ヘルシー?

涼しかったのは1日だけで、又猛暑がやってきた。

だんだんへばって来た。
気力が出てこない。

まともに料理をするのは夕食くらいなのに、夕方になるとだらけるので、朝の内に煮物を一品作った。

                「ひじきの五目煮」

    DSC03661.jpg
ひじき・人参・油揚げ・枝豆をごま油で炒めて煮ただけのものだけど、先だっての冷凍枝豆を使って結構いいおかずが出来た。



JTrimを使ってやってみたいのはいっぱいあり、作成手順の書かれているのをプリントしている。
でも、最後まで上手くいかなくて放り出してしまっている。
真似する事さえ出来ないのである。
脳みそが溶け出してしまったようである。


とはいえ、月末である。
HPの7月のトップページを飾った花を、纏めておかないとごちゃごちゃにしてしまうので、取り掛かった。
今月は枚数も多く、8枚の画像を使った。
トップ画像集の7月分をチラッとみてやって!



「戦場のピアニスト」

「戦場のピアニスト」なる本を借りてきてあった。

WS000296.jpg雷と雨のふる一日を転がって読んだ。

数年前に、この題名の映画があったのは記憶しているが、同名の本が出ているとは知らなかった。
よくある、ホロコースト物で本も映画本(ストーリーを追う)だと思っていたら、大違い。

ポーランドで放送局のピアニストをしていた筆者が、ドイツ侵攻・ユダヤ人迫害ワルシャワで隠れ暮らした5年間のノンフィクションである。

そしてすごいのが、この本は1946年、戦争が終わってすぐに「ある都市の死」という題で出版されたことである。
しかし、ソ連の元ではすぐに絶版とされ、1960年頃復刊されようとしたが、今度はポーランド政府そのものが出版させなかったそうだ。

イギリスで1999年に出版され、ようやく世界の人の目にとめられ、邦訳もされたのである。

映画はやはり、ユダヤ系ポーランド人のロマン・ポランスキー監督(何かと話題のある)が撮り、あちこちで賞をとったそうである。
テレビではやらないだろうか。やったら絶対に観ようと思う。

本はセンチメンタルに書かれてなくて、まるで映画のワンショットをみてるようだ。

   筆者はこちらの建物から向かいの建物を見ている。
   わけは分からないけどドイツ人がその建物へ。
   向かいの部屋の一同が揃って座っている部屋へ入って、「立て!」と命令する。
   皆はすぐに従うが、老人が椅子にすがって立とうとするが出来ない。
   もう一度「立て!」と言われるが、やはり立てない。
   部下が椅子ごと老人を持ち上げ、窓から放り投げる。
   筆者は座って落ちていく老人と椅子の壊れる音、人体のぶつかる音を聞いた。

こんなような有様が、淡々と書かれる。

戦争も最後のほうに、ドイツの軍人が食料や着る物をこっそり運んでくれたので、生き延びられたとも。
筆者のウワディスワフ・シュピルマンさんは演奏旅行で助けてくれたドイツ人の家族と会ったそうである。

本を読んでいてイメージがわいて来る。久しぶりに堪能した。



恵みの雨

28日は本当に久しぶりの雨だった。

午前9時すぎから突然降りだし、後は雷と雨であった。
当地方の10時の雷発生状況はこんなであった。

       WS000295.jpg

突然、雨が降り出したから、布団を干した家庭はなかっただろうかと他所事ながら心配した。

その後、夕方まで雨というより、雷だけが突然鳴り出し、パソコンや電話をコンセントから引き抜くかと迷って過ごした。

雨と雷のダブルパンチでは気力も失せて、ゴロゴロしながら本を読んだり、うとうと昼寝をして過ごした。
涼しくてよく眠れた。

ゴーヤ、少し成長した。2番目の花も咲いた。
蔓が懸命に巻きついている。

       DSC03659.jpg

           DSC03596.jpg




ヤーコン茶

葉っぱの整理がてらに洗って干したヤーコンの葉っぱ。

連日37度を超える暑さと熱風でカラカラに乾いた。
そのまま揉んで保存してもいいかと思ったけど、一手間かけてフライパンで煎った。

     DSC03644.jpg

試しにお茶として飲んでみた。

     DSC03647.jpg

美味しいか?聞かれると答えようがないが、煎ってあるので香ばしい香りはする。
普通のお茶やウーロン茶と一緒なら飲めるのではないだろうか?
効能は色々書かれているが、(血糖値を正常にするとかコレステロールを抑制するとか便秘にならないとか)それらを読んでも、「そうかそうか」とはあまり信用はしない。

そこにヤーコンの邪魔になる葉っぱがあった。
お茶にして飲めるそうな。
じゃ、作って飲んでみようか。

そんな程度であるからジッパー付き袋に入れ、乾燥剤を入れて保存したが全部使い切るかどうかは疑問である。
(力が入ってないね)


当地方は枝豆の生産が盛んである。
商品として出荷できない物を、捨てるには勿体ないと「くずだけど食べるかね?」と言って貰われた物のおすそ分けを頂戴した。
それも、どっさりと。

虫が入っていたり、折れたりしている豆を、悪い所を鋏で切って除いたりして大鍋で茹でた。
沢山だったので、ビールのつまみだけでは余ってしまうので、莢から出して小分けして冷凍保存とした。
サラダやカレーや煮物の彩りに重宝する。ありがたい!

     DSC03650.jpg





燃える夏!

連日の暑さには参った!
35度超えた?毎日の事である。

堤防の草刈りをしてもらった。
そして、その草を順次燃やしておられる。
見ただけで熱気が伝わってくる。
仕事とはいえ「本当にご苦労さん!そしてありがとう!」である。

     草燃やす


ゴーヤを沢山頂戴した。
以前は苦くて食べれなかったが、最近は塩で揉んでから炒めると苦味が少なくなって食せる様になった。
皆さんの家では収穫が最盛期に入っているようである。

それにひきかえ、我が家のゴーヤ。
7月11日のブログに、「我が家で食べたゴーヤの種から発芽した」と書いた。
その苗にはじめて花が咲いた。

     ゴーヤ初花

身長1cm位だけどちゃんとゴーヤだと主張している。
よくよく眺めたら、蔓の節々に小さな子どもがいる。
最後まで花が咲いて、実がなるかどうか。
夏休みの観察日記として宿題が提出できそうである。

7月26日 当地方の最高気温は 37,5度

3万発の花火を見に行く元気もなく、エアコン部屋で飲んだり食べたりして過ごした。


ダイエット終了宣言!

ブログにダイエットすると宣言して(4月26日自己嫌悪)丁度3ヶ月が経った。

当初の目的通り、3ヶ月で体重約-6kg.体脂肪-5%で、BMIとやらを計算すると21,5なのでこれでダイエット宣言を終了することにした。

皆さんの応援、声援を背に受けてなんとか頑張れた。感謝!感謝!である。
途中で膝や腰が痛くならなかったのが幸いしたと思う。
あちこちが痛くなれば、運動も制限されるし、イライラもつのったと思う。

減量の山は越えた。
肝心なのはこれからで、キープする難しさはダイエットしたことのある人なら誰でも経験しているであろう。
3ヶ月で元のもくあみになったら泣くにも泣けない。
現在をキープする事を、改めて宣言しよう。

という訳で、今年から始まった「特定健康診査」を受診してきた。
期間は8月末までだけど、体重が減っている今が受診のチャンスだと急いで行って来た。(自分でもバカだなとは思いつつも)
過去3年間のデータも持参したので、それを踏まえて先生曰く「禁煙前の体重に戻ったね。よしよし!」と。
後は2週間後の血液検査の結果がどうなっているかである。(2年間は総コレステロールと中性脂肪の数値が高かった)

※ 追記
   体重が減った分だけ、顔の皺が増えた。両者並び立たずである。

25日の当地方の最高気温は37,4度であったとさ。ギヤー!


乾操

相変わらず暑い日が続く。

元気な夏の花。
メキシコヒマワリが(チトニア)一輪開花した。
苗を貰った物のうち、鉢へ入れたのが先に開花した。

   DSC03638.jpg
この色合いを見れば、夏の花である。



ヤーコンを2株だけ育てているが、あまりの元気よさに隣のナスやキュウリが小さくなっている。

邪魔な葉っぱを切りながら「お茶が出来るとか書いてあったな?」と思い出した。
ヤーコン茶を作ってみようと、切った葉っぱを洗って干した。
乾いたら揉んでお茶として使えるみたいである。
煎ると苦くないとも書いてあった。
また、ウーロン茶を混ぜて使えばいいとも書いてあった。

洗って乾かすことのついでに「ステビア」も切って乾操させる事にした。
これはずいぶん前に貰った物だが、宿根で毎年出てくる。
最初の頃はものめずらしくて、乾燥して紅茶の甘味料などに使った。
だんだん面倒になり、ドライにしなくなってしまった。

今年こうして又復活するのも、何かのご縁だと洗濯バサミにぶら下げた。

   乾操


そういえば、「メキシコヒマワリ」も「ヤーコン」もM田さんから貰ったものだった。

「M田さん!ありがとう!咲きました!」

追記
 ヤーコンとチトニアは葉っぱがそっくりだと教えられたので比較してみた。
 なるほど! よく似てます。 生命力旺盛な所もです。

     DSC03660.jpg



一年経過!

月日の経つのは早い。

去年7月24日から始めたブログなるもの。丁度一年を迎えた。
366件の記事をアップしたのである。
よくもこれだけ書くことがあったと自分ながらあきれてしまう。
無理やりこじつけた時もある。長文になってしまった時もある。

neko_16.gif neko3.gif neko_13.gif neko1
泣いたり、笑ったり、怒ったり、お願いしたり、冷や汗をかきっぱなしのnekoの一年間であった。
恥もいっぱいさらして、笑われたこともある。


こんなつたないブログを「読んでるよ!」とか「見てるよ!」とか言ってもらったり、直接コメントを書いてくださったりが励みになってここまで続けれたのだと感謝している。

今、振り返って読んでみると、最初の頃はシンプルだった。
そのうち、少しずつ画像の入れ方や動く物に挑戦して、結構自分で楽しんだ

さて、これからも続けることが出来るか?
それともお休みするか?

出来れば一年は続けたい」と思った目的は果たせたので、◎かな?


残念!

昨年は我が家のメイン花であった皇帝ダリア。

挿し芽は上手くいかなかったが、去年の切り株から2本の芽が出て、順調に大きくなって来ていた。
と、思っていた。

ところが、そのうちの1本が萎れて元気がなくなった。
                            試しに揺すってみたら、根元からぽっきりと折れた。
     DSC03589.jpg   DSC03605.jpg

根がすっかり腐ってしまっている。これじゃなんともいたしかたがない。

同じ株からもう1本出ていて、今の所は元気だがおそらくこちらも根ぐされをおこしているだろう。

     DSC03606.jpg これが元気でいてくれと祈るばかりである。

後は、発根が遅れたが、駄目で元々と植えておいたこの1本しかない。

     DSC03611.jpg

枯れた茎を懲りずに発根しないか試す事にした。

     DSC03608.jpg

直接土に植えたり、ミズゴケで巻き鉢へ入れたりと挑戦してみた。
万が一発根し、小さいままに花が咲いたら素晴らしいなあと夢見ている。


オハグロトンボ

黒いトンボ、オハグロトンボと言ったっけ?

     tonbo2-tile.jpg
黒くて暑そうな気がするけど、よく見ると繊細な羽で涼しそう!
ヒラヒラとキンシバイの花陰でやすんでいた。

マンデビラ・ローズジャイアントがやっと開花した。
見るも哀れな状態で、とてもジャイアントという名前は進呈出来ない。
何年目かなので、段々花が小さくなっていく。

     mandeaka-tile.jpg

園芸店で見たら、豪華絢爛に咲いていた。

白花の方は谷汲山のお参りの土産に買ったものである。
マンデビラの仲間ではあるが、蔓が伸びず、コンパクトである。
売っていたおばさんの言われたとおり、花数は多いが白いので暑苦しくなくてよい。

大分大きくなったので、切り戻して挿し木をしてみようと思う。

掲示板新設

FC2さんで画像掲示板を使えるように借りてはあった。
しかし何もせずにおいてあり、ちょっと淋しい気分ではあった。
勇気を出して開設に向けて歩みだした。

なべちゃんが我々のための掲示板を作ってくださったので、それをじっと眺めながら、「そうか!ここへこの画像を貼ってあるのか」とか「どうすればその画像を貼れるのか?」と考えていた。

分からなかったけど、訊ねてばかりではいけないと「なべちゃんの掲示板」のソースとにらめっこしていた日が続いた。

ファイルをFC2さんへアップロードすればいいことがやっと分かったので、無料の背景を入れた。
タイトルはJtrimで白紙へ4この猫を貼り、文字を入れて画像として保存した。

b-bara6.jpg

     keizitaitoruga.jpg


結構苦戦した。

      よかったら使って頂戴!えか


暑いさなかに!

梅雨明けしたそうな。

別に待っていた訳ではないが、この空の色はそうであろうと納得した。

「暑い!」と日差しを避け、冷たい飲み物を飲んで過ごしている自分にひきかえ、頑張って咲いている花たち。

     page.jpg


畑では、15粒蒔いて1本だけ残った、ゴマの花が咲いた。
ゴマの花をしっかりと見たのは初めてである。
こんな色と形をしていたのか? やさしい色合いである。

     ゴマ

でっかくなったキュウリ。
これは来年使う種を採るために太らせ、完熟させる。

     tanetori.jpg

来年も趣味の家庭菜園が出来るかどうか分からないが、(オニが笑っているかも)準備だけはしておこう!


※ ニュース発表

ブログ開設一周年を目前に(昨年の7月24日が一日目)、念願の画像掲示板を開設しました。
ちょっと怖い気もするけど、やってみて不愉快な画像などがいっぱい貼られるようなら閉鎖すればいいとのん気にかまえることにしました。

ブログには沢山訪問して頂いても、コメントを書いて貰うだけで画像などで交流を図れませんでした。
「こんな珍しい物がある」とか「こんな料理を作ってみた。見てみて!」とか「この名前は?」など等お使い下さい。
ブログ共々訪問をお待ちしています。

キュウリの漬物

キュウリが毎日沢山収穫できる。
「あっさり漬けの素」なんぞを使って食べる事が多いが、それでもたまには違った漬物をしたい。

一時は「キューちゃん漬け」とか言うのを作っていた。
これはキュウリをぎゅっと搾るのが結構面倒くさい。

昨年からNewバージョンのキュウリ漬けを作っている。

題して「絞らないキューちゃん漬け
 

材料

 
   キュウリ1kg.
   土生姜1かけ
   タカの爪3本

調味料

 
   だし醤油300cc
   砂糖150g
   酢150cc

作り方 

 ① キュウリは5ミリ幅で斜めに切る。

 ② 調味料を煮立て、切ったキュウリを入れて冷ます。

 ③ 冷めたらキュウリを取り出し、汁を煮立てて煮詰める。

 ④ 生姜・タカの爪とキュウリを入れ、冷ます。

 ⑤ 冷めたら煮汁と共に冷蔵庫で保存する。(1週間は大丈夫である)

参考

  だし醤油・酢共にもう少し量が少なくてもいいかもしれない。

  好みで最後に青シソを入れてもいい。

 

tukemono.gif

 

 

死んで貰います!

「死んで貰います!」とは穏やかならぬタイトルである。

草取りや収穫で畑へ行くときは長ズボン・長袖シャツ・タオル・帽子がセットである。
「ちょっとキュウリを」と油断して家の中のまま(これがこの暑い時期、とても公表出来ないような格好である)行くと、あちこち葉っぱで切ったり、虫に刺されたりと後で大騒動になる。

先だってなどは首の所の広範囲がはれて痛かゆい。
皮膚科までお世話になった。

1本ある柿の木が曲者で、下に生えてるウドの葉っぱにこんなフンが・・・。

      funn.jpg

見上げて見れば、いるわいるわ。イガ虫が。
しかも成長して大きくなり、あちこちにばらけている。
「死んで貰います!」と殺虫剤を噴霧した。

ぞっとするほど沢山のイガ虫が死んだ。
      igamusisibou.jpg     igamusiappu.jpg

ツゲにもばらにも虫が付いていたので、ついでに散布した。
バラの虫はこんなのである。

      baramusi.jpg


羽化したて(?)の蝉。

      semi.jpg



気持ち悪い画像ばかりだったのでお口直しに他所の百日紅を。

      ピンク百日紅



きれいになったけど

つい先日、堤防の草刈をして欲しいとブログに書いたら、即、刈って貰えた。

     草刈完了

別に電話したわけでもないし、ブログを読んだからでもなく、丁度やる時期に来ていただけの事であろう。

畑の堆肥か暑さよけの敷き草にいいようなのがいっぱいある。

     敷き草

そして、そして、今まで隠れていた廃棄物もどっさりと姿を現していた。

     ごみ1

     ああ、嘆かわしい!

暑い!暑い!

どれだけ言ってもいい足りない。
「暑い!暑い!」

パソコンで遊んだ。
不出来な万華鏡。
             トマトとジュリアン2



もう一個の「洋風出窓」のグリーンバージョンは「なべちゃんの掲示版」へ貼らせて貰った。

ちょっとは涼しそうなので、見てやって!






ハゼの花

ブログを書き始めて、変わったことの一つは、周囲を見回すようになった事である。
些細なこともブログネタにしてしまう。
そうしないと毎日書くことがなくなるのである。

そういった谷間の今日、こんなきれいに花が咲いていたのを発見。

ナンキンハゼは実がはぜて白くなったのがいいのであるが現在はこんな姿である。

     ハゼの花3   はぜの花2

よく見ると、もう結実している。

   ハゼの花1

鳥たちよ!この実を食べてしまわないようにお願い!


隣の木にはこんな実が・・・。なに? 誰か教えて!

   humei.jpg



※ 最高気温を後から知る。
   13日 34,8度
   14日 35,9度
やけくそで叫ぶ! 「どうせ暑いなら日本一がいいよ!」と。




再登場

連日35度近くの気温である。
グッタリしながらも、水の中は気持ちがいいだろうと自転車コギコギ出かけた。

一昨日のブログに登場の彼等、又居た。
1匹はすばやく隠れたのにもう1匹はのんびりとしている。

土手の上の、草の中から何やら声がした。
彼は、ふっとそちらを見て、一旦は管の中へ入りかけたが止めて、脇の土手駆け上り、草の中へと消えた。

     DSC03531.jpg   DSC03532.jpg

想像するに、母親が呼んだので行ったみたいである。
管の脇に通り道がついている。
本当の棲家は草の中かもしれない。

     DSC03533.jpg


     DSC03534.jpg


下水施設の管理者が草ぼうぼうはみっともないときれいに刈ると隠れ場所がなくなるなあ。

草ぼうぼうといえば、困っている自転車乗りからお願いしたい。
ちょっとした川の堤防。
こんな風になっていると車が来ても白線内へ避けられない。

     DSC03527.jpg

これは河川の管理者の仕事?それとも道路管理者?
どちらでもいいからなるべく早く草刈をして欲しい!お願いします!



夏と冬

以前やった和風出窓に置物をするように勉強した。

前に入れた画像が菜の花だったので、今回は夏と冬のバージョンを作ってみた。

夏といえばもうすぐ花火大会である。
我が地方は新聞社主催の花火大会が2週連続で行われる。
で、こんな風にしてみた。

和風障子花火夏バージョン-11


夏があれば冬もとペタペタ貼ってみた。
雪景色で色気がないが・・・。

   和風出窓冬景色-2-11


復習したので出来具合は別としてこれでいいかな?

あんた誰?何?

いつも通る道横に下水処理場があり、その一面が土手になっていて細い排水路がある。

数日前に何かがチラッと姿を見せた。「何だ?」
あっという間にコンクリートの管の中へ消えた。
慌ててカバンからデジカメを取り出し待つことしばし。
再びチラッとだけ姿を見せたが、カメラマンの腕が悪くて足跡しか撮れなかった。

      asiato.jpg

次からはそこを通る時は、眼鏡をかけてカメラをすぐ取り出せるようにしながら通っていた。

そしてついに撮影出来た。

母親もいたがさっと姿を隠してしまった。
子どもが二匹。
土手伝いに歩いていて、棲家の管の前まで来ても慌てる事なく撮影に応じてくれた。

     子ども2匹    子ども二匹ー2
 
     アップ画像


あんたたちは犬?それともアライグマ?まさかハクビシンってことはないよね。
親を撮れたらよくわかるかもしれないが、用心深くさっと真っ暗な管のなかへ入ってしまう。
又チャンスがあったら撮影してブログに載せることにしよう。




発芽

茎ブロッコリー・ミニ葉ボタンの種を採ろうと遅くまでそのままにしておいた。
種は採って保存してあるが、本体があった付近からひとり生えの芽が出ていた。

茎ブロッコリーは畑でほんの数本。
ミニ葉ボタンは、鉢でどっさり。

これらは夏の暑い時期に種まきをするが、大抵は失敗するので、今回発芽したのをポットに鉢上げした。

     ミニ葉ボタン

     ミニ葉ボタン苗

     茎ブロッコリー
 あれ?画像が行方不明になってしまった。


発芽で特筆すべきはゴーヤ。(たぶんゴーヤだと思う)

     ゴーヤ苗

これは5月末ごろにゴーヤが安かったので買ってきて食べた。
その時、種が結構ふくらんでいたので試しにポットに何個か埋めておいた。
時間が経っても発芽しないので、「こりゃ、やっぱり駄目だった」とそのポットを菊の挿し芽の植え替えように使ってしまった。
そしたら菊の横からなにやら葉っぱが出ているので、もしやと思い植木鉢に入れたら大きくなってきたし、蔓も伸びてきた。
これの他にも後から2本発芽したので、これらは畑のキュウリ第1弾の株元に移植しておいた。

この苗が大きくなってゴーヤの花が咲き、実を食べることが出来たら我が園芸の大ニュースになるかもしれない。乞う!ご期待である。

ニュースといえば、以前ガラガラ抽選を何本もしたのにお茶ばかりだった事があった。

同じスーパーで同じように抽選をやっていた。
抽選のための列がすごいのを、横目で見ながら買い物に行った。
5000円以上使ったので、抽選の権利はあったが先ほどの行列に並ぶのはゴメンだと思ったが、その頃はほんの数人しかいなかった。で、やった。

「ガラガラ、コロン」と1回のみで何と赤い玉が出てきた。
「おめでとうございます!」と商品券をくれた。

     商品券

ささやかなラッキーだけど何だか得をした気分である。
この商品券を持って何倍もの買い物をしに走ることであろう。


パンに、前夜のラタトゥイユの残り物を載せ、トーストして食べた。いける!

     to-suto.jpg


舌を噛みそう

これはフランス語であろうか? 「ラタトゥイユ」

舌を噛みそうな名前の料理だが、夏野菜を沢山食べるのにもってこいのものである。
9日の朝刊に詳しく作り方が載っていたので、「夕食のメインはこれだ!」と決め、ごみ出しのついでに農家の方の直売所でトマトと枝豆を購入してきた。

こんな食材で作った。
トマト・枝豆・パプリカは買ったもの。それ以外は自家製。

      材料-1-tile


作り方は簡単である。
煮込み用の鍋とフライパンを用意して、鍋でニンニク・タマネギをオリーブ油で炒める。
それは置いておいて、フライパン+オリーブ油でナス、パプリカ・ピーマンなど野菜を1種類ずつ炒めてそれぞれ塩・コショーで下味を付けて鍋へ入れる。
後は弱火で煮込むだけ。(コンソメ顆粒を少し入れた)
焦げないように気をつけて20分位。
塩・コショーで味を調え再度オリーブ油をかける。

こんなのが出来た。(黄色のパプリカが欲しかった。トマトがちょっと足りないのじゃないかな?)

     rata出来上がり


本当は使いたい食材のズッキーニが病に倒れてしまったので、買ってきてまで使うのも癪なので、代用品は枝豆とオクラに登場して貰った。

① 水を使わず野菜の水分だけで煮込む。
② オリーブ油は使うけど肉は使わない。
このあたりがいいね。

夜はそのまま食べたが残りがあるので朝食のパンに載せチーズと共に焼いたらほっぺが落ちそうである。
スクランブルエッグに添えたり、パスタに絡めるのもいいとか書いてあった。

先日は夏野菜を一品ずつ料理したが、今回は「みんなまとめて面倒みよう!」となった。


雷ゴロゴロ

8日は朝から雷がゴロゴロと鳴り、ザアザアと雨。
洗濯はしたけど掃除はやる気が出ない。
午前中、nekoは布団の上でゴロゴロと喉を鳴らしてだらけていた。

午後は雨もあがったのでスポーツクラブへ出かけた。

少しずつではあるが、下降線を辿っていた体重の折れ線グラフが、ここのところ、梅雨前線と同じく停滞してしまっている。
ゴロゴロ寝転んでいてはいけないと自身にはっぱをかけた。


そして頭の体操もした。

「末摘む花の雑記帳」からブラインドつき窓の作成手順を丸写ししてやってみた。


   ブラインド付き窓-2



もう一個。

「楽しくチャレンジJTrim」のsuwaさんのブラインド加工による団扇風画像の作成である。
こちらは私には難しすぎた。
完成はしていないが、それらしい感じは出ているのでここで終了とした。

   utiwakannsei-2.jpg



暑苦しい日々だが、この二点で少しは涼風が感じられたであろうか?

お二人に感謝である。



豊作です!

一日野菜の収穫を休んだら、こんなに沢山採れた。( クリックで拡大!)

      housaku.jpg


10時間後はこの姿になり、neko家の二人に食べられた。(拡大なし!)

   nasuyaki-horz.jpg

   inngennmis-horz.jpg


ごちそうさまでした!

5回目の自然農法セミナー

暑いなかを自転車で公民館へ出かけた。
自然農法セミナーの5回目である。

前回に引き続き、「自然農法の病害虫防除の考え方」と題して2時間。
「へえ、なるほど!」と「それは無理でしょう!」というのが半々である。
なにしろ農薬を使わないでなんとかしようというのだから難しい話である。

講習が終わってから、我が畑のナスとズッキーニの調子が悪いので画像を印刷して先生に見て貰った。

  葉が茶色くなっているナス       花が咲いても実が大きくならず腐っていくズッキーニ
  病気ナス   腐る実

「ナスはある種の病気でしょう。そのままで大丈夫ですよ」
「ズッキーニは灰色カビ病みたいです。梅雨が明ければ元気になります。米糠ボカシを通路にうっすらと撒きましょう」
とのお答えである。

この話の米糠ボカシは以前に作った肥料とは又違って、米糠に納豆を入れて密封し、納豆菌を米糠に繁殖させ、その菌で虫や病気を防ぐというものである。
しかし、このボカシを作るにはは2週間以上かかるので、今回のズッキーニ対策には間に合わない。
仕方がないので放置することにした。
2株の合計で10本位食べたのでこれで終わってもいいことにした。

   最初に実がなった坊っちゃんカボチャがそろそろ食べごろである。
花が咲いてから40日位経っている。  ミニトマトのアイコは鈴なりで色づいている。
   坊っちゃんそろそろ   アイコ鈴なり


先月のセミナーで貰って、蒔いたゴマ。発芽したのが5割。その後ネキリムシ(?)に食われ、最後の1本になってしまった。来年の種を採れるまで元気でいて欲しい。
   ゴマ


蝶々

畑や付近の花に蝶々が飛んで来ている。
見るだけならきれいでいいのだが、産卵はして欲しくないのである。

こんなチョウが何匹も玄関前をヒラヒラとしている。
そして、とまる花が未だ残っているビオラとスイートアリッサムである。
写真に写せた。
     チョウ1   チョウ2


チョウの色と柄を見ていて思った。
もしかして幼虫の頃はこれじゃなかったのかと・・・。

     虫

ビオラで大きくなってチョウになった。→ まだビオラがある。→ 卵を産みましょうと飛んで来ている。

この想像通りだったら私の観察力は鋭い!かもね。

チョウに詳しい人、名前をしっていたら教えて!(チョウのみ画像が大きくなります)



※ 暑かった5日の最高気温は 34,5度。 グッタリするはずである。



ニンニク醤油

以前漬けたニンニクのしょうゆ漬け
小さいニンニクだったのでしっかり醤油がしみている。

ためしに、その醤油にごま油と酢を加えてドレッシングにした。↓は漬かったニンニク。
       DSC03426.jpg   DSC03422.jpg

大根とキュウリの千切りを水につけ、パリッとさせた。
その上へ漬かったニンニクを切って乗せ、先ほどのドレッシングをかけ、食した。
       DSC03427.jpg   DSC03428.jpg

殆どニンニク臭もなく結構な味であった。

そういえば、ぽち子さんが「野菜炒めにも使うといいよ」と教えて下さっていた。




トルコギキョウのピンク色が咲き出した。きれいである。
       円トルコ


こんなにきれいに咲いているのを、よりきれいに撮ってやりたかった。
中古でも一眼レフカメラがあるのだからと初めて撮ってみた。

ちょっと感じよく撮れたのがあった。クリックし、大きな画像で見て欲しい。

       oregano.jpg   pinktoruko.jpg


左側はオレガノの花。

※ 7月4日の最高気温33,3度。蒸し暑い。サウナに入っているみたいだった。


夏野菜のコンソメ寄せ

「夏野菜のコンソメ寄せ」だなんて、しゃれた名前だね。

作ってみた。

材料
 粉末寒天  1袋(4g)
 水       600cc
 ナス・ズッキーニ・ピーマン・パプリカ
 コンソメ顆粒 小さじ2

野菜を適当に切り、煮ておく。(少し味を付けた)
粉末寒天と水・顆粒コンソメをまぜて、火にかけ沸騰したら2分かきまぜ煮溶かす。
煮ておいた野菜を入れ、味をととのえる。
容器に入れ、固める。
出来上がり。
超簡単!見た目もいい!
でも食べてみたら、あまりパッとしなかった。

 刻んだ夏野菜               有り合わせの器で固める
 zairyou    narannda.jpg


      見た目は涼しげでグーだけど・・・

出来上がり

     

やはり寒天はお菓子系統がいいと思った。

掲示板

なべちゃんのブログ「日々気ままに」を訪問したら、新しい掲示板にリンク出来る様になっていた。

早速覗きに行った。

   ナベちゃん掲示板


「なべちゃんの部屋」HPの掲示板は、皆さんが素晴らしい写真などを貼られているので、気後れして「見るだけ」の人であった。
この掲示板は、HPに直接リンクされてないので少しは気楽にいけそうな気がした。

こうすればいいのかと、早速画像を一枚掲示させて貰った。
   投稿

よかったみたいで、なべちゃんのお返事も画像入りで書かれていた。

JTrimやアニメで作品を作って皆さんに見てもらえる場所を提供して貰えた。
「ありがとう!なべちゃん」


で、自分もレンタルの掲示板を借りるだけは借りてみた。

   nekoの掲示板


しかし、自分の掲示板らしく体裁を整えたいのだが、なにせタグとかthmlとかチンプンカンプンのために現在は出来ない。
これから研究してそれらしくなったら、画像の貼れる掲示板をアップしたいと思った。
(いつになることやら・・・)



小豆

一昨年、姉たちから貰って食べ切れなかった小豆を茹でた。(古いポットを使用して)
普段は1カップだが今回は1,5カップにした。

小豆の入ったゼリーを作ろうと思ったのである。
あずきの大部分は冷凍して、おかゆの中へ入れて食べる。

     冷凍用

洗った卵パックに茹でた小豆を入れ冷凍し、冷凍できたら袋に入れ変える。
パックのへこみ部分が固まっているので、それを1回のおかゆに使用する。

毎日使うわけではないので、これだけあれば1ヶ月くらいはOKである。


今回おやつにと思ったのが、粉末の寒天。
スティック1本4gに小豆の茹で汁500cc・小豆少々・砂糖少々・アミノ酸甘味料・塩少々。
火にかけかき混ぜながら沸騰して2分。
荒熱を取って容器に流し込み冷やすだけという手軽さである。

     小豆ゼリー


冷蔵庫で冷えたのを試食した。
   硬かった。→600cc位の方が良かったかもしれない。
   色がくどすぎる。→茹で汁と水を半々位がもう少し涼しげだったかもしれない。

生クリームをトッピングしたかったが、ダイエット中なので買ってこなかった。
無い物は使えない。

今度は牛乳と小豆のコラボはどうだろうか?



夕食のメインは豆腐のハンバーグ・大根おろし添え。

     ハンバーグ

人参やインゲンも入れてみた。
沢山出来たので残りを冷凍保存した。(また来週頃、食卓にのぼるであろう)

自分的には、なかなかいい味だし、ヘルシーでいいと思った。
が、旦那さんの「大根おろしが美味かった!」の一言にどっと疲れが出てしまった。


プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
06 ≪│2008/07│≫ 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索