春の庭の花

春の花をフラッシュボックスさんでスライドにして貰った。





インターネットエクスプローラーが何やら言っているのでグーグルクロームをインストールして使ってみた。

グーグルクローム使用


エクスプローラーバーを表示するのはどこ?
いつもお気に入りやフィードを使っているのでまずはそこからスタート。

今日も雨降り。パソコンの前で過ごすことになりそうである。

お気に入り(こちらではブックマークとおっしゃる)をインポートして使えるようにした。
以下画面キャプチャで紹介。

設定から

設定をクリック

まずはこれくらいから

ツールバーにブックマークフォルダが示される
ツールバーにブックマーク

新しいページをブックマークに追加するときは
新しくブックマークする



とりあえず今日はブックマークを探せるようにだけした。

藤・フジ

雨の予報が出ている。
9尺藤とか言われる長く下がる藤の開花した様子を見たいとやきもきする。

朝早く(6時半)に出かけた。
1時間はかからずに到着できた。
場所は1週間前に行った津島市の天王川公園である。
駐車の仕方も分かっていたので近場の空いている所へ停めた。

9尺藤が八分咲きくらい咲いている。
とってもきれいだ。水に映る様子がいい。

早朝で多いのが本格的なカメラマンとジョガーさん達。
人が少ないから3脚も使えて傑作が写せるのであろう。
tusimano 藤

こちとらはコンデジである。
何でもいいから撮影して家へ帰ってテレビで見るのが楽しみなのである。

1時間くらい見物して「さて、どうする?」と訊かれた。


「江南市の曼荼羅寺公園も」と欲張った。

ここは藤の種類が多い。
曼荼羅寺の藤

九尺藤もゆったりとした藤棚で気持ちよさそうである。
新聞に紹介されていたが、足利フラワーパークの指導で藤の再生をさせたので、花つきもよくなって見違えるほどになったとか。
その指導の一端が、見物者が藤の根を直接踏まないようにボードウォークと言うのか通路を板張りにしたのだそうな。
ボードで通路
藤棚もまだ余裕がある様子なので数年後はもっと素晴らしい藤を見せて貰えるだろう。

天王川公園の九尺藤を動画にしてユーチューブへアップした。
曇った日の朝なので本来のきれいさが出ていないのが残念である。




ローズマリーの剪定

沢山の花が咲いていたローズマリーだが花も終りになって来たので思い切って強剪定ををした。

こんな風に咲いていた。
ろーずまりー満開 

ばっさりと切った。
剪定したローズマリー

最初に植木鉢に入れて地面へ植えたまま大きくなったので不安定である。
ばっさりと切ったので少しくらいの風なら大丈夫!
70リットル(だと思う)のゴミ袋にいっぱいになった。


今日の花。イベリスとスイートアリッサム。満開である。
イベリス満開

スイートアリッサム満開



微笑ましい光景

何時もの通り道に知っている方の畑がある。

以前はご夫婦でやっておられたが最近は奥さんだけである。
ご主人が病気をされたせいでもう畑仕事は引退されたのだなあと思ってはいた。
奥さんは自転車に乗って来られる。

今日、自転車を見かけたが奥さんの姿が見えない。
「どうされたのかなあ」と周りを見回した。

小さな車が停まっていた。
よく見ると、ご主人と奥さんが並んでソフトクリームを食べておられた。

そうか。一人で畑仕事をしている奥さんの為にソフトクリームを差し入れし、二人並んで食べているのだ。
微笑ましく、気持ちもほっこりとして挨拶を交わした。

この畑で 

一人さびしく待っていた?

スポーツクラブへは溶かしたスポーツドリンクを水筒へ入れて持って行く。
年中氷を入れた冷たい物である。


10時20分開始のレッスンは人気があってうっかりするとこぼれ落ちる。
天気がいいから干し物がいっぱいで、あれこれしているうちに時間は迫る。

ドリンクを用意しようとしたら水筒が無い。
探してもない。
仕方がないのでピンチヒッター登場。
ピンチヒッターの水筒

レッスンの受付を済ませてから尋ねた。
「パープル色の水筒の忘れものはなかったでしょうか?」

受付嬢がすっと取り出したのは、まさに我が愛用の水筒である。
大きすぎず(350ml)使い勝手が良かったのでちゃんと残っていて嬉しかった。

こんな感じでポツンとロッカールームに一人寂しく持ち主が来てくれるのを待っていたのだろうなあ。
ひとり寂しく

悪かった。許しておくれ。大事に扱うからね。

緑も色々

全くもってさわやかな天気だった。

洗濯を山ほどして干す。
発酵させたあったボカシ肥料を広げて発酵を止め、乾燥させる。

自転車で走り、まわりを見回せば、緑・緑である。
その色合いも種々である。花もいいけどこうした緑もいい。
緑いろいろ

午後はパソコン同好会でお勉強をした。
先週、Word文書の中にWordによる表計算をやった。
誠に困難であった。(こういうふうにも出来るという練習)

今週はそれと同じ表計算をエクセルでやった。
簡単な請求書の中の一部だったのですぐ出来た。
その表計算をWordへ貼りつけて文書を作るのだと思い込んでいた。(先生はエクセルで請求書全部を作って欲しかったらしい)
今回のように請求書ならコピーして貼り付ければいい。
しかし、その表をワークシートとして貼り付けるような時にはどうするか?

どこかに「形式を選択して貼り付け」というのがあったはずだと探しだした。
そしてどういう形式でを選ぶのがこれだった。
形式を選択して貼り付け


すぐ忘れるので画面キャプチャでテキストを作った。

ワードへ貼りつけ

やり方を忘れるといけないのでメモ帳を作ったが、このメモ帳の保存場所が行方不明になる恐れが十分にある。

テレビドラマ「ロング グッドバイ」のギムレット

テレビドラマ「ロング グッドバイ」を観た。
浅野忠信(探偵)綾野剛(しゃっきりしない男)が不思議な事に友人と言う仲になり、バーで「ギムレット」というカクテルを飲んだりする。
pic_midokoro02.jpg

レイモンド・チャンドラーの探偵物を昭和50年代の東京に設定した「ハードボイルドだど」と言われる作品である。
「ロング・グッドバイ」と番組を読んだ時はこれが「長いお別れ」という日本題の本だとは気がつかなかった。
(村上春樹訳ではロンググッドバイであるが、自分は目にもしていない)

全5回の第1回を観ただけなのだが「戦後の復興から豊かさへの転換」という時代設定だそうで、それなら何となく雰囲気は出てると思った。

次回以降は柄本明や小雪等も出てくるらしい。

「長いお別れ」も読んだような気がするだけで読んでいないのかもしれない。
ネット検索で色々調べた。

ギムレット  ジンをベースにライムジュース(甘味入り)を足しシェイクする とあった。

こんな事も書かれていた。
無題

ドラマではオールドファッションドグラスで飲んでいた。
gimureto.jpg

これはギムレットを飲んでいるのではなかったのか。
確かめようとしたが録画は消してしまったし、再放送も済んでしまっていた。

何故ギムレットにこれほど拘るかというと、ギムレットというお酒がこのお話では重要な小道具だからである。
遺書にも書かれていたし、最後に出てくる「ギムレットには早すぎる」という台詞も重要である。

友情と別れ。 男として筋を通すというハードボイルド探偵に乾杯!



どんな所?

20日に冷蔵庫にガソリンの領収書が貼られていた。
「あれ?給油して来たの?」と尋ねたら「また急にお出かけの所望があるといかんでねえ」との事。
ならば、お出かけせずにはいられまいと希望したのが、尾張津島の天王川公園。
そこの藤まつりが24日から始まるという。

行った事がない。パンフレットを見ていてもまつり期間中の駐車についていまいち分からない。
おそらくすごい事になるのだろう。
まつり前に、偵察がてら出かけてみるかと、22日に開花状況をネットで見たらこんな文字が・・・ ええ?
今朝の情報

同じ愛知県の藤の双璧である曼荼羅寺公園ではカピタン藤は見頃だとある。
駄目で元々と昼過ぎから愛知県を目指した。


まずは弥富の三ツ又池公園という所へ。

遊水地に作られた公園で芝桜が沢山植えられていた。それなりにきれいだった。
三ツ又池公園


池を巡る遊歩道脇(約2キロ)に植えられていたのは、延々と続いてとてもきれいだった。
yuuhodouzoi.jpg


ナビさんに頼って津島市の天王川公園へ。まつり前なので駐車場もすんなり入れたし、無料だった。
24日からの藤まつりの準備であちこち大忙しである。

藤はどうなのだと見てみれば、水路を挟んで植えられている9尺藤は頭の方が咲き始めている。
咲き始めた9尺藤
これがするすると伸びて開花した様はパンフレットでおなじみであるが、270メートルに及ぶこの藤棚の藤が水面に映ったらさぞ素晴らしい光景だろう。
また落ちた花で水面がびっしりと埋まるそうだ。(今年は開花が早いので今月末にはそのような状態になるかもしれないとか)
ライトアップもあり。

まだ咲きそろわないままの花の下でボランティアの方が色々話して下さった。
藤まつりだけでなく(駐車はどうするのと詳しく訊いた)津島神社の大祭である尾張津島の天王祭に関する話もして貰った。
7月第4週の土曜日宵祭と翌朝の朝祭を是非見に来て下さいと言われた。

この方。(ブログに写真OKを貰った)巻わら船を見たくなってしまった。
お話をしてくださった方


早咲き種はこのように見頃であった。
天王川公園の藤1

天王川公園の藤2

天王川公園の藤3 


帰宅途中に竹鼻別院の藤を見てこようかと思っていたが、ここで立派なのを見てしまって寄る気力がなくなって直行で帰った。
ガソリンを給油して準備しておいてくれたお陰で思いがけず2ヶ所も花見が出来た。またもや 謝!謝!である。


「神谷玄次郎捕物控」

NHKの時代劇で「神谷玄次郎捕物控」と「銀二貫」というのをやっているが、後者は好みではないが前者は原作が藤沢周平だし、主役の役者がいい。

高橋 光臣という俳優で、全く知らない人なのだが何か惹かれるものがある。
役柄かもしれないが(自堕落な定町回り同心、ひとたび事件が起きたらシャキシャキ)色気があるというか、魅力的なのである。

全5回のうちもう3回終わってしまった。

同心というと、「着流しに巻き羽織」が定番でこれが粋な風情を感じさせる。
このドラマでもちゃんと羽織が短くなっていた。(羽織の裾を帯にはさんでいる)
神谷玄次郎

原作の「霧の果て」(文庫本)がまだあった。
1986年の出版でページも黄色くなっているがもう一度読んでみようと枕元に置いた。


恋の季節

近くの川は汚れているが魚類はいる。

鯉の恋の季節である。

その水しぶきを上げながらの行動についカメラを向けてしまった。




カワセミまで飛んでいたので、その追っかけをしていてスポーツクラブのレッスン(バレトン)に危うく遅刻しそうだった。

試した重ねカツ

「油物は駄目だ」「肉は駄目だ」「おかゆが食べやすい」等、食欲がなかった主人が少しは調子が上向いて来たようで、以前より食べる量が増えて来た。

野菜のてんぷらをしてみた。
「これは食えん」と言われるかとびくびくものだったがあんに相違して「美味い」と食べたので気を良くして2日後にはカツを揚げた。

いもこさんから「薄切りロースを重ねて1枚のカツに揚げると柔らかくて美味しい」と教えて貰っていたのでそれを実行したのである。

ドカンと乗ったカツ。苦手なトマト。
重ねカツ


お酒も少々飲んで、カツも完食して「ああ、喰った、くった」と腹をなでさすっていた。よかった、よかった。

ワケギは終了である。
数日前、これをネギ代わりにどっさりと入れておから炒りを作った。(魚の煮汁を使って)
二人でパクパク食べた。
冷凍保存する暇もなく完食したのだった。
ワケギをいっぱい入れたおから炒り


開花が早い

毎年のように出かける「国田家の芝桜」
今年はもう8分咲きだとか。
きれいに咲いた花が地方紙に載っていた。
「うっそー」である。
昨年より1週間も早い開花で、その前の年は5月に入ってから見に出かけたのに・・・

じゃあ、藤の花も早いのだろうか?
一度も行ったことがない江南の曼荼羅寺公園か津島の天王川公園の藤を見に行きたいと思っているのだがと検索すると、早咲き種は開花しているそうである。
房の長い中手の品種はいつごろが見頃になるのか。
両者とも24日から藤まつりだとあり、津島のライブカメラは20日以降しか見られないそうだからいくらなんでもまだ大丈夫だろう。

近所の藤を観察に行った。
お寺の藤は2色とも咲きそろっていた。

通り道の畑の物置の陰で隠れて咲いている藤は今や満開ではないだろうか。
きれい!
近所の藤1 

近所の藤2 

近所の藤3


江南や津島に行けなくても、これを見た事で済ませてしまうかもしれない。

こいのぼり

近くの幼稚園に大きなこいのぼりが泳いでいた。

まことに気持ちよさげに泳いでいた。




暑いくらいの陽気に人間さまはちょっとぐったり!

好天続きで

好天続きでありがたい。

趣味の農芸も少しずつ進んでいる。(まだやる事はいっぱいあるが)

種まきをして発芽したものもあるし、発酵しつつある有機肥料もある。
着々と

あちこち取り散らかしてやっているのを見て、哀れを催したのか主人のサービスしてくれた事は・・・

窓ガラスを拭いて、しまってあった網戸を出して洗い、はめてくれた事だった。
南北の窓を開ければ心地よい風を感じるし、押入れも開放して風を入れた。

台所の窓は何時も苦労しているので棚まで外して洗ってくれたのには感謝!感激!雨あられである。 謝!謝!
DSC07765.jpg 

散る寸前のチューリップ

木曽三川公園のチューリップまつりは20日までだが今年は開花が早いそうで「行って来た」「見て来た」の情報が飛び交っている。

遠いところではないのでやはり「行って来たい。見て来たい」と火曜日の午後に出かけた。

混雑するだろうと、何時もは帰りに寄るお千代保さんへ先に行き、ちょろっとお参りと沢山の買い物を済ませる。

3時ごろ到着し、園内の北側駐車場へは少し待って入れた。

「花の具合は如何に?」と心配しながら行ったら「セーフ」であった。
見頃を過ぎたのもあったが散る寸前でとどまっていた。
「ピークは過ぎた」と言ったところか。

しかし、きれいな事は間違いない。

ぷらぷらと歩いたり、花の傍らで椅子にかけてアイスクリームを食べたりとゆったりできた。
気温が上がってまさにアイスクリームがぴったりだった。

主人は「しまった!」であった。
デジカメを持ったつもりが、容器がそっくりの双眼鏡を持って来てしまったそうである。
最近は出かけたらプリントして飾るのは彼のお仕事なので残念な事だった。
「去年のチューリップでプリントしよう」と言っていた。

お千代保稲荷での買い物。
大根・レンコン・デコポン・草餅・北海道産の豆色々・海苔の網(中古)
お千代保稲荷で買った豆
昨秋もこの草餅屋さんで買った北海道産の豆が美味しかったので「草餅屋さんの豆」と探しながら見つけた。

こちらは海苔を売っている店で。
海苔網

どなたかのブログに海苔網を使っているとの記事を見たことがあったので衝動的に買った。
2m×20mで900円だった。
夏場は野菜たちもネットの争奪戦になるのでこれで一息つけるかもしれない。


行って来た証拠にチューリップの写真。
0415チューリップ 
page15.jpg 

ズッキーニ定植完了

ズッキーニの定植が完了した。
ズッキーニ無事に定植

たった3株を植えるのに何日かかったのだと自分でも可笑しくなる。

数年前に教えて貰った夏野菜の(この時期の)定植の仕方。
以前の概念とは全く反対のやり方で驚いたものだった。

好天が3日位続くのを見越し、前日の夕方植え穴にどっさりと水を入れておく。
翌朝はやくに、水の中にポットを沈め(ポットが隠れるくらい)30分置き、根から水を吸わせる。
取り出して2時間そのままにし、水を葉先まで行きわたらせてから植え穴に植える。
地温が下がるので植えてからは水はやらない。

このままで翌日もその翌日も水はやらない。
植え穴の水分を吸う為に頑張るので活着が早まる。
好天にやるのは光合成を促進し、活着を確実な物にする為だ。


そうである。
最初は半信半疑だったが、このやり方で一度も枯れた事がない。
今では信じ切ってやっている夏野菜をゴールデンウィーク頃に植える方法である。


シラー・カンパニュラタが今にも咲きそうである。(お墓の花になりそうだ)
今にも開花シラー・カンパニュラタ


モグラのトンネル

ズッキーニの苗を下さるとのことで、大急ぎで準備をした。
スコップで掘り起こしていたら立派なモグラのトンネルにぶつかった。
モグラのトンネル

右手の穴は隣の玉ねぎの方へと続いている。
が、これ以上はどうしようもない。

夕方もう一度植え穴にたっぷりと水をやり、明日は好天らしいので、植え付けが出来る。
準備ズッキーニ用



トンネルと言えば芽が出て食べれなくなったじゃがいも(自家製)を植えて、ビニールのトンネルで覆っておいた。
そのおかげで、霜が降りた低温の朝も何とか生き延びて大きくなって来た。
トンネルで保温の結果

買って来た普通の種イモのほうはやっと芽が出て来たところである。
こちらは何もしてないから霜が降りたら一発で焼けてしまうだろう。
もうそれほどの低温になる事はないだろうとは思いつつも、「霜注意報」が出たらその日だけでも何かで覆ってやらなくてはと思っている。
芽が出て来た


今日も少しは畑仕事をしたのだった。花丸。

畑のお仕事

宿根草2種の植え替えは済んだ。

そこいら辺りの草をいい加減に処理した。

アッシー君とホームセンターで待ち合わせをして牛フンや腐葉土・赤玉土や培養土を車で運んで貰った。
(何故一緒に行かなかったのでしょう?)

見送ってから、自分は自転車で持って帰る肥料や種などを物色した。
混ぜて使う緩行性肥料や置き肥やらとで結構な支払いとなった。
(3月に買っておけばよかったと悔やんだ)
買ってきた用土など 

「ズッキーニ、3株残しておいたよ」と隣のKさんから声がかかった。
こりゃ大変。どうしても植え場所を整備しなくちゃ。
4月12日咲く花 

宿根草の手入れ

「やらなくちゃ」が山積みである。

桜を追いかけて出歩いて山ほど撮った写真や動画を編集したりしているうちに、草は伸び放題だし、不要な物の撤去もそのまま。
それでも花は咲いている。
page.jpg

植えっぱなしのチューリップも咲いた。
kotosimosaita.jpg


今日のお仕事は畑の片隅に植わっているフジバカマとカクトラノオを掘り出して縮小することである。
両者とも繁殖力が旺盛で地下茎を伸ばして増えてくる。
整理中のカクトラノオ

増えすぎたフジバカマ

スコップで掘り起こした所までは出来たが、ちょっとお疲れ気味で続きは明日にしようとなった。

本当に明日出来るかな?

畑も他に掘り返さなければならないところがあるのだよ。

もう一つの寄り道 フラワーパーク江南

木曽川は江南市や一宮市あたりでは本流の木曽川で県境になっておらず、南派川といわれる川で各務原市と接している。

その南派川に接しているところに国営の木曽三川公園の一部がある。
138メートルのタワーがある138タワーパークとフラワーパーク江南である。

そこへわざわざ行く事はないのだが帰り道などにはちょっと寄ったりする。

4月8日もちょっと寄った。(30分だけ時間を貰った)
芝生では親子連れがボール遊びをしていたりしてのどかである。
ふらわーぱーく江南1


この公園では今を盛りと雪柳の花が咲いていた。
南派川の方へ堤防を登ると見渡す限り雪柳で囲まれていた。
ふらわーぱーく江南2


きれいに整備された道でウォーキングには最適だなあと思った。
中段も走ったり出来るようになっていた。

そして発見したのが堤防斜面を利用して植えられていたシバザクラである。
この時期に来ないと全く分からないだろうが、奥の方(下流の方)に咲いていた。

藤棚も作られもうかなり大きくなった花房が見られる。

大がかりな作りではないが家族連れで遊ぶににはいいところだなあと何時も思う。


桜でいえばここらの木曽川堤は有名だが、今回走りながらの発見はタワーパークの東に隣接する大野極楽寺公園の桜がきれいで思わず「わー」と叫んでしまった。

来年、機会があったらこの公園へ行ってみたいと思った。
ちなみにこの公園は、国営の木曽三川公園ではなくて、一宮市の公園だそうだ。


懲りずに動画をユーチューブへアップした。
じっと見て貰うには長過ぎる(3分余り)物になってしまった。

単なる自己満足と言えるだろうが、時間のある方は観てやって下さい。
フルーツパーク2014です。

一日のお出かけで三つも記事を書いてしまった。



五条川ってどんな川?

4月8日の東谷山フルーツパークからの帰りに寄り道をした。

五条川の桜を見てみたかった。一度も行ったことがないのである。
と言うより、五条川ってどんな感じなのか知りたかったのである。

多治見市から流れてきて一旦犬山市の入鹿池へ流れ込み、その後は大口町や江南市や岩倉市を経て一宮を通り、清須市で新川へそそぐ。らしい。

五条川の桜=岩倉という図式が多い。
フラワーパークへ行く時に「あ、この川だ」と分かったくらいである。

しかし、へそ曲がりなのであえて岩倉へは行かず、大口町のはずれのあたりでずっと続く桜並木と川を眺めたのだった。
その近辺では川幅は広くないし、土手の横では畑を耕すおじさんの姿も見られてごく普通の風景である。
両岸とも歩けるようになっていて、平日にもかかわらずさっさとウォーキングの人やのんびりぶらついている人も見受けられた。

ぼちぼち花が散りかけていて、流れの緩やかな所ではびっしりと花ビラが集まっていた。

とてつもなく長い距離に桜が植えられているらしい。
その一端を垣間見たのでよしとした。




ヤエベニしだれ 東谷山フルーツパークなど

東谷山フルーツパーク(名古屋市守山区上志段見)のヤエ紅しだれが満開近いと2日前に知った。
8日は気温も上がりよい天気らしいのでアッシー君に早朝からの予約を入れた。

「何時に出発やね」
「遅くとも7時には出かけたい」の言葉に「起きれん」との返事で「先に起きた者が相方を起こす」と約束し合った。

「おい!行くんやろ」と起こされたのは自分である。

7時10分前に出発出来たが、高速を使わずに下道を設定してあったので、7時30分過ぎから通勤の車でノロノロ運転である。
結局は1時間余りの予定が(30分くらいは遅れるのは織り込み済みだったが)2時間30分かかってしまった。
が、駐車場へは何とかセーフで第3駐車場へ停めれた。
満開!  しだれの先端まで咲いている。
beniyaesidare.jpg

5年ぶりの訪問である。
前回入った熱帯果実のドームはパスしたが、弁当や果物やおやつなどを買って花の下で食べた。

ヤエ紅しだれ桜を満喫した後、最初は明治村を予定していたが急遽五条川の桜を見てみたいと思った。
一度も行ったことがないし、行きにチラッとそれらしき場所を目にしたからである。

五条川の桜というと岩倉市がよく出てくるが今回は大口町あたりになった。
水面にぎっしりと散って流れる花を見た。
流れる花びら


帰り道にと木曽三川公園のうちのフラワーパーク江南も寄って来た。

静止画でスライドのフルーツパーク動画をアップした。



「幸福な生活」と「等伯」

「永遠の0」しか読んだことがない百田尚樹の「幸福な生活」というのを読んだ。

内容を全く知らなくて借りた本だったので読みだしてびっくり!
ショートショートと言われるジャンルでページ数が14~16。そしてとラスト1行が面白い。

最後の一枚をめくると一言のオチがある。

昔むかしにロアルド・ダールという人のブラックユーモアや星新一という人がこういった類の本を書いていたと記憶している。(内容は全く覚えていない)
しかし、ページをめくって「ラスト一行」までこだわっていただろうか。

硬い事を言わずにだまされて読めば面白い本だった。
幸福な生活  目次ページ数



「等伯」は懸命に読もうとしたが上巻だけでギブアップした。
面白くないのである。
これが直木賞だって。人それぞれだろうけど・・・・
touhaku.jpg 



水玉?あるいはシャボン玉?

寒かったので風邪が悪化するといけないと(自分でいい訳をする)ストーブの前でパソコン遊びと本読みで過ごした。

パソコンでは「気の向くままに」のれんさんであれこれ眺めさせて貰い、出来そうなもので遊んだ。

「フォトショップで水玉を作ろう」
エレメンツ2という古いバージョンを、7にも無理やり入れて貰ったのでそれでやってみた。
画像の一部を切り取って、「極座標」を使い、まるく切り抜き、中心から外に向かって消しゴムでぼかすように消す。
というものであった。
「ソフト円ブラシ」などというものは古いバージョンにはないけどそのあたりは適当に不透明度を調節してやってみた。

それらしくなった。
タンポポs
タンポポに3個の水玉


何となく理屈がわかったので他のソフトで出来ないかやってみた。
Jtrimは消しゴムツールもないし、透明にできない。
AzPeinterも出来そうで出来なかった。
PictBearはほとんど触ったことがなくてパス。

最後はPhoto Filtreである。
「変形」で「極座」何とかというのはないので単に「円形」にし、切り抜いてからあとは消しゴムのブラシと圧力を使い透明度を決めて行った。
円形選択し 
円形選択切り取りしてから

名称未設定 7s
fotofiruta- degousei


こんなのも出来てしまった。以前にやったことがあったっけ?
菜の花とシャボン玉

寒いという感じがするまつりの日

暑いくらいの日があったと思うと寒い感じの日もある。

どうも風邪をひいたらしい。
3日の夕方に喉の違和感を感じ早目の手当として喉へのスプレーを敢行した。
熱は出ないが咳が少々とくしゃみ・水っぱな程度で2日間は済んだ。
今後はどうなるかわからないが、喉へのスプレーだけでここまで来た。
この程度で済んだら御の字である。


当地のまつりに桜の花が散ってしまわないか心配したが、強風の時もあったにもかかわらず頑張って枝にしがみついている。
子供のみこしが回ってきた。
子供の数が少なくなってみこしを吊るなんぞどだい無理な話で大人が担いでいた。
リヤカーに乗せていないだけましかな?

ささやかな祝儀に「バンザイ、万歳」とやってくれた。
祝儀に対して



桜はもちこたえたが、我が家の房咲き水仙はどたんと集団で倒れてしまった。
折れてしまっているので切ってお墓にお供えすることにした。
倒れた水仙で



おまつりだといっても誰も来る訳でもないし、赤飯もやめにした。
自分は赤飯が好きなのだがおそらく相方は食べないだろう。
普通のご飯でさえ嫌がっておかゆがいいというくらいなのである。

昔はまつりだというと、大掃除もしたものである。(まつりとお盆とお正月と3回はした)
何もせず、ただ普通の日として過ごしたが、子供みこしだけがちょっぴり祭り気分にしてくれたのだった。

キュウリの芽

ポットに蒔いておいたキュウリがほんのちょっとだけど芽を出して来た。
嬉しい。
キュウリの芽


春の種まきは慌てても駄目だと毎年思ってはいても失敗する。

「桜の花が咲く頃」とか「八重桜の咲く頃」と昔は種屋さんのおばさんが種の袋にいちいち書いてくれたものだった。

自家製キュウリの種は沢山あるので失敗してもいいやとポットに蒔いてあったのだ。

オクラは濡れペーパーに包んで置いたら白い芽が見えたので蒔いた。
ゴーヤは同様にしておいたけど頑固でまだ何の変化もない。
西村なすと甘長ししとう、インゲンも蒔いたがさてどうなる事やら。

花の種を蒔かなくては思いながら、毎日明日にしようと一日延ばしになっている。

宿根か、自然に生えてくるものがいいと思うようになってしまった。
そういう物が咲いている。
咲いています


消費税8%初支払い

消費税8%を支払っての初の買い物は?

スポーツクラブで一日だけのバーゲン(フィットネス用衣類)があり、パンツを1本買った。
何の変哲もないものなのだが、とにかく体が入ればいいのである。
(そう言って試着に入ったら外で皆が笑っていた)

彼女たちはデザインなど選ぶのだが私はサイズで選ぶ。

とにかくお尻も入って、これから汗をかいても穿き良さそうだし楽ちんなので買った。
買ったパンツ


4800円×1.08=5184円 30%オフなので×0.7=3629円

「はじめての8%支払ですよ」

4月2日の事だった。

長良おぶさ堤と岐阜公園の桜

武芸川のカタクリの帰りに桜見物のおまけをしてきた。
おぶさ堤の桜と岐阜公園である。

雄総の桜は近所の人が散策したりする憩いの場所という感じがした。
下の道路の端に駐車させて貰って歩いた。
可愛い女の子がお母さんにタンポポで冠を作って貰っていたりした。

岐阜公園もさほどの人出ではなく、桜の咲くのが早すぎた?

茶店で田楽ではなく、みたらしだんごを買って貰って食べた。
花もいいけど、だんごもね。

3日から5日にかけて天気が悪そうで、おまつりの5日までに桜が散ってしまわないか心配だ。
おみこしと桜は岐阜まつりの定番なのだから。

飽きずに、懲りずにムービーメーカーで編集をした動画をユーチューブへアップした。
下の桜の画像をクリックでユーチューブの2014 岐阜公園と長良の桜へ飛んで行きます。


カタクリとギフチョウ

関市武芸川のカタクリがもうそろそろではないかと午後から出かけた。

車で30分もあれば行けるので午前中はちゃんと筋トレクラブに行って来てからである。

暖かで風もほとんどないので「すは、ギフチョウ!」と臨んだ。
でっかいカメラをどっしりと据えたお方たちがおいでになると言う事は、今日は飛んで来ているという事だろう。
どよめきが起こったりした時、望遠の先を見ても残念ながらわからない。
左上の方の方達がそうである。
DSC07537.jpg


少し近くで待っていると「そっちへ行った。回った」などの声に動画を撮った。
動いているのがそうらしいという程度だが皆さんと一緒に撮ったので間違いないと思う。

つぼみはほんの少々で、ほとんど満開に近い。
見事な群生を見せて貰って感謝である。
DSC07538.jpg

DSC07541.jpg

動画で撮ったギフチョウ。一瞬のうちに見えなくなって「何処へ行った」とレンズを動かしている様子も我ながらおかしい。
ベテランのお兄さんは「ピントが合わせられないなら動画の方が証拠写真になるなあ」「興奮した声も入っているし」とおっしゃったので音声も消さず、皆さんのシャッター音も入ったままのホットな動画になった。 



先だってはm2tsという形式では駄目だと言っていたユーチューブ、今日はなぜか何も言わずにアップさせてくれた。(本当に駄目なのかと短い1本をもう一度試したのである)
ああ、わからない。

カタクリの花をムービーメーカーを使って動画に纏めてみた。
重たい動画を沢山放り込んだせいか、途中でフリーズしてしまった。
一からやり直しである。
あれもこれもざっくりと削って、これで良しと完成した。
が、エンドタイトルで、武芸川宇多院というのを宇陀院と書いているのだ。

宇多院の方、許してたもれ。
3度もやり直すのはもう勘弁しとくれんさい。

動画が結構重たいので今回のは埋め込まないので、見てみようかという方は下の文字をクリックしてYouTubeへ飛んでいってください。
武芸川のカタクリ2014

古いものでも

息子か帰省して主人のパソコン環境を変える設定をしていった。
モニターや机・椅子は新品で用意万端整っていた。

最初の話では新品をプレゼントすると言っていたが、持ってきたのはなんと、私が1月まで使っていて、「もう要らない」と息子に持って行って貰ったものだそうな。

調べたらスペックが(意味がよくわからない)まあ上等なほうで、廃棄するには勿体ない。
新品を買おうとしても適当な品物の在庫がないという事情もあったとか。

7を入れる条件を満たしていないので、メモリ1Gとグラフィックボードを買って追加したとか。
Windows7でofficeは2007を入れたそうである。

我がプリンターにも無線で飛ばせる設定をしていった。(ディスクのラベル印刷時に必要で)

「さくさく動く!」と喜んでいた主人だが例の2007Wordのインターフェースからつまづきっぱなしである。

そして季節に合わせた写真のプリントをしようとしていた時、
まずWordに写真を取り込んでプリントするつもりらしかったが、「プリンターの電源入れても印刷できん」とイラついていた。
傍へ寄って何かいうと余計に頭に来るらしい。

自分のプリンターにせず、私のプリンターのまま印刷しようとしていた。
(よくある事だ)
中央に配置できない。(ここに、こういう事が出来るようになってるよ)

ま、いろいろあらーね。
2007Wordはちょっとだけ前からやっているので少しはアドバイス出来るかもしれないが、そのタイミングが難しそうだ。
二人でぼつぼつ行きましょうや。

Tさんの環境


MOドライブ、主人はお気に入りでXPパソコンでも使っていた。
何せ古いもので、7では認識せず。
もう使わない息子が念のためと持って来たものである。
プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
03 ≪│2014/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索