FC2ブログ

誘引クリップ

ネットの動画でナスやキュウリやトマトなどの栽培方法を見ていると目に付くのが洗濯ばさみみたいなもの。
茎などをテープで引っ張り上げたりしている。
自分の洗濯ピンチを持っていって試しても「違うなあ」

それが先日やっとわかったのでホームセンターへ行って探した。
プロではないし、お試しなのでと買って来た二種類。
紐やテープを挟んで茎や枝を保持するタイプ
茎を支柱に固定する

支柱に固定するタイプは支柱の径によって使えない場合がある。
お試しに第2弾のトマトでやってみた。
第2段のミニトマト状況

紐を挟むタイプで大きくなってきたナスも誘引した。
動画で見るような立派なのではないが誘引クリップが買えたし、理屈も分かってすっきりとした。


こちらも理由が分かってスッキリとした事。

校区での敬老会、昨年は出席した。
どんなものかよく分かったので今年は欠席しようと決めていた。
かなり前に父さんには往復はがきで招待状が届いていた。
彼は欠席だとすぐに返事をしたのだが今年は料理屋さんで行う旨書かれていた。
「あんなに沢山の人を集められる料理屋さんなんて知らんよねえ」と昨年の体育館でも出席者人数から疑問に思っていたし、自分には通知が届いていなかった。

すっかり忘れていたが回覧で回って来たお知らせ。
今年度からは80歳以上、しかも80・83・85・88歳の方のみというやり方に変えたとあった。
忘れていてよかったというか、「何で私には来ないのや」と叫ばなくてよかった。
それにしてもこのお知らせの回覧の日付は6月吉日となっているし、招待状の往復はがきはもうとっくに届いているのにどうした事なのだろうとそちらを疑問に思ったのだった。

医者へ行く前に

4週間前に「次回は血液検査を行います」と言われていたので、「朝ごはんは食べないのだよ」と自分に言い聞かせておいた。

パラパラ程度の雨が降ったりやんだりで絶好の外仕事日和。
6時から畑へ行きあれこれ(本当にあれこれ。あっちへ行ってこれをやり、戻って来てこれをやりという節操のない仕事の仕方)やった。
イタリアントマトを確認。あと一息で完熟だー。
完熟まであと一息

ゴーヤ。2個収穫し残りは2個。その後の成りが見当たらない。
それどころが葉っぱが黄色くなってきているし枯れてきた軸もある。
危ないゴーヤ

花が咲いている状態だったのでそのままにしてあった数株のシャドークイーンを掘る。
最後のジャガイモ シャドウクイーン

ナスやトマト・キュウリ・里芋などに追肥。
挿し芽した菊の一部を植えたり、アスパラをテープで縛ったり、草を取ったりなど4時間。
シャワーを浴びてクリニックへ。

帰宅後の昼食は先だって作った不味くて仕方がない黄色のトマトで作ったソースを使ってスパゲティ。
黄色の杣とソースのスパゲティ

バジルもプランターで大きくなってきた。
次は真っ赤なトマトでソースを作ろう。

ナスの切り戻しと夏定番の味ふたつ

 昔は、なすは夏に木の勢いが弱った時にバッサリと切り戻して新しい枝を出させて秋にまたいい実を採るというやり方だった。
(だったと思う)

この頃動画などで見ると、今は収穫しながらその都度切り戻すという方法がされているみたいである。

脇枝に蕾が見えたらその上の葉一枚を残して成長点をつまむ。
実が大きくなって収穫したら、その下の脇枝を残して切る。(すぐ下の脇枝を残すか、主枝に近い方を残すかはあれこれ書かれている)
その脇枝が先ほどと同様に蕾が見えだしたらその先の葉を一枚残して切り取る。

これが一番易しい切り戻しの仕方だとか。

1本だけ買って来たなすは10個以上収穫しつつあるが、スタートで3本仕立てにすること以外、放置しておいたのでどれが主軸か脇枝か?
ぐちゃぐちゃ(頭の中も)になっている。
自信がないナスの更新剪定 
自分で種蒔きした長なすはまだこれからなので、これらの切り戻しの仕方を是非ともマスターしたい。

毎年ゴローンと倒れてしまうズッキーニ。
まこさんのブログで見た方法でやってみた。
今のところはよさそうである。
まこさん流のズッキーニの支え

枝豆を又頂戴した。同好会の皆に持ってきてくださったのである。
この蒸し暑い時期に枝豆でアルコールを飲めるのは本当に幸せな事である。
千切るだけでも手間がかかった事だろうと感謝しつつ今日も又パクパクしている。

ちょっと未熟かと思ったが収穫したゴーヤ。これまた、夏の味である。
2019初ゴーヤ

色はいいのに悲しい味やね

トマト苗を1本だけ買ってきて大事に育てていた。
やっと色づいて来たので1個食べてみた。

「何や、これは! トマトの味がちっともしやへん」
甘くもなく、酸っぱさもなく、むちゅッとして柔らかいのである。
確かに種苗メーカーの苗ではなかったけど、今時こんなまずいトマト苗を売るのかと思った。
不味くて悲しいミニトマト

鈴なりになっているのを切り倒すもの何だかなあ。
「不味いトマトを食べる方法」
あれこれ書いてあった。
トマトソースって言っても黄色のトマトだしなあ。
とりあえず3個だけ砂糖少々と味ぽん醤油をかけて置いて食べてみよう。
漬けてみたミニトマト

雨の止みまに、ほんの2分程外へ出た。
その時は蚊には刺されなかったのに台所へ来てから足や首・腕など次々と痒くなった。(ついて来てしまったようである)
外で使いたいぶら下げる蚊取り線香を取り出し椅子にぶら下げて蚊よけとした。
台所で蚊取り線香

その後はそれを腰に下げて紫蘇を採りに行ったり洗ったりと活躍して貰った。



サイトを閉じると宣言されていたSachiさんのサイト。
今後も使うか使わないかは分からないが作り方をPDFでダウンロードして保存した。
本体へでなく、ポータブルHDに保存した。
Sachiさん作り方をダウンロード

これなら持ち運べるので良いかもと思ったのである。
出かけられなくなった頃の老後の楽しみになるかもしれない。

気は心

「気は心」

雨が降り続くという予報に、気は心でトマトの列をビニールを覆った。
色づく直前のトマトの割れを少しでも防ぎたい。
踏み台を持って行って雨が降る前の26日夕方にやった。
真似事ですが
雨から守りたい

こんな高いところに狭いビニールでは雨除けにはならないと思うけど「気持ちだけは受け取ってね、トマトさん。」

待ち遠しい赤ちゃん

畑へ日参し見回る。
ナスやキュウリは採り忘れがないようにする。

ゴーヤを毎日じっと見つめる。
「このネット全部あんたの物やでがんばりゃあよ」と摘心した甲斐あって四方八方へとつるが伸びて来てはいる。
6月21日のゴーヤ
21日朝、待望の赤ちゃんゴーヤを発見。「おお!」
赤ちゃんゴーヤ発見

カボチャの赤ちゃんんも誕生。
あかちゃんカボチャ

年頃になり始めたミニトマト。
黄トマト一個だけ色づいた
黄色ミニトマト2

イタリアントマトの2本仕立て。まずまず今のところは快調だ。
イタリアントマト色づきを待つ

畑で遊ぶ自分にとっては楽しみなこの頃である。

ジャガイモ2種類迷って収穫

毎年ジャガイモを掘る時に迷うのである。

そろそろ掘ってもいいよと茎や葉が黄ばんで来ている。
土が乾いた時に掘りたい。
しかし、梅雨で我が家の畑は低くて雨が降るとなかなか乾かない。
来週半ばまで待つか?
でも土曜日15日は大雨だと言うし・・・

結局、金曜日に種芋を買って入れた「とうや」と「キタアカリ」を掘った。
キタアカリ対とうや

泥べったんこ。
とうや1キロから
キタアカリ1キロから
風に当てて乾かすしか仕方がない。

ちび芋たちから食べることになるだろう。
チビでもキタアカリは姿かたちを主張している。
まことにいいネーミングだと、このピンク色の芽の所を見るたびに思うのである。
ちび芋たち


「デストロイヤー」と「シャドークイーン」はまだ花も咲いているような状態なので収穫はもっと先になるだろう。
プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索