義兄さんの水墨画

入院中の義兄を見舞った主人がおねだりをしたらしい。

(元気な頃に沢山描いて保存してある)水墨画が欲しいと言ったとかで、お兄さんがOKを出したと沢山持ってきて貰えた。
主人は、早速色紙用の額を買ってきて玄関と床の間に飾った。
兄さんの水墨画

義兄の水墨画3

水墨を始められた初期のころの作品のようである。(落款が今のとは違う)
いろいろ頂戴したので季節に合わせて飾れると思うのでとっても嬉しい。
一か月近く入院されていたが無事に退院され、それも喜ばしいことである。

マーキータグを使って遊んだ。 題して「行ったり来たり」



ヨーグルトの種菌を買う

市販のカスピ海ヨーグルトを繋ぎ続けて食べていた。
緩くなったらまた市販品を買ってきて新しく作り直したり、貰ったものを種として繋いだりしていた。

ずっと売っているとばかり思って安心していたら売っていなかった。
自分のテリトリーのほかの2軒のスーパーにもなかった。
やむを得ず、他のメーカーのカスピ海ヨーグルトで作って見たが上手くいかなかった。

宣伝に釣られて注文した。2袋の種菌が入って1000円だった。

とうとう買ってしまった種菌。
郵便で届いた。

種菌(粉)を早速500mlの牛乳に混ぜた。
今までした事がない瓶やスプーンの熱湯消毒もした。



又もやこのおくるみで眠ってもらう。おくるみ


眠ること29時間。とろりとしたカスピ海ヨーグルトが誕生した。
29時間後

消毒した瓶に次の種として大さじ3杯を最初に取り分けてから試食をした。
なめらかで満足である。
取り置きした種に牛乳を混ぜ、次のを作った。

資料に書いてあった通り、最初の種菌から作るより短い時間で出来上がった。
それでも17時間位はかかった。
気温が20度から30度くらいならきっともっと早く出来上がるだろう。
どんどん食べようっと。

全豪オープンテニスを観る

「もう帰るの?」
とプール友達に言われた。
「きょうもテニスを見ようと思ってね」と買い物もそこそこに帰宅してテレビを点ける。

ちょうど始まった所だった。
錦織の相手は去年の覇者で、すごいサーブで攻められてあっという間に1セット目を取られた。
(ここらあたりは洗濯したり自分の昼食準備でちらちらと覗いただけだが)

2セット目はうどんをすすりながら観戦した。(テレビにくぎ付けでうどんが伸びてしまった)
「よし!」とか「あーあ」とか一人で騒いで応援した。
応援すれども2セット目も落とし、跡がない3セット目。 

3セット目の最後はこれだった。タイブレーク。

セットの中で、ゲームが5-5(ファイブオール)となった以降は、2ゲームを連取し2ゲーム差がついた時点でセット終了となります。(7-5になれば終了)
6-6(シックスオール)になったら通常”タイブレーク”となります。”タイブレーク”後は、先に7ポイントを取ったサイドが勝者となります。(7-5で終了)

タイブレークの中で、6ポイントずつ取り合い同点となった以降は、どちらかが2ポイント連取して2点差がつくまで試合は続けられます。(こうなったら気力、体力の勝負です!)


ああ、もう終わりだ~というポイントから頑張ったのだが最終的には負けた。

2時間余り気合の入った時間を過ごす事が出来た。

誰が残るか分からないままに、男女の決勝予定を録画予約しておいた。
ライブで見れなくても結果だけではつまらないから・・・

テニスを見て思う事はあのポイントの呼び方。
なんで0・15・30の次が45じゃないの?
また0をラブと呼ぶの?
テニスポイントスコア



駄目でもともと

昨年手に入れた苔玉の一つが葉は茶色くなってきたりして駄目になって来た。
こんな冬には無謀だと思ったが挿し木をしてみようと思い立った。
というのも、以前バラの挿し木のブログで紙コップに挿して何やらをかぶせるというものだったのでそれならもしかしたらと思ったのである。。

ところが悲しい事に何で覆ったのかを失念している。
忘れるといけないのでページをお気に入りに入れておいたはずだとお気に入りフォルダの「園芸」を開いてもない。

焦りまくっていてふと思い出した。
ドキュメントに「保存web」フォルダを作ってあったのを・・・
あった!

そこの園芸フォルダにはあったのでやれやれと参考にしてやって見た。
挿したものを覆うのはジップ袋であった。
ジップ袋で発芽を待つ



この間可愛いにゃん子を描いてやったのに我が家の近所の猫はユリの球根が植えてある鉢を便所場にしている。
ウーン、許せん!!
猫のトイレ化


小説と現実

「イスラム国」なる組織に拘束された日本人のニュースが流れてから1週間。
一人は殺されたのであろうか?

「イスラム国」と聞いた時、イスラムのどこの国?とおもったほどそんな勢力がある事さえ知らなかった。

今読んでいる本にサウジアラビア生まれのテロリストが登場している。

父親を殺されて逃れたバーレーンで信仰に目覚め、ソ連と戦うアフガニスタンで2年間外国人戦士として働く。
「ソ連は兵器はあっても信仰心が無かったから負けたのだ」と、目覚ましい働きを感謝したアフガンの長(おさ)から手に入れたレバノンのパスポートを使い、パキスタン→アラブ首長国連邦→レバノンと移動する。
レバノンで大学に入り医学を学んだ後、受けた啓示は「近くの敵(イスラエル)を倒すにはそれを援助している遠くの国(アメリカ)を倒さなければいけない」というもので、それから始まった生物兵器のテロへの道であった。

「そんな事が出来るだろうか」という質問に「貴方達はアフガニスタンで大きな敵を撤退させたではないか」
神(アッラー)が守ってくださるという信仰は他人を殺しても許されるとも取れる。


トルコ・シリア・レバノン・サウジアラビア・イラク・イラン・アフガニスタン・パキスタンあたりの地図をひろげて「ピルグリム」を読んでいる。
エシュロンで世界中の電話など盗聴されていると本には出てくる。
アメリカなど公式には存在を認めていないらしいがそういうのをこういう時に使えないのだろうか。

本で読む段にははらはらドキドキのお話だが、現実の世界では家族の方たちはどんな気持ちであれらの映像を見られた事だろう。
胸が痛む。



暖かい日

寒いと畑へ野菜を取りに行くのさえ億劫だ。

25日は風もなく穏やかな日和だったので畑へ収穫に出かけた。(すぐ隣なのだが)

小松菜がとう立ちはじめている。
小さなのも取ってきた。(白和え用)

残り少なくなった白菜、鳥につつかれて頭は坊主になっている。
食べたお返しに糞までいっぱいしてある。
つつかれた白菜


早生と晩生を植えた玉ねぎ。
ついこの間までは育ち具合を見る所までは行かなかったが、よく見ると早生は白い球っぽいのが見える。
極早生が欲しかったが苗を買いに行った時は無かったのでやむを得ず早生というのにしたのだった。
玉葱育ち具合


バラにアマガエルらしきものが・・・
アマガエルらしい
モズの仕業かな?

草が元気に生えてきている。
始動しなければと思いつつも家に入ってしまった。


今日のお絵描きは桜。
桜花3個

枝付き桜


はなびら


パーツで保存できるのがブログをやっているものには使い回しが出来、便利である。

あ、しまった!
花や葉っぱを一個ずつ保存するのを忘れた。

本屋大賞の予想

基本的に新刊書の類は買わない。
どんな内容かわからないのに投資は出来ない環境だからである。

しかし、今どんな本が売れているかとかいう事は、新聞の広告や書評などを参考にしてチェックはしている。

本屋さんの店員が売りたい本を選ぶ「本屋大賞」のノミネート10冊が発表された。
ついこの間発表された直木賞の受賞作 西加奈子「サラバ」も入っている。
昨年の国内ミステリーランキングで3冠 (「ミステリが読みたい!」(早川書房)、「このミステリーがすごい!」(宝島社)、「週刊文春ミステリーベスト10」(文芸春秋))に輝いた米澤穂信さんの『満願』もある。

二人とも一冊もよんだことがないのであるが、本屋大賞はこの2冊からだと予想する。
4月初めに発表される大賞がこれらから選ばれるか?

自分は吉田修一の「怒り」を読みたいのだが・・・

新聞には2004年の大賞 歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」の宣伝もあった。
題名と最後の落ちが「参った」という記憶はあるのだが小説そのものは全く覚えていない。
こういう本も再読したいと思うこの頃である。



お絵描きの資料をダウンロードして頂戴したので、2008年の作品から易しそうなのを選んで描いてみた。
動物シリーズの手始めは・・・猫。
なんだか年寄りっぽい感じになってしまった。
描く人に似るの?

箱の中の猫

スチール缶に入った2

紙製の箱(.jpg)とスチール缶(.png)に入って貰った。

「よう考えられるなあ」と感心しつつ

面倒くさいとか、自分には出来ないと敬遠していたWordやExcelで描く画。
やり始めると面白い。(易しいのだけに限るが)

YOMIURI ONRAINに掲載されているテキストは最近のはとても難しい。

で、過去にさかのぼって見て、易しそうなのを選んでやってみている。
しかし、2011年8月以前のは削除されていてもう見れない。

作者のYume Palatteさんが「お絵描きしましょう」と過去の作品をPDFでダウンロードできるようにして下さっている。

Word2007で作品を描いています。
PDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
2008年から2011年まで「読売オンライン」に掲載された作品です。


これを書いてみたいと思う作品をダウンロードして保存せずにその場で印刷をした。
どっさりテキストが出来た。
「それにしても、よう考えられるなあ」と感心する。

Word・Excelでお絵かきテキスト

どれか描いて公民館まつりの作品として提出できるだろうか。

ずっと昔に描いた赤おにが出てきたのでラインにしてみた。
青鬼のつもりが紫っぽい鬼になってしまった。

赤おに青鬼

大豆と黒豆

暮れの黒豆は沢山煮たのにもかかわらず、冷凍保存した物もすべて食べきった。

頂戴品の黒豆も大豆もある。
一度に調理しようとした。

大豆は水に漬け、黒豆は沸騰させた調味液へ漬けて一夜あけた。

大豆を蒸し大豆にしようと圧力なべを使う。
加圧して中火で10分+弱火10分。蒸らしも10分。(読んだサイトではそうなっていた)
柔らかすぎたがつい摘まんで食べたくなる美味しさである。(やはり茹でたのよりもっちり感がある)
圧力鍋で蒸し大豆

一方黒豆は、普通の鍋で弱火で20分。
自家製保温布団に入れた。
黒豆は

150gずつ小分けにして冷凍保存した以外の蒸し大豆は何に使おうか思案中である。
スープ風カレーなんぞはどうやろ?

黒豆はもう一度10分程度煮て再び御布団へ行く事になる。


翌朝、寝ている黒豆を危うく忘れるとこだった。
10分加熱してもう一度ベッドへ。

蒸し大豆は豆どっさりカレーと五目豆になって登場した。
豆どっさりカレー
musidaizu 五目煮


Excel画 続き

風邪をひいたらしく咳がひどくなってきたのでプールはお休みにしている。
熱は無いから医者へも行かずひたすら保温に努めている。
となればパソコンはいいお友達である。

Excelで描くバレンタインのイラストの続きをやった。

男の子と女の子を描く所は無事に出来た。
今回は図形の大きさまできちんと指示してあるので素人には描きやすい。
女の子

しかし、「最後にイラストを手書き風にアレンジしましょう」で大慌てになる。
2007では「アート効果」というものは存在しないのである。

仕方がないのでWord(2013)へ図を貼りつけて、そこで線画というのにアレンジした。
Word2013のアート効果

と、ここまでブログを書いて気がついた。
女の子の足が1本しかない。身体障害者にしてしまっている。

図にして貼りつけてしまっているのでグループ解除して足を1本コピーもできない。
足だけ作りなおして何とか出来た。
②全体


Excel2007では

YOMIURI ONRAINの『Word&Excelでお絵かき』の新しいのがあるとかで覗いてみた。

*「Excel2013」で描きました。
*以前のバージョンでお使いの方は色や図の効果は似ているものをお使いください。


とあり、なんだか嫌な予感がした。
自分はExcel2007である。

ぼちぼちと描き進み、図の塗りつぶしで「パターン」が使われていたけど我がExcelにはないのである。
excel2007では塗りつぶしパターン機能はない

検索したらWordの2007にはパターンというのはあるのに、Excel2007ではカットされているそうだ。


そこに書かれたあったのはExcelの今やっているシートにWordのオブジェクトを呼び出して描き(パターンがある)出来たらコピーしてExcelに貼りつければいいというものだった。

ワードを呼び出すなんて全く知らなかったのでやって見る事にした。
オブジェクトの挿入
右クリックで図の書式設定

お、出来る。と喜んだ。

一通り出来たのでコピーしてExcelのシートに貼った。

保存しようとしたらエラーが出ました。最小限の情報を何とかという所に保存することができました。

えー!
もう一度開いたら先ほどコピペしたはずの図が何にもない。

こんな苦労をするなら最初からWordを立ち上げてやった方が早かった。
結局はWordで描いて貼りつけた
今度はちゃんとExcelシートに貼りついていた。

Officeってバージョンでなんでこうも違うの?
ややこしいたらありゃしない。

Excelで背景に色をつける方法は分かったので、Wordでも色付けをしてから図形を描いた。(図形の周囲が白いので)

2007はページレイアウト内にページの背景があった。
2013ではページレイアウト内を探してもない。
デザインの中にあった。
これまたややこしい。

22時間の滞在

娘は正月は婿の実家で過ごすのが恒例である。

「遅くなりましたが新年のあいさつを」と夫婦でやって来たのが土曜日の夕方である。
ビールからスタートしてワインや焼酎など、普段1合ほどの酒しか飲まない主人も多少ともお付き合いをしていた。

配置転換になって新しい所での苦労など男同士で盛り上がっていた。
娘は正月に会った甥や姪たちや御両親の話などしてくれた。

5時間ほどの宴会と言おうか、おしゃべり会は自分は一番先に布団へ。(いつもの事だが)

好きなだけ朝寝をして軽い朝食を摂り、昼食に備える。

とはいっても近所のうどん屋さんで味噌煮込みうどんの定食など食べるだけ。

白菜や大根・最後の巻柿や、貰った美味しいお餅(杵で搗いた)も袋に押し込んで持たせたら、「バイバイ」と戻って行った。

滞在時間22時間。
パッと来てさっと行ってしまった。

そう、そう、婿さんが風呂へ入っている間に「これ、旦那さんの唄声」と言って、スマホできかせてくれたのは、昨年、習っているピアノの発表会で娘が演奏し旦那さんが唄っているのだった。(上手)
婿さんが先生に気に入られてしまったようで、次回は「この曲」ともう指定されているらしい。

そうした日常も少しは分かり親はほっとするのである。
幾つになっても親は子供の心配をする。
本当は反対に心配されているのに・・・

お互いに元気な顔を見れて一安心だった。





循環参照

「エクセルで計算が出来ない」とつぶやく旦那さん。

Excelは全くわからないけど、一人より二人で見たらわかるかもしれないと主人のパソコンとにらめっこする。
循環参照の警告が出ている。
循環参照の警告

まず循環参照なる意味がわからないので計算出来ないシートと参照しているシートをもう一度見直してみる。
数値で入れるというバカなこともやった。
もう一度丁寧に参照しながらやった。
なぜか計算出来た。

「なんでかなあ」と頭をひねる旦那さんに「なんでもいいがね、出来たから」といい加減な助っ人。


自分のパソコンで検索してみた。
警告が出たらキャンセルをクリック。キャンセルをクリック

シートの数式からワークシートの分析→エラーチェック→循環参照をポイントし、サブメニューに表示されたセルをクリック。
循環参照

選択したセルの数式を修正します。
この例では、セル "G9" に "=SUM(G4:G9)" という数式が挿入されていました。
"循環参照に関する警告" が表示された理由は、数式の値 "G9" がそのセル自体を参照することを指定していたためです。
この循環参照の問題は、値 "G9" を "G8" に修正するだけで解決します。


とあった。

しっかりと理解したわけではないが又同じ事が起きた時にはこのブログで絶対参照と検索すれば今日の事を思い出す事が出来るように記事にして置く。

きり紙

スポーツクラブのロビーの飾りがお正月の凧などから切り紙に変わっている。
もう1週間以上経つけど何度眺めても新鮮である。
ロビーに1
雪のイメージであろう。
エアコンの風にゆらゆら揺れている。

自販機の上の空間にはベビーちゃんたちのクラスが作ったものが飾られている。
可愛いオブジェ

うん、狭い空間を使っての展示、悪くない。

マネージャーにあったら褒めておこう。

移動図書

市立図書館の移動図書はバスでやって来る。
市内の公民館などのステーションとよばれる指定の場所に月に1度やって来て返却や貸し出しをしてくれる。
この便利なシステムで過去にどれだけの本が読めて、どれだけの楽しみを貰った事だろう。
中断した時期はあったけど、40年以上に亘ってお世話になったのである。

しかし、この移動図書での貸し出しは2月までで3月は返却だけとなり、終了する。

車に乗れない自分はこれからどうしたらいいのか?
バスに乗って本館へ行くには結構なお金も要るし、2週間の期限なので(現在は)月に2往復、しかも1時間に1本程度のバスで行こうと思うと半日仕事になる。
あれやこれやと今から考えても仕方がないけど気分が重い。


15日の移動図書の日は新年会と一緒の日になってしまった。
「返却だけでいいからお願い」と主人に頼んだところへ「市立図書館です。リクエストの本が3冊御用意できました」と電話がかかって来た。
主人に「返却してこのカードで3冊借りてきて」と追加の願いをした。

はてどんな本だったけとリクエストメモ帳を見たら11月に依頼していた「ピルグリム全3冊」のようだ。
スパイとかテロとかの話なのだがそれだけの話ではなさそうだから希望したのだった。

豊穣で、色彩感豊かで、奥が深い。だから、ずんずんと文庫3巻を一気読みである。

ですと。

市立図書館の最後の本になるかもしれない。
pirigurim.jpg

わくわく期待をして本読みを始めよう!


新年会はヘルシーな会食でビールさえ飲まなけりゃ体重増加にはならずに済んだかも・・・
梅の花

食事に使用したペーパーナプキンのイラストが面白かったので、スキャンの練習をした。
名称未設定3 名称未設定 2


2014年仲良し掲示板から

仲良し掲示板への投稿作品の整理をしつつ2014年の投稿作品をホームページにアップした。

毎度のことながら、ホームページをアップする時は何やらかやらエラーがある。

今回はその3にある「日傘のフレーム」というファイルが「エラー」と出るので、ちゃんと英数半角になっているか、文字の間に空白は無いかなどファイル名まで変えてやってみても「エラー」となる。

FC2のホームページのQ&Aを順にたどって有料と無料の違いのところで1ファイルの上限が有料だと1MBから500MBになるとあったので「これだろう」と先ほどの日傘のフレームのファイルサイズを見たら1MBをほんのちょっぴり越えていた。

GiFResizerでサイズをちょっと小さくしてアップしたらすんなりと出来た。
「あたり!」

ホームページは1ファイル1MB、ブログは500KBがFC2の無料の場合の上限だと覚えておかなくちゃ。

画像クリックで仲良し掲示板一覧のページへ飛ぶ。


よかったら見てやって!

漬物ステーキ

暮れに漬けた白菜は正月に食べるようにと塩も薄くした。

1月も半ばになっても残っていて、ちょっと酸っぱい感じがしてきた。
こういうのは嫌いなのであるが、捨ててはいけないともったいない精神を発揮して炒めて食べた。

ごま油を熱して切った白菜漬けを炒め、薄味だったのでだし醤油をかけ回した。

いい加減にやってからネットで検索。

漬物ステーキという名前で飛騨高山から発信されていた。

ごま油でゆっくり炒め溶き卵を回し掛けるとあった。
で、最後の白菜漬けをそのように調理してみた。
白菜漬物ステーキ

捨てずに済んだ白菜漬け。
よしよしと自分で褒めた。

畑から採って来て次の漬物準備。
いい天気で、自分は白菜、父さんはタイヤを洗って干した。
タイヤも洗って干し

不味いけど食べよう

通り道の浄水場にはいろいろな木が植えてある。
柿も早生柿やら普通のもの、そして渋柿っぽいのとある。(道路から眺めているだけだけで確定はしていない)

鳥たちに次々と食べられていたが、渋柿らしいのが最後に残ったままで年を越した。

頃合いがよくなったのかようやくつついて食べ始めた。
と思ったらあっという間におしまいになった。

渋柿の最後

この後は何処へ行って何を食べるのか?
ヒヨドリのように見えるが・・・

左義長

成人の日が15日だったころは14日午後が我々の神社の左義長だった。

今でも道理は一緒の成人の日の前日なのだが、成人の日の日にちが変わるので戸惑う事がある。

しかし、今年は神社の当番組に当たっているので何の心配もない。
11日の午後2時からだと言うので火を点けるところをカメラに収めた。
左義長点火さる

カメラの風音を消したし、竹の爆ぜる音は残したし。
迷ったがやはり爆ぜる音がないと左義長らしくないので自動車の音や風の音も辛抱することにして動画を編集した。

ノスタルジックなセピア色で編集した。


しかし、火の色が見える方がいいかもしれないと普通の色の編集もした。


両方ともユーチューブへアップした。(馬鹿だねえ)


「法話が聞き取れず」と義母の「なまんだぶ」

お寺から案内のはがきやら住職直接の御誘いやらの「報恩講」

全く不信心で距離的にはすぐ近くなのに飛行機に乗って行かなければいけないような距離感がある。
全く拒否しているかと言うとそうでもないのだが・・・

門徒としての会費のようなもの(と思っている)三季冥加金5000円を持参するよう封筒まで用意されている。
御金は入れたがいつお参りに行くか?
1日目の午後にでもお参りがてら持って行くかと心づもりをしていたら主人が持って出かけて行った。

法話のみ聴聞すべく午後2時に出かけた。
立て看板

しかし、にこやかな講師の話が半分しか聞き取れない。
ちゃんとマイクを付け話されているのにちょっと早口であるから余計に聞き取れなかったのかもしれない。
1時間40分をその状態でいるのは耐えられないと前半が終わり休憩になった所で退出してしまった。

アナログの補聴器を買ってテレビを見る時などに使用しているので、これをはめて行けばよかったのかもしれない。

こうして半分しか聞こえない法話をききながら義母の事を思った。

耳が遠くなっていくつかの補聴器を買ってもらっても使い勝手が悪くて仕舞ったままだった。
その母はお寺のこうした行事にはよく出かけて行ったのだが、話の内容は全部聞こえなくてもお寺の阿弥陀様のまえで皆と一緒に居る事が幸せだったのだろうか。
何の疑念もなく「なまんだぶ、なまんだぶ」と唱えていた。

自力で何もしなくても「南無阿弥陀仏」と唱えれば、阿弥陀様が救ってくださるという、浄土真宗の他力本願というのをその姿に見た気がした。
そろそろ母の歳に近づきつつあるのに、そういう信仰心出てこないばち当たりである。


まだ法話の真っ最中だが御無礼してしまった。
法話の真っ最中


干し柿も終りになった

たくさんの柿を頂いて干し柿にしてかなりの数を冷凍保存してあった。

冷凍ではないものから食べ始め、冷凍物も食べ始め、ついにあと8個になってしまった。
(巻き柿の数個は娘が来たら食べさせるため隠しておこう。)

冷凍庫から出してこうしておくと1個、また1個と消えてゆく。
ここで解凍

この冬はどうした訳か主人が食べるのである。(美味しいから?)
柿を頂いた方にもそう報告をしたら笑っておられた。
勿論自身も食べてはいる。

冷凍保存したときに試したのはクッキングペーパー+キッチンペーパーで包んでジッパーへだった。

保存するときには面倒だったけど、外側のキッチンペーパーに霜がどっさりと付いているけど干し柿にはまったく付いていない。
キッチンペーパーに氷

「なるほど本当だ」と納得したお試し保存だった。

骨盤サポートクッション

腰の具合が危うい感じである。
今とても悪いかと言うとそうではなくて、こわばった感じがするのである。

過去の例からみるとこれは悪くなる前兆なので、ホットのカイロを貼ってあたためている。


ホームセンターでついこんなものを買ってしまった。
骨盤サポートクッション。
骨盤サポートクッション

椅子に座って長時間パソコンを触る時、つい骨盤を後ろに倒して背中を丸めてしまう姿勢になる。
骨盤を立ててしゃんと背筋を伸ばしていられるように補助として使えるのではないかと思ったのである。
袋から出した試供品がなかったので試しは無しで買った。

家で椅子の上に置いて座ってみた。
うーん、いまいちだ。
後ろの立ち上がった部分はいいのだが前側の足に当たる部分が高すぎる。
使っていればへたるかなあ。
とにかくこれは失敗した買い物である。

食卓ではこんなクッションを敷いてボールを腰に押しつけて腰を守っている。
こちらの方が
これはボールにマッサージされているようでお気に入りである。

パソコンの椅子は形態が違うのでこの方法が出来ないのが残念。

とにかく、テレビを見る時とパソコンをやる時には常に骨盤を立て背筋を伸ばす事を心がけようと思っている。


「勿体ない」と正月の食べ物を次々と食べ続けて1週間。
運動せずに大食すれば結果は聞かずとも知れる。

今年最初のスタジオレッスンはステップ台の昇降というものだったからいいものの、これからはマットで前屈したりする運動が始まる。
「お腹をスクープして」と言われて自分ではきゅっと締めているつもりでも鏡で見ると見事な3段腹が確認出来る。

夕食は白いご飯ではなく、おかゆになった。
今年のおかゆ

セリ・大根・二十日大根・蕪を刻んで入れた。

おお、カステル・フランコよ

初栽培の「カルテル・フランコ」は、一度だけ葉をかいて食べたのみでこんな悲しい姿にしてしまった。

寒さにやられた
べたがけの不織布をかけたあったが心配でビニールで屋根も作ったのにこの有様で、そんな事ならもっと早く食べてやるのだった。


寒さはまだこれからが本番なのだが庭ではちらりと春の姿が垣間見られた。

垣間見た春
面倒だったけど練習がてらWordで画像をいじってみた。

例の「オブジェクトの選択と表示」で三つの画像は枠線を薄い黄色。ワードアートの垣間見た春は線なし。一番外の枠線は点線でという風に別々にやれた。(グループ化した後でも)
枠線などいろんな効果は.pngで保存しないと駄目なのだが、ブログに使うには重すぎるのでやむを得ずjpgで保存して支障のないものにした。

目を酷使

ここのところ目を酷使しつづけている。

テレビ・パソコンそして本。
すべて眼鏡がないとダメなのに・・・

テレビは「ロード・オブ・ザ・リング」(古いねえと笑われそう)全3部9時間半を完了。
今映画館で上映中なのは「ホビット」の3部作の最終編であるから如何に遅れているかの証明である。
「ホビット」シリーズの最初の物 「思いがけない冒険」は録画してあるから追い追い見る事にする。

ホビットのお話もスターウォーズみたいにはじめに作られた映画からころっと前の話の映画を作られているのである。

パソコンはデータの整理整頓をやりつつある。

そして
希望して持ってきて貰った百田 尚樹「海賊と呼ばれた男」を読みつつある。
ベストセラーになって本屋大賞も受賞しているからきっと面白いだろうなあと読み始めた。
出光の創始者出光佐三をモデルにして彼の一生と起こした商店が大企業に発展する様子が描かれている。

期待した本とはちょっと違う。
小説と言っても資料を羅列されている感じがするのである。
作者の心もちは伝わって来ない。
だから「ああ、そうかね。そうなったの?」という感じなのである。

ただ一つ、冒険小説っぽいところはイギリスから経済制裁を受けているイランから自前のタンカーで油を輸入するというシーンである。
日章丸事件

そうは言いながらも最後まで読みとおしたいので今日も少しは読む。

日曜日・月曜日とプールで泳ぎと歩きをしてきた。
やっとエンジンがかかり始めたところである。



初外出は・・・

明けて3日間、一歩も外へ出ず過ごした。(洗濯物もストーブの前で部屋干し)

「正月が済んでしまったけど年賀には行かへんのか?」の声に「行きます」とやっと外出の踏ん切りがついた。

実家の兄は「まあこれくらいなら上等」という姿。

主人の実家は2日から義兄が入院したそうで若嫁さんの顔だけ見れた。
その足で邪魔かもしれないが病院へ行った。

受付では山のような人たちが待っている。

義兄は調子が悪くなって元旦に近くの病院へ行った。
それでも駄目な様子なので心配で市民病院へ。
午後行って帰った来たのが夜の7時ころという混雑。
貰った薬も飲めない状況だったので翌2日もう一度病院へ行ったら即入院となったそうである。
2日の日には検査の悪い数値があがり心配な状況だったらしいが、4日には元気回復して「大人しくしていないから付き添いがてら来て欲しい」と電話があったほどに良い方へと向かったとの事。
このまま回復して帰宅できるだろうと思えるほどいい顔色だったのでほっとして、Y子さんやKくんに後を頼んで帰宅した。

氏神様にもお参りして義兄の回復を切に願って来た。
頑張れ、お兄さん!
新玄関
立体駐車場


久しぶりに更新

ブログは毎日更新しているが借りたまま一向に触れていないホームページ。

自分でさえ覗きに行くこともなくなっていたが、毎日パソコンで遊んでいるので「そうだ、これをアップして更新しよう」と思いついたのが「仲良し掲示板」。
課題を貰ったり、自由課題で投稿した自作品を並べて置こうと、ずっと以前に少しはやってあった。

さあ、どうやってページを作ったか?
すっかり忘れているので以前のページを使って中身だけを貼りかえることにした。

それでも間違えた。
肝心の「ファイル名は英数半角で」というのを・・・
そしてページを作るにはフォルダを作っておく事を・・・

「仲良し掲示板で」内の「その8」フォルダにそのページで使うものを半角のファイル名で用意する。
大きすぎるものは目安として横500ピクセルにする。
GIFアニメが多いので、先だって手に入れたソフトで縮小する。
GIFリサイズ


後は以前のページの画像を削除して新しいものに入れ替え、題名など書き、名前をつけてhtmlで保存する。
自分のパソコンに保存されたのでそれをアップロードする。
トップページなどからリンクできるように設定して終り。

なのだが、たいてい一発でOKとなる事は無くて、画像が見えなかったり、リンクが貼れてなかったりして「なんでやね」と焦ることになるのである。

そうして今回作ったのが「その8」なのである。
これは2013年ころのもので、懐かしい感じがする。

下の画像をクリックで「仲良し掲示板で」というページに飛んで行く。 今回作ったのは「その8」というのである。



次々と作ろうとしたが掲示板の自作品が年度別だけにはなっているが整理されていなくてまずそこから始まった。
最初のころは日付が最初になっていなくて順番がぐちゃぐちゃ。
でも頑張ってきれいに整理だけは出来た。
nakayosi 整理完了


その9とその10も追加で出来てやっと2013年のが終わった。


ロード・オブ・ザ・リング

室内物干しをストーブの前へ置き、洗濯物を乾かす。(乾燥機がない)

同じ部屋でまずはブログをチェック。
次は、1日夜に見始めた『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の最初の途中で寝てしまったので、再開して終りまで観た。
しかし、いまいちわからないところもあったので最初から見直した。

ファンタジー物の実写版で旅する景色などえらくきれいだった。

今度は何とか付いて行けた。
架空の種族・土地・名前がややこしい。
種族の種類

ロード・オブ・ザ・リング①

次はその2「二つの塔」に取り掛かろう。

2日間何もせず動かないでいると流石に嫌になった。
そろそろ動き出さないと・・・


元旦は

例年、元旦は近くの神社参拝と主人と自分の実家へ年始の挨拶とお仏壇にお参りに行き、谷汲山華厳寺もお参りして正月の恒例の行事が終わる。

息子も帰省できない、主人も神社の当番でお疲れだし、雪も多少残っているので今年は一切のお出かけはなしとなった。

10時半ごろにお仕事を終えて主人が帰って来るまではパソコンのデータのうち、少しだけ整理できていなかったものをDVDにコピーして保存した。(12月分を追加)
DVDにコピー


お雑煮を食べてからは録画してあった「紅白歌合戦」をダイジェストで観た。
全4時間半のを2時間位で終了した。
グループで何十人も一緒というようなのは即飛ばし、紅組の司会者にはらはらし、水森かおりのセットを見て「おお!」と驚く。
二代目小林幸子の誕生。
水森かおり

(幕間のお話が如何にも長いなあと思っていたらこのセットを準備する時間が要ったのだ)


石川さゆりは年取ってもいい女だなあ。
石川さゆり天城越え 


長渕剛「明日へ続く道」 よかった。(何故襟の毛糸がほどけたジャンパーなのか意味が分からなかった)
長淵剛明日へ続く道


中島みゆき「麦の唄」 案外よかった。(マッサンで一番だけは聞いている)

美輪明宏「愛の賛歌」 歌はよかったが最後の演奏が長いのでなんだか昇天する天使のように思えてしまった。

勝手に観て、勝手にケチをつけたり褒めたりして過ごした。

その後は録画した映画「ロード・オブ・ザ・リング」の3部作に取り掛かる。
1本3時間の映画なので一度に全部は見られないし、観たことがあるよう気もする。




プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
12 ≪│2015/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索