサス

スマホでピント合わせの練習2

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索