初夏のころには・・・

23日だったか24日だったか寒い朝だった。

それでも自転車で出かけた。
いつもとちょっと違ったコースだった。

橋の横の堤防に数台の車と人だかりが・・・

「あーれ、事故だ! この寒いのに野次馬さんもご苦労な事だ」と横目で通り過ぎた時、目に入ったのはスコップだった。

これは事故じゃない。植樹のボランティアの方たちだと分かった。

そして数日後そこを通りかかったら植えてありましたよ。
全部調べたわけではないが、アジサイが多いようだ。

橋の南側。(棒が立っている所に植えられている)

植樹1 

北側も。
あじさい植樹

初夏の頃には通る人の目を楽しませてくれる事だろう。


堤防への植樹といえば、数十年前に(この堤防ではないが)お年寄りの人たちが桜の木を植えてきれいに咲いていたが、どうも許可も得ず植えたらしく「ここへ木を植えてはいけません」とかで全部伐採されたという話を聞いた事がある。
よそで堤防に桜が植えられている所はいっぱいあった事から考えると、治水上、いい場所といけないところがあるのだろうかと今でも不思議に思うのである。


減CO2でエコ製品をねらう

市の「減CO2ポイント集めでエコ製品を当てよう」で本年度最後の応募締め切りが2月28日である事をすっかり忘れていた。

水道代や電気代が昨年同月と同じか少なくなっていたら20ポイントと数え、ポイントに応じて「エコ商品を頂戴な」と応募すると運が良ければ何らかの物が貰える。

大きいものでいえば「テレビ」「自転車」「炊飯器」
小物では「LED電球」「水筒」「図書券」など。

160ポイントあったので
「マーブルコート鍋3点セット」に10口100ポイント。
「図書カード」に6口30ポイント。「マイボトル」に6口30ポイント。
として応募した。

何やら競馬のかけ金みたいだと笑ってしまったが、こちらの方ははがき代も要らず(公民館へ持って行って預ければ市役所へ届く)運が良ければ丸儲けなので忘れずによかったと、まずは胸をなでおろしたのである。



久しぶりに外で昼ご飯を食べた。
寿司、ただし回る寿司。

タッチパネルの動作が遅くてイライラする。
信じられないけど寿司飯が温かかった。

口直しに種苗屋さんへ行ってケールと下仁田ネギの種や夏菊の苗などを買った。
まだ畑の草取りが終了していないのに仕事を増やしてしまった。

春真っ盛りの種苗屋さんの店先
春爛漫の店先


タグで

動画を作り、ユーチューブへアップも出来、ブログからそのページへ飛ぶことも、ブログへ貼る事も出来る。
ただし、いずれもお任せ仕事で自分でタグを使ってやっていない。

同好の士の掲示板に<embed>というタグが使えるとかでそのタグを使ってユーチューブにアップした動画を貼れると教えて貰っていたのだが何度やって見ても駄目だった。

タグをコピペして指定の場所だけ入れ替えればいいのだがどこをどう間違えるのかxだった。

今週の自由課題でそれをやってみたいと再度挑戦した。

一度目、やっぱり表示されなかった。
悔しくてじっくりと落ち着いてやってみた。

乱れた文字と共に動画が表示されたいた。嬉しい!

ユーチューブから直接このブログへ埋め込むのには<iframe>というタグが使われている事も確認出来た。
しかし、ブログに直接貼ると開くのに時間がかかるようなので今回の動画も画像をクリックして貰うとユーチューブへ飛んで行くようにタグで指示した。
(これもいつも通りコピペして画像とページを入れ替えるというやり方)



念願の課題を、一度だけながら達成出来て気分がいい。

結婚記念日だったのをすっかり忘れていた。49年目に突入した。
(夕食が済んでから主人に指摘され思い出したというお粗末)



ジョウビタキ、来訪せず

先だって草取りをしていた畑へ来ていたジョウビタキ。

スコップで耕しながら周囲を見回したけど今回は訪問してこなかった。
人懐っこい鳥なので可愛いのに姿が見えず残念だった。
スコップで起こす

代わりに留守の間に訪問者があり、ホウレンソウや茎レタスの葉が摘ままれていた。
茎レタスが

夕べが池近くの蝋梅の実を蒔いて、発芽した苗をいもこさんから貰ったのは何時だったか?
今年初めて3輪の花が見られた。
中心が赤茶色なので普通の蝋梅というのだろうか。(下からのぞいた写真がうまく撮れなかった)
我が家の蝋梅


映画!映画!映画!

テレビで映画鑑賞の週末である。

「マーガレットサッチャー 鉄の女の涙」
メリル・ストリープの演技を鑑賞。
映画館で観たのにまた見てしまった。

「グラディエイター」
ラッセル・クロウがこんなにいい役者だったのを認識していなかった。

「ミリオン・ダラー・ベイビー」
クリント・イーストウッドが出演・監督と音楽まで担当。
いつもおなじみのモーガン・フリーマン、いいなあ。

25日にアカデミー賞が発表されるのでここのところWOWOWでは過去の色々なアカデミー賞をとった作品が放映されている。

いい映画は何度観てもいいものだ。

土曜日には「ヒューゴの不思議な発明」
日曜日は「アーティスト」

耳が悪くなってきて、音声が大きくてもはっきりと聞き取りにくい。
なので字幕の映画ばかりになっている。




オオイヌノフグリやホトケノザが咲き出している。
ちょっぴり春である。
オオイヌノフグリ2013 

tenntoumusi.jpg 

ファイル転送サービス

本でちらっと見た事のあるファイル転送サービス。「ギガファイル便」

なべちゃん先生から「こうやって使うのよ」と実際にファイルのを受け取り方を教えて貰った。
「ははあ」と納得したので実際に自分でやってみることにした。
結構重い50M程度の動画を自分と主人が受け取れるようにやってみた。

GigaFile(ギガファイル)便のページを開き、送りたいファイルをアップロードする。
ギガファイル便1

アップロードが完了するとURLが表示される。
送りたい相手のメールアドレスを入れ、メッセージを書き、送信する。
ギガファイル便2


メールが相手に届き、ファイルのURLが示される。
ギガファイル便3


そのURLをクリックするとギガファイル便のページに行き、ファイル名が示されるので、ダウンロードボタンをクリックし、自分のパソコンに保存する。
ギガファイル便4

ここへ保存した。
ギガファイル便5


会員登録もなしで1ファイル当たりの容量が2ギガまでOKだとか。

図で書くと分かりやすいのだが要するにこういう事なのだ。
メールのやり取りでファイルのありか(URL)が分かるのである。

①ギガファイル便とという転送サービスへファイルをアップしておく。
②こういうファイルをアップしたよとファイルを送りたいメールの相手へ知らせる。
③メール相手は転送サービスへそのファイルを受け取りに行く。

本には、迷惑メールと勘違いされるかもしれないので、通常のメールの文中に先ほどのURLを貼りつけて送る方が確実だとあった。





もうひとつ教えて貰ったのはファイルを預かって貰う方で、いわゆるオンラインストレージ。
Nドライブというのを紹介された。
30ギガの容量が無料で使える。同期できる。とか。

こちらも「こうやって使うのよ」と見せて貰ったので追い追い調べて使ってみたいと思っている。

少しは進化できるか?



嬉しそうに笑った夫婦

寒い日が続いているのでユニちゃんのタートルネックのヒートテックフリースを着ている。

主人も色違いを着ている。

以前、「どっちが前かよく分からん」とつぶやいていた事があったので「ネックの後中心に縫い目があるし、身頃の左脇にタグが付いているよ」と教示したことがあった。


そして今日、なんだか首回りがきついなあと触ったら、あれあれ前後が反対だった。
黙って着直せばいいものを「あ、反対向きに着てまったー」と声に出したものだから、それを聞いた主人の嬉しそうな顔といったら・・・

「あー、わらっとるー」と抗議したら「笑っとらへんぞー」と又笑った。

そんな、でこぼこコンビでXPパソコンの復活をもう一度試みた。
「駄目もとで、フォーマットしてみたら」のアドバイスも貰ったけど、とても大変そうで自分には無理だろうと思い、ほとんどお片づけ状態だったのをもう一度取り出した。

通常に起動させたがやはり駄目。
F8キーをたたいてセーフモードなら立ち上がるので今回はこれでやってみた。
korede.jpg

ずいぶん考えていたらしく時間がかかったが起動した。
やれ嬉やとプリントしようとしたら「ああ、これは線でつながった設定だった」
スピーカーも取り外して片づけてあった。
ジャックはどこへ挿したらいいの?音が鳴らないよ!あら、これは別に電源が要りようだの?

等など、機械音痴な自分は全く手がでない。

システムの復元とはちょっと色合いが違うけど、何とか動いているXPで山本潤子を聞きながらJtrimで立体組輪模様(2色を使って)をやってみた。
きれいに組み合わさって見えるようになった。
2色で組輪
totoさんのお陰で出来なかったのが出来てうれしい!(totoさんありがとう!)

という事で老夫婦、本日はにっこりの日であった。めでたし、めでたし!

追記
今日のブログのの話し言葉は岐阜弁で書いたでねー。

悪い癖?それとも性格?

悪い癖がある。

ほとんどの集合時間にぎりぎりか、下手をすると遅れるのである。
遅くとも5分前にはと思っているのだが、これは性格か、はたまた習慣なのか?


火曜日は午前10時から「筋トレ教室」があるが、その前に少しだけお勝手仕事をしようと始めた。
いっぱい出来た。
朝作った料理


欲張って醤油麹と塩麹の仕込みも・・・
2種仕込み


ふと時計をみると9時45分。
あわてて少しだけ壁塗りをして、お茶を持って出かけた。

やはり遅刻で、皆さんは筋トレ体操をする前の注意事項を読んだりされていた。
首をすくめ、小さくなってこそこそとお仲間に加えて貰った。

来週こそ10分前には公民館へ到着する事をここに誓う!


難関だった

キャノンPIXUSMG6330を買って最初の設置は主人にやってもらった。
「無線ラン接続はややこしそうだからUSBケーブル接続でやった」とXPパソコンでの事。

インストールしたXPパソコンが壊れた。
ノートパソコンで印刷をしたいので、折角ならプリンターを無線ランで使いたいと設定をし直すことにした。

ノートパソコンにCDを入れ、言われるままにパソコンの画面とプリンターの画面を見ながらやった。
ルーターの暗号キーの数字も入れたが「探したけどありません」と出てくる。

何度もやり直し、もう一度チャンペラをよく見たら「USBケーブルを抜いて・・云々」とある。
ルーターから以前のパソコンにUSBのケーブルが繋がっている。
もしかしたらこれを外すという事かとやってみた。

今度は成功でプリンターとルーターは無線で繋がった。

やれ嬉しやと印刷を試したら駄目だった。
検索した。プリンターのプロパティでポートというところで「USB」となっている。

再びチャンペラをよく読んだら「USB接続からネットワーク接続に変更する場合は、再度CD-ROMを起動してください」とある。

確かめたらプリンターがネットワーク接続になっていた。

ポートG
プリンター


そしてようやくノートPCからプリント出来るようになった。
老夫婦二人が2日間かけて何とかやれた。めでたし!めでたし!

後は主人のパソコンでこのプリンターを使えるようにしなくっちゃ。
(主人のプリンターは安物らしくCDやDVDのプリントが出来ないので)


八重の桜と松平容保

NHKテレビの「八重の桜」を観ている。

会津藩主松平容保について知りたくなった。
検索して知った事がらもいいのだが、作家はどう書いているか?

司馬遼太郎「王城の護衛者」を借りて読んだ。

司馬遼太郎は書いている。
「容保はまっすぐな性格で、駆け引きとか政治とかまったく知らない人だった」と。


貧乏くじの京都守護職も「会津の御家ずつ訓では将軍家をお守りするとあるでしょう」と、無理やり引き受けさせられてしまう。
慶喜や春嶽等にいいように利用される。
7年に亘って1000人ずつもの人を出し、長州と闘い、鳥羽伏見で戦い、多くの犠牲を払ったにもかかわらず、守っていた朝廷から最後には逆賊と言われ、悲惨な戦いに突入するのである。

あまりにもまっすぐな藩主と、その若き藩主を支える家臣たちも世間ずれしていなくて駆け引きとか下工作など出来なかったための悲劇なのではないか。


ドラマではどう描かれるのか?
八重の運命よりこちらの方に関心が向いている。

おかのりとハヤトウリ

冬に差し掛かるころにみよさんから「おかのり」なる苗を貰った。

見たことも聞いたこともない野菜なので調べたら、アオイ科の植物でモロヘイヤやオクラのようにぬめり感があるとか。
本来は春に種まきして夏野菜として扱うのが普通らしい。
しかし、耐寒性があるとかだったので深めのプランターに3株植え、上部に空間を作ってゴミ袋で覆っておいた。

背丈こそ小さいが葉数が多くなって来た。
オカノリ育つ

試しに大きめの葉を数枚摘んで茹で、刻んだ納豆と和えた。
オカノリと納豆

体に良さそう!

今度揚げ物をする時に、この葉っぱのてんぷらも試してみようと思っている。(忘れなければ・・・)



転がしておいたハヤトウリ。発芽が始まっている。
ドキッとするほど卑猥な感じがする。
はやとうり発芽


ジョウビタキの催促

もうすぐジャガイモを入れなければならないのに雑草でいっぱいの畑。

とりあえずジャガイモの場所だけでもと草取りを始めた。
「?」 
後で鳥の声がする。

振り返ったらジョウビタキが・・・

カメラを取って戻ってもちゃんと居た。
あちこちの杭の上などを移りながらじっと見ている。

そう、畑を耕したら虫などが出てくるのを待っているのである。

「ごめん、今日は草取りだけで終了。今度耕すからその時にまたおいで!」と声をかけた。

Jtrimを使った課題「組輪模様」というのをやってみたのでテストがてらジョウビタキにモデルになって貰った。
ジョウビタキお迎え


「最も遠い銀河」

パソコンをいじるのに疲れたので テレビを見て過ごした。

テレビ朝日55周年スペシャルドラマ「最も遠い銀河」が録画してあったのでやっと観た。

三浦友和が退職した刑事で、10年前に小樽の海で見つかった白骨死体事件が迷宮入りしたままなのを解決すべく余命半年の体で(全然痩せて居ないけど)あちこち飛び回る。

話がややこしい。(白川道原作)どうしても納得出来なかった部分がある。

幼いころから兄弟のように身を寄せ合って生きてきた二人。
確か新宿あたりのアパートで殺された女(思わせぶりに殺した男の顔は出てこないが)死んだ女を抱きかかえるのは女にお金を貢いで貰っている建築家志望の男。

そこまではいいのだが、男が女をシートにくるんで重石をつけて船の上から沈める。
幼い二人が暮らした小樽の海。
新宿で殺されえた女をどうやって小樽まで運んだの?
レンタカー・カーフェリーで?
沈めるための船は?「ここで見た事は誰にも話すな!」と言っていたがそんな簡単に口止め出来る?


疑問に思いながら全部観た。
前・後編で長時間のせいか、同じシーンが何度も挿入されるのは嫌だったけど・・・

同じようにテレビ60年とうたったNHKドラマ「メイドインジャパン」の方が好みだった。

XPパソコンが・・・

ノートパソコンの受け入れ準備をしたらXPパソコンからすべてお引っ越しするつもりだった。

少しは移し、ブログはほとんどこちらでやっていたが、ホームページは転送設定などがややこしくこちらのパソコンではまだやっていなかった。

ノートPCで個人のフォルダのデータ(画像や音楽やビデオなど)を従来のCドライブでなくDドライブに保存する事をまずやろうとしていた。
(Dドライブを空けておくのは勿体ないし、バックアップもとりあえずはデータだけ取るようにしたいので)
ハードドライブの中身

Cドライブにあるユーザー 私用のフォルダ 

数日かかって検索したり、プリントまでして準備した。
なぜならXPパソコンで同様の事をしたのだが何やら中身が余計にぐじゃぐじゃになってしまった苦い経験から今度は慎重にやろうとしたのである。

Dドライブに先にフォルダを作っておいて(マイドキュメントやマイ ミュージックのように名前をつけて)からユーザーのドキュメント右クリックでプロパティを開き、場所・移動・どこのフォルダへと指定し適用する。
キャプチャ1

すべてをコピーしてからOKすると場所がDドライブになる。
同じようにフォルダを一つずつ移動した。

ハードディスクの中身を見ると、Cドライブの空き容量が少し増え、Dドライブに移動した事が分かった。
Dドライブへ移動

ここまでは何とかやれた。

さて、まだXPから移し替えたいデータがいっぱいあるのでとXPパソコンを点けたが「ようこそ」画面のまま立ち上がらない。
画面も真っ青だが自分も真っ青。
あわててノートPCで検索。
「セーフモードで立ち上げて、何とかファイルがさわれるなら何はともあれバックアップを取る事」とある。

ノートPCを横目で見ながらやってみたらセーフモードで立ち上がったので、USBメモリーやDVDにデータを書き込んだところである。

その後試してみる事はあるらしいのでやってはみるがさて、結果はいかなることになるやら。

昆布茶と塩麹を活用

鶏胸肉が1枚78円だった。
貰い物の昆布茶がどっさり残っている。
こぶ茶を


胸肉に沢山まぶして一晩置き、沸騰した湯に入れて蓋をし、すぐ火を止め冷めるまでそのままに。
こうすると、不思議にぱさつき感がなく、しっとりとしている。
胸肉加工品


最近塩麹は醤油麹に押されっぱなしで出番が少ない。

新聞に載っていたので作ってみた。
オリーブ油・はちみつ・マスタード・酢などをミキサーで攪拌する。
塩麹ドレッシング

先ほどの胸肉を裂いてサラダ水菜と共に、これで和える。(ドレッシングの保存容器は百均で)
水菜とでサラダ

貧しい家庭の低価格料理が出来上がった。

追記
ピーラーでスライスした人参をちょっとだけチンして上記の塩麹ドレッシングで和えた。
人参+オリーブ油がどんぴしゃりで美味しかった。
人参サラダ



桑の木豆のフライ

少量しか収穫できなかった桑の木豆。
一度はおこわにして食べた。

莢ごと残したのも少々ある。

ネットにこのように書かれていた。

 6月下旬~7月上旬にタネ播きして、9月上旬には若莢を採り、10月中旬から保存用の豆を収穫する。桑の木豆ならではの食材としての特徴と魅力は、莢を乾燥させて保存しておき、水に戻して莢ごと煮豆やフライなどに料理して美味しいこと。地元業者によって、桑の木豆を使ったお菓子もつくられている。


数日前の話になるが、揚げ物をしたついでにフライを作って見ようと前日から水に浸して戻しておいた。
DSC03854浸した桑の木豆

揚げてみた。
フライ桑の木豆


美味しそうだが食べれなかった。
莢はパリパリなのだが豆がかたいままなのである。

じっくりと揚げていたら途中でパンと爆ぜて油が飛んだ。

本来の揚げ物は鶏のから揚げと人参・玉ねぎのかき揚げとにんにくの素揚げである。(若い人用)こちらはちゃんと食べれた。
ニンニクの素揚げ



今年も夏に蒔いてみようと種は残してあるが、この食べ方だけは2度としないだろう。


ドロップボックス

娘夫婦が来てスマートフォンにしたとその機能などを見せてくれた。

その中で使っている「ドロップボックス」というアプリは便利だと教えてくれた。
検索してみた。

インターネット上でファイルの保管用のスペースを貸してくれるサービスの1種らしい。


オンラインストレージ説明i

彼女はスマートフォンと自宅のパソコンに使っているとか。

2ギガまでは無料で使える。

なぜこれに関心が向いたかと言うと、まだノートPCとXPのデスクトップパソコンであちこち往来をしている。
息子が共有フォルダというのを作っておいてくれたのでそこへデータなどを入れてもう一方のパソコンで開いて追加したり、上書きしたりして使ったいる。

しかし、XPで共有フォルダに入れる時はノートPCが閉じていてもOKなのだがその反対だと共有フォルダに入らないのである。
ノートからXPに送りたいときはわざわざ電源を入れなくてはならないのは不便で、USBメモリーを使うことになっていた。

まだ2台のパソコンを使うという途中なので、試しにこのサービスを使ってみるのもいいかもしれないとおもったのである。
共有の方法も考えなくてはいけない。(ユーチューブと違って、誰にでも見られたりしたらえらいことだ)
「リンク共有」というのは駄目。
「フォルダ共有」という方法になりそうだ。

ぼんやりと形が見えて来たがすぐにダウンロードとインストールまで行く決心がつかずに、検索の海を漂っている。


春の予感

寒いのだが光の春だ。
白木蓮の綿毛に覆われた花のつぼみ。
モクレンのつぼみ13


ドウダンツツジの赤い芽。

どうだんつつじの芽 


我が家では
バラの芽
姫リュウキンカつぼみ


畑には雑草がびっしりと・・・
草取りをしなければいけないなあ。

お好み焼き

自分だけの遅い昼食にお好み焼きが食べたくなった。

残っていたしょうゆこうじ漬けの豚肉少々・ソーセージ・ネギ・キャベツ・甘酢漬けショウガなどその辺にあるものを混ぜてじっくりと焼く。
大きめのフライパンで焼いたので半分は冷凍保存しようと思っていた。
が、端っこをつまみ食いしたところ、あまりの美味しさに(空腹だったせいもある)半分ではとても足りそうにない。

4分の1を主人のおやつに提供し、4分の3を食べてしまった。

お好み焼き


そしてトドになるべく成長するnekoなのである。



※ 実にささやかながら、所得税の還付金を獲得すべく作成コーナーで入力・印刷をして添付書類と共に旦那さんに渡した。
よくこの収入で暮らしているものだと褒めてやりたい。



GIFアニメを動画に

なべちゃん先生がわれわれのGIFアニメを編集して動画にされたのを見てびっくり!
なべちゃんのホームページにアップされているのを見たら「GIFをAVIに変換してムービーメーカーで作った」と書かれていた。

Giamをよくよく見たら「AVIで保存」というのがあった。
AVI保存

自分で作ったGIFアニメをGiamで開いて「AVI保存」とした。
圧縮はどうする?と出たけど圧縮せずにそのまま保存した。
圧縮プログラム

3本のアニメをWindowsのムービーメーカーに放り込んで音楽もサンプル物をつけた。

テスト品としては上等かと自己満足し、とりあえずユーチューブにアップした。

どんなふうになったのか見てみようかという方は下の画像をクリックするとユーチューブへ直行。


なべちゃん先生、ありがとうございます。お勉強させてもらいました。

追記
You Tubeは、作った動画WMV形式をそのまま受け入れてFLVという形式に変換している。(らしい)
自分のホームページへは自分で変換してアップした事をすっかり忘れていた。
ホームページの動画の仲間にアップした。
内容は全く同じだがどんな風?と思われる方は ここ

バレンタインデーには

バレンタインデーが近づいて来た。

愛しのダーリンに何かプレゼントをしたいものだ。

と、心で思っても何時もちゃちなチョコレートで終わる。

仲良し会の課題に“リボン”というのを頂戴した。
頭に浮かんだのがバレンタインデーだったので、Jtrimで作ったリボンはこれ。

グラデーションリボン1


こんな箱にいっぱいの愛を贈る? Jtrimで作ったリボンをかけて・・・

リボンのかかった箱小



音楽CD書き込み

またもや失敗である。

以前に焼いておいたユーミンのCD、たまにはパソコンで聞いていた。
ラベル印刷をしようとしたが、念のため車でも聞けるか確かめたら聞けなかった。

パソコン内に山本潤子のMP3の曲があり、それもCDに焼くつもりだったので大慌てで検索した。

パソコンを使って「MP3」「WMA」「WAV」といった形式の音楽ファイルをそのまま CD-R に書き込んで保存しても、一般的な「CDプレーヤー」では再生できません。「オーディオCD」形式にする必要があります。
オーディオCD

はいはい、そうでした。
CDそのものはデータ用でいいけど、書きこむときに「オーディオCD]として頼む事を忘れちゃだめである。
こうして書き込むとファイナライズされて追加の書き込みは出来なくなるのだった。

情けない事に、ちょっとやらないとすっかり忘れ、その都度大騒動するのである。

ユーミンのも作り直し、2枚の音楽CDが出来た。



まほろ駅前多田便利軒

重くて長かった「光圀伝」の後は「まほろ駅前多田便利軒」

例の間違えそうな名前の三浦しをん作。(直木賞受賞作品であるのは知らなかった)

こちらは冒頭でスッと本の中へ入って行く。(ネタがばれるので詳細は省く)
お気楽に便利屋をやっているようで、ちょっとずつ謎の部分や過去などが説明文でなく出てくる。

映画になったらしいが見ていない。
町田市がモデルらしくロケもここでやったとか。
映画ロケ地
映画多田便利軒


速攻で読んでしまったので、続編の「まほろ駅前番外地」にとりかかっている。
こちらはドラマとしてテレビ東京系列で本年1月から放映されているらしい。
我が家のテレビアンテナでは名古屋のテレビ愛知が受信できないようなので残念!(お隣はテレビ愛知もみれるアンテナ?)
シーシーエヌケーブルの人は見れるのだそうな。

映画はそのうちテレビで放映されるだろうから待ってみよう。

大騒動の印刷

新プリンターで文書は印刷してみた。

じゃあと、DVDのラベル印刷を試すことにした。

前のプリンターのようにソフトがあるかと電子マニュアルで懸命に捜したが分らない。

それではと以前のダイレクトプリントというのを開いて作ってあったファイルを開き、プリントを命令したら出来るらしい。
1234.jpg

ここまで来てから探し物。「ディスクのトレーは何処ですか?」
「なかったぞ。箱は捨ててない」とひっくり返してもない。
「明日電器屋へ行ってくるわ。薄い物だからきっと入れ忘れたに違いない」
と言いながらも「最初に確認して下さい」という印刷物をもう一度確かめた旦那さんがありかを見つけた。
2段になっている用紙入れの上段の裏側にぴっちりとくっ付いていた。
見つかったトレー

「分りにくい場所だ!」と二人でぶつぶつ文句を言いあう。
画面で確認しながら

やっと印刷

寅さんが無事に印刷できた。
寅さん無事印刷


寅さんシリーズもあと数本になってしまった。

プリンターの終焉

突然、全く突然にプリンターが黒以外印刷できなくなった。
キャノンのMP770という物で、以前自分のプリンターが壊れた時主人から譲り受けた代物である。(2004年発売開始)

それでも何とかならないかと色々とあがいてやってみた。
DSC03812.jpg
パターン印刷はこうあるべきなのに
DSC03811.jpg
こうである。
DSC03813.jpg

最終手段でインクヘッドを取り外しも・・・
取り付けの説明書を見ながら反対に取り外した。(主人が)
DSC03810.jpg

DSC03806.jpg

べったりとした黒い汚れをぬらした綿棒で拭き取った。(水洗いは恐くて出来なかった)
DSC03808.jpg

再セットしてみたがやはり駄目だった。


なしではいられないので、ネットで機能など比較しながら機種の選定を始めたところである。
高機能のは要らないが印刷のきれいさや印刷コストその他を眺めると中級クラスとなりそうだ。
比較表


ネットで買うか、店舗で買うかという話になって、修理など店舗で買わないとまずいのではないかと主人が言う。
K電気(ほとんどここを使う)のオンラインがあると主人が言うのでそこで欲しい品を調べたら、アマゾンなどとほとんど同じ値段だった。

実物を見てみたいと店舗へ出かけた。
キャノンの昨年10月に発売されたMG6330という機種だ。どっさりと置いてあった。
オンラインの価格は16920円だったのが19500円で並んでいた。
Kのネットで買った物を店舗で修理をしてくれるかなど尋ねた。

「Kで買ってくださるならこの店舗で・・・」と言われ、そこから商談が始まった。
提示された最終値段はオンラインと同額だったので即購入とした。
延長保証を付けたのでプラス845円である。


主人も無線ランでの設定は自信がないとのことで、とりあえず傍のXPパソコンで印刷できるようにして貰った。

「なんでもいいで触ってみよ」と言われピッカピカのプリンタの前へ。
プリンタ2

タッチして電源をオンにする。起動音がちょっとうるさい。
「コピー」「写真」「スキャナー」と選択する。
プリンタ1

プリンターの高さが低くなったので見やすくなった。
一枚プリントしてみた。きれいだと感じた。



ながーい記事を最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
数日分を1本にまとめたらこうなってしまいました。



「光圀伝」

沖方丁の「光圀伝」をやっと読んだ。
光圀伝

と言っても難しそうな所は端折っての斜め読みだ。

光圀といっても何も知らなかった。
青年期は江戸藩邸から抜け出して好き放題をし、その後は詩歌に精進し冷泉家を通して天皇家まで交際範囲を広げる一方、諸大名とも親しくする。
そして兄を差し置いて世子になった事が義に反するとして、兄の子供を養子として貰い受け(二人も)後継ぎとする。

「天地明察」の安井算哲(渋川晴海)がどこで接点を持つのか興味があった。
暦というのは朝廷が司るものなので光圀が人脈を活かしてバックアップしてやったということらしい。

史書編纂の為、佐々介三郎なる人物に資料探訪隊として日本全国を調べる仕事をさせたり、「本朝史書」後の「大日本史」を編纂させたりした。

幼少から亡くなるまでの事が書かれていたが、本の中にどっぷりとは浸れずに終わった本だった。



最後の1個

下水浄化センターの道端の柿の木3本は、渋柿らしくて他の物が食べつくされてもずっと赤いままだった。

よほど不味いのだろうと思っていたが、この数日であっという間になくなった。
残りはこれだけ

最後の1個。
最後の1個

こうして木の物がなくなると我が家の小さな畑の大根葉やホウレンソウなど青物がついばまれることになるのだ。

彼らも生きていかなくてはならないから仕方がないな。

ユーチューブの動画をダウンロードする

以前は動画をダウンロードするのにリアルプレイヤーを使っていた。
何時からかソフトそのものはちゃんとあるのにYou Tubeの動画画面に「ダウンロードする」という文字が出て来なくなった。
分らないままに違うソフトを入れた。craving explorer

これは色々変換しながらダウンロードをしてくれるのでいいなあと思っていたが、使い方がよく分からないまま置いてあってすっかり忘れた。

で、もう一度realplayerでする事にし、Windows7へも初めてのダウンロードした。
こちらもやはり「ダウンロードする」が出てこない。
そして探しまくってたどり着いたのが「アドオン」

インターネットのツールでアドオンの管理。
以前ネットが不具合や遅かったりした時に、このリアルプレイヤーのアドオンを無効にしたようなのである。
アドオン有効に

「無効」を「有効」にしてIEを立ち上げなおしたらやっとダウンロードが出来るようになった。
やっと出ました


何も指定しなければ「マイビデオ」内にリアルプレーヤーダウンロードフォルダが作成されそこに入る。
フォルダにダウンロード

ユーチューブからダウンロードしたのは.flvという形式だった。
WindowsMediaプレイヤーでは見れない。

とにかく、「アドオン」にたどり着くまでに日が暮れたのであった。



プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
01 ≪│2013/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索