1月2月の花

ホームページのトップに我が家の花をアップしている。

1月と2月の分をフりーのFlashを借りて作ってみた。
上手く出来たかな?





感動をありがとう!

女子フィギュアシングルを観戦し、感動の2時間を過ごした。

スポーツクラブからそそくさと逃げる様に帰り、鈴木たちの組から観た。

鈴木明子が本当に良かった。
一つ、又一つとジャンプを成功させ滑り終えての感激の涙に、我が涙腺もゆるんだ。

そうやって上手く出来た人もあるが何回も転倒する人もいて、これはこれで「頑張れ!」と応援したくなる。

キムが金を取り、真央が銀だった。

真央がミスを二つして、硬い表情のまま試合を終えた直後のインタビュー。
こらえていた感情が噴出し、涙涙で、まともに答えられない。
自分で自分のミスが口惜しくてならないだろうに・・・
インタビューアを殺してやろうかと思った。

真央は自身を許せないかもしれないが、観ていた自分は本当に良くやったと思っている。
昨年の不振から立ち直ってのジャンプ。素晴らしかった。
誇っていいメダルだと思う。

安藤美姫も妖しくも力づよい感じでよかった。

全員入賞 銀メダル
       感動をありがとう!

怪我の功名?

以前のブログで失敗したというスライドショー。

ホームページ、お出かけ写真集「なばなの里 ベゴニア館
今度は15枚の写真がページめくりスライドショーで見れるようになった。


自分のパソコンや公民館のパソコンでは15枚が見れるのに、ホームページ上だと駄目だった。
その原因が分かったのは、友人になばなの里のページめくりフォルダの内容をプリントして渡しときである。

       大文字は受け付けません!

11から15の画像の.jpgとあるべきところが.JPGと大文字になっているのを発見した。

「ああ、これだ!」と閃いたので、帰宅して早速訂正しアップした。

これで一つ問題が解決した。
初心者としては、はこんな些細な事でも嬉しかった。


友人にアドバイス用にとプリントした物から自分のミスが発見出来たので、本日の格言は
「怪我の功名」あるいは「情けは人の為ならず」であろうか?



フィギュアを観戦!

女子のフィギュア ショートプログラムを手を握りしめ観戦した。

この大舞台で完璧に滑るなんてすごいと思う。

メダルを取れればそれにこした事はないけど、「まあいいじゃないの、頑張ってやったんでしょ」と言う気持ちである。


とは言うものの、
ああ、また金曜日は胸をドキドキさせ、「転ぶなよ!」と応援することだろう。



軸がぶれた回転ですねえ。こうなってはいけませんよ!

            回転?

やれやれ やっと・・・

オリンピックのカーリングの試合が気になって畑へ出るのが遅くなってしまった。
(残念!スイスに破れて自力で決勝へは残れない。このグログを公開する頃には残りの2試合中のうち1試合が終わっている予定である)

10時から17時まで昼1時間と3時の休憩以外ひたすら頑張って、草取りや耕しをした。

春の陽気とてTシャツ一枚でも汗がポタポタ滴り落ちた。

やっとじゃが芋の種芋を植え付ける事が出来た。
種芋を植える


玉葱の草取り終了
玉葱草取り

エンドウの手をとった。
エンドウの手をとる


今日の写真はデジカメの設定を「ホワイトバランス」を「晴」にして撮ってみた。
意味も分からないので試したのだが、晴天の時のオートより柔らかい感じがする。
オートでも撮って比べてみるべきだった。

内緒の話

腰が痛いのだが口に出すと絶対に叱られる。
「いっぺんにやるでいかんわ! 自分の体と相談してやれ!」と・・・
その通り。毎日少しずつやればどうってことない面積の狭い畑。
ほっておいて慌ててやろうとする悪い癖。

プールのジャグジーでマッサージをして来よう。
そしてフィギュアのショートプログラムを生で観るのだ!



春の予感 その2

月曜日、風もなく穏やか日和であった。

田圃には麦。
額入り麦


土手には土筆の赤ちゃん。
加工土筆


同じく土手にはオオイヌノフグリ
加工オオイヌノフグリ


畑には草がいっぱい生えて来て「春だ!春だ!」と喜んでいる。

「草取りをしなくっちゃ。耕して種じゃが芋を入れなくちゃ」と思えども体は動かない。
雨が降る前にやらないと又時期を失する・・・


青空!と春の予感!

真っ青な空が広がった日曜日。

洗濯機が大活躍し、空を見上げれば飛行機雲。

飛行機雲1


青空をバックにハクモクレンの蕾。

モクレン蕾


土手ではホトケノザが咲いている。

ほとけのざ

加工がちょっと暗すぎた?ので、明るめの感じにしてみた。

ほとけのざ2


春の予感がする。





あきれ返る!

腹立たしいのを通り越して呆れる場面。

立て看板の側にごみを捨ててある。
看板をせせら笑うようにどっさりと・・・

呆れる投棄物

       
 許せん!



スライド・ショーをアップする

オリンピック観戦は男子フィギュアを頑張って観て、喜んで楽しんだ。

20日は特別見たい物がなさそうである。


以前「ページめくり」スライドショーで10枚しか貼れなかったのをじっくりと落ち着いてやったら出来たので大嬉しである。
改訂版 なばなの里 ベゴニア館をHP 『お出かけ写真集』 にアップした。


自分では出来たと思っていたが、リンクしてみてみたら途中で動かなくなっていた。
こりゃ又仕事が増えた。
落ち着いてゆっくりと原因をさがすことにした。


もう一個スライドショーを作った。すなねぃるでないのでやってみた。
これまた過去の写真の使いまわしで フラワーパーク江南 

東谷山フルーツパークへ行った帰りに寄り道した場所である。

このスライドショー、不具合の場所あり。コメントが出てこない。

でもそのうちにいい風に直したら、また更新すればいいやとHP 『お出かけ写真集』 にアップした。

くっ付けてワイドに加工した池


スノーボードとスピードスケート

何かと話題を提供した国母選手。
視聴率アップには貢献したと思う。

こんなおばあさんまでが、出かける時間を遅らせてまで観たからね。

クリップアートからアニメを作ってみた。
(10回 回転すると止まります。永遠に回転させるとこちらの目がまわりそうなので・・・
 F5キーを押して更新すると再開します)

          スノーボード回転10回




長島圭一郎は残念!
(こちらは永遠に滑っていただきます)

          スピードスケート1



男子フィギュアが楽しみだ!

追記 高橋選手頑張って銅メダル。手に汗にぎって観戦した。よかった!よかった!

高橋銅メダル



ディック・フランシスの本

ディック・フランシスが亡くなった。

イギリスの障害競馬の騎手から作家になり、何らかの形で競馬などに関係する人物を主人公に沢山の本を出されていた。
40冊あまりの中で同じ主人公が活躍するのは自分の記憶では「シッド・ハーレー」という片腕の探偵社調査員しか知らない。
ミステリと言おうか冒険小説と言おうか、人物が魅力的だし、イギリスの色々な競馬場などの描写がまたいい。

訳を担当されていた菊池 光さんにも馴染んで読みやすかった。(彼ももう亡くなった)

押入れのダンボールに入っている彼の本(文庫)を数えてみたら18冊あった。
傑作もそうでないのも捨てがたく、とってある。
もう一度読むかもしれないという作家なのである。

早速一冊出してきた。
「Odds Against 大穴」というシッドハーレー活躍の初期の作品である。

 ネットで検索すると ↓    自分の持っている昭和61年発刊のカバー ↓
大穴 ディック・フランシス       大穴 昭和61年


銃弾に倒れて片手しか使えなくなった調査員。離婚したにもかかわらず、義父から非常に信頼され交流を続けるという筋立ては魅力的でもう一度読んでみよう。

それにしても昔の文庫は字が小さくて、老眼眼鏡をかけても読みづらく、老いの目にはちょっと辛いなあ。


映画のはしごで「インビクタス」を観る

「おとうと」「アバター」と観て後は「オーシャンズ」だと思っていた。

「一緒に観る?」と訊ねたら「ああ、いいよ」とおっしゃる旦那さん。

朝10:30ので入場したら我々をいれて6人の観客。
大画面で海の魚や動物を写し、「どんな種類のものも一緒に暮らせるようにしなくちゃいけないよ」と提示される。
それなりにきれいで良かったけど感動と言う物はなかった。


心密かに企画して置いた提案をする。
「昼ごはんを食べたら『インビクタス』を観ない?」と。

クリント・イーストウッド監督 モーガン・フリーマンとマット・デイモンの主演でネルソン・マンデラさんの実話からの映画だと説明したら「お前が観たかったら付き合ってやる」とOKして貰えた。


こちらは観客7人。
これは素晴らしい映画だった。(諸手を挙げてお勧めする)

モーガン・フリーマン、マット・デイモンも良かったが、話の筋立てと、最後にワールドカップラグビーの試合でスタジアムにいる白人・黒人や警官も浮浪児も国を挙げて勝利の喜びに一体となるシーンは感動ものであった。

WBCの試合で手に汗をにぎり、荒川静香のスケートに感動したように、1995年の南アでのラグビーの試合は彼の国民の心を一つにしたのであろう。


この映画がアカデミー賞の作品賞にノミネートされてない?
主演男優賞と助演男優賞にはノミネートされているのに・・・・
     映画インビクタス

映画のはしごをしてしまい、今月だけで4本も観たが、自分で順位をつけるとしたら次のようになる。

 1 インビクタス
 2 アバター
 3 おとうと
 4 オーシャンズ


dボタン

パソコンでオリンピックの速報をチラッと観るには、YAHOOとNHKのバンクーバーオリンピックがお気に入りに入れたあるので、即見れる。

YAHOO速報
NHK速報

一方テレビを見ている時には速報はdボタンを使って見るのがいいのだとやっと気付いた。

地上波デジタルではデータ放送が云々と言われていたのに自分はちっとも活用していなかった。
と言うより知らなかったのである。

遅まきながら少しは分かって来たので活用したいものである。

例えばNHKを見ながらdボタンを押すと
     dボタン

こんな画面になるので、自分の欲しいデータのあるボタンの色とカーソルキー(→や↓)で選び、決定ボタンを押す。
今だと中央付近にバンクーバーオリンピックのデータボタンがある。
(NHKの天気予報は更新される間隔が短いとかの情報もあり)
     データ放送画面1

まだ試してないのがNHK教育。
「今日の料理」などレシピがデータで見れるのでが番組はしっかり見て後からデータ放送でレシピを確認すればいいのだそうな。
     教育データ放送画面

テレビはあまり見ない派だったけど「これは活用すべきかも・・・」と今更ながら思ったのであった。


不純な祈り!と幸せな勘違い!

バンクーバーオリンピック、開会式を録画放送でちょっとだけ観た。

フリースタイル「モーグル」決勝はライブで観た。

上村愛子が2位に残っていて後4人の選手が滑る時に願った事は、「後の選手たちよ、転倒してくれ!」だった。
2人続いて転倒した。
まだ祈った。「あと一人!」と。

不純な祈りだった。あそこで転倒した選手たちよ、ごめんなさい。

やはり実力も運もある選手たちがメダルを取ったのだ。
上村には銅でもいいから取らせてやりたかったがいたし方がない。


そうそう、国母選手の衣服の乱れ云々が話題になっているが、「黙ってメダルを取ってから大きな顔をおし。そしてバッシングした人たちを見返しておやり」と言いたい。

成績が悪かったら、もうオリンピックとは無縁の人になるだろう。




知らなかった。カナダが英連邦王国のひとつだったとは。
国家元首はイギリス女王で、その代行が総督と言われる人でミカエル・ジャンという女性でジャーナリストであるそうな。
総督というのは昔の話かと思っていた。
カナダでは首相が指名し、女王さんが承認し、任期はおおよそ5年とか。

オーストラリアやニュージーランドもそうらしく、またまたびっくりした。

オリンピックでこんなお勉強が出来るとは思わなかった。


追記

「モーグル決勝を生で観た」と思っていたが勘違いだった。

13時30分に帰宅したのと入れ違いに旦那さんが用事で出かけた。
テレビの前で昼食を食べながら上記のように不純な祈りをしながら観戦した。
夕食時に「上村愛子はメダルが取れんかったなあ」と主人。
「え?出先で見たの?」と私。
「出かける前に家で見た。決ったから出かけたんや」
「??」

テレビ欄をよーく見たら、女子モーグルの生中継は予選も決勝も民放になっていた。
NHKはそういえば「生放送」とは言ってなかったし、提示されていなかった。
結果を知らずにライブだと思い込んで観ていたから別にいいのだが、友人の言葉を鵜呑みにした自分が可笑しかった。

追記の追記

旦那さんはNHKBSで生放送されてたのを観たのだそうだ。
全くいい加減な自分にあきれている。


自動給油&アッシー君&チョコ

暖房には主として石油ストーブを使っている。

台所・旦那さんの部屋・我がパソコン横の3箇所に置いてある。

石油ストーブは暖かくていいのだが、夜遅くとか早朝に油がなくなると給油をするのがとっても嫌だ。

この正月以来、自分のストーブにはじめて給油した。
決して使わなかったわけではなく、旦那さんが自分のストーブに給油する時に、他の2台も加減をみて給油していてくれたのである。

こんなに親切な旦那さんに、日頃の感謝を込めてバレンタインチョコを進呈することにした。
アッシー君も嫌な顔もせずにしてくれてありがとう!
       進呈チョコ

そしてちゃっかり自分用のも購入した。
       一口チョコ

画像の使いまわしをする

ページめくりのスライドショーの作り方をすっかり忘れてしまっていた。

2年も前の古い画像を使って四苦八苦しながらも、何とかなったのでホームページのお出かけ画像集に加えた。

ちょっと重たいかも知れないし、訪問してくださった方の中には見られない人もあるかも・・・

「なばなの里 ベゴニア館」と題した。
枚数が10枚しか出てこないので、ソースをいじくり回してみたが不成功に終わった。

              
ページがめくられつつある所をキャプチャし、JTrimへ貼り付け、周囲を切り取った。
こんな感じでである。
     ページめくり 見本

     公民館まつりの展示品として出そうかな?


陽水を堪能する!

井上陽水のTV番組を5時間にわたって観た。

NHKが昨年8月に放送したものを再編したものらしい。

     陽水LIFE&SONGS

「LIFE]では本人へのロングインタビューと共に曲を作る時の状況や依頼した人や友人たちとの係わり合いなどが、過去のステージで歌っているのをはさみながら進行。

積み荷のない船→友人沢木耕太郎が深夜特急の映像化に伴い主題歌を依頼した物。
少年時代→映画「少年時代」の挿入歌として。後にCM ソングとして多々使われた。
最後のニュース→筑紫哲也の番組のエンディングテーマとして作曲された。

おお、そうだったのか、なるほどと感心する。


「SONGS]では、この放送の為にスタジオで録画・録音された12曲とアコースティックミニライヴとしてお客さんを少し入れての演奏で8曲。
その中でビートルズの「オール・マイ・ラビング」を「高校生の頃、はじめて弾けるようになった曲だ」と歌ったのが印象的だった。
コンサートでもおそらく聞けないだろう。

「限りない欲望」「自然に飾られて」「嘘つきダイアモンド」は持ってないがその他のは「ゴールデンベスト」に収録されているのばかりなので、このグログを書きながらCDを聞いて、先ほどの余韻を楽しんでいる。

しかし、CDではいま一つ迫力が足りない。
一度でいいからコンサートに行きたいものだ。

       陽水NHK

雨が降って暖かい

雨がしとしとと降っているが比較的暖かい。
俳句でいうとどういう季語なのだろうか。

少しずつ花が咲き出した。
JTrimで少し加工してみた。
「加工」→「拡散」で 菜の花
拡散合成の菜の花

「イメージ」→「濃度抽出」→「超新星」で キンセンカ
超新星合成のキンセンカ



だし醤油を作る

自前のだし醤油がなくなってから随分経ってしまった。

また作る事にした。

醤油  3カップ
酒   1カップ
みりん 1カップ

ここへ昆布・干し椎茸・削りかつおを入れ一晩置く。

       だし醤油準備


沸騰して3分。そのまま冷ます。
漉したものが1番出汁醤油で、常温で1ヶ月は保存出来るらしい。

水4カップに先ほどの漉された昆布や椎茸・かつおを入れ沸騰して3分。
これが2番だし醤油でこれは水が入っているので冷蔵庫で10日間位しか保存できないそうである。
(薄めずに煮物などにそのまま使える)

       だし醤油完成


最後は漉しカスにみりんと醤油を足し、佃煮風にし、いりゴマをふる。

       佃煮風に

出しの材料も全部食べつくすと気持ちがいいものである。

カスタムフィルタって?

「カスタム・フィルタ」ってなあに?

訳がわからないままに使ってみた。

ガーベラ3輪を切り取りしたのを背景から浮かび上がるように見せることにした。

こんなかな?あんなかな?

     浮き上がるガーベラ




※  ホームページのトップ画像集に2010年1月を追加しました。


愛を贈る!?

今年のバレンタインデーは日曜日なのだ。

お勤めで義理チョコは渡したくない人にとっては好都合な曜日になったか?

自分は旦那さんにささやかにチョコをプレゼントしようと思っている。
今週中に忘れないように買っておかなくちゃ!

その前にAzPainterでチョコを描いてみた。
REIKOさんのテキストをそのままに・・・

         バレンタイン愛を贈る

うーん、美味しそうだ!




7日は久しぶりに良い天気だった。
思わず、青空と冷たい空気と太陽に向かって「アンテナのポーズ」で呼吸をした。
気持よかった。


豆腐ハンバーグは上出来!

みじん切りにして丁寧に炒めた玉葱を使ってハンバーグを作ろうと思った。

どうせならヘルシーと言うような物にしようと思い、和風に豆腐ハンバーグにした。

レンジで5分の水切りした豆腐1丁(350g)
鶏の挽肉   200g
炒めた玉葱  2個分
卵      1個
おろしパン粉 3分の1枚分
人参のみじん切り 3分の1本
ひじき    適量

これらの材料におろし生姜・塩・胡椒・醤油等の調味料を適当に入れ、こねて焼く。

   人参みじん切り 戻したひじき


ソースは無しでおろし大根を載せ、貝割れ大根を散らしてポン酢で食べた。添えはエリンギ。

      豆腐ハンバーグ

これは自分で言うのもなんだけど、100点やってもいい味だった。
玉葱をしっかり炒めたのを入れたのがいい味を出したのかもしれない。

これだけの材料で、10個出来たので後日又食べるように冷凍保存をした。

「アバター」「オーシャンズ」「おとうと」

「アバター」「オーシャンズ」「おとうと」

この3本の映画は観たい!

用事で出かけた時間と上映開始時間の都合で最初に観たのは「おとうと」。

笑福亭鶴瓶は「ディア・ドクター」を見逃したので今回は是非ともと思っていた。
まあまあだと思った。

50年も前に幸田文さんの原作から 市川昆監督 岸恵子 川口浩で同名の映画が作られていたそうな。

家族の絆とかいうけれど、何処でどうして暮らしているのやら分からない身内がふらっと訪れ金の無心をしたり、長逗留をしたりというのをかなり近い所で見て知っていたが、これも困るのである。


アバターを早く見に行かなくちゃ!
とちょっと焦り気味だったが送迎付きで観に行って来た。

世間の評判は上々だから300円余分に払って3D字幕版にした。

第一の感想は「酔った」である。
映画が良くて酔ったのでなく、画面の揺れに気分が悪くなる時があったのである。
辛抱して最後まで観たが疲れて頭が痛くなった。

それはそれとして奥行きのある画面は新鮮である。
ナントカ族の体つきは人間に似ていても絶対本物ではない。
しかし、目とか唇の辺りは全く人間と言っても違和感がない。

不思議で仕方がなかったので検索したら「モーション・キャプチャ」といってセンサーを付けた俳優さんの動きをコンピュータに取り込んでCGキャラクタを作るのだそうである。
アバターのメイキング動画を見て驚いた。
何もないところで俳優さんがこけたり、走ったり泣いたりするのが映画ではナヴィ族のCGキャラクタがそのまま動いているのだ。

その動画からキャプチャしたのが下の画像。向かって右が演技者でそれを使って映像化したのが左。
     アバター1

聞いただけでも気の遠くなるような話である。
映画の筋書きはどうであれ新しい体験をしたので満足である。

     アバター2

アカデミー賞の視覚効果賞は絶対取ると思った。



血液サラサラ?

先日芽が出そうな玉葱8個を炒め、気をよくしてもう一度玉葱を炒めた。
(先のはまだ冷凍室に入ったまま)

今度はみじん切りにせずに薄くスライスして、炒める前に電子レンジで5分、かき混ぜて追加の5分をした。
これでしんなりとして炒め時間が短縮できた。

3個の炒めた玉葱に水3カップとコンソメ適量入れ煮込んで、塩コショウで味を調えた。

一日目の朝は小さく切って焼いたパンを浮かべた。
     オニオンスープ


二日目は焼いたフランスパンにチーズを載せて自称「オニオングラタンスープ」とした。
ハンバーグみたいだ。
     オニオングラタンスープ

コレステロールの値が高い旦那さんにも無理やり食させた。
血液サラサラになるといいけど・・・・

節分で海苔を消化する

節分で太巻き寿司をまるかぶり?

いや、我が家では海苔を使う為に今日を待っていた。

手巻き寿司で二人だけの節分パーティを催した。

何でもありの種で、各自好きな物を好きなだけ食べた。

種1

種2

種4  種3


旦那さんは2合のお酒で足りずに追加し、ちょっと酔っていた。
自分も発泡酒でいいご機嫌である。

流石に全部は食べきれず、納豆は翌日用。
余ったすし飯へ、やはり余った人参を刻んで入れチラシ寿司風にしてこれも翌日用。
ネギトロは保存できないと思い、卵と沢山の刻みネギを混ぜて焼いておいた。

すべて昼ご飯で終了となりそうだ。


展覧会へ

校下の公民館のクラブ活動の中のパステル画。

皆さん熱心に描かれて市や県の展覧会に出展され、奨励賞や入選を果たされている。


展覧会が開かれているので拝見してきた。
(2月3日 午後3時まで 中電岐阜ビル パレットルーム)
パステル画展
16名の方が2~3点出展されていた。素晴らしい!

みよさんの「天を目指す」はアンコールワットだ。
何号というのかは知らないけど大作で圧倒された。
クリックで拡大 ↓
「天を目指す」部分

一部分だけだとこんな感じ
「天を目指す」部分の拡大
どれだけの時間を費やされたのだろう。
すごい!と言うのみである。




ミニ水仙

じゃが芋の種芋を買いに行って、あまりの可愛さについ買ってしまったミニ水仙。

高さが10cm程度のが鉢植えにしてあった。
ミニ水仙 「テタテート」とある。内緒話という意味だそうな。
クリックで拡大 ↓
    テタテート


加工して遊んでみた。
     ミニ水仙テタテート


芽が出る寸前!

スポーツクラブのサウナは静かな時もあるが概してマシンガントーク炸裂の時もある。

自分の都合でうるさいと感じる時と、耳をそばだてる時がある。

野菜の冷凍保存の仕方が話題になっていた。
黙って拝聴していた。

ネギ・ショウガに続いて玉葱。
みじん切りや櫛形に切ったまま保存してもいいが、炒めて保存しておけばカレーなどにすぐに使えるよ。等など。


頭に浮かんだのが車庫の中にぶら下がっている昨年収穫の玉葱。
芽が出そうな怪しげな感じだが、まだ15個位ある。

やはり芽が出る寸前
切ってみたらやはり青い芽が中心に見える。
8個をみじん切りにしてバターで炒めた。


面倒くさがり屋の自分としては丁寧に40分かけて炒めた。片手でコーヒーを飲みながら・・・
つまんでみたら甘い!
かなりいい色になった


2個分ずつラップして冷凍保存した。
冷凍保存にする

さて何に使おうか。


プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
01 ≪│2010/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索