「春朧(はるおぼろ)」

昨日まで読んでいた本は外国のシリーズミステリー。
骨から色々推理するスケルトン探偵という物。
骨の名前が続出で、読むのにも骨が折れた

このブログにもコメントくださるあらじいさんは岐阜の事についてはエキスパートで、岐阜を舞台にした文学なども紹介されているのに触発されて

  水上勉の「その橋まで」
  高橋 治 「春朧」
これらを巡回図書にリクエストしておいたらこの間持って来て貰えた。

ストーブの前にどっかと腰をおろし、読め始めたのは「春朧」という小説である。

岐阜の鵜飼・老舗の旅館・未亡人の美人女将登場。
高橋治さんはこれらをきっちり取材されているのだろう。岐阜の人間が読んでも話に違和感がない。
まだ上巻の半分くらいまでしか読み進んでないが、新聞連載小説にもかかわらず話の説明がすくなくて読みやすい。
あっという間に下巻へ行ってしまいそうである。

     本春朧

岐阜に対する意見や旅館のサービスについて小説とはいえ、結構鋭い苦言がなされている。
そういえば、この作家は相撲についても超辛口な批評を呈していたのを思い出した。

煙が目にしみる

木曜日は暖かな良い天気であった。
主婦としては、金曜・土曜と雨の予報がでているので、洗濯をどっさり、布団も干していい気分だった。

「?フンフン?」 焦げ臭い臭いがして来た。

おお、お隣で盛大に剪定した木や落ち葉などを燃やしておいでだ。
「やめてよ!」と大声で叫びたかったけどぐっとこらえた。
家の中でぶつぶつと文句を言っている。

田舎の事とて、絶対燃やすなとは言わないけど、せめて日中は遠慮して貰いたいなぁ。
皆が、洗濯物や布団を取り込んだ後の夕方なら、こんな事は書かないよ。

          燃やす


ムカつきながらも周囲を見回せば、ポカポカ陽気で春の息吹きがあちこちに・・・。

     春の息吹き

偶然とはいえ

前日喜んでブログに書いた「図の挿入」を最初から「四角」などにする事。
さだまさしの「雨宿り」じゃないけど、偶然とは恐ろしいものでして、早速利用できた。




パソコンの前に座った旦那さんが手招きをする。
「何やったね?」と近寄ると、例の黒い四角で囲まれた図を指差し

「これ、どうやったら動かせたんや?」

ひな祭りなどのクリップアートを挿入していた。
neko、こんな偶然があるのだと得意満面、

「右クリック、図の書式設定、 図で変更してもいいのだけど、最初から動かせるように設定しようかね?」と訊ね、昨日自分のパソコンもやったばかりなのでスイスイと変更した。

たまには役に立つこともあって嬉しかった。
     四角ひなまつり


今頃知った事

パソコンに触りだして結構な年数を経た。

最初の頃はWordを教わり、画像などを入れて文書を作成するのが殆どだった。

そして挿入した「画像が動かない!」と大騒動をしていた。
行内 黒い四角で囲まれている時は動きません。

だから一々、このお犬様マークで変えていた。
  WS000398.jpg
行内以外「こうやって周囲が白い四角で囲まれたら動かせるよ」っと覚えた。




恥ずかしながら、最初から「行内」以外に設定できる事を今日、初めて知った。

Wordのツール→オプション 「編集と日本語入力」で、行内以外(四角など)にしておけば、図を挿入した時、最初から白い四角で囲まれている。

図の挿入オプション  ダウンリストから

どなたのページで見たかを忘れたけど「えー、うそー」「誰も教えてくれなかったなあ」と思った。
これを知らなかったのは私だけだろうか?

       「貴方は知っていた?」

更新されてるかな?

毎日きまった方々のブログを訪問し読んでいる。
が、訪ねて行って更新されていないとがっかりする。

そこでFC2でRSSリーダーなるサービスを取得して、登録したブログで未読のものを一覧にしてもらい、そこでちらっと読んだり、本元のページへ飛んで読んだりするようにした。

今はブログだけ、しかも件数の少ないので表示されるのもすぐである。
まだお試し版なのできっとこれからもっと改良されることであろう。

FC2のブログを借りた時のIDさえあれば使用できる。
そのIDだって確かメールアドレスと自分のニックネーム・パスワードだけで取得できたと記憶している。
ホームページやブログを立ち上げなくてもサービスだけ使えばいいのでは?
理屈も分からず書いているので不都合があるやも知れないが・・・。

      RSSリーダー

見上げてごらん、夜の星を

AzPainterで作った「夜空」「天の川」「星雲」をクリックで変化するようにやってみた。

このあいだチューリップで変化するのを見てブミブミさんが「親指姫が出てこない・・・」と言うコメントを下さった。
この言葉をヒントにし、元画像の「夜空」から天の川などを作ったのを思い出し、チャレンジしてみた。

上手くいきましたらご喝采! (画像は3枚です)

<1

粗食で耐える

給湯器取替えなどで、我が家にとっては多大な出費を強いられた。

家計を預かる主婦としては倹約にあい努めるより他は無い。

冷蔵庫の中を漁り、畑を眺め回す。
冷蔵庫内から 「タマネギ味噌」賞味期限の来た「ハム」「鶏肉」
畑からコスレタス・ホウレン草・大根。

出来たのが大根と鶏肉のタマネギ味噌煮。最後にユズコショウでピリッとさせた。

       タマネギ味噌煮


コスレタスとハムのスープ煮。
ごま油で炒めたレタスにハムを入れ、コンソメやトリガラスープで味付けし、水溶き片栗粉でとろりとさせた。

       コスレタスのスープ煮

コスレタスは今まではさっと炒め、オイスターソースなどで味付けしていたが、ちょっと煮ても大丈夫だと確認できた。

ホウレン草のゴマ和え

          金ゴマかけ


サニーレタスが真っ盛りだけど、どうやって食べるのが美味しいのだろう。

          サニーレタス真っ盛り


タマネギに追肥

自然農法セミナーでタマネギの追肥の時期を教わった。

それを書いたメモを捜すのに一騒動した。
やっと見つけ読むと
「3月にたまねぎに養分をとらせたい。有機肥料のぼかしだと畑で分解するのに1ヶ月はかかるので、1月末までには追肥をする事」
とあった。

忘れないうちにと暖かい金曜日にご馳走を食べさせた。半信半疑で・・・。


追肥1


追肥2


追肥3



メモを見ていて「しまった!」
秋にやっておくべきことをしていない。

自分のタマネギで苗を作る為の種を採るのには花をさかせにゃならぬ。
今年に限って保存のタマネギから芽の出てきたのが一個もない。
今土に入れても腐るかもしれないが、ものは試しで畑に埋めてみた。
芽が出て花が咲いて種がとれるだろうか。

タマネギ種採取用



給湯器取替え

水漏れしていた給湯器を取り替えて貰った。

    灯油のタンク                        給湯器本体

   新タンク  給湯器本体

     台所に付いたリモコン             流しのレバー(これが結構な値段で驚く)

   給湯器リモコン   新レバー

後は全自動洗濯機専用の蛇口取替えと洗面台下排水の直しである。
部品が届き次第やって貰えるそうだ。

請求書はその時まとめてという事である。

説明を聞いて、やりそうな失敗が今から懸念される。

「自動お湯張り」の設定をしてあるので、掃除の後で栓をするのを忘れ、台所のリモコンで「お湯張り」ボタンを押すと、200リットルの適温のお湯が流れてしまう。
これが心配である。(以前は溢れさせて失敗したことは数え切れない)



もう一度

これはどうだろう?
センターを指示してないので左に寄っているがオンマウスで変化するか?

<

クリックして!

昨日の汚名を挽回したいと再チャレンジしたけどやはり無理だった。
もうちょっと易しいのにした。

クリックしないと変わって行かないのが残念だ。
画像は全部で3枚です。

<1

今朝の日記

サムネイルにマウスをのせると変化しながら大きい画像が出るというのにチャレンジして「出来た!」と思っていたが、やはり何処がどうなったのかコメント欄が上のほうになってしまっている。

朝10時くらいまでは一応機能していた。
いじって更新したのがいけなかったみたいで、一切変化しなくなってしまった。
「neme」と「id」という所が同じままだったのが×になったのではないだろうか?

これははやり失敗であった。
研究してみなきゃいけません。

見に来てくださった方、ごめんなさい。
削除しないまま恥をさらす事で、再チャレンジする原動力としよう!


マウスをのせて

どうしてもやってみたかった 「オンマウス」というしろもの。
いやあ、難しかった。
ソースをコピーして画像を貼り付けるだけなのに、完成はしなかった。

何べんやり直しても最初のゼラニュームの小さい画像が出てこない。
未完成もまたいいじゃないかと開き直ってそのままで。

そのままアップするのだともう一度確認したら直っている。なんだこりゃ!

12月に咲いた花たちを集めてみました。 小さい画像にマウスをのせて下さい。

<<<<<


筋肉痛

日曜日の朝に、スポーツクラブでは「トータルエクササイズ」なる30分の無料レッスンがある。

出来うる限り行こうと思っているが毎回出席とはならない。
筋トレと言える物はこれしかやっていないので、普段使っていない筋肉が驚いて痛みを生ずる。

下は20代から上は80を越えた人まで一緒にやる。
インストラクターは若い人を中心にするので、我々高齢者は自分の体と相談し、適当にサボりながら行う。

腿・ふくらはぎ・肩・腕などは、なんとかクリアー。
腹筋も中心のはいい。しかし、わき腹を鍛えるのはお休みが入る。
一番だめなのがいわゆる腕立て伏せ。
それも腕の幅を広く取って大胸筋に効かせるもの。
膝を付いてやっても、あごが床につくまでやると戻って来れない。

そんな程度しかやってないのに、一番最初に痛くなったのは、胸の筋肉である。

同じレッスンを受けた高齢者の今日の合言葉は「ああ、胸が痛い!」であった。

手書き大胸筋大胸筋の位置を示そうと試みたが、乳当てパッドになってしまった。






あら!聴けるじゃないの

先だって始めてCDをレンタルした。

パソコンに取り込んで、他の仕事をしながら聴こうとの目論見であった。

それは出来たので、欲ばりに違法コピーをたくらみWindowsMediaPlayerで書き込んだ。
全部で6枚。
で、もっと欲張って、さだまさしの歌詞カードを残して置こうと、無謀にも手入力でやった。
タッチタイピングの練習だと思えばいいさと始めたが疲れるの何の。

     手入力


歌を聴きながら入力した歌詞と本来の歌詞カードを見比べる。
12曲でA4洋紙枚を印刷。
もう一枚のCD分はスキャンし、それを印刷した。

     スキャン歌詞カード


ジャケットもスキャンして印刷し完成。

     じゃけっとコピー


お試しにCDから聴いてみようとしたら何故か音が出ない。
「ウッソー」
やっぱり音楽専用のCDじゃなくてはいけなかったのだろうか?
違法コピーの罰だったのかとも思ったりした。
CD6枚分のお金と手間ひま分だけだから諦めた。

それでも友人に尋ねたら「普通のでも大丈夫のはずだよ」と言う。

未練がましくもう一度パソコンにコピーしたCDを入れた。

おお、さだまさしが「北の国から」を「あーあーあああああー」と唄っている。
この間聴けなかったのは何だったんだろう。
摩訶不思議な現象であるが、コピーは出来たのだからまあいいか。

追記
   当り前だけど、「北の国から」は歌詞カードがなかった。

今日の言葉 「終わりよければ全てよし」

報恩講

お寺の最大行事であろう報恩講へお参りした。

     報恩講1

とはいっても午後の法話の聴聞のみといういい加減さである。
「ようお参りやぁす」というのが高齢出席者同士の定例の挨拶である。

母親系統の従兄弟も来ていた。
我が母親の実家の子で隣の市へ嫁いだが、たまたまその家が我が師匠寺と同じだったので、報恩講にお参りすれば彼女とは必ず会える。

休憩時間にはお互いの兄弟の消息などで話が弾む。
これも、今日ここへ来なければ出来なかったことである。

お話は、
  世の中すべての物に命があること。
  地獄とは死んでからだけのことではない。
  宝蔵菩薩は衆生を救おうと長い間考え、修行し阿弥陀仏となられた。
などであったが、何しろ午前のお話をパスしているので、講師が言わんとされた要点が良く理解できなかった。(スミマセン)

2日目のお参りは、させてもらうかどうか迷っている。

旦那さんは、連日朝早くからお手伝いに行っている。ご苦労さんです。




大成功!

    発泡スチロール

発泡スチロールの箱にフリースの布で包まれたものは何?


自家製ヨーグルトを「土鍋で保温しながら作る」とブログに書いた。

Tさんが「発砲スチロールのボックスで作るならすぐ出来るよ」「煮物でも一日入れておけば、味もしみこんで美味しくなる」と教えて下さった。

何でもすぐ「やってみる課」の課長である自分は、大根と昆布・竹輪を味付けして煮立てたものを
発泡スチロールへ入れて12時間。

夕食を片付けながら用意して、朝開けてみたら、うーん、いい色合いになった煮物が出来上がっていた。

      蓋を開ければ

大成功! ガス代節約! 味もよし! 言う事なし!

Tさん、いいアドバイスをありがとう。
こんどヨーグルト用に小さめの箱を手に入れることにしよう。

ガタが来た

自分の体も大分ガタが来たが、家の水周りはもっとひどい事になって来た。

➀ トイレの水がしっかりとまらずチロチロと流れている。
  ハンドルで水を流すようになっている旧式で、鎖は切れ、魚釣りのテグスで代用してある。

➁ 洗面所の排水がちょっとオカシイ。

➂ 台所のレバーハンドルからも漏水している。

    水漏れー2
ちょっとした水道関係の直しならする主人も、この台所のは非常に難しく出来ないらしい。

そして、待ったなしのがコレ

    水漏れ-1

右が石油の給湯器。
その底あたりから漏水が・・・。

このメーカーの修理や点検をして貰っている処へ、急遽お助けコールをして来て貰った。

「追い炊き機能のパイプから漏れています。しかし、もう部品がありません。
わが社は新製品の取り付けなどは行っておりません。」
とつれない言葉。

なにせ15年も経過した代物で、修理に来て貰った回数もかなりである。


仕方がないので、紹介してもらった店へ出かけ、現場を見に来て貰った。


給湯器と共に、修理をして欲しい箇所を主婦の自分が説明し、見積もりを出してもらう事にする。
そして気になってはいても、まだ繋いでない下水道工事の見積もりも依頼した。
下水道工事をするならトイレの便器も新しくしたい。(最低便座だけでも)

      「ああ、恐ろしや」  見積書が届くのが・・・。



それでも私は行く。パソコン同好会の新年会へ。

今度は何時お目にかかるやもしれない美味しい美味しい牛シャブシャブをたらふく食べ、ビールを頂戴し、満腹である。

体重は増え、年金だけの家計はやせ細る。
反対だったらいいのになあ。


        同好会の皆さん、今年もよろしくお願いします。
         パソコン新年会出席


プリザーブドフラワー

公民館主催で行われたプリザーブドフラワーの講習会に参加した。

今回は、プリザーブドフラワー(Preserved Flower)を使ったアレンジメントであった。
先生が数種類の見本を持参され、自分の作りたいものを選んでアレンジした。

宝石箱やパフェスタイル等もあり迷ってしまったが、ハンギングスタイルを選んだ。

     材料揃え
プリザーブドフラワーそのものは大小のバラが3個で、あとは細い着色された針金・葉っぱ・真珠のような玉などをグルーガンでくっ付けたり、リボンを垂らしたり。


大体出来たので、他のテーブルも廻って見せてもらった。
それぞれ、とってもすてきである。
                    アレンジ1
  アレンジ3
                     アレンジ2



自分のは、こんな風に出来た。

    完成作品

家に帰ってその足で、玄関に飾った。

他の皆さんも、それぞれの場所に飾られたことだろうと思う。
センスがなくっても、楽しませていただいた。
主事さん、先生、ありがとうございました。


どっと疲れが・・・

♪ 雪は降る あなたは来ない 雪は降る ♪

何せ寒い事この上なしで、閉じこもってストーブとパソコンのお守りをするより仕方がない。

前々からやりたかったのが「マイドキュメント」をDドライブに移動させる事であった。

「なべちゃん」のアドバイスも貰って思い切ってやってみる気になった。

まずは恐る恐るデスクトップとユーザー辞書。次にメール。お気に入りも(これはもしかしたらヤバイかもしれない)
そして、マイドキュメント。
フォルダやファイルが行方不明になるといけないと思い、まずフラッシュメモリーへコピーしようとした。
途中で何か駄目なファイルがあって全部出来なかったようであった。

まあ、やってみるかと本と首っ引きでやった。
Dドライブに引越し出来たかと喜んで、フォルダを開いたりして確認すると随分無くなって見えないのがある。
焦った。
もう一度Cドライブのマイドキュメントを見てみたら、残っていた。ヤレヤレ。
大抵これで大丈夫だろう。
Dドライブにこんな風に並んだ。
             
     移動した


「音楽を楽しもう!」と意気込みは良かったけど、メディアプレイヤーの使い方もよく知らない。
マイドキュメントの中のMyMusicに入っていた音楽が、マイドキュメントをDドライブに変えたことでライブラリが無くなってしまって「どうしよう!」
こりゃ音楽だけはCドライブに残しておかないと駄目なのかもしれないと、コピーして再度入れた。

プレイヤーを触っているうちに、「ライブラリに追加」があって、またいい加減に触っていたら、見事にCドライブとDドライブから同じ物が出てきた。

     ライブラリにダブル

本当に何やってんだか、自分でも呆れ、どっと疲れが出てしまった。

ほかに行方不明があるかもしれないが、今は分からない。
ドッキリする事が出て来たら、またなべちゃんに教えて貰おうっと。

「苦しい時のなべちゃん頼み」である。(厚かましいね)

遅ればせながら

臨時ニュース

本日13日午前9時現在の我が家の窓から報告。
本格的に雪が降っている。
     雪降り

で、昨日雪が融けたのに、また水仙の上に積雪。
     埋もれる水仙






7日は七草粥。
11日は鏡開き。

我が家では皆、遅れてやってきた。

七草粥ならぬ雑炊。
     雑炊1


鏡開きでぜんざいでなく、納豆餅。
(おおい!おいしそうな画像が貼れないよー。どうしてくれるのよー)
と言っていたら回復した。ヤレヤレ。
     納豆餅1



話が変わり、ヨーグルトを自分で作っているが、寒い時期は土鍋で保温しながら発酵させている。
ぬるい温度を持続させるように気をつければ何とかなる。
ガラスの容器なので熱伝導がいいのかもしれない。

     ヨーグルト作り3

ここもヨーグルト作成の画像が貼れない。仕方がないので、また今度見てもらおう。
ここも回復して貼れた。


ヨーグルトは食べているが、やずやの「千年ケフィア」も飲んでいる。
これを飲みだしてからは通りが快通である。
快いとはこの事だと実感している。

音楽CDのレンタル

12日 朝の臨時ニュース

昨日は、寒かったけど、雪はちらつく程度だった。
朝寝床の中で寒いなあと感じて起きたら、雪景色であった。
沢山積もったわけではないがモノクロの世界になっていた。
これ以上降ると開花中のスイセンが折れてしまう。
   雪中のスイセン
入力の手がかじかむ。定期の日記に臨時にニュースを差し込んだ。




今まで音楽と無縁の生活をして来た。
今年は音のある生活をしたいと思った。

しかし、我が家には昔風のステレオセットなるものしかない。
これは何十年も前に買ったもので、レコードとカセットしか使えない。
勿論お尻を据えた場所からは動けない。

その他、playerと名のつくものが何も無いので、やむを得ずパソコンでCDを聞くことになる。

手持ちのCDなんてほんの少しなので、借りてきて聞こうと思った。
しかし、恥ずかしながら、過去一度もレンタル店へ足を踏み入れた事が無い。

「会員になりたいのですが、自動車免許証がありません。何を用意したらいいでしょうか?」
からスタート。
健康保険証と本人宛の郵便物でやっと会員にして貰えた。

        ゲオカード

早速、さだまさし(2枚) フジコ・へミング(2枚) ポールモーリア(2枚セット)
5枚で1000円、一週間聞きまくろうっと。


onpu上下


iPod(アイポッド)なる物で音楽を聞きながらウォーキングしたいね。かっこいいよね。


録音出来ず!

「パソコン簡単上達法」内にサウンドに関しての話が書いてある。

いくつか「へえー?そうなんだ」と読んで、最後にやってみようと思ったのが「パソコンで録音ーサウンドレコーダー」という記事である。

ずっと以前、息子が音声で入力のテストをするとかでマイクを持ってきたような記憶があった。
主人が捜しだしてきたのがコレ↓

     マイク

ボロボロである。こそげ落としてから記事を参考にしてやってみた。

「アクセサリ」→「エンタテイメント」に「サウンドレコーダー」なんてあるのも知らなかった。

     サウンド1

     録音コントロール

     サウンドレコーダー

録音されれば一番下の緑色の線が太くなるそうである。
見事に失敗した。

原因は何処にありや?
 ① マイクが古すぎて機能しなかった。
 ② ジャックそのものはイヤホンでなくちゃんとマイクの方を使ったが、差し込む場所を間違えたか。

これが成功していたらブログで「みなさま、ようこそnekoの日記帳へ」と美声?でお迎えしようと目論んでいたのである。残念!

「失敗してよかった」とのささやきも何処からか聞こえてくるような気もする。 トホホ tukareta01.gif

へえ、そうかね

夕刊に名古屋東山動植物園の植物が紹介されている。
名前を見て大笑いした。

「アアソウカイ」だって。

新聞の写真は小さくてよく見えなかったので植物園のページで見た。
夏には花も咲くのみたい。

亜阿相界と書き、アジアの亜とアフリカの阿で接点のマダガスカル産と言う意味だそうである。

何処にでも使える言葉、「ああ、そうかい


一応Flashで

昨年12月のホームページのトップに使った花を纏めてみた。
アニメっぽく見えるが、形式としては一応Flashになっている。

だからこれだけ変化しても58KBですんでいる。   

         

どんな風に見えるか心配である。

自分だけ「出来た!」と喜んでいてもしょうがないね。 


これはどんな様子であろうか。
フリーの素材をいただいてきたのを貼ってみる。「音譜」とあった。それらしい動き方である。
残念ながら、 自分では出来ない。
                   

同感!

ブログを読んでいて「本当!そのとおり。同感!」と思えると、つい他の人にも知って欲しくなる。

「AsApinter使い倒し」のREIKOさんの別ブログ「パソコン簡単上達法」
パソコン上達法


初心者卒業のキモ
  ① ブログでスキルアップ
  ② 楽しいことにパソコンを使おう
  ③ とりあえず何でもやってみる
  ④ オンラインソフトから学べること
  ⑤ カスタマイズで初心者卒業

どれを読んでも「そうか、そうだよね」と納得することばかり。

特に①の「ブログでスキルアップ」と言う項目では、ブログを始める前とその後のパソコンの使い方に変化が出た自分が当てはまる。

パソコンで何をしたら良いのか目的が曖昧になった時期に、清水の舞台から飛び降りるつもりで始めたブログだが、「何時でも止めればいい。誰からも強制されたのではない。気ままに何か残そう」と気楽にしたのが良かったと思う。

 話題を何にしようかと周りを観察する。
 何でも写真に撮る。
 その写真もアップするには加工もしたい。
 ネットでさまざまな事を調べたりする。
 他所のブログへ訪問する機会が増えた。

同好会で紹介してもらったフリーのソフト等を使って、これからもブログを楽しんで行きたい。

それにしてもREIKOさんという人はすごい!
「パソコン簡単上達法」のブログには参考になることが山ほど載っているが、一度には読みきれない。
ぼつぼつと読ませてもらい、参考にしよう。
永久に初心者のままだろうけれども・・・。



初農芸

ことわざでは、こういう状況の事を何と言うのか?

『思いとは違ったけれど、かえってそれがいい具合になる』という事。


あたたかな好天になりそうだったので、元旦にお参り出来なかった谷汲さん(自分たちは谷汲山華厳寺をこう呼ぶ)へお参りしようと誘った。
ウンともスンとも返事が帰って来ない。
少し腹立たしかったけど、強いては何も言わず隣の畑で草取りを開始した。


暖かな冬のせいで、びっしりと草が生えている。
腰が痛いのもなんのその、頑張った。

昼食後も畑へ。
やりだしたら止らない。あれも、これも・・・。
白菜など収穫した後へぼかし肥料やコンポストから取り出した堆肥を撒き、耕した。
空きが出来たコンポストへ先ほどの草を放り込む。

コンポスト この中へ台所の生ごみ・鉢の土の細かい物・落ち葉・草・米糠などを上部から放り込む。
右はコンポスト代用品。漬物樽の底に穴が開いた物。

    konnposuto.jpg   代用

コンポストの下部から掻き出した堆肥

    取り出し

夏野菜の足元に敷いて乾操を防いだりするために、花や軸のある野菜を積んで保存してある。

    終わった花

友人が、自分で種まきして作った苗をくれたタマネギ。
霜柱で根が浮き上がらないように藁を敷いた。

    タマネギ保温


午後4時半、夕焼け小焼けのチャイムが鳴ったので終了とした。
自分で見回してもきれいになって気持ちがいい。

お参りの誘いを断られたのは不満だったけど、この時期に畑がこんなにきれいな状況に出来たのは大満足である。

ことわざ 「怪我の功名」とは少しニュアンスが違う。
終わり良ければすべて良し」の方が適切だろうか。

テレビ三昧

普段は殆どテレビを見ないのだが、正月このかた結構みてしまっている。

スポーツはもとより、お馬鹿さん番組も見だすと止らない。

4日夜は映画 「母べえ」と大河ドラマ「天地人」を続けて見てしまった。
両者とも子役が抜群の演技であった。
あんなに小さい子たちがホント、よくやるもんだと感心した。

「天地人」の方は、人物の名前や関係がややこしいので、先行きついていけないかも知れない。
最初の名前だけなら何とかなるが、主役たちが養子に行き、名前が変わる。
養子先はどういう関係なのか?

NHKのページで見たけど、プリントアウトして眺めながらドラマを観なきゃ分からないのでは、途中で興味をなくしてしまいそうである。

自分の頭の中では、信長以前の歴史上の人物は、本で読んでうろ覚えしているだけだから年代と横の関係が整理されていない。

今回の直江という人も上杉謙信に仕えていた人だと思っていた。
記憶というのはいい加減なものであるとつくづく思ったことだった。
それだけでも分かったのでプラスであろうか?


     nb03-ku2.gif     nb34-ku2.gif

初泳ぎ

比較的暖かく日差しもあり、雨の心配はなさそうなので、洗濯物を洗い布団も干しておいて、初泳ぎへと出かけた。

「食っちゃ寝」でだらけてばかりの日を過ごしていた。
体重は増加の一途をたどっている。

門松はなかったが、迎春フラッグなどの新春らしいグッズがお出迎えをしてくれた。

       迎春フレーム


「アクアミックス」と銘打ってお正月のスペシャルレッスンが行われていたので参加した。
「おめでとうございます!」「今年もよろしく!」と裸の挨拶を交わしながら、おなじみの顔が見れた事に喜びを感じる。

レッスン終了後、すぐに泳ごうと思ったが、お正月休み最後であるのだろう男性群が泳いでいる。
トロトロ泳ぎの自分はお邪魔虫になりそうなので、まずは水中歩行をした。

そうこうする内にコースも空いてきたのでゆっくりのんびりと30分泳いだ。
久しぶりだったのでちょっと疲れた。
ジャグジーでゆったりして帰途についた。

布団はふっくら、洗濯物もすっきりと乾いてお片づけが完了した。

お正月は終わった

年末から来ていた子供たちも、午後には3人とも帰ってしまった。

都合で、旦那さんの実家へ行かなかった娘夫婦も揃っての正月は随分久しぶりだった。
夕食から寝るまでは、一緒にテレビを観て、飲んで、食べての日々を過ごした。

箱根駅伝が終了したところで近場のイタリアンのランチを食べて「サヨウナラ」をした。

また二人だけの平々凡々な生活になる。


午後6時から「さだまさし35周年記念コンサート」をTVで2時間観た。

さだ
      
昨年の全国ツアーの最終日、NHKホールからのを楽しんだ。
曲目は
指定券・最終案内・フェリー埠頭・殺風景・春雷・フレディもしくは三教街・北の国から(はるかな国から・五郎のテーマ・純のテーマ・蛍のテーマ)・案山子・関白宣言・天然色の化石・防人の詩・まほろば・修二会・風に立つライオン。

「案山子」は聞くと必ず涙が出てくる。(やはりウルッと来た)
18歳の子供を手元から出した時の気持ちを、未だに思い出すからである。

そうやって送り出した息子も白髪のおじさんになってしまった。
自分が老いるはずである。






プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
12 ≪│2009/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索