無事に帰宅

酷暑の自宅を逃げ出したけど、所詮は戻らなければならない。

18日も朝は涼しい車山高原でテラスでの食事を済ませ、名残を惜しみながら宿とお別れした。

今日も晴れ
18日朝食


最初の予定では諏訪大社4社をすべて回り帰宅するはずだったのが欲が出て、白樺高原の長門牧場へ行き、まったりと美味しいソフトクリームを・・・
普段はこうしたものは食べない主人も「美味いなあ」と言いながらコーンからはみ出たクリームで手をべたべたにしていた。(写真撮り忘れ)
長門牧場



「諏訪大社全部回るなら(前宮・本宮・秋宮・春宮)」と教えて貰ったコースは最後に「万治の石仏」を見て岡谷インターから高速に乗るという物で、途中で地元の物産館を勧められた。
たてしな自由農園

おススメならばと寄って野菜などを買い、氷と共にクーラーボックスへ。
ビーツ・ルバーブ・とうもろこしなど宿で出た食品をつい買ってしまった。

諏訪大社が4社もあると今度調べるまで全く知らなかった。
頑張ってお参りしたが、暑かった。
諏訪大社上社
諏訪大社下社


おまけの石仏も・・・
万治の石仏

一社参って車へ帰る度に、冷たい水で冷やしたタオルで顔や首を冷やして熱射病予防をした。

高速に乗ってから三度休憩をし、「何度でも休んで」と頼み、それでも何とか帰り着いてやれやれ。
650㌔余りを一人で運転してくれた父さんに感謝である。

ニッコウキスゲを求めて

車山のニッコウキスゲ見物が17日のスケジュールであった。

美味しい朝食を1時間くらいかけて山ほど食べ「もう昼ご飯は要らないね」と出発した。
17日の朝食
17日朝食デザート

と言っても、ガソリンが不安だという主人。
山の中とてすぐ近くにはなくて、9㌔位戻った所へ給油に行くことが一番仕事だった。

車山でリフトに乗り、山頂へ。
乗り換える所でまずニッコウキスゲ見物。ちょっと不満が残ったが、ここでの収穫は山々がいっぱい見渡せたことである。
蓼科山はもとより、八ヶ岳連峰、そしてそのなだらかな裾野のむこうに富士山まで。。。

自分の知らない山々が四方に眺められ(御岳山や北アルプスは雲のまにまにみえがくれしていた)とても気持ちが良かった。
車山山頂から1
車山からの眺め


ニッコウキスゲを求めてビーナスラインをたどりつつ、富士見台ではちょっと遅め目ながらまずまず。
車山肩では絶好の見ごろだった。(富士見台より高度があるためとか)

ニッコウキスゲ1
ニッコウキスゲ2

八島湿原は暑くて熱中症になるといけないのでぐるりと巡るのはやめて縮小見物となった。


父さんはその後美ヶ原までの往復運転を願うため、富士見台と車山肩の見物は涼しいところで待機して貰い、八島湿原でもほんの少しだけの見物に止めて貰った。

美ヶ原には美術館が出来ていて、道の駅も併設されていた。
屋外展示のあれこれを園外から眺めるにとどめ、山本小屋へもちょっぴり寄って17日の予定はすべて終了し、宿へ4時30分に帰ることが出来た。

昼ご飯は結局食べずに、美ヶ原で牛肉コロッケを一個ずつと、自分は生乳ソフトを食べただけだった。

美味しい夕食が私たちを待っていた。

「海の日」に山へ行く

念願の信州へのドライブ旅行へ。

予定より30分早く、7時半に家を出た。
途中2回休憩と昼食もサービスエリアで済まし、まずは北八ヶ岳ロープウェイへたどり着き7分乗って標高2200メートルの坪庭を歩く。
北八ヶ岳ローウェイ1
坪庭

牛乳とソフトクリームで一息ついて次は御泉水自然園へ。
御泉水自然公園
御泉水自然公園2

予定の5時より30分早く無事に宿へ到着した。
宿でのウェルカム


お楽しみは野菜中心のイタリアンのフルコース。
さてどんな料理が並ぶやら・・・


きっと城戸ワインを飲んで酔ってしまいこれから後の記事はかけそうにないから今日はこれまでとする。


朝、目覚めてみれば・・・
晴れ


さあ、今日は待望のニッコウキスゲを見て回るよ~


準備

車山ドライブ旅行へ出かけるためにした準備。

おおよその所を決めておかないと現地であたふたして事故にでもなるといけないので、まずはどこへ寄るか。
距離数とか時間とかをネットで検索していると時間がかかる。

おおよそ見当がついたので行程表を作って、運転手に了解を得た。
旅行日程表

割引クーポンも印刷して用意した。
ナビはスマホを使うので、PCで立ち寄りポイント間をそれぞれ設定したものをGメールで自分のスマホに送って用意した。
細かく刻んだルートをメールでスマホへ


ずっと使っていないデジカメも電池を満タンにして用意した。
スマホの充電関係物を忘れないようにひとまとめにした。

ここまでは準備できたが問題は植物たち。
畑でネギの植え替えをしたが、ネギは乾燥しても大丈夫。
鉢物がこの高温の中をどう過ごさせるか?

ずっと前に旅行したときは、畑へ鉢ごと埋めるという事もしたが、今はもうそんな元気はない。

新聞紙でぐるりと包んで受け皿に水を入れておく方法。
物陰に移動したり、遮光ネットで覆ったり。
新聞紙で対策

対策1

帰宅して枯れていたら「ハイ、それまでよ」である。

雨が落ちてくる前にと

「雨が降る前にアジサイを見に乗せていって」と頼んだ。(根尾川ガーデンへ)
父さんはちゃんと準備が出来、車も車庫の外へ用意しているのに自分がもたもたしていて結局9時半過ぎにしか出れなかった。

それでも途中の道の駅へ立ち寄るのを頼んで野菜類を買った。
(早く行かないと売り切れ商品が多くなる)
道の駅の野菜

30分弱で着いた根尾川ガーデンは紫陽花の満艦飾だった。
老人保健施設の横に広い駐車場があり、その周囲にもアジサイが植えられているし、庭園の中を散策してアジサイを満喫した。

駐車料金は勿論、入場料も一切とらずに「どうぞ見ていって下さい」とばかりに解放されている。

まだ雨が落ちてこない様だったので花しょうぶまつりが行われているという曽根城公園へ向かった。
王道の道から行ったら臨時駐車場というのがあったが、通り越して本来の駐車場へ行こうとしたが残念!
午前11時という時間が悪かった。
細い道で駐車場へ入ろうという車の列である。

辛抱できずに「帰ろう」と戻ってきたら主人が「折角来たんやでさっきの臨時駐車場へ入れて歩いて行こう」と言ってくれたので従った。

渋滞の車の横を歩くのは嫌だなあとスマホで歩く案内をして貰って、あちこちのお家の横とか裏とかちょっとだけ近道をした。

菖蒲は本来の物(そこで生育している物)は、ほぼ花が終わっていた。
他所で育てた花の盛りの物を整列して植えたり、鉢のまま沈めてあったりした菖蒲まつり用に見栄えをよくしてあった。
そうこうして居るうちにぽつりぽつりとして来たので早々に車に戻った。

2018曽根城公園の花しょうぶ

スマホにグルメとして登録してあった「桃太郎」へ向かい「寿司ランチ」を食べて帰宅した。

そういえば10日は自分の誕生日だったので夕食に、冷凍保存してあった赤飯を解凍して食べた。

根尾川ガーデンのアジサイをフラッシュ・ボックスさんで作って貰って・・・


名古屋で基幹バスに乗る

土曜日に名古屋で基幹バスなる物に乗り、バスレーン上を走るバスと停留所を体験した。

基幹2号というバスレーンが設置されている道は以下である。
中央走行区間

名鉄バスは名駅から始めは普通の道を走るのでバス停も道の左側にある。
桜通を過ぎるとバスレーンが始まり、バスは着色された中央のレーンを走るようになる。
基幹バス
(上図で、疑問点だった市バスで栄から乗ろうとしてバス停が二つもあるがどれが本当なのかというのがわかった。
始発は栄でもオアシスパークのバスターミナルにあり、もう一つの栄は大津通にあるのだ。
ここの栄バス停までは普通の走りであり、その後はバスレーンを走るのだという事)

バス停が道の中央にあり、交差点の手前に設置されているのでバスは中央より右側の道路へ入りバス停へ停まる。
そして交差点で左側の道路へ戻り、中央寄りを走る。
バスレーン2

バス停

バスレーン交差点

対向してくるバスもそれと同様なので交差点でバスが交差する。

バスは直進しながらも、停留所前と交差点では緩やかにカーブをしながら走るのである。

これを目で見て、バスレーンと停留所が中央にあっても乗り降りできることがやっとわかったのである。

このバスレーンは平日のラッシュ時はバス専用で普通の車は走ってはいけないそうである。
土曜日はその規制がないのでバスレーンも普通の車も走っていたが、バスの走りに邪魔になるような台数ではなかった。
ラッシュ時は次々とバスが走るそうである。(地下鉄並み)

乗るだんには便利なのだがマイカーで走ろうとすると慣れないとバスのレーンが恐いそうである。
並行して走っている時はいいのだが、交差点では自分の直進線へ右側からレーン上のバスが追いかぶさって来るように感じたり、右折するときが難しいらしい。

今回の訪問を車で行こうかと検討したけど早々にやめて正解だった。

名古屋へ行くのもお上りさん?

娘夫婦が転居したので新しい住居を確認がてら初訪問する事にした。

岐阜の田舎の老夫婦。
町中へ出かけることは何年に一度という位稀な事で、新居の住所などはネットで検索し、マンションもGoogleで「ああ、これだ」と分かるのだが、さて自分の足で行くとなるとこれまた調べなくては・・・

名古屋の地下鉄・市バスのフリーパス券を息子から貰ってあった。
が、出かける機会がなくて保存したままだったのでそれを使おうと思った。
名駅から地下鉄1本では行けないし、乗り換えても駅から15分くらい歩かなくてはならない。

じゃあ、地下鉄+市バスというプランを立てたが、栄で乗り換えるについてバス停が色々ありすぎてややこしそうである。

娘にLINEで相談したら「フリーパス券はまたの機会にしたら?、名駅でどうせ乗り換えるのだから名鉄バスセンターへ行ってそこから乗れば家のすぐ前の停留所まで一発で来れるよ」とアドバイスを貰った。
「老いては子に従え」と従った。

名駅下車して桜通り口から外へ出て、まずはビル群を写真にパシャ。(お上りさん丸出し)
駅前のビル1

あとは名鉄ナナちゃん人形をめざして歩く。「お、居た、居た」
手前を右へエスカレーターを登れば名鉄バスセンター。
ナナちゃん人形をめざして

長距離のバスなどの発着もあるが、自分たちは4番乗り場。
始発なので着席でき、運転手さんにバス停をもう一度確認し後はお任せである。
スマホを開いて現在地と窓の外の風景を見ながら楽しんだ。

基幹バスでバスレーンのある道路。停留所は道の真ん中にある。
どうやって乗り降りするのか想像していた時は全く分からなかったが、乗車してレーン上をバスが走るのを見てやっと納得した。
(面白い体験だったのでまた次回に別途で記事を書くつもり)

現地の周囲はでかいマンション群がいっぱい。

「なるほど。こういったところなのだ」と確認。
「洗面ボールが気に入らん」とか「トイレが狭い」とかいう文句は聞き流し、「風通しがいいがね。ベランダが深くて広いし、人工芝の前庭もいいじやないの」とよいと思う所を指摘した。

車で最寄りの駅まで行ってあとは電車で行くと伝えてあり、「昼食はおよばれするがアルコールはなしでね」と言っておいた。
娘の手づくりの料理なんて何時食べた?貴重な昼食だった。
昼ごはんんはノンアルコール

コーヒーなど飲んで早々と帰ることにしたら、婿殿が近辺をドライブしがてら名駅まで送ってくれた。

朝、コンコースから出てきたところへ戻って来たが「ちょっとだけ駅ビル内を歩こう」ということになり、新しいほうのJRゲートタワーへ行き、15階でスターバックスコーヒーを飲もうとしたが、満席で、待ってまでは嫌だとあきらめた。
山ほど店舗があるがどこへも行かず、入らず。

15階で歩けば、いわゆるJRセントラルタワーズヘ行けると分かり、プラプラと歩き、東側のビル群や足元の様子を眺めたりした。
父さんは「一番南へ行って見る」というので付いて行ったら、名鉄やJRなどの線路が見え、出たり入ったりする列車がいて、立ち去れない。
帰りには上から
お店も入らず歩いて見下ろしただけ

「新幹線の列車が来るまで見とる」と言うので付き合った。

駅前ロータリーの様子や列車などが到着したり出発したりを動画に撮ったのでアップした。


プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索