ズッキーニ

雨が少ないせいかズッキーニが今のところ好調である。

頑張って食べている。

焼いて味噌の乗せて
ズッキーニ味噌で

浅漬け
ズッキーニ浅漬け

ピクルスにも
ミックスピクルス


授粉と受粉

パッションフルーツとズッキーニは開花を見つけたら花粉を付けていた。
そして、授粉?受粉?とその度に迷ったのだった。
ijpg.jpg
あやふやだった言葉を調べてすっきりした。
自分がやった行為は授粉である。


授粉を同じ日に同じような事をしても、100%成功とはいかないのが自然の面白いところかもしれない。
授粉も

そして成功した物の実績がこれである。
今日現在

手助けしようにも花が咲かない株は何とも仕様がなくて、1個か2個しか生っていない。
グリーンカーテンなのだからと言いながらも、やはり花が咲いてほしいと欲張るのである。

「建築学概論」と「スパイゲーム」

娘が来ていた時に頼まれたテレビの録画は「建築学概論」というのだった。
また新しくお勉強をするのかと思った。

録画予約は1週間前しか出来ないので忘れないようにとパソコンの横にメモをぶら下げておいた。
ずいぶん先だと思っていたが22日に無事録画出来た。

このままにしておけないのでダビングしようとチラッと見たら何と韓ドラだった。
初恋をテーマにした物だって。

ブラッド・ピットの新作「ワールドウォーズZ]というの映画の放映にちなんで何本かのブラッドピットの映画が放映された。
ロバート・レッドフォードとの「スパイ・ゲーム」
ジュリア・ロバーツとの「ザ・メキシカン」
「スリーパーズ」
「ジャッキー・コーガン」

「スパイゲーム」は以前にも観た。
が、話が時間が現在と過去と行ったり来たりだし、個人のCIA職員が組織としてのCIAをひっかけるという様な事もある。
懸命に観た。大体理解でき、まあまあだと思った。
photo_010.jpg

「ザ・メキシカン」はジュリア・ロバーツと共演だった。
しかし、期待に反して全くの駄作だった。
おしまいまで観ずにやめて寝た。(時間の無駄づかいになる)

後3本、どれから観ようか?
観てみなきゃいいか悪いか分からないから・・・

布団に入ってからふと顔が浮かんだ俳優がいたのに名前が出てこない。
「ほれ、あれだ」と出ていた映画は思い出すのにどうしても駄目だ。
パソコンをつけて検索しようとまで思ったが何しろ午前様になっているしなあと諦めた。

朝一番に検索した。
「タイタニック」
そう、レオナルド・デカプリオが出て来なかったのである。
以前もブラビと出てもレオ様と出てこない事があった。

花の名前でもややこしくてもすっと覚えるのと、どうしても覚えられないのとあるがどうしてなのだろう?

「ギルバート・グレイブ」よかったよなあ。
「レオ様」「レオ様」と唱えておいた。

※追記
「ワールドウォーズZ]も全く気に入らなかった。
辛抱して見続け、終り頃だけハラハラした場面があったのが救いだった。

アジサイをシャボン玉に入れる。
Hydrangeas.jpg


蝶がよく飛んでいる

梅雨でも雨が降らない。
過湿は花たちも嫌いとみえてかえって元気である。

夏の花が


何十年としてそこにあるチェリーセージ。
DSC08908.jpg


蝶が沢山飛び交っている。

又ユーチューブ動画である。



ひとの恋路を邪魔する奴

ゴーヤを点検に行ったら葉っぱの陰に隠れて愛を交わしている蛾を見つけた。


意地悪ばあさんに葉っぱごと持ち運ばれ現場証拠写真も撮られた。
しかもユーチューブとやらへアップして公表したそうな。
恥ずかしい!




ユーチューブ動画をもう一つ。
先日の輪之内町輪中堤のあじさいで涼やかな風を感じて貰えるか?



HP更新での汗と輪中堤ウォーキング

火曜日は何もなければ公民館の「にこにこ筋トレ」講座を受講する。
公民館へ行くついでに、頼まれていた公民館のHPの更新をしようと30分早く行った。

甘かった。
出来たつもりがネットで見たらリンクが飛んで行かない。
何せ1年ぶりに更新する。すっかり忘れている。
焦りつつも、ぶつぶつと言葉に出して言いながらやってみる。
何とか出来て主事さんもほっとされた。

去年も同じように大騒動をしていたのだった。
時計を見ると筋トレは終了のストレッチに入っている時間になっていたのでそのまま帰宅した。
冷汗は体に悪い。

今年は何処へもアジサイを見に出かけてなかった。
安八郡輪之内町本戸の輪中堤のアジサイが紹介されたのを立てつづけに見たので、ここへ行ってみようと午後から出かけた。
魚の目が取れたとアッシー君が言ったので輪中堤を歩くのもいいかもしれないと思ったのである。

輪中というのは「村や部落を堤防で囲んで水害から守る」という昔の低地の知恵である。
「あれがそうだ」と離れた所からも分かるが、ふつうの堤防となんら変わらない立派な堤である。

堤の下部もアジサイが植えられている。
DSC08900.jpg

堤へあがる
DSC08901.jpg

そこは桜並木で木漏れ日がやさしい中、両側にアジサイが・・・
DSC08895.jpg

種類は少ないがこんなのや
DSC08882.jpg

こんなのを眺めながら歩くと風が渡って涼しい。
DSC08888.jpg

たいしょう池隣には田んぼアートとして品種の違うイネで何やら描かれている。
DSC08884.jpg


締めは近くまで来たのだからと寄ったお千代保稲荷。
DSC08905.jpg

主人は帽子、自分はTシャツを買い、遅くなった昼ご飯を食べようとしたが火曜日は定休の所が多くて、ゆき当たりばったりに入って食べた冷やしうどんの不味かった事!
輪中堤のウォーキングの疲れがどっと出てしまったのだった。

愛おしい

植物を育てるのは子供を育てるようなものだと聞いたことがあるが本当にそうだと思う。

今年初めて咲いたゴーヤの雌花
ゴーヤ本年一番花

うっすらと色づいたミニトマト
一番の色づきミニトマト

さあ、食べて下さいと自分を差し出す野菜たち
嬉しい収穫だ


毎日、朝晩と足を運んでご機嫌を伺いに行く。
花が咲いたと喜び、実が大きくなったと嬉しがる。
体が動くうちはこの楽しみを手放したくないものである。



スプリットペタルともみじ

いい加減に手を取ったけど、スプリットペタルがちゃんと巻きついて花を咲かせている。
こうして見るとオキナワスズメウリの手の取り方とほとんど同じだ。
スプリットぺタル0622開花中



このすごい姿は何?
まだ生きているもみじ

下部は殆どうろになっているけど上部にはまだ葉が茂っているもみじ。
まだ生きているもみじ2
生への執念が見られる。

オキナワスズメウリ

発芽したオキナワスズメウリを貰った。
1本ずつそっとポットに植え直しておいた。
苗成長
 
ぐんぐん大きくなって来たので本植えをしなければいけないが、最終形を考えると場所をどうするか、仕立てはどうするかと迷う。
こんな風に出来ればいいと思った。(ネットより)
スズメウリ最終形 

ひげ根がくるくると巻きつくようなのであり合わせの網を張ってみた。
2種類の方法

1鉢に3本植えたが多すぎかだろうか?
初めての事なので加減が分からない。
茂りすぎたらカットしてやればいいかとそのままにしておいた。

じゃがいもを掘る

サッカーの試合を「お父さん、観とって」と頼んでおいて、自分はじゃがいも掘りに畑へ。

時々経過を覗きながら畑と往復する。
スコップで掘る

キタアカリもメークイーンも種イモ1キロずつでこんなに収穫出来た。
キタアカリ2014

me-kui-n2014.jpg

じゃがいもは栽培も手間要らずだし、短期間で収穫出来るし(3か月くらい)、料理も色々出来る優れものである。

待望のインゲンも収穫出来るようになった。
大きくなったと喜んで種用の物を残すのを忘れるので、目印をつけておく事にした。
種採り用目印


収穫したじゃがいもをひとまず乾かすために車庫に広げて仕事を終え、シャワーを浴びてテレビを見ればロスタイム4分と出ていた。
そうか、予選は延長はないのだ。

結局引き分けで1点しか獲得できず予選突破は非常に難しくなった。
(善戦しても勝たなきゃしようがない)


自前の野菜でラタトゥーユ

トマトがまだ採れないけど夏野菜がまあ揃ったのでラタトゥーユを作った。
ナス・ズッキーニ・ニンニク・タマネギ・インゲンが自前でニンジン・ピーマンが冷蔵庫に残っている。
買い物に行くのが面倒なので缶詰のカットトマトで代用とした。
材料は

水を使わないので焦げ付かせないように傍に居て面倒を見た。
それらしく完成した。
冷まして食べようと思う。
焦げ付かせないように


百年公園の花菖蒲と鑑賞池

17日の午後に関市の百年公園へ花菖蒲を見に出かけた。

「花菖蒲まつりは済んだぞ」と言いつつもアッシー君をしてくれた。

花菖蒲、沢山咲いているのだがなぜか感動しないのである。百年公園の花菖蒲2014

以前はあれもこれもと写真を撮りまくったものだったのに。

一応順番に見た後は隣の鑑賞池へ行ってみた。

土手にはハンゲショウが涼やかな葉を見せていた。
百年公園のハンゲショウ

池はコウホネが葉を茂らせ8割位を占めている。
黄色い花も見られる。
スイレンもあるのだがコウホネに圧倒されてほんの片隅にしか見られなかった。
百年公園のコウホネ

発見はラクウショウというメタセコイアに似た木があり、それの気根がいっぱい出ていたのに初めて気がついた。
ラクウショウの気根

てな訳で、今回の花菖蒲見物は鑑賞池見物となってしまったのだった。

我がWOOD JOB

映画「WOODJOB~神去りなあなあ日常~」は面白かった。
それに触発されたわけではないがちょっとだけ仕事をした。

のこぎりを持って枯れたサツキを切って、「我がWOODJOBだー」と一人で笑った。
(映画では山仕事ではチェーンソーだが、神事の時は二人がかりの大きなのこぎりだった。)
わがwoodjob

生きているサツキは剪定した。
satuki剪定

南天が花盛り。
南天開花

DSC08772.jpg


草取りもして気分は上々。

アップデートで

デジカメの動画をパソコンに取り込むにはソニーの(デジカメがソニー)PMB(picture motion browser)というソフトが要った。

そのPMBは終りになってPlay Memories Homuというソフトを使えと言う。
新しいソフト

画像を管理したりするのは今まで通りだが、今はやりのクラウド(だと思う)も5G使用でき、スマホやタブレットとも共有できるとか。
オンラインのアカウントを取っておいた。(まず使わないだろうと思いつつ)

ツールには何がある?それは何?と言うのが多々ある。
ツールを見ると

画像の編集を見てみると「マルチビューを作成」?
画像の編集では

ディスクの作成、ブルーレイは使えないので論外だが3つ目のAVCHDというのが難物だ。
ディスク作成では

ヘルプを熟読しないと新しい事できそうにない。
helpの内容

アップデートとして新しいソフトが入り、過去の画像が引き継がれたのは確認出来た。

廃物で暑さと乾きを減らす

梅雨と言いながら連日晴天が続く。

ほんの少しの夏野菜だが元気でいて欲しいので暑さ対策を行った。

水仙類の葉で
水仙の葉 

大量に処分したアヤメの葉
アヤメの葉

いずれも乾き過ぎないように根元を覆った。

長袖・長ズボン・帽子をかぶり、タオルを首に、日焼け止めを塗って作業をした。
汗びっしょり!
傍にスポーツドリンクのボトルを置いての仕事だった。



もう少しで収穫出来る物

キュウリとナスは初収穫した。(各2本ずつ)
もうちょっとしたら採れそうな物。
インゲン、大きくなれ。
トマト、赤くなれ。
あと少しで


暇ではないのだがパッションフルーツの開花をもう少しはじめから動画に撮りたいと朝から大騒ぎである。
つぼみを見てもこれは今日咲くかもしれないという程度しかわからなくて、油断していると「パカッ」と咲き出してしまうのである。
目当てのつぼみにカメラを向け、用意しておいて「もう咲くか?」と横目で見ながら他の仕事をしている。
何時咲きだすか分からない花の為に早くからスイッチを入れておくのは嫌なのである。

やはり咲き出してしまったのしか撮れなかったけど懲りずにユーチューブへアップした。
先だってのより少しはましかな?



無謀だったかな?

近頃よく行くスーパーは4月の消費税アップ以来、平日のみ3%割引である。
最初は4月のみと謳っていたが、好評につき5月も実施され、6月も引き続いている。

定番の食料品は、なくなりそうだと黙っていても主人が補充して置いてくれるので、自身がスーパーへ行く事が少ない。
「乗せてって」と一緒に行く事もあるが、スポーツクラブの帰りにちょこっと寄ってくるケースが多い。

金曜日はヨガの日なので普段はヨガマットを持参するのだが、帰りに食品を買うつもりだったので持って行かなかった。

ドレッシングやきのこ類に魚等だけのつもりがついあれもこれもと手を出してしまった。
袋を二つにして重い物は後の籠のスポーツクラブのかばんの上へ。
比較的軽いのを前かごにいれ、肩から斜めがけのバッグと勇ましい格好で帰宅した。
まだ風は強かったが向かい風ではなかったのが幸いした。

自転車から家の中へ運んだ時、一体どれだけの重さの物を積んで来たのだろうと思って量った。

スポーツバック 4.2kg  袋1 6.7kg  袋2 3.7kg  合計荷物重量 14.6kgだった。
ここへ自身の体重をプラスすると自転車さまは「もう嫌!」というほどの重さである。

自転車に乗る事さえ歳を考えて慎重にしなければいけないのに、この重たい荷物を積んでの走行は無謀だったかな?


久しぶりにマーキーを使って・・・
こんな風に空を飛べたらいいなあ。




待っていると咲かない

パッションフルーツの開花が始まっているが雨は大敵である。
鉢植えだがグリーンカーテン仕様なので大雨であろうが大風であろうがそこにいて貰わねばならない。

11日は、今日はどれが咲くかと調べて雨模様の空を眺め、ビニールと洗濯バサミで花が咲いても濡れないように対策を施してからお出かけした。
曇天は開花時間が遅いので帰宅してから授粉をした。(4個)

12日は朝は晴れていて8時過ぎには開花が始まった。
3脚で動画を撮ろうとセットした。
20分過ぎても開花しきらない。
「どうして?」と言っている間にあちこちで咲ききってしまうのが出てくる。
「ああ、どうしよう」 どうもこの花は駄目だ。
ウロウロしている間に決定的瞬間を逃してしまった。

それにデジカメの画面で何やら見た事もないマークが点滅している。
手引書はどこだったっけ?
ずっと陽のあたる所に置いてあったので「温度上昇警告」というのだった。

結局いい動画は撮れなかった。
開花の最後の所だけ撮れたのがあったのでユーチューブへアップした。
編集で8倍速にしたので短時間で変化が見れる。



ありさん、忙しく走り回り、誰かさんも走り回っている。

肥料切れか水切れか、つぼみが茶色くなって落ちたのが多数あり、この木では実になったのはやっと10個である。
リン酸多めの肥料をやり、水も気をつけるようにしているのでこれからはもう少しは結実すると信じている。
やッと咲き出したパッションフルーツ


ミシンを使った

久しぶりにミシンを使った。

ミシンの上や周囲に色んな物が山積みされているので(山積みしたのは自分だが)まずそれらを除けないとミシンがかからないのでつい億劫になって一日延ばしにしていた。

敷きパッドの四隅のゴムが伸びて来たので取りかえることから始めた。 (これが本来やらねばという事)
すぐ出来た。

それらしい余り布があったので枕カバーを2枚縫った。
すぐ出来た。

自転車の後かごにかけてある雨よけのカバーが陽に焼けて、黒色が白に近くなっている。
いい加減に、まさにいい加減に縫った。ちょっと小さかったけど無理やりはめ込んで防水スプレーをかけた。

その自転車の後かごへ入れて持って行くスポーツクラブ用のバッグが汚れてくたびれている。
キルティングの布を押入れから引っ張り出してくる。
今までのかばんで寸法をはかり、いきなり物差しを当てながら切る。
ドンピシャリの糸がないけど我慢して縫う。
出来たけど大き過ぎた。
スポーツクラブ用バッグ

バスタオルや着替えや運動靴まで入れるので「大は小を兼ねる」と自分で許す。

最後はネットで見てこれなら作れそうだと思っていたプリンターカバーを縫った。
プリンターカバー

一応リバーシブルにしてある。
リバーシブル


とにかくそこにある布を使ってやる仕事ばかりなので満足とはほど遠いが、使わなかったミシンンの調子を整える効果はあったと思う。

恐いと感じる

ネットで検索をした後で、恐いと感じる時がままある。

今回のネット検索はサントリーニ島およびエーゲ海クルーズである。

発端は、プール仲間のお姉さまに「ちょっと見かけなかったけど海を渡ってお出かけでした?」と尋ねたら「エーゲ海クルーズをしてきた」との事。

移動と宿泊が客船で寄港地で半日くらいの観光というスタイルだ。
何しろ2千人以上の船客が一度に観光地へ押し寄せるのだからのその混雑、喧騒たるやすごい。
その一端がサントリーニ島で、白い家々、ブルーの屋根の寺院と、船から眺めたら最高だが島に降りてからが苦難の道だった。
高い寺院へ行くのに行く時はロープウェーに乗れたが帰りに乗ろうとしても長蛇の列で、添乗員さんが「待っていると出航の時間に間にあわないかもしれないので歩いて下さい」と懇願されたそうな。
ロバが運搬の主要な交通手段の石畳の道を、糞を踏まないように避けながら歩いた。
今回は船には酔わなかったが人に酔ってしまった



このような話を聞いたので、「サントリーニ島ってどんな島か、エーゲ海クルーズってどんな風?」と検索したのである。
サントリーニ島
「なるほどこの島ですか、こんな船なのですね」

と納得したあとで天気予報を眺めたら、もうそこの広告に先ほどのツアーの案内が出ている。
広告はこれでした

本当にあっという間だったのでショックだった。
今までも検索した物が、こういう物に興味があるのだなと判断して広告が出てくるというのは当然みたいに思っていたが、今回の瞬時というのには驚きと怖さを覚えた。



インゲンの白い花と赤い花2種

先だって、インゲンを頂戴した。
大きなかごいっぱい持参して皆に配って貰えた。(作る手間もあるがこれだけ千切るのも大仕事だった事だろう)
大好きなので嬉しい!それにしても早い!

我が家はやっと花が咲きだしたというところだ。
インゲンが開花し始めた
豆科の花って一段と可愛い。

白いインゲンと対照的に赤い花ふたつ。 バラとチェリーセージ。
雨のあとの赤いバラ 
赤のチェリーセージ

猫のフン害と分裂していないスプリットペタル

根付いた挿し芽の菊を畑に並べて植えた。
これで遅い菊が赤と白、12月に咲きそろうだろうと想像した。

2日後、折角植えた苗が掘り出され散らかっている。
良く見ると猫のウンチがあり、犯人は(犯猫?)ここいら辺りをウロウロしている黒猫、あるいはまだら猫か?

埋め戻した翌日も同様なので、ここに置いておいてはいけないとプランターに植え替えた。
軒下の置いたが翌朝、思わず叫んでしまった。
「なんで、わざわざこのプランターへ来てウンチをするんやね」

怒っていても仕方がないので、菊以外の植えたばかりの他の鉢なども一緒に不織布をかぶせてみた。
さてこの布だけで猫は嫌がるか?
ねこのフン害対策

今年のニューフェイスのスプリットペタル。
西洋朝顔でその名のとおり、スプリット(分裂した)ペタル(花弁)が特徴的なのだが今朝咲いたのは前から見たらごく普通の朝顔である。
スプリットしていないぺタル

後ろに回ると・・・  やはり普通のはちょっと違うおもしろさである。
後ろにはひらひらがある

細い茎ながら下の方から脇芽も出て来ているのでこれからも毎朝可愛い顔を見れそうである。

雨が降る前に その3

4日の夕方にニンニクを抜くかどうか迷った。

葉はかなり枯れて来ている。
が、お隣のベテランさんち畑はまだ抜いていない。
もうちょっと先の、もっとベテランさんは8割方収穫されたようで、ほんの少しだけ残されている。

これを真似して、葉に緑が残っている物をそのままにしておいて抜いた。
ちょうど半分の10個である。
根を切り、雨が当たらない車庫内で新聞紙の上へ広げておいた。
昼間採ってきた分


夜、寝る前にネットで見ると「雨が降った後では収穫しない」とある。
もう好天の日は当分望めないし、低地の畑であるからもしかしたらあのまま腐るのではないかと急に心配になって来て、暗い中躓かないようにして畑へ。
残りの10本も引っこ抜いて来た。

カッターナイフで茎を縦に半分に切り裂き乾きにくい中央部の乾燥を促進させる事にした。(先ほど見たばかりのやり方を参考に)
小は直系5センチ未満だが大は8センチ近くあり、数回したニンニク栽培では最高の出来だった。
追加で夜中に抜いてきた

採りたてでまだ水分がそのまま残っているニンニクを焼いて食べるのは生産者の特権だとか。
やってみた。
焼き立てニンニク

柔らかい。
水分が多いせいか、もっちりというよりねっとりと言った方が適切か。黒ニンニクの食感に似ていた。
自分は好みではないが主人は「美味いなあ」と食べていた。




ニンニクのにおいが漂っているので、お口直しにはかすみ草。

好天気のうちにぶら下げておいたバラとかすみ草が色をキープしたままドライになった。
畑ではかすみ草が咲きだしたので生のまま切り花にしている。
ドライと生のカスミ草 

ホタル見物は軽トラに乗って

みよさんにホタル見物の穴場を尋ねた。(昨年行って良かったと聞いていたので)
詳しく教えて貰ったので何とか行けるとは思っていたが、アッシー君と案内人を兼ねて連れて行って貰える事になった。

散らかしていた鉢植えの物を大急ぎで片付け、シャワーを浴びて夕食を作り、発泡酒は忘れずに飲み彼女のお迎えを待った。

約束通り7時半に軽トラで現われた。
いつもの癖で、ひょいとお尻から乗ろうとした。
軽トラは座面が高いので一気に乗れず苦笑い。
目的地について降りようとしたら足が地面に届かない。
短い脚を嘆いたら「トラックはこうして乗り降りするのだよ」と教えて貰えた。

岐阜市の板屋川の午後8時は丁度光り出した所だった。
わくわくしながら眺め、何とか写せないかとコンデジ+3脚で動画を撮ってみた。

下~上の橋までぐるりと一周して楽しんだ。

次は本巣市。
本来なら席田用水のホタルなのだがあえてそこではなく、本当に田圃の中の用水の土手にいっぱい光っている所へと案内して貰った。
車がすれ違えないような田圃道の橋や土手からの眺めは誠に結構だった。

水の入った田圃からは蛙の合唱が聞こえてくる。
見ていた間には我々以外は1家族だけの見物者であった。
地域の人は別に珍しくもないのだろう。
昔は川があればホタルがいるのは当たり前の事だった。
地域の皆さんの努力がなければ生息できない環境にしたのはわれわれである。
そして、「螢・ホタル」と見に走る。

「西郷 板屋川八王子橋付近のホタル情報 」岐阜市の畜産課で見た。
「ここをクリックして下さい」とあるのはエクセルファイルである。
こんなシンプルなものだが分かりやすかった。
ホタル情報byエクセル


「ホタルだろうなあ」と分かる程度の動画だが、切り張りしたのをユーチューブへアップした。




みよさん、ありがとう! 誕生日のプレプレプレプレプレゼントとしてのホタル見物でした。

雨の降る前にやった事 その2

雨の降る前の2日間(3・4日)はバタバタだった。
一日目は剪定などをし、2日目は畑中心の仕事をした。

ルイジアナアヤメという涼しげなアヤメなのだが元気はつらつで繁殖力がすごい。
咲いていたころのルイジアナアヤメ

掘り起こして縮小する事にした。
茎?地下茎?が上下左右に絡み合ってスコップでもはが立たない。
少しずつ引っ張って折り取りながら肥料袋に3杯。

この葉は乾かしてから夏場の乾燥防止に使うつもり。
葉を刈り取ったアヤメ

これだけ残しておけば来年も咲くだろう。(まだこれは掘り出していないまま)
アヤメ来年用
仕事をしてから検索する悪い癖が直っていない。
葉は25センチ位残して斜めに切るのだとか。
短く切り過ぎたかも知れない。

トマトは1本仕立てにするので脇芽を掻いたのをポットで挿し芽用に用意してあったので畑へ植える。
いきなりそのまま畑へ挿したりしたのもちゃんとついていた。(お遊び半分である)

ピーマンって何処まで側枝を掻き取るのだった?
ピーマンも側枝を掻き取る


キュウリも確か下の方は脇芽を掻き取るのだったよな?
ゴーヤは脇枝を出させる為に、成長点を摘心した。(反対の事をするのだね)

発根した菊の苗を貰ったので植えた。
寒菊を定植

同じ日にやった仕事はまだあるので明日のブログに綴るとする。



通せんぼその2

先日は「ケリ」が鳴きわめいて通せんぼしたが、今度は大きな車が通せんぼ。
通せんぼその2

川沿いの細い道で農業の方の車か、歩く人と自分のような自転車がたまに通るくらいではあるが、このとめ方はちょっと許し難い。
車の横に何やら置いてあるのが又腹立たしい。
田圃にハウスを建設中の車だと見受けられるが、ずっとこのように置いたまま仕事をしている。

「通れんよー」と傍まで行って大声で叫ぼうかとも思ったが、それも大人げないかと手前の橋を渡って遠慮しながら迂回してしまった。



以上は先日までの話で、4日にはこの道には車は置いてなかった。
ハウスが完成したのか、それとも田植えまじかで農家の方達の往来が多くなり苦情が来たか?
隣の田圃の中に2台の車があるのが見受けられた。


堤防の法面に植えられたアジサイが咲き出していた。
堤防のり面のアジサイ

一面のレンゲの田圃も今は結実した種が出来ている。
れんげの種が出来た 


8時間労働

35度をこえる暑さにげんなりしていたが3日はさほどでもなさそうだし、この後はずっと雨が降る日が続くという予報に、一日延ばしにしていた外回りの仕事を8時から始めた。

つるバラが終了で花びらは落ちる。
そのままにしておくと実が生って栄養を取られるのでそれらを切り落とした。
挿し木で育てたゴールドクレストの姿形が乱れに乱れてみっともないので適当にばっさり。
剪定したコニファーなど

鉢物では間延びしたベゴニアを切り戻し。
ベゴニア切り戻し

源平小菊の花が一旦終わったを花だけカット。(テキスト文字がちがっている)
源平子菊リセット
その他、あっちへ行って草取りをし、こっちで消毒をする。
ペチュニアの手入れなどは軒下で雨が降っても出来ると後回しにして、本日の仕事を終了とした。

120リットルのゴミ袋が二つ。
午前5時間、午後3時間とフルタイムであった。
懸念した通り、腰の調子が・・・・気は心だが湿布薬を貼って寝る事になった。

去年と同じ

「ホタルを見に行ったのは去年は何日だった?」と自分のブログの昨年の6月分を見た。
ホタルは5日に行っていた。

1年前の自分の記事を順番に見て行った。

ラッキョウを漬けていた。
「あのラッキョウは何処で眠っているの?」
一粒も食べないまま1年間。やっと目覚めさせて1粒食べた。
去年のラッキョウ

ズッキーニの漬物。
インスタントの液に漬けていた。
すぐ1本を切って、今日は青シソを追加した。
紫蘇入り即席漬け 

ズッキーニのスープも作っていた。
すぐ作ってみた。
ズッキーニ・じゃがいも・玉ねぎ・ニンニク・オリーブ油はあるがベーコンがないのが昨年と一緒。
まあ、いいじゃないかと炒めてから水を足し、ローレルとコンソメも少し入れ、柔らかくなったた野菜だけミキサーで。
ミキシング

ソーセージを浮かべ、オリーブ油を垂らしてゴクゴクと。
オリーブ油を垂らして

美味しい!

ホタルや花菖蒲やアジサイはどんな具合だったか見るつもりが、食べ物に目が行き、1年前と同じものを作って同じように食べたのだった。

スプリット・ペタルに間違いなし

そっと頂いて来ておいたスプリットペタルらしき物の種。
だめ元と数粒蒔いたら発芽したので、残りの数粒も追加で蒔いた。

最初のに本葉が出て来たので、どう育てるか考えなしでプランターに定植した。(2株ずつ)
すぐに手を欲しがったのであり合わせの棒を挿して置いたらくるくると蒔きついてなんと節々にはつぼみが見えだした。
そしてそれがピンク色に・・・・
6月1日の朝にはこんなふうになって今しも開花しそうである。
まちがいなし1

まちがいなし2
スプリット・ペタルという西洋朝顔に間違いなし!


とりあえず植えただけなのでどう仕立てようかと思案投げ首である。
どう仕立てる?
ネットを張ってそれに登らせるか?
行燈仕立てか?
はたまた花の終わったつるバラに登らせるか?

何れにしよ、適当なところで摘心をしないといけないがどれ位でやったらいいのだろうか。



6月2日朝、開花。バンザイ!
2014年初の開花


「お嫁に行った数株、あなたの所もこれに間違いありませんよ。」

追記の追記
ヤンキースの田中のスプリット
ピンチでこのスプリットを使い三振を取る。

玉ねぎの跡地とルイジアナアヤメ

玉ねぎの収穫が無事に終わったので跡地に甘長ししとうと西村なすを植えた。
いずれも自分で種まきした物なのでまだ幼い苗である。

2種定植

インゲンやキュウリ・トマトはこの好天でぐんと成長してきた。

成長といえば数年前に貰って畑の片隅に入れたルイジアナアヤメが増える増える!
花はドンドン切って家へ飾ったりした。

ルイジアナアヤメ縮小保存

お隣の畑へまで進出する勢いなので一度整理して植え替えしなければと思っている。


プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
05 ≪│2014/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索