梅シロップ

2週間ほど前に頂戴した500gの梅は氷砂糖(不足分はグラニュー糖)400gと共に瓶に入れ、毎日揺すられながら眠っていた。

すっかり氷も溶け、しわくちゃばあさんになった梅(青い梅ほどエキスがよく出てよりしわくちゃ)を取り出した。
色づいたりしたのはいったんしわくちゃになってから再び膨らんで来た。
何となしに不安だった。
砂糖も溶けた

種を取ってミキサーでつぶし砂糖を加えて鍋で煮た。ヨーグルトのトッピングにするつもり。
梅肉ジャム

発酵しつつある気配だったので液の方も一度煮たててから冷蔵庫へ保存した。
エキスを煮たてた


梅に関しては全く知らないので訊いたり検索したりしてやった。

この梅シロップ(ジュース)に関して「傷を付ける」「冷凍庫へ1日置く」というのはいずれもエキスを早くしみ出させて発酵するのを防ぐためらしい。
自分もそうしようと思っていたが、傷つけたり冷凍したものとそのままの物を作り比べたり、飲み比べたりした実験された結果が載っていたサイトがあった。
その方によると、確かに早くしわくちゃになるがそれも数日の差であり、味は何もしない方が香りも味も絶対いいとあったのでそれを信じて何もせずに作ってみた。

比べる物がないからどうとは言えない。
30度を超える日に飲めばどちらでも美味しいのではないだろうか?



今日の花 ルコウソウ。
るこうそう 

頂き物で夕食を

以前頂いた鮎を塩焼きで。
鮎とみょうがの葉


「到来物のお裾わけ」だと頂いたトウモロコシと前日採れたトマトでスープ。
生で


頂き物で夕食がより美味しく、幸せ感いっぱいだった。

勧められて燻製

プールで友人に手招きされた。
「鶏モモ肉の燻製は何分くらいやったらいい?」と。

もういつ作ったか忘れたくらい前にしか作っていない燻製。
「30分くらいかかるかもしれんねえ」と、半分責任逃れ的ないい加減な答えをした。

数日後、その友人に手招きされた。
「作ったよ。バッチリOKだった」との事。やれよかったよかった。
そして「桜のチップの使いさしを何処へしまったかわからなかったので、散歩途中に枯れた桜の枝があったのでそれを削ってチップにした」と言う。
又作って、それを持って山へ登り、現地でサンドイッチを作るのだそうな。
そして「あんたも忘れるとあかんでつくりゃあ」と勧められた。


ちょっと前に三谷幸喜のエッセーで燻製を作ったという話が載っていた。
その時もちらっとやってみようかなあとは思ったがそのままだった。

彼女の勧めで腰を上げた。

鶏もも肉(塩麹漬)・鮭(醤油麹漬)が冷凍保存してあったので解凍し、水気をふき取り1時間ほど風に当てた。
風に当て乾かす

鶏肉は厚みもあって心配だったので先にフライパンで熱を加えた。

15分位燻した後はしばらくそのままにして、金網ごと取り出してもう一度風に当てた。
燻製完成


鶏肉は後日にして夕食に鮭とソーセージをを食べた。
確かに燻製であった。



1本だけ植えてある中玉トマトが初収穫だった。
やはり1本だけ買って来たナスは3度目の収穫だ。
初トマト

ナスも沢山採れると嫌われる。二人ならこれくらいが丁度いい。

雨降りは録画の映画で

送迎付きでスポーツクラブへ行った他はひたすら録画してあった映画を見て過ごした。


「エメランスの扉」
エメランスの扉

主演女優ヘレン・ミレンの名前だけみて、とりあえず録画した物。
「クイーン」でエリザベス女王役が素晴らしかったが、これもよかった。
心の扉をを閉ざした家政婦の過去と秘密。
観ていて「これは原作があるな」と思ったらその通りだった。


「ブーリン家の姉妹」
ブーリン家の姉妹


ナタリー・ポートマンの名前だけで予約した。
ナタリー・ポートマンって何に出ていた?
「ブラックスワン」だった。
アンという娘がイングランド王のお妃を追いやって(信仰上離婚出来ないのでローマのカトリックと決別させ)王妃になるが女児一人しか産めなかった。
自分は斬首の刑にされるが女児は残され、その女児がエリザベス1世としてイングランドを40年間も治めたのである。


「レナードの朝」
レナードの朝

ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムス。
二人ともすごい俳優だからさもありなんという演技である。


3本立ての映画館であった。


豆・まめ・マメ

「美味しいインゲン」と名付けて昨年からの種を蒔いたのが順調に採れた。

一段落した感じなので2回目の種まきをした。
美味しいインゲンの種

四角豆もほんの少々。
四角豆の種


桑の木豆も蒔いた。
桑の木豆の種



キュウリも蒔いた。

皆、手を必要とする物ばかりなので支柱が足りない。

大きなこの豆の名前は何だったけ?
忘れた
何時蒔いたらいいのか今度いただいた方に教えて貰わなくちゃ。



テストをしてみる。
「こんなきれいなのがありますよ」と教えて貰ったオーロラの動画。
タグが書かれていたのでコピーして貼り付けてみた。



小さい画面だが拡大のマークを押せばフルスクリーンになってとてもきれいなオーロラが見れる。

怖い映画

怖い映画も色々ある。
ストーカー行為的で怖い映画の代表は「危険な情事」だと思っている。


クリントイーストウッドが初の監督をしたのが「恐怖のメロディ」(1971年制作)で、ストーカーされるのがクリント・イーストウッド 演じるラジオのDJ。

ちょっと遊び人的な男が女から誘われて一夜を過ごす。
一夜限りだと男も言うし、それを承知の上なのにどっこい女が執着する。
21T4NH9XK4L.jpg



もう1本は「ミザリー」(1990年制作)
原作がスティーヴン・キングで、人気作家の小説「ミザリー」のファンがその小説と作家に執着する話。

人里離れた山の中で事故にあった小説家を家へ連れて来て看病する元看護婦。
小説家は連続小説の「ミザリー」を殺すことによって終わりにしようとする原稿を読んだ彼女が原稿を焼き捨て、自分の気に入るように書き直させる。

キャシー・ベイツという女優が本当に怖い。 アカデミー主演女優賞をとったそうな。

笑顔と狂気の顔がベッドで身動きできない男に迫ってくるだけでどきどきした。
キャシー・ベイツ


ズッキーニのスープ

朝刊を開いたら載っていた「ズッキーニのスープ」

畑のズッキーニは、早くから収穫出来て沢山食べたが終盤に差し掛かっているのでまだあるうちにと早速作ってみた。

材料 ズッキーニ 350グラム ベーコンかたまり 100グラム ジャガイモ 50グラム 玉ねぎ 60グラム にんにく 2片 水500cc 塩 小さじ2分の1 砂糖 小さじ4分の1 オリーブ油

オリーブ油でニンニクを香りづけし、ざく切りの玉ねぎとジャガイモを加えれ油をからめる。
ベーコンを入れ焼きつける。
ズッキーニを加えて油をからめる。
水を入れ沸騰したら弱火にし、野菜が柔らかくなるまで約10分煮る。
後半に塩と砂糖を加える。
火を止めて荒熱を取り、ベーコンだけを取り出しミキサーにかける。
鍋に返し味を見て塩で調え、食べやすく切ったベーコンを乗せ、好みでオリーブ油をかける。


自分はかたまりのベーコンは冷蔵庫にないし、わざわざ買ってくるのも面倒なのでソーセージとハムで代用した。
スープの材料
ズッキーニの量からすると玉ねぎもジャガイモも量が少ない。
これらを多くし過ぎるとズッキーニの味が殺されてしまうそうな。

出来たので最初の一口はオリーブ油なしで、その後ちょっと垂らして飲んでみた。
オリーブオイルをたらした方が美味しく感じた。
ズッキーニのスープ


4人分作ったので後は冷やして飲んでみようと冷蔵庫へ入れた。




日本縦断こころ旅

火野正平が自転車に乗ってあちこち走っている番組のある事は知っていたがしっかり見た事はなかった。

番組欄で「岐阜県養老公園・岐阜市梅林公園」とあったので録画しておいた。

リスナーから届いた心に残る風景の場所を自転車で訪れるという番組だった。

今回は養老公園の芝生広場。
滋賀県から25キロ走ってから大垣~名古屋方面まで見渡せる芝生広場で読者からの手紙を読む。
ようろう公園芝生広場

養老~大垣までは電車で移動し、そこから梅林公園までの20キロ程度は自転車で走る。

梅林公園は母と弟と3人で田楽を食べたのが思いでだという56歳の方の手紙だった。
梅林公園は梅の実がそのまま。
とってはいけません

「とってはいけません」と看板があった。

なめし・田楽をやっているお店が定休日だった。

しかしそこはそれ、NHKさんならというわけで、早速豆腐の田楽だけは出てきた。
denngaku

「親子3人でただひたすらに田楽を食べた」という手紙を読み、正平もひたすらに田楽を食べていた。
外で田楽を


岐阜市からは郡上市だとか。
毎回観たいかと訊かれると「うーん」である。

ネットワーク構築

公民館のPC同好会ではネットを使えないWindows98パソコンを使っていた。
自前のパソコンを持参する人が増えたきた。
一応目安としては来年4月までにネットを使えるパソコンを用意して欲しいと要望があった。

自分はとりあえずそれはクリアしているので買わなくてもすむ。


最近先生が各人のパソコンを順番に回って何やらされている。
皆目分からなかったのだがネットワークの構築をされているようだ。

公民館内でファイルのやり取りができると言われた。

「他の人のパソコンの中身が見えるの?」とまず心配をする。
「そんな事はないでしょう」と思いながら先生に尋ねる時間もなくて帰宅してから検索した。



マイクロソフトサポートで初心者でもわかる!ホームネットワークでファイル共有を眺めた。

はじめにファイル共有のメリットを確認 http://support.microsoft.com/kb/2485631/ja#Merit
から始まって少しずつ見ていった。
ホームネットワークという説明だがこれを公民館内に置き換えればいいのだろう。

2860090.jpg 
2860091.jpg



ステップ1
① ファイル共有の前提条件を確認しよう
② インターネット環境が構築されているかをチェック
③ Windows のバージョンが異なる環境でのファイル共有


ここまでは理解できた。
肝心のその後からが難しい。

ステップ2
① ファイル共有の設定
② ワークグループ名の設定
2860092.jpg

③ 共有オプションを有効にする
ファイル共有では、他のパソコンからこのパソコンに対して、どのような利用を許可するかを設定する必要があります

これが今回一番心配したことである。

④ ネットワークの場所を確認
⑤ 共有フォルダにファイルを置く

うーん、だんだん理解不能になってきた。

「ソロモンの偽証」を読破できるか

宮部みゆききの「ソロモンの偽証」を予約しておいたのが持って来て貰えた。
どかんと大作3冊である。700ページ余を3冊。

1週間経ったがまだ1冊目が終わっていない。
登場人物が山ほどいて、その一人ひとりに語らせるという手法なのである。

うーん。ちょっとうんざりしつつある。冗長と言う感じである。
話の展開が進まないのがどうもなのである。

読後プレビュー等を見ると1巻の終わりごろから面白くなるとあったのでそれを信じてもうちょっと読んでみるか?
ソロモンの偽証1


7月10日に次の巡回図書のバスがやってくる。
次のリクエストの方に渡すまでに読みとおせるか、それとも途中で放棄するのだろうか。



肌寒いくらいだったのであったかいスープを作ってみた。
「トマトとトウモロコシのスープ」
トウモロコシとトマトのスープ
材料は2人分で、水500cc・鶏がらスープの素小さじ二分の一・トウモロコシ1本・トマト小1個・片栗粉・塩。ゴマ油・胡椒。
水に鶏がらスープの素とコーンを入れ5分程度煮て、1センチ角に切ったトマトを加えて一煮立ちさせ、粗塩で調え、水どき片栗粉を加え、勢いよく沸騰したら卵を回し入れる。(かきまぜない)
コショウとゴマ油を加える。

簡単だし、トマトが苦手な主人も飲んでくれた。

ものぐさ太郎が揚げ物をすると

揚げる調理は出来れば避けたい。
しかし、「チビいもでコロッケ」はこの時期掘りたてのいもだから出来る定番調理なのでやっとこさと腰を上げて始めた。
ネットに入れてごしごし洗い、薄皮がほとんど取れた所で茹でる。

チビいもの一部は甘辛煮も定番である。
さっと揚げた物を煮る。

ナスが3本あるのでついでにこれも揚げた。

まずはコロッケ

甘辛煮用に

揚げ浸し

揚げ物はついでにやるという「ものぐさ太郎」である。

甘辛煮には七味を振るとおつまみにいいと教えて貰ったので煮つけたら試してみようと思う。

揚げたてコロッケは美味しい!

ラベンダー

パソコンのデスクトップ画面は貰った時のままで、大自然の風景が時間の経過で切り替わっている。

今の時期だとこれなんかは「おお、きれいだ」と思う。
デスクトップのラベンダー



歯科の近くのお宅では屋敷の北と東側にラベンダーが植えてあって通る度に「何時咲くのだろう」と心待ちにしていた。
先週の歯科の日にもう咲き出していたがカメラを持っていなかった。
最終日の17日は持って行った。

きれいに咲いてミツバチがぶんぶん飛び回っていた。
ここら近辺でこれだけきれいに咲いているのは初めてなので動画まで撮ってしまった。


ピンボケ動画ですが下の画像クリックで飛んでいきます。




ジャガイモ収穫とコロッケづくりの予定

だんしゃく1キロ キタアカリ1キロの種イモを入れておいたジャガイモの葉も少し枯れてきたし、今後の天気と相談して全部取り込んだ。

大・中・小・極小と混ざっているが、キタアカリだけでこれだけ収穫出来た。
チビジャガイモ

このチビいもでコロッケを作ろうと思い、ネットに入れてごしごしを洗うところまで済ませてヨガへ行った。
大急ぎで帰って洗濯機を回しておいて、ご飯の食べないまま予約してある歯科へ。
済ませて帰宅し洗濯物を干した所へ姉がやってきた。

日ごろご無沙汰ばかりしているので山のような話がある。

主人がお茶とお菓子を出してくれて一層話が弾み、陽が落ちようとしている時刻になってしまった。
「気をつけて帰りゃよ」と送りだした。

コロッケはとても出来ないのでチビジャガイモは今日はポテトサラダに変身した。

コロッケは出来なかったがいっぱい話が出来て楽しかった。



本日の不始末。
コーヒーをペーパーに入れようとして紙にちょっと触って外へこぼしてしまった。
コーヒーの粉をこぼす

先だっては外食先で味噌汁の最後の一口を飲もうと手にしたつもりがつるっと滑ってテーブルの上へあけてしまった。
指先の感覚が鈍って来ている事を思い知ってさびしいのである。

ハウスの内と外

近辺で数年前から始まったイチゴの栽培勉強の施設がどんどん拡張されている。

今も数棟建てられつつある。

そのハウスで今年栽培されるであろう苗が着々と準備中。
イチゴのランナー
親株から出てきたランナーをカップで受け止め苗を育てるらしい。

一方こちらは個人のおうちのハウス。
きゅうりやトマトが栽培されているのだが外に張り紙が・・・
張り紙

自分には読めないが、読んで分かる人用の張り紙。

張り紙で警告しようと、とって行く人は取って行くという悲しい現実ではある。

ラッキョウ

正直言ってラッキョウは好きではない。
それなのに昨年兄から貰った土付きラッキョウを少しだけプランターに入れておいた。

さして肥料もやっていなくてほとんど無関心状態だった。
ちまたでラッキョウ漬けの話を聞いて「そうそう、どうなってうかなあ」とスコップで掘り起こしたら一応玉が出来ている。
プランターのラッキョウ

ならばと全部掘りだし上下を切って洗った。
題して「ネットで洗顔」 外側の皮がきれいに剥ける。
ネットで洗顔

「ピカピカ美人になりました」
ピカピカ美人

今回は一度塩漬けにする方法をとってみた。

ラッキョウは220g、塩は5%の11g。
まずは塩で
3日ほどしたら甘酢に漬けようと思っている。

昨年のブログを見たら1キロの甘酢漬けが作ってあった。
ほとんど食べていないから今年も食べないかもしれないのに無駄な事をしている。

と思いつつ又、プランターに昨年と同じように残りものを埋め込んだのである。

達目洞で

過日百年公園の花菖蒲をめでた帰りに「寄って下さい」と頼んで行った所は岐阜金華山の東麓の達目洞(ダチボクボラ)。
水が湧き出し小さな川が出来ている。
逆川(サカシマガワ)といい、ほんの少しだがヒメコウホネが咲いている。
単に咲いていると言うと保存に手をかけておられる方に申し訳ない。
見せていただくというのが本当かもしれない。
こんな場所なのだがこの写真には映っていない高架の道路が上を走っているのである。
こんなところ

ヒメコウホネを確認し、川のふちを歩いてチョウやトンボを眺めてボーっとした時間を過ごした。
達目洞で

動画を撮ったのでユーチューブへアップした。

達目洞の蝶

達目洞のオオカワトンボ

はちみつレモンマリネの鶏肉で

「さわやか風味・応用自在」とある鶏肉のマリネを用意した。

鶏もも肉1枚 塩小さじ2分の1、レモン2分の1個、はちみつ大さじ2分の1。
鶏肉に塩をもみ込み、10ほど置いたのち、ペーパーで水気をふき取る。
レモンは輪切りを2枚切り、残りは絞る。
保存袋にレモンの輪切りと肉を入れ、レモン汁とはちみつを入れもむ。
袋の空気を抜き、密閉し30分以上置く。


自分は鶏もも肉を2枚マリネした。
袋に入れる時に、1枚を半分に切り、1袋は冷凍保存した。
はちみつレモン漬け


1日後に半枚使用した。

玉ねぎ1個と残りもののアスパラを炒め塩コショウ。
取り出したあとにそぎ切りにした鶏肉を皮から3分、返して1分弱火で焼いた。
アスパラ玉ねぎ添え

後の半枚は冷やし中華の具に使おうとレンジで加熱した。
レンジで加熱3分+1分
これで明日の昼食は決定した。

味の方はレモンの風味があってそれなりによかった。
塩麹や醤油麹をまぶしておくのが定番だったが蒸し暑い時期にはこれもいいかなと思った。



大発見!というか教えて貰って食べたズッキーニのインスタント漬物。
4つ割にしたズッキーニを簡単何とか漬けの元というので漬けただけ。
美味しい!
キュウリもいいし、セロリの漬けものもさっぱりとしてお茶漬けさらさらだ。
ズッキーニ漬物

セロリ漬物


課題は何にしよう

仲良しグループでフリーのソフトを使って色々お遊びをしている。

以前はTさんが課題指定や掲示板に提出された作品の解説その他参考資料などすべてをやっていて下さった。
我々はおんぶにだっこで課題をクリアすることだけだった。
それでさえ大騒動していたのだった。


半年以上過ぎてから「課題提出を順番にしよう」ということになった。

その順番で今週に課題を出さなければならないが「さて何を指定しよう」とあちこちネットで見回った。
梅雨なので「雨を降らせる」がいいかなあとも思ったりもした。
しかし、作品と作るとなるとちょっと違うかもと思う。


そして、ふと思いついたのは、我々の掲示板でお猿さんが温泉に浸かって湯気もうもうとしている場面あって、そこから「湯気」とか「霧」とかを作るのはどうかというのだった。

最初はflipflopさんのPhoto FiltreとJtrimを併用して「マグカップから湯気」というのにしようかと思った。

他のところも見てまわった結果、以前同好会で少しだけやったAzPeinterを使ってみるのはどうか。
AzPeinter使い倒しのREIKOさんのページで「霧を発生させる」というのがあった。
作業自体は面倒ではない。
しかし、なにせずいぶん前に使っただけのソフトなので簡単な事でさえ「えー?どこにあるの?」とか「出来ない!」とかなってしまったりする。


「はい、このページを参考に作品を作って下さい」と言うだけではブーイングが起きそうなので、自分がやってみて躓いた所の注意を画像を貼って説明しようとテキストの作成に取り掛かった。

このテキストが余計なお世話になるのか、参考になるかどうかは分からないが配布することにした。
説明テキスト


さてどんな作品が見せて貰えるか楽しみだ。
おっと、自分も作らなければいけなのだ。

いまどきの絆創膏類

何故か、土曜日の夜に両肘の皮が剥けた。
打った覚えもないし、こすった覚えもない。
ましてや火傷をしたわけでもないのにぺろりと皮が剥け、「何だこりゃ」と言う感じでその皮を引きちぎった。

24時間後にそこから浸出液が出て来ている。
ガーゼを当て伸縮包帯で落ち着かせ一晩過ごした。

包帯をしていると如何にも大げさで、絆創膏を探したが小さなものしかない。
ドラッグストアへ行ったら、あるある。
色々な物が並んでいた。
昔人間は「あれもよさそう、これもいいかも」と目移りがしてしまう。

プールにも入りたいのでパッチの上からぴたりと貼る防水シートも買った。

いまどきの絆創膏


両肘に


肘なのであまり目立たず「どうしたの?」と訊かれる事もなかったが、本当にこれの原因は何だったのだろうといまだに分からないのである。

摩訶不思議!

今の畑と天気予報

今週の天気は梅雨らしい雨や曇りの日々のようである。

我が畑は低地なので良好な晴天でもいいのである。
しかし、天候だけは儘にならない。


長雨が続くとズッキーニは腐るかも知れない。
ジャガイモの葉っぱはまだ青青としているので全部掘るのはためらわれる。
探って掘り出して食べたり、娘に持たせたりはしている。
が、こちらも長雨だと腐ってくる可能性もある。

玉ねぎの収穫時は長雨の予報にせかされてまだ元気なのを抜いてしまって「しまった!」だった。
(予報はすっかり外れてほとんど雨は降らなかった)

ほんの少しの野菜でも天気と相談しながら収穫時期を見計らうのが悩ましい。
こんな事で悩むのは幸せで平和な証拠か。


今の畑はきゅうりが元気。調理用トマトは3本のうち1本が駄目みたいである。

今現在 

ラタトゥユ

夏の定番料理のラタトゥユを作ろうと思うのだが、ズッキーニがある時にナスやトマトがまだ生っていない。

やむを得ないのでナスとピーマンを買って来て在庫品の缶詰のダイストマトを使った。
人参も買ってきた物。

ニンニク・玉ねぎ・ハーブのタイムは自家製。
ラタトゥイユ13

水を使わないので焦げ付かないように注意しながら30分。
最初は蓋をしたまま、最後には蓋を取って水分をとばす。

生のトマトは食べない主人もこれは完食してくれた。
(故にトマトを食べさせようと調理用トマトを育てるのである)

昨年とった種を蒔いたきゅうり。やっと第1号を収穫出来た。
新鮮!いぼいぼが手に刺さった。
今年のキュウリ1号

探り掘りしたジャガイモのサラダに使った。

ベジブロスってなあに?

「おい、これ煮物とかに使っていいぞ」と言われたのはお茶か野菜ジュースのようなもの。
ベジブロスと書いてある。
ベジブ

「なに、これ」と尋ねたら「検索してみろ」と言われた。
たまたま配信されたメールにベジブロスについて書かれていた。
ほとんどそのまま転載。


「ベジブロス」とは・・?

野菜の「ベジタブル」と、だしを表す「ブロス」を合わせた言葉で、野菜の皮やヘタなどを煮込んだ「野菜だし」のことです。
野菜のうまみがたっぷりの「ベジブロス」を味噌汁やソースに使うだけでコクが増して、いつもの料理がぐんっとおいしくなります♪

ヒミツは「ファイトケミカル」と「煮込む」調理法にあったのです!

* … * … * … * …* … * … * … * …*

「ファイトケミカル」とは・・?

植物が自らの身を守るためにつくり出す成分のことです。
活性酸素から体をガードする抗酸化作用があり、第七の栄養素として注目されています!

【豆知識】
今までは五大栄養素(タンパク質・炭水化物・ 脂質・ビタミン・ミネラル)を 摂ればいいとされていましたが、 近年では食物繊維が第六の栄養素と言われています。

「煮込む」と細胞壁に守られている「ファイトケミカル」の成分がしっかりスープに溶け出します。

野菜を煮込むとスープに色がつきますよね♪

それは「ファイトケミカル」がスープに溶け出している証拠なんです。

普段捨てている「皮」や「ヘタ」に体にいい「ファイトケミカル」が多く含まれているのでこの「ベジブロス」が注目されているのですね^^

* … * … * … * …* … * … * … * …*

「ベジブロスの作り方」

【材料】
・野菜の切れ端(両手1杯分)
※よく洗ってください。
・酒(小さじ1)
・水(1.3リットル)

すべてを鍋の中に入れ、沸騰したら弱火で20~30分コトコト煮るだけ!


へえ、主人はきっとテレビで見たに違いない。
そういえば野菜室にネギの切れっぱしや玉ねぎの皮がビニールの袋に詰まってあったので「このゴミをどうして取っておくの?」と訊いた。
「ええから、そのままにしとけ」と言われたのだった。

いやあ、参った!参った!

では一番に味噌汁でも作ってみようか。

麦の収穫風景

ついこの間色づいて来たなあと思っていた小麦が黒っぽいくらいの茶色になって収穫の時を迎えている。

機械であっという間に刈り取られている。

小麦収穫

手で刈っていた居たのは何時頃までだったか。

手で作業していた頃は畝を高く作るので、畝と畝の間に溝が出来る。
それを「はざこ」と言っていた。
大雨が降ると川の水が流れ込み、一緒に魚も入ってくる。
二人一組でカンテラで照らしながら魚を追い、先方でたもを当てている相方の方へ追いつめる。
はざこに魚が居れば絶対逃がす事がないひぶり漁だった。

日本昔ばなしである。

ホタル見物

5日の夕食中に「ホタルを見に連れて行って」と頼んだ。

夕食にアルコールを摂取しなくなったのでこんな事も願えるのだ。

岐阜市西郷地区の板屋川である。
ホタルを保存するためにきっと色々な事をされているのだろうと思う。

橋から下流の橋まで、歩く所はきれいに草刈がされていて歩きやすいし、ぐるりと一周しながらホタルを眺めての散策は気持ちがよかった。
「きれいだね」「あ、飛んだ」等の声がカエルの合唱をバックに聞こえた。

西郷地区のみなさん、ありがとう!

コンデジではホタルの写真は無理なのに、無駄な抵抗をしてやってみた。
下の画像をクリックでユーチューブへアップした板屋川ホタル2013へ飛んでいきます。



忘れないうちに

ホームページ更新で大汗をかいた。

そうだ!忘れないうちに自分のホームページもやっておこう。


仲良し掲示板へ投稿した物をまとめて自分のHPにアップしたのが1月。
それ以降更新がしてなかったのでページ作りから始めて出来たのがその5・6・7である。

下の画像をクリックで仲良し掲示板でのページへ直行。


それからちょっと前にアップしたのは公民館まつりである。
それは ⇒ ここから



我が家のパッションフルーツ、めでたく今年初めての開花。
すっかり開き切っていたのであわてて授粉した。
2013初花


そうは問屋がおろさなかった

公民館のHPの更新を頼まれていて手直ししたのを持参してあった。
「もし不具合があってもアップする時に直せばいい」位に思って月曜日に行った。

「あるクラブのページからクラブ一覧へ戻って来れない」との事だったのでリンクの設定をもう一度やり直しても例のお手手のマークが表示されない。

何時まで触っていても駄目だったのでそれは後からもう一度直すことにして、転送ツールで「左よし、右よし」と確認しながらサーバーにアップした。(つもりだった)

IEを立ち上げて確認したら全然更新されていない。

トップページの最終更新日。講座の予定。クラブ・サークルといずれも古いまま。

2時間余り悪戦苦闘したがタイムアウトで過ごすごと退散した。
簡単に済ませるはずだったがそうは問屋がおろさなかった。


「ホームページビルダー16」があれやこれやと注文をつけてきたクラブのページのファイル名を、分かりやすく書きなおした。
ファイル名を書きなおしたのでクラブ一覧からのリンクも設定し直した。

クラブで躓き 
クラブ一覧


何度も何度もチェックを入れて完成させ、火曜日にもう一度トライした。


電車の運転士さんのように「あれよし。これよし」と呼称をしながらパソコンを触っていた。
その間にかなりのお客さんも来られたので、「何かブツブツ言いながらパソコンを触っている人がいる」と不審に思われたかもしれない。

「なんでやね」と数度パソコンに文句を言ったけど、前日のように大ごとにはならず(1か所のリンクがおかしいのはもうそのままにして)何とかアップした。

IEを立ち上げ公民館のページを開き、F5キーで更新したらすべてアップされていた。

やはり一個のリンクがおかしかったがもうこれで勘弁して貰うことで了承を得た。

10時からの筋トレクラブに丁度間に合った。


帰宅して何はさておいてもと、公民館のHPを開いて一つ一つ確認した。
例のリンクがおかしいというページもすんなりとOKだった。
公民館のパソコンで駄目だったのは何だったのか?
分からないけど「更新できたからまあ、いいや」と言う事にした。

やっと更新完了


苦になっていた大仕事が何とか終わってやれやれである。

来年は他の人にねたぐることにしようっと。(岐阜の方言でなすりつけるの意)

わあ、かまきりだ!

雨でも降らない限り毎朝畑を一周する。
(と言っても、狭い畑の事であっという間に済むが)

インゲンの花はもう咲いたかな?とじっくり眺めたら・・・
かまきり1

手にしてある竹の棒にカマキリの卵の嚢とおしもイナバウワー状態で孵化中のもいる。
いましも孵化



そして葉っぱを裏返したらいるわいるわ。
見たら気持ちが悪いだろうと画像を縮小した。

いっぱいいた


動いているのはユーチューブの動画で。 → カマキリの赤ちゃん
結構可愛い感じです。

鳥 

キンシバイが咲きそろう川べりで・・・・
キンシバイが 

物思いのゴイサギ


水田では ・・・・
田の草取りのかも



右や左を見ながら今日も自転車でのんびりと行く。

選手交代

狭いのにあれやこれやと作りたがるので畑は大忙しである。

スナップエンドウ、沢山生って沢山食べた。
先端まで千切ったので終了とした。
エンドウ終了


すぐ横ではインゲンがもうすぐ花が咲く所まできている。
次はインゲン



玉ねぎを収穫した。
数が少ないので一手間かけ、皮を剥いた。
勿体ないようだがこれをするとすぐに薄皮がはり、この薄皮はぴらぴらと落ちない。
玉ねぎ収穫皮をむいて



その後地に、昨秋種取りをしておいて、自分で蒔いた、西村なすと甘長ししとうを植えた。
西村なすを植える



選手交代の畑である。


要注意はjパッションフルーツ。 ここの2株は沢山の花芽が見えている。
早いのはもうすぐ開花だ。
開花寸前



時間を間違えた

金曜日はヨガと骨盤調整エクササイズを受講している。

31日の9時半に公民館へHP更新の手直しした物を見て貰いに行った。
主事さんは丁度パソコンを開いておられ、USBメモリーにバックアップを取っておられたので少し待っていた。

手直ししたフォルダを上書きして「直っていますかねえ」と開いたページでいきなりミスが見つかる。
「あらら」
やっぱり自分ではいいと思っていても違う目で見て貰わないといけななあ。

そこだけは直したがその他はゆっくりと見なおして貰うことにし、来週にアップする事を約束して公民館を出たのが10時10分。
遅くなったけど10分あれば行けるし、30分の開始には大丈夫間に合う。(定員に達していなければ)

受講する人が書く用紙がもう受付にはなかった。(先生が早めにもっていってしまったのだなと思った)
「満員でしたか」と受付に尋ねたら「いえ、余裕はありました」との事で安心して更衣室へ行き、ヨガマットを持って2階のスタジオへ。
階段を上がりながら誰の話声も聞こえなくてえらく静かなので、そこでやっと気が付いた。

今月から10時30分開始が10分早くなって20分開始なのだった。
5分の遅刻だった。
どうしようか迷ったが、静かに静かに入室して隅の方へ入らせて貰って受講した。

ヨガの遅刻は周りの迷惑になる事は承知していながら厚かましい行為をしてしまった。

次からはきっと忘れないようにしよう。



つるバラのサラバンド、雨が降って一気に花びらが散ってしまった。
バラの花びら


切り戻したビオラ、きれいに咲きそろっている。
切り戻したビオラ


プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
05 ≪│2013/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索