砂肝を食べる

鶏はありとあらゆる箇所を食べるのだが、砂肝はお店やさんでしか食べた事がなかった。

レバーを買ったがそのとなりに砂肝があった。
薄く切ったのと砂肝そのままのとでは値段が倍近くする。
けちな性分は抜けず安い方を買い、きれいに洗って薄く切り塩麹に漬けておいて焼いた。

コリコリ感はいいのだが、噛み切れない部分がある。
「飲み込んだ!」と主人。
「おかしいなあ?」とそれからネット検索で筋や皮を取ることを知った。
「そうなのか」と店頭での値段の違いが納得できた。

それから数日。もう一度砂肝を買い、今度はそれらしく筋を切り取る真似事をした。

筋を取り除く

まぶして保存

ピーマンと炒める
今度は美味しかった。


筋も食べられると書いてあったので、これだけを単独で試してみたが老いた歯には無理だった。
よく分かったので捨てた。
筋もたべられる?

上天気と配管工事終了間近

快晴の上天気であった。
自転車こぎこぎあたりを見回す。

早咲きの桜が咲き始め、ハクモクレンも青空に映える。
桜とハクモクレン


やっと水道再配管工事も保護材の巻きが終了して、後ははつったコンクリート部分を打ち直してもらう事で終わりとなるのだが何時来てくれるのやら音沙汰が無い。
完成直前

配管をし直した分だけ狭くなって、物置棚が従来の置きかたが出来なくなった。
少しずつ元に戻してはいる。
が、狭くなって置けなくなった物を勝手口の外へ棚を追加しておく事にしようと思っている。
しかし、その部分のコンクリートを打って貰わないと棚も置けない。
座敷に上がっていただいている雑多な物の整理が済むのはいつの事やら。

源平つばき

寒あやめの咲いていたお宅では、源平ツバキも咲いていた。
見るたびに「1本の木から色々な花色で不思議だなあ」と感じ入ってしまう。




あ、もしかしたらこのツバキのスライドをみれない方があるかもしれない。
ごめんなさいと謝ります。

平成中村座

中村勘三郎が好きである。

昨年11月から今年の5月まで浅草で仮設の小屋「平成中村座」で出演中である。

テレビでその中から上演済みの物が放映された。

中村座お祭

伊賀越道中双六

身替座禅JPG
身替座禅は狂言を元にしてあるので、分かりやすく滑稽で1人で膝を叩いて大笑いした。

恐い怖い山の神なる奥方の目を盗んで「花子」なる女性の元へ行きたい殿。
お堂に篭って座禅をするから誰も入って来てはいけないと言い、太郎冠者(中村獅童)に衾をかけ代役をさせる。
一夜の後、まだ昨夜の余韻も残りほろ酔い機嫌で帰宅し、衾(着物)の下が太郎冠者のままだと思い、昨夜の楽しかったことなどを惚気てとうとうと話す。
事前に太郎冠者をとっちめて、身替りなっていることを知った奥方(山の神)が太郎冠者のかわりに衾を被っている。
惚気る殿の話に地団駄を踏んだり、観客のみに鬼のような表情を見せるのが「いとおかし」である。

副音声で音声ガイドがなされていた。
それによるとこの演目では奥方は女形ではなく、立役と言われる男をやる役者さんが演ずるのだそうな。
確かに今回も、どうみても、でかい・いかつい・恐い山の神であった。

ほろ酔い機嫌で花道から登場の勘三郎。
平成中村座

江戸時代の芝居小屋を模して作られたとか。
いわゆる平土間で1万7千円。
二階中央に4席のみあるのがお大尽席。3万5千円だそうな。
お大尽席
この4席に2人のお茶子さんが付きっ切りのサービスをし、お茶・お菓子・お弁当・お土産付き。帰りは駅まで人力車で送ってくれるそうな。

まさにお大尽遊びであるから、鷹揚に構えお駄賃も沢山あげなくてはいけないだろうなあ。
招待されても着ていく物がないので、お断りしなくてはならないのが残念だー。

追記
浅草で仮設の小屋の地理を活かして「お祭り」の途中で、舞台の後ろの戸が開いて今話題のスカイツリーや墨田川を見せるというお遊びもあった。
大阪城公園での平成中村座ではやはり後ろの戸が開くと大阪城が見えるという趣向だったらしい。
ずっと前に何処でだったか忘れたが渚に舞台をこしらえていた。
長良川の薪能の舞台みたいだなあと思った事もある。

色々やってみたいのだろうし、松竹がそれを許すと言う事は、お客さんを確実に呼べるという裏打ちがあってのことだろう。
「お祭り」と「身替坐禅」を永久保存しようかと思いつつある。

納得のチーズ味

塩麹でチーズ味に変化するという豆腐。

いやというほど試したがチーズ味とまでは行かなかった。
(4日間までしか置かなかった)

塩麹に包まれた状態なら腐らないと聞き、今度こそと試した。

水の出た豆腐のペーパーを取り替えながら11日間。(途中で少しずつ試食をしたが)
納得の味にやっとたどり着いた。 木綿もいい。絹ごしもいい。
納得のチーズ味

半分はさいの目に切って白和え風に。(人参は塩麹の漬物をスライスして入れた)
チーズ味になった豆腐で

やっと塩麹を使って豆腐のチーズ風味が納得でき、嬉しくなった。




いも子さん経由で頂いたみよさんちのクワイモはシンプルに煮た。
ほっこほこでおやつになった。お二人さんサンキューでした。
シンプルにクワイモ

また頂戴した里芋、腐りそうなのもあったので、皮を剥いて煮物用と味噌汁用に分けて冷凍保存しておいた。
里芋皮むき

寒い日曜日には

寒い日曜日。
もう要らないだろうと思っていた湯たんぽをコタツの中へ入れ、録画したテレビを観て過ごす。
湯たんぽ再び

録画が山ほど

まずは 段田 安則の案内で。
大英博物館

こんな物や
黄金の馬車

こんな物を
ロゼッタストーン

全部で15の選りすぐりの展示物を2時間で・・・
2時間で観た所

ツアーで博物館や美術館を巡るのがあるが3時間くらいしか時間がないのが多いのではないだろうか。
そういう点で、15の展示品を選りすぐって紹介したこの番組が面白かった。

世界中からかき集めた(取って来た)せいか、入場料は無料で志を頂戴するとの事。
大事に保存されている点から見れば、現地にそのままでは消滅したかもしれないと思い『略奪行為も』もまあ、許せる。(当該国の人は許せないだろうけど)


上海映画が3本と勘三郎の歌舞伎が3本。
その後に録画した映画「武士の家計簿」が待っている。
さて、どれから観ようか。


ぷーっと膨れる

タイトル「ぷーっと膨れる」できっとnekoが膨れたと想像された人が多いと思う。
(実際よくふくれるからなあ)


カテゴリでは食べ物である。


セツブンソウ祭りで買って来たおかき。
おかき

レンジでチン。
見事に膨れてサクサクぱりぱり。
膨らんだ!

もっと沢山買ってくればよかった。

再度出没のネズミ

水道配管工事で隠れていた場所から移動したらしいネズミ君。
ただ今台所に出没中。
姿も見て「キャー」と思わず悲鳴。

証拠1

証拠2

他の部屋においてあった粘着シートを全て台所へ移動させた。
「乗れ!踏め!」と念じながら・・・・
粘着シート移動

パープルの花

田圃一面に咲いている。 れんげかと思った。
レンゲと見紛う

いえいえ、そうではありません。ホトケノザ。

ホトケノザ


そして同じようにパープルの花。「寒あやめ」というらしい。
寒あやめ

この「寒あやめ」のお宅では色々花を咲かせておられて、通りかかる人の目を楽しませてくれている。




雨の朝だが水道配管の仕事に来て、「今日は配管の切り換えで長時間水を止めます。トイレ用など風呂に水を確保してください」と言われ、大慌てであちこちに水を確保した。
流しの下の切り換えではこんな無理な姿勢で・・・
無理な姿勢で

この仕事も終盤に差し掛かった。

水道再配管工事と交代制の留守番

水道再配管工事をしてもらうについては、あちこちに穴をあけ直す事になった。
最初は外回りの掘り起しなどだった。

流しの下・洗面台の下・風呂の配管場所では置いてある物を一旦放り出さなくてはならない。

19日はまだ出来ないと言われていたのが人手が足りたのか急遽「今日片付けて下さい」と言われ、えっちらおっちら足の踏み場も無いくらいの物が出てきた。
だが踏み場も作っておかないと工事が出来ない。

こういうことが得意な旦那さんは医者へ行ったきり帰ってこないので一人でやった。

放り出す品々

埃にまみれた品や「これは何だ!」というような物の始末をつけるのが又一仕事である。

そして休日を挟んで21日。
職人さんが一人でコツコツとやっておられる。
家の内や外を出入りされているので、やはり家人がいた方がいいだろうと夫婦で予定をやりくりしながら交替で当番をしている。
ちなみに21日は午前はnekoが在宅し、午後は旦那さんにバトンタッチして久しぶりにプールへ行ってきた。

少しずつパイプが繋がってきた。
元焚口があった場所の配管

このパイプに保温材(断熱材?)が巻かれるのである。

22日も午前に病院へ行く人がいるので留守番だが、午後のパソコン同好会(当番だ)に間に合うように帰ってきて頂戴な。

真桑人形浄瑠璃

岐阜県本巣市上真桑の物部神社で行なわれる真桑人形浄瑠璃を見に行ってきた。

車だと駐車するのに困った過去の例から、天気がよかったので自転車で出かけた。
片道30分。
この神社のお祭なのだ。
物部神社


正午から始まり、最初は目出度く三番叟。
コンデジで動画を撮った。
三番叟は人形使いの顔が見えないのでユーチューブへアップした。
長いままであるが拍子木の音と人形の動きが見事なのでチラッとでも見てもらいたい。

下の三番叟の画面をクリックでユーチューブの三番叟へ飛びます。



そして小学4年以上の地元の子どもたちの浄瑠璃。
地元本郷子ども会


真正中学校の真桑文楽同好会の阿波の鳴門・巡礼歌の段。
阿波の鳴門その2
三味線も語りも中学生で、人形遣いと共にダブルキャストで上演された。

わが子お鶴に親と名乗れず掻きいだくシーンでは涙がにじんできた。

カメラの放列もすごくてでかいカメラの連写の音があちこちから聞こえてきた。
岐阜テレビのお兄さんも・・・
地元のテレビ取材

民俗文化財を守り続けて行くのは大変な事だろうと思いつつも、小学校や中学校の子どもたちがこうして頑張っていればきっと大丈夫だろうと心強く思った。

nekoの燻製が出来そう!

すっきりと晴れ、風もある。
洗濯物をどっさりと干せると喜んでいたら・・・
匂いと共に煙が・・・
霧ではありません

元凶はここです。
朝から煙害です

私の旦那がこの時間にこんな事をしたら絶対に止めさせますよ。
nekoの燻製が出来そうだった。

セツブンソウふれあい祭り

気分を変えようとセツブンソウを見に行った。
滋賀県米原市(旧伊吹町)大久保というところ。

道の駅「伊吹の里」から姉川沿いを40号線で上ること10分もかからない伊吹山の山麓の部落である。
ookuboの場所

部落の山側の私有地に咲いているセツブンソウを見せてもらった。
こんな所
自生地
セツブンソウ
公民館やお寺で催し物をしたり、ちょっとした広場で物産を売ったりしての祭りなのだが大掛かりでないのが素朴でいい。
道案内・駐車場案内・自生地への案内などは気持ちがこもっていた。

アズマイチゲというのも教えて貰った。キバナノアマナというのは見つけられなかった。
アズマイチゲ


今回のお出かけは先日の二の舞にならないように、前日からまつりのパンフや地図を見てもらって低姿勢で出かけた。
音楽のお供は由紀さおり「1969」と高橋真梨子と辻井伸行で、何事もなく5時間無事に済んだ。

天気は曇で伊吹山はすっぽりと雲の中で残念だった。


草の始末と昼ごはん

絶対的に雨が降るとの予報だったので金曜日の夕方に草の始末をした。
草の始末horz

空いているところをスコップで掘って、そこへこれらの草を放り込み又土を戻しておいた。

その作業中にも聞こえるのが水道再配管のためのコンクリートのハツリの音。

土・日はお休みで月曜日に再開されるそうだ。

そして予報どおり大雨の土曜日。
気分は落ち込んだまま、倹約に努める。

切れ子の明太子とモヤシでスパゲティー。
pasuta.jpg

頂戴した野菜で食い繋ごう。
気分は塞いでも食欲は全然落ちない不思議さよ。

あちこちガタが・・・

水道の検針の方が「全部止水されてますか?」と言われた。使用していたカランを止めたけどメーターが廻る。
「漏水してますね」
2ヵ月毎の使用量がピンと跳ね上がり料金も目を剥くほど。

すぐに水周りで世話になっている会社へ電話したら即、見に来てくれた。
聴診器みたいなので調べても「ここだ!」という場所が特定できず、「ここかもしれない」とだけで翌日朝から来てくれた。

何しろ結婚する前のままの家と35年以上前に増設した方と普通ならとっくに建て替えている古家なのだ。

台所の配管から漏水しているらしいとなったが、これだけ四十数年前の配管のままで、管の位置さえ特定できないとの事。

結局大掛かりな再配管工事という事になってしまった。

水道再配管見積もり

ぶかぶかの床を直したい。
クロスを張り替えたい。
などと思っていたがそれどころではなくなった。

「老夫婦と家と、どちらが先にくたばるか」などと言っていても、こういうような事態はそのままにして置くわけにいかず気分が滅入ることである。

失敗作が2点

サラダ水菜につぼみが・・・
そのまま置けば花が咲くし、アブラムシが付く。
加工した水菜の蕾
いかにも美味しそうだったので天ぷらにしようと思った。
それも「微炭酸水を使ってパリッと揚げる」という記事のフレーズに惹かれて、ウィスキーにおまけで付いてきた炭酸水を取り出す。
気を抜いた炭酸水

そのままだと泡がはじけ過ぎるとかで炭酸を少し抜いて使う事とした。
蓋をとって、どれ位かがいいのかが分からないままとにかくやってみた。
水菜の蕾試した天ぷら

気持ち的にはさっぱりしている。(卵も使わず薄力粉のみ)
しかし、時間が経ったらいつもどおりくったりとしてしまった。




いも子さんレシピで「じゃが芋チヂミ」が美味しそうだったのでちゃっと(方言です。すぐにという意)やってみた。

じゃがいもでチジミ

焼けたけど
ぽってりしている。
すりおろしたじゃが芋の水気を笊で取る時間が短すぎたのだと思う。

どうもちゃっとやりすぎた失敗のチヂミであった。

チヂミはリベンジする!


遭遇

最近は「カワセミさんこんにちは」コースで自転車に乗っている。

「今日は見れた」「今日はいなかった」と言いながら・・・


たまたまそのコースでない、以前のコースで角を曲がったその先に「あっ!」と見かけた小動物。
カメラを取り出すまもなく、それは慌ててコンクリート管の中へ入ってしまった。

アライグマだったか鼻筋の中央が白かったハクビシンかまではわからなかった。






以後そのコースを辿って数日。

いい天気なので、もしかしたら管から出て来ているやもしれないと、カメラも取り出してそうっと遠方より眺めると・・・
いた!
いたいた


少しずつにじり寄った。
アライグマこちらを見る


近寄りすぎて寝ていた一匹も一緒にサッと隠れた。
隠れた菅

アライグマと確認できた。


草とりもせずこんな事をしているnekoに、ご近所の桜?桃?が笑っていた。
sakuranotubomi.jpg

タブレットとデジカメ

スマートフォンもタブレットも全く意識の外で「iPadの新製品だってねえ、こちとら全く関係がございやせん」

で、見たことも無かったが先日iPadを初見した。

えっ!と思ったたのが、ディスプレイを傾けるとそちらに正対した画面になるという事だった。
ぐるりと回さなくてもいいのだ。

そこからが自分でもおかしい所で、まずiPadを検索。
機能を眺め、「3軸ジャイロセンサー」なる言葉を見つけ、これが角度のセンサーでこれが回転の変化を検知するらしい。

カーナビが車が廻ると画面がぐるりと廻っていくのはどうもこれらしい。(と勝手に思っている)

3軸ではなく震動のジャイロがいわゆるデジカメに付いている手ぶれ補正ジャイロ。(らしい)
(思ったり、らしいという自信のない事ばかりで余り信用してもらうと困る)

角度のセンサーがカメラの揺れを検知し、手ブレを抽出し補正レンズに動作を指示するとか。
以上の事はパナソニックのルミックスのページ「ブレ補正の簡単ガイド」で得た。


そして、これからが本番。
自分のデジカメをひょんな事から横へ傾けたら、あら不思議。iPadと同じ現象がおきている。
何時もは液晶画面を正面からしか見てないから全く気付かなかった。
いや、そういう現象がおきていても気付かなかっただけなのだろう。

なった時をカメラで写せないので手で描いてみた。
正対した時
正面の向こう側へ傾けると上下が入れ替わる。

左右へ傾けたときは画像が小さくなる。
左右に傾けた時


以前のカメラでこうなるかと実験したけどならなかった。
タッチパネルだとこうなるのかは不明だけど、何か新発見した見たいだったのでメモとしておく。



デジカメ不携帯で残念だった事。

火曜日定例の「いきいき筋トレ」では終了頃に避難訓練をするとの予告であった。
サイレンと「火事です。出火場所は○○ですから2階の方はすみやかに非常口から避難してください」と放送された。
講師3名を含めると30名以上の出席者で、静々と避難した後は消防署の方の消火器の説明や使い方、実際に使用してみるなどがあった。

こんな機会はそうないのだが、普段のカバンは持っていかなかったのでカメラも無く、絶好の機会を逸した。
ブログネタを逃がして残念!

カラスが巣作り中

カラスがなにやら咥えて飛んできた。

上を見ると電柱に今しも巣を作り中。

カラスの巣作り

カメラを向けたら危険を察知したのか飛んでいってしまった。

「中電さん、早く撤去しないといけませんよ!」



月曜日の朝は積雪もあり、雪が舞っていたが昼近くには陽が差しはじめて道路は水蒸気のもやでちょっと幽玄的な感じがした。
水蒸気でJPG

雪もこの地方ではもうこれが最終だと思う。(今週末には彼岸の入りだもの)



春の野菜を揚げる

土曜日にこんな新聞記事が・・・「菜の花の磯辺揚げ」
新聞で

菜の花を頂戴して半分残っている。
いも子さんが「天ぷらにしても美味しいよ」と教えて下さったので、揚げてみようと思っていたところだった。

春巻きの皮と板のりを二重にして巻いて揚げるとある。
衣はつけないみたいなのでちょっと心配だった。
案の定、見事に失敗の巻。
40秒位とあったのでそのようにしたのだが肝心の菜の花が揚がり過ぎている。
失敗作


そんな事もあろうかと、次善の策で普通に衣を付けたのも用意したし、人参・玉葱・セリ(例のらでぃっしゅさんのおまけの野菜)でかき揚げも作った。
かき揚げ

こちらは大丈夫。
美味しい春の味を楽しんだ。




夕方、パソコンにデフラグをさせておいて夕食の用意をし食べる前にもう1個のドライブもする予定でいたのにすっかり失念し、ご飯を食べ、テレビを見て、本を読んで寝てしまった。

朝食を摂りながら雪が積もった事を追記で書こうと思って「あ、パソちゃんつけっ放しだった」

パソコンはスリープしながらも起きていた。

借りた本

市立図書館の巡回移動図書に申し込んであった本が届いた。

十字軍物語2と3
本館の本なので1ヶ月で返却しなければならない。
テレビには遠慮してもらって本読みに集中しよう。


本日の献立のおすすめ品
菜の花のゴマ和えと塩麹に3日間つけた豆腐。
ヘルシー&美味しい!
本日のおすすめ品



あの日から一年たった。
皆さんどうしてこの一年を過ごされたかと思う。
色々な映像は見たくない。
自分でさえこうなのだから現地の人はと思うと胸が張り裂けそうだ。



おためし韓国料理セット

新聞の折込に「らでぃっしゅぼーや おためし韓国料理セット 980円」というのが入っていた。
「通常価格は2,153円」
折込チラシ

以前なら見向きもしないのだがサムゲタンなるものを食べて目ざめていたので注文しておいた。

届いたので早速サムゲタン風スープとチヂミを早速食べてみた。
チヂミとスープ

激安とは言え、お店のサムゲタンとチヂミを食べた後に比較するのは酷というものだろう。

キムチはいい味がした。
キムチは冷蔵

ビビンバは如何かな?
冷凍ビビンバ

おまけの野菜が2点付いて来た。セリとサンチュ。
芹とサンチュ

そしておためしセットにはもれなくアンケートが付いてきている。

会員獲得の餌を撒かれて食いついたけど、餌だけ食べて逃げる事になると思う。




「この指とーまれ!」

500円の韓国料理のブログを書いたら「行きたい」の声がしきりであった。

チョコちょこっと日にちを決め、「行きたい人はこの時間にここへ集合して」といういい加減な話。

出先からの直行が一人と合計7人のランチ。
そりゃもう賑やかな事。
サムゲタン4人:ビビンバ3人。チヂミを皆で一枚。

ビビンバ

ビビンバ混ぜ混ぜ

海鮮チヂミも
海鮮チヂミは980円。ちゃんと7で割り切れた。

本巣市上真桑「金山きんざん」でのひと時。


満足してパソコンのお勉強へと向かったのであった。


籐細工の品

自主作品だという籐細工の物を頂戴した。
ずっと以前に習って作った物だそうである。

ダックスフンド。まずは正面の顔。
正面です

尾っぽです。
尾っぽです

横向き。ノースポールをポットごと置いた。
yokogao.jpg

もう一つは唐辛子を入れてぶら下げた。
下げました

ごみとして処分しようかと迷っていたとか。
とんでもない!大喜びで頂戴した。ありがとう!

欲しい人はみよさんにお願いしたら?まだいっぱいありましたよ。


「とうや」という早生のじゃが芋についてつぶやいたら「試してみる?」とみよさんが、たしない(方言。少ししかない)中から2個下さった。
半分に切って4株出来るように畑の隅に植えておいた。
梅雨の前に収穫できる品種だそうである。
これまた楽しみなことである。

この品種名をすぐ失念するのだが、この籐とセットで憶えておくか。
北海道・じゃが芋・洞爺湖と連想で覚えておくか。
何とかなりそうな気がしてきた。

沈黙の車内

火曜日の朝、「晴れたぞ、何処かへ行かんでもええかな?」とのお言葉に
「筋トレから帰ったらどこかで昼ごはんを食べがてら、梅と墨俣のつりびなに行きたい」とリクエストを出した。

梅は開花が遅れているから未だ早い事は承知のすけである。

正午頃出発したのだが自分は何故か空腹でたまらなかった。
その所為だろうかけんか腰の言葉を発したのは・・・

「堤防を通って行くと食い物屋はないぞ。大学の方から行くか。」
そこまではいい。次の言葉が
「梅が早い事はわかっとって行くんやな。」
「それは承知してるけど墨俣のつりびなは11日までしかやっとらんし、明日からそれぞれ用事があって行けんでしょうがないわ」と言ったら
「つりびななんてもう去年見たやろう。何べんも見たいか」との言葉にカチンと来たのである。

そんなケチを付けるなら希望した時に言えばいいのに出発してから言うなよと、
「ああ、そうかね。行きたく無いならもう帰ろう。別にどうしても行かんならんことないんやで」と買い言葉。

あとは両者無言である。
Uターンもせず、車は前進している。
右にラーメン屋、左に回転すし。通り過ぎて行ってしまう。ああ、また・・・
余計に腹が立つ。

我慢比べも田圃道から前方にスーパーが見えた時点で「何処で飯食うんや」と旦那さん。
「あそこでええがね」とスーパーを指差す。
こんなファストフードで昼ごはんを食べる予定ではなかった。(カットピザと290円のラーメン)
腹は膨れても腹の虫が治まらないままである。


墨俣のつりびなを見ると思っていたのに車はどんどん南下して行く。
「お城は何処や」「お城なんかとっくに通り過ぎとるわ。百梅園へ行こうとしとるんやろ」と冷たい返事をして知らん顔している。
何時もはナビnekoが指図するのに何にも言わないからキット焦っていただろう。

そうは言ってもちょっとだけ手助けしたので百梅園へ着いた。
「1時間後には帰ってくるでね」と言いおいて一人で見物に行った。

45分後に車に帰り墨俣へ。
ちょっとだけ指示して例年の光受寺近くの駐車場へ。
「1時間、遅くとも1時間半後には帰ります」と言いおいてこれまた単独行動とする。

「帰りにスーパーで買物をしたいので寄ってください」と指令後は無言。

帰宅して降りたときに「はい、ありがとうございました」は言ったけどまだくすぶった気持ちが残っている。


光受寺山門
開花は未だ

例年、地植えのクリスマスローズがしだれ梅の根元に咲いているのだが、やはり未だつぼみのままであった。
鉢植えクリスマスローズ

百梅園の梅も早咲き以外はまだである。
百梅園では

盆梅は咲き揃っていた。
盆梅で

笑って受け流せなかった自分に腹が立つ。
ええ年してなにやっとるんやろね。

失敗の連続

コンデジの動画の設定をmp4にして撮ったのが健康体操クラブのストレッチとレクダンスである。

これはAVCHDの動画と違うから簡単にCDやDVDに焼けると思った。
パソコン上ではReal Playerなら16:9の対比で見れた。

それをCDデータとして焼いてみたら途中でフリーズしてしまう。

最後の手段でDVD Flickでビデオとして作ってみようと試した。

最初の延々とエンコードしていた。(20分以上)
DVD作成中

そして書き込む段になってこんなのが・・・
エラーが発生

泣けてきた。
しかしファイル名を日本語で書いたからこれが×だったかもしれないともう一度挑戦した。


2回目も同じようにエラーが出た。

3度目の正直でこれが駄目だったらもうやめようと思った。
脅したせいか、書き込めた。
テレビで観て見た。
えー?横長になっていない。

やり直したときに16:9に設定にしなかったのだなあともう一度チャレンジし、今度は比率を確認しながらやった。
しかし、又エラーだ。

夕飯食べながら、再度仕事をさせておいた。
今度は書き込んで出てきた。テレビで確認したが比率は駄目だった。

パソコンではメディアプレイヤーとパワーDVDでは見れたがRealPlayerでは見れなかった。

摩訶不思議ななんとも分からない尽くしで疲れた。
そんなビデオでも貰ってくれる人があるかな?



「スピーカーから異音が発生」問題は解決した。
見に行ったページの記事にその音が発生するフラッシュが故であることが判明した。
やれやれ!

太鼓の迫力

公民館まつり開催の公民館に5時間も居た。

写真や動画を撮って来たので早速テレビで見て観た。
太鼓の迫力は

迫力ある音も楽しんだので一部だけ取り出してここへ貼った。
よかったらクリックして聞いてみて!

 
三角矢印をクリックで音が出ます。


スピーカーから異音が出だした。プチプチとか風の音みたいである。
音楽は聞くことが出来る。
どうしたのだろう?検索しても今一分からない。誰かお助けを!

やっといれた種芋と玉葱の成長

起してあったけど、じゃが芋の種芋が未だいれてなかった。

数日間、雨が降るらしいので重い腰を上げて畝をたて、入れた。
じゃが芋の種を
男爵芋とキタアカリを各1キロずつだから数も知れている。
いい加減でも地面に預けておけば芽が出て、大なり小なり収穫はある。
収穫までの期間が短いのでいい。


玉葱も冬の間はどうなる事かと思っていたがシャンとして来た。
最終の有機肥料も撒いた。
自分で種を蒔いて作ったので愛着もひとしおである。
順調な玉葱

早生は種まきの時期を失してちょっと遅かったので、本当ならもっと大きく育っていなければいけない。
でも他の中手のとは差が付いて太っちょになっている。
早生はちょっと太め

昨年収穫した玉葱は流石に芽が出て終わりである。
この早生が収穫できるまで何回スーパーで買うだろう。
(トロトロ炒めの冷凍品はまだあるが・・・)

塩麹テスト中(豆腐と胸肉)とアル・パチーノ

塩麹で色々テスト中。

刺身の劇的変化で大喜びし、豆腐でやってみた。
塩豆腐は以前からよく作ってサラダ感覚で食べている。

同じように、塩麹を上下に付けた豆腐をペーパーとラップにきっちりと包み冷蔵庫へ。
びっちゃりと水が出てくるので水だけ捨てて再度保存し、最初のは一日後に食べた。
塩豆腐と同じじゃないかと思った。

三日以上置けばチーズのようだと書いてある。

で、次は三日寝かせたのがこれ!
もっちりした?豆腐

スッと切って食べてみた。
やはりチーズとはいかない。豆腐のにおいがする。

もう一度検索してみたらもっと長く置いたらチーズみたいだとあるので再度包んで冷蔵庫へ。
食べる時、麹はつけたままでも取り除いてもいいそうだ。



とり胸肉
「昆布茶をまぶしてハーブ類と共に一晩寝かせて、沸騰した湯に放り込んで蓋してそのまま冷ます」と言うのが今までのやり方で、パサパサ感がなくて何にでも使っていた。

この昆布茶の所を塩麹に変えてみた。

裂いて食べてみたらしっとりしている。いいんじゃない?
(光の加減で赤っぽく見えるけど本当は火が通っている)
胸肉を裂いて



炬燵で過ごし、録画した映画を観た。
「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」
盲目の退役軍人役のアル・パチーノ。すごい!
セント
セントオブウーマンのタンゴシーンjpg

次はダスティン・ホフマンの「トッツィー」を見る予定。

展示の準備

4日に行われる公民館まつりでのパソコン同好会の展示品の準備をした。

種々の作品が提出され、展示する方法もアイディアいっぱいで見事に出来上がった。

力を合わせて

展示用意

風邪気味だったけど出かけてよかった。

山本潤子のCDを探しに(南へ)行ったけど無かった。

医院へ(北へ)膝の注射に行き、ついでに風邪のほうも診察してもらい、念のため総合感冒薬と咳止め・喉の痛み止めの薬を処方してもらった。

暖かい日で菜の花にはミツバチマーヤがやって来ていた。
mitubatiマーヤ

東奔西走ならぬ、南走北走して風邪を吹き飛ばしに行ってきた。

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
02 ≪│2012/03│≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索