トップを飾った花たち 8月分

ホームページのトップを飾った花たちをスライドショーにしてみた。
画像は全部で7枚。

暑い8月によく咲いてくれた花たちに乾杯!





色々な人生

ゴーヤのジュースを実験中。

最初は普通のグリーンのままので。
緑色


次に試したのは真っ赤になって今にも種が零れ落ちそうな物。
赤色


そして3番目はその中間の黄色になった物。
黄色



何故こんな事をしたかというと、赤っぽくなったものは甘みが増すと教えられたからである。

グリーン色のを放置して黄色くなったもので作ると言う人もいた。

幸いと言おうか、食べきれずに放置して赤くなったり黄色くなったりした物があったので出来た。

結論
黄色のが口当たりもよかった。
これは小さく切って冷凍した物をミキサーにかけたので(スムージー?)より良かったのかもしれない。

ゴーヤもバナナも小さく切って1回分ずつ小分けして冷凍しておけばいいのだ。
蜂蜜はまだあるし、ちょっとの間ゴーヤジュースを続けてみよう。
ヨーグルト追加もあるらしいね。

オンプ 人生色々、ゴーヤも色々 オンプ



アチャー! トホホの2乗!

毎週金曜日の夜にドラマを2本録画するように設定してある。

そのままにしてあったので、さてダビングをしようとしたら録画一覧に先週の分が無い。

「ウソー!どうして?」
「お知らせ」を覗いてみたら「録画できませんでした」「追加何とかも出来ませんでした」とある。

そんな事ちっとも知らんかったよー。
「イ・サン」18と19が録れんかったやないのー。(ここで勘違いをしている)
どうしてくれるのよー。

泣けど歎けど怒れどテレビは応えてくれない。

録画中に生でも観ていたから話の筋はいいのだけど連続で残せないのが口惜しい。
そして、テレビを観ながら録画されてない事に気がつかなかった自分が口惜しい。

28日も観ていた。
そういえば赤のランプが点滅していたなあ。
21日はどうだったか?
「記憶にございません」

仕方がないので20・21を纏めてダビングした。(18と19の後は20は当然だと思い込んでいる)

トホホな気分のまま・・・
イ・サン20:21

Noを間違えた。
2話ずつ放送されているのだから2122なのだったのに間違えてプリントしてしまった。
トホホの2乗だ。


実験!そして結論

最近は色々な物が冷凍保存できると知った。

「テレビで『生のキュウリを冷凍保存する』とやってたぞー」と旦那さん。
「どうやって?」と訊ねても「ウーン、分からん」。

ネットで検索したら大体「薄切りにして塩を振り、絞って保存」が多かった。

早速1本のみ実験にかかる。  翌朝、自然解凍してみた。

冷凍キュウリ 解凍キュウリ

「ありゃ、やっぱりグチャグチャだわ」
「半分解凍した所でギュッと絞るのだ」
「そうならそうと言ってよ」とむくれる。
「ギュッと絞ってサラダに入れとったわ」(昨日は知らん、わからんとしらばくれてたのに今朝は思い出したのかね?)

酢の物かサラダに入れるだけなら冷凍してもいいかもしれない。
冷凍保存するならギュッと絞って作った「キューちゃん漬け」が一番かな?

今回の実験結果

「秋になってもいっぱい生って余るようなら、数本保存してもいいかな?」

「大喜びでするほどの事ではなかった。」というnekoの実験結果の報告書である。



鶏のロール蒸し

まだ暑い日が続いている。

ガスで調理する我が家は台所がより暑い。

ガスで火を使わずに電子レンジで調理してしまおうと「鶏のロール蒸し」に挑戦した。

材料
 鶏もも肉 1枚
 A(酒大さじ1、醤油大さじ2)
 ネギ・ショウガ

作り方
① もも肉にフォークで穴をあけ、Aをまぶし、ネギとショウガをのせしばらく置く。
② 汁気を切って皮を内側にして巻き、たこ糸で縛る。
③ 皿に鶏肉と漬け汁を入れラップをしてレンジ(500W)で4分加熱。裏返して2分加熱。
④ 汁につけたまま冷ます。

朝のうちにここまでやって、食べる直前に

⑤ 薄く切って汁をかける。キュウリと青シソの千切りとオクラを付け合せにした。
鶏のロール蒸し


確かにメインは火を使わずに済んだ。
しかし、全部ガスを使わずに済むはずもない。

豆やカボチャなら明日も食べてもいいなあと朝のうちに煮た。
五目といかず


カボチャ大好き



むげに追い返した後で・・・

「ねえ、ねえ、おじちゃんは?」と網戸の外で可愛い声がした。

開けると発砲スチロールのトレーに瓜を載せ、もう一方の手には食べかけの桃を持った小さな男の子がいる。

「おじさんはいないよ。散歩に行ったから。貴方はお名前は?」
「○○だよ。ねえ、おじさんいつ帰る?」

その他ひっきりなしにしゃべり、そのまま上がって来ようとする。
「おじさんはいないから又後からおいで」と追い返した。

しばらくしてから今度は玄関のチャイムが鳴る。

「はい。」と言って戸を開けたのがまずかった。

どんどん入って来て、さっさと上がりこんで来た。

そのまま2階へ直行するので制止しても、「何で?誰も居ないの?」など言葉を連発し、車のキーを持って遊んだり、自分の横をすり抜けてもっと奥へと行こうとするのでとうとう堪忍袋の緒が切れてしまった。

「出て行って!」
「何で?」
「何でもいいから出て行きなさい!」

とやっと外へ追い出した。


そういえば以前主人がこの子のことを話していたのを思い出した。
主人には「上がってもいい?」と訊いたらしい。
「あかん!」と上へは上げなかったそうだ。

歩いて5分位の所の子だそうな。
近所の商店へ、ひったりくっ付いているので困惑しているらしい。
(あの調子で後ろからひっきりなしに話しかけられたらうるさいと思う)

親さんはどうしているのだろうか?

腹を立てて追い返した後で「あの子、今度は何処へ行ったのかしら?」とちょっぴり心配になった。
小さい子がいないからどう対応すればいいのか困ったのであった。

井村屋あずきバーとゴーヤジュース

「♪やめられない、とまらない♪」とのCMはカルビーのかっぱえびせんだ。

しかし、自分にとって現在の「♪やめられない、とまらない♪」は井村屋のあずきバー。

       あずきバー

ネットサーフィン中、テレビ鑑賞中、読書中に片手に持って「カリカリ」と齧る。
しつこくない甘さがこの暑い時期に丁度いいのである。

6本入りなのに「誰かこれを食べた?」と訊きたくなるほどあっという間になくなる。

今日も今日とて198円で売っていたので2箱も買ってしまった。




あまり飲みたいとは思わないのに「ゴーヤジュースはどう?」と教えられ試してみた。

ゴーヤ・バナナ・牛乳・蜂蜜をミキシングしただけ。
       ゴーヤジュース

牛乳を入れすぎたのでかさが増えてしまった。
正直美味しいとは思えないが、飲めないことはない。

赤くなってしまったゴーヤの方が甘みがあっていいとか。
物凄く太っちょのが黄色くなりつつあるのでこれで再挑戦してみよう。

暑い暑いと言いながらもここまで頑張って来たが、流石にグロッキー気味の二人なので、食べ物だけでも気をつけて体調管理に努めたい。
(あずきバーばかり食べていてはいけません)


懐かしのフロッピーディスク

名前も懐かしいフロッピーディスク。

中身は大抵他の物に保存してあるとは思うのだが、そのまま廃棄するには不安がある。
フロッピーって開くのものんびりなのだから一々開いてみていられない。

パソコン本体に数種類のフォルダを作って、そこへとりあえず放り込んだ。

その中に懐かしい物があった。

2001年の夏に近くの短大であった講習会に出席した時のフロッピー。

     懐かしの講習会
英文科の先生が講師だったので学生用に作った英検の為の学習帳とタイピングの練習ソフトも頂戴している。


パソコンに触れだして数ヶ月しか経ってないのに、よくも厚かましく出席依頼したものだ。

お絵描きで遊んだものを絵葉書として使えるようにしたみたいだが、図の挿入などは学生さんに殆どやってもらったと記憶している。

幼稚園児のお絵描きみたいで可愛いなあ。

懐かしの絵葉書1

野菜の夏


「総角」チョンガ

チョンガーという言葉は知っていた。
まだ結婚してない男の人の事だ。

今回の発見は、そのチョンガという言葉は朝鮮語なのだそうな。

村田喜代子さんの「百年佳約」という小説を読んでいたら『総角』と書いてチョンガとフリガナが振ってあった。
意味はまさしく独身男性の事なので驚いた。

そちらから来た言葉なのだった。


朝鮮から連行され、伊万里で焼き物をする人々。
この本では、一世の百婆が死んで、その息子たちの生活を墓の中や空から見守る。
主として孫たちの結婚について書かれている。


この本の前に死とか葬儀について書かれた「龍秘御天歌」があるとか。
これは傑作らしいので是非とも読んでみたいと思った。


チョンガを検索していておまけにわかった事。
「イ・サン」の字幕版で「~~ヨ」とヨいう音が語尾につく事が気になっていた。それも上がり調子で・・・

「ヨ」は「です」とか「ます」の意であるとあった。
それで分かった。ちょっと丁寧に言うときに付くのだろう。

韓国・朝鮮とたまたま同時期に自分の中へ入って来た。 「いとおかし」

今回は源氏物語の「総角あげまき」は関係なしだ。

        百年佳約


親戚なのね

アブチロンとウキツリボク、挿し芽したのを貰ったあった。
両者とも花が咲き出した。

アブチロンで検索して知った事。
栽培種の種類の多い事とウキツリボクはその仲間である事。


そうですか。あなた方は親戚同士なのですね。

アブチロン黄


ウキツリボク

いも子さんに教わって、伸びた枝の先端を切って花の数を多くするように(枝数を増すよう)目論んだ。



※ メモ
高校野球、沖縄興南高校が優勝。準優勝は神奈川東海大相模高校。

nekoは少し進化した!

テレビが新調されて2ヶ月。目新しくてかなりの時間を割くようになった。

録画してDVDに焼く事が出来るようにはなったが、まだまだ工夫の余地ありである。

「イサン」という長尺物の韓国ドラマにはまり(ロマンチックな韓ドラは不要)毎週金曜日に2本ずつ録画してきた。

知らないということは恐ろしい。
ご丁寧に1時間余のドラマを一枚のDVDに焼いていた。
しかし、このドラマは全部で50数話あるらしい。

「50枚もこのドラマで使うのはなあ」と思案して教えを請うたら「画質は多少落ちてもいいのならこういう方法がある」と教えられたのが
「ダビング一覧」という所へ登録してそこからダビングするのだそうな。
但し、最初にディスクを入れないとこの操作が出来ない。(自分は以前ここでつまづいた)

ディスクの容量とダビング内容の容量を計算して「こんなものでいかが?」と聞いてくるので「もちょっと何とかならないの?」と見てみると「オート」というのがあり、ディスクの容量いっぱいに使って圧縮してくれる。

それでやっとイサンの2話分が一枚のDVDに書きこめた。(ハイビジョンのままのようにはいかないが、これだけ観てればどうってことはない)

懐かしのスイミングスクールのビデオも同じように出来た。

イサン二話分DVD


スイミングDVD



もうこんなに出来た

DVDのディスクはもうこんなに貯まった。
と喜んでばかりはいられないのだ。

パソコン同好会の夏休み中にフロッピーディスクの整理をするつもりだったのにまだ手付かずのままである。
ああ、やばい!




スライドショーのテスト

スライドショーのテストです。
パッションフルーツの記事と同じ画像です。




パッションフルーツを食す

今年はパッションフルーツの実が5個なった。


その変遷は以下の画像に記録。
パッション変遷


そして現在も木は元気そのものである。
パッション今の状況


暑い!!

かっと照りつける太陽!真っ赤に燃えている。

午前は畑でゴーヤの収穫をし、この山のようなゴーヤをどうしようと思うだけで疲れる。
もしかしたら貰ってくれるかもしれないと、心当たりへ電話したけどお留守だ。

この時期、ここいらあたりで野菜を作っていない人は、あちこちから同じものがどっさり届いて困る事がある。
「要りませんか?」と訊ねるほうが親切かと思っている。

昼にゴーヤとピーマンをコンソメで煮て、レトルトカレーを放り込みスープカレーとして食べた。




この夏は物凄いというような気温の日が続く。
「勿体ないなあ」という旦那さんを無視してエアコンを思いっきり使っている。
二人はそれぞれの部屋で・・・。

恐怖の電気使用量のお知らせが・・・

     電気使用量

前年同月より110kwhも多い。
しかし考えてみれば、熱中症予防だと思えば払えない金額ではないのだからよしとしよう。


「外でお仕事をする人たち、ごめんなさいね。我々は涼しい所でのうのうとしています。」

DVD化大作戦!?

古いテレビで使っていたVHSのビデオデッキ。
お邪魔だけど置いてあった。
ビデオテープの中で、残したい物をDVDにダビングするためである。


VHSビデオデッキ

ビデオカセットテープ

テープも大した物はなく、競馬中継とか何とか映画とか料理番組が多い。
競馬は廃棄していいとの事だったので廃棄箱へ直行するが、内容の分からない物は一応再生して確認をした。

ざっと仕分けした時点で大事な物からDVD化が始まった。

お助けマンのする作業を見つめながらノートにメモした。

娘の結婚式のビデオが無事にDVDにダビングされた。
改めて観ながら「婿殿、緊張してるな」とか「お、皆若いねえ」と時ならぬ鑑賞会であった。




今、1994年と1996年にスイミングの授業中に撮って貰ったビデオを録画中である。
荒れた画像だけど捨てるには心が残るので、2本のテープを一枚のDVD(パソコンでも見れるビデオ形式でダビング)にしようという訳である。

「編集」で、番組名を書き換えるのに大騒動をしたが、無事に書けた。
ただ今2本目のビデオを録画中である。
今日中にダビング完了するかな?
ビデオ録画中


5枚重ね画像

昨年の我が家の夏の花たち。

隠れている画像にマウスを持っていくと前面に出てくるという不思議さ。
どうしてこうなるのか全く分からないまま遊ばせて貰った。

<<<<<



Sakuraの散歩道さんのソースをそのままに使わせていただいた。

本当を言うと、きっと出来ないだろうと思いつつやってみたのだけどパッと画像が出てきた時は自分でも驚いた。
不思議!不思議!


雨にも負けず!盆踊り大会

毎年8月の第2土曜日は地区の盆踊りが予定されている。

今年はたまたまお盆の真っ最中であったが予定通り実施される事になった。

朝7時に各種団体の役員などが集合し準備が始まった。

男性方は主に外回り。女性は屋台の食べ物の仕込みなど。
11時にはやるべき仕事は全部終了した。
盆踊りの準備完了


五平餅用のご飯は5升炊きで6回炊いた。
焼きそばは15玉・キャベツが1個で1回焼く量で、訊ねたら800食だそうな。

焼きそば・五平餅の準備も


午後4時からテントの下では各係りの団体さんが、焼きそば・五平餅・フランクフルト・トウモロコシなどむせるような湿度の中で調理を始められた。

ところが30分もしないうちに雨が降り出し、それが豪雨となり横殴りの雨が・・・

早く止んでくれと皆で祈る。 (ここは神社の境内の一部を借りている場所だ)

祈りが通じたのか、幸いに30分ほどで小雨となり、6時のお食事タイムには殆ど止んだ。
例年、そういった食べ物は外でシートを敷いた場所で供されたが、今回は地面もぬかるんでいるので急遽公民館の中を使用した。

アトラクションのダンスや太鼓も無事に済んだし、午後9時過ぎのお開きまで雨は落ちて来なかった。

雨にも負けず


自分はお金を預かる会計係だったので席を離れず、踊らずじまいだった。

あー、やれやれ。トップの方達は本当にほっとされた事だろう。
15日は朝から後片付けに行ってくる。

お墓参りに行きましょう!

普段は一人で行くお墓参りもお盆だと皆で行く。

お墓は時ならぬラッシュ状態で、あちこちで「こんにちは。ようお参りやあす。」「久しぶりやねえ、元気やったかね」と方言丸出し言葉も飛び交う。

先だって涎掛けと頭巾を新調したお地蔵様もニコニコと見てござる。


こんな自家製の花たちをお供えした。

お供え花4


お供え花3


お供え花2


「こうして皆元気に暮らしてます。これからも見守って下さい」


ZUMBAでくねくね!


20071230223455.gif20071230223455.gif20071230223455.gif20071230223455.gif20071230223455.gif20071230223455.gif
クネクネと踊ってますねえ。
腰の動きにご注目!


ZUMBA(ズンバ)というレッスンを皆さんの影でちょこっと受講してきた。
他の曜日の先生とは違うクラスなので、戸惑うばかりで笑って誤魔化し50分が過ぎた。

ラテン系の音楽にのせて(サルサ・クンビア・メレンゲなど)先生の振りを見ながら真似をする。
先生はエアロビクスのように言葉では指示されないので、曲の流れを聞きながら踊る。

上記のアニメのようにゆっくりな部分もあるが総じてテンポが速い。

20%位の動きしか出来ないがとても楽しい。

夏休みでママさんたちは忙しい。欠席者が多いだろうと見越した。
「枯れ木も山の賑わい」とばかりにこの時だと遊んできた。

普段一番年上だといっていた人が「nekoさんが来たので今日は最年長じゃなかった」と喜んでいた。

ひと助けをした(?)レッスンであった。

メインはチキン南蛮?タルタルソース?

料理のブログを書くため?と思えるほど連日台所に立っている。

今日はチキン南蛮というのを作ってみた。

一番の目的は先日作ったゴーヤのピクルスを使ってタルタルソースを作りたいというのである。

タルタルソースは
ゆで卵・玉葱・マヨネーズ・ケチャップ・塩・コショウ・粒マスタード・レモン汁じゃなくてすだち、そしてゴーヤのピクルスで作った。


チキン南蛮のほうは、ムネ肉でなくモモ肉を塩コショーし、小麦粉をまぶし溶き卵にくぐらせ油で揚げる。
それを煮立てた南蛮酢(醤油・砂糖・酢に小口切りの唐辛子少々とショウガ)につけて衣をしっとりさせる。

        甘酢に浸す



       適当に切って盛り付けタルタルソースをかける。

       タルタルソースかけ

本日のメインのタルタルソースは誠に結構!
甘酢っぱくてちょっぴり唐辛子の辛味も感じるチキンも又結構!
発泡酒が一段と美味いんだなあ。  満腹!満足!


食べるラー油を作る

ピリリと辛い食べるラー油を自分で作ってみようと思った。

ニンニクの小さな物が残っているのでそれを始末したいと思ったからだ。

「こばやん」と言う方のレシピに添ってやった。

ニンニクを焦がさないようにパリッと揚げるのが難関だった。
注意書きどおりにやったつもりだが・・・

         失敗 焦げた                 再度揚げる、今度はまあまあ
   やっぱり焦げてしまった  今度は○

これを適当に砕いて調味液と混ぜるだけ。

今回作った調味液の分量(ニンニク1個分)

A 混ぜ合わせる
 コチュジャン   大さじ1
 テンメンジャン  大さじ1
 白ゴマ      大さじ1
 しょうゆ     大さじ1/2
 オイスターソース 小さじ1
 豆板醤      小さじ1

B 混ぜ合わせる
 サラダ油 150cc
 ごま油  150cc

       AとBをよく混ぜる。
       調味液

       出来上がった(味噌類とゴマが沈んでる)
       ラー油完成

       豆腐とオクラにかけて試食してみた。
       豆腐にかけて

これはいけます。茹でモヤシやレタス・キュウリなどにもよさそう。 桃屋も真っ青?

ピリリなゴーヤピクルス

ゴーヤのピクルス第2弾はピリリピクルス(クックパッドによる)

材料
 ゴーヤ 1本
 酢 大6
 
調味料
 蜂蜜 小1強
 醤油 小1と2分の1
 塩  小3分の2
 おろしニンニク 少々
 豆板醤 小2分の1
 ごま油 大2
 かつお節 5グラム

① 薄切りにしたゴーヤを酢と一緒にレンジで30秒過熱する。(これで苦味がかなり抜ける)
② 調味料を混ぜ合わせ ①のゴーヤを加え(酢も一緒に)漬け込む。(ビニール袋で)

     酢と一緒にレンジでチン 寝かせ中


                   一晩寝かせ食べてみた。
           完成

ごま油とかつお節がゴーヤの定番の味になっている。
フム、大人の味だ! ポリポリ!

ノルマを課して

頻繁にスポーツクラブへ行くし、暑い時期にプールへ入るのはとっても気持ちが良い。

おしゃべりをしながらの水中歩行は全然苦にならないのだが、つい怠け癖がついて「混んでるなあ」とか「ちょっと疲れてるなあ」とさまざまな理由をつけて泳ぐのをサボる。


それではいけないと、1ヶ月で10,000m泳ぐというノルマを課している。

7月は暑いにも関わらずそのノルマが危うかった。
最終日の31日に500m泳いでやっと到達した。

   ゴーグル     初心者

パソコンに運動記録を入力してノルマが達成出来たか確認している。

これはクラブで自分の運動記録を入力して確認するのがあったので、「じゃあ自分だけのを作ればいいや」と記帳し始めたのである。
月ごとに合計しているので、風邪をひいて咳がひどかったから運動量が少なかった月など一目で分かるから体調管理にも多少は役立っている。

時々計る体重や体脂肪もグラフにしてある。
こちらは横這いと増加の一途をたどり、メタボ検診に引っかかりそうである。

nekoに夏痩せはないのである。喜ばしい事と思えばいいのだけど・・・トホホな気分でもある。



出来た!

自分で作った動画集をビデオとしてDVDに焼く事。
これが先だっては2回も失敗した。

口惜しかったので「エラー」は何のエラーなのかを検索してみた。
これじゃないかというのが
「ファイル名が半角で付けてありますか?」という物。

外国製のフリーソフト(今回のはDVD Flick)はこういう感じが多いそうだ。
ちっとも知らなかった。

で、ファイル名を半角にして恐る恐るやってみたら進行していった。
20個のファイル(短い物ばかりだ)を書き込むまでに約1時間かかった。

本当に見れるか疑いながらもテレビで見てみた。

テレビに映る


映るー2


映るー3

自動で全部も見れるし、各ファイルごとに飛んでもいける。


「わあ、嬉しいなあ」と大喜びをしプリントもした。
動画集dvd


側で見ていた旦那さんがあきれた様に一言。
「暑いのにご苦労さんなこっちゃなあ」


油地獄と酢水責め!

我が家のゴーヤは地獄にいるような感じである。

先だっては炎天下で干されてその後フライパンで煎られた。(お茶)

今回は 油地獄と酢水ぜめ である。


ぱりぱりに揚げておつまみ兼おやつ。
油で揚げて ゴーヤ



「ゴーヤでピクルス?」

思いもよらなかったが、駄目でもいいやと2本漬けてみた。

酢漬けゴーヤ作成直後  酢漬けゴーヤ6時間後

タカノツメ・ローリエ・ニンニク・黒胡椒(粒が無くてあらびきだ)などを入れた。

元々酢は苦手なので食べるかどうか分からないけど、試してみた。
ピクルスでもう一個ピリ辛のがあったのでこれは又後日にでも試してみようと思う。


そうそう、先だってのゴーヤのお茶はウーロン茶と半々にしたら飲めた。
そうやってでも消費しないとゴーヤに悪いものねえ。

残念!

自分で編集した小さな動画を纏め、テレビで見れるようにしようとした。

パソコンで見るだけならデータとしてコピーしたのでいいのだが、テレビだとそのDVDでは見れない。

無謀にもテレビで見れるような形式でDVDに焼こうとチャレンジした。
参考文献を印刷してその通りに設定してやった。
     エンコード中


そのままやってくれるだろうとDVDもセットして待っていたが、
あーら、悲しい事にこんなのが・・・
     エンコードエラー
「詳細ログ」をコピーしてメモ帳に貼り付けたけど、一体全体何処が失敗の箇所かも分からない。

「そんなに簡単な物やおまへんでえ」と言われたみたいだ。

第1回目のチャレンジは残念ながら見事に失敗に終わった。

ゴーヤ、ネットの海で泳ぐの巻

早朝に畑へ出ていたら隣の人もお仕事中だった。
少し畑端会議(井戸端会議転じて)をした。

沢山のゴーヤをどうされるのか訊ねたら、乾燥させて一年中お茶として使っているとの事。

前日沢山採れたゴーヤ。
ゴーヤ豊作


沢山採れたときのお助けはまず佃煮。
ゴーヤでまず佃煮


今朝も4本採れたので早速真似してお茶用に干すことにした。

1ミリ位の薄切りにし、種も一緒に干した。
薄切りゴーヤ


高温・熱風にさらされて一日。私の肌のように干からびた。
一日で・・・

もう一日、天然熱風で乾かしたゴーヤをフライパンで煎った。
煎ったゴーヤ

お茶にして飲んでみた。
ゴーヤのにおいと苦味がある。
これ以上は作ってもおそらく飲まないだろうというのが感想である。
試して納得!


7月の花たち

ホームページのトップ画像集に2010年7月を纏めた。

画像クリックでページへ飛ぶのが出来なかった。(確か以前も四苦八苦した記憶はあるが・・・)
文字列からなら飛んで行くのだ。

2010年7月をクリックで7枚の写真のスライドだ。

シモツケなど。

シモツケ

記憶力低下の一途をたどっているのに加えて、連日の暑さで脳みそはとろけ切ってしまった。


やっと我が家は土用のうなぎ

「丑の日にうなぎを食べてないなあ。食べに行こうか」と旦那さんに誘われた。
「まあまあ、家で食べてもらおうと思ってるから・・・」とさらりとかわす。

出来合いの蒲焼を一匹使用。適当に切っておく。

① 水150㏄ 砂糖大匙1 醤油大匙1と2分の1 蒲焼のたれ大匙1をフライパンに全部入れ火にかける。
② ①へ玉葱を一個を縦半分に切り繊維と直角の薄切りにしたものを入れて煮る。
③ 玉葱がしんなりしてきたら切ったうなぎの皮を下にして入れ、少ししたら2個の溶き卵をまわしかける。
④ 卵が半熟になったらミツバを散らし、蓋をして1分蒸らす。

  うなぎ丼

朝日新聞のレシピで作った3人前を、自分は丼で一人前、旦那さんは酒のつまみに1人前と丼でも賞味した。

我が家の経済にふさわしい土用のうなぎであった。(土用のうちに何とか間に合った)


「その男ゾルバ」

先週、月曜日のズンバの時間が終了した後にCDから流れてきた曲が「ああ、どこかで聞いた曲だ」と感じた。

先生に訊ねたが???という事だった。

「そうだ!これだったかもしれない」とひらめいたのが「その男ゾルバ」だった。
アンソニー・クインが出てた映画でダンスを踊るシーンが浮かんだ。

「その男ゾルバ」で検索したらバッチリ。

ユーチューブで映画のワンシーンがあった。





何十年も前の映画とその音楽なのにおぼろげながらも記憶していたのた。
「何だったかなあ」と思っていた胸のつかえが降りた。

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2010/08│≫ 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索