印刷

JTrimで作った色々な作品を印刷した。

色々な方の作り方を参考に、自分で作った物をブログで公開はしたけど、紙にプリントしてなかったので整理する意味もあり、印刷した。

7枚印刷した所で「インクがなくなりました」というのでやむを得ず中止した。
本当はPC内を整理しなければいけないのだが中々腰が上がらない。

昨日と同じく PhotoScape で遊んでしまった。

画像をアニメという所へ持って行き、スピードを設定してやれば出来上がり。
フクシアを使ってやってみた。
切り替わる変化もあるけど、画像がより汚くなるので今回はやめた。

          フクシア


キューブ色々

一時期、掲示板などでよく見かけたキューブ。

やってみた。

     アガパンサスキューブ

こんなのも。

     5月花キューブ


もう1点。黒い背景のルドベキアを渦巻き加工してボックスに。

黒背景ルドベキア     黒背景ルドベキアキューブ


フリーソフトのPhotoScapeを使い、手探りで遊んでみた。

これでアニメも出来るみたいなので挑戦してみようと思う。
雨の日曜日ならやってみよう!



頭上注意!

山道を走ると「落石注意!」と看板が出ていたりする。

「落石注意!」と言われてもその瞬間だったら避けようがないと思う。

田舎の道でも自転車や歩きの時に注意するものがある。
これである。鳥たちの糞。
     ふん


場所は、こういう所の下あたり。
     電線

カラスや鳩・すずめが沢山とまっていたら、その下は避けて通ったほうがいい。

間一髪のことがあった。
憤慨して手を振り回したが、「カア!」と鳴いて飛び去っていった。

田舎の道でも災難は何時ふりかかるやもしれない。要注意!である。


通り道でアガパンサスが咲き出した。
ブルーの色が涼やかでいい。
よく見ると大きな毛虫が・・・。
     アガパンサスに毛虫


好天が続いていたのでわざと雨を降らせた。


agapannsasu-2.gif


ぼち作り本番

昨日餡を作ったので、朝からみょうがぼちづくりを始めた。

と書いたものの、「みょうがぼち」ってなに?という方もおいでなので少しだけ説明を。
みょうがは茗荷の葉を使う。
ぼちは墓地とは関係なく、小麦粉を使用した(蒸した?)おやつの総称か?

このみょうがぼちの他にも「いしかけぼち」というおやつもある。
これは「オニ饅頭」と同じようなものである。
但し、正統いしかけぼちは卵など混ぜないので、冷めると結構硬くなる。
いしかけの意は分からないが、自分的にはサツマイモの角が石垣の石と見えるからかもしれないと勝手に思っている。
以上、ぼちの解説はこれくらいにして、ボチボチ取り掛かるとしよう!


● みょうがの葉 60~70枚

皮の材料
● 小麦粉     栗本製麺さん特製の粉 700g
            普通の粉  追加分   300g
● 上新粉                     80g
● 砂糖                      100g  
● 塩                        10g

※ とよだやさんのみょうがぼちの材料を点検した時に米粉も使われていたので上新粉も入れた。
※ 砂糖はどうかな?と思ったが、皮が硬くなるのを防ぐ為に入れてみた。
上記2点は全くnekoの勝手レシピである。

   
葉の準備
沸騰した湯に塩を入れ、みょうがの葉を10~15枚ずつ湯通しをし流水で冷ます。
ざるに上げ、表向きに並べ水気を切る。
     葉-1


皮の準備
小麦粉1kg.を大きなボールに入れ、砂糖・塩を混ぜる。
1リットルの水を沸騰させ、粉の中へ少しずつ加え、耳たぶの硬さになるようよく練る。
最初は箸で混ぜ、後は手でこねる。(アッチッチ!)
     1.jpg  おおよそ見当-1


皮・餡共に60個見当を目安として、大体分けて置くとよい。
それぞれを丸めておく。
     皮                      餡
     皮-1   餡-1


葉で包む
手水をして皮を伸ばし、餡を包む。(なるべく皮の厚さが均等になるように)
みょうがの葉の表に乗せ、端からくるくると巻く。
     葉で包む-1


蒸す
蒸気のたった蒸し器に皮(小麦粉部分)同士が触れないように並べ、8分蒸す。(葉は触れ合っても大丈夫)

蒸している間に次に蒸すのを準備しようと思ったが、手がのろいので蒸し器が途中でお休みをしていた。
かごやざるに上げて出来上がり。
合計4回蒸し、60個以上出来た。
     沢山出来た-1

あちこちへ配ったり、試食してもらったりした。
5時起きして3時間半。台所もエプロンもベタベタに汚しながらも粘土細工の工作で遊んでいる気分で結構楽しかった。

活躍した蒸し器
     蒸し器-1


出来た!食べた!美味しかった!  (自画自賛!)

完成-1



yu-ri-さんにアドバイスを頂戴したので、「チャレンジみょうがぼち」が出来た。感謝!感謝!



みょうがぼち作りに挑戦

手製のみょうがぼち作りに挑戦すべく準備した。

材料は買ってきてある。

第1日目は餡作りをした。

材料 乾操空豆 600g
    砂糖    400g
    塩     少々

前夜、重曹少々入れた水につけておいた乾操空豆をよく洗って、圧力鍋で5分炊き、8分蒸らした。
砂糖300gと100gの砂糖に相当する味の素の「パルスイート・カロリーゼロ」と塩少々を2回に分けて入れ、弱火で練りながら水分を飛ばした。
(ネットで調べたら水分を布巾で絞るとあった)
冷蔵庫で保存した。
冷えたら結構な硬さになっていた。これなら大丈夫だろう!
(何回も味見をしたので餡が減ってしまった?)

     洗ってざるにあげたそらまめ         完成餡
     空豆     空豆の餡



みょうがの葉は柿の木の下にあり、先だって柿の虫の消毒をして薬がかかってしまった。
その後、雨が何回も降ったのでもう大丈夫であろうと、80枚ほど取って来て洗って本番に備えた。

     みょうがの葉に雨



イチゴハウスはどうなってるのかチョッと拝見してきた。

沢山棟数がある内で使われているのは、まだほんの一部である。
親株から苗をとっているようである。

     イチゴ苗


ランナーが出てきた先へポットに用土を入れて置いてあるので、そこで新しい苗が根を出している。
立って仕事が出来るようになっているので作業はかなり楽かもしれない。

この苗からイチゴが生るのは冬から春にかけてだろうと思う。

一方、田植えをしない休耕田では露地の枝豆の種まきが盛んである。

     枝豆用

この穴へ種を蒔いていくのだが、暑い中の仕事を見ているだけで腰が痛くなって来そうである。
自分には絶対に出来ない農作業である。

楽してお金儲けは出来ないね。






盗用か?

ホームセンターで植木鉢の模様を撮ってきた。

     uekihati.jpg

それを使って12角形の図形を作ってみた。

     12角形3     12角形3-1

参考場所は、末摘む花さんの雑記帳内「陶磁器模様のフレームの作り方」で、ただひたすらにやってみた。

円形の切り抜きもしてないし、これではフレームとは言えない。
途中であるが、これはこれでいいかもしれない。

他のもやってみたけど、柄の選択が拙い。

     鉢からお皿2     鉢から皿ー3


こうしてみるとセンスの問題で、どうしようもないのだろう。
或いは、もっと色々試して見なければいけないのかもしれない。


ダイエット月間

ブログでダイエットをすると宣言して8週間が過ぎた。

現在進行形ではあるが、中間報告をすることにした。

グラフ体重   グラフ体脂肪

目盛りは体重が0.5㌔。体脂肪は0.5%としてある。
一喜一憂をしながらも8週間で-4㌔と体脂肪も-3~4%であるから自分としてはよく頑張ったと思う。
みょうがぼちを一日3個も食べた日もあったが、「ああ、もう駄目だ!」と放り出さなかったのが良かったかもしれない。

後1ヶ月で2キロ減量し、そのままキープが出来れば膝痛を心配しなくてもいいようになるかもしれない。
「特定健康診査」受診券も来ているので、その時に色々と注意されないで通過したいと思っている。


雨の日曜日、主人にアッシー君を頼んでこんな運動をしてきた。
トータル   流水


ダイエットを希望通りに成功させて、終了宣言報告をしたいが、さて4週間後はどうなることやら・・・。



ホームセンターで

天候が小康状態だったので、ホームセンターへ立ち寄った。

台所用品やトイレ関係の物を購入した後、足は勝手に園芸関係の方面へ向いた。
所せましと花が並んでいる。
「見るだけ、見るだけ」と自身にいい聞かせた。

なつかしのブライダルベールがあった。一時期はやった植物である。

     buraidarube-ru.jpg

初雪カズラも「こうして単品で一鉢にいれるのもいいな」と参考資料とした。

     hatuyukikazura.jpg

ルドベキアとあったが、これは中心部が黒くなくて涼しげである。

     rudobekia.jpg


雨の季節、カエルの置物もユーモラスでいい。

     kaeruokimono.jpg


最初の意志を貫徹し、何も手に取らず、とったのは写真だけであった。

もうひとつ、「プミラ」という名前をメモしてきた。
母の日プレゼントの寄植えの中にあった、氏名不詳の物である。
これですっきりしたので忘れないうちに、名札を立てておこう!

     分けた?



バローさん、園芸品を見るだけですみません。
又今度、何か買いに来ます。

手芸は苦手

手芸・編み物など細かな手先の仕事は苦手である。

で、パソコンでレース編みの第2弾をした。

 レース模様カランコエ


テーブルセンター風のも出来た。

     総レース木目立体枠


上段は昨日と同じくSUNAさんのJTrimで楽しい画像遊び内の「チョッと楽しいレース模様」。

下段は、昨日の「○を使ってレース模様」の最後に出ていた展開作品をやってみたものである。

まだ刺繍風のもあったし、雨が降るならやってみようか?



※ 追記
今日、6月21日15:50NHK衛星第2で放送文化基金賞を受賞した「夫婦で挑んだ白夜の大岩壁」が再々放送される。
山野井泰史・妙子夫婦のグリーンランドの岩壁を登るというドキュメンタリーで、以前にもブログに登場した記憶がある。
久しぶりに「山野井通信」を覗きに行ったら、この授賞式に着ていく服を買いに行った顛末がかかれていた。
名前はあっても、貧しく明るく暮らしているお二人を目の前で見ている気がした。

まだ観てない人はどうぞ!自分ももう一度観る予定である。


またもやJTrimで

パソコンの勉強に行っていても、何か気力が出ない。
毎日パソコンの前に座って、ブログは書くけど進歩がない。

で、雨も降ってるしと、久しぶりにJTrimを開いて、SUNAさんのページを丸写しでレース模様を作ってみた。
いい感じに出来た。

レース模様11



JTrimで楽しい画像遊び』の「○を使ってレース模様」である。

ほかのレース模様も色々あるのでチャレンジしてみたいものである。



余談だが、みょうがぼちの元であるトウマメ(空豆のこと)と真っ白い小麦粉を買った。(売っている所をyu-ri-さんに教えて貰った)
昨日、柿の木を消毒して、その下に生えている茗荷にもかかってしまったので雨が降っても一週間くらいは使えないと思うが、その頃に「はじめてのみょうがぼち作り」に挑戦してみよう!

柿の木に

ツツジの剪定をしていて、ふっと隣の畑にある柿の木を見たら・・・。

「うわあ!」という位名前は知らないが、集団で虫が葉っぱを食べている。
雨の降る前にと早速「ランネート」という薬で消毒をした。
脚立にのぼり落ちないように気をつけ、へっぴり腰でやった。
(あ、茗荷の葉に薬がかかってしまった。)

こんな虫である。               イガ虫もいた。(キャ!触らなくてよかった)
DSC03312.jpg      DSC03313.jpg



ミニトマトの「アイコ」         ミニかぼちゃの「坊っちゃん」がいい調子で生育中である。
DSC03320.jpg     DSC03321.jpg


南天の花が咲いている。     キンギョソウも脇から出た茎の花が満開である。
DSC03226.jpg      DSC03317.jpg

キンギョソウの後に見えるのが、皇帝ダリアである。
畑へそのまま置いておいたのが発芽してもうこんなに大きくなって来た。
支柱をどうするか、頭が痛いことである。


追記
   柿の木にいた虫の名前は「アメリカシロヒトリ」みたいである。
   こんな蛾が卵を産んでいったらしい。
   名前の由来がこの白さから来ているみたいである。
   amerika-sirohitori5.jpg

にんにく

ニンニクを収穫した。
葉っぱが枯れて来たし、好天なので引っこ抜き、根を鋏で切り、乾かした。

     ニンニク収穫1

買ってくるように整った形にはなっていない。
それらしき格好はしてるが、外側に子供みたいなのが付いていたので、それをきれいに皮を剥き、しょうゆ漬けにした。
レンジに1分位かけると、においが少なくなるとかなので、そのようにしてみた。

     ninnnikusyou.jpg

ニンニクそのものも食べれるし、漬けた醤油も利用するとよいとか。

そもそもニンニクを栽培したのは、しょうゆ漬けをつくって婿殿に食べさせようと思ったからである。
この試作品が良い調子なら本格的に作ろうと思う。
2週間位でもいいらしが、1ヶ月くらいは置いておこう。(本来ニンニクは苦手である)


好天が続き、ぶら下げておいたベニバナがいい具合なので取り込んだ。

    benibanadry.jpg

     benibanakirinuki.jpg


命と恵み

お寺でお話を聞いたからか、心がけが殊勝になった。

単に夏野菜が生って、それを収穫し、食べる。
それだけの事なのに、今日はキュウリもナスもインゲンも愛おしく感じてしまったのである。

「一生懸命に大きくなったのだね。でも私がその命を貰うよ。ありがとう!」
てな感じだったのである。

     今朝の恵み


自分自身、こんな気持ちになったのは初めてである。
「おお、生ってる!嬉しいな!」とこんな具合であった。

食事の前に「いただきます」は命を頂きますという事。
食後の「ごちそうさま」は命を頂戴しましたと言うこと。
食するということは、それを作った人、たずさわった人にお礼を言いつつも、最終的には他の命を頂くという事を感じたら、粗末には扱えないと思う。

畑の野菜を自分が作ったような気持ちでいたが、諸々の恵みで大きくなったのである。
それを喜んで食すれば、野菜たちも満足してくれると思う。

枝豆出荷農家の選別はずれ(だと思う)を貰った方からのお裾分けを頂戴した。
茹でて発泡酒のお伴にした。今年初であった。
     枝豆


好天気が続いているので、メークイーンを掘った。
大豊作である。
小さいのを砂糖と醤油で煮て食べた。この掘りたてのがメチャ美味しい。また食べ過ぎた。

     メークイーン


みょうがぼち

後期の田植えが始まっている。

連想するのは「みょうがぼち」である。

完熟空豆を柔らかく茹でて皮を剥き、餡を作る。
小麦粉を練って餡を包み、みょうがの葉でくるんで蒸すというシンプルなお菓子である。

農家の大仕事の田植えが終わると「農休み」という日が決まり、お手伝いに来てもらった親戚のおうちへお礼方々みょうがぼちを作り、持参した物だった。(はるか昔の話)

機械で田植えがされ、手伝いをしあう事もなくなった。
あっという間に青田に変身である。

     後期田植え


田圃もないし、田植えもしていないが、この時期に一度は食べたい「みょうがぼち」を買ってきた。

     とよだや  みょうがぼち

6個入りで720円。
なつかしの味なので主人にも勧めたら、あんこ系統は食べない人だけどこれは食した。
「うん、いい味になっとる」と言っていた。
残りの5個を2日間で一人で食べた。
ソラマメの粒々感がもうちょっと残っていてもいいかな?これで堪能した。(満足したの意)

主原料 空豆・砂糖・小麦粉・米粉としてある。

我が家のみょうがの葉が柿の木の下で繁っている。

みょうがの葉

『葉っぱを進呈!みょうがぼち作りに挑戦する方はいませんか?』

真宗講座

師匠寺の真宗講座午後の部に夫婦で出席した。

出席するのはいいけど、恐れていた事がある。
気温も高い・昼食後であるからコックリと居眠りしないかと、心配しだった。
でもそんな心配は先生に失礼だった。
眠さなんて何処へやら。タオルハンカチで涙をぬぐいながらの聴聞であった。

講師は奈良県の中川真昭氏。
72歳とは思えぬ歯切れ良い語り口で、昨年ご自身が出版された「人が生きる根を育てる・東井義雄さんの軌跡」で研究された東井さんの日記や書簡からのお話であった。
東井(とい)さんは兵庫県の山の中で檀家10軒というお寺の住職であり、苦労して師範学校を卒業し、ずっと先生をなさっていた方だとか。

東井さんの長男さんが46歳で倒れられ、人工呼吸器につながれているのを見ながらの日記が残っていて、一日目・二日目・三日目と心情をつづられたのを読み聞かせて下さると、隠居して文筆などして暮らしておられたのに一転して苦しみの真っ只中でもがき苦しまれている。
「代われるものなら代わってやりたい」とおもいつつも、独生独死独去独来と人間生きるも死ぬもひとりであると言う事を痛切に感じられたとか。

東井義雄さんという方は25年前に超宗寺で法話をなさっていたという事で、住職が中川氏に講師を頼まれた時、東井氏の話をして下さいと依頼されたそうである。

中川真昭氏も東井義雄氏もネットで検索したら色々書いてあったのでまたゆっくり見させてもらおうと思う。


昼間のお話が胸に沁みたので、夜の部も出席した。

お釈迦様は「人生は長さではない。一呼吸である」と言われたそうな。

※ ここまで生きると長さで計ってはいけない。点である。深く生ききってゆくことが大切である。
※ 当り前のことが当り前でない事に気づく事が大切である。(視点の転換)
※ 南無=「安心しなさい」
  阿弥陀仏=「いつでもどこでも見つめてまもっている」
   みに添うた所に阿弥陀さまはおられる。
※ 聴聞してどう変われるか?
   渋柿が太陽や風によって、しらずしらずのうちに甘柿になるように、聴聞することによって変化するであろう。

いつものことながら、その時はうなずきながらお話を聞かせて頂くのだが、このブログを書こうとしたら、もう先ほどの話があやふやになっている。「先生、ごめんなさい」

今日のお話は、胸の中をさわやかな風が吹き抜けた気持ちになった。
「私は行ってよかった!」

本日は晴天なり

梅雨の真っ最中なのに13日の金曜日、素晴らしい青空が広がった。

気分は晴ればれ。鼻歌で自転車をこぐ。
「ちょっとそこの鳥さん、道の真ん中でのんびりとなにやってるの?」
     道路の鳥

返事はなく、優雅に飛んで行った。

右手を見れば、パラソルのオンパレード。
釣り人ものんびりと竿を伸ばしている。
     釣り人


もうちょっと進むときれいな花がお出迎え。
     ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ2

この花の名前をとんと覚えられない。
というか、すっと出てこない。何故だろう。

「え~と、何だったかなあ?」と思いながらプールへ。
水中歩行をしながらも考え続けた。
知人に「これこれしかじか」と説明して、名前を訊いたけど彼女も思いが及ばなかった。
仕方がないので、気持ちが悪いまま更衣室のシャワーを使っていたら突然名前が出て来た。
「ノウゼンカズラ」 ソウソウ、これであった。ああ、すっきりした。
また忘れそうなので、油断は禁物とメモしておいた。

     青空に



よく見ると

何気なく見ている花もレンズを通してアップで見ると、なかなかきれいである。

西洋松虫草またの名をスカビオサ。

   スカビオサ

英名でピンクッション・フラワーと言われているらしいが、本当にその通り、洋裁をやる時の針山そのものである。
花は下から咲いてくる。

   sukabiosa開花



ムギワラギク・帝王貝細工・ヘリクリサムと言い方は色々らしいが、自分の頭では「カサカサ草」である。
触った感触がカサカサしているからである。
一枚一枚の花びらから音が聞こえてきそうである。

   ムギワラギク

でか過ぎたので小さくしてもう一点。

   帝王貝細工


自然の妙というか、作ろうと思って出来るものではない。

天気が良かったので、ドライフラワーにと切ってぶら下げた。



男爵収穫

ジャガイモの男爵芋を収穫した。

種芋を入れたのは3月であるから、3ヶ月経てばこんなに収穫がある。

     dannsyaku.jpg

このトレーが3個と半分くらいあった。
手間が要らなくて(芽かきと土寄せをし、追肥をするだけ)収穫後も長く置いておける優れものである。

種芋は1キロだったのが掘ったのを量りにかけたら、およそ17キロあった。

大きいのもあれば、細かいのもある。
細かいのは、皮を剥かないでそのまま油で炒めて醤油・砂糖・だし汁で甘辛く煮付ける。
あるいはそのまま茹でてから皮を剥き、ポテトサラダもいいかも。
とにかく掘りたては美味しい!
ダイエットは忘れて食べることにしよう。

同じジャガイモでもメークイーンはまだ小さいので、もう少し後で掘ったほうがよさそうである。

     me-kui-nn.jpg

1株でこれだけなっているのだから、地上部はまだ元気なのでもう少し経つともっと大きくなるであろう。



チョウとアリとヒゲ

大事なトルコキキョウに今しも産卵中?

   モンシロチョウ



ズッキーニの雌花の中にアリがいっぱいいた。

   ズッキーニ花にアリ


キュウリのヒゲ。何処へ巻きつこうか迷っている。

   キュウリのヒゲ




Giamでアニメ

miyaさんのWe Love JTrimのチュートリアル・額縁・ワイドTV風フレームページを参考に、試行錯誤、悪戦苦闘しながらもアニメを作ってみた。

春に行った奈良の明日香村をTV画面で見れるようにしてみた。

奈良明日香村春紀行TV完成


先日の万華鏡をアニメーションとしてアップ出来たのに感激しての第2弾である。

参考書はテレビの台が付いていたが、上手く出来なかったので省略した。
JTrimの座標指定というのが少しだけ理解できるようになったかも・・・。

誕生日記念作品である。
さて何歳になったのか?
西暦で数えないと間違えるくらい、長い事生きてきた。





ゴマの種まき

自然農法セミナーへ出席したら、自然農法で作られたゴマの種を頂戴した。

     ゴマ種

黒・白・金(茶)の3種のうち希望のものを貰えたので、金色にした。
数えてみたら16粒。
JA合併記念の「家庭菜園大百科」という本を参考に蒔いた。

     saienn.jpg

参考書では「一箇所に5~6粒蒔き、大きくなるにしたがって間引きしなさい」とあったが、なにしろ16粒しかないので、一ところに2粒ずつ蒔いた。
秋に金色のゴマが収穫できたら報告しよう!(それまでブログが継続されるか、それが問題だ!)


周囲を見回せば、田圃を耕すトラクターの周りには真っ黒なカラスの集団。
起こした田圃からの美味しいご馳走を狙っているのだろう。

     カラス

稲の苗がオープンのハウスへ移動してきた。

     稲苗

来週には後期の田植えが完了するのであろう。

そしたら、ソラマメの餡で作ったみょうがぼちを作り、農休みになる。
これが、ここいらの農家のパターンだった。
むかしの事ばっかり言うようになってしまった。歳はとりたくないね。

真似してみた

なべちゃんのブログの新しい万華鏡を見て真似してやってみた。

素材が違うものを貼り付けてあるようなので、自分も3種の万華鏡を作り、Giamでウェイト60に設定してみた。
こんな風になった。自分としては成功したと思っているが、なべちゃん先生の評価や如何に!

     3種混合万華鏡

周囲の色が違っていた。
一寸おかしいけど今回はこれで終了とする。

万華鏡の作り方は「We Love JTrim」さんのチュートリアル内のバックナンバー内の加工、万華鏡モチーフに載ってます。



ちょっとだけ!

キュウリが生り始めた。

キュウリは苗を買わずに自分で種まきからスタートする。
苗を買って入れるよりは多少遅れるが、例年自家の種を採り、それを使う。
5本植えたのが生りだしたのである。
豚シャブサラダに使い、タマネギやキャベツと共にシャキシャキと食べた。

     DSC03195-001.jpg

そのキュウリの第2弾がポットで畑へ行きたいと待っている。
でも、入れる場所がない。

急遽、ジャガイモをちょっとだけ収穫して、その後へキュウリ苗を5本いれた。
(いつもこういう風にやっつけ仕事をする悪い癖)

     dorotukiimo.jpg

結構大きくなっていたので全部掘ったほうがよかったか?
もっと好天の時に掘りたかったがやむを得ない。
土がべったりと付いたままだと腐りやすいので、風に当てて乾かす。
いつもジャガイモを収穫する時期は梅雨の最中で、もうちょっと大きくなってから採ろうとそのままにしておいたら、雨が降り続き腐らせてしまったこともある。
何を第一優先にするか選択に迷うのである。


姫ヒオウギがあちこちで好き勝手に咲いている。

     姫ヒオウギ2

昔むかしに旅行した時に一鉢買ったのが、種がこぼれてあちこちに芽を出し、花が咲いてを繰り返している。
草が生えているよりはましなので、そのままにしている。

もう一つ。むかしむかしからの花で名前が分からなかったのがやっと判明した。
ダールベルグデージー」と言うらしい。
園芸店で見つけた名前をメモしたのに、そのメモが行方不明になっていた。(最近この手のことがよくある。ヤバイかも)
カバンの奥のほうにくしゃくしゃになった紙がメモだった。
この名で検索して確認した。
Hさんから十数年前に貰ったと記憶している。
小さな花が咲き、こぼれた種からひとりで生える。一面に咲くと結構きれいである。
名前が分かってすっきりとした。

     ダールベルクデージー


画像の文字がちょっと違っている。ベルクとあるのは間違いでベルグが正しい。
もう一度やり直すが面倒でズルをした。


水田

いつも通る道のそばの水田の様子が他の田とちょっと違う。
耕すのも時期がずれていたし、代掻きをした後に水が落としてあった。
「?」ここの人、水の管理をちゃんとしてないの?

その後にトラクターの跡みたいなのが見えた。
もしかして「直播」というのかと注意して眺めてはいた。

今日、細い稲が出ているのに気がついた。

   zikamaki-2.jpg   zikamaki-1.jpg


付近の田圃をよくよく見たら、同じようなのが4枚(面積は分からない)あった。
普通の田圃が田植えをされる頃には同じ位に成長するのだろう。
どんな具合になるか観察を続けようと思った。

主人が同級生の人から「トルコキキョウ」の花を貰って来た。
出荷されている物だけあって、可憐だけど豪華な花束になっていた。

   トルコキキョウ-002

我が家の、以前衝動的に買った苗は、その後育って花の蕾らしきものがチラっと見える。

    トルコ花芽

さて開花まで行けるであろうか?
今回はプランターなので、あまり雨が多かったら、軒下へ移動できるのが唯一の強みである。


ベニバナが咲いているので、切ってドライフラワーに挑戦した。
二日間ほどの好天しか約束されていないので、カビが生えてしまう恐れもあるが・・・

    benibanadorai.jpg


苗の交換会?

パソコン同好会終了後の公民館前。
車から出てきた花の苗や、野菜苗の交換会みたいになった。

自分は、芽だしをしたけど余ったヤーコンを無理やり貰ってもらった。

頂戴したものは 「メキシコヒマワリ」
帰って早速調べたら、またの名を「チトニア」といい、赤いヒマワリとも言われているらしい。

※  キク科の一年草
※  高さ 1,5~2m
※  7月~9月に開花
※  本葉7~8枚で摘芯し、枝数を多くする。
※  終わった花を切り戻し、新しい枝を出させる。

画像を見て「ああ、これなら見たことある」と分かった。
     titonia02.jpg   チトニア


貰った苗
     titonianae1.jpg

地面と鉢に1本ずつ植えた。
     titonianae2.jpg   titonianae3.jpg

暑さに強いそうだから、梅雨が明けてかんかん照りになるのが待ち遠しい。
その頃には、上の写真のように開花するだろうか?

Tさんから質問された。
「ズッキーニはどんな風に生るの?キュウリみたいだと重いわねー」

画像で説明が手っ取り早いかと貼ってみた。
こんな感じです。拡大して見て!
もうすぐ採ってもよさそうなのが1本あります。明日にもnekoのお腹の中へ!

     zukki-niseiiku.jpg


「お~い、何処へ行ったの?」

主人はやっと携帯電話を持ったが、私はない。

スポーツクラブの帰りにスーパーへ寄った。
牛乳や飲むヨーグルト・酢・キャベツなどの重い物や、パンなどかさの高い物等をかごに入れた。
米も買わなくちゃ。
丁度なくなる寸前だし、今日は5%オフだから買いたいけど、自転車に積むには危険すぎる。

案内所で公衆電話のありかを尋ね(携帯を持ってないとこういう時に不便だ)、自宅に電話したけど「ただいま留守にしております。ご用件をどうぞ」と言うのみである。

おもむろにメモを取り出し、主人の携帯へかけたが、呼び出してはいるけど返事がない。

「お~い、お父さん。何処へ行ってしまったの?携帯持たずに。」
と叫んだけど、なんの返事もなかった。

米はあきらめて、それでも結構な重さになり(スポーツクラブの用品も積んでいる)、慎重な上にも慎重に自転車で帰った。

家にはお父ちゃんは居た。何故電話に出れなかったのだろう。
丁重にお願いして米だけ買いに行ってもらった。

「ハツシモ」を食べ慣れているのでこればかりである。10キロで3116円。
パンが高くなって文句を言わず、お米を食べたらよさそうなものだが、やはりパンも買ってしまう。

田植えからそんなに経ってないのに、稲が青々として来た。
秋によいお米がとれます様に。
   hatusimo.jpg   ineseityou.jpg

早植えの稲はこうだけど、まだこれから普通の田植えがあるらしい。

今日も楽しくJTrim!パート2

「今日も楽しくJTrim!」パート2である。

円形額の加工品を2種作ってみた。

パート1と手順が良く似ているので悩まずに出来た。
今を盛りのバラを使った。
      渦巻き加工円形額             パンチ加工円形額

  渦巻き加工円形額縁バラ1     パンチ加工円形額バラ1



今日のダイエットメニュー?

「納豆入り卵焼き」はいかが?

     納豆卵焼き


ネギをどっさり入れ、かき混ぜた納豆に卵を割りほぐし、焼くだけである。
大根おろしを載せるとなお結構!
作るの簡単。ふんわり美味しい。160㌔カロリー位で結構な一品だと思っている。

※ 皿は渦巻き加工しておりません。単なる柄です、念の為。


もう梅雨に?

もう梅雨に入ったとか。今年は早い。

雨の予報が出てたので、珍しく早起きしてスープ1杯飲んで外へ。(6時前?)
挿し芽してあった菊とトマトを畑へ移植した。

kikunae.jpg   トマト挿し芽植

買って来て植えた、トマト(アイコ)とミニカボチャ(坊っちゃん)が育っている。

アイコ1   カボチャB

今の所、夏野菜は順調にきているが、我が家の畑は低い土地なので、梅雨で雨降りが続くと腐ったりするかもしれない。

草取りやサツキやバラの花がらを取ったりしていたら、隣のKさんがモロッコインゲンを下さった。
我が家ではインゲンは未だ花が咲いている所である。
    morokko.jpg   ingenhana.jpg

半分は味噌和えにし、ゴマをかけておよばれした。美味しかった。ありがとうでした。


※ 前日の筋トレ、筋肉痛の最初は腹筋である。痛い!
  他の所はこれから出てくるかも?

「腹筋は痛くても毎日やってOKです。他の箇所は痛かったら一日は間をおいて下さい」と先生からアドバイスを貰った。
「先生、とても毎日は出来ないです。」と言っておこう。

気持ちも新たに

大きな声でダイエットすると叫んで1ヶ月余り経った。

3ヶ月で6㌔減の計画でスタートし、励ましの言葉や参考レシピも頂戴した。
4週間で-2㌔だったので「お、これは順調!この調子で行けば目標達成だ!」と喜んでいた。

が、現実はそう甘くはなかった。
5月にスポーツクラブへは何と26日間も通って、曲りなりにでも運動をした結果の2㌔減で、月末3日間休館日があり、雨も降ったりで殆ど運動らしい事をしなかったら、あっという間に体重増加。
長丁場ではこういう事もある。覚悟はしていてもちょっと不安である。(停滞期は一ヶ月続くとあった)
もう一度自分のやり方を確認するために、ネットでお勉強した。

失敗しない対策としては現状を知る事。
 ① 自分の体について知る
 ② 食事の内容・食べ方の食習慣を知る
 ③ 日常生活における行動パターンと運動量を把握する
この為に、体重日誌・食事日誌・生活日誌など記録する事で自己意識に訴えるとよい。

とあった。

ずっと以前(10年以上前)にダイエットした時のカロリーブックがあり、白紙の所が一ヶ月分くらい残っているので、食事関係と運動消費量を記入しよう。
歳の割合には運動しているので摂取カロリーを一日1600㌔カロリーに押さえれば、計算上は3キロ減できるはずである。
毎日の体重変化はExcelで表を作り、プリントしたのでそこへ記入しよう。

   カロリーブック0001  カロリーブック30001


おから(卯の花)の炒り煮は強~い味方である。
人参・ひじき・ごぼう・茸類など何でも入れて作り、冷凍した物を毎日食べている。
何故かこれは飽きが来ない。
甘い物もケーキやクッキーはやめているけど別に欲しくはない。
飴は舐める。
ブルボンの「くだものいっぱいゼリー」は常備してあり(100㌔カロリー前後)どうしても欲しい時には食べる。
こうしてみると、食べ物に関してはさほど制限してないなあ。

よし!これで用意は万端整った。後は実行あるのみである。
一ヵ月後の報告が胸を張ってできるか?

※ 新規決意の1日目
   膝と腰の調子がいいので30分間のトータルエクササイズというのをやってきた。
ボディ・バーという棒を使って(自分は一番軽い2キロ)ふくらはぎ・腿の前後とお尻・肩・腕の前と後・腹筋の筋トレをした。
有酸素の運動はしてても、筋トレはほんの10分程度の軽いのしかやってないので、体中の筋肉が驚いていた。
一番痛くなりそうな所は、腕の裏側(振袖になってるよ)であろう。
一人では出来なくても、みんなと一緒だとやれるものである。(若い人ばかりだったらどうしよう?と心配したけど高齢者のお仲間もおいでになっていた)


年賀状のお年玉で当たっていた切手シートをやっと交換してきた。
忘れていた。危うくセーフ!である。

    切手シート0002



今日も楽しくJTrim!

雨が降ったりして寒いといっても過言ではないような5月の最終日はパソコンの前で過ごした。
楽しくチャレンジJTrim」のsuwaさんから二度、コメントを頂戴している。

だからと言う訳でもないが「円形加工額」がアップされていて、物凄く面倒というわけでもなさそうなのでチャレンジした。
「ブラインド加工による円形額作成」 色を変えて2点。

   ブラインド加工円形額緑     ブラインド加工による円形額赤

いつも参考事例を見て驚かされる。

ブラインドをかけ、それにウェーブをかける。
すると結構サイケデリックな模様が出来ている。
その他、数え切れない作品群をあちこちのページで見るが、ドンドン進化して私は追いつけないので、後方でやさしいので遊ばせて貰う事にする。


ホームページは殆ど何もせず、開店休業中みたいだけど、先だって野菜を2点アップした。
そして、5月中のトップの画像をまとめてアップしたのでチラッと覗いて貰えたら嬉しい。

      5gatutop.jpg




プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
05 ≪│2008/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索