植え付け

夏野菜の苗を植え付けした。
ズッキーニと同じように、自然農法セミナーで教えて貰ったようにやった。

先日買ってきた苗を早起きして(5時半)植え付け準備をし、2時間後に畑へ植えつけた。

トマトは植える場所がが準備不足なので後日にした。
ヤーコン2株も芽が出ていたので一緒にやった。
自家製キュウリの苗も大きそうなのを1本。
合計11本の植え付けを完了し、キャップを在庫分だけ被せた。
午後は高温になり(24度を越えた)、明日の好天も約束されているのできっと順調に行く事であろう。

ピーマン  ヤーコン1

キャップの上からみた坊ちゃんカボチャ(手のひらの上に乗るくらいの大きさの実らしい)
坊ちゃんカボチャ



運動はなしで、自転車で用事を済ませただけであるのに、心配事があり、色々思うと食べ物に手が伸びる悪い癖が出てきた。ヤバイ!

昼と夜でこんな物を食べた。(朝は6枚切り食パンのチーズトースト・バナナ1本いりヨーグルト)
とてもダイエット食とは言えない。ごく普通食である。

小豆かゆ→貰った小豆を茹で、卵パックで冷凍し、土鍋1杯に卵パック1個分を使用。
   小豆かゆ ご飯200gで2回分出来る。

 エンドウとカニ風味のハーフマヨネーズかけ。      納豆。
 endo.jpg       natou.jpg

          セロリ                      筑前煮
  serori.jpg      筑前煮


塩サバ少々は写真を撮り忘れた。

そして、そして。
ブルボンの「果物いっぱいゼリー」1個とカルシューム強化ウェハウスを6枚。
ゼリーは「スクラロース」という砂糖から作られた砂糖の600倍の甘さの甘味料が使われているせいか、100~120㌔カロリーである。
ウェハウスは一枚36㌔カロリーである。
合計320は、おやつにはちょっと多すぎる。反省!

テレビで映画

二日続けてテレビで映画を観た。

一日目 「バックドラフト」
シカゴの消防士の映画だが、主演の兄弟役は知らないのだが、脇役がすごい。
ロバート・デ・ニーロにドナルド・サザーランドである。

ただの消防士の映画というだけでないのは、この二人が演ずる役が調査官と放火犯ということだけでも分かるというものである。

どこかで聞いたことのある題名だと思ったら、大阪のUSJのアトラクションにあったのである。
自分は残念ながら入らなかったけど、火災現場のすごさを体験できるアトラクションだという事だった。

   バックドラフト1 バックドラフト


二日目はジョディ・フォスターの「パニックルーム」
映画館で観たにもかかわらず、又観た。スリル満点。
「フライトプラン」では叫びまくっていた感じで今一だったが、これはいい感じの彼女らしさが出ていたと思う。

ジョディ・フォスター

二夜連続で楽しんだ。


28日の運動記録
  エアロビクス 45分  トレーニング 10分 スイム 30分 水中ウォーキング 60分

沢山運動したが、29日・30日はスポーツクラブの定休日で運動できない。
運動してる間は食べ物の事は忘れているが、休みの間はどうだろう。ちょいと自信がない。
家で出来る運動はいくらでもあるのに出来ないのである。
少し減少した体重がキープできるか?

苗を買いに

天気予報を見ると好天が続き、気温も上昇しそうである。

夏野菜の苗を買いに行って来た。
とは言っても家庭菜園の場所が狭いのでほんの少しだけ。
ナス(3)  ピーマン(2)  シシトウ(2)  トマト(2)  カボチャ(1)
合計10株で1170円なり。

ナスは例年接木苗を買っているが、あまりの高額(250円)に驚き、1本のみ接木苗にした。
トマトは中玉とミニを各1本。
キュウリやオクラはポットで自分で蒔いているので買わなかった。

こういう所へ行くと、つい他の物も買ってしまう。
切花用のダリア球根を2個とトルコキキョウ苗を2株手にしてしまった。

この店へは自転車で行った。片道20分、橋を一つ越えてのサイクリングであった。
側道があるので安心だし、天気も暑からず寒からずで気持ちが良かった。

橋の上から。
河川敷に沈下橋と細い道があり、枝豆が栽培されているらしい。
DSC02889.jpg   DSC02894.jpg

青い箱はミツバチの箱だろうか?
DSC02893.jpg

時間がゆったりと流れている感じがする。


ダイエット3日目の昼食。

昼ごはん


ご飯がどんぶりに見えるけど画像上のことだけで、中身は90gである。
カレーっぽいのは、タマネギ・エリンギ・人参・ソーセージ・豆の水煮をスープで煮たものに、レトルトカレーをぶち込んだ栄養満点だがカロリーは比較的少ない優れ物である。
下段は山クラゲのピリ辛煮。
ざっとの計算で400㌔カロリー位だろう。一日合計で1500㌔カロリー摂取。

運動してきた(スイム・30分 水中ウォーク・60分 流水ウォーク・30分)後の食事で美味しかった。



準備

食べ物のことを頭から追い払うには体を使うことである。

午前はスポーツクラブで、
  ステップ 50分。
  マシーン 10分。
  プールで水中歩行 60分。
と盛りだくさんの運動をしてきた。

午後は畑へ。
夏野菜のうち、ナス・ピーマン・シシトウを植えつけるところへ黒いマルチを敷いた。
マルチ

少しは地温を高めるのに役立つかも。

エンドウの葉には毎年のことながら ハモグリバエ という虫が、葉の裏と表の間に入っている。
消毒のしようもないので其のままにしている。

ハモグリバエ


畑の準備は完了したので苗を買いに行こう。
買っておけば、天気を見計らって植えれるから安心である。



カラーが咲いた。
カラー

ツツジも咲いた。
ツツジ


今日26日、今のところ1400㌔カロリーくらいの摂取量である。 とりあえずは○ かな?

自己嫌悪

「なんで私はこんなに口がいやしいのだろう!」
毎日、こう思いつつ又食べ物を口にしてしまう。自己嫌悪に陥る事しばしである。

お腹が空いたから食べるのではなく、ただ漫然と食べる。
よって必然的に体重はうなぎのぼり。
大体1キロ増加でウェストが1センチ増える。(経験者は語るというやつである)
2年間で小さな減はあったが6キロ増。服は2サイズアップし、着る物がなくなってきた。

無茶苦茶に食べる原因といえば思い当たるのは禁煙である。
忘れもしない、一昨年5月28日一念発起して数十年すっていたタバコをスパッと止めた。
苦しかった。
その反動で手当たり次第に食べ物を口にする習慣が身についてしまったのである。
最初の一ヶ月で4キロ増えた。
これはイカンと気をつけて、少しは減るけどまた増える。
これの繰り返しで、現在最高新記録達成中である。
急に太ってコレステロール値が高くなった。ヤバイ。

この恥ずかしい記録をブログで公表し、冷や汗・あぶら汗をタラ~リ・タラリと垂らして、減量に努めようと思いたった。(ここで宣言すれば失敗は許されないと背水の陣)

体重を落とすのは理論上はわかっているつもりである。
摂取カロリーより消費カロリーが多ければ痩せていく。

言うのは簡単だが、1キロの脂肪を落とすには7000㌔カロリー消費しなければならない。
基礎代謝が少ないと最低減の消費カロリーが少ないので、筋肉をつけて基礎代謝量を増やす。

 
☆ 摂取カロリーを糖尿病患者さん並みの1400~1600㌔カロリー摂取に努めよう。

☆ 食品はまんべんなく摂らなければ体力が落ちてしまうから気をつける事。

☆ 間食を極力控えよう。これだけでもずいぶん違うと思う。

☆ 運動は今までもやっているのでこれ以上はやらない。

☆ 一日に口にしたものを記録し、大体のカロリー計算をし、運動したらそれも併せて記録してみよう。

目標は1ヶ月に2キロ減量で3ヶ月かかって合計6キロの減量をめざしたい。

ここで減量宣言をしたからには3ヵ月後、ブログ開設1周年を喜び勇んで迎えたいと思う!

「フレー、フレー、nekoよ」と自分にエールをおくる。


話は全然ちがうが、初物を食べた。
アスパラとエンドウである。
雨上りに覗きに行ったらこれだけ収穫できた。
二人でも喧嘩する位しかないが、醤油をたらしたマヨネーズを付けて食べた。

enndoasuoara 2

あ、東向いて笑いながらを忘れた。(初物を食べる時の言い伝えである)

いつもならまだまだネットで遊ぶ時間であるが(現在時刻は22時20分)もうお腹が空いてきた。
食べ物の事を忘れる為に、もう寝よう。
もしかしたら、夢に美味しいお菓子や饅頭が出てくるかも。




ありがとうございました

長年パソコン同好会でお世話になった先生の送別会が催された。

まだまだの年代なので頼りにしていたが、先生としての都合もおありなのだから無理は言えない。
区切りとしての送別会ということであったが、時々は覗いてくださるとのお言葉を貰ったので、皆も少しはほっとしている。
皆で作った感謝状・寄せ書き・記念品、そして花束を贈呈して今までのご指導に感謝の意を表した。
先生、長い間ご指導いただいてありがとうございました

     kannsyazyo.jpg   寄せ書き0001


後は先生を囲んで楽しい食事会となった。
こんなにいっぱいの料理を楽しんだ。

    kaninohanaryouri-1.jpg

    料理連結1

写真を撮り忘れたデザートやコーヒーもあった。

先生方を送迎する車に私まで便乗させて貰って「ドア~ドア」で、大雨にもかかわらず濡れずに済んだ。
Aさん、ありがとう!
当番役員さん、ご苦労様でした。

あと少しで

好天が続き野菜がぐんぐん大きくなった来た。

エンドウ

エンドウ1s  エンドウ2

このエンドウはぷっくら太ってから採った方がおいしい。
スナックエンドウとかスナップエンドウとかいわれている。
最近は赤花のエンドウは敬遠して作っていない。


アスパラ
アスパラ2s  アスパラ1s

アスパラの横の青い棒は、冬に地上部が枯れて翌年まで「ここにアスパラちゃんが眠っているよ」という目印である。
きちんと畝で作ってあればこんな事をする必要がないけど、あちこちに生き残りの株があるという、いい加減なやり方をしているので、余計な手間をかけている。

エンドウ・アスパラとも、あと少しで食べ頃である。

野菜が大きくなるという事は、雑草もドンドン伸びるということである。
3日ほど前に取ったのにもう青々している。

草取りをし、ジャガイモのあげずりをし、追肥をした。

ジャガイモs


地上部を切ってダンボールを被せたおいた皇帝ダリアから新芽が出てきている。

皇帝ダリアs

切り倒して株を増やそうとチャレンジしたのに今年は調子が良くなくて、希望者3名の方に差し上げれかどうか?
チラッと芽が見えてるのもあるので、運がよければ発根してるかも。

そうそう、春遠足の季節だね。可愛い子たちが歩いていた。

遠足


またも頂戴!

天気も良いので久しぶりに主婦業(掃除・洗濯)をしていたら、朝からご褒美を頂戴した。
このあいだ、「こしあぶら」を貰ったばかりなのに、又も山菜を頂戴した。

「こごみ」「わらび」である。
両者とも今年初めてで、こごみは何年来食べていないので、「チョー、嬉しかった!」

こごみはゴマ和えに。
こごみ1こごみ2


わらび(アク抜き済みを頂戴)はさっと煮て花かつおをかけた。
わらび1わらび2


デザートのお菓子まで貰った。
なた豆をそのままお菓子にしたもの。豆の部分が特に美味しかった。

natamamekasi.jpg



好天に恵まれ、再挑戦の山クラゲは完成した。
成功作はこんな色合い↓               失敗作はこんな色 ↓
山クラゲ完成 山クラゲ失敗


ほんの少ししか出来なかったけど、いい色合いで出来上がったのでよしとしよう!


ズッキーニ

隣からズッキーニの苗を頂戴した。

自分で種まきをして作られた苗だが、本職の苗屋さんのより立派に育っている。

     ズッキーニ苗1


自然農法セミナーで教わったように定植してみた。
 (5月頃の地温が低い時に苗を植える注意事項)

① 3日前までに畝を立て、植え穴へは前日までにたっぷり水をやっておく。
  (何れも地温を下げない為)

     植え穴

② 定植当日の朝、5~10分ポットごと水の中へ入れて、飽和状態にする。
③ 外に出し、2時間放置する。2時間で水が植物の先端まで行き渡る。
④ これを畝に植え込む。

     ズッキーニ定植

⑤ 地温を下げてしまうから、植えた後は水はやらない。 
  (植え穴にもたっぷり水をやってあるし、苗も先端まで水が行き渡っている)
⑥ 5月に光合成がなされる時間帯は9時から午後1時位の間であるから、午前9時には定植をして少しでも早く光合成をさせるのが理想的である。
翌日も好天の方がいい。(雨の前日の夕方に定植するのは今までやってきた。全く反対のやりかたである)
活着(畑に根をおろすこと)は地温と光合成にかかっているので常にそれを頭においてやる事。

透明のキャップを被せた。

     ズッキーニキャップ


さて、どうなることであろう。セミナーの先生の言葉を信じて、2株定植が終了した。
定植時間から逆算して起床時間を設定した。(いつも遅起きなので)
眠たい。

前日の山クラゲの状態は、BerryGoodである。
2日間でこんなに乾いた。

     山クラゲ2日目


暖かい日が続き、こういうものが菊や紅花にびっしりと付いている。
拡大してみない方がいいかも。

     ベニバナとアブラムシ



再度挑戦!

山クラゲを乾操させるの失敗した。
天気予報を見ると、4日間、晴となっているので、今度は失敗しないように頑張ってみた。

葉を取り、皮を剥ぐ。
買ってくるように長くはないけど中心も空洞になっていないので、丁度いい時期かもしれない。

山クラゲ葉  山クラゲ皮

山クラゲ中身  山クラゲ干す


空は青空、風もちょっと出てきていい具合である。

青い空1


ネギ坊主から花が咲いて種を作ろうとしている。こうしてみるときれいだ!

ネギの花


失敗の巻

17・18日と2日続けて雨降りだった。
その前は好天だった。
その時、山クラゲを5本採ってきて干した。
2日間よい天気だったので「いい調子!」と思っていたら2日続きの雨降りでこんなになってしまった。

        yamakurage.jpg

本来は薄いグリーン色が保たれていなければいけない。
大失敗である。
干さずに食べたりした方が確実性があるかも?

残りはそれほどないが、今度は晴天が3日以上続く日を狙って再度挑戦してみよう。


雨上がりは遠くの山もくっきりと見え、新緑というのも分かった。

田圃にれんげの花が咲いている。(自然に咲くのではなく、種をまいて育て、すき込んで肥料とするとか聞いた)
昔はこのあたりはれんげを栽培し、種を採取して売ったと記憶している。
確か、県の花ではなかったかな?

        rengehata.jpg

        renngeappu.jpg


トップ画像再び

HPのトップ画像、4月の前半分をFlipClipというので作った。
もしかしたら「え?これはもう見たよ!」という方がいるかも知れない。
テストで貼り付けて予約保存をしたが、先付けで公開されてしまった。

削除したのは時間が経過していたので、失敗をみられたかも・・・。

今度はどうであろうか。
そのままじゃなんだから、テキストやスタンプでちょっと遊んでみた。




ごちゃごちゃ触ってないだけ昨日の3月のトップ画像より見やすいと思う。

ホームページへは×

HP のトップで使った画像集を音楽と一緒に貼り付けたいとやってみた。

出来たと思ったが、エクスプローラーで見ると真っ黒で見えない。

仕方がないので、FC動画で変換してブログへ。
ババッチイ画像だけど、音は入ってる。



自分が何をやったのかが理解出来てない。
ブログを手直ししようと思っても、タグが理解出来てないとお手上げである。

※ 追記
「こしあぶら」なる山菜を頂戴した。
名前しかきいたことがなかった。
kosiabura.jpg

天ぷらにして食べた。生まれて初めて口にした。
「山菜の女王」さん、美味しかったです。ありがとう!


ダイレクトプリント

「らくちんCDダイレクトプリント」というアプリケーションがキャノンのプリンターに付いているにもかかわらずちっとも使ってなかった。

印刷したいものは色々あった。
もうこれ以上追加で書き込まないCDや、それと同じものしか追記しないのはプリントしようと始めた。

やはり何年も使ってないので(過去1~2回使っただけ)モタモタする事甚だしい。
やっとこれだけ出来た。

        WS000261s.jpg    WS000263s.jpg

        WS000256s.jpg    WS000262s.jpg


未だプリントするのはあるし、デジカメの写真も溜まってしまった。
でもなかなか整理できないうちに今日も一日終わってしまった。

snap_nekonekoblog_200843232541.jpg  と言いながらお絵描きをしてしまった。下手くそ!




公開アルバム

以前行った なばなの里
きれいな花をスライドショーで見てもらいたいが、ホームページへも上手く貼れない。

「ぱぴやんさん」(お休み中)のページをウロウロしていて見つけた。
「Picasa ウェブアルバム」というのでアルバムを公開するというもの。

なんでも真似氏のnekoはやってみた。

なばなの里ベゴニア館ウェブアルバム
↑これで入って行くと、スライドショーを見終わって右上の×でnekoの日記帳へ戻ってこれる。(戻るボタンからは戻れない)


下のアルバム表紙から入って行き、右上の×で終了すると日記帳へ戻ってこれない。
左上の戻るボタンで nekoの日記帳へ戻れる。
ベゴニア


本当にそうであるのか念のため両方やってみる?
画像の表紙が貼ってあったほうが見栄えがいいかな?

簡単に出来そうだったけど、結構四苦八苦した。

好評だったら他のもやってみようかと思っている。
コメントで教えて貰えると嬉しい。

公開のコメントはちょっと嫌だという方は、管理人だけ見れるようにチェックを入れれば、非公開になるのでご安心を・・・。


畑仕事

真面目に一日畑仕事をやった。

有機肥料のぼかしが完成したので夏野菜を植えつける予定の所へばらまき、混ぜ込んだ。
残りはシートに拡げて発酵を止めて乾操させた。

夏野菜を作ろうにも、1アールもない畑で色々作ろうと思うので場所を考えるのが一苦労である。
なるべく連作にならないようにしようとしても無理である。
「ま、いいか」の精神で行く事にしている。


アスパラの種を採って播いておいたら生えてきたので畑へ移植した。
2年後、生きていたら食べる事ができるだろう。

asupara1.jpg  asupara.jpg



花が咲いている。

ネモフィラ ・ 花蘇芳
?水仙  ・ 忘れな草 

DSC02704.jpg  hanazuou11.jpg

suisen11.jpg  wasure.jpg

又も修正記事
?水仙」は「ジョンキル・スイセン」「黄水仙」「糸葉水仙」「香りスイセン」というらしい。

もうこんなおそろしそうな虫が・・・。 春真っ盛りである。

虫


季節の移ろい

花だ!桜だ!と騒いでいたが、季節は確実に移っていく。

夕べが池の桜もこんな葉桜になっている。

葉桜s



周りの田圃では麦が。。。

DSC02685.jpg  mugiha.jpg


名前がわからない木の新芽、そしてタンポポの綿毛。

新芽  綿毛


勿論、花も咲いている。
八重桜。

DSC02679.jpg



そしてドウダン。

どうだん





遊んでばかりいてはいけないと、第2回自然農法セミナーへ。

今回は、夏野菜の植え付けのための注意事項などを学んだ。

  ① 圃場の準備
  ② 苗の準備
  ③ 植え付け前にすること
  ④ 植え付け後にすること

ぼかし肥料も発酵して7日間経過し、もう畑へ元肥として撒ける。(先生のOKを貰った)
保存するものは、拡げて乾操させよう。

夏野菜の植え付け2週間前までにぼかしをすき込めという事なので、連休後半ごろの植え付けにセーフとなった。

苗を早く活着させるには 「①地温 ②光合成が必要である。」と、5月に夏野菜を植えるためのアドバイスを沢山貰った。

今までと同じような野菜を作る(なす・中玉トマト・きゅうり・ピーマン・シシトウなど)予定だが、今年は新鮮な気持ちで栽培出来そうで楽しみである。


勘違い

Jtrimで「湖面に映る風景」というのを勝手にやってブログに書いた。

それを見てやってみたらしい同好会の隣の彼女が「ここが出来ない」「どうして?」と問われた。
なるほどやってみたが出来ない。

家へ帰ってから、「おかしいな」と繰り返すうちに、「これだ!」と勘違いに気づいた。

元の画像
WS000239ss.jpg

画像をこういう風に切り取りたい。
       ↓
WS000238ss.jpg


二人でやったのは、要らない部分を「編集」→「切り取り」でした。

WS000248s-1.jpg


結果、目には見えないけど切り取った部分が残っている。

WS000250ss.jpg


「フィリップ」(上下逆さまにする)をすると上のほうに空白が出来てしまう。

WS000251ss.jpg


なんてことはない。「座標指定切抜き」で欲しい部分を選択し、OKすればちゃんと新しく切り取られた部分が出てくる。
WS000241ss.jpg


二人共一緒に勘違いをしていた。
「おーい、これでいいよー」と叫べば彼女に届くかな?


訂正というか修正 (4月15日)

なべちゃんからコメントで「『座標切り取り』はちょっとちがうよ。ただの切り抜きでやればいいのよ」と教えてもらった。
何もせずに欲しい部分を矩形で選択する。
WS000254.jpg

その後、切り抜き。
WS000255.jpg

こんなに簡単。自分は今まで回りくどい切抜きをしていた。
「目からウロコ」である。なべちゃん、ありがとう!



3月28日の「先生ありがとう」の先生に感謝状を作ろうということになった。
文もだけど、フレーム的画像をどんなのにしようか?
あれこれ迷うが、何といっても気持ちが一番大切だと思う。

枠   枠ー5鳳凰   枠ー1


ごちそうさま!

頂き物ばかりで夕食が出来た。

落花生 ・ タラの若葉 ・ ヤーコン 頂戴したもの三種

落花生  タラの若葉

DSC01945.jpg


落花生は殻を剥き、中身を2~3こに刻んで、人参・しいたけ・ヤーコンと共に煮て混ぜご飯。

タラの若葉は半分は茹でて味噌和え。
みそあえ  混ぜご飯

若葉の半分は天ぷらに。
ヤーコンも刻んでかき揚げに。赤っぽいのは今夜の唯一の動物性蛋白であるカニ風味。
テンプラ

落花生の歯応えと味がなんとも言えず美味しくて、2ぜん食べてしまった。
天ぷらはやはり雪塩で食べ、味噌和えの味噌は以前作ったゆず味噌を使った。

こうしてみると、なかなかのものである。
頂戴ばかりしていてお返しもしてないが、美味しく頂いたという事がお礼になるだろうか?

みなさん!いつもありがとう! 美味しく頂戴しております!





県美術館へ展覧会を観に出かけた。

県美術館   nani.jpg

土筆の会」というグループは合渡公民館で行っているパステル画の会である。
今回は、同じ先生が指導されてる「ミモザの会」というグループと共同の展覧会であった。

まだこの間発足したと思っていたら10年も経っていた。
みなさんよく続けてこられたと感心すると共に作品の素晴らしさに感動した。
身近の方たちの作品だと一点一点にも心が動かされる。

もう一つ別の展覧会もやっていて、nekoは間違えて署名をしてしまった。
バカ正直に「あ、間違えてしまった!」と発言し、「こちらも観ていって下さいな」と言われて赤面した。

13日日曜日の午後3時まで岐阜県美術館で開催されている。
未だの方はどうぞお越し下さい。




明日香村 その2

今回のお出かけですっきりした事がある。

今まで雑誌などで情報を得ようとすると、同じような名前が出てきてこんがらかった。
例えば、「飛鳥資料館」「飛鳥歴史公園」「明日香民族資料館」など等。

奈良へ行くまでは「こことここへ行きたい」と希望していた場所が、図らずも殆ど全部「国営飛鳥歴史公園」にあることが分かった。
「国営飛鳥歴史公園」は4つの地区に分かれていた。

 ①石舞台地区

 ②高松塚周辺地区

 ③甘樫丘地区

 ④祝戸地区

たまたま④の祝戸地区は行かなかったが後の3地区+岩淵の棚田を巡ったという訳である。

石舞台古墳近辺のみ観光バスが多かったが、その他は人も少ないので不思議に思ったが、全部広大な公園なのである。

画像を追加で貼ろう!


高松塚古墳壁画のレプリカ展示館近くには壁画に描かれている四神を花で飾ってあった。
青龍(東) 朱雀(南) 白虎(西) 玄武(北) は星座の形から具象化されたもので、四方を鎮護し東西南北を表しているそうである。

花四神ー1

kasin-6.jpg






甘樫丘の上り口では発掘調査をやっていた。そういえば、新聞で見た。
こういうのをまのあたりに見ると、遠くの時代を感じる。

東山麓発掘s




甘樫丘豊浦の展望台から東を見ると、最古の木造大仏があるという飛鳥寺が見えた。
ご夫婦でその風景をスケッチされていたのを見て、ふっと『ぱぴやん』さんを思い浮かべた。
そもそも春の飛鳥へ行きたいと思ったのは、ぱぴやんさんのスケッチ画とか写真で旅情をかきたてられたからである。

豊浦より2



(ぱぴやんさん、元気になってちょっとは顔を見せてください!)

甘樫丘には花も咲いていた。

コバノミツバツツジ  

mitibas.jpg




ヤマブキ

山吹s




木陰にシャガ

シャガ





こんなかわいい石も見た。

     亀石-1



最近読んでいた本が「遥かなる大和」と題した、聖徳太子・蘇我馬子・小野妹子などが登場の歴史小説であった。

     WS000228.jpg



遣隋使として小野妹子と共に隋に渡った留学生たちがまのあたりに見る隋の終焉。
蘇我一族の圧制を撥ね退けるべく働く妹子たち。

飛鳥の地名などが出てくるので、今回のお出かけと上手い具合にマッチングし、興趣が倍加した。


明日香村へ

今年の春にはどうしても行きたかった所。
奈良の明日香村へ連れて行ってもらった。

9日は暖かくて天気も上々の予報だったので、8日に急遽予約を願ったら、OKして貰えた。
本当は、先週行きたかったが、風邪をひいたり、雨が降ったり、二人の予定が合わずに流れていたプランである。

7時、予定通りの出発。東桑名~亀山~針インター~明日香村まで途中1回休憩を入れて3時間半。
1番に予定の甘樫丘の駐車場が分からずウロウロし、「ごめん!変更して石舞台からにする」と運転手に命令。
ここは場所がしっかり分かっていたのでスムースに。
石舞台  kikumomo.jpg

石舞台のライトアップも終了したとあったので、桜はダメかと思っていたら大丈夫だった。
キクモモもきれいに咲いていた。

続いての場所は、棚田に咲く菜の花をとイメージして、稲渕の棚田へ。
菜の花はさほどでなく、農家の方達がお仕事をされていた。
ぶらぶらするのがちょっと恥ずかしかった。
そこで、風景をおかずにして、持参のおにぎりを食べた。

稲渕地区  昼ごはん

次は高松塚古墳地区へ。
広い公園に人影も少なく、聞こえるのは鳥のさえずりだけという贅沢な時間を過ごした。

そこで、最初に行けなかった甘樫丘への行き方を訊ね、やっと待望の場所へ。
150m.ほどの小山を登り一箇所の展望台から尾根づたいにもう一箇所の展望台へ。
息が上がりかけた二人だが、桜と風景がそれを癒してくれた。

甘樫丘展望台

豊浦展望台より    桜散る


明日香村出発の予定は15時としていた。
14時15分だったので、欲張って多武峰の談山神社(タンザン神社)へ。
紅葉が美しい場所らしいが、おそらくもうこのコースでは来ないだろうと回ってきた。

談山神社を15時30分に出て、休憩はなし。近所で夕食を買って帰宅が19時であった。
一日12時間、走行距離約365キロ。無事に帰ってこれた。

桜と菜の花の頃に行きたかった明日香村へ行けて嬉しかった。
「おとうさん、ありがとね」

ホットな話を書きたかったので、写真もいい加減に貼った。

又、時間があれば詳しい話や写真も載せたいと思っている。乞う!ご期待。(誰も期待してない)


やれやれ

油かすと米糠を使って有機肥料作成チャレンジ
やってみたはいいけど本当に出来るのか不安であった。

作って3日目の7日。
朝、手をつっこんでみると気のせいか中心部がほんのり暖かいような・・・。
温度計がないので、自分の体温がたよりであった。

夜、みっちさんのコメントで「その後有機肥料はいかに?」とあり、朝まで待てずに確認したら、「おお!タライまで暖かい!」
嬉しかった。

8日の朝、早速切り返しを行った。
臭い!
でもビニール手袋をして底の隅々までかき回した。


温度上がる




7日間これを繰り返し、その後は発酵をとめるため、広げて乾かすのだそうな。
それを畑へ撒き、2週間後に苗の植え付けがOKだそうだから、ゴールデンウイーク頃の夏野菜の植え付けにはギリギリ間に合いそうである。
楽しみだなあ!


今日の我が家の花は「花蘇芳(ハナズオウ)」

ハナズオウ2



ハナズオウ





以前書いたイチゴハウス
苗が植えられていた。

DSC02584.jpg

 




ちょっと見ぬ間に

桜を観に出かけてばかりで畑の手入れをさぼっていた。

雨が降る前に草取りなどしようと畑へ。
ちょっと他所見をしている間に、野菜たちはずんずん大きくなっている。



玉ねぎ

tamanegi.jpg



にんにく

ninniku.jpg



えんどう

endou.jpg



花たちも咲き揃っている。


キンセンカ

kinsenka.jpg



フユシラズ

huyusirazu.jpg



ビオラ

bioraremon.jpg




草取りをしてコンポストへ投げ入れ、油かすの古いのや鉢土の不用品を上からかける。

ダメで元々だと割り切って、つるなし五月豆の去年の残り種を蒔いて見た。
さて、発芽するかな?



竣工式

近くに運動公園が完成して竣工式があった。

下水処理場が建設されたが、そこは本来河川敷きというか、遊水地として田圃などが作られていた。
よって、処理場は管理棟などの他は全部地下に建設された。
その上部に運動公園が出来たのである。

  kanritou.jpg   kanban.jpg

サッカーやラグビーの出来る芝生のグラウンドが一面。
夜間照明を備えたクレーのグラウンドが一面。
後は芝生広場がある。

  guraundo1.jpg  guraundo2.jpg

総事業費595000千円だって。



竣工式は8時30分から約1時間。
主催者の連合自治会長の挨拶から始まり、市長・衆議院議員・県会議員・市議会議長その他関係各位の祝辞があり、鋏み入れ・くす球割り・初キックなど等。

  kusudama.jpg


「とんくる」が太鼓演奏で締めくくった。

  tonkuru.jpg


参加者はお土産に「紅白まんじゅう」と花を貰った。
  manzyu.jpg  begonia.jpg


立派な運動公園を沢山の人が使うといいのだが、二面の多目的グラウンドは有料である。
少年サッカーチームなどはふんだんに使えるのだろうか?

自分には殆ど縁がない施設だが、FC岐阜の練習場にも使うそうだから、たまには自転車で応援がてら覗きに行くのもいいかも知れない。

※ 6日、FC岐阜はサンフレッチェ広島と長良川競技場で対戦し、1:1の引き分けにし、5000人余の応援団を喜ばせたそうな。


みこしと桜

上天気に恵まれて、子ども会行事のおみこしがあった。

子ども会主催ではあるが、自治会も応援しての毎年の春のイベントである。
ずっと以前に、自治会単位で費用を捻出してこどもみこしを新調した。(と覚えている)
その頃は子供の数も多くて結構長時間にわたって練り歩いていた。

現在は親さんや自治会などの応援がないと、とてもつれない。
何歳になっても不思議なもので、「チンチン、ドンドン」と鉦や太鼓の音が聞こえてくると懐かしいような、また気分が浮き立つような感じがする。

   mikosi-3.jpg   mikosi-4.jpg

各単位子ども会が村の神社へ集合して、何かお話をされているのを聞いている。
嫌になった子は、隣の公園でお遊びをしていた。

   mikosi-1.jpg   mikosi-2.jpg

神社の桜も満開であった。

   zinnzyasakura.jpg





午後花見の第2弾に出かけた。

谷汲山華厳寺へお参りも兼ねてである。
例年正月にお参りするお寺なのに、今年は腰痛でパスしていたので、今年はじめてである。

満開!観光バスが10台位来ていた。
お参りを済ませて参道をブラブラ。
今日は食べる物は買わなかったけど、「マンデビラ」によく似た鉢を見つけて買ってしまった。
「デプラ」とか。600円なり。
DSC02538-1.jpg


すぐ近くの竹中公園へ。
山の斜面に桜と桃が植えられている。
桃は未だ早いが、桜は満開で、登っても登ってもあって途中でやめた。


   takenakamomo-1.jpg   takenakamomo-2.jpg


   tanikumisyamen.jpg


   tanikumisidare.jpg


ここは人が少なく、若いカップルが目立ち、お邪魔虫をしてしまったかも。

帰りに大型ショッピングセンターの横で渋滞に出会ってしまった。
土・日は鬼門の道路である。 

有機肥料を作る

3月22日に「自然農法セミナー」で「米ぬかと菜種油かすでぼかし肥料を作る」というのを教えて貰った。

夏野菜を植えつける前に畑へ撒くとよいと教わったが、米ぬかが手に入らなかった。
米屋さんへ行けば売ってるとかも聞いた。
が、ずるずると日が経ち、あせっていた。

農協の米を搗くところで訊ねたら、金曜日に糠出しをするから欲しかったらおいで下さいとのこと。
長い事待たされたがごみ袋にいっぱいの糠を貰ってきた。10キロあった。

一度にそれだけは出来そうにないので半分だけ使って作ってみた。
米ぬか5キロと、菜種油かす5キロ。

米ぬか-2


よく混ぜて、水を加えながら混ぜる。水の量は約4リットル位を用意し、加減を見ながら加えていく。
硬さは、手で握って形があり、割って半分に割れるくらいだそうだ。
まあ、こんなもんかとおおよそでやってみた。

混ぜる-2


空気の通る物で覆いをかける。自分は新聞紙をかけた。

覆って発酵させる-1


ここまでは出来た。
もし上手く発酵しなかったら、13日に2回目の講習会があるので、原因など教えてもらえばいい。

これからのやり方をメモしておこう。

 ① 1~3日で温度が上がってくるので、毎日切り返しを行い、空気を入れる。
 ② 表面にか発酵菌が生息しているので全体に混ざるように切り返しをする。
 ③ それを7日間する。
 ④ その後は平らに広げて水分を飛ばし発酵を止める。
 ⑤ 完全に水分が飛んで乾いた状態でビニールの袋などに入れ保管する。

上手く出来るか?ちょっと心配しながらも楽しんでもいる。

ちなみにこの容器は昔むかしのタライである。園芸ではこれが重宝している。




道端に白花タンポポを見た。

sirotanpopo.jpg

畑では、種を採ろうと一株だけ残してある小松菜の花が咲いている。

komatuna-1.jpg


桜、満開!

風邪の治りかけだというのに花見に出かけた。

とはいっても、ごく近場の「墨俣・犀川堤防」である。
車で20分程で到着。
河川敷の駐車場に車を置き、カメラ片手にぶらぶらと。
何処からこんなに沢山の人が・・・。
結構寒いのに宴会で盛り上がっている人たちもいる。
平日の昼間でこんなだったら、今週末はすごいだろうね。

まず一番はやはり一夜城であろうか。

siro-2.jpg



城と桜は絵になる。
この城があるだけで桜の季節はずいぶん感じが違うと思う。



犀川の堤防を下る。
桜のトンネルである。

sakura-4.jpg  sakura5.jpg

名前は知らないけど鳥たちがさえずっていた。
「こっちの蜜が甘いよ!」「こっちにおいでよ!」と。

tori.jpg




枝先の花は勿論だけど、こうして幹から直接に咲いているのもいい。

mikinisaku 1

 

昼食を食べて行ったのにやっぱり買ってしまった甘い物 「桜餅」

 

moti-3.jpg



花もダンゴもOKで満足した。

 

 

そろっと外へ

先週の土曜日以来の外出をした。

寒い日を家の中で暮らしている内に、早い桜はもう葉がいっぱい出て来ている。
花もきれいだけど、新緑の柔らかい緑もまた良い物だ。

雪柳がこぼれんばかりに咲いていた。

yukiyanagi.jpg

隣でレンギョウも咲いていた。

rengyou.jpg



家ではプリムラマラコイデス。  HPの現在のトップ画像になっているヒマラヤユキノシタ。

hana.jpg  himaraya-1.jpg


春、爛漫である。


強い風

桜が咲いたというのに、ここのところ寒い日が続く。

強い風も吹いている。
風邪ひきさんはガラス越しに外を見ている。

「花は散ってはいないだろうか?」心配である。

ライブ画像でみた根尾の淡墨桜、4月1日13時の開花状況。
ピンクの色がかなり濃い。咲き始めてるみたいだ。
以前に比べると確実に開花が早くなっている。

WS000226.jpg


ここへ行くのなら早朝に家を出て来ないと渋滞にあってえらい事になる。
しかし、以前そうやって行ったら、早すぎてお店屋さんは未だ開いてなかったので、何も買うことが出来なかった。
兼ね合いが難しい。

思い出した。
淡墨公園だけで帰るのは惜しいと寺尾原千本桜へ走り、もう一つ欲張って家を通り越して木曽三川公園のチューリップまで見に行ったっけ。
流石に墨俣の桜は横目で見て通り越したが・・・。

その時の画像を3月10日のブログにアップしたのだった。

風邪も退散したようだ。    daijoubu.gif

鬼の霍乱

元気すぎて困る位だったneko。

3日くらい前から「咳」がひどく「喉」が痛い。
体の節々も痛だるい。

定例の膝への注射のついでに診て貰った。
「風邪の初期ですね。薬を出しておきますからゆっくりと休んで下さい」と先生。

毎日ゆっくり休んだ生活をしてるけど、もっと休んだ。

「桜を見たい!」「ドライブしたい!」
満開近しとか雨でも散らなかったとかニュースでやっているとよけいにあせる。

しかし、予定していたお遊びは全部キャンセルである。
花冷えとやらで冷たい風も吹いているので、おとなしくして風邪を治そう!

「お前にうつされた!」と言いながら、主人も医者へ行って来た。

こんな事で意気投合しなくてもね~。
咳の二重唱で喧しい我が家である。     tukareta01.gif


       小さな花瓶



プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
03 ≪│2008/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索