FC2ブログ

紛失して喪失

毎月1回通帳記入をし、それらを家計簿に付けている。

4月の1日(日曜日)にそれをしようとまとめてカバンに入れ、プール・お店・お店・銀行1・そして最後に行ったところで自分用の通帳がない事に気が付いた。
「あ、持ってくるのを忘れた」と帰宅して何時もの場所を見たが無い。

それからがパニックで、お店で財布を取り出した時に落としたかもしれないと電話を入れたが両店とも届いていないとの事。
届いたら連絡してもらうように依頼し、もう一度銀行のATMへ探しに行ったが勿論無い。


主人に打ち明けたら、届けは早い方がいいだろうとネット検索で電話すべき所を探してくれた。
緊急連絡先
電話して紛失の登録をして貰った。


明けて2日、開店早々に店舗窓口へ。

「あのう、通帳を紛失したのですが」とそこまで言ったら
「○○子さんですか? 通帳が届いてます」

「渉外の者が今朝持ってきました」とだけで、詳細は分からないままだが「やれよかった」と胸をなでおろした。


それからがお笑いになる。

身分証明(住民基本台帳カード)で本人確認されてから、同じ様式の『紛失届け』と『見つかった届け』に署名捺印をする。
(緊急で紛失の登録をしたため)
書き込みをしながら自分を笑ってしまう。

しばらく待って「これでこの通帳で以前どおり使えます」と無罪放免となった。


それじゃあついでだからと磁気のキャッシュカードからICチップ入りのカードに変更する手続きもしてもらう事にした。
(今なら無料ですと案内ハガキが来ていた)

これまた用紙に書き申し込みをしたがそこには暗証番号を書く項目があった。
前日確認していたから思い出せ、恥をかかなくて済んだが今の暗証番号はややこしすぎるので、今度新カードが届いたら変更する事にした。(ATMで出来るそうだ)

今ではやれよかったと思えるのだが、「ない!ない!」とパニクッた時は本当に落ち込んだ。
めがねなどは大騒動して探す事はあったが通帳紛失事件は、自信喪失の最たる事だった。


店舗で旧友に出会って「わあ!やっとかめやないの~」と思わずハイタッチしてしまい、職員の方に「いい音だったねえ」と笑われた。

彼女は上手に書いた絵手紙を見せてくれた。
龍の絵がとっても素敵だったので「来年はこうやって書いたもので年賀状を頂戴!」と予約した。
ほんの少しだけど話が出来、元気そうな顔が見れて嬉しかった。

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
03 ≪│2012/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索