午後のお出かけ

午後から岐阜市歴史博物館とメディアコスモスと隣町の図書館へ。

歴史博物館では素描などを中心にしたダ・ヴィンチ×ミケランジェロという特別展が催されている。
絵画も彫刻も全く分からないながら、素描とはいいながら本物の絵などをみれるし、市内の70歳以上の人は無料なのである。
これが一番の魅力だったのかもしれない。
モナリザとかダビデ像とか超有名なものしか知らない彼らだが少しは身近に感じられた。
ミケランジェロ展ダ・ヴィンチと

メディアコスモスでは「信長公ギャラリー」という催しものを見た。
織田信長を岐阜と結び付けての催しである。

CGを使っての居館の映像シアターや3D眼鏡をかけて2分間の空中ブランコなどあったが、気に入ったのは回廊に飾られていた作品である。
挾土(はさど)秀平という高山の左官の人が信長をイメージした作品を作られ、展示のスタイルもご自身でされたようである。
バーチャルより現実がいい。

図書館では、途中までしか読めなかった本を続けて借りようとしたら「リクエストの方がお待ちです」という事で延長は駄目だった。
予約希望の本はまだ届いてなかったので、その辺で適当に見繕って借りてきた。


メディアコスモスでは建築当初から雨漏りがすると報道されている。
岐阜の伝統産業である和傘が正面玄関の上部に飾られていて思わず笑ってしまった。
メディコスかさの展示


蕎麦の花と彼岸花

「え!こんな近い所にきれいに咲いている」と金曜日の朝ブログを巡って発見した。

山県市伊自良掛という所なので、Googleの地図で調べ、ストリートビューでそれらしきところもわかった。
それを念頭に置いてスポーツクラブへ行き、帰宅してから父さんの状況を観察し(頼みごとを一つしてあった)、良さそうだったので「これからひとっ走りお願い!」と、例のごとく急に頼んだが承諾して貰えた。
蕎麦の田んぼ


昔は伊自良村だったが合併で山県市となってものどかな風景は変わらない。
蕎麦の花と彼岸花


写真を撮っていたら隣の畑へ菊を切りに来た方が「今年は失敗してしまったので良かった持って行ってください」と沢山切って下さった。
菊の花を頂戴した


お墓参りに行かなくちゃ。

ささやかだけど動画にした。


早朝にお出かけ

連日猛暑の日が続いてお出かけなどはもってのほかだと思っていた。
なのに、急に気が変わって朝の草取りをやめ、歩きに出かける前の主人(ラジオ体操中)に連れて行ってくれるように頼んだ。

「どこへ行くんや」
「大垣武道館隣の蓮と醒ヶ井の梅花藻」

洗濯物を干したり、ちょっとした朝食を取っているうちに予定より30分遅れの6時半に家を出た。

7時前では武道館の駐車場は閉鎖されていたがさほどの車ではないので片側に縦列駐車は「前へ倣え」
盛りは過ぎていて花托が多く見られたが、まだ咲きだして1日目というような蕾状態のもあった。
2017武道館横の花はす


次の目的地は滋賀県の旧中山道醒ヶ井宿を目指す。
地蔵川沿いに駐車場はないものと思っていたが朝早くなら空いた新しい駐車場があった。

いくつかの湧水に名前が付けられていて、それらの水が集まって地蔵川となり、川下では天野川へと注ぐ。
お目当ての梅花藻、群生して水上に花が見られるのは2ヶ所だった。
流れが急なところでは水中花となっている。




川に入ったおじさんが、古くなって花が咲いていない梅花藻を剪定ばさみでチョキチョキと切り取っておられた。
勿論流れのしもにはその藻が集められるようにざるのようなものが設置されていた。
愛想のないおじさんで、詳しいお話は聞けなかった。(お仕事の邪魔なのだろう)

「まだ9時やんか」の声がかかったけど、暑くなってからあちこち行くのは嫌だったので、帰り道に関ケ原町の十九女池へ寄って、池を一巡りしてきた。
スイレンとコウホネが、それこそ池を埋め尽くさんばかりに広がって咲いていた。
20170709十九女池


お出かけの帰りに寄ることが多い農産物販売所「おんさい広場」
いつもは商品が少なくなっている午後からだが本日はまだ開店して1時間しか経っていなかったのであれこれ選べた。
日曜日でたくさんのお客さんだった。
切り花を山ほど抱えた人が多かった。(安い)

昼食用の混ぜご飯やおかずセットから始まって、「冷凍しておけばいい」と赤飯・草餅・みょうがぼちなど甘い系から牛蒡(目当ての地元則武産)・トウモロコシ・キャベツ等々買い込んで、午前11時帰宅した。

勘違いでお出かけ

土曜日の夜に主人が言った。
「明日の日曜日はプールへ行くか?」と。
レッスン予定表を見たら「ズンバ」だったので「行かない」と答えた。

「俺、アジサイの写真がどこかへ紛失してしまった」と言う話題になったので、「アジサイツアーに行こうか」と、あちらもこちらもと予定を立てた。
まめこさんが根尾川ガーデンはまだ早かったといい、いもこさんが輪之内堤もまだ本格的では無いような事を書かれていたので、アジサイの主なるところは三光寺。
遅いと思うけどササユリを二か所と早いだろうけどついでだからと弓削寺のアジサイ。
そしてラベンダーファームあまおかでラベンダージェラードを食べるという予定表が出来た。

三光寺からスタート。
三光寺アジサイいろいろ

定番のヤマアジサイより「見上げてごらん」と言う物に目が行った。
三光寺菩提樹

テイカカヅラ

イワガラミ

畜産センター。
少しだけど歩いたので喫茶店でエビピラフランチを食べた。
窓が少し開けてあって、薔薇の花壇からさわやかな風が入って来て気持ちがよかった。
周囲に飾ってあるMさんの絵も見せて貰った。
畜産センター

文殊の森では実験的に鱗片を植えて育てておられるようだ。
「少ししか咲いていないなあ」などというのは失礼だ。
地元の方たちは頑張っておられるのだ。
文殊の森ささゆり

弓削寺のアジサイは予想通り早かった。
ラベンダーファームあまおかさん今年はちょっと残念な様子だった。
弓削寺とあまおか


ドライブが半分以上済んだ頃に主人が「日曜日にプールへ行かないか?と尋ねた訳はなあ」と言い出し、何のことかと思ったら「あんたさんの自転車のタイヤがかなり悪くなっとるで変えてやろうと思った。タイヤを外しチューブの状態も見て、いたんでいるようなら買ってきて交換してやろう。それにはかなり時間がかかるので、自転車を使わないかどうかを確かめたのだ」と言うのだ。

笑った、笑った。
自分はアジサイの画像が欲しいのでお出かけのお誘いだとばかり思っていたのである。
奥さんはすっかりお出かけムードになっているので「そうじゃない」と言えなかったらしい。

どんだけ怖い嫁さんなのだろうね。

お礼は、本人さんのご希望であまおかさんで瓶入りと1リットルパックの牛乳。お値打ちな旦那さんだね。


ドクターイエローを待つ人

「きれいに咲いているよ」と動画を見せて貰っていた。
関ケ原の十九女池(つづらいけ)のスイレンやコウホネをやっと見に出かけることが出来た。

咲いている咲いている。
池の北側半分はそれらで埋め尽くされている。

5gatu28niti.jpg

新幹線の列車が次々と通り過ぎていく。(池の一部を通っている)

ぐるりと回っていけば「やや!」
三脚を2台もセットした人が居る。

「ドクターイエローですか?」 「はい。ここからだと黄色い車体が池にも映り込みするのです」
「何時に通過の予定ですか?」 「午後1時半の予定です」

その時はまだ10時半だった。

やはり絶好のポイントで写そうと思うとそれくらい早くから場所取りが必要らしい。

「よい写真を撮ってください」と激励して我々はぶらぶら歩きに戻った。

池の花もきれいだがここの周囲を歩くコースはなかなか良い。
「十九女池 私の好きな風景」と題してYouTubeへアップした。
どんな風景が好きなのかこれでわかるでしょう。


美を愛でる一日

まめこさんが出展しているパステル画の展覧会の案内を貰っていた。

当番日が火曜日だったので幸いとばかりにアッシー君を願って見せて貰いに行った。
市展での入選作品がどんと展示され友人として誇らしい気持ちになるのは何故か?

今まで何回も見せて貰いに行っていたが、今日ほどにぎやかな会場は初めてだった。
顔だけ知っているプールでの知人とは、まめこさんを介して改めて紹介しあった。(加藤さんだった。)
また、やはり絵を描きだした友人Fさんと久しぶりに会ったのであれこれ近況を知らせ合った。

きっと周囲の人は迷惑だったのではなかっただろうかと後から反省した。

お話ばかりしていて皆さんの絵に集中できなかったが、皆さんもこのサークルでパステル画を始められて、14年も経つとそれぞれいろんな方向の絵を描かれるようになったと感じた。(結構抽象的なものも見られた)
どの絵を見ても感心するばかりである。

目と口を堪能させてもらった後は近場の二か所のばらを見に行った。


大野町バラ公園はイベントがすんだせいか汚れたりしたバラもそのままだった。
勿論、まだまだきれいなバラもいっぱいあるし、細かい品種はこれからだ。

次の神戸町ばら公園いこいの広場へ移動途中にコンビニでおにぎりなどの昼食を買って持ち込んでベンチで食べた。
風があって、バラの香りが飛んでくる。
食べている頃は本当に人が居なかった。
しかし、その後幼児連れや施設からの人たちも増えてやっとにぎやかになったのでほっとした。

こちらは21日にイベントが開かれるようで、草取りや満開過ぎの花の切り取りなどに大忙しである。
今日一日でこんなに花を切り取ったから訪れた者は「見ごろだ」と感じたのかもしれない。
切り取った花

老人施設から来ていた人たちに混じって切り取った花を貰った。
貰った花

美を愛でた一日だった。

写真を撮った中からごく一部をスライドショーにした。(16枚)

高山祭旅行 その3 途中で寄った場所

高山祭に出かけるについては寄り道したいところがいっぱいあった。

「行きたいところ、寄りたい所を書き出して置け。ナビに登録しておくから」と言われた。
水芭蕉は清見の小鳥峠は「まだ咲いていません」で×。
行ったことがない美女ヶ池は「ピークは過ぎていますがまだまだいいですよ」といずれも観光課へ直接電話して確認した。

地点登録をフォルダに入れておいてくれたので、雨のために予定変更してもスムースに案内をしてくれて助かった。
結果、29日はこのような行程になった。
29日の行程


29日の行程地図

小川の花桃

明宝 国田家の芝桜
国田家の芝桜2017

一之宮 臥龍桜
臥龍桜2017

朝日美女高原 美女ヶ池の水芭蕉
美女ヶ池の水芭蕉1

30日は41号線を南下して帰宅した。

途中見物に寄ったのは2か所。
5月3日から50年ぶりに行われる飛騨一之宮水無神社に例大祭前だがお参りした。
飛騨一之宮神社

また下呂市「飛騨小坂道の駅 はなもも」ここは新聞で知った花桃の場所。
飛騨小坂はなもも


美女ヶ池の水芭蕉は木道が設置されているのでまじかに花が見れてよかった。
YouTubeへアップした。



欲張りなドライブ旅行だった。
黙っていう事を聞いてくれた父さんに感謝!である。

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索