イチゴの定植と見つけた秋

イチゴ農家新規就農研修所ではイチゴ苗が沢山出来ている。
親株からランナーをポットに出して並んでいたのはついこのあいだである。
苗出来上がり

そして高架式の栽培ベッド(ヤシがらか?)も準備され苗が来るのを待っている。
植え付け準備完了

ここは新規にイチゴ栽培で就農したいと言う研修生(4名募集)が14カ月にわたり、一人当たり10アールのイチゴを栽培して勉強する施設である。

自転車で横を通りながら花が咲いている所や実が赤くなっていくさまをチラリと眺める。
どの人が研修生でどの人が先生かは分からないけど、皆さん顔を合わせれば挨拶もされるし感じがいい。
12月になれば赤い実が見られる事だろう。

その近くで小さい秋を見つけた。
みやおさんちのぎんなん。
小さな木なのに大きな実がびっしりと生り、風に揺れていた。
みやおさんちぎんなん


ささやかだが今日の我が家の収穫物。 少量ではあるがそれはそれで嬉しいものである。
ささやかな収穫


久しぶりの太陽

久しぶりの太陽。
暑くてもいい。日差しがある方がどんなにかいい。

洗濯物も乾いた。

花たちも元気に見えた。
DSC09409.jpg
DSC09407.jpg

DSC09408.jpg
DSC09405.jpg

DSC09404.jpg
DSC09401.jpg

DSC09397.jpg 


パッションフルーツは次々と落ちて来ている。
パッション次々落果

「ありのままで」?

自転車は田んぼの中の道を行く。

早く植えられた稲はもうすぐ取り入れだが6月に植えられたのはまだまだ。
手入れをされた田んぼが並ぶ中で、稲があるのか草があるのか分からない状態の田圃が一か所。
クリックで拡大
ありのままで

直蒔きの田圃だったかもしれない。
蒔いたまま?

アナと雪の女王の日本語版の歌が頭に浮かんだ。
「ありのままで」

きっと事情があってこんな状態なのだろうとは察するがそれにしてもねえ。

やっと頭も整理出来た無線LAN設定

どうやってパソコンの無線LAN設定をしたのか自分でやったのに訳が分からずとても気持ちが悪かった。

頭がぐちゃぐちゃだったのは、やるべき事の整理がされていなったことから始まった。

① ルーター(親機)の設定
② 有線でノートパソコンを繋いでノートパソコンの無線LAN設定(無線LAN内蔵)
③ ルーター子機の付いているデスクトップパソコンの無線LAN設定
④ 無線LAN内蔵のプリンターの無線LAN設定

ルーター(親機と記される)の設定は説明書を見て出来た。
パソコンの説明書の無線LAN設定をよく見ずに、やみくもに触ったのが間違いのもとで、これはデスクトップパソコンのほうの子機についても同様である。

改めてネットで検索し、自分のWindows7でのやり方を探してWordにテキストとして貼りつけたりして覚え書きとした。
※WSP(らくらく設定機能)は使わず手動で入力するやり方である。
無線LAN設定覚書1 
無線LAN設定覚書2


今すぐ、NECのルーターへWindows7で無線LAN設定ならもう一度出来そうだ。

27日には被害を受けたエアコンの点検に来て貰えた。
黒く焦げた基盤を取り変えたがモーターもいけないとかで後日取り変えて貰えるそうだ。

ブルーレイレコーダーも修理可能と出た。
技術料を含めると結構な金額を示されたので補償をあきらめて(修理できるのにやめれば補償はない)新品を買うか?
などもあったがやはり修理をして貰うように依頼した。

扇風機は超安値ものをネットで買った。

少しずつ前へ進んでいく雷騒動の始末である。

どっと疲れが・・・

夏バテになる頃だけど元気だと密かに喜んでいた。
が、例の雷ショックであれやこれやとしなければならない事がおきてお疲れである。

ルーター交換して2日間かけてようやく無線LAN設定が出来たのは喜ばしかったが、よく調べたら被害が拡大していた。

2階のエアコンがうっともすっとも言わないし、と地上波のアンテナの不具合(受信できないチャンネルが出て来た)。

主人はブルーレイディスクを修理に持ち込み、エアコンの点検を依頼しに買った店に走った。
(今は10年以上も前に買った物でもちゃんと履歴が残されている)

自分は保険会社に電話した。
「只今込み合っております。そのままお待ち下さい」「只今非常に込み合っておりますので後程おかけ直しください」
午前の電話はあきらめて夕方にしたら一発でかかった。

雷による電化機器の被害だと説明し、補償の請求の手続きについて尋ねた。
答えは
「修理可能ならその見積書、不可能ならその証明書が必要です。その日雷が鳴っていたという近所の方の証明書類も用意して下さい。
書類を送付しますからその説明に添って揃えた証明書類を送り返して下さい。
審査部へ回して補償金額などを決定します」
要約すると以上だった。

ブルーレイレコーダーとエアコンは共に年数が経った品であるが、新しく買うにしても高額なので多少でも補償が出ればと修理、点検を依頼したのである。
安い製品(扇風機やルーター)では点検料金の方が高くつくかもしれないと店への依頼はしなかった。

人生長くやっていて初めての経験である。

気分が良好になる花たち。
短く切り戻した2株とタネを蒔いた1株のスプリットペタル
スプリットぺタル再び 


種が出来てないと騒いでいたがよく見てみたら・・・蝶豆
種が出来た蝶豆 


畑は・・・

落雷騒動で畑がお留守になっていた。
(テレビのアンテナも少々不具合ありになってしまった)

足音がしないのをいい事にモグラのもっちゃん大活躍。
モグラのもっちゃん


強い雨に叩かれて土が流れて白い根が剥きだしになってしまっている。
流出

これじゃあ元気は出ない。
毎日雨が降り、土はべったべた。作業が出来ない。

タマネギマルチの再利用品
夏野菜は有り余るほどとれたものはいっときの甘長ししとうだけで、後はキュウリとインゲンに望みを託すという寂しさである。


無線LAN設定はむつかしい

パソコン2台とプリンターの無線LAN設定、最終的には出来たのだがどれだけ時間を使った事やら。

ルーターの設置とパソコンを有線でつないだのは前日で、「つなぎ方ガイド」というルーターに同封された紙1枚では分からない事だらけなのでネットで調べまくる。
あまりにもあちこちと見て回るのでどれがどれやら分からなくなる始末である。
主人と私のパソコンとプリンターに無線LAN設定をやらなければいけない。

午前中二人で「ああでもない、こうだろうか」と思案投げ首をしていた。
所用で3時間くらいを挟んで午後もやった。

ブログを読んだらしい息子から夕方に電話があり、音声ガイドでかなりな所まで行った。
「これで出来なかったら今日は終り」と電話が切られたらしい。

主人のパソコンがまず成功!
勢いをかって我がパソコンも成功!

でもどうやったら出来たのかがわからない。
「らくらく」というやり方はかえって失敗が多かった。

親機のラベルに記載されているネットワーク名(SSID)と暗号化キー(パスワード、セキュリティキー、パスフレーズ、ネットワークキーとも言う)を押さえるのがこの作業の肝だと分かった。
つなぎ方ガイド


プリンターでてこずったのは液晶の画面が左右に進展する事が出来にくく「無線LANセットアップ」画面が見つけれなかったので時間がかかってしまった。
これも「らくらく設定」でやってみたが2度も「失敗しました」というので「手動で設定」でやってみた。
パスフレーズが細かくて見にくかったが一発で成功した。
プリンタ手動設定で

隣室の主人のパソコンから印刷のテストをしたらちゃんとプリントされたので二人で顔を見合わせてにっこり。
共同作戦終了で息子にメールと電話で無線LAN設定の終了を報告した。 めでたし、めでたし。


昼間の所要は楽しい時間だった 。

自分の叔母とその息子(いとこ)の法要を従甥が務め、その後の会食に呼んでくれたのである。
遠くに住んでいる他のいとこ夫婦や前年年亡くなった従弟の所は二人の娘夫婦やその子供たちまで来てくれていた。

葬儀の時くらいしか顔を合わせない遠くの従弟たちと、昔話に花を咲かせて楽しいひと時を過ごさせて貰った。
従甥夫婦に感謝である。 
「ごろうちゃん、たのしかったねえ」
法要の後の食事会 

「オンラインビデオの挿入」

Word2013で遊んでいるが「挿入」で「オンラインビデオ」というのがあった。
オンラインビデオから挿入

Wordから離れることなくオンラインビデオを見る事が出来る。

自分のユーチューブアップした物を試してみた。
キャプチャ2

確かにWord画面はグレーアウトしてビデオが見れる。
キャプチャ


画像の外でクリックすれば終わる。

どんな時にこれを使うのだろうか?
OneDriveで多数とWordを触っている時にでも使うのだろうか?


「オンライン画像の挿入」をすると、クリップアートともう一つBingイメージとある。
またこれが分からない。
ネット接続してWordをやることが前提となっている。
驚く事ばかりである。
オンライン画像 

クリップアートとBingイメージ


だんだん頭の中がぐちゃぐちゃして来た。


雷が落ちる

「雷が落ちる」
きついお目玉をくらう時に使ったものだが22日午後、我が家近辺にに本物の雷が落ちた。(らしい)
バリンという音と共にすべての電源が落ちた。

中電へ電話しても「混雑しています。後程おかけ下さい」としか応答しない。
その後、ブレーカーが落ちているのを発見して直したら電気が通ったが、その時点で一つの電化製品がアウトになった事が判明した。
(これについては主人が「ブログに書くな」というので書かない)

雷も遠のいたのでパソコンを見ようとしたらネットが繋がらない。
ルーターのランプが消えているし、触ると熱いくらいになっている。
これもいかれたらしい。
ネット中毒としてはこれがないと夜も日も明けないので壊れたルーター持参でK電気へ走り、「我々が設定できるかね?」と訊いたら「説明をしっかり読んでもらえればやれます」
「フレッツ光ならNTTから月額100円で借りるというのも一方法です。故障したら修理はNTTが負担します。但し、今日明日にもというわけにはいきません」との事。

そんなのんびりと待っていられないので買ってきた。

一人では心もとないので二人でやってみた。
但し、無線の設定は難しそうなので「有線で接続する」というのにしてみた。

ブログが開けて繋がっているのを確認したが有線なので主人のパソコンではネットが見れない。

らくらくネットスタートで「ブロードバンド回線の設定をしようへ」進んで
クイック設定Webを開いて「設定」で管理者パスワードやユーザー名を入力したり、
接続事業者からに情報(書類で確認し)にしたがって「ユーザー名」と「パスワード」を入力するとあるあたりがあやしい。

蒸し暑くなったので扇風機を入れようとしたらこれもアウトだった。

夜はアルコールが入っていて危ないのでしっかり目覚めた頭になったらチャレンジしてみる。

主人の子機や、無線で使っているプリンターの設定もやり直さなくてはいけないと思う。
さて、完全につかえるようになるだろうかちょっぴり心配もしている。



プールの後、その足で5%割引のスーパーへ行くつもりをしていたが、外へ出たら真っ黒な雲が近づいて来ている。
一目散で我が家を目指した。
遠くだった稲光がだんだんこちらへやって来るし、雲はもう頭の上まで来ている。
後20mくらいでパラン、パランという感じで落ちて来た。

その後ものすごい雨になり、間一髪セーフだと笑っていたのだがその後が油断していたね。
あちこち気がついた物のコンセントしか抜かなかった。
ブレーカーを落としただけでは今回は駄目だったかもしれない。
コンセントを抜いたのもかなりあったけどすべてではなかった。
近くへ落ちた場合、アースを取ってあるものはアースから逆に機器へ電流が流れてアウトもあるらしい。
ネットで見て、慌ててエアコンの電源を入れて見たがこれらはセーフでやれやれである。

火災保険の「家財」で保障があるというが、メーカーの診断で雷が原因だという証明書も要るらしい。
大きな金額の物なら送料や診断料を支払ってもお釣りは来るだろうが、ルーターや扇風機では足が出そうだからやめておく。

※ 停電だと思い込んでいた間のエピソード
トイレは水が出たので使用可。
ガスもプロパンガスで使用可。
テレビもパソコンも出来ず部屋は閉め切って暑いので手動の送風機(うちわ)を使用。
何か夕食を作っておこうと思い冷蔵庫を開けようとしたら、引き出し式の所は出せるが肝心の冷蔵庫部分はタッチして開ける方式なので全く機能せず不可。
野菜室から取り出したカボチャを煮ようとして「あ、だし汁」取り出せない。
野菜ときのこの炒めものに残っていたベーコンを足そうとして「あ、開かない」

電気代が高いとか思っていたがすべての事に使っている事を改めて確認した2時間だった。


今朝ブログを開けたら、昨日眠い目をこすりながら書いた記事が公開されていない。
それだけでなく記事そのものが見当たらないので焦りまくった。
「下書き」にもないし、過去の記事をずっと見て行ったら8月13日に公開されていた。
8月23日予約とする所で13日と打ち間違えたらしい。
ああ、驚いた!

ボケの二重奏

20日が棚卸で休業したAスーパー。
カード提示で5%割引で買えるので、探し物がてら出かけた。

実を言うとその前にPスーパーでも下見をしてからの事である。(ここは金曜日が5%割引である)

衣類のあれこれ、夏物最後のバーゲンだろうか。
2枚1500円(税込)のTシャツ、しかも自分が着れる大きいサイズがずらり。
目の色を変えてあれがいいか、これにしようかと4枚ゲット。
半袖Tシャツはスポーツクラブで年中着るのでどれだけあってもいい。

ふだんばきのズボンもお尻の入る物があったので2枚。

一番の目的の、ちょっとした服。
これは専門店にあったが値札を見て手が出なかった。
やはり、お値段も違うがセンスも違う。

やっぱりちょっとした服は買えなくて、普段用のだけにして会計しようとした。
カード提示で350円引いてくれるなあと心づもりでお金を出そうとしたら
「お客様、このカードは期限が7月で切れておりますので値引きは出来かねます」とおっしゃる。
えー? ああ、そうだ。確かに新しいカードが来ていた。
そのカードの事をすっかり忘れていた。
「お近くでしたらお取り置きしておきますのでもう一度お出かけになりますか」と親切な言葉だったが、暑い昼間にスーパーのはしごとバーゲンの疲れが出て350円の為に出直す事は残念だけど、あきらめた。

店員さんにはさほどではないような顔を見せたが、心の中では「ああ、何の為に今日来たの?全くお馬鹿さんなのだから」と自分のミスにしょんぼりしてしまったのだった。

水着も覗いたが着れそうなのを試着しても鏡に写せば腹の脂肪が目に入り、買う気が失せた。

時間はと見れば、午後5時半。えらいこっちゃと刺身コーナーへ走り、それだけ持ってレジへと行けば、平日にもかかわらずレジ前は籠に山ほどの食品などを積んだ人々の列。

じっと我慢して待つ。(セルフでやればいいのだがまだ一度もやったことがない)
商品を読みとる人とレジでカードやお金を扱う人がペアでお仕事をしているが読みとりは早く、会計の方は本日5%引きのカードが2種類あるし、チャージする人もあり、どんどん遅れて行く。
やっと前の人が終わったのに自分の金額と違う請求をするので籠の中のただ一品の刺身を見せ、「金額が違いますよ」と指摘したらそこでまたもたもたとし、時間をくってしまった。
読みとりしたのが溜まり過ぎて不具合が出たらしく、自分の後の人の金額で「お客様、まことに申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい」と待たされる。

やっと無事に支払いを済ませた頃には苛立たしさも収まって来ていたので「申し訳ございませんでした」の言葉に「いえいえ、これだけ忙しければ色々あるでしょう、大丈夫ですよ」と返事が返せた。

「只今、遅くなりました」と帰ったら「服、買いに行っとったんか?あんまり遅いで心配しとった」の返事に、プール帰りに巡った順番の話をしてカードの期限が切れていた話になった。
「そうだ、あのカードは何処へしまっておいたかな?」と捜したらカードの入っていた封筒はあったが肝心のカードがない。
焦った。探した。
まさか財布の中の他の場所にいれた?と順番にカード入れを見て行ったら古いカードの下に他のカードがあり、その下に新しいカードがちゃんとあったのである。

「嘘やろ?本当にここに入っとったの?」と、自分のボケさかげんに腹が立って、口惜しさが倍になってしまった。(350円、惜しい事をしたなあ)

あの暑い盛りにえっちらおっちら上りの道をAスーパーまで行った事も、カードの事も、シャワーを浴びて発砲酒を飲んだらすっかりどこかへ飛んで行ってしまい、いい気分になった。(単純な脳細胞でよかった)


ブルーレイへダビングと田中哲司の道薫

主人と自分は別々のテレビを見ている。
自分は5年目になる一体型の録画機能を備えた物である。(操作が簡単という理由で選ばれた)
長い間かかって録画や編集・ダビングなど出来るようになった。

主人のは、今年になって息子のお下がりが来てブルーレイレコーダーが別にある物である。
以前はブルーレイはプレイヤーだけでレコーダーはなかった。

最近録画したものを編集しているのを見かけるなあと思っていたら「ブルーレイディスクを1枚貸してくれ」と言われた。
永久保存するというのでBD‐Rを進呈した。
辻井伸行の演奏をダビングして、ラベル印刷も自分のパソコンから我がプリンターへ飛ばして印刷をしていた。

もう1枚は何をダビングしたのかは訊かなかったが、今回の事に関しては「父さん、やるねえ」と感心した。
後期高齢者にしては「出来ん」といってそのままにせず、やってみようとした事に拍手をしたのである。



「軍師官兵衛」の8月19日放映の「傷だらけの魂」は道薫(荒木村重)を演ずる田中哲司が素晴らしいと思った。
録画してあったので主要な場面は2回も観た。

城に捨て置いたままの子が、秀吉から所払の沙汰を受けた村重に、自分が描いた父親の絵を差し出す場面。
息子が絵を渡そうとするのだが村重はその子をじっと見つめる。その中に奥方の面影を見出したのだろう。
絵を受け取って「よう似ておる」と言ったとたんに涙が絵の上へ。
その後子供を抱きしめるのだがその抱き方が実に良かった。
大きな手で小さな背中全体を覆うようにきつすぎない抱擁。そして「だし」と奥方の名前を呼ぶ。
田中哲司の道薫

この回においては他の俳優は霞んでしまった。

見てなくて、どんな風だと思う人は23日土曜日午後1:05から1:50までNHK総合で再放送する。
(NHKの回し者です)

又もやWordの背景削除

又もやWordの背景削除を朝からやり始めた。

白い犬のふんわりした毛がきれいに切り取れるか?
元画像白い犬


丁寧にやったみたけど・・・やはり簡単には行かなかった。無理だった。
白い犬


白いバックでは緑色の残りが目立ってしまうので、緑色が多く入っている画像にドッキングさせた。
白い犬2

「はい、ポーズ」と可愛いらしくなったので、その後、傾けたり、枠を付けたりした。

それを「図として保存」をしたら上図と同じスタイルになってしまい、斜めにしたり枠を付けた物が現われなかった。
やむを得ず、Jtrimへ貼りつけて保存した。
何かやり方が悪かった?

白い犬3


ちょっとだけかじったので背景削除はこれくらいにして他の物をやってみなくちゃ。
次々とやらないといつの間にやら触らなくなってしまう悪い癖があるのを自覚しているから。

伸びる!伸びる!

スプリットペタル、最初の花が咲いた頃の感激はどこへ行ってしまったのか? 

ツルが伸びて花が咲くのは嬉しいのだが葉が茶色くなって落ちたりするし、絡み具合が尋常ではない。

思い切って二鉢を根元近くからカットしてしまった。
スプリットぺタル切り戻し


それと共に種が出来ていたので蒔いておいたのを移植もした。
10月ごろに再び開花するだろうとの目論見である。


オキナワスズメウリの実がふくらんで来て独特の縞模様が見えるようになってきた。可愛い!
縞模様が見えだした


これもドンドン伸びて屋根まで登っている。
実が色づくまでにはかなり時間がかかりそうであるから、グリーンカーテンのネットは秋深き頃まで撤去できないと言う事。
プランターで死にかけていたスズメウリの1株は、ゴーヤのネットの傍へ植え直したが元気で手を伸ばしつつあり、台風で傷んだゴーヤを乗り越えて伸びる事だろう。

雨が降り続いた頃には

毎日、梅雨のように雨が降った。
♪遊びにゆきたし傘は無し♪ で、パソコンで遊んだ。

Word2013である。 いいおもちゃである。

皿に乗った料理の背景を削除してみた。
ミックスベジタブル入りバーグ


何も分からずやったので皿も一緒に選ばれた。(自動的に)
皿の料理の背景削除


きれいに削除されたが画像としてはちょっとさびしい。
影を切り取ったまま


影を付けて見た。
影をつけて


芸術作品にして出品した。
枠入りハンバーグ


そうそう、2007にはなかったスクリーンショットも試してみた。

Wordで仕事中を、Wordのスクリーンショットを使って・・・
Wordのスクリーンショットで 

太りやすい体質の遺伝の話

久しぶりに若い気が満ちた我が家だったが、又、元のどよーんとした空気の家になった。


自分に似た遺伝子を持っている二人の子は(といっても40代だが)すぐ太ると嘆く。
婿殿は20年以上1キロとして体重が変わらないと言う。
主人は数年前まではかなりおなかも出ていたが、今では一番体重が少なく、「いやらしいねえ、当てつけに細くなって」と言ってやる。

太りやすい3人組で、今度逢う事になるだろう正月までに少しはダイエットしようと言い合う。
『私 マイナス5キロ  息子 おれもマイナス5キロ  娘 口に出せないほど沢山のマイナス』と希望的ダイエット数値を宣言した。

こういう話を夜更けにしながら あられポリポリとやっていてはこの結末は先が思いやられる。

可哀想に、私の太りやすい遺伝子を受け継いだ二人の子よ、許したまえ。


お盆のすべての行事も終わったので、またプールへ通い楽しく運動して、美味しい美味しいと食事をして、「ああ、また肥えた」という繰り返しの日々を送る事になりそうだ。

それもまたよしとしようか。などと甘い事をいっていては目標到達は至難のわざである。




買って貰ったのだからとWord2013で少しだけ遊んでみた。

画像の「背景の削除」である。
プラスとマイナス


残したい所は+、削除したいところは-でマークして変更すると
マークした画像

結構きれいに削除出来ている。
背景削除実行


試しただけなので詳しい事はよく分かっていないが、Wordで扱った画像を「図として保存」出来るのが嬉しい。



100bara.png   100bara.png   100bara.png   100bara.png   100bara.png




「家日和」と「イン・ザ・プール」

リクエストしておいた奥田 英朗の本が来た。
「家日和」と「イン・ザ・プール」

家日和  インザプール



「イン・ザ・プール」は精神科医 伊良部が狂言回しの短編集。
知らなかったけど直木賞の「空中ブランコ」もその精神科医が出てくるお話らしい。

あまり面白いとは思えず、次に「空中ブランコ」はリクエストはしないつもり。

一方、自分的には大当たりの「家日和」
6編の短編集で主人公はすべて違う。
突然会社が倒産して主夫をする事になった男の話とかネットオークションに初めて出品した主婦の話とか。

前夜酔っぱらってあまりにも早く寝たせいで、夜中の2時に目が覚めその後寝られなくて読みだしたら面白く、朝までに1冊読み通してしまった。

検索したら「我が家の問題」というのもあるらしい。
読者の書評をみると好評なので来月の巡回図書のリクエストに「噂の女」というのと共に候補とすることにした。

追記
「家日和」の中で「人間至る処青山あり」という言葉が出て来た。

人間はジンカンと読み(普通には)世の中の事。
青山はセイザンと読み墓場の事。
人は何処で死んでも墳墓の地はある。故郷を出て大いに活躍すべきである。


耳にした事があるけど青山(セイザン)というのが墳墓の地などとはこの年まで思ってもみなかった。
青と山で耳触りもいいし、見た目もいい感じである。
そういう名前の中学校が近くにあるなあ。
東京の地名はあおやまか?

一つお利口になった気がする。

ラッキーなお盆

14日は朝から夕食の仕込みなどで結構忙しくした。

10時過ぎに、息子と3人でそれぞれの実家のお仏壇へお参りに行き、兄弟や甥姪などと久しぶりに話をした。
姪などもう4人のおばあちゃんだそうでびっくりしてしまう。

その足で、それぞれの実家のお墓参りにも行った。
2014年お盆お墓参り

スーパーへもそのまま行き、出来あいの昼食や夕方来る予定の娘夫婦との食事の買い出しもした。

岐阜市から封書で便りが来ていた。
また何か値上げのお知らせかと思ったら「減co2ポイント制度」で応募した内、図書券が当たりましたと言う良いお知らせ。
よかった。

昼寝をして起き自分のPCを立ち上げたらアバストのバージョンアップをしてくれたらしい。(息子が)
「え?私のパソコンを?」と思ったら
「Word2013を買って入れておいたよ」との事。Word2007もそのまま使えるそうだ。
新しいWORD2013


朝、「PC同好会でWord2007を使っているものはほんの少しで先生の言われる事が出来ないという事がある」と話した。
それでWordだけ単体で購入してインストールしてくれたのだ。

盆と正月が一緒に来たようなプレゼント二つの嬉しい日だった。

後は大宴会が待っている。腕によりをかけて最後の仕上げだ!




好きです!今回の動画

ユーチューブでチャンネルを登録してある方が14名。
そのうち、新しくアップされたらメールで知らせて貰うという方法にしてある方が7名である。

その中のお一人、haruyuki onoueという方の今回のアップがとても好きだったので「ねえ、見て見て!」と紹介したいと思った。
「神が宿る雨の戸隠山」と題して雨の鏡池から見る戸隠の山に霧が流れてとてもいい情景である。
下の画像をクリックで即、見れる。
設定をハイビジョンにしてフルスクリーンでご覧あれ。


4Kというのがよく分からないので自分はHD1080という設定で見た。


水周りの掃除

台風が去って月曜日は花や畑の修復をした。
主人が網戸を外して洗い、ガラスを拭いてきれいにしてくれた。

火曜日は朝から雨である。
筋トレも盆休みだしプールは定休日で午後からの巡回図書以外は何も予定がないので、重い腰を上げて掃除に取りかかった。

普段の掃除をさぼっているので水周りが汚れている。
盆とて帰省する若者達(若くないけど自分から見れば)に不快感を与えるのはいけないと、風呂・トイレ・洗面所だけでもさっぱりとしようという事である。

こんな天然物で掃除をした。
お掃除三種の神器

それなりにきれいになった。
という事にしておこう。(お見せできるようにピカピカではない)


小雨になったので外へ出て見たら、棒の先にアゲハがじっと動かず・・・
DSC0936222.jpg
雨降りはつらいね。

ちょっと前の動画を編集

関ケ原町のつづら池の動画、鯉の跳びはねるのだけしか作っていなかったのにすっかり忘れていた。
池と新幹線、トンボなどをまとめて見た。



台風の雨風をバックに編集。
ユーチューブにアップするのがなかなかだった。
「処理してます」の最後5%が進まない。
「どうしてやね?」と検索したら「一度削除してやり直してみて下さい」とあったので、そこまでやっては削除してやり直す事3回目にしてやっとアップ出来た。

重すぎたかな?575MB。

ニンニクと唐辛子のにおいで満たされて

いもこさんのブログを見て「作ってみよう」と始めたのが「青唐辛子味噌」なるもの。

いわゆる唐辛子のまだ青いのなら畑にあるし、青ジソもある。甘長ししとうもある。
チラッと見たページでは種を取らずに小口切りとあったのでなまかわした。
味噌が赤だしの真っ黒な物しかないけどそれを使った。
砂糖を思いっきり多くした。

切っていた時は咳が出るほどの辛い感じが炒めて味噌で練ってから舐めてみたらさほどではない。
熱を加えると辛味が減るのかな?
青唐辛子味噌

半分を冷凍保存にすることにした。

ニンニクもいもこさんのブログで思い出したのである。
ぶら下げたままだともうすぐ芽が出てくる準備が始まる。
皮を剥いて半分をスライス、半分は丸のまま冷凍保存した。
ニンニク皮むき

台所はそれらのにおいがミックスして何とも言えないにおいである。

雨が降って割れてしまっていたので台風が来る前に採って来たうっすらと色づいたミニトマト。
塩を振って漬物にした。
塩漬けしたミニトマト

食べられない事はない。捨てないで食べよう!



台風までの距離があったにしては風はまだしも強い雨が降る時間が長かった。

早朝見回りをした。
花の鉢など覚悟はしていたが倒れているのもあるし、片付けた物をもう一度戻さねばならない。

畑は予想よりひどくなかった。
何とか持ちこたえたゴーヤ
倒れかけたゴーヤ

連鎖で倒れた?キュウリやトマト
連鎖


畑は適当に直したので、これから花類の片づけと家の掃除が待っている。

来年もやる?

種を採り、来年も家庭菜園をやるつもりのnekoさんです。

種採り用 


ユーホルビア 氷河(初雪草)は種がこぼれて毎年どこかで育つ。
涼しげでいい。
初雪草


台風11号が来つつあると言うので、畑の具合を見に行き動画を撮って来て、編集・アップをした。


お馬鹿さんがこんな事をしているうちに雨が強く降り出し恐いくらいになって来た。(午前11時)

避けられない11号台風

今回の11号台風は予想進路から言うとどうしても避けられない状況である。

で、台風対策を何から始めたか。

お盆の直前である。お墓の花用のヒャクニチソウを切り戻して揺さぶりを少しでも軽減しようとした。
切り戻した百日草 
花は切った百日草

千日紅は四方八方に広がっていて絡げようにも上手くいかない。
風が吹いたらこれは折れるだろう。
広がる千日紅


その他野菜類はトマトは「もう終わりになってもいいや」と何もせず。
古い(最初に蒔いた)インゲンの脇芽が出ているので古い枝などを整理してすっきりとした姿にした。
ナス・ししとう・ピーマンはどうしようもないのでそのまま。
桑の木豆に支柱だけ立ててあったので横の棒を2段しっかりと結んだ。
桑の木豆の手

バックネットのように見えるが、金網は隣家のものである。

8日の朝にした仕事である。

「ルーズヴェルト・ゲーム」と「ドルチェ」他

都市対抗野球で大垣市の西濃運輸が優勝し、町でパレードまで行われたとか。
ベストエイトになったところでようやく新聞記事になり(小さく片隅に)、優勝した途端に地元の記事としては最大級。
「会社へ凱旋」「今日は大垣市庁舎を訪問」「県庁で知事に報告」そしてパレード。
もうちょっと前から記事にしてやって欲しかった。

社会人野球と会社のリストラなどをテーマにした池井戸 潤「ルーズヴェルト・ゲーム」をやっと読み終わった。
ドラマの再放送はないのかな?
ちょっと観て見たい気もする。

次の本はどれにしよう?と借りて来た本の中から手に取ったのが誉田 哲也(ほんだてつや)「ドルチェ」。
ドルチェ

42歳の所轄の女性刑事の一人称で書かれた連作物である。
これは一気に読み終えた。
ちょっと前の「ストロベリー・ナイト」という本も借りてあるので楽しみだ。
これももうドラマとして放映されたそうである。

ダン・ブラウンの「インフェルノ」も借りて来てあるが、この本の題材がダンテの「神曲」とあるので、置いてあるだけでなかなか手に取ってみようと言う気にはならないのである。
「ダヴィンチ・コード」も最後まで読みとおせなかったという過去があるから・・・

頭上注意!

一週間ほど前から何やらやっていた主人。
こんなものを作ったのである。
手製の看板


神社の当番が我らの組に当たっている。
総代にはまだ現役の若い人をお願いしたので、時間はある高齢者が手助けできる事はしようとしている。

枯れた部分のある高い木があり、折れて落下した事もあるらしい。
枯れた所を切るのがすぐには出来ないらしく、盆踊りの会場にもなるため、とりあえず注意を喚起する看板を立てると言う事らしい。
そこまでしなくてもいいじゃないかとも思ったが、そういえば大垣市の催し物で落下した木の枝で亡くなったか大怪我をしたかの事故があった。
だからこの看板を立てて近寄らないで欲しいと言う事なのだろう。

この看板が撤去できるように高い木の枯れた部分を切り取って貰う事が何より肝心なのは言うまでもない。
(予算が足りないのかな?)


通り道の道端にイッサイ百日紅が咲いていた。
道端の一才サルスベリ


秋の豆3種

7月の終りに秋の豆、3種類を蒔いた。

雨が降らない状況であるから駄目でも仕方がないなあと思いつつである。
水を撒き、不織布をかぶせておいたら発芽した。
秋の豆3種


問題はこれから。
毎日水やりは不可能なので枯れるかもしれない。
運を天に任せて成長するのも待つのみである。




今年も冬瓜が自然発芽した。 (去年教えて貰ったので冬瓜だと確定できる)
そのままにしてあるが、さて邪魔になる時期までに大きくなるかな?
kotosimo冬瓜


トマトの終り

自分としては上出来の部類に入った今年のトマト。
ミニと中玉でどれだけ自分の腹に入った事だろう。

流石に終りが来つつあり、最後にもう一度トマトソースを作ろうと冷蔵庫からの物もとりだした。
2回目のトマトソース


うーん、これだけのを湯剥きするのかとちょっと躊躇するが、せっかく生ったのだからと気を取り直してとりかかった。

葉が枯れた1本は切り倒した。 
切り倒したミニトマト

あと少し、色づきかけているのがあるだけになった。


オキナワスズメウリ

蝶豆次々と

今年初めて作る蝶豆(クリトリア)が毎日咲くようになった。
濃いブルーが涼しげである。

オキナワスズメウリ、これも今年初めて作るものである。
2鉢に分けて入れたのだが、命が危ういパッションフルーツ1号の補助として(グリーンカーテンとしての)土のある所へ置いた物は鉢底から根を出して元気で、小さな雌花も見えるようになった。
スズメウリその1

しかし、コンクリートの上へ置いてあるプランター植えのは御覧のように死にそうである。
スズメウリその2

今更どうしようもなく、近日中に廃棄処分になりそうである。

映画 「王になった男」と「そして父になる」

録画した「王になった男」を観た。

頼まれて録画した韓国映画である。
「どんな映画かな?」 ちょっとだけ観てみよう。
期待はしなかった分、余計に点数が上がった。

時代物で見なれた王さまの衣装に苦笑したし、替え玉の王を仕立てる(王自身の希望で)というよくあるパターンのお話。
替え玉の男がだんだん本当の王のように国民の為にはどうすればいいのだろうと真剣に考えたり発言したりする。
「お前は政治はしなくていいのだ」と側近の男に言われたりする。
身近な者に対する気持ちのやさしさが周囲の者の心まで動かしていく。

ジーンと来たり、笑ったり。
イ・ビョンホンが二役で好演し、都承旨(トスンジ)役のリュ・スンリュンがよかった。
過去の予告編から切りとってスライドにしてみた。

スライド王になった男


実在の人物 光海君 (1575~1641) ホ・ギュン(1569~1618)を題材に、フィクションの影武者をつくり、その男が次第に本当の王らしくなって行くさまがなかなか良く描かれていると思った。

韓国映画で憶えているのは「JSA」である。
愛だ、恋だの青春ドラマは見たくないし、鮮血が飛び散るようなアクションも嫌だ。
けど今回のような映画なら見てもいいと思った。(一度で足らずに2回も観た)


夜には「そして父になる」を放映中に観た。
そして父になる

本篇もよかったが音楽がピアノで印象的だった。
その余韻の一端を、公式ページのBGMをオンにして流しながら浸っている。
BGMを流しながら 




「あー・・・とめられない」

「自転車転びました」

その日、スポーツクラブへ行く時に久しぶりにカワセミが飛んで行き、そのきれいな背中を見た。
いつも見る所とは違う場所だった。
それが災難の始まりだった。

カワセミが頭にあったので、帰宅コースを、一番カワセミが見れる川端の道にした。

横目(右目)で川を見ながら「居なかったなあ」と自宅方面へと橋を渡りつつ、今度は左手の方を眺めたら「お、翡翠色の背中が飛んで行く」

そこで下車すれば何事もなかったのに、横着をして飛び去ったカワセミの姿を追ったので自転車のハンドルが左へ切れた。
簡易舗装の道と田んぼの土手の境目へ前輪が行ってしまい、もう止める事が出来なかった。
橋を渡ったすぐの田圃なので土手が高い。
そのまま落ちると大ごとだと一瞬考えたのだろう、自転車を横倒しにして自分は横へ飛びおりた。
前かご・後かごの荷物は見事に跳びはねて散乱したが、運転者は転びもせずに無事だった。

何事もなくてよかったと思いながらも周囲を見回した。

前方、遠目で車がこちらをじっと見ているような気がした。
転んだところを見たが、その後起き上がっているのを確認したのだろう横道へ走り去って行った。

転倒場所説明図


今回は何事もなかったが、「横着はいけない」と肝に銘じた出来事だった。
プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2014/08│≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索