画像を加工して・・・

HPのトップ画像の3月分。
今回は画像に少し加工を施してからスライドショーに仕立ててみた。

(下の画像をクリックするとそのウィンドウが開き、×(右上隅の)でブログに戻ります。)



寄進ってなあに?とぼやく

寄進ってなんだろう?

「神社や寺院などに金銭・物品を寄付する事」

名称はどうであれ、年間費的に決まった金額は多少の変動はあっても(少なくなる事はないが)これはいい。
問題は臨時的な寄進である。

神社の「拝殿の屋根が怪しくなってきた」とか「渡り廊下も痛んで来ているとか」1軒に数万円の費用が要るそうで、「仕方がないなあ」と積み立て金をしている。


一方お寺の方は、親鸞聖人750回大遠忌が来年から再来年にかけて行なわれるらしい。
西本願寺への寄進が確か3万円。
これはやっと納めた。

次は師匠寺の大遠忌。
こちらは住職の交代(何と呼ぶのか知らない)も含め法要がなされるとか。

その記念事業として書院建設が計画され、大体一戸あたりの寄進額を示される。7万円。

こちらも毎月積み立てをしている。

信仰心がないので、心から喜んで寄進を出来ないのが本心である。
(他の納得がいかない事もあった)

この自分を見ると、実家の父も主人の母も含め、昔の人はなんと純粋だったのだろう。
自分の家で採れた野菜などはまず一番にお寺へ差し出したり、金品も寄進したりしたものである。

実家の父など自分で金がないので、お寺が幼稚園を始める時、借金の担保に自分の田畑を差し出したそうである。

そんな親を持ちながら「ああ、我が家のこのブカブカの床はどうしよう。修理するお金もないし・・・それでも寄進はするのだなあ」とぼやきながら、新築されつつあるお寺の書院を眺めているのである。

     書院建築中



紫花菜

  紫花菜。

自然種がこぼれて毎年時期が来ると花を咲かせる。

おとなしいやさしい色合いで、水仙や金盞花と共にお墓参りに重宝している。

房咲きの水仙がいっぱい咲いたのでお参りに行ってこよう!

                        供える花


早咲きの桜の動画

風が強いのに桜が咲いていた。

久しぶりにコンデジで動画を撮り、これまた久しぶりにムービーメーカーで編集をしてみた。

やり方をすっかり忘れている。
ビデオ編集していると我がパソコンはフリーズする事も忘れていた。

固まった画面を眺めてため息をつく。

再起動させたら、かなりの部分は残っていたので気を取り直して再編集した。

ユーチューブにアップした。

「2010年春の夕べが池公園-0001」   音楽あり!音にご注意!





寒い!

やっと雨があがったと喜んでいたが、その後の寒い事。

夕方畑へ行ったら2月に入れたジャガイモの芽が出て来ている。
      早すぎる発芽

雪でも舞いそうな西風が吹いている。
朝の最低気温予想は1℃。
こりゃ霜が降りるかもしれないと不織布をべたがけした。気休めかもしれないが・・・。
      霜よけの不織布

寒さで震えている畑の野菜や花に対して「ほっかほかだよ!おっかさん」と言って自分で熱をだしているのは米ぬかと油かすで作るボカシ肥料。

    発酵しだしたボカシ肥料

ちょっと前に作ったのはあまりにも気温が低すぎて失敗した。

今回も低温が続いたので心配していたが5日目にして発酵しだした。
今回はきっと大丈夫だろう。

夏野菜の元肥や追肥として使うにはもう一回くらいは作らなくちゃ。



自信なさそな返事

お茶しながらの話題にデジカメが出た。

カードの中に600枚もの画像が残してあるとか・・・
512MBしかない自分では想像も出来なかった。

何の為にそこへ入れたままにしてあるのか訊ねたら「カメラ屋さんへプリントに出す為」とか。

プリントをカメラ屋さんでしたことがないのでカードのままで持参しなければいけないのか分からない。
が、もしそうだとしても一旦パソコンに取り込んで、必要な物だけ選んで再びカードに入れて持参すればいいのではないかと思った。
「そうやって出来るの?」と訊ねられて自信をもって「YES]と答えられなかった。

自分ので試してみた。
カードはソニーのMemoryStickProDuoである。
カメラとPCは直接繋がず、下図の左2点を差し込んだ中へカードを入れUSBのポートへ挿して使っている。

カードリーダーライター  ソニーのカード

このカード内へフォルダを作る。
      フォルダを作る

      作ったフォルダ

カメラ屋さんへ持参する画像を選び、作ったフォルダへ入れる。
      フォルダへ

入った。
      入りました

自分のでは出来たが果たして彼女のカードでも同じように出来るかどうかは自信がない。

しかし、かわいいお孫さんなどの写真をカメラのカードだけに保存するのはちょっと危険ではないだろうか。
CDなどに焼いておいた方がいいのでは・・・

他人には言っても自分は1年間くらいPCにそのままほってあるので大きな事は言えないのであるが・・・


この歳になるまで・・・

思い違いをしている事は多々あると思うが、今日分かった事。

にこはは」さんのブログを読んで???

「病膏肓に入る」やまいこうこうにいる
と言うくだりである。

自分は病こうもうと覚えていた。

早速ググルとは心臓の下部のこと、は隔膜の上部のことで、病が体の奥深く入るさまをいうらしい。
とよく似ているからてっきり盲だとばかり思いその様に読んでいた。


にこははさんもブログ更新病はかなり重症らしい。
ブログの更新にうなっているのは自分だけではないらしい。

「病膏肓に入る」70に手が届きそうになって今更ながら知ったことであった。


おまけでググッた言葉に三昧というのある。
これはずっと以前であったがと言う字を間違って書いていた。

本来は仏教用語らしく、火葬場の事を三昧とも言うとあって驚いた。
昔、市の火葬場などない時は自分たちの墓地のそばに焼き場があった。
その頃は墓地の事をさんまいと呼んでいたのである。


今日は二つもお利口になった。(忘れなければの事だが・・・)


お手上げだー!

雨が降るし寒いので、アッシー君と共に買物の後はパソコンの前で過ごした。

自分のホームページもままならないのに、わが公民館のページはどうなっているのかと訊ね歩いた。

最初に作られたのはどなたなのか?
自分のページでさえ迷い道にはまり込んでしまう位なので、他人さまのを理解するのは困難である。

で、勝手に作ってみたのは目次のページである。
この校区は苺生産が盛んらしいので苺のアイコンで遊んでみた。

     目次のぺージ

一日中かかって、ああでもない、こうでもないとい行きつ戻りつのページ作成であった。


映画監督になる?

アカデミー賞の監督賞は女性だった。
日本でも監督に女性が結構進出して来ている。

「ヨーイ、スタート」とカチンコを鳴らすのは助監督だろうか?

春スタートと題してneko監督がフィルムを回してみようか?

     春スタート


予定はキャンセル!

21日はお彼岸の中日であるが弘法様の日でもある。

前日、「雨が止んで、お天気が良かったらウォーキングしながら鏡島の弘法さんへ行こうか?」と話がまとまった。
(「お紅の渡しを使って・・・以前に書いた記事はここ

夜中に雷鳴と雨であったが朝には止んでいた。

しかし、強風と黄砂がすごい。
そのうちに雨まで降り出した。

仕方がないので予定はキャンセル。

パソコンの前で市内の公民館のホームページを閲覧して過ごした。
来年度からパソコン同好会で公民館のページの更新などをお手伝いする事になるらしいので、他所はどんな風なのか参考に見たのである。

シンプルで見やすいページがいいのではないだろうか。
音楽は付けないほうがいいように思う。
「各ページとトップページに統一性があっていいなあ」と思ったのが下段のページであった。

        Sampleページ1


        Sampleページ2




おはぎをお供えする

いも子さんの「ぼた餅を作った」記事に触発され、おはぎ作りを思い立った。

おはぎ→お彼岸→お供え→おねえさんが好きだった食べ物(自分も好きだ)
という訳である。
小豆は頂戴品があったので前日に餡を作っておいた。
もち米ときな粉のみ買って来た。

      用意は出来た

旦那さんにも手伝って貰って出来上がったので本家へお供えとして持って行ってもらった。

     お供え
「お母さんが喜んで下さるわ」とお嫁さんに言われたそうである。

それで気がついた。

生きて元気な内に持参したら、どんなにか喜んで食べて貰えただろうに、バカな自分が口惜しい。

気持ちだけ受け取って貰うしか仕方がないな。


早咲きの桜が咲いた!

近くにある夕べが池公園。

早咲きの桜がもうこんなに咲いている。(一番よく咲いている木)

      夕べが池では桜咲く

今年は早いのではないかと思ったが、昨年のブログでも22日に同じような記事を書いている。
柳も芽吹きやさしい色合いで風に揺れている。

      夕べが池では柳青める

相変わらず釣り人は大勢である。

桜の花や揺れる柳の下でのんびりと弁当持参で釣りもいいかもしれない。


お彼岸の入り

結構寒いお彼岸の入りである。

お墓参りに行ってきた。
お花は水仙・紫花菜・金盞花の三種で・・・

薄氷枠入り水仙
ウェーブ枠紫花菜
枠入りキンセンカ


おはぎを作ろうかと、もち米を買って来た。
小豆はあるのでその気さえあれば何時でも出来るのだが・・・さて?

こんな事もやったっけ!

リムーバブルディスクの中を整理していたら懐かしい物が出て来た。

「NHKパソコンアートを楽しもう」という教材で色々な物を描いたりした。

あの頃は根気があったせいか結構細かい作業をやっている。
数字の なんぞ、良くやったものだと自分ながら感心する。

文字

数字


JTrimを教えて貰ったおかげで、これらの画像も色を変えたり、連結したり、背景を塗りつぶしてくっくりさせたりと、色々出来るようになった。

168の数字は単に並べただけで何の意味もない。
懐かしかったので取り出してみた。

菜飯とくれば・・・

最後の大根の葉の柔らかそうな所を茹でた。
細かく刻んで塩をどっさり混ぜて絞り、いりゴマと共に炊きたてのご飯に混ぜて菜飯に・・・


菜飯といえば、定番は田楽だろうという事で、近所のおじさんから買った里芋でインスタント田楽を作った。

塩茹でにしトースターで焼き、甘味噌を塗って香ばしく焼く。

冷凍保存の山椒をふり、「春だなあ」と食した。

       ゴマ入り菜飯
       芋田楽

そうそう、土筆の第2弾も食べた。

障子の開け閉めに失敗!

もうずっと以前にどんぐりさんの「障子の開け閉め」というのを見たことがある。
クリックで障子が左右に開くのに驚いたのと、どうすれば自分の画像が見れるのか想像もつかなかった。
gooのブログでは何とか貼りついた覚えがあるがFC2のブログでは不成功だったような気がする。

相変わらず悪戦苦闘ながら貼ってみることにした。
≪障子を開けたり閉めたりする≫が動かない。

折角ソースに画像を入れたのに口惜しいのでホームページのフリーソフトでお遊びの中へ「障子の開け閉め」としてアップした。

    障子開かず 障子開け閉めへの直行便


ホームページにもう一個アップした。
お出かけ写真集「ランの館」である。  ランの館への直行便
画像はブログに貼ったのに5枚プラスしただけだが、なべちゃんにタグで背景画像やフォント・テーブルを使う・音楽のオン・オフの使い方などの参考テキストを貰ったのでそれを参考に作ってみたのである。
コピペばっかりでなかなか覚えられないタグだが「これがこれを表しているのか」と読み解いて分かった時は面白い。

白もくれん

白もくれんが咲き出した。

(クリックで画像が変化。3枚)




これから毎年、この花が咲き出すと、逝った人の事を思い出すだろう。

弔辞として

主人の実家の義姉が亡くなった。

2年近く前に脳出血で倒れられたが、リハビリも頑張り何とか自宅へ戻って来れた。
通所などでリハビリも続けられていたが、肺炎になっての再入院や、他の病気も見つかったりしていた。
しかし、この春に結婚するうち孫や、その後の外孫の結婚式に出席するのだと前向きに頑張って来られた矢先のことだった。


彼女は我々夫婦にとっては「ねえさま」という呼び方がふさわしい人だった。

沢山の小姑がいる家の長男へ嫁に来て、自分の子供の事よりまず弟や妹を嫁がせたり、結婚させたり、初立ちのお祝いをしたりと大変だった。
本当に頭が下がる。
我が旦那さんもお世話になった一人である。
結婚してからは私も沢山のご恩をいただいた。

Yちゃんはこれが好きやで・・・」と赤飯・おはぎ・お餅など作ったら、その都度持って来て下さった。
これはあるかね?」と自分で作った野菜などもどれほど頂戴した事か・・・

我々は自分の子供たちの事だけで精一杯で、何のご恩返しも出来ないと言った時の返事は今でも忘れない。


「いいんやよ。私はこの家から巣立った兄弟たちが仲良くし、その家庭もしっかりやってくれていれば本家の兄嫁としてやってきた甲斐があったと満足しとるよ。」


働いて働いて、姑の老後の面倒を看、送ってほっとされたのはほんの数年。
その頃には自身の体もかなり弱ってみえた。

「無理したらあかんよ!少しずつでも体を休めてね」など言葉はかけても実際には何の手伝いもしなかった。

倒れられてからも看病など、お嫁さんに全部まかせっきりであった。

おねえさんが、おばあさんの面倒を看てこられたのをお嫁さんが見ておられて、そのままおねえさんの面倒を看て下さっただと思う。
やっちゃん、ありがとう。

昭和4年生まれの80歳。
色々なことがあったであろうが、3人の子供と10人の孫、ひ孫も生まれておねえさんの血は脈々と次の世代へ受け継がれて行っている。
これがおねえさんの生きてきた証だと思う。頑張って来られたねえ。

介護施設で書かれた力づよい筆遣いの書道の数々と共に、孫からおばあさんへの結構式の招待状を胸に旅立たれるのですね。

おねえさん ありがとう! そしてさようなら。


「いつもお世話になっています」

「いつもお世話になっとります!」と11日に差し出された紙袋。

「え? どうしたの?」

「忘れたらあかんと思ってな。ホワイトデーのお返しだがね」

     ホワイトデーの品


我がブログの読者ではなさそうな旦那さんだが、さては請求がましいブログを読んだかな?

いやいや、こちらこそいつもアッシー君などしていただいてありがとうさんです!

ランの館

名古屋市のランの館。
もうお出かけして10日以上経ってしまったが記念に画像をアップした。

BGMはクリックでON、もう一度クリックでOFFになります。



ランの館 1


ホワイトデーはもうすぐよ!

2月はあっという間に過ぎ去り、3月も10日が過ぎてしまった。

バレンタインデーにチョコレートをプレゼントした人は、お返しのホワイトデーが待ち遠しい?

ささやかにチョコをプレゼントしたけど我が旦那さんはホワイトデーを知っているだろうか?

もし忘れているといけないので、自分でクッキーを描いて(Wordのオートシェイプで)用意した。

本物でないから「見るだけ!」で体重増加を心配しなくて丁度いいのかもしれない。


お返しのクッキー





代理人?に注目!

ブログを巡ってかなり家庭内の事まで分かるようでも、現実の本人さんは殆ど知らない。
が、中には本人を知っているブログもある。

その中のひとりは、ビデオカメラとマイクを買ってお試し版を公開しておいでだった。

代理人は?

ビデオの話の内容は全く不明だが、説明している声はまさしく本人である。

おお、なつかしや!

Sampleとある画面のマイクの前は代理人?

ふくろうだとかの声もあったが舌を出しているので犬らしい。

本番ではお遊びでないからこのキャラクターを使うわけにはいかないだろうが、面白い代理であった。


真似してシャボン玉風

公民館まつりのパソコン展示作品で「あ、これ見たことある!」と思ったのがシャボン玉。

REIKOさんの「虹色のシャボン玉」の作り方を開いてやってみた。

色々な大きさで保存しておいて、画像に載せ、好きな場所へ移動させればよいという事が分かった。
保存方法がレイヤーの所の一番下にある「アルファつきPNGに出力」でないといけないのがミソであろうか。

     アルファつきpng

大きなシャボン玉

シャボン玉

女性好みの画像になった。


公民館まつりのニューフェースは?

今年度も無事に公民館まつりが行われた。

あいにくの肌寒い雨模様の天気だったが、館の中は熱気でムンムン。
展示作品にため息をつき、ステージ発表に拍手喝采である。

               「さあ、次の方は・・・」
     スポットライト
       (AzPainterでカーテンとスポットライトを作った)

2012年ぎふ清流国体のマスコットキャラクター「ミナモ」登場。
             ミナモ
ミナモダンスを披露してくれたらしいが、受付に座っていたので見れなかった。
(帰宅してからパソコンで見た。これなら自分も踊れる)

パソコン作品は、ラミネート加工した物をダンボール風の紙に両面テープで固定して壁に貼った。
数えてみたら100点近い数であった。すごい!
パソコン作品色々

これは、AzPainterで作ったダンボールに自分の作品だけ展示したブログ用品。
      ダンボールが土台

隣の町の高校の先生と生徒さんの指導により「アレンジフラワー体験」をさせて貰った。
彼女たちが作っている花である。

    農林高校アレンジ
400円ではラッピングとオアシスとかご代で足が出ないか心配だった。
当分玄関が華やかである。ありがとう!




春色料理 水菜とわけぎ

暖かかったり寒かったりの日々であるが、確実に春になって来ている。

畑の草や野菜がそれを知らせてくれる。

サラダ水菜も花が咲き出したので花だけ摘み取って、コップに挿して飾った。
       水菜を飾る

そう言えば、白菜の花も食べられると読んだ事がある。
じゃ、水菜の花も食べてみようとさっと茹で、前日に作っておいた鶏胸肉のハムと玉葱でサラダとし、明太子入りドレッシングで食した。結構いい味だった。
     胸肉ハム+水菜
      ハム・水菜の花・玉葱のサラダ

春といえばわけぎだろうと、こちらはぬたならぬユズ味噌かけとなった。
          わけぎのユズ味噌かけ


鶏胸肉のハムは上手に出来た。
以前に作った記事はここ。やはりもも肉じゃないほうがきれいである。
パンに挟んで食べても美味しかった。

展示作品の準備

3月7日は校下の公民館のまつりが行われる。

4日の午後、パソコンで作った作品を持ち寄って展示できるように準備した。

当番役員さんが「作品が少なかったらどうしよう」と心配しておられたが、どうしてどうしてカラフルな作品がいっぱい出た。

じっくり見させてもらう時間も、写真を撮っている暇はなかったのでまつりの当日にゆっくりと拝見しようと思った。

例年だとインターネットで遊んで貰う機会を作っていたが、今年はネットを使えない環境になったので、先生のアイディアで会員が作ったスライドショーを見て貰うことになった。

20本位の作品をパソコンで見ることが出来る。
旅行記・花・孫など楽しい物が揃ったので沢山の方に見てもらえると嬉しいなあ。


画像は先日の白鳥庭園の花。

上はアセビだと思う。下のオンマウスで切り替わる方のは不明である。

追記 不明と書いたら月見草さんが黄色のは「サンシュユ」ではないかと教えていただきました。
   赤っぽいほうは、マンサクらしい。(自信がないのであくまでらしいと表記します)

白鳥庭園のアセビ




街中の和風庭園

3月2日に2番目に行った所は名古屋市熱田区の白鳥庭園である。

熱田神宮から西へ徒歩10分、堀川の側で国道1号線も近くを走っている。

そんな場所に、水の源流から海までを模し、流れをテーマにした庭園がある。
園内にいる限り滝や谷川の流れの音がするせいか、車の騒音などは聞こえずゆったりとした時間を過ごせた。




音楽は入れずに作りました。

しだれ梅

3月2日に名古屋市農業センターへ出かけ、しだれ梅を観てきた。

名古屋市の南東の外れに近い 天白区天白町 大字平針 黒石 という所にある。

入場無料。しだれ梅まつりの期間中のみ駐車料金300円。
200台分くらいしかないので、県道から入るアプローチ道路は渋滞というか殆ど動かず。
1時間待ちの看板を持って県道の交差点で案内をしてみえた。

我々は、それを横目で見ながら、地下鉄平針駅から20分ほど歩いた。

梅は「くれはしだれ」といわれるピンクが見事であった。
牛舎・鶏舎・豚舎などもあったがパスして、コロッケ・おやき・たこ焼きなど食べる事に専念した。

きれいな梅を、nonさんのソースをお借りして貼る。

名古屋市農業センター
<<<<<

地下鉄を乗り倒す!

行った事がない名古屋の農業センターという場所のしだれ梅を狙い、検索したらもう5分咲きとの事。
週間の天気予報を見ると、2日、3日はいいがその後ずっと雨マークである。

急遽、見に行く事にした。

旦那さんが起きてこないうちに色々調べ、プリントをして9時に家を出て車は駅に駐車して、JRで名古屋へ。

地下鉄を使って動く予定なので一日乗車券を購入し(740円)名古屋地下鉄を乗り廻った。
          一日乗車券


行った場所は⑭の農業センター ⑦の白鳥(しろとり)庭園 ⑤のランの館である。(いずれも名古屋の花と緑の施設から)
      施設図
昨年の4月にしだれ桜を見に行った東谷山フルーツパークは⑫だと懐かしく思った。


地下鉄路線図。  3路線使い、乗ったり降りたり、乗り継いだり。(東山線・鶴舞線・名城線)
      地下鉄路線図


詳細は後程書くとして季節限定、3月3日が賞味期限となりそうなものをアップする。

「ランの館」の雛飾り。つるし雛風なのもランである。(クリックで拡大)

         ランの雛飾り  ランのつるし雛風

            こちらは陶器のお雛さま。
         陶器のお雛さま


夕食材料を買い自宅へ戻ったのは17時。

地下鉄に乗ったり、乗り継いだりは疲れる。都会の人は便利な生活のようで結構しんどいものだと感じた。
万歩計をつけていたら結構な歩数になったと思う。
タフなnekoもブログを書いたのでもう寝よう。

好きです!美味しいお雛さま

♪あかりをつけましょ ぼんぼりに♪   


我が家にはお雛さまはない。
自分の物は勿論、娘にも買ってやれなかった。

近頃はごく小さい陶器や石に絵を描いた物があるみたいだ。
気持ち的にはそういう物でいいなあと思う。


友人からのプレゼントの内裏びな。(お菓子であるが一応ちりめんの風呂敷の上へ)
おいしいお雛さま
拡大内裏1  拡大内裏2

3日が過ぎたら即、お腹へ仕舞える美味しいお雛さまである。

こんな可笑しいドン。お姫様に叱られているアニメのおひなさん。
ドン雛




プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
02 ≪│2010/03│≫ 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索