FC2ブログ

暑いのであついところで

ここ数日は暑い日が続いている。
室内にいればさわやかさが感じられのでいいのだがちょっと外へ出ると汗が出る。

高齢になると汗腺が塞がって汗も出にくくなり、体温の調節が出来にくくなるとか。(これからの熱中症に要注意)
頭の方ばかり汗が出るのではだめらしい。

ならば行ってみようか?ホットヨガへ。

以前は受講したりしたこともあったが時間が合わなくなってから随分ご無沙汰だが、40分だけだししんどかったら途中で退席してもいいやと出かけた。
先生に、途中で退席するやもしれない旨をお願いしておいて受講した。
ホットヨガ

ゆったりしたヨガだったので気分が悪くなることもなく、500㎖のスポーツドリンクを全部飲み、滴り落ちる汗を拭きながら終了した。

シャワーを浴び、プールへ入っての爽快感はたまらない。
丁度12時頃で6レーンのプール内に歩き2人のみ。
誰も泳ぐ人がいなかったのでゆっくりゆっくりと泳いだ。

帰宅したら娘から花束が届いた。(母親らしいことしていないのに・・・)サンキュー!
母の日花束

父さんの部屋へ飾った。

ヨガの呼吸法ふたつ

ヨガの呼吸法のうち自分にはとても有効なもの。
「火の呼吸・カパラバティ・プラナーヤマ」。
サンスクリット語では覚えられないので火の呼吸と覚えておく。
やり方
息を鼻からすべて吐く。
鼻から大きく吸う。
鼻から短く勢いよくフッと吐き出した後、鼻から自然に吸う。これを「フッ、フッ、フッ、フッ」と短いリズムで繰り返す。
何回か吐いて吸ってを繰り返して、最後は鼻から全て吐ききる。
※ 慣れるまでは、15回~30回ほどから行ってください。
1、2回深呼吸をする。
火の呼吸

自分にとって何に有効かというと、腹筋や内臓を刺激するらしく、トイレで朝座ってこの呼吸法をするとするりとお出ましになるのである。


「片鼻呼吸・ウジャイ・プラナーヤマナディショーダナ」
これは気がついた時しかやらないが脳がスッキリする気がする。
この呼吸法は、左右の鼻から交互に呼吸することで、自律神経が整い、心身のバランスをとる効果があります。
右の鼻での呼吸は、左脳を活性化させ、陽の気質(活発さ、緊張感、興奮感)を生み出します。
左の鼻での呼吸は、右脳を活性化させ、陰の気質(リラックス感、落ち着き、穏やかさ)を生み出します。

やり方
右手のひらを自分の顔に向けて、人差し指と中指を折り曲げる。
親指で右鼻を抑え、左鼻から息を吐く。
左鼻から息を深く吸う。
薬指で左鼻を抑え、親指を外した右鼻から息を吐く。
右鼻から息を深く吸う。
上記を繰り返す。
片鼻呼吸の手



いもこさんから頂戴したイタドリ。
1本ずつ湯にくぐらせて皮を剥き、さっと湯がいてから一晩水に浸けておいた。
ごま油にニンニクで香りを出したもので炒め、七味もふったものと鶏肉と一緒に炒めてだし醤油で味付けした物と作った。
イタドリ調理

さて父さんはどちらがお好みでしょうかねえ。

※ 去年と同じミスをしてしまった。
穂先は天ぷらに出来るのだったが剥いた皮と一緒にゴミとして出してしまったのである。

遅れてやってきた人

土曜日のヨガレッスンはたった40分間だ。
でもスーパー先生のレッスンなので結構人気がある。

同じスタジオの、前のレッスンが10分前に終了するのでその後に入室してマットなど位置を確保し、足指などをマッサージしたりして温めながら開始の時間を待つ。

定員23名。
広くないスタジオなので前後2列で隣と人と手足がぶつからないようにマットの先端を互い違いにするのがルールである。
時間ギリギリの人が来ると、それまでに用意出来ていた位置を又ずらしたりしなければならない。
それでも時間内なら許せるが、9日は悲惨だった。

先生が挨拶され呼吸の仕方をはじめられる頃にドアが開く。
お一人様かと思ったら続いてもう一人。

先生が「ここをもう少し寄ってあげて下さい」など言われてみんながごそごそと動き、仕切り直しである。
やっと体制が出来上がった所へ又おひとり様入室。

流石に皆から「えー?」とつぶやきの声が上がった。

先生がマットを持って「はい、これが基本の位置。左右はそれに従って前後にずらすのをやり直してください」
皮肉の意味もあるかもしれないが、遅れてきた人は中央の1等席になった。

受付では「定員になっていません」とOKが出たかもしれないが、時間前から待っていた我々は何度もマットの位置をずらしたりしたし、貴重な40分間がより短くなってしまった。

遅れてきた人はきっと居心地が悪かっただろうから次回からは気をつけるだろう。
あ、違う。
3名様の中にいつもギリギリの遅れ気味の人がいたから、あの人は直らないだろうなあ。

初夏になったらこんな青空の下、木陰でめい想したら気持ちいいだろうなあ。
公園ヨガ

今年最後の月曜日のヨガ

月曜日の「ハタヨガ」クラスは今年最終という事で先生のお話も少しあった。
上手く書けないが・・・

ヨガは心と体を結ぶもの。
ヨガのポーズと深い呼吸をしながら自身に呼びかけましょう。
心はゆったりとしている? そして今日の自分の体に感謝しましょう。
呼びかければ必ず変化はして来ます。

だったかな?

いつも最初に足の指を動かしたり、なでたりさすったり。
また腹筋などもしたりしてからスタートする。

今回は残りの時間(30分以上)はただひたすらに太陽礼拝を繰り返すという事をした。
吸って吐いての呼吸に合わせながら、最初の3回は先生のリードとともにやり、その後は各自の呼吸に合わせて行った。
途中でしんどくなったら子供ポーズでお休みも可だった。
何回やっただろうか。
同じ動きを呼吸と共に続けることで頭の中でいろんなことを考えなくなったのが不思議だった。
有料のレッスンでは108回続けるとかおっしゃっていた。

こんなシンプルな動きを繰り返した。
太陽礼拝


一日前から味付けしておいた鶏のももを焼いて24日の夕食にした。
中まで火が通るようにと焼き過ぎたかも・・・
24日の夕食

ケーキはなし。

頭の中で鳴る

同じ音楽を繰り返して聞いたりして印象に残るとそれが頭の中でリフレインすることがある。

日曜日のかんたんエアロのレッスンで、動作の説明に先生が「チョン、チョン、カール」という言い方をされた。
左足を左へ踏み込み、右足を左斜め前と横、そして膝を曲げかかとでお尻を蹴るカールという動作の右足をつま先、あるいは空中での動かし方である。
足があやふやになりそうな時に「チョン、チョン、カール」とリードされると鈍重な自分でも不思議に動けるのだった。
それが3日経ってもずっと頭の中に残っている。

いもこさんのJTrim №350で遊ばせて貰った。
№350-400 セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウも昔のように繁茂しているところが少なくなったと感じる。

満月には月礼拝

24日は仲秋の名月であるから里芋を茹でて供える。
というか、食べた。

その前にヨガレッスンを受けた。
きっと今日は月礼拝をされるだろうと予想して行った。

案に相違して、ヨガマットはいつも通り縦に並べるのだった。
先生とアイコンタクトと動作で「横じゃないのですか」と訊いたら口答で「ストレッチして後でマットの並べ方を横にして月礼拝をします」とおっしゃった。

太陽礼拝よりゆったりとして股関節や骨盤周りや腿などを動かす月礼拝。
4週間前の月曜日もやったことがある。

「女神のポーズ」など足がキッチリ外を向かないし、腰の落し方も少ししか出来ないけどあちこち硬いところだらけの自分にはいい刺激になった。
下の画像クリックでしなやかな月礼拝のページへ行くのでよかったら見てみて!

昔話をしながら歩いた

暑くなる予報だったけど自転車でスポーツクラブへ出かけた。
(アッシー君は定期の病院通いで留守)

自分にとっては難しい運動(ステップ)を必死でやった後はひんやりと冷たいプールへ入って一休み。
泳ぎたかったけど各コース2人以上泳いで見えたので、下手くそな自分は遠慮してひたすら歩くことに専念した。
とは言っても、口の運動もした

歩きながら現在の泳ぎのレッスン風景を眺めながら自分たちの時の事を思い出してはおしゃべりをした。
その方も水が恐かったという人なので話が合った。

「ブクブクと沈んでしまってパニックになってコーチの(若い男性)足につかまって浮かんだ」とかやっと25メートル泳げるようになった後にターンの練習をした時「セミのように掴まって泣くんじゃないよ。ターンするんです」と言われたとか。
25メートルでハアハア息を切らして一息つき(手でプールサイドにつかまり、足もサイドに着いた状態)がよく分かるので大笑いしてしまった。
水中ウォーキング
ああいう先生が居たとかこういう先生にも教えて貰ったとか、懐かしいお顔を思い出しながらおしゃべりウォーキングの1時間だった。



いもこさんの枠 №273と№274。
出来なかったところも教えて貰って出来、嬉しかった。
№273水芭蕉

№274赤いバラとワイン2


プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索