FC2ブログ

高畑勲監督の「火垂るの墓」

終戦の日を記念してアニメ「火垂るの墓」を観た。

以前に実写のも観たし、アニメも観ているがもう一度観た。

14歳のお兄ちゃんがいかにもけなげで何度も涙した。
高畑勲の火垂るの墓


10号台風は15日午後4時くらいまでは雨は降らず、風だけである。
贅沢だが雨だけ欲しい。

※16日朝。
十分に雨が降った。

清原果耶に魅せられる

清原果耶ばっかりじゃん。という位立て続けに彼女の出演作を観ている。

「なつぞら」でなつの妹役でちょっと観て、「螢草 菜々の剣」を見始めて、「透明なゆりかご」再放送を観ながら、「マンゴーの樹の下で」 を予約してしまう。

「朝が来た」に出てたって?
「ちはやふる 結び」に出てたって? 広瀬すずしか見てなかったよー。

「透明なゆりかご」の汚れていない心を持つ看護婦見習の少女を演ずる清原が素晴らしい。
透明なゆりかご

前髪を上げて汗をかいた彼女。腹立たしい事を表情だけにあらわしている顔。
漫画が原作とはとても思えない。脚本がいいのかも・・・
昨年放映された時は「ああ、また病院ものか」と思ってスルーしたのだが1年後に出会えてよかった。



いつもアッと驚きながらのいもこさんの枠。 №612を使って・・・
№612ルドベキア・トロリバ

天安門事件と光州事件

天安門事件から30年とか新聞に出ていても言葉だけ知っているだけで朧気である。
池上彰さんがテレビで解説する時間があるといいなあと思っていた。

NHKがそれらしいのを放映したのでみた。

民主化・自由化を訴える要望を弾圧しなかった胡耀邦の死を悼んで天安門前広場に集まったのが最初で、民主化を訴える運動へとなった。
胡耀邦の後の総書記の趙紫陽も民主化を訴える人たちに同情的だったが解任される。
最高指導者である鄧小平は「これは動乱である」と戒厳令を発効し、1989年6月4日早朝に兵士・戦車・装甲車を突入させ多数の死傷者をだした。
発表では死者319人負傷者9000人であるが、実際にはもっと多かったが正確な数は不明である。
最初は学生たちだけだったのが一般民衆もデモに集まり100万人集会だったとか。
デモを指導していた人でインタビューに答えた人は、弁護士になったあとも民主化などの声を上げていたので弁護士免許もはく奪され、今も監視下に置かれていると答えていた。
国営企業の民主化や外資の積極的導入などにより経済的には大きく成長したが共産党の一党独裁政権はそのままである。

こんな内容だったと思うが、要するに共産党の政権がひっくり返ったら大変だという事で(わが身可愛さもあり)戒厳令を発したのだ。
今でも中国では天安門事件は封印されていて若い人たち「知らない」と言っていた。

一方光州事件は1980年5月に、韓国全羅南道の光州市で起きた学生・民衆の暴動を戒厳軍が武力制圧し多数の死傷者が出たという事件。
中国と違って韓国はこれを映画にしている。

ドイツの新聞記者を光州市に運んだタクシー運転手の視点からちょっぴりユーモラスにも描かれている。
本来封鎖されている光州市へ何とかもぐりこんで客を送った。
その市内での惨状を見てしまった運転手は、一人娘の待つソウルへ帰りたいばかり。
一旦は戻りかけるのだが、自分の国の事でもないのに命がけで現場を撮影し、世界へ発信するのだという特派員を思い、引き返してまた危険な道をソウルの空港へと送り届けるのだった。

この映画は韓国でヒットしたとか。
[JSA」でいい俳優だと顔だけは知っている(ソン・ガンホ)が運転手役。
ソン・ガンホタクシー運転手

天安門事件を全く封印している中国と映画を作って公開されても許す韓国のちがいが少しは分かった。



こんな細っぴいで苗ができるのかしら?
セロリ発芽
野菜ばかりに目が行っていた。マンデビラよ、ごめん!
マンデビラにアブラムシ

好きな歌手の番組なら

耳が悪くなってからは音楽とはほぼ無縁の生活である。
しかし、『SONGS』ではさだまさしが出るというので録画。
『The Covers』再放送ながら井上陽水をもう一度。

さだと大泉洋のトークは抱腹絶倒。
そんぐす さだまさし

荘村清志のギターで「風に立つライオン」と小曽根真のピアノで「防人の歌」をじっくりと聞かせてくれた。

一方『The Covers』では井上陽水はリリー・フランキーとの爆笑トーク。
曲は『UNITED COVER 2』から
宇多田ヒカル「SAKURAドロップス」、ビートルズ「I Will」を。
自身の大ヒット曲「氷の世界」のセルフカバー。
オルケスタ・デ・ラ・ルスがかっこよくて、陽水も楽し気に歌っていた。
オルケスタデラルスと陽水

こうしたじっくりと聞かせてくれる音楽番組なら耳の悪い自分でもなんとか楽しめる。

後で知った事。
6月8日にさだまさしが岐阜でコンサートをやっていたのだそうな。
事前に知っていてもきっとチケットが取れなかっただろうけど、一度は行きたかったなあ。残念!
陽水のコンサートは一度だけだけど行ったのでいいのだが・・・

「バカだねえ」

BS朝日で「ファンタジーオンアイス2019 幕張」が放映された。
この番組

そんな番組があることを知らなったが「保存したい」とリクエストされて知った。
「はいはい」と簡単に返事をして予約しておいた。

火曜日は雨がしとしと降って落ち着いた日だったので「さてダビングしよう」としたら・・・
ダビング先がありません

ここまで来ても「ブルーレイディスクを入れたがね。何で?」と分からなかった。

そうだった。
そういえば外付けハードディスクからは他ヘは移動できませんとか言うのを読んだことがあったっけ。
テレビと同じ東芝のブルーレイレコーダーならこうしてできるのに・・・
レグザ同士なら


リクエスト先へは残念のお詫びのメールをし、調べた6月22日に同じチャンネルの神戸公演の放送があることを伝えた。
「では、それを」と言われたが日時も先だし、どこかへしっかりメモしておかないといけないし、レコーダーの方で録画することも忘れないようにしないと・・・
同じ間違いはしたくない。

失敗して口惜しい、このテレビでしか見れない録画。
弓弦君ほか新旧取り混ぜての出演者のスケートをじっくりと楽しんだ。

幕張の2日目の公演だったが一日目の結弦の「マスカレイド」も放映。
Toshiの生歌バックでの「CRYSTAL MEMORIES」も美しかった。
荒川静香も優雅だったしランビエールのスピンも健在だったが、一番楽しんだのはフェルナンデスがナバーロという人たちと一緒にフラメンコを主題としてやったプログラムだった。

大きな大会の後のエキシビションとは一味も二味も違ったよさだった。

「白い巨塔」

22日から連続五夜にわたって放映されたドラマ「白い巨塔」

生で観れなくて録画して一日遅れで見続けた。
1回目を見て魅了された。

一話でも長い日は2時間以上の作品だったのでそれだけ見るとほかの番組をみる暇がなく、「刑事フォイル」も「チコちゃん」も「ブラタモリ」もしまったままである。

山崎豊子の昔の小説が原作で今まで何度も映画やドラマになっているが、われわれの年代は財前は田宮二郎。
息子たちの年代だと「唐沢寿明・財前五郎」が結構良かったらしい。

そして今、岡田准一の財前が観れた。
良かったと思う。
岡田准一の財前五郎
ああ、岡田にあと10㎝身長をプレゼントしたい。



きれいにして片付けた玉ねぎだがなんかおかしいのが三分の一くらいある。
病気なのだろうか。
トロトロタマネギにして保存するのが正解かもしれない。
いびつな玉ねぎ

「きのう何食べた?」

「きのう何食べた?」
テレビ東京系列(我が家はテレビ愛知)で金曜日深夜0時12分から放映されているドラマである。(原作はまんが)

自分にとってはめちゃ面白い。
きのう何食べた?

同居しているゲイの二人に西島秀俊と内野聖陽。(この共演だけでもすごい)
西島は雇われ弁護士で午後6時にはキッカリ退社して10円でも安い食材を求めてスーパーへ行き夕食を作る。
一方内野はオネエ役で、美容院で働いているがゲイだとカミングアウトしている。

少しでも食費を節約しているのは内野が自分の店を持ちたいと思っているからである。

西島があれこれ調理している場面が出て来るし、二人そろって「いいただきます」と言ってから食べ始める姿勢も美しい。
「美味しい!」と内野が褒めると嬉しそうな西島の表情がまたいい。

今までのドラマの西島は眉間にしわを寄せ、暗い表情や銃撃戦などダーティなイメージだったが今回は全く違う。
オネエ役の内野の演技は絶賛に値する思う。
ちょっとした表情とかしぐさが絶妙なのである。
きのう何食べた?の内野聖陽
今度の第3回では山本耕史が出て来るらしい。
録画して一人で見ていて大笑いして楽しんだ。

ネットで第2回が観れる。TVerで20日まで配信されている。

我が家の「きのう何食べた?」
スクランブルエッグ

新聞に載っていたので、今一度基本からと作ってみたスクランブルエッグ。
「食べてみて」と出したら「俺のために作ってくれたんか」と訊かれた。
「二人の為に作った」と言ったらちょっとがっかりしていた主人だったが、半分こして食べた。
プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索