中原の虹

久しぶりに本らしい本を読んだ。

浅田次郎の「中原の虹」である。

nizi-1.jpg   nizi-2.jpg


清という国の最後を、歴史的な人物と共に、春雷・春児という兄弟を登場させて語る。

「蒼穹の昴」(そうきゅうのすばる)では、貧しい兄弟がどうやって生き抜いてきたかから始まり
「珍妃の井戸」へ。
そして「中原の虹」へと話が進む。

悪女の見本みたいに言われた「西太后」を、「自分はそう思われてもいい。清という国が西洋国家に蹂躙されないためには・・・」という風に書いている。

zinbutu.jpg


まだ二巻しか読んでないが、全四巻あり、巡回図書へリクエストカードを出してある。
今、人気の本なので来月自分の所へ回ってくるかは分からないが、早く続きが読みたいものである。

浅田次郎の本は結構映画になってるが、こんな大作は映画には出来そうにないかな?

山クラゲ

山クラゲを初収穫した。山クラゲの栽培日記はここに。

干して食べたいのだが、昨年は大事に大事にと、長い事置いといて、茎の中心が空洞になってしまい失敗した。
普通の野菜のように煮て食べようと試しに収穫して調理した。

順序1




レタスの仲間なので、葉っぱの柔らかい部分だけサラダに。

DSC02402.jpg




皮を剥ぎ取った茎の部分を適当に切り、さっと湯掻いてから、きんぴら風に仕上げた。
まあまあの味である。

DSC02409.jpg




土筆を食べたり、山クラゲの葉っぱまで食べる。
高齢者で年金収入の少ない我が家、何とか食費を減らすように涙ぐましい努力である(?)


寒かったけど、医者へ行ったついでに、お墓まいりをしてきた。
昨日ブログに登場した、紫ハナナや水仙・冬しらずなど畑に咲いている花をお供えしてきた。


DSC02406.jpg




※ 私の重大ニュース

朝、時間があればブログを開くが、28日のアクセス数を見て驚いたのなんの。
58とカウントされていた。
もしかしたら、間違いかもしれないが(よくトラブルがある)、兎に角びっくりした。
新記録である。
こんなに沢山の人が訪問してくださったの?

感謝し、恐縮しつつも、ブログを書くことがちょっと恐くなってきた。

そうは言っても、「私は私」なのだから気負ったりせずに、「今まで通り自分をさらけだせばいいかな」とも思ったりしている。


紫色と白色

紫色の花と白色の花。

ムスカリ。
白色のを買ったりしたが、丈夫なのは紫のごく普通の品種である。
地面に下ろすと球根が増えて困ったので、今は鉢のみである。

ムスカリ-1




フサザキスイセン。
これも丈夫で毎年沢山の花を咲かせる。
お墓に供えるのにもってこいである。

フサスイセン-1




ムラサキハナナ。
毎年ほって置けば、こぼれ種から発芽して翌年の春に咲く。
これも、お墓の花の定番である。
水仙は切ってしまえばそれで終わりだけど、これは脇から又花が咲き出すから便利である。

ムラサキハナナ-1




スノーフレーク。
これも丈夫で球根がドンドン増えて困るほどである。
スズランほどではないが、結構やさしげな感じでいい。

スノーフレーク-1




こうして見たら、手抜きの花が並んだ。
年と共に、種を播いて、植え替えをしてというのが面倒くさくなり、趣味の園芸も末期状態である。

ムスカリ-2




snowflake2.jpg





ホームページ「NEKOの野菜と花」 トップページ画像集を更新しました。


先生、ありがとう!

今年度最後のパソコン同好会があった。

「最初に大事なお話があります」
何事かと思った。
S木先生が「今日で講師を辞めます。」との事。
「そろそろ僕も引退を・・・。」等とは言われていたけど、まだ先の話だと思っていたので、驚いた。

確かに長い事、この同好会を引っ張って来て下さって、お疲れになったかも知れない。
毎週、午前・午後と2回も来ていただくのは無理かもしれないが、せめて月に一度でもいいので来ていただけると嬉しいのだが・・・。

「初心者脱出講座」は、まだ、その3までしか受講してないので、是非その続きを教えて貰いたいと思う。
「要望があれば資料を揃えて来ます」とおっしゃて下さった。
きりは付けられても、縁を切られないようお願いしたいものである。

過去のメモ帳を見て見たら、平成12年に同好会を発足された。
自分は平成13年の秋から入会させて貰って、手とり足取り、一から教えて貰った。
入会を勧めて下さらなかったら、現在のように、ブログを発信するなんてとても考えられない。

ありがとうございました。
logo1.gif

トータル217

久しぶりに2番目の姉から電話があった。

「やっとかめに逢おうかね」と。

3人姉妹でそれほど遠く離れて住んでいるわけではないが、現在自動車免許を持っているのが一人もいない。(一番上の姉が持っていたが、返上してしまった)
この姉とは本当に久しぶりである。

最初は喫茶店でと言っていたが、せっかくなのでランチをしようと言う事になった。

「どういうものが食べたいの?」
「なんでもいいわ」

「何処で?」
「何処でもいいわ」

と、らちがあかないので独断で場所も決め、時間も決め、予約をして連絡した。

3人の家から真ん中ほどの和食の店で落ち合った。

食べるのを忘れるほどしゃべりまくり(否、きれいに全部食べた)2時間をすごした。
まだ話足りなくて、近くの喫茶店で二次会をし、3時過ぎに名残り惜しく右と左へ別れてきた。

合計年齢 217歳の自転車で参加したお昼ごはんおしゃべり会であった。

ちなみに、私は姉たちを名前で呼ぶ。
しかし、「○○さん」ではなく、「○○」と言う。何故「」を付けないのかは自分でもわからない。

デジカメを持って行ったのに、写真を撮るのを失念した。
せっかく美味しい料理を見てもらおうと思ったのに、残念である。

イチゴハウス

昨年の秋からだった。
夕べが池近くの田圃に次々と工事が始まっていた。

最初は井戸を掘っていたので、温泉でも掘って一大娯楽施設でも作るのかと思っていた。

パイプなどが運び込まれ、やっとパイプハウスを作るのだと分かった。
それが又、次々と作られてこの3月で工事が完了したらしい。
8連棟×2棟
4連棟×1棟
単独棟×9棟
ということは、ハウスの山型が29もあるのである。
一大ハウス群である。

こんな看板が設置された。

kannbann.jpg



ちょっと中を覗いてみた。

naibu.jpg  hausu.jpg

今年の冬にはこんな風になっているのだろうか?こんな風だろうか?

WS000221.jpg  WS000222.jpg

ハウスのイチゴはどうしてあんなに甘いのだろう。

WS000223.jpg

美味しい岐阜のイチゴを召し上がれ!


またも夕べが池の桜

DSC02358.jpg  DSC02362.jpg

公園の隣の田圃ではぺんぺん草が一面に花盛りであった。

田圃の花

 


花の命は短くて

22日に満開だったハクモクレン。

mokuren13s.jpg



雨で可哀想な状態になっている。
汚れたり、折れ曲がったり、そして花びらが落ち始めている。

mokuren11s.jpg  mokuren12s.jpg

かわりに何とか桜(品種を知らない)が満開近しである。

DSC02351.jpg



近くではハナモモが濃いピンクの蕾を見せ初めている。

hanamomos.jpg




『花の命は短くて・・・』 あっという間に咲き、あっという間に散る。
咲き競う花を皆で見てやって!

自然農法の真似事

22日に公民館で「自然農法セミナー」というのが開かれた。

時間もあるので受講してきた。
化学肥料は一切ダメというほどのことはないけど、「徐々にでも有機栽培にもって行きましょう」ということであった。

※ 畑で使用する有機物には何があるか

 

土を作る有機物

バーク・牛フン・腐葉土・もみがら・草など
作物をつくる有機物

米ヌカ・菜種油カス・鶏ふん・骨粉・魚カス・生ゴミなど


上の表に表されているように、有機・有機と言っていても根本的なことを理解してなかった。

その他、堆肥を入れるとどうなるかとか、完熟していないものを入れるとどういう弊害があるか。

又入れる時期・量なども気の遠くなるような時間の経過が必要な部分もあるが、とりあえず出来る事をやってみようと思った。


コンポストが1個あるので、それで草の堆肥を作ろうと決意した。


現在殆どいっぱいになっているので、底から半分ほど掻きだし、作物をつくってない所へばら撒いた。

空いたコンポストへブロッコリーを始末した物や草取りした雑草を放り込み、植木鉢の土をふるって出来た一番細かい部分を被せた。


今日だけでもう満杯になってしまった。

プラスチック漬物桶の底がひびが入って、使用不可能な品をコンポスト代用品として使おうと思う。


DSC02334.jpg ブロッコリーの残さ

DSC02335.jpg コンポストからの土

DSC02336.jpg ここへ草も入れた



色気のない画像ばかりでもつまらないので、「ヒマラヤユキノシタ」を貼ろう!

himaraya.jpg


すべて世は事も無し

”時は春、/日は朝、
 朝は七時、片岡に露みちて、
 揚雲雀なのりいで、/蝸牛枝に這ひ、
 神、そらに知ろしめす。/すべて世は事も無し。”

暖かい春の一日に、思い出すブラウニングの詩。

全部を暗唱出来る訳ではないが、『時は春』 『あげひばり なのりいで』 『神、空にしろしめす』 『世はこともなし』 のあたりがふっと頭をよぎる。

モクレンが咲き、コブシが咲き、桜も咲きかけている。
白い蝶々が3匹ヒラヒラ飛んでいるのを見た。

すべて世は事も無し。

yuubegaike-2s.jpg

春だ!春だ!

きっと満開になっているだろうと思ったら、期待に背かず満開になったハクモクレン。
青空に白が映えてとてもきれいだ。

DSC02299s.jpg



DSC02293.jpg




3月2日のブログで登場した夕べが池

遠目に木々がピンクっぽい。
近づいてみれば、桜が開花寸前である。
これはソメイヨシノではなく、エドヒガンの一種であろうと思われる。
こぶりの花が明日にも開花するか?

DSC02300s.jpg



DSC02303s.jpg



楽しみである。「寄り道して見てみよう!」っと。

春分の日

雨が残っていた春分の日。

伊吹山も前夜の雨で雪が少なくなっているようだ。
ドライブウェイの除雪も始まったと新聞に載っていた。
4月6日に標高差1000㍍を駆け上がる自転車レースが予定されているそうだ。
聞いただけで倒れそうである。

伊吹山s




友人からミモザを貰った。
きれいな春の色。

ミモザs




お墓へも持って行った。gassyou01.gif (合掌礼拝をしているneko )

地蔵さんs





またも、少しだけど土筆を摘んできて、てんぷらにした。
昨年行った宮古島の「雪塩」で食した。美味しかった。

土筆てんぷらs



雪塩s




強い生命力

トイレの窓際に小さな花をかざっている。
たとえば今日はルッコラである。

DSC02276sss.jpg



その前にずっとあったのが 「ミント」である。
寒い冬を、トイレの窓際で過ごしたのに、こんなにも発根している。

DSC02264sss.jpg



夏は、根が出てくるものは多いが、冬に繁殖しようという生命力には驚かされる。

あまりにも強い繁殖力で、地植えにしたらえらい事になるので、ミント類は鉢に植えてから地面へ預けておく。

DSC02266s.jpg



それでも油断していると鉢底や伸びた葉先が地面に接してドンドン増えて行く。

カモミールもはじめて栽培し、花が咲いた時は大喜びしていた。

アップカモミールs



が、お茶にして飲みたくても虫がつくし、消毒は出来ないしで栽培をやめた。
翌年から栽培するつもりがなくても、自分の畑や庭先はいうに及ばず、隣の畑のあちこちに花を咲かせている。

タンポポがそれと同じように、どこへでも飛んでいって花をさかせている。
子孫を残すため、彼らも懸命なのだろう。

またも「なばなの里」

既製品に「なばなの里」の花を貼ってみた。
これはこれで楽しい。
音を入れたいけど分からないので静かなままで・・・。


モクレン開花!

「冬のコートを脱ぎ捨てた」と言ったばかりのモクレンが真っ白な花を咲かせていた。

DSC02256s.jpg



何てきれいなのだろう!
全体で言えばまだまだだけど、この陽気なら今日、明日にでも全部開花しそうである。
下水処理場に植えられているけど、そんなことは関係ない。

DSC02258s.jpg



「雨よ、降るな」と祈る。開花した後で雨が降ると茶色くなって無残な姿になってしまうから・・・。




ネモフィラの苗を頂戴したのに一日延ばしで植え替えてなかった。
今日こそはと取り掛かった。
が、まず不要になって土が入ったままの鉢を整理した。

DSC02245s.jpg



ふるいを通し、3段階に分け、大粒は鉢底用に、中粒は腐葉土などを足して本来の土とした。
細かいのはコンポストに生ごみなどを入れた上へかけて使用する。

toosituti.jpg    細かい土


ネモフィラの植え替えがやっと出来た。

ネモフィラ




こんな風に咲くのかな?咲いたらいいな。

WS000219.jpg


土筆

今年はじめて土筆を摘んだ。

例年採りに行く所がこんな状態になっている。
資材置き場だった所が、泥のピラミッド状態であのスギナさん達はどうしているのであろうか?

DSC02234.jpg


 

仕方が無いのでもう一箇所の場所へ。
やせ細った土筆なので美味しくないことは承知のすけ。


DSC02236s.jpg




ハカマを取らないと食べられないのが土筆の困った所であり、たったこれだけのハカマを取るのに30分もかかった。(だれか自動はかま取り器を作ってくれないだろうか?)
気が短かくて、細かい事が嫌いな自分には苦手な仕事である。
ビバルディの「春」なんぞをかけながら、縁側でのんびりとやると丁寧にきれいに出来るかもしれない。


さっと湯通ししたのをゴマ油で炒め、みりんと醤油で味付けした。
卵とじが好きな人もいるが、卵の色が汚くなってしまうので、自分はほとんどしない。
ほろ苦い春の味である。


DSC02237s.jpg




で、恐れ多くも天皇さんの歌と共に一首。

              雪は        スギ花粉


心と体

心身ともにリフレッシュ?

まず身の方は、膝痛や腰痛で3ヶ月お休みしていたスタジオ運動を、恐る恐る再開してみた。
土曜日の「ステップ」というのは、名前の通りステップ台の昇降が基本で、リズムの変化や回転などをプラスするレッスンである。
冷や汗と運動本来の汗をかいて、50分間遊ばせて貰った。

このまま膝痛や腰痛がなければずっと続けたい。
なにせここの所、この十数年で一番体重が増えてしまったから。。。
何キロに上昇したかは秘密である。(とても口に出しては言えないすごさ)
本人を直接見てる人は「そういえば、この頃ふくらんできていると思ったら、やっぱりね。」と納得であろう。



心のほうは、お寺の真宗講座に出席し、法然さん、親鸞さんのお話を聞いてきた。

DSC02230.jpg  DSC02232s.jpg


いつも、聞法している時は「なるほど、そうだな」などと納得するのだが、帰宅すると全部ぼやけてしまう。
こんな聞き方でいいのであろうか?



春の陽気でハクモクレンが冬のコートを脱ぎ捨てようとしている。

mokuren.jpg  DSC02219s.jpg


春の土手の代表みたいな花達。
タンポポ・オオイヌノフグリ・ホトケノザが咲いている。

DSC02229ss.jpg

今日は勉強!

なべちゃんの部屋内の「日々気ままに」というブログ内で新しい発見が毎日ある。

昨日は、「日々気ままに」の文字がばらばらと飛んできてタイトルに収まった。
また、花がはらはら、ゆらゆら揺れながら舞い降りてくる。

自分は目が点になることばかりである。
「こんな事もできるよ」と教えて下さっている。

今日はJTrimで湖面に映る風景を見せて貰えた。
毎日「どうすれば出来るの?」「教えて!」ばかりではいくらなんでも厚かましい。

ちょっと前、これの作り方をやってみた所だったので、nekoは喜んで真似をしながら作ってみた。

元の画像

湖1s


この画像の湖面ぎりぎりにカットしてJTrimの「フリップ」でさかさま画像にし、「加工」→「ソフトレンズ」で適当にぼやっとさせる。
最初の湖面だけカットしたのに「編集」→「連結」でくっつける。
一応出来上がり。

湖1-鏡s


もう一手間かけて水面を表現するように、「PhotoFiltre」というソフトで「変形」とか「水面」とかのフィルタをかるとこんな感じになった。

湖1-鏡s2


今回参考にしたのは「Enjoy JTrim」内の「JTrim Lab > 加工アラカルト
JTrim 083 / 湖面に映る風景である。

パソコン同好会の方、1回お休みの間に遊んでみませんか?

この「PhotoFiltre」というソフト、フリーはいいけど横文字なので大騒動した。
本体と日本語で訳されているのと二つダウンロードして、インストール後に日本語の為のをフォルダに入れた。
「ほら、ちゃんと日本語になったでしょう」と言われても相変わらず横文字のチンプンカンプン。
フォルダ内をじっくりと見てみたら、JapanもあるけどEnglishもそのままあったので、「エイ!」とEnglishなんとかを削除したら、無事日本語で表されるようになった。

そう言えば、「Pixia」で「うらんのヘルプ」を使えるようにしたときも、こんな風にやった覚えがある。

パソコン素人の自分は、ここいらあたりで挫折してしまいそうである。


雨降りだったのでパソコンで「これをやりたい!」というのを四苦八苦しながら触っていたが、最後になって結局駄目だった。
どっと疲れがでたが、ホームページの野菜のページを少しだけ更新した。

これが、本日の収穫であるとしよう、

なばなの里 Part 3

今日もなばなの里からの花便り。


    フクシア色々



インパチェンス

DSC02195-1.jpg DSC02177-1.jpg
DSC02194-1.jpg DSC02184-1.jpg 
DSC02183-1.jpg DSC02182-1.jpg



チューリップは促成栽培のが少々。

rennketu-2


パンジーの間からチューリップの芽が出ている。
あと少しすれば、ここはチューリップの花で埋め尽くされるであろう。

チューリップ畑 


河津桜とベゴニア

「なばなの里」 PART2 として 河津桜ベゴニア を紹介しよう。

名称未設定 1のコピー-1
DSC02206syukusyous.jpg

           DSC02082-1のコピー    DSC02089-1のコピー
IMG_2932-2のコピー     IMG_3035-1のコピー




別料金を取るベゴニア館(1000円)


この扉を開けて入る。

DSC02203s.jpg  「なんだ、これは?」珍しい木のドアである。



ドアが開くと下図の光景が目の前に展開し、「おお!」と、どよめきの声がおきる。



   DSC02134s.jpg

これでもかこれでもかと種類・色を変え咲き誇る。

   rennketu-gaku-2.jpg

これなども特に目を引く色であろう。

   DSC02139s.jpg


しつこいけど、まだまだ明日に続けようと思う。
「フクシア」「チューリプ」 など、どうであろうか。

追記
  ベゴニアの9枚の写真は、JTrimの「連結」というので作った。
  沢山のものを一度に紹介するのにいいと思った。(自画自賛か?)

しだれ梅と桜

三重県の『なばなの里』へ出かけた。

開園されてずいぶんになるのに一度も行ったことがなかった。
最初の頃は「ベゴニアガーデン」が主だったような気がするが、現在は花のある時々に行きたくなるように趣向が凝らされている。

ついこの間までは、冬期のイルミネーションでお客さんを集めていたと思う。
今回の目的は、梅と桜を同時に見ようという欲張りなプランである。
事前の情報で河津さくらはちょいと早いのは承知していた。
諸般の事情により(土・日は避けたいし、今週11日以外は×)天候だけは大丈夫なので出かけた。

1時間で到着。1,500円を払って入場。
nennga0001.jpg

満開だという梅園へ。咲いている。咲いている。

DSC02100.jpg

sirosidare.jpg

DSC02113.jpg  DSC02107.jpg DSC02097.jpg
 
こんなのに乗って、地上45メートルから見ると
tennbou.jpg↓ ピンクと白のしだれ梅がお菓子のように見えた。
DSC02131.jpg

先ごろまで行われていたイルミネーションの撤去をしていた。
沢山の人を楽しませたことであろう。又今度は今年の冬に。
DSC02119.jpg  DSC02207.jpg


河津さくらはこんな感じに咲いていた。
sakura1.jpg


桜もきれいだったし、ベゴニアも見て欲しい。
続きは明日にしようと思う。

春だ!

3月、色々な花が咲く。   畑の野菜も花が咲く。

ブロッコリー

burikori-.jpg

ルッコラ

rukora02-2.jpg

花が咲き出すと不味くなる。
中の方の柔らかい葉を摘んでサラダにした。

rukora01.jpg

先だって貰ったヤーコンと共にゴマドレッシングで食べた。イケるよ!

sarada.jpg



そうそう、友人宅の「ニワトコ」の花が咲く寸前である。
小さな粒々が一個ずつの白い花になるのだそうである。
美味しいらしく、アブラムシが付いている。(クリック画像で見れるかな?)

nuratoko-1.jpg




ホームページの表紙画像替わりました。

一昨年の春

「クリックして画像を変換する」というのが出来なくて、なべちゃん先生に助けを乞うた。

すぐにみてもらえた。(親切)
が、上手くできないそうである。
ホームページよりブログで色々やるほうが難しいとか。(なべちゃん、ありがとう!)

今回はあきらめて以前作っておいた、一足早い春の便りをアップしてみた。

画像も荒いし、あまりきれいとは言えないけど見たってチョウダイ!

2年前の木曽三川公園のチューリップと根尾の淡墨さくらと墨俣の桜です。



草取り

天気が良いので畑の草取りをした。

1アールにも満たない本当に狭い畑だけど、冬の間ほって置いたので草が生えてきている。

DSC02040.jpg



DSC02038.jpg



しっかりと根を張って、頑張っている。
こんなにきれいな花も咲かせて・・・。

DSC02036.jpg 

DSC02039.jpg



私にとっては雑草だけど、彼たちは子孫を残そうと懸命に花を咲かせ、種を作っているのだ。
とは言うものの、はやりそのままにはしておけない。
ガリガリと草をかいた。

終了した作物
  白菜・ねぎ・ブロッコリー・小松菜・ほうれん草

育ち中の作物
  エンドウ・たまねぎ・サニーレタス・山クラゲ・にんにく

1ヶ月もしないうちに花や野菜の種まきをしなくちゃ。
ああ、忙しい!忙しい!

クリック

ブログの参考書を買ってきた。
易しそうなのを挑戦してみた。(そんなにむつかしくないと思った)
クリックすると画像が切り替わるというものである。

春の花を3点用意した。

では実際にやってみてみよう!
※画像をクリックすると切り替わります。と書いたが、



クリックしても何の変化も現れず、見事に不成功に終わった。

"JavaScript"などというのに挑戦したのが間違いだった。
 口惜しいし、みっともないけど そのまんま東で アップして笑ってもらう事にした。

            「なべちゃん、教えて!」

春に一歩

確実に一歩ずつ春が近づいて来ている。

カランコエが咲いた。やさしい色合いが「春だ!春だ!」と言ってるみたい。

karannkoe-1.jpg



畑仕事を少々。ジャガイモの種芋をいれた。
男爵とメークインというポピュラーなものを各1キロずつ。

DSC02024.jpg



今はこんなだけど、6月には豊作だと報告できるといいね。

DSC02028.jpg




笑い測定機と単位

新聞を見て、「物事には色んな事を考える人がいるものだなあ」と思った。

関西大学の教授が人間の笑いを数値化して、アッハ(aH)なる単位で表す装置を開発されたそうだ。
名づけて「笑い測定機」
木村先生は社会学の専門で人間にとって笑いとは何かを研究されて追求されている。
笑いは健康に良いというが、それを科学的に検証するために、筋肉が動く時に発生する微弱な信号をセンサーでとらえ、解析し、笑いの度合いを判定するのだそうだ。
大爆笑は1秒あたり5アッハ、ですと。

先生曰く、「笑いを測定するなんて、アホな機械でしょ?ウハハハハッ」と載っている。

機械を作るのもそうだけど、アッハなる単位を考えられたのがより可笑しく思った。

アッハ単位で思い出したのが、
メッツエクササイズ
メッツ身体活動の強さを、安静時の何倍に相当するかで表す単位で、座って安静にしている状態が1メッツ、普通歩行が3メッツに相当します。

エクササイズ(Ex)

身体活動の量を表す単位で、身体活動の強度(メッツ)に身体活動の実施時間(時)をかけたものです。より強い身体活動ほど短い時間で1エクササイズとなります。

何の事かわかる人はいる?

1エクササイズに相当する活発な身体活動

3-1_02a.gif
3-1_02b.gif
3-1_02c.gif
3-1_02d.gif
メッツの数値の高い運動は短い時間で1エクササイズ(Ex)となるみたいだ。

「メタボリックシンドローム対策には1週間に10Ex以上行い、すべて3メッツ以上の活発な運動で行なう。」とあっても分かりそうで分かりにくい単位だと思う。

すぐには理解できないよ。厚生労働省さん!

しだれ梅

朝、ネットで墨俣にある光受寺というお寺のしだれ梅が見頃と知った。

3日のブログ 「女人列なす」を実行してからにしようとプールと食料品買出しを済ませ、大急ぎで帰宅。
それからアッシー君を依頼して出かけた。

午後も遅くだったのですんなり駐車場へも入れた。

光受寺s

境内はそれ程広くはないけど、紅梅・白梅が咲いていた。
「まず、本堂でおまいりして下さい」の看板あり。
お寺へおまいりに来て、花を見せてもらう。これは当然のことである。
本堂では色々の作品展示会がなされていた。
残念ながら「写真撮影はご遠慮ください」で種々の作品は紹介できない。

こんな風に咲いていた。
ひととき香りと目の保養をさせてもらった。合掌。

紅梅4  紅梅5  紅梅6

白梅4  白梅2  白梅3

紅梅2s

盆梅1  白梅1s  紅梅1s

紅梅3s

朝日歌壇

3日の朝日新聞朝刊の投稿短歌の入選作にこんなのがあった。

rennketu.jpg

赤尾さんの歌は自分が目にしている情景そのものであり、思わず拍手であった。
秦さんの歌も、再び泳ぐ事が出来るようになった喜びがあふれていると思う。

で、「女人列なす」をカメラに収め、ここに貼り付けたかった。
無断では撮れないと思い、スポーツクラブのおねえさんに了解を得ようとしたけど断られた。
今時はそうかもしれないとあきらめた。

でも本当に今日の水中歩行は2コース使って、ぐっつぐつ(混みあっている事)の満員で「女人列なす」であった。



公民館まつり

校下の公民館まつりが開催された。
公民館活動を主としての作品展示とステージ発表があった。

自分はパソコン同好会としてちょこっと作品を作って提出しただけである。
しかし、皆さんは違う!
気合が入った作品が色々並んでいた。

独断と偏見で、パソコン同好会を主に並べてみる。
doukoukai.jpg  展示1  展示2

展示3  展示4

ポスター1  ポスター2  ポスター3

ドラエモン  運動会  中国ペア


30数人の仲間で90点以上パソコン作品が出されたそうである。
「すごい!」と胸を張って言えるね。

自分の仲間の事ばかり言っていてはいけない。

パステル画・いけばな・アートフラワー・絵手紙・陶芸・布ぞうり・ハワイアンキルト。押し花・写真等など。
「あの人がこんなことを・・・」「どうやって作るのかしら?」など、話の輪が広がっていた。

絵画  キルト  絵手紙

sara.jpg  布ぞうり


ステージではダンス・カラオケ・詩吟・太鼓など行なわれて拍手喝采をあびていた。
観客-1

最後に抽選で色々賞品を貰えた。

私も当たった。皆に祝福してもらった。
3等  商品
中身は「カチカチ」と握って発電する緊急用懐中電灯だった。

春から


秋のイメージ?

近くの公園の秋のイメージを貼り付けて遊んでみた。

ムービーメーカーに音楽を入れようとしたら、今までメールなどで使っていた形式のは駄目だと言う。
.mavだとか.wmaだとか言われても、在庫がないのである。
辛うじてあったのを入れてみた。
労力と時間を使っての大仕事の割合にパッとしないね。


プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
02 ≪│2008/03│≫ 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索