お手引き

忘れていた結婚記念日。

過去に結婚記念日について書いた記憶があるので、ブログ内検索にかけたら6年前に告白記事があった。
自分で読んでもこの記事は面白い。
最近読者になって下さった方にお勧め記事である。

6年前のブログ記事

思い出した場面。
実家へ仲人さん夫妻と新郎が嫁さんを迎えに来て、一緒に式をする婚家へ。
結婚した相手先は近くだったので歩きの嫁入りだった。
嫁さんの車も要らず経済的だった。

玄関から入らず、座敷まえから「お手引き」という役目の女の子に迎えられて婚家へ入った。

手をとられて

このお手引きさんをしてくれた主人の姪たち。
今では孫がいるのだから年月の流れは怖いくらいだ。

そして、人の縁とは誠に不思議だとしみじみ思うのである。



琵琶湖湖岸道路

守山市なぎさ公園の寒咲菜の花を見たいと所望して出かけた。

米原からずっと湖岸道路を南下する。
片側が琵琶湖なので信号交差点というのがごく少なく、快適な道で主人もご機嫌である。

なぎさ公園の菜の花はボランティアの方々が手入れされている栽培物で、満開だった。
しかし、黄砂みたいにもやっていて対岸の比良山系の山並みが見えない。

ここでのイメージは、「黄色の菜の花、その向こうに琵琶湖、そしてその向こうのには雪を頂いた比良山系の山並み」なのである。借りた写真で。
借りた画像

係りのおばあちゃんが「すみませんねえ、折角お越しいただいたのに山が見えなくて」と言われ、かえって恐縮して協賛金をチャリンと投入した。
菜の花2 
菜の花1


その後の予定は安土城跡・長浜慶雲館の盆梅と思っていたのに急遽「ここまで来たのだから草津市の烏丸半島の琵琶湖博物館と水生植物公園みずの森へ行ってみよう」と変更した。

みずの森は冬とあって、温室内は別として外は枯れた草や花をきれいに刈り取りお掃除中。
春の草花は鉢植えでかざられていた。
冬なのにここへ来た一番の目的は、13haにおよぶ蓮の咲くという場所を確認したかったのである。
「すごいよ!」と話に聞いているのだがいったいどんな場所なのか、もし見に来るとしたら何処から眺めるのがいいのかなど事前に知っておきたかったのである。

わかった。
蓮群生地の場所 

みずの森へ駐車できれば入館してちょっとした高台から全体を眺めるのもよし、東ゲートから出てまじかに花をみるのもよしである。(ずっと歩けるコースがある)

今はこんな状態である。
ハスの痕跡 
岸辺には蓮の実ごろごろ。蓮の実ごろごろ


湖岸道路の方から眺めれば風車と共にいいショットが撮れそうである。
借りた写真で見てみると・・・
借りた写真蓮満開
ああ、やっぱり見てみたい。

7月終わりから8月初めの短期間だけの事だから連れて行って貰えるかどうか。
お願いしたら「朝の7時から開館?そりゃ近辺で泊らなきゃいかんな」と言われてしまった。

ウロウロし過ぎてタイムリミットで(運転手の希望である、陽が落ちるまでに帰宅するスケジュール)残念ながら博物館は次回へと持ち越しになってしまった。

ご希望通り、午後5時過ぎには帰宅出来た。

結婚記念日をころりと忘れていた。
まるッと49年経って50年目に突入した。
来年の2月24日は50周年の金婚式である。
めでたし、めでたし。となるかな?
hanataba1.gif

Nippon Archives

こんなサイトへ行った。
Nippon Archives


その中に「美しき日本」というカテゴリがあった。
gihu.png

奈良県や三重県があったが岐阜県もあった。
岐阜県のあちこちが3分くらいに纏められていた。

よく知っている岐阜県から見るという不思議さはどうして?

そして中山道17宿から観た。
「小紅の渡し」がこんなロマンチックな風景として登場していた。
美しき日本から小紅の渡し


他のもぼちぼち眺めてみようと思った。

あまりの好天気に

好天気が続くのでつい干し野菜を作ってしまった。
(天気がいいと探してでも沢山洗濯をするのと似ている)

大根は切り方を変えて干してあったのが出来上がったので、手持ちがある人参と玉ねぎをまず干した。

朝と夕方ではかなり変化していた。
朝の状態

夕方には

椎茸とレンコンを買った来て追加で干した。
シイタケとレンコンも


前の干し野菜は蒸し大豆と煮た。出汁を使わなくてもいい味になった。 お日様、様さまである。

干し野菜と蒸し大豆 

思い出すと腹立たしい

市立図書館の悪口になりそうなので書かないでいた事があるが、思い出すと腹立たしいのでこういう事は吐き出した方がいいのではないかと思い書くことにした。

この地方でも雪が降った2月のある金曜日。

「こちら市立図書館です。ご希望の本を2冊ご用意できましたので本日の巡回図書へお越し下さい。足元が悪いですからお気をつけておいで下さい」と、お知らせに親切な言葉を添えての電話だった。

自転車では行けない積雪だったのでアッシー君を頼んで出かけた。

「お電話ありがとうございました。」と予約を本を受け取った。
何冊かリクエストしてあったので「何かな?」と見ると、上下巻本のそれぞれ下巻だけである。

「下巻ばかりです」と言ったら「気がつかなくて申し訳ありません」と謝られたのでそれ以上追及はしなかったけど後になるほど腹立たしくなって来た。

リクエストの本を探したり用意したりするのはこのバスに添乗している人たちかどうか?
いずれにしても注意が足りない。
巡回してくるバスの中も上下本の片割れだけしかない本もよくある。


新しい図書館も来年には開館するとか。

図書館へ出かける事が困難な者にとって大事な、移動する自動車図書館。
片手間のような扱いはして欲しくないと切に願うのである。

ああ、塩野七生さんの「皇帝フリードリッヒの生涯」を読みたいよう。
来月はきっと持って来て!
バス



しらさぎの餌捕り 2

昨日の「しらさぎの餌捕り」動画をユーチューブでいじってみた。
ユーチューブの動画エディタというものを使った。

動画エディタでは、次のことができます:

• 結合: アップロードした複数の動画や画像を結合して新しい動画を作成できます。
• カット: クリップを適切な長さにカットできます。
• 音楽を追加: 使用が許可された音声トラックのライブラリから音楽を選んで動画に追加できます。
• カスタマイズ: 特別なツールや効果を使用してクリップをカスタマイズできます。

動画エディタは http://www.youtube.com/editor で利用できます。



「スローモーション」というのに惹かれたのである。
羽ばたいているのだけ4倍のスローモーションに替えた。


その他、タイトルや繋ぎの仕方などはムービーメーカーの方がやりやすいし、変化も多い。

かわった事をちょっとやってみたかったのである。




ぼうーっと眺める

白鷺が川の中にいるとついボーっと眺めてしまう。

近づくと飛び立ってしまうので遠目に見ている。

「あ、餌を捕ったらしい」と。
餌を取る白鷺


カワセミの青い背中を久しぶりに見た。
久しぶりに背中かわせみ


こちらもさーっと飛んで行ってしまう。
不思議な事に田圃の方へは飛んで行かず、水の上を上流や下流へと飛ぶのである。

餌を捕っている白鷺の動画をユーチューブへアップした。(全く暇人である)

種じゃがいもの種類

ジャガイモ種を買いに行って来た。

昨年はチョンボして粉質系統を2種類作ってしまった。
(男爵とキタアカリ)
今年は間違えないように上記のうち、どちらか1種とメークインを買ってくるのを忘れないように頭に入れて出かけた。

dansyakdanu04s.jpg  maiMayQueen04s.jpg  kitakitaakari12s.jpg


結局買ってきたのはメークインとキタアカリを各1キロずつ。
上手く行けば15倍になるそうだから合計で30キロ?
捕らぬ狸の皮算用をしている。

大根は完食。
白菜も数株残っていたのを収穫し、新聞紙にくるんで保存した。

跡地に肥料などをばらまいたが起こす所までは出来なかった。

前から起こしてある所へ、男爵いもの芽の出た物を20個、植えた。(どうせ捨てるいもなのだから駄目でもいいやと)
少しでも早く収穫出来ないかと、いい加減なビニールを掛けて保温にチャレンジである。

ムズムズと動き出したのを見て、ジョウビタキが飛んで来ていた。




ラザニアと行方不明のカメラ

前日の宿題をブログに書いたら、「Wordでこうしたら出来るのでは?」とさっそく教えて貰えた。
やってみた。出来た。 ありがたや、PC仲間 !
それも触った事がある所ばかりで出来た。
WORDでテストタンポポ

tちゃん、このやりかたを教えられたそのまま伝授しますからね。




年末に頂戴したまま置いてあった「ラザニア」なる物を消費することにした。
箱にはすぐ作れるようにすべての物が入っているらしい。

耳にはした事がある「ラザニア」、食べた事はない。

トタン板のようなものを添付のアルミ容器に板の山が互い違いになるように積んで、お湯を入れ3分。

鍋で茹でる代わりの簡易なやり方みたい。

湯を捨て、板状のもの(ラザニア用のパスタ)も取り出しておく。
アルミ容器の底に、これまた添付の2種類のソースを敷き、パスタを乗せ、ソースを乗せと繰り返す。

そして後は焼くだけ。(温めたトースターで15分焼いた)
ラザニア焼く前

皿に乗せるのが本当なのか。
ラザニア焼きあがり

ま、これは一人分なのでこのまま食べることにした。
ナイフで適当に切ってフォークですくって・・・

説明書を読みながらやったのだが、本来の味はどんなものなのかも知らないけど、不味くはなかった。

作って食べてしまってからネットでラザニアと検索している。作る前にやればいいのにバカだねえ。

チーズを一番上に乗せて焼いたらもっと良い味になったのじゃあないかな?



夕方、これを記事を書こうとして画像を取り込もうとしたらカメラがない。

今日は家から外へは持ち出していない事だけは間違いないと探した、探した。
恥を忍んで主人にも「どこかで見かけなかった?」と訊く。
「テーブルの上にあったのは見たぞ」との答え。

いくら捜しても見つからない。
井上陽水が「♪♪ 探すのをやめた時、見つかる事もよくある話で・・・♪♪」と言っているので一時休止した。

他の記事にしようとノートPCを以前のモニターに繋ぐ所へ持って行った。
そしたらその机の脇のかごに入っているPCの資料入れ袋の下からカメラのストラップが見えた。

カメラだけ先行してデスクの方へ持って行ったらしい。(記憶は全くない)
主人に報告したらただうなずいていた。

これからこんな事が多くなるのかしらねえ。

Tちゃんからの宿題

筋トレに行ってtちゃんから宿題を貰った。

「画像の一部を自由に囲んで、その中を半透明などにしたい」そんな質問だった。(と思った)

筋トレを「イチ、ニ、サン、シ」とやりながら頭は完全にパソコンへ行ってしまっていた。
Wordでは出来ないようなあ。Jtrimもむりだろうなあ。などと。

帰宅してまずやったのはこの宿題ではなく、公民館まつりに提出する作品が未完成だったのでまずそれからだった。
チャチな物しか出来なかったが「終わり!」と宣言した。

そして、今日の宿題に取り掛かった。

これはどうだろう?Photo Filtre


画像を開いたら複製を作り、選択は既製が嫌なら投げ縄ツールで
複製を作り選択は投げ縄

選択範囲をしめしたままでその範囲を変化させる。今回は「補正」からやってみた。(フィルタなどで多数の変化が可)
選択した状態でたとえば色相変化

色相変化2 

境界線も描いてみた。
境界線を描くなら 

こんな風になった。
変化した選択範囲

が、tちゃんの質問に合った答えだったか?
それとも「そうじゃない。こうしたい」と再注文があるかもしれないが、その時はまた一緒に考えればいい。同好会仲間なのだから。



全く知らないスノーボード 女子パラレル大回転。
竹内という選手が予選を1位で通過したとのニュースを聞いて、それからはテレビを点けっぱなし。
決勝はトーナメントで2回ずつ滑る。
決勝まで進んで銀メダル。いやあ、驚いた。

スノーボード・フリースタイルってよく分からない。
20日の朝には女子フィギュアショートの結果も出ているだろう。




春の気配

水菜とエノキでインスタントなスパゲティを作ろうと、鉢植えの水菜を採りに行った。

冬に食べたいのでふんわりとビニールをかけてあった。
チョンチョンとハサミで切っていたら、あらら、もう花を咲かせる準備をしていた。
水菜のつぼみ





クラブの更衣室で帰宅したら何を食べるかの話になった。

パスタを食べるつもりなのでジップ袋にスパゲティを水に浸してあると言った。
「水につけておいたパスタはあっという間に茹だる」と話したら「そんな事は知らない」という人が数人。
1名だけ「聞いた事がある」と援護して貰えた。
「明太子入りがいい」とか「貝のがいい」とか盛り上がって喧しかったので、関心のない人には迷惑をかけてしまった。

予定通りスパゲティを茹で(2分茹でた)最後に水菜とエノキを投入し、オリーブ油と醤油で和えて黒コショウを振って食べた。
菜花だったら春のパスタとなるだろう。

キルタンサスが咲きだした。
キルタンサスが

姫リュウキンカが1輪咲いた。
初開花姫リュウキンカ


はっきりとは見えなくてもひそやかな春の気配が感じられる。



ミッション・インポッシブルとスパイ大作戦

11日の祭日に美容院へ出かけた。

パーマをかけたりカットをしてもらいながら先生とおしゃべりをした。


自分はバラエティ番組は全く知らないので「えー?そんな事までするの?」など、新人のお笑い系だけでなく結構な俳優さんなどが登場してまな板の上に乗っている事などを教えて貰った。

又、「あの俳優はいいね」とか「あの女優は下手くそ」などと言いたい放題も。


テレビでやったトム・クルーズの新作「ミッション・インポッシブル/ゴーストプロトコル」の話になった。
先生はこの映画がお気に召したとか。
自分も以前に観たのだが、どんな話だったか全く覚えていない。
超高層のビルのアクションシーンばかり思い出すだけである。
トムクルーズが歳とったなあと感慨深かった事も思い出した。

昔、テレビドラマでやっていたと話したら流石に「知らない」との事。
題名はミッション・インポッシブルでなく スパイ大作戦だった。
テレビもあの特徴ある音楽で始まっていやがうえにもハラハラドキドキを期待させたものだった。

懐かしのスパイ大作戦と音楽をチラッと観てみたかったらちょっとだけ ここで。

「おはよう、フェルプス君」とやっている。

野菜の蒸し煮

キャベツどっさり・ニンジン・きのこ類にベーコンも入れて少々の水でスープの素も入れて蒸し煮を作った。

タッパーに入れて保存し、朝食のパンのお供である。

適量を鍋に取り、水を足してスープにする。
最初はごく普通にコンソメを足した物にした。

以下、いろいろ。
野菜の蒸し煮


コーンの缶詰を足したのもあった。

後少し残っているのでトマト味にして食べようと思っている。
色々入りすぎていないので、その都度変化が付けれるのがいいのだろう。

5日間で食べきったので、数日したら再度作っておこうと思う。




データ放送で銀メダルを確認してから録画でスキーのジャンプを見た。
仲間の祝福画面やコメントに「長かった日々だったろうなあ」とうるうるしてしまった。

「火天の城」

1月に巡回図書で借りた本は朝井リョウ「何者」

山本兼一「火天の城」  同「花鳥の夢」
火天の城プレート火天

安土城を建てた棟梁岡部。
岡部親子の葛藤と共に、石工・瓦・木挽きなど数々の職人たちの心意気を描いている。
大丸太や大石を運ぶシーンも印象的である。

その城に絵を描いたのが狩野永徳で、岡部に案内されて城の中をみてまわるシーンがある。

「花鳥の夢」
花鳥の夢

狩野永徳。
稀代の名作『洛中洛外図』を描き、時代を席巻した永徳が、描くことの極みを目指しながらも自分とは違う絵を描く長谷川等伯をねたむ。
狩野派という一派を束ね、描き方の踏襲をしていかねばならない。47歳で没した。
上杉本右隻640PX-~1

足利義輝の依頼で描いた「洛中洛外図」は将軍が死に信長に買い取られ、それが上杉謙信に贈られたと書かれている。
左隻640PX-~1
上杉本「洛中洛外図」一双の屏風にはおよそ2500人あまりの人物が描かれているそうである。

上図をもっと細かく見れる所はここ

嫉妬した長谷川等伯。この人を書いた安部龍太郎「等伯」という本も読みたくなったのでリクエストした。


山本兼一氏の訃報を14日の新聞で知った。
「利休にたずねよ」から始まった山本氏の本を読むツアー。
「弾正の鷹」「千両花嫁」「ジパング島発見記」「信長死すべし」そして今回の2冊。

出てくる言葉の意味がわからずさっと流し読みが出来ない。
例 狩野永徳がふすまにあたりを取る。 あたりって?と検索したりするので時間がかかる。
時間はかかるがその分本の中に入り込める。

まだまだ書きたい事はいっぱいあっただろうに如何にも早すぎる死である。



金メダルかもしれないスケートを、生で観たいと前半はうつらうつらとしながら2時半からしっかり見た。
2度も転倒したから駄目かもしれないと思ったが高い点数が出て驚いた。
細い体、中性っぽい衣装と顔つきがマッチしていた。

フラワーセレモニーで、今しも中央の台にあがったところだ。

安心して眠ろう。

忙しかった一日

午前6時半に起きた。
これは自分にとっては早起きの部類に入る。

前夜、リアルタイムで渡部選手の銀メダル獲得を観た感激の名残が残っているので新聞を読むのにも力が入る。
コーヒーを飲みながらと言いたいが午前8時に胃の内視鏡検査が待っている。
洗濯だけ済ませて自転車でクリニックへ。

十二指腸潰瘍は治っているが、薄皮が張ったような状態なのであと3カ月くらいはゆるい薬を服用するのだそうである。
両膝のヒアルロンサンの注射や、血液検査(潰瘍からの出血で変化はないかどうかなど)、ピロリ菌は除去はされたのか?
等など。

ピロリ菌が除去されたかどうかは検便でするそうで採取の説明がやけに丁寧だった。
水溶液の中へ採取した便を入れるのだがその液をこぼさない様と懇切丁寧な言葉だった。

旦那さんが待合室にいた。(薬を貰う日だったらしい)

薬局へ回る時、玄関を見たらこのクリニックでは珍しく15足以上の履物が並んでいた。

2種類の4週間分の薬を貰って帰宅したら走り回ったせいか、催して来た。

ならば、忘れないうちにとさっき教わったばかりの便の取り方通り採便し、折り返して又クリニックへ行くことにした。
「お墓参りもしてこよう」と菜花や水仙・キンセンカ・白妙菊などを用意した。

さっそうと(自分で言うとおかしいが)自転車で走って行ったら、先ほどクリニックで会ったうちの旦那さんとすれ違った。
「ウンチ、うんち」と袋を見せたら即了解してくれた。

先ほど帰ったばかりの私を見て、受付の方が「???」という顔をされたので袋を見せて「持参しました」と言ったら「ああ、はい。早かったですねえ」と笑っておられた。

さっとお墓参りを済ませ、すぐそばにある簡易郵便局で当選した2枚のお年玉の年賀状で切手シートを頂戴し帰宅した。

12時30分だったので雑炊の残りをチンして食べ、午後1時からのパソコン同好会へと出かけたのであった。
午後1時の開始時間にぎりぎりセーフだった。

そこではお遊びばかりで何という事もせずに2時間を過ごした。

おなかが空いたのでコーヒーを淹れ、バナナと主人からのお裾わけのアーモンドチョコレートをかじりながら、このブログを下書きしている。
前半、大忙しながら後半はのんびりまったりの一日だった。


寒い日が続くが春のイメージの花たちはやはり黄色である。(時々気まぐれさんの枠をお借りしてGIFアニメで)

春のイメージ 



バレンタインデーをすっかり忘れていてチョコの用意がしてなかった。
tyoko.png



生ではなく、7時前にハイライトの時間に見ただけだが羽生のショートプログラム、すごかった。
今夜はコーヒー飲んで起きていなくちゃ。
それとも一度寝てから起きるか?
それが問題だ!


迷惑メールの怪

迷惑エッチメールがまだ来る。

差出人や差出人ドメインを受信拒否にしても、来るたびに差出人が変わっているのでこれらは有効ではない。
エッチな文字列を列挙してメッセージルールで迷惑フォルダに入れるやり方はかなり有効である。

差出人が毎回変わっている事はわかったが、宛先が我がアドレスの物もあるが、そうでないのもあるのを発見して驚いた。

「プロパティ」の詳細を見たらこうなっていた。
我がアドレスではない。
宛先

そこからネットで検索を始め、ちょっとお勉強した。

そもそもメールはこうして送られるというのは以前に聞いたのでわかっていた。

局留めの郵便物だと思えばいい。
送ったら自分の局から相手の局のボックスまで配達され、そこで相手が開封するまで保管される。


そこまではわかっていたが、今回わかったのはその郵便物はエンベローブという封筒に入れられて送られ、配達先のボックスに配達された瞬間に封筒は廃棄されるという事だった。
70_sendmail.png

封筒の宛先さえ正確なら、中にどんなに沢山のいい加減なアドレスのメールが入っていてもボックス内で待機する。
我がアドレスをどこかで入手はしたに違いないのだが、送りつけてくる差出人はというと、全く分からない。

詳細の中の上の方のReturn-PathとかReceivedとかをたどって云々とあるがこれ以上はわからずじまい。

毎日メールをチェックして、網にひっかかったか、それともすり抜けたか、さて確率は?


20時間程度で6通の例のメール、すべて迷惑フォルダーに直行だった。
迷惑フォルダの×をクリックすればすべて削除だ。ウシシ。



朝井 リョウ 「何者」

丁度1年前の148回直木賞を受賞した作品。
巡回図書でリクエストしたのがやっと届いた。
nanimono.jpg

朝井リョウ、やっぱり自分はのめり込めない。
感性が違うのだろう。

次回の巡回バスの図書に返さなければいけないので流し読みをした。
就職活動、いわゆる就活の大学生。

親戚の修士1年のの子に「『何者』そのままの状況かね?」と尋ねたらキョトンとしていた。
全く本を読まないらしい。
自分たちの今の状況をどんなふうに書いているのか全く興味がないのだろうか。
ばあちゃんはその事に驚いたのだった。

なつかしや!「彩彩畑」のシームレステキストで遊んでみた。「何者」のイメージ?
nanimono.png 




迷惑メール、自動的に削除出来ているのもあるが、新手のも来ているので語句を指定して新たに網をかけた。
こうなると迷惑メールもちょっとした楽しみになってしまった。


迷惑メール

パソコンのメールはWindowsライブメールを使っている。
と言ってもほとんどは頼んであるお知らせメールである。

最近、エッチなメールが入って来る様になって大弱りである。
会員登録などもこのアドレスを使うのは不味いと思いながらそのままだった。


入って来る度にいちいち削除は鬱陶しい。
いちいち削除は
とりあえず、今入って来る迷惑メールを削除することにしようと腰を上げた。

まずは自分のメールの設定を眺めたらクリックしないのに開封してしまう様になっていたのでチェックを外して止めた。
オプション読み取り

次にセキュリティのオプションから
セキュリティのオプション

迷惑メールの処理レベルを 低から高に変えた。
迷惑メールの処理レベル

次にエッチな文字列が入っていたら迷惑メールだとするルールを作った。
フォルダからメッセージルールの作成
フォルダのメッセージルール 

迷惑メールのルール 

迷惑メールのルールに件名に含まれる文字列を入れ
タンゴの入力

本文に含まれる文字列を入れ
単語の入力本文に含まれる

それらの文字列が入っていたら迷惑メールとして削除する設定をした。

今のところ入って来ているのはエッチなメールだけなのでこれらの文字列でかなり削除出来ると思う。


2007Wordでルーラーを使う

今ごろになってword2007の使い方に四苦八苦している。

需要がなかったので全く触らなかったツケが回ってきたのである。

今日はテキストボックスについて。

テキストボックスの中の一部分だけ字下げをしたかった。
最初にこれでやってみた。
ページレイアウトからインデント。出来た。
テキストボックスツールのページレイアウト

確かルーラーというのでやったことがあると記憶はしているのだが、そのルーラーの表示をさせるのがわからなかった。

「こんなところにあったのね」第2弾 
ルーラーの表示 

ルーラーで左インデントjpg



公民館まつりのチラシ作製前にこれらの勉強をしておくのが本当だった。
遅きに失したが無駄な事ではないと自らを慰めている。



今日の料理 鶏レバーのワイン煮
鶏レバーのワイン煮


血抜きをし、下ゆでした鶏レバー400gを、赤ワイン1カップ・はちみつ大さじ2・醤油大さじ2に入れ、3mm厚さに切った生姜100gを乗せて30分ほど煮る。
毎日少しずつ、生姜も一緒に食べるつもりである。

ミネストローネ

キャベツが丸々残っている所へ大きなキャベツを貰った。

生で食べていてはとても消費しきれないので煮て食べることにした。

パン食にあわせてスープにすることにした。
その名もイタリア風に「ミネストローネ」

要するに何でも野菜を入れて(キャベツどっさり)、生のトマトはないのでホールタイプの缶詰を使い煮込んだのである。


使った野菜はキャベツ・シャガ芋・人参・セロリ・玉ねぎ・インゲン豆(茹でたのが残っていたので)
ベーコンを使いたかったが無かったので、さっと茹でた薄切り肩ロースをほんの少し。
インゲンも 

鍋にいっぱい出来た!
鍋にいっぱい


まずは朝食のパンのお供に・・・・
まずはパンのおともに


昼食には別鍋に小分けして、マカロニを入れて食べようと思っている。
なまかわ主婦健在である。


サバ缶ドライカレー

テレビでみたサバ缶ドライカレーを作ってみた。

玉ねぎ・サバの水煮缶・クミン(シードはないけどパウダーならある)・カレー粉・トマトケチャップ・粉チーズ・生姜・ニンニクなど手持ちで揃ったので朝食後にちゃちゃっと作った。


家じゅうにカレーの香りが・・・
スプーン2杯を試食した。
鯖缶ドライカレー

スポーツクラブでヨガを受講した。
目を閉じて深い呼吸をしたら、自分の体や息からカレーのにおいが漂う。
隣の人まで届いてしまったかな?

昼食にうどんに乗せて食べた。
昼食はうどんに



夕食にはディップとしゃれて、セロリにつけて食べた。
夜はディップとして


明日もにおうだろうか?

義兄の死と家族葬

義兄(姉の夫)が亡くなったと連絡が来た。

認知症もある義兄の自宅での生活は主として姉が面倒をみていた。
息子夫婦が別棟で暮らしているが二人とも身障者。
87歳の兄を84歳の姉が看るのはさぞ大変だったろう。

デイサービスを受けたくとも、医者が大嫌いで介護認定をして貰う為に何度病院やら医者へ連れ出そうとしても駄目だったらしい。
が、昨夏「家じゅう皆で診て貰うのだよ」と近くのクリニックへ連れて行く事に成功して、介護認定をして貰い、デイサービスも決めたが今度はそのサービスに行くのを嫌うという日々だったとか。

姉ももう限界だという所まで来た矢先、食事が摂れなくなり入院して検査したら片肺が真っ白で、子供や孫を呼び寄せたそうで、それから一日経たないうちに息を引き取ったそうだ。

寝たきりの生活の面倒を見ることになるのだと覚悟を決めたら「十分看て貰った。もういいよ」と言わんばかりの急逝である。


そしてその葬儀を家族葬でやりたいとの連絡だった。
いままではおじさん・おばさんの死去は息子や娘も知らせ、葬儀にも出席させていたが、今回は我々だけで願いたいとの事だった。
通夜・葬儀とも普通どおりの式を行い、祭壇も普通である。
ただ出席者が直系の親族のほかは、兄弟関係くらいまででお互い知った人がほとんどで、いわゆる通夜ふるまいでは甥がどんな状況であったかとかを話したり、孫たちがどんなおじいちゃんだったかを話したりして和やかに故人をしのんだ。

「おばさん、母のところで話を聞いてやって」と甥に言われて、ずっと隣にいてそれこそとどまる事を知らぬ話をただうなずいて聞いていた。
話すことでショックや悲しみが薄らぐのかもしれないと・・・

供花・香典は受け取らず、初七日法要も引き続いて行ったがご仏前も辞退だった。

昨今こうした葬儀もあり、是非も言われているが喪主である甥が決めた事で、本人は「和やかに落ち着いた雰囲気でおくってやりたかった」そうである。

この葬儀場にした理由もみんなに話してくれた。

12月に徘徊で家を出て行方が分からなかった義兄を見かけて(倒れていたらしい)車に乗せてなんとか家を探して連れて来てくれた人がこの葬儀社の人だった。
息を引き取った父親をみて頭に浮かんだのがこの葬儀社で、連絡したら偶々空いていた事も幸いしてここに決めたそうな。
「何か縁があったのだなあ」と。

沢山のお下がりのお菓子を頂戴して、微笑んだ義兄の遺影を後に家路についた。(ああ、誘惑されそうな甘いものの数々)
お下がりのお菓子




追記
通夜での導師のお話の一端で日蓮宗の数珠の話がでた。

この数珠はこうした箇所をあらわしている。
日蓮宗数珠

数珠のかけ方はひねって右中指に2本の、左中指に3本の方を掛け両手をしっかり合わせる。
nichiren_img2.jpg

「へえ」とこの歳になって初めて知ったことだった。

干し野菜など完成

2日間は快晴だったのにその後が天候不順でやきもきした、干し野菜ミックス・干しきのこミックス・薬味ミックスと三種の干し物が出来た。
あ、きのこミックス用の玉ねぎだけがまだ乾燥してなかった。

乾いた野菜など

薬味ミックス


野菜ミックスはひじきと煮た。野菜類は硬めで歯ごたえがある。
コリコリした食感


きのこミックスはジャガイモ(レンジで蒸した)とセロリでスープに化けた。
musita.jpg
セロリも入れて

見た目はさほどだが、味は抜群! ダイエット食としていいかも・・・
ダイエット食にいい


いずれの干したものも直接鍋に入れ、ひたひたの水で少し煮て、水を吸って戻ったところへ調味料を入れる。
(ひじきも戻さずに干し野菜と一緒に煮た)

かなり手間ひまかけた乾燥物もとりあえずこれで一段落である。

ファイルが削除された

ブログ開設と同じ頃に始めたホームページ。

最初の頃は訳も分からないまま次々とアップしていたが、この頃では自分さえ覗かないような状態が続いている。
しかし、「動画」というジャンルは比較的新しいし、ごく稀には更新もしていた。
(ユーチューブの動画ではなく、ホームページ上の動画)

ふと過去の動画ページをクリックしたら、ページはある。動画を見るエンジンはあるが肝心の画面が真っ黒。

調べてみるとやはり動画のファイルがない。
それじゃあと各フォルダに動画のファイルをアップした。

インターネットエクスプローラで確認したらちゃんと見えたので一安心したのだった。

ところが翌日もう一度自分のホームページの動画を覗いてみたら又真っ黒。

また調べたらアップしたその夜に動画のファイルがなくなっている。

最初はウィルスに感染したのかと思った。
FC2のQ&Aで探した。
Q&Aでさがした 
消えた理由

そうだったの?と削除されたファイルの容量を見てみた。
こりゃ、駄目なはずだわ。
フォルダの中身は

動画内で唯一削除されなかった噴水の動画。
なるほど、1MBを切っている。
噴水フォルダ

では、と動画すべてをHP上から削除して、メニューからも削除した。
メニューから消えた


誰も見ない(自分も)HPは捨ててしまってもいいのに未練たらしく残してある。


いくらなんでもねえ・・・

体重がマックス状態である。
原因はわかってますよ。

三食はばっちり食べる。その間色々食べる。夕食後にも食べる。
必要なカロリーを大幅に上回る摂取カロリー。
このいやしい口をなんとかしなければ・・・

で、毎度ながらここで「頑張ります!」と宣言し「頑張ってるかね」と言って貰い、心と口を引き締めようという事である。

スポーツクラブで正月明けに測って貰った体組成。
あるべき姿

自分のは典型的な肥満型。塗りつぶした所を公開すると冷や汗・脂汗でちょっとは減るかもしれない。
体検査


「筋肉量はあるので食事の見直しと有酸素運動でカロリーを消費しましょう」とインストラクターの助言を聞いたにもかかわらずその時以上の体重増加。

とにかく甘い物の間食を極力控え、食事内容も野菜中心にしようと庄司いずみさんのレシピを色々プリントして片っ端から作ってみようと決心したのである

その第1弾が干し野菜を作る事で、まだ乾燥しきっていないのでその他のを作ってみた。

大根とえのきのサッと蒸し(1人前) 庄司いずみ

大根 100g{約3センチ)をごくごく薄く切る
えのきだけ 小半パック(50g 石突きを落とし半分に切る)
塩 小さじ4分の1

鍋に大根とえのきだけを入れ塩を振り、全体にざっと混ぜる。
蓋をして中火にかけ、鍋が温まったら弱火で3分蒸し煮する。 出来上がり。
大根とえのきのさっと蒸し
ゴマ油をちょっと垂らしてパンの朝食と共に。
ヨーグルトなども食すが昼までもたせる為の苦心作。
思いがけず味はいいので毎日でもいけそうだ。

もう一つはおからのソーセージ。庄司いずみ
おから・片栗粉・豆乳・オリーブオイル・ケチャップ・セージ
全部混ぜ、ソーセージ型にまとめて5分蒸す。

油を敷いたフライパンで転がしながら焼きつけ、ケチャップを絡める。

おからソーセージ

一個食べてみたけど自分としては残念ながらバツ印だった。

間食をせずに昼食となり、作ったのが

「エノキと豆腐の梅炒飯」 庄司いずみ
一人分の材料
a えのきだけ 200g ざく切り
a 生姜 1片 10gみじん切り
油 適量
bごはん 半膳(80g)
b木綿豆腐 100g
梅干し 大1個(実をたたく)
ネギ
塩・胡椒

油を熱してaを炒め、エノキがしんなりしてきたらbを入れ炒めあわせる。
全体がしっかり温まったら梅干しとネギを入れ、塩コショウで味付けをする。
エノキと豆腐の梅チャーハン


チャーハンに豆腐を使うのは初めてである。
エノキも半端でない量を使ってあるのでご飯の量が少ないのに満足感がある。
梅干しの酸味が丁度いい具合でこれは定番になりそうである。
インスタントのわかめのスープと一緒に食した。

現在午後4時。
これまでのところは甘いものには手を出さず、食事はちゃんと摂った。

運動はヨガ50分。水中ウォーク60分で◎である。

頭の中のスイッチ

そもそもそれは魚を煮たことから始まった。

美味しく煮え、食べた後の煮汁を見て、この煮汁でおから炒りを作ろうと思った。

朝食後、すぐ始めた。
椎茸は戻しておいたので刻んでOK。
冷凍の油揚げを湯通しし、人参を冷蔵庫から取り出す。

そこからおかしくなった。
ひじきを水に漬けたのである。しかも30gも。

もうすっかりひじきモードになっているので「レンコンもいいとか載っていたなあ。」とか「竹輪も入れよう」となった。
冷蔵庫を開け、おからが目について、はっと目覚めた。

本来のおから炒りの頭にスイッチが切りかわって、人参は細く切ってヤレヤレ。
ゴマ油でまず野菜を炒め、おからも入れて炒め、椎茸の戻し汁と魚の煮汁を入れ火を止めてからネギをしたした。
おから150g入りを買って来たうちの100gを使っただけなので量的にはさほど多くはない。
okara 炒り煮



戻したひじきもそのままにしておけないので、人参(細めの拍子木)レンコン(薄いイチョウ切り)竹輪・油揚げと共にオリーブ油で炒め、弱火で10分ほど煮た。

青味は?と冷凍室をかきまわして見つけた枝豆を散らして完成。
こちらはどっさりとした量になった。
怪我の功名ひじき

どちらも半分は冷凍保存室行きになり、後日又登場するだろう。

頭の中のスイッチの接続が不良だったが怪我の功名で朝から二品の料理が出来た。
「よしよし」と自らを慰めている。

「よしよし」の後で、「ひじきは干し野菜ミックスと煮る」のが本当なのだったと又落ち込んだ。

尾野 真千子&男優3人の識別

尾野真千子。
ほんの少ししか見た事がないのだが魅了された女優の一人である。

ドラマ「夫婦善哉」
小野と森山未来夫婦善哉

ごく最近の「足尾から来た女」もよかった。
小野真千子


土曜日の新聞の週刊テレビ番組表のインタビューに出て、紹介されていた「最高の離婚Special 2014」
2月8日とあったので、さっそく録画予約しておいた。



彼女とは関係ないのだが、自分の中でごっちゃになってしまう男優が3人。
  • 森山未来   ダンスも踊れる人(モテキ)で観た
  • 北村有起哉  北村和夫の息子
  • 柄本佑     柄本明の長男 弟も俳優

男優3人


北村はまだしも後の二人は「えーっと、これは・・・」となってしまうのである。

干し物

よい天気なので干し物に集中した。

と言っても洗濯物ではなく、野菜の干し物である。
テレビでやっていたのが、今までのように単品でなく色々な野菜やきのこ類をセットで作るのが面白そうだったからである。
雨の後は天気が回復するとあったので前日に買い物をして準備を整え、珍しく早朝から包丁の音をさせた。

日があがる頃には準備完了でぶら下がったり、鉢花の受台に色々並んだ。

野菜煮物用セット。大根・椎茸は300gでその他は200gずつ。
野菜ほしもの1

干しものダイコン 

干しものシイタケ


スープなどにいいというきのこセット。
きのこセットの分量 

きのこセット


最後は薬味セット。ちょっとどうかなあと思ったので分量は少なめにした。チャーハンや野菜炒めにいいらしい。
薬味セット

天気はいいし、風も吹くので「どれどれ」とPCを触りながらも何度も覗きに行って乾き具合を確かめた。

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
01 ≪│2014/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索