カタクリの花

昨年3月30日に見に行った山県市大桑(オオガ)のカタクリの花。
今年は寒い日が続いていたのできっとまだだろうと思いつつも、午後の少しの時間アッシー君を願って出かけた。

思ったとおりまだ早かった。
が、少しは咲いていたのでよしとした。

大桑カタクリコラージュ

花の頭がすっくと立ち上がっているので、満開になるのはあと少しである。


「今度の土日には見頃になるでしょう」とneko予報官は無責任に言いました。

ボカシ肥料、米ぬかゲットで第二弾


菜種油かすと米ぬかを混ぜ、水を足して発酵させるというシンプルなボカシ肥料。

寒かったので発酵が遅れ、心配していたが、発酵しだして一週間、毎日2回ずつ切り返してここいらでよかろうと発酵を止めるため拡げて乾かす。
ぼかし乾燥中

続いて作る為に、JAの米ぬか置き場へと奔る。
精米機から米ぬかが取り出されっるのは休み明けの月曜日が多い。

火曜日の早朝に行ってみたら「あるある!」

ビニールの袋に貰ってきて第二弾を仕込んだ。
第二弾作成

以前はちゃんと重さを計ってやっていたが、最近はずぼらになって、「このくらいでどう?」と目分量でやる。
混ぜる水も如雨露で適当にやり、しっとり感も「これくらいかな?」で済ませてしまう。

余程のことがない限りなんとかなる。
きっちり計量しても失敗する時はするのだ。
と、『いいかげんのO型』の性格がそのままにやる。

気温も上がって花達が咲きだした。葉が隠れるほど咲き出したパンジー。
黄のすみれ

桜も開花とか。

可哀想なモクレン

ついこの間きれいに咲き出したと喜んでいた浄水場の白モクレン。

最低気温がマイナスになったせいか哀れな姿になっていた。
霜にやられたもくれん

すぐ隣ではコブシ?はきれいな姿のままである。
コブシは大丈夫?

我が家の軒下ではビニールを掛けてあるプランターでフリージアが咲き出した。
フリージア1

「こうやって保護してもらえる物はいいよなあ」と白モクレンの嘆きが聞こえてきそうである。
霜注意報や低音注意報が出ていても何ともしてやれなくて可哀想だ。

「イ・サン」最終回

韓国長編ドラマ「イ・サン」ノーカット字幕版の最終回が放映された。

録画やダビングが出来るテレビを買って貰い、折角だからと練習がてら始めたのがとうとう最終回まで引きずってしまった。
最初は戸惑いながら試行錯誤だった。

内容とマッチしそうな背景に自分で文字だけ入れ、DVDプリントをした。
イ・サン背景用

イ・サン 最終回DVD

77話中、最初の1~4話と19・20が欠番である事が少々残念である。
最初はご丁寧にも一枚のDVDに一話ずつ書き込んでいた。(そういう方法しかないと思っていた)
途中から二話ずつ書き込んだけど、全部で43枚のDVDが出来てしまった。

ダビングしても再度見ることは稀だろう。

身辺を整理しなくてはと思いながら、どうしようもない物を残して置くのはどういう心理なのか?
自分でもバカだなあと思う。

4月からの韓ドラ「トンイ」はダビングしないと決めた。
「観るだけ、観るだけ」よ。

ラジオを聴きながら

パソコンでラジオを聴いている。

radiko.jpを開く。
『パソコンがそのまま受信機になるIPサイマルラジオ』とある。
今までのインターネットラジオとどういう風に方式が違うのかよく分からない。

radiko-1.jpg
radiko-2.jpg


ひとまず東海ラジオを選んだ。
radiko-3.jpg

そこから選局でほかの放送局へも飛べる。(東京FMで加藤登紀子が生で出演していた)
radiko-4.jpg

radikoのトップページにもあるように本来は関東・関西をそれぞれのエリアの民放局しか聴けないのだが、地震への緊急対策として当分の間は中京圏でも聴ける。

中京圏の民放7局は3月25日から実用化試験配信され始めたそうだ。

音がクリアでいい。
パソコンの仕事の種類によってはおしゃべりの番組やFMのように音楽が主のものと変えるのも一興だ。

最近ラジオは聴いていない。
番組表を見てみたら懐かしいアナウンサー名があり嬉しくなった。


流れてほしい物、流れて残念な物

部位はどこにしろ「尿路結石」である事は間違いなさそうな主人。

「石よ、早く流れてしまえ!」と念じている。


一方、「こりゃ、無理だろうな」と流してしまったのが旅行。
1ヶ月半前に旦那さんの希望である熊本城と自分が行きたい阿蘇が入ったツアーを予約してあった。

キャンセル

今月末の3日間。

大震災もあり、キャンセルしてそのお金を全て寄付金にしようかとも思ったときもあった。
行くべきか行かざるべきかと迷っていたがやはり「行こう!」と決めていたのである。
子どもたちから「美味しい物でも食べてきて!」とお小遣いまで貰っていた。

あと数日、それまでに石が流れる保証はないし、旅先で具合が悪くなったら迷惑をかけると思いキャンセルした。
30%のキャンセル料を取られたが仕方がない。

ご縁がなかったのだ。
またの機会を待つことにしよう。


病院で鉢花を買う

病院からの帰りに玄関で(農林高校生が)販売していた鉢植えの花を買う。
プリムラ・オブコニカだと思う。
400円也。
プリムラ・オブコニカ2


水曜日の午後から腰が痛いと言い出した主人だが、かかりつけクリニックは運悪く午後休診日。
一番近い病院に付き添って4時間。
内科でCTやレントゲンの結果「尿路結石と思われます。後は泌尿器科でどうぞ」と痛み止めの注射や点滴と1日分の薬を貰い夜分に帰宅。

翌日も初診なので名前が呼ばれるのをひたすらに待つ。
夜中に座薬を入れたせいか、昨日のような痛みはなさそうなので待つ間もそれほど気をもまずに済んだ。

内科の先生とはニュアンスが多少違う診断だった。

「確かに腎臓には石がある。しかし腰が痛い部分と腎臓の位置がちがう。膀胱までの尿管に、これだと特定できる石があるのかないのか?強いていえば、膀胱への入り口付近の小さく光る点のほうがそれらしい。」と。

「尿の状態はいいのでこのまま様子をみましょう。2週間後にもう一度来てください」と痛み止めを含め3種の薬を貰って帰ってきた。

入院か?切腹か?と本人も非常に不安感を持ったが、先生方から見ると「尿路結石か」という程度のように見受けられた。
早く排出されればいいが、またひどい痛みが来ると可哀想だ。
その不安を訴えたら「緊急にでも痛み止め注射をうちにおいでになってもいいですよ」看護婦さんが言って下さったので少しは安心である。


という顚末で、2日間合計8時間の病院滞在が終わり、ほっとしての玄関での春らしい鉢花購入となったのである。

赤いツバキと白いモクレン

おしなべて今年は花の開花が遅いようだ。

昨年ハクモクレンが咲いたのを見たのは15日。
今年は21日でやっとだった。

マウスオンでツバキと白モクレンが変化。



青空にとモクレン


桜も遅いのだろうか。
寒かった年の方が早く咲くとも言われているが・・・

再度挑戦!甘夏マーマレード

甘夏を沢山頂戴したのでマーマレードに再度挑戦してみた。

無農薬マーマレードの作り方」というページを参考に、他の方のも参考に、ミックスしてやってみた。

今回は皮を茹でない方式でやってみた。
種も使ってペクチンとやらを抽出し、とろりとした感じにしたいと思った。

甘夏どっさり

4個を使った。
上下を切り落とし、皮が400g。実が600g。砂糖は700g用意した。
甘夏皮薄く切る
前回はわたを落としたが今回はつけたまま細く切り、3回水で洗いこぼし、その後1200㏄の水と共に一晩置いた。

皮だけ煮ること30分

別の子鍋で水1カップで種を煮てペクチンを抽出する。(とろりとした液が出来る)
種でもペクチン抽出

実は絞らない方法を取り、薄皮から出してそのまま。
柔らかくなった皮と共に煮詰める。砂糖は3回に分けて入れた。
種から取った液も入れた。
砂糖と実を入れて

結果。
前回はいわゆるマーマレード風でちょっと歯応えがあったが今回は皮を薄く切ったので柔らかになり、ジャムとマーマレードの中間といった所か。
自分にしてはまずは上等!

「あの甘夏で作りました。こんな風に出来ました」と1瓶を試食して貰うように持参しお礼とした。

サンシュユ?コニファー?

自分ちにはない花を2点。

サンシュユ(だと思う)
サンシュユ

コニファー(の一種だと思う)
コニファーの花

通りすがりにパチリとさせて貰った。
ハエらしきものまで写っていた。

春のお彼岸の最中のひととき、心癒される。

春です!

春の花が咲き出した。

ビオラとスノーフレーク。マウスオンで変化。




後は煮るだけ!

土筆は好きだがハカマを取るのが面倒だ。

今年はまだ摘みに行っていない。

「土筆を食べる?」と言いつつ下さったのは、ハカマも取りさっと湯掻いて後は煮るだけにした物。

下準備した土筆

ごま油で炒め、みりんと醤油でさっと煮た。
「奇特な人もいるんやなあ」と主人も感嘆しつつ春の味を頂戴した。

美味しかった! ありがとう。




娘からメールが入り、岐阜県関市で行なわれるチャリティコンサートを紹介して欲しいとの事。
名古屋フィルハーモニー交響楽団のメンバー4人による喫茶店でのコンサート。

夜間でもあり近辺の方しか無理だと思われるが、もしよかったらどうぞ!

詳しくはnekoの掲示板へ。『東日本大震災チャリティーコンサート』
場所はここです。↓
喫茶モーツアルト

墓地の掃除とお墓参り

自治会が委託されて管理している墓地の掃除当番が回ってきた。(お隣さんと一緒に)
たまたまお彼岸の時期に当たってしまった。


寒さのせいで自宅の金盞花や水仙もまだ開花していないので、JAの直売所へ買いに行った。
頂戴した予算は1650円。
17日、彼岸の入り以前だったが花を求める沢山の人で驚いた。

買い求めた花。お地蔵さまなどにお供えする。
買って来た花


水仙は暖かければあと数日で開花しそうなのに残念!
房咲き水仙つぼみ


咲いているのは菜の花ばかり。自分の関係墓地に供えることにする。
自分ちの菜の花

18日は寒い朝だったがお隣さんと二人で掃除をし、花を供え、すっきりとした気分で帰宅した。

貧者の一灯なれど・・・

何も出来ないならせめてもの行為として義援金を送る。

郵便振替で日本赤十字へ。

日赤へ義援金

少しだけ気分が上向く。

ユニクロの社長?会長?さんのように長者の万灯は大歓迎だ。
もっと続いて欲しい。

貧者の一灯」は数で勝負だ。
少しでも良い、皆で応援しよう!

ロウソク灯り




スポーツクラブでも義援金の箱が設置された。

被災地の方々の事を思うと「こんなとこで遊んでいるのは申し訳ないなあ」と気が咎めながら利用していた。
一度に募金箱へ入れるのもいいのだが、ふと思った。
「ここを利用するたびに少しずつ箱へ入れるのもいいかもしれない」と。

「どれ位の期間設置されてますか?」と訊ねたら「当分の間です」の答え。
1週間や10日ではないからと先のプランで自分なりの応援とすることにした。

動画再び

「墨俣光受寺しだれ梅とつりびな小町めぐり」は静止画像を動画風にしてユーチューブへアップした。
この動画を、前日と同じように動画をホームページへアップしてそこからブログへ呼び出すようにしてみた。
変換する時に自動でスタートするようにしてしまったのは失敗だった。




シンプルだけど動画

パソコン同好会で初めて動画作成をした。

自分はやってみたことがあるので多少は理解できた。

同好会で使用した作成ソフトは持ち帰れないので、第1弾としての完成品を持ち帰った。

それをブログに貼ろうとやってみた。

以前にもテストした。 さて出来るか?


成功! シンプルな動画がだが動いてる。


蕾と開花

遠目でもまだピンクっぽくはなっていない桜。
あと2週間から3週間で開花するだろう。
桜の花芽


一面の花ざかりはオオイヌノフグリ。
群れて咲く


一輪や二輪でもでもこんなに可愛い。
オオイヌノフグリ切り取り2  オオイヌノフグリ切り取り

ネモフィラに負けない可憐さだ。名前に負けるな。



原子力発電所関係のテレビからは目が離せない。
インターネット配信で音声を主に見ている。
USTREAM.gif

菅首相11時からの発表

悲しいくらいに青い空

テレビを見れば胸が痛む。

外へ出た。
悲しいくらいの青い空。

     芽吹き始めた柳

遠目にうっすらと黄緑色に見える。
近づくとやはりほんの少し葉が出て来ている。
これから日に日に緑が濃くなって来るのを見ると頭に浮かぶのはこの歌だ。
この歌を知っている人はかなり高齢だと思われる。
     夢淡き東京
「知っている」と言わないほうがいいかも・・・

帰ってまたテレビを見て涙をこぼしてしまう。

心が痛む

前からの約束で2時間ほど出かけた以外、テレビをつけっ放しにしていた。

しかし、あれらの惨状を見ると本当に心が痛む。

辛いので、録画してある番組を観ようとしていた。
3月9日録画

津波注意報が点滅している。
それもごく一部に縮小している。

「え!何時に間に?」


慌てて今の画面に切り替えたら原子力発電所で云々と言っている。
福島第1原発
津波警報は少しは縮小されたが変わらずだ。

そうか、録画したのが3月9日の昼間だった。
その時も三陸沖で地震があったのだ。

もう少し前に録画した映画にも地震情報や津波情報が記録されていた。

そういえば何度かあちらの方で地震があった。

今回の前触れだったのだと今でこそ思えるが、まさかこんな巨大な地震が起こるとは・・・。

テレビをつけっ放しはやめて、パソコンだけを点け配信されているニュースの音声を聞きながら他の作業をしている。
「ごらんのように」などと言った時のみ動画を見ている。
テレビが見れるパソコンではないので画像はきれいではないが音声はクリアなので十分である。


Video chat rooms at Ustream

急いては事を仕損じる

普段は「泥棒を見てから縄をなう」なのに、今回は「急いては事を仕損じる」となってしまった。

米ぬかと油かすを混ぜ、水を足して発酵させて畑の肥料を作る。
早すぎた?

こんなに寒くなるとは思わなかったので仕込んでしまった。
5日経っても少しも発酵せず。
手を突っ込んでも暖かくないのである。

日曜日頃からは暖かくなるそうなのでじっと待つことにしよう。

こちらの花は強い。今年も開花。
ブロックの横の道路に球根が残って毎年咲いている。

                   スノーフレーク
スノーフレーク気まぐれさん枠入り


追記 12日午前9時

娘婿のおじおば・従兄弟たち(宮城在住)の安否が半分ほどは確認できた。
しかしまだ連絡がつかない人達がいるらしいがどうしようもない。
心配だが余計な電話はせずに、名古屋在住の娘から連絡がないかじっと待つことにする。

「朝の食事をテレビの前へ持参し、暖かい炬燵に入ってテレビで悲惨な状況を観る」

あの瓦礫の下に亡くなられた方がいるに違いない。
それなのに自分はのうのうとテレビを見ている。

心がとがめる。胸が痛い。涙がにじむ。

地震の時に山形へ出張だった思った息子だがどうも違っていたようだ。
地震の時は名古屋。それから新幹線で品川へ。
徒歩8キロで羽田近辺のホテルへ深夜到着し、翌早朝庄内へ飛んだらしい。

それ程にしても行かなければならなかったのか?
山形はどんな状況かわからないが・・・

おすそ分け?

近くにハウスで大々的に苺が栽培されている。

ハウス内ではきっと沢山の苺が収穫されているのだろう。

時々隣の田圃にこんなものが・・・

苺のおすそ分け

伸びすぎたりしたランナーや余計な実を摘み取って除去されている。

鳥たちが大喜びで群がってつついている。

生産者から鳥たちへのおすそ分けイチゴと言ったところだ。

もう少ししたらハウスのイチゴは終了になる。

「鳥たちよ。今のうちに沢山食べておきなさいよ!」


11日午後5時追記。
講演会に誘っていただいて帰宅途中お茶を飲みに入った喫茶店で地震のニュース。
どういった状況かよく分からず急遽帰宅してテレビを見入っている。
大変なことになっているみたいだ。

墨俣光受寺のしだれ梅

8日の昼頃から大垣市墨俣の光受寺さんのしだれ梅を見に行った。

お寺の境内だから本数が沢山あるわけではないが、樹齢200年といわれる紅しだれが見事だ。
丁度見頃を迎え、皆さんの「ほー。見事だねえ」と賛辞の声が聞こえる。

 合成飛龍梅

丁度『いき粋墨俣 つりびな小町めぐり』と称するイベントが開催されている。(13日まで)
ぶらぶらと歩きながら28ヶ所の内10ヶ所を巡った。

ユニークなつりかざりに引かれて店へ入り、人参・リンゴ・お魚などいっぱい買い込んでしまった。
アレンジフラワーが袋帯の錦の上に飾ってあったのが印象的だった。

gousei.jpg

一ヶ月のしないうちにここは桜さくらで大賑わいの事だろう。

墨俣しだれ梅といき粋墨俣つりびな小町」と題して画像をスライドふうにしてユーチューブにアップした。

公民館まつり展示作品集

6日に行われた公民館まつり。

そこに展示された作品を「すなねぃる!!」というフリーソフトを使ってスライドショーに作った。

ステージで行なわれた種々の発表は肖像権も考え無しとした。

アップした場所はNEKOのホームページの「フリーソフトで遊ぶ」内にした。

公民館まつり をクリックで直行します。

つり飾り


横文字の朝食

朝食は必ず食べる。(勿論昼食・夕食・おやつも・・・)
殆どパンなのだが、どういう風の吹き回しかジャガイモを食べる事にした。

ハッシュブラウンまたはハッシュドブラウン?

切って洗い流さず、小麦粉を少々まぶして、すぐに両面じっくりと焼く。置いておくと変色するそうな。
ハッシュドブラウン

何も味付けせず、粉チーズを振って食べた。
(パセリを振りたかったが無かった)

横文字の料理だと気分も新鮮だ。
昨日と同じオレンジやヨーグルトまで違って見えるのが いと可笑し。



オレンジピール

姉が自分で栽培したというオレンジをくれた。
ワックスはかけていないし、消毒もしていないという。

最初は皮を捨てた。
次に「ちょっと待て!こんな良い皮を捨てるのは勿体ない」と思った。

作ったことがないけどやってみた。「オレンジピール」

オレンジ1

オレンジ2

3個分の皮を茹でこぼし、白いわたをスプーンでこそげとった。
オレンジ3

細く切って、砂糖を煮溶かして(砂糖1カップ・水1カップ)弱火で煮、適当なところでクッキングシートに取り、乾かす。
オレンジ4
パンやケーキに使用するならこの段階で終了だろう。

お菓子として食べるつもりなのでグラニュー糖をまぶした。
オレンジ5

ちょっと苦味が残るのがいい具合である。
旦那さんに試食して貰った感想は「結構硬いんだなあ。もう要らん!」だった。

グレープフルーツの皮を電子レンジで作る方法がクックパッドに載っていた。
どれどれという人は ここ ですよ。

公民館まつり準備整う

5日土曜日は、午後から公民館まつり準備の手伝いに行ってきた。

主だった方々は例年の事とて手際よく準備をされている。

公民館前には沢山の方に来ていただくように看板が・・・
     まつり準備2


2階のホールも準備万端整ったようである。
     まつり準備1


全体の手伝いをしてから自分達「パソコン同好会」作品を見てもらえるようにした。

チラシや思い思いの作品が・・・
壁に貼ったのが五十数点。 アルバムが22点もあった。

パソコン同好会1

               パソコン同好会2

     パソコン同好会3

               パソコン同好会4

もしかしたら「パソコンやってみたい!」という人があるかもしれないなー。



トップ2月の花

ホームページは借りたままにしてある。

殆ど更新せずにほかりっぱなしだがせめてもの罪滅ぼしにトップの画像だけは5日ごとくらいに変えている。

で、2月分の画像をここへアップした。




「さくらさくら」を歌いましょう!

梅の開花が真っ盛りだが寒くて出かける気にならない。

暖かくした部屋で一足早く桜はどうだろうと、一昨年4月10日に出かけた名古屋市守山区東谷山(とうごくさん)フルーツパークのしだれ桜で遊んでみた。
遊んでみたというより、格闘してみたという方が適切か?

音楽も歌詞も使える唱歌を静止画像に組み込んでカラオケ風にしてみたのである。

NHKのらくらくパソコン塾を参考にした。

テレビではWindowsライブムービーメーカーを使用しているが、自分はXPなのでこのソフトは使えない。
従前のムービーメーカーである。

テキストが希望の場所に入らないのが残念である。(出来るのかも知れないが知らない)

しかし、初めての音とテキストを合致させるというテストはまずまずかも・・・
ユーチューブへアップした。




川は流れて

「♪ 川は流れてどこどこ行くの ♪」

「ごみは流れてどこどこ行くの?」と思った雨の後の川。
   天王川ごみ


増水でごみが全部流された?
   天王川流れ


平常値の水量になったらやっぱり残っていた。
   天王川やはりあるごみ

カモもサギもカワセミもこんな汚い川じゃ嫌だろうねえ。

「永遠の0」と「オモニ」

移動図書にリクエストをしてやっと届いた2冊の本。

永遠の0とオモニ

姜尚中(カン・サンジュン)著「母 オモニ」

顔は知っている先生が母親の事を書かれていると話題になっていた本なのだが、残念ながら感動するような筆致ではなかった。
在日の母親を書きたいのか、自分の気持ちを書きたいのか中途半端なような気がした。


百田尚樹著「永遠の0」は感動物だった。

先ごろの戦争で零戦の操縦士であった今は亡き実祖父の事を聞き歩く現代の青年。
大戦で日本の海軍がどのように戦ったか。
ゼロファイターと呼ばれ米軍に恐れられた彼たちがどのように使われたか。

いいかげんにしか知らなかった戦争(海軍)のありようがよく分かった。

そして小説は最後の感動的なラストへと行き、胸がキュンとなったのであった。

「次の希望者がありますので来月には必ず返却してください」と言われていたが、この本はさっと読みが出来ず、丁寧に読んだので時間がかかってやっと読み終えた。

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
02 ≪│2011/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索