「あるかしら書店」と「ゴースト」

「あるかしら書店」 ヨシタケシンスケ
児童図書というジャンルであろうが、面白い。

気に入ったページ「お墓の中の本棚」
亡き人のお墓は1年に1回パカッと開いて中に亡き人が読んだ本がある。
お参りに来た人はそこから1冊取り出し持ち帰るのだが、代わりに自分の本を亡き人のお墓の書棚に置いて来る。

自分だったらこうしてお参りに来てくれる人が居たらどんなに嬉しい事か。
置いて行ってくれた本をお墓の中で読む楽しさは想像するだけでもいいな。

「ゴースト」 中島京子

一読して浅田次郎の「地下鉄に乗って」とか「鉄道員」を想像させるような、「ゴースト」幽霊と言いながらもそれぞれの幽霊の独り言とか、成り立ちみたいなのが短編集となっている。

「きららの紙飛行機」というのは、終戦後に交通事故で死んだ少年は、一日しかこの世に居られなくて、最後はまた車にはねられて死ぬのである。
地下道で生活していてひもじい毎日を過ごしていたので、幽霊になってこの世に来てもひもじい。
もっと小さな少女と分けて食べるキャラメルの美味しさ。
キャラメルの包み紙や貰ったパンフレットで折ってやった紙飛行機をその女の子が飽きずに「もっと飛ばして」というのに付き合ってやる。
そして、その子をかばってやはりまた車にはねられる。

切なくて切なくて涙があふれた。

もう一つよかったのは「キャンプ」

最初は避難民のキャンプかと思った。
違うのだ。
命をなくした人たちが、残ったり分かれた人たちのことを心配しなくなるまでとどまるキャンプなのである。
この主人公はおそらく満州から子供3人を連れて引き揚げる途中で子供を亡くしたり分かれたりし、おそらく自分も殺されたのだろう。
子供はどうしているだろうとかつらい思い出ばかりであちらの世界へはいけないのである。
三途の川のこちら側から渡れないのである。

「ミシンの履歴」というのもよかった。

戦争という事にすべてまつわっている話ばかりで、心に染み入った本だった。
あるかしら書店とゴースト

佐藤愛子さんの本が用意できたそうなので行ってこなくちゃ。
メールに「まだたくさんの方がお待ちですのでお早く受け取りに来てください」と追記してあったので。


ここまでは金曜日に書いて、翌日の土曜日にこの2冊を返却がてら図書館へ行った。
そしてどっと疲れた顛末記は明日に・・・

本読みに終始する

雨が降っているしスポーツクラブは休館日なので、ほぼ一日中本読みとテレビ録画を見て終わった。

本は読みかけの「晩夏の墜落」を終えて、諸田玲子の「ともえ」に取り掛かった。
諸田玲子 ともえ


松尾芭蕉と河合智月の交流と木曽義仲と巴のことを交錯させながら、どうして芭蕉の墓がこの大津の義仲寺の義仲と巴御前の墓と並んであるのか?
その秘密を諸田玲子は大津の芭蕉門下の女性俳人である智月にあると読んでの小説である。


テレビ録画はさだまさしの「今夜も生でさだまさし」の奈良編をようやく終わりまで観た。
チャリティコンサートでテツandトモが「NHKなのに商品名を言うのはどうしてかな?」と言っていた通り、サロンパス・モーラステープ・サッポロビール・トヨタなどと次々に出て来るのには大笑いした。

さだまさしが意見を言ったりすると隣のひとが「個人的な意見です」と書いたボードを見せるのも面白い。
今回は奈良の博物館の中の普段は公開されていない所からの放送だったが、普段より長い時間(2時間以上)の生放送だったから大変だっただろうなあと今頃録画した放送を観ながら言うのも゛いとおかし”ではある。


もう一つのおまけは公式テレビポータルTVer(ティーバー)で「サワコの朝」でさだまさしが出演しているのを見たことである。

サワコの朝

この番組は、9月16日の朝、7時29分まで配信されている。

絵本三冊に癒される

先週に続いて童話を借りてきた。
「りんごかもしれない」は予約して。
後の二冊は「館内用の本です。貸出可能な在庫があるかは受付でお尋ねください」とあったので尋ねた。
両方ともあった。
童話を三つ

「はらぺこあおむし」は本の作りが素敵だった。
リンゴをたべた。イチゴを食べた。と、食べた数によって小さいページから大きいページにになっていく。
そして満腹になったあおむしがさなぎになって蝶になる。
はらぺこあおむし

 「はらぺこあおむし」はYouTubeでアニメになって登場している。
本そのままのアニメである。

ほっこりとした気分になった。



スポーツクラブ在籍30年記念品を貰った。
今治のバスタオルだった。

受付嬢にはがきを渡したら「わあ、30年ですか」と驚いていた。
彼女が生まれて間もないころからここへ通っているんだよ。

「今後ともお元気でおいでください」との言葉を貰った。
記念のバスタオル

重陽の節句で菊茶が用意されていたので紙コップで頂戴した。

本いろいろと退化した脳

読書月間と銘打って予約した本や希望の本を5冊も借りてきてある。

「福袋」 朝井 まかて 8つの短編集 よかった。
「デンジャラス」 桐野 夏生 谷崎潤一郎を巡る女性たちを3番目の奥さん松子の妹の視点で描いている。

と、ここまでは面白くてずんずんと読み進んだ。

米沢穂信の2冊 「満願」と「王とサーカス」を読みだして、共に読んだことがあるなあと思った。
借りてきた記憶はないし、自分で本も買っていないので不思議に思いつつ念のためと自分の記録を検索した。
2017年には該当なし。
2016年で検索したら何と、11月から12月に借りて来てある。
途中で放棄したとも書いてないので一応最後まで読んだのだろうが、感想も書いてないので印象が薄かったのだろう。

それにしてもまだ1年も経っていないのに読んだ本を失念するとは・・・
やはり老化・退化が始まっているのは間違いない。


後の一冊は宮尾登美子の「天涯の花」。

これはNHKテレビ 新日本風土記「四国山地」で、石鎚山と剣山を見て、ずっと昔にこのどちらかの山の神社の神官の家へ貰われていった少女の話を本で読んだことが思い浮かんだのである。

本の題名も作者も覚えていないが昭和30年代の険しい山の中で暮らすという事だけを頼りにし調べた。

石鎚山が登場する小説では天童荒太の「永遠の仔」だった。
剣山に関係する小説では宮尾登美子「天涯の花」だった。

剣山の方だった。
これはもう一度読んでみたいと、借りて来たのだから再読でも納得済みである。

寂しい山の中で彼女が癒される花や植物たちのうちキレンゲショウマ。
その当時はどんな花か今のように検索すればわかる時代ではなく、表紙の絵で見るだけだった。
改めて見ると神々しいばかりの花である。

天涯の花のキレンゲショウマ


こうして読書月間は過ぎ去っていく。

予約資料が用意できました

金曜日に図書館から「予約の資料が用意できました」とメールが来た。
その中に「お待ちの方も多いのでなるべく早くご来館ください」との追記があった。

「22日(土)に伺います」と返信し、22日午後にアッシー君を頼んで行った。

先週借りた中の2冊は返却し、用意できたという本「BUTTER」の手続きをしていたら、ほかのお姉さんが予約本の棚からもう一つ頼んであった本も取り出してくれた。
佐藤 正午の「月の満ち欠け」である。

最近いやらしい性格が出て、直木賞候補が決まるとその時点で図書館にあるかどうか確認して、図書館自体に在庫がなければあきらめる。
貸出可能なら行って借りてくるし、貸出中ならネットで予約を入れて置く。

自分的には柚木麻子「BUTTER」がイチ押しだと思ったのだがすでに予約者が3人いた。それでもいいやと頼んでおいた。
候補に挙がった時点(6月半ば過ぎ)で佐藤正午「月の満ち欠け」は図書館になかった。
「なんだなんだ」と思いながら「直木賞受賞時にこの本が無かったらちょっと恥ずかいのではないか。その内には購入するだろう」としばらく待って検索したらあった。
誰も借りていないので翌日行ったら「アウト」一日違いで誰かが借りて行った後だった。
ここで予約を入れた。
直木賞が発表されるちょっと前である。

制限は2週間だから遠からず自分の所へ回ってくるとは思っていたが、まさか今日2冊とも借りられるとは・・・

この点に関して今日22日はラッキーだった。
希望した本が2冊


暑くても食欲があるので元気で過ごせているのが幸せである。
ラタトゥイユをのせて食べる

「植物図鑑」 有川 浩

先だって「足元の小宇宙」という番組を観た。(見せて貰った)

若いころから絵本作家として頑張って来られた方が80過ぎた今も現役で頑張っておられる。
しかもその描かれる絵というのが、我々から見たらただの雑草と思えるようなものたちを季節や日々を変えて観察しておられ、その様子を1年間張り付いてドキュメンタリーにした番組だった。


それが頭に残っていたのか、図書館で手に取ったのが「植物図鑑」という小説である。
植物図鑑有川浩

これは有川浩が携帯小説サイトで発表したラブコメものだそうである。

だから男女二人のなれそめなどは年寄りには「なんだ、それは!」と言うようなのであるが、題名のごとくこれは植物図鑑で、いつの季節にそこいらの道端などで採集でき、しかも食べることが出来る植物がずらりと並ぶのである。

たとえて言えば、フキノトウ・蕗・ツクシからノビル・セイヨウカラシナ・タンポポ等々。

男性がそれらの採集や調理もすべてやり、女性はそれを食べる。
そして徐々にそれらの植物を食べることと彼とを好きになっていくというのである。

写真と共にそれらを使ったレシピも少々。
「ノビルのパスタ」「ヨモギのチヂミ」「タンポポの花の天ぷら」スベリヒユは茹でこぼしてから沈味噌和えだった。

頻繁に「雑草という名の植物はない」という言葉が飛び散っていた。

感心しながら読んだ本だが、いわゆる雑草はやはり愛せないな。
畑にいっぱいあるのだ!

あらら、映画化もされてる。


朝井まかて「銀の猫」

朝井まかて「銀の猫」
江戸時代の介護の小説である。
主人公は離婚歴のある25歳のお咲。
毒親である母のせいで借金を抱え、その返済と生活のために介抱人という割のいい仕事を、口入屋を通して請け負っている。

介護は現代日本人が人ごとではなく、いずれは直面するだろうとても身近な問題だなのだが小説では舞台を江戸時代にもっていく設定が巧みである。

登場してくる老人たちは曲(くせ)者で、個性豊かである。(この人物は誰にやらせたらいいかなあなどとドラマのキャスティングまでしてしまう)
また周囲の人物たちも等身大で描かれている。
口入屋の夫婦は儲(もう)け話に貪欲で、利にさとい。だからといって人情がまるでないわけでもない。
一筋縄でいかない人たちをお咲は心から介抱するので、その良さを伝え聞いて口入屋へ指名して来るほどである。

やっとの思いで稼いだ金をくすねて平気な母親に、「おっかさん、お願いだからいなくなって。あたしの前から消えて」と時に願わずにいられぬ切実さの中で生きている主人公に「ああ、無理もない」と共感するのである。

望まれて嫁いだ先で舅だけは心を通わせることが出来た。
母親が金をせびりに来ていたことが分かって離縁されたときに舅がくれた小さな銀の猫。
それを懐に入れて持ち歩き、堪えなければいけない時などにギュッと握りしめる。

それがこの本の題名になっているのである。

オール読物に連載された8遍をまとめたこの本。
絶対にお勧めできる。


ずっと前にお絵描きした七夕飾り。
Word絵たなばたまつり

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索