懐かしの安房峠を越えた

限られた空間の中、しかも悠然たる風景を眺めていると、知らない人とも話してしまう。

どかーんとでっかいレンズを装着したおじさん。
「何処から来たね?」 「岐阜です」
から始まって、「車で来たのなら峠を越えながら穂高連峰を眺めたら?」と勧められた。

すっかりその気になって平湯から安房峠経由で長野県へ行ってみることにした。

安房トンネルが出来るまでは冬期は通行止めになっていた安房峠。
狭くて急カーブが連続する道だが通行する車は結構多い。

上高地から高山だったか乗鞍までだったかの定期バスに乗った昔々、車掌のお兄さんがバスの前を走りながら
「すみませーん。定期バスなので道を譲って下さーい」と対向車にお願いしながら運行されていた事を思い出した。

穂高連峰がこんな風に見える。西穂高が左手に、前穂もしっかり見える。この中央の沢の下が上高地。

クリックで幅800に拡大)
安房峠から



ここでも説明してくれるおじさんがいる。
「北穂高や奥穂高への一般的な登山ルートは・・・」と自分の液晶画面で説明をしてくれる。
眺めては下り、下っては眺めしているうちに安房トンネルへ通じる合流点まで来てしまった。

上高地に食指も動いたが、沢渡に車を置いてバスに乗らなければ行けないし、旦那さんは首を横に振ったので、有料のトンネルで岐阜県へと戻った。

再度のロープウェー乗車でお金を使ったので(駐車料ともで6,100円)、昼食は道の駅で焼きそばとおにぎり1個という寂しいものになったのもやむを得なかった。


紅葉と共に穂高連峰 (クリックで拡大)
岐阜県から


新穂高ロープウェー展望台より

山を見て満足したので山の写真の第2弾はワイドスクロール。

穂高ロープウェー展望台より北西から西をのぞむ。
笠ヶ岳を中心にしてワイドで作ってみた。

クリックで左右に動くマーキー。
但し360度パノラマでないので途中で元の画像に戻ってしまう。
永遠にスクロールするようにしたいのだが分からない。

山の名前が違っているかもしれない。違っていたら御勘弁を。
又スクロールのスピードを上げると、動きがカクカクして見にくいのでちょっとイラつく感もあるが雄大さを感じるには丁度と思うことにした。

<<


二日続けて・・・

インフルエンザに罹りはしないか? 天気はどうか?

心配しつつも決行した新穂高紅葉ドライブ、無事に帰ってきた。

27日、出かけた岐阜は上天気。飛騨は曇りの予報だった。
奥美濃を過ぎて高山へ入ったらとたんに怪しい雲が流れ、危ない雰囲気となる。
しぐれのような雨も時々降ってくる。
高山はさっと通過してしまっているし、平湯大滝へは寄ったけど、ここも丁度しぐれ雲が来て早々に退散。

宿のチェックインには早すぎるので、一か八かの勝負に出て大枚はたいたロープウェイに乗車した。
青空が見えていたかと思うとさっとガスが流れて眼下の木々も見えなくなる位だ。
ロープウェイの山頂駅へ着いたらそこでは雨でなく雪だった。
       今の気温は?

時間はたっぷりあるので食堂でコーヒーを飲んでいたら、ガスが切れて目の前に山が見え出した。
名前も知らない隣の人たちと「よかったね!うれしいね!」と急いで展望台へ。
しかし、西穂高は近いので見えるけど、雪を被った奥穂高などが頂上はどうしても見れないし、真正面の笠ヶ岳も焼岳も見えない。
30分もしないうちに又次のガスが・・・
サンセットロープウェイと銘打った企画は、「この天候では恐らくありません」と言われ、「まあ、少しでも間近に穂高が見えたから仕方がないなあ」と、後ろ髪を引かれながらも車で10分ほどの宿へ。

27日にロープウェイに乗らなかったら28日の朝に乗ろうという、行き当たりばったりのプランニングだったので時間が空いてしまった。
白川郷を久しぶりに訪れるのもいいなあと寝た。

明るくなる前から目が覚めて、貸切露天風呂でゆったりしていると、雲が全くなくて晴天の気配である。
テレビで予報を見ても快晴である。

平身低頭して「もう一度この上天気に山が見たい!」と頼んだ。
「物好きなこっちゃなあ」と言いながらも我儘をきいて貰えた。

二日続けてロープウェイに乗ってしまったが、焼岳の噴煙も見えるし、ぐるり真っ青な空と稜線がくっきりと見える雪を頂いた山。
西穂小屋も独標と言われるピークも。
ジャンダルムもちょっとだけ。
嫌というほど周囲の山々を眺め、目に焼きつけ、そして深呼吸をしたのであった。

穂高連峰と一番左に槍ヶ岳       遠くに白山が浮かんで見える (クリックで拡大幅800)
穂高連峰と槍  白山遠望

雪を頂いた山に魅せられて更に足をのばした話や、こじんまりしていてよかった宿の話は又次にしよう。


今日の彩りはロープウェイの乗り継ぎ点の鍋平散策の途中での一点。
名前は?





ウィンターコスモスとマンデビラ

ウィンターコスモスが咲き出した。

例年は途中で一度刈り込んで背丈を低くしていたが、今年は伸びるままに任せている。

青空に映えてきれいだ。(mmiさんの枠で)

   mmiさんの枠入りウィンターコスモス



ちょっと前に咲いた八重のマンデビラ。
このマンデビラは、蕾がいっぱい付いてもポロポロと落ちてしまった。
来年は普通のを買う事にしようと思う。

   マンデビラ八重咲き


星に願いを!

みよさんが流星を描いて掲示板に貼って下さった。

やり方を訊ねて同じようなのを作ってみた。

流れ星1


が、丸写しでは芸がないと思い、アニメ画像にしてみた。

流れ星2

我ながら、全く暇な人だと思う。


まつりをちょっと覗いた

地元の方々が発起人で始められたおまつり。

「中山道河渡(ごうど)宿まつり」も8回目だとか。
河渡宿は54番目の宿場で53番の加納宿と西の美江寺宿の間にあり、長良川に渡しをしていた。

ちらっと見にお邪魔するのさえ中々なのに、準備から後片付けまでどうやってやっておいでなのだろう。
感心する。

コンデジで撮った静止画像や動画を編集してユーチューブにアップした。
題名は「中山道河渡宿まつり」である。

結構大きく顔が写っている人もいらっしゃるのでちょっと心配だが、さほどの人がみる作品でもないので許して貰いたい。




五平餅8こ・大根・里芋を買った。

餅は写真を撮るのに忙しくて道路の端っこに居たが、飛んできたのを空中でキャッチして1個だけだがゲット出来た。

危うし!紅葉ドライブ

「行こ!行こ!」とばかりに紅葉ドライブを企画し、宿も予約した。

あまりに張り切りすぎたせいか、ゾクッと寒気がしたり、喉も痛い。
まさか、インフルエンザではあるまいなあ。


今回のプランの注目は、銘打って「サンセットロープウェイ」である。  
好天を祈ろう! (クリックで拡大)
サンセットロープウェイ

宿はごくこじんまりとした所を選んだ
宝美館全景

この地区の小学校も中学校も新型インフルエンザでクラス閉鎖になっている。
ちょっと前は幼稚園もお休みだった。

お出かけが目前に迫っているので、お利口にして家でじっとしていることにした。

早く体調を整えないと「危うし!紅葉旅行」という事になってしまう。


郵便です!!

ダイレクトメールは嬉しくないが、今日の郵便物は嬉しかった!

先だって600,000ヒットの日にちを当ててご褒美に下さるとおっしゃってたIVYおじさんのDVDが届いたのである。

DVD届く

早速見せてもらった。
クラシックの音楽と共にバラや庭の花、そしてご本人さんがその庭でちょっと一服の風景など。
ゆったりとした時間が過ぎてゆく。心地よい。素晴らしい!

IVYさんのバラ1  IVYさんのバラ2

IVYおじさん、ありがとうございました。

紅葉の便りが・・・

新聞などでもあちこちから紅葉の便りが載っている。

「北アルプスの冠雪 高山から展望!」 などとあると心が躍る。

運転手付きで何処かへ行きたいとネット検索しきりである。

奥飛騨と上高地散策などもいいなあ。

天気予報を見ながら、手軽な宿を探そう。
言うだけでなしに本当に出かけよう!出かけたい!!
モミジ


新米で・・・

空が青い! 藁のにおいがする!

うろこ雲と稲刈り跡


ここいらあたりの後期の米の取り入れが急ピッチで行なわれている。
おそらくハツシモという銘柄だと思う。

この品種の新米はまだ手に入らなかったが、やっと今年の新米を購入した。
地元産のコシヒカリ。

これでピーナッツ入りのご飯を炊いた。(頂き物の生の落花生を使用)

ピーナッツご飯

これが何とも言えず香ばしいのである。
旦那さん共々「おかわり!」とあっという間に、二膳食べてしまった。

ごちそうさまでした!!


心が落ち着く

周囲に病の人があると心が痛む。

入院された。手術をされた。など等。

「どんな具合ですか?」と問うのさえためらわれる。
要するに不義理をしているという事である。

まだ若いのに何度も手術をしなければならない等と聞くと、オロオロしてしまう。

病気回復を願ってという訳でもないが、思い立ってお墓参りに行って来た。

             お墓へお参り

花や線香を手向けて拝んだら、少しは心が落ち着いた。

腹立ちは何で収まる?

些細な事で腹を立てた。

エアロビクスの講師は代行だったが受講した。

最初に気に障ったのが時間になっても余分な話が続いていた事だった。
そして定刻より数分後、やって開始かと思いきや、マイクは入らない、CDの音楽も鳴らない。
「あれ?おかしいな」ばかりで時間はどんどん過ぎ去ってゆく。

もうこの辺で自分の堪忍袋の緒が切れそうだった。

大きな雷のような音を2回聞かせて貰ってようやく始まったのが定例の時間から10分も過ぎていた。

ムカムカ気分のまま残りの35分を過ごしたので、楽しいはずのエアロの時間が全く面白くない時間となってしまった。


そのまま家に帰る気分にならず、急遽姉の家へ行く事にした。

突然の事で驚いていたが、昼食前ならと出してくれたのがパン。

自家製全粒パンと毎朝摘んで作ったラズベリーとブラックベリーのジャム。

パン
ジャム

そしてデザート。

ケーキとコーヒー



ベリー類を育てて摘み取るのは姉の仕事で加工するのは姪の担当だそうな。
美味しく頂戴し、それらの加工の話や諸々おしゃべりをしていたらいつの間にか腹を立てた事など何処かへ飛んで行ってしまっていた。

本日の教訓
「立った腹は、美味しい物とおしゃべりで寝させよう!」


些細なことで腹を立てた自分は了見が狭い。
笑って許すのが大人である。と少しは反省もしたのであった。

大当たり!!

9日(金曜日)から17日(土曜日)にかけてドキドキしながら覗いていたブログがあった。

新IVYおじさんのIVY的生活」という所である。

このブログを最初に見たのは、牛乳からカッテージチーズを作る。しかもコーヒーのフィルターペーパーで漉す記事であった。

第二の人生をいかに有意義に暮らすかという事が日々の暮らしから伝わってくる。
趣味は多彩だからブログの内容もおのずからバラエティに富む。

そのブログの訪問者数が600000目前なので60万ヒットの達成日を予想し、当たっていた人には自作のDVDをプレゼントするとあった。

自分は「17日です」と応募した。10月11日が締切日であった。
毎日400から500もカウンター数が増えていく。

ハラハラドキドキして毎日訪問し16日の夜599,700位だったので17日に60万ヒットだと確信した。

4名の人がぴったりと当たっていたそうな。
そしてプレゼントされるDVDは音楽も入れて、自宅のバラの写真をスライドショーにしたものだそうだ。

WindowsVistaに付いているソフト、WindowsDVDメーカーというのを使用されたとか。
1枚書き込むのに1時間はかかるそうである。
その内詳しいお知らせが書かれると思うので、また毎日訪問しなくちゃ・・・

こういうDVDが何時ごろ手元に届くのだろうか?
「大当たり!」で「大喜び!!」である。

IVYさんの記念DVD


※ 追記

今朝ブログを訪問したら住所を知らせて欲しいと書いてあったので、早速メールをした。
何時送られてくるか楽しんで、その後は見せて貰って楽しめるだろう。
ワクワクである。




ドライフラワーで秋のかほり!

好天が続いていた時にドライフラワーを作った。

秋の七草の一つ、フジバカマ。

フジバカマ



軒下で乾操中。
乾燥中


風にも助けられすぐに乾いた。
数年前の竹炭と共にかごの中へ。
ほんのりと香りが漂って気持ちがよい。
竹炭と共に


若狭の海の風景

先日の美浜町近辺を写した写真と動画を纏めて記念ビデオにした。

YouTubeへアップした。


これを編集中(Windows ムービーメーカー使用)にパソコンが固まってしまって大弱りであった。

危ない! 危ない!

色づく!

わが家の秋 を見つけた。

パッションフルーツの一個がほんのりと色づいて来たのである。

8月31日の時はこんな色。
8月31日


そして10月15日はこんな色になった。
色づいたパッションフルーツ

もっと濃い色になって自然に落果した時が食べごろだとか。
楽しみである。ここまで来たのが嬉しい!


アオリイカで一杯

久しぶりに外で泊まった。

「秋になったら泊まって魚を食いに行きたい!」と言っていた旦那さんのリクエストにお応えして出かけた。

例の如く、天気予報とにらめっこをして急遽出かけることになった。

勝手知ったる福井県の、いつもは日帰りの釣行する美浜町で宿を探した。

なにせお金がないのでなるべくお値打ちの民宿をあたって、当日の朝に電話したのが美浜町日向の美芳屋さん
場所も分かりやすいし、いつも行く早瀬漁港からも車で5分とかからない。
(もちろん、魚釣りものんびりとやるつもりで行ったのである)

暗くなる迄小鰺に遊んで貰って宿へ。
お風呂へ入り、待望のお魚を旦那さんはお酒、自分はビールと共に美味しく頂戴した。

食べ物は写真を撮るのを忘れる事が多く、ラインナップ全部ではないがここへ記念としてアップしておく事にする。

刺身紹介

料理色々


宿泊客が我々二人だけとあって、女将さんとも親しくお話をしながら食事が出来て楽しかった。
また、共同ながらトイレや洗面所・お風呂など改装されていて気持ちよかった。

一番安い料金で頼んだので特別な物はないが、お酒などを除いた税込み1泊2食で8400円はお値打ちだと思った。

もう少しすると越前ガニやフグが供されるが、天然のヒラメのお造りがお勧めだとは女将さんの言葉であった。

日向(ひるが)を舞台に20年以上前映画が撮影された。
高倉健・田中裕子・ビートたけし・いしだあゆみなどが出演した「夜叉」

石積みの太鼓橋。これは海と湖を船が行き来するためにアーチに作られている。
今は架け替えられて、石積み風になってしまっていた。

日向橋


IPアドレスでトンネルへ

土曜日朝刊、「てくの生活入門」にネットワークの基本 IPアドレス「IPアドレスってなに?」とあった。

ネットで使う住所みたいなもの位の知識しかない。

「じゃあ、自分のIPアドレスってどうなの?」
と、調べる事から始まって、この数字の羅列が自分のパソコンに割り振られたのは誰がしたの?
どうやって決めるの?

アドレスには外の世界に通用するグローバルアドレスとLAN内で利用されるプライベートアドレスもあるらしい。

この話になるとまたLANとはなんぞや?になる。
公民館で20台のパソコンを使っているがこれらが身近なLAN(ローカル・エリア・ネットワーク)。
わが家も1台プラスになって3台のパソコンを使用するがその元締めを担っているのがルーターというのらしい。
このルーターにグローバルアドレスが割り当てられるそうだ。

私のパソコン(プライベートアドレス)から他所のページへ行く時は、ルーターを経由して(グローバルアドレスを使って)相手のサーバーへ行く。

返送されてくるのもルーターへ届き、そこでどのパソコン宛なのかを見分け、適切に変換して届ける。

「らしい」とか「だそうだ」の言葉ばかりだが、大雑把な話はこうなのだと理解した。


ここまでまだいい。

その後がいけない。例のドメイン名という奴である。
.jpは日本。.cnは中国とか教わった。
そしてその前に付いている.goはgovernment政府。.neはネットワークとか8つか9こ決まっているそうだ。
このドメインネームからIPアドレスを探しだすのがDNS(ドメインネームシステム)というサーバーだ。

我が教師によると、このDNSサーバーは例えていうと電話局の番号案内である。
私→kantei.go.jpお願いします→DNSサーバー 調べました。202.232.75.151ですよ。と一旦電話は切られる。
見つかったIPアドレスと通信が出来る。

自分のパソコン→ルーター→プロバイダー→ブラウザーにURL入力。上記のDNSサーバーが瞬時にIPアドレスを調べる。接続する。

こんな具合ではないかと自分なりに整理はしてみたが、固定IPアドレスとダイナミック(動的)IPアドレスが存在し・・・云々になって来るともう付いていけない。

夜に夢の中にまで出てくるのが、ブログやHPのことである。
掲示板やカウンターもFC2から借りている。
という事は、各そのIPアドレスがあるということなのだろうか?

分かったようで分からないような感もあるが、何日間もあっちこっちと検索しながらここいらあたりまで来たが、まだトンネルの中で先に明かりは見えない。


存在感あり!

ススキのお化け、パンパスグラス。

広い空間のある庭に似合う植物だ。

自分の自転車で動く範囲では家庭に一ヶ所、工場の横にも一ヶ所しか知らなかった。

そしていつも通っているのに、今日気がついてその美しさに見とれた。

パンパスグラス、それともパンパスグラス・プミラ(小型種)か分からないが、イタリアンの店に・・・

パンパスグラス




青空!青空!青空!

朝7時に花火の音で目覚めた。 「あ、運動会だ」

真っ青な空が広がる。
洗濯物を干し、布団も干す。

主人に「運動会のバザーで五目御飯と稲荷ずしとみたらしだんごを買って来て」と頼んで自分はスポーツクラブへ。
(自分は昼ごろしか行かないつもりなので、その頃には好評のこれらは売り切れになってしまうのである。)

青い空に月が出ている。うーんとこれは下弦の月だったなあ。

下弦の月1 下弦の月2

『月はどっちに出ている』なんて映画やドラマがあったっけ。

運動会では運動をせず、スポーツクラブで90分間諸々の運動をした。

予定よりちょっと遅れて小学校の運動場へ。
万国旗はためく下で綱引きをやっていた。

万国旗

綱引き

観客はと見ると応援席より校舎の陰の方が多い。
バザーのテーブルをを見ると、自分の希望した物の所は完売であった。(やはりね)

とたんにお腹の虫が騒ぎ出したので、綱引きだけ見て五目御飯が待っている自宅へと急いだのであった。

ふっといい香りが・・・  ああ、秋だ!

キンモクセイ

「いい天気やねえ!」
「この空の色、秋やねえ」

何度も何度も口に出した。


可愛いBaby

昨年8月でお別れしたMさんは、結婚された。

旦那さんの勤務先は離れているが、お二人の実家がこちらの方なので帰省されるとスポーツクラブへ顔を出される。

結婚式の写真も見せてもらった。
夏には大きなお腹を触らせて貰った。

そして、先日ベビーちゃんも見せて貰えた。
旦那さんも一緒だった。

ブログへ赤ちゃんの写真はいけないかとも思ったが、可愛いのでつい載せてしまった。


月曜日にはおばあちゃんたちと別れて新米ママさんは不安な事もあるだろうが、深呼吸をしてゆったりとした気持ちで毎日を過ごして欲しいものである。

ママさん、I ちゃんの写真を削除した方がよかったらコメント下さい。

夏の思い出

今年の夏の思い出の植物は「パッションフルーツ」と「朝顔」である。

パッションフルーツは8月に3個結実して現在も無事である。
知らない内にもう一個実が生っていた。

一方朝顔は、しだれ作りというのに挑戦してみた。
成功したかどうかは定かでないが、最初の花が咲いたときは嬉しかった。

桔梗咲きという種類らしく、色といい形といい素敵だった。
花だけ切り抜いてブルーとパープルをアニメ風にしてみた。

朝顔アニメ

栽培を記録に残しておこうとホームページ「NEKOの野菜と花」の栽培日記に追加した。


台風一過

台風18号による突風(竜巻?)など、台風本来の風でなく多大な被害にあわれた方は呆然としておいでだろう。

強い台風だと心配したが、わが家では大過なく済んだ。

わが家で一番強化した場所は、以前の玄関。
ガラス戸だけ、しかも南側なので台風が来るというとその状況を見ながら対策をたてる。

今回は気圧を見ても、コースを見ても逃れようがないだろうと最強の手当てをした。

古い雨戸を保存してあるのでそれを当て、物干し竿で上下を固定。
頑丈に

これで万全だった。

しかし、大した風も吹かず、雨の音で目が覚めるというような状況もなくこの頑丈な手当てを見ると肩透かしを食らったような感もある。

いやいや、そうじゃない。
肩透かしで万々歳なのである。

伊勢湾台風経験者の二人、、こと台風に関しては若い人からみるとおかしいくらい用心深い。
用心しすぎるくらいでいいのだと思っている。
(夕食時にそれぞれの伊勢湾台風時の話になった)




普段雨戸を閉める習慣がなくて、こういうときだけ使うので埃がすごい。
でも又そのまま戸袋へ。
主婦としてちょっと気が咎めるので、敷居をきれいにし、ついでに大雑把ながらガラスも拭いてしまった。
ちょっとしたお掃除デーになった。

よって、避難させた花たちを元に戻すのは後回しになった。

    やはり倒れたヒャクニチソウ
倒れたヒャクニチソウ


避難完了!

台風18号が直撃らしいので、雨が降り出す前に周辺を片付けた。

飛んで行きそうな物を移動したり、紐で絡げたり。

鉢花は家の裏手の風当たりが少なそうな所へ。鉢の避難


例のパッションフルーツは車庫へ仕舞おうと思ったら、鉢底から根っこが土中へ伸びている。
重いです根っこが・・・
やむを得ずチョキンと鋏でちょん切ってから、重いので腰を痛めないようにそろりと移動した。

芽の出た花や野菜の育苗箱や諸々の鉢も移動。

地植えでどう仕様もない花たちは写真を撮ってお別れした。
(強風だったら皆千切れたり、折れたりするだろうと思って・・・)

見納めと題して並べておく。
(クリックで大きい画像になります)
見納め1  見納め2

見納め4 見納め5

見納め6  見納め7

畑対策はもうどうしようもなく、ピーマンとなすの小さな物まで収穫して終わり。
白菜やダイコン・ホウレン草などは、なるようにしかならないと腹を括った。
 

7日22時20分現在、雨は強くなってきたが、まだ風は強くない。
まさかこんな状態で終わるとは思わないが、ぴゅーっと通り過ぎていってくれると有難い。




ただ今、8日午前8時45分。
やるだけの事はやったと腹を括っていたせいでもないだろうが、我が近辺は雨も風も大した事はなかった。
突然の雷で目ざめた以外、雨風で睡眠を妨げる物はなかった。

風呂の水もそのまま、薬缶やペットボトルに水も確保しておいたが停電もなくてヤレヤレと胸をなでおろしている。


台風18号

強い台風18号。
進路を見るとまっしぐらにこちらへ向かって来るようだ。
伊勢湾台風と似ている?

伊勢湾台風50年という今年に来なくっても・・・

伊勢湾台風体験者である。
海に面していなかったので、死という程は思わなかったが、震えて過ごした一夜が明けたら木々が倒れ、風景が一変していた。
今のように事前も事後も情報が少ない時代だった。
死者の事などもずっと後から知ったような記憶である。


わが家はいつも書いているように、ボロ家で低地にあるから、台風が直撃するようなら避難も考慮しなければいけないだろう。

台風情報ばかり見ているとより不安感が増す。


マンデビラ・パッションフルーツが何も知らずにいる。
これらも車庫へでも避難させないといけないだろうなあ。(腰を痛めそうだ)

パッションとマンデビラ



病気だそうです

6月に田植えをされた稲がもう少しで収穫時期に差し掛かる。

わが家は田圃もないので実際には何も関係ないのだが、稲穂が輝くのを見るのはとても豊かな気持ちになる。

それが今年はなんかおかしいなあと思って眺めていたら、やはり稲の病気が出ているそうである。

よく眺めたらこんな状態である。

病変2

病変1


あちこちの田圃に、共済の認定を受ける為の立て札が・・・

立て札


大きな台風が日本を窺っている。
どうぞ台風よ!病気だけでもショックだろうから、他所を向いて行っておくれ!



月は東に日は西に

4日は素晴らしい天気であった。
前日の中秋の名月から未だ月を引きずっている。

日の入りと月の出を調べたら、両方一緒に見れるのではないかと考えて5時過ぎに見通しのいい場所へ出かけた。

自分でも物好きだと思う。

17:14  東を見ると金華山の頂上のお城とロープウェー駅が夕日に照らされている。
出ていない

17:25  西を見るともう太陽が山の向こうに落ちなんとしている。
夕日

17:34  東を見たらもう月が出ていた。
月が出た

月ってぬうっという感じで出てくるのだなあと実感した。

「菜の花や 月は東に 日は西に」 与謝蕪村
「コスモスや 月は東に 日は西に」 neko


すっきりした!

10月3日は中秋の名月。
雨も上がって各地で月を愛でる催しが行なわれた事だろう。

いい歳をして今まで中秋・仲秋の違いをあやふやに思っていた。

旧暦では秋を(春なども)三月に分け、
 初秋は旧暦7月
 仲秋は旧暦8月  仲秋の名月とは8月全部の月を指す
 晩秋は旧暦9月
としていた。
これに対して、中秋とは8月15日という特定の日付を指す。


ネットのお陰でお利口になった。

因みに4日が満月みたいである。(暦と実際の月齢は少しずれるらしい)

このあと愛でるのは旧暦9月の13日(新暦では10月30日)の十三夜の月だそうである。


理屈はどうであれ、お供えをして実際に月を愛でるのがいい!






一年も前の事

一年も前の事だが記憶に留めておくために栽培日記を書いた。

昨年講習を受けた自然農法の場所で、自然農法で育てたというゴマの種を貰った。
それを蒔いて、育てて写真を撮ったり覚えを書いたりしていた。

「そうだ!ホームページの栽培日記の一ページにしよう!」

という訳で、ホームページ「NEKOの野菜と花」の栽培日記にページを追加した。

ゴマの花
ゴマの花拡大
♪お暇なら見てよね 私うれしいわ♪


スティーヴン・スピルバーグ

ここのところ、スティーヴン・スピルバーグの映画をテレビで観ている。

NHKが特集でやっていたみたいで先週は「未知との遭遇」
「E・T」「宇宙戦争」は見なかった。

今週は
「ロストワールド」
「マイノリティ・リポート」 トム・クルーズ
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 トム・ハンクスとディカプリオ

スピルバーグってすごいと思う。
「ジョーズ」なんて何度も何度もテレビで観たけど毎回ドッキリする。

「プライベート・ライアン」や「シンドラーのリスト」のように重いものから「ジュラシックパーク」や「E・T」まで幅広い。

今週の後ろ2本は未だ見てない物だったので時間を忘れて楽しんだ。

キャッチミーイフユーキャン

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
09 ≪│2009/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索