プロダクト・リカバリー・ディスク

来週のパソコン同好会では「リカバリー・ディスク作成」をするそうだ。

今時のパソコンにはリカバリーディスクなる物が付いて来なくて、自分で作るか購入するかだそうである。

パソコンに関して全く音痴だし、おんぶにだっこなので、ひとまとめにされている袋を取り出してみた。

これがそうらしい。
プロダクトリカバリー

という事は、自分は改めてディスクを作る必要はないのだろう?
先生に見て貰わなくちゃ。


寒い風が吹いていたが道端には春の花が咲いていた。
春のきざし



映画鑑賞は「小さいおうち」

これが撮りためてあった映画の最後でこれからの夜、どんなテレビを観て過ごせばいいのやら・・・

記念の椅子が届いた

先週主人のへそくりで買ったオットマン付きの椅子と回転座椅子が届いた。
届いた椅子

座椅子は赤い縞のカバーも買ったので付けて見た。
どちらがいいかなあ。

我が大きなお尻をすっぽりと包んでくれるのでテレビ観賞の時間が長くなる事必死である。

昨夜は「エージェント・ライアン」を観た。
なつかしや、ケビン・コスナーがCIAの上司役で出ていた。

この椅子で最初に観るであろう映画はケビン・コスナー主演・監督の「ダンス・ウィズ・ウルブズ」になりそうだ。

あるいは気持ちよく寝てしまうかも・・・

Wordでお絵かき

YOMIURIのWordでお絵かき「ひな祭りのイラストを描こう(2)」が発表されたので早速描いてみた。

つまづきながらもそれらしく描けた。
男雛s

着物の柄を差し替えたらぐんと印象が違ったお雛様が出来た。
ピンクの着物s

両手に花
あやしげな3人s


午前様になってしまった。

バックアップ

なべちゃんの「バックアップ」についての記事を読み、ずいぶん久しく外付けハードディスクへ丸ごとバックアップをしていなかった事に気づいた。
コントロールパネルのバックアップと復元
バクアップと復元

昨年の12月8日にやっただけ。おっしゃるように「今すぐにバックアップ」とする。
今すぐバックアップ

進行中

データ類だけはUSBメモリーにこまめにバックアップをしているので、これで万全とは言わないが一通りやる事はやってある。



夜、また録画の映画を観た。
昨年のアカデミー賞作品賞の「それでも夜は明ける」。
アメリカ北部の自由黒人が拉致されて南部へ移送され売られる。
南部での農場での奴隷としての扱いは「俺の所有物だ」とうそぶく主人からやりたい放題の毎日で、字を知っていたりする事はひたすら隠して同僚を鞭打つ事などもする。

黒人が実際の体験を書いた本を元にした。
監督も黒人であること以外に出演者など全く白紙で観たので、あの現代のシャーロックホームズをやっていたカンバーバッチが聖職者でありながら奴隷を所有する役で出ていて「あれー」と驚き、ブラッド・ピットもお得な役で出てきたのには驚いた。
主役の黒人を上回る役者は綿花を栽培するプランテーションの主人役のマイケル・ファスベンダー。
本当に鬼気迫ると言おうか、何を言い出すか分からない恐さ。
soredemo3.jpg

soredemo1.jpg

soredemo2.jpg

毎日録画の映画で楽しんでいる。

結婚記念日は、何をするという事もなく、お昼ごはんを外で食べ、夕食に赤飯を炊いて終わりであった。

エディ・レッドメインと「イングリッシュ・ペイシェント」

アカデミー賞が発表された。

作品賞のノミネートを見ても全く知らないものばかりで興味がなく、受賞作も全く知らない物だった。
主演男優賞だけは知った俳優であった。

エディ・レッドメイン。イギリスの33歳の俳優である。

テレビドラマ「ダークエイジ・ロマン大聖堂」で知った。
そして「マリリン七日間の恋」「レ・ミゼラブル」を観た。
そばかすがいっぱいの顔は忘れられない。

今回の受賞作はホーキンング博士を描いた「博士と彼女のセオリー」。3月に公開されるとか。
見に行くかな?

過去のアカデミー賞作品賞のひとつ「イングリッシュ・ペイシェント」を観た。

最初のシーンでセスナ機で砂漠の上を飛び、それが撃ち落とされるのを見て「アラビアのロレンス」風映画かと思った。

第2次世界大戦前後の北アフリカのイタリアでの話で砂漠で撃ち落とされた飛行機に乗っていた男は大やけどをし、助けられたが名前も分からないまま「イングリッシュ・ペイシェント」「イギリス人の患者」と呼ばれた。
やけどを負った男

その彼が過去の記憶を少しずつ取り戻す。
取り戻した場面がフラッシュバックで過去の場面になる。
現在の彼と過去の人妻との恋愛が行ったり来たりするのでしっかり見ていないとわからなくなってしまうような映画だった。
不倫の二人

人妻の夫役が「英国王のスピーチ」のコリン・ファースだった。(どこかで見た事のある顔だと後で検索してわかった)
主役もどこかで見たことがある顔だった。
やはり後で調べた。ハリー・ポッターシリーズのヴォルデモートをやっていた。
ヴォルテモート卿

こんないい男なのにメーキャップ物で名を売ってしまった?
171327_300.jpg


久しぶりに恋愛物を観たのだった。


旦那さんと待ち合わせ

「おい、今日時間あるか?」のお尋ねに「午後ならあるよ」と言葉を交わしたのは土曜日の朝。

待ち合わせ場所は近くの家具店駐車場である。
自分は例のごとく運動を終えて自転車で、主人は車で。

連れて行かれたのは一人用のソファー展示コーナーで、「これにするか、あれにするか。どっちがいいと思う?」と相談された。

洋室でテレビを見るのに古くからある椅子では何とも座りが悪く、欲しいとは言っていた。
あちこちの家具屋さんなどを見て回って最後はここにしたらしい。

座り心地はどちらも悪くない。
が、フェイクレザーいわゆる合成皮革は劣化するらしい。(数年で劣化しては困る)
布製のものは値段が倍するので迷っていたらしい。

最終的に本人が布製のものを選んだ。税込で?万円弱。おお、高い。

続いて出た言葉が「お前も座椅子を買え」だった。

我ら二人は狭くて古い家だが、テレビやパソコンをする時間は各々別の部屋を使っている。
主人は洋室で自分は和室である。
確かにテレビを見る時に古い座椅子を使っているのだが座り心地が悪く、クッションなどでカバーしている。

座椅子のコーナーで次々と座り心地を試してみる。
見た目はよさそうでもお尻から背中へかけてフィットするものがなかなか見つからない。

全く座椅子らしくないデザインのものに座ってみて「これならよさそう」と決めた。
カバーを1枚付けて?万余。

主人がへそくり会計から支払ってくれた。

そこでやっと気が付いた。
「結婚50周年のプレゼントかね?」と尋ねたらちょっと照れながらうなずいた主人だった。

品物は1週間後位しか手に入らないのでどんな物かはその時又アップしよう。(家具店内は撮影禁止だった)


「一度でいいからこういうプレゼントも欲しいものだ。」とWordで描いてみた。(よくそんな事が言えるなあという声が聞こえる)

50周年s


他にもWordでお絵かきフォルダには「結婚記念日」と題した物が作ってあるよ、お父さん!
結婚記念日おねだりフォルダ


ちなみに2月24日が愛ちゃんが太郎の嫁になった日である。

草取り

午後の少しの時間を畑で過ごした。

最初にした事は底が破れた漬物桶の中身を埋める事。
DSC00709.jpg

DSC00710.jpg

次は草取り。
空いた桶の中へ取った草を放り込む。
DSC00708.jpg

不要になった鉢の土を目の細かいざる?で分けた物を草の上へ乗せておく。
在庫がある時は米ぬかや油かすも振りかけておく。

数カ月したらそれを畑の土に戻す。

小さな容器が4個と大きな容器が1個畑の片隅に置いてある。

我が家のささやかなリサイクルである。

草取りもあとひと月もしたら気をつけないと芽を欠いてしまうアスパラガスのため、棒を立てて要注意!である。
DSC00707.jpg


色気のない画像ばっかりではちょっとさびしいので千花さんの既成枠に姫リュウキンカを入れて・・・
千花さん既成枠3で


皮が破れた金時豆

谷汲山の豊年祈願の踊りを見に行けなかったのだが思い出したのが節分に買って来た金時豆。

一晩水に浸けて一度茹でこぼした後に紙蓋をして弱火で煮た。
柔らかくなってから砂糖の半量を入れるのだがとりあえずタイマーを30分にしておいた。

「えー!」もうその時点で皮が破けている。

破れてしまった物はもうどうしようもないので砂糖を半量溶かして火を止める。

すっかり冷めてからもう半量入れ沸騰寸前で火を止め完全に冷ます。
それからしょうゆを入れる。

又それからほっておいて味が浸みてから食べる。
ひたすら食べる。
父さんにも割り当てを出す。
破けて出てきた汁も一緒に食べる。

すごい砂糖の量を思い出す。
でも食べる。

きっとまた肥える。


金時豆 250g  砂糖250g しょうゆ大さじ1
煮る時の水はひたひたで、途中で水が少なくなったら追加する。

皮が破れてしまった

エンドウの手を取る

エンドウの手を取った。いい加減なやり方で・・・
スナップエンドウ
スナップエンドウの手

赤いエンドウ
赤いエンドウの手


種ジャガイモを切って乾かしてある。
土曜日に植えようかと算段している。



ちょっと畑仕事をしたらもう腰が危うい。

でも書きかけのYOMIURIのお雛さまが待っている。
立ち止まっていた理由は「フリーフォーム」の使い方。
いもこさんに教えて貰ったので続きをやって見ようという気になったのである。

ふくよかな女雛が描けた。着物の裾あたりもちょっとお下品である。
描く人に似たらしい。
女雛


GIFアニメをホームページへアップする

「パラパラと四角いタイルが元の画像にはめ込まれる」というGIF動画を3点作った。
一番軽くしたのをブログに貼った。
自分の掲示板では容量オーバーで拒否された。

暫し考え「自分にはホームページと言うものがあるじゃないか」と思いつき(使っていなことを証明してしまった)ページを一枚作りアップした。

ファイル名は半角だ。リンクだ。とあたふたしながらも何とか出来た。

下の画像クリックでそのページへ。





高倉健「単騎、千里を走る」を観た。

雄大な風景以外は何にも残らない映画だった。
チャン・イーモウと降旗両監督だというので、どんなに素晴らしい物かと期待したのだが全くはずれだった。




谷汲山の豊年祈願谷汲踊の日だった事をプールの帰りに思い出した。
一日に3回やり、3回目は仁王門前で遅い時間だったなあと調べたら午後2時からだった。
午後1時にこれを確認した。
すぐ出かければ間に合うが、肝心のアッシー君が外出中である。
事前に予約してなかったので仕方がないと諦めた。

次回は何時?
踊りそのものは年に何回か披露されるのでチェックを怠らなければ見られるが、本来2月18日のが正当だと思っているのでちょっと残念だった。


グリッド線とスナップ 機能

仲良し掲示板にtotoさんが掲示された作品で全く知らなった事が書かれていた。
「Photo Filtre グリッド・スナップ機能を使ってパズル作成」とあった。

Photo Filtreはレイヤー機能があるフリーソフトで、以前使っていたフォトショップエレメントの代用としてかなり使っていたのだが「グリッド・スナップ」と言うのはまったく知らなかったのでtotoさんに尋ねたら、word5枚に懇切丁寧にパズルの作り方まで書いて送ってもらえた。

最初のは試行錯誤しながら夢中で作った。

仲良し掲示板に貼って見て貰った。
忘れそうなので2個目のを作ってみた。
グリッド線とかスナップ(いまだによく分からないままだが)の機能もヘエーだったが、次のもヘエーだった。

沢山のレイヤーが並ぶとそのレイヤーを移動させるのに大変だった過去がある。
指定したレイヤーで右クリックすると「Order」というメニューがありそこで一番上とかを指定できるそうなのだ。
Order.jpg

選択したレイヤーが一番上へ行った。
一番上へ

この作品では24枚のレイヤーを使ったのでこの機能を教えてもらわなかったらとてもこの枚数は扱えなかったと思う。

作りかけ途中と最後の画面。
23.gif

17.gif

全体


ここで公開するには重すぎると考え自分の掲示板に貼ろうとしたら500KB以上は駄目だと撥ねられた。(800KB以上あった)
ので、最初に作った物をサイズダウンして貼ってみた。

sas.gif




映画「ブルー・ジャスミン」

「告発の行方」は古い映画だが「ブルー・ジャスミンは」まだ新しい。

ブルー・ジャスミン
・ブランシェットケイト

ケイト2


ケイト・ブランシェットが去年アカデミー主演女優賞を取ってから公開された映画がもうテレビでやった。
ケイト・ブランシェットは「ロードオブザリング」や「ホビット」シリーズでも観た。
べっぴんさんである。
この映画では、セレブな生活をしていたのが一変してどん底生活をせざるを得なくなっても過去の事が忘れられないし、現実を見つめ前向きで進む事が出来なくて精神も病むという役をやっていた。
確かに演技は素晴らしいかもしれないが、じぶんはウッディ・アレンを理解できないのでこの映画には高得点は出せなかった。

ちょっと前放映された「エリザベス」「エリザベスゴールデンエイジ」の方がずっと良かったと思っている。



映画「告発の行方」と福山雅治のライブ

アカデミー賞の発表が間近い(2月23日)のでBSでは過去のアカデミー賞受賞作品などをいろいろ放映されている。

「告発の行方」は30年近く前の映画で、観た事がるのだがもう一度みた。
あれあれ、自分は何を見ていたのだろう。
全く勘違いをしていたのである。

酒場のゲーム室で3人の男に強姦され(しかもほかの男たちの目の前で)告発するのだが、検事と弁護士で司法取引がなされた。
それを知ったサラは深く傷つく。
そんなサラの姿を見たキャサリン(検事)は事件の再捜査を決意、レイプを煽り唆した男たちを暴行教唆の罪で告発するのだった。


ここが自分の記憶と違っていたところで、レイプとして告発しての裁判だと思っていたのである。

この映画のトップクレジットは、アカデミー賞主演女優賞を取ったジョディ・フォスターではなく検事役のケリー・マクギリスだった。

彼女を主人公として捉え、レイプというものを軽く感じてた彼女が被害者との触れ合いで変わっていく姿、戦う姿を見たらこの映画は心打たれるものがあった。
ジョディ・ フォスターの体当たり的演技ばかりが印象に残っていたのが今回もう一度見て本当に良かった映画だった。

告発の行方主演ふたり





仙台のアリーナから放映された福山雅治のコンサートを見続けた。(3時間半あまり)
曲も知らないけど歌詞が全部出るのでいい。
セクシーだ。

コマーシャルも福山で
ッコマーシャルも福山で

福山1
福山オープニング


その後は「ホットスポット」を福山雅治の案内で観る。

半日を福山雅治を見続け、すっかりはまってしまっていた。

勝手な想像

ウィークデーに自転車で田圃道を走ると、若い方が畑仕事をしたりしているのはごくまれで、大体高齢者が単独か二人で出荷する野菜の収穫などをされている。

そこの田んぼも老夫婦らしい人が仕事をされていたが、1年くらい前からぱったりと見かけなくなった。
そしてその田んぼには機械が2台も放置されたまま雨風にさらされている。
打ち捨てられた機械

もしかしたら倒れられた?
それとも亡くなった?
機械が放置されているという事は他に家族はいないの?

などなど心を痛めながらこの光景を眺めては通るのである。



雀は電線にいっぱい留っていても喧しいだけだが、カラスがいっぱいだと何故か異様だと感じてしまう。
気味が悪いくらい沢山
実際はこの画像よりもっと遠くまでずらりと並んでいた。
そして、ひらりひらりとこちらへ向かって飛んできたときにはぞっとした。
ちゃっと走って逃げた。

大根を煮る

最終の大根をこってりとした味で煮ようと鶏の手羽元を買って来た。
塩をふってしばらく置いたものをフライパンで焼き、熱湯を通す。

大根は柔らかくなるまで茹でて、手羽元と生姜と一緒に醤油と砂糖を入れたひたひたの水で落としぶたをしてコトコト30分。
そのまま冷まして味をしみ込ませた。
手羽元と大根の煮物
コラーゲンいっぱいのこってりした煮物。大好きである。

初めて見た豆。
パンダ豆

パンダ豆だと谷汲山華厳寺参道のおじいさんは言った。

一晩水に漬けて茹でた。
どうやって食べようかと思ったがごくシンプルに五目豆にした。
煮豆にしたら

「それほどの味ではないなあ」とのコメントだった。
売っていたおじいさんは「わしも炊いて食べたが旨かった」との言葉だったのでそれを信用したらしい。
料理した本人は、まあ、ごく普通の味だと思った。
黒白パンダの豆だったが茹でているうちに色が融けだして茶色のパンダになったのが、いとおかし。


ジャガイモを植える準備

ジャガイモを植える準備をしようと畑へ。

大根・白菜・ほうれん草・小松菜など少しでも残っていた物を採って、ぼかし肥料をばらまいてスコップで起こした。
例年、この作業をしているとどこからともなくジョウビタキが飛んでくるのでカメラもその辺に置いての作業だった。

2時間ほどで大体起こせた所へ案の定、ジョウビタキがやって来た。
しかし、用心深くて近づいて来ないので写真は撮れなかった。

写真の手前はニンニク。
ジャガイモ植え付け準備


カステル・フランコは待てど暮らせど白っぽくなっては来ない。
待てどくらせどカステルフランコ


よく似た状態のこれは白菜で、鳥たちがつついたのでこんな風になっている。
残しておいた白菜

「もっと全部食べやあ」とこれだけはそのままに残しておいた。


夜、ブログを書き始めてから過去記事調べをしたら笑ってしまった。
2月はジャガイモ植え付けの準備とジョウビタキが例年登場していた。

2011/02/07(07:00) : 生活 : ジョウビタキと遊ぶ

2011/02/14(07:00) : 周りの事 : ジョウビタキ、動画で登場!

2013/02/17(07:00) : 畑・園芸 : ジョウビタキの催促

などなど・・・

何年も変りばえのしない生活をしているなあとあらためて思った。



「そうなのか」と納得

最近マーキータグを使ってお遊びをしているのだがタグの属性と言うのがいっぱいあって、それを書くことによって左右から流れたり上下運動をしたりするのである。

totoさんが先生の書かれたタグの属性をいろいろ使ってこんなものを作られた。
お手本

これを「表示」を開いて「ソース」をみるとこんなものがズラリ。
キャプチャソース


動いている物はすべて文字で、大きさ・色・背景の色とか幅等も指定する。

このソースを借り、メモ帳に貼りつけ名前をつけて一旦保存した。
この時に文字化けしないようにUTF-8を指定することを忘れない事。
文字コード保存はUTF-8で

メモ帳とIEで実際に動いている物を見比べ、メモ帳で変えた物が実際どう見えるかを見比べながら試行錯誤。
上書き変化を確かめる


そして出来たのがこれ。
もうこれ以上は分からないので終わりにした。
♔   ♘  
♛ ♞        ♞    
☂      ❆ ❄ ❆

今日分かった事は、totoさんのマーキーが右や左へいろいろ動いているか不思議だったのがやっとわかった。

背景が3段になっていてすべて同じ色が使われていたのだった。
真ん中の段の色を変えればこうなるのだ。
3段の背景2

カラーチャートの表を取り出して色を指定したのは久しぶりであった。
カラーチャート?

提出作品を作る

月曜から火曜にかけて雪が降り、非常に寒い日が続いていた。

ストーブの前に室内物干しを置き、満艦飾の洗濯物を乾かしながら、パソコン遊びとテレビ録画を消費して過ごした。
(借りてきた本はちょうど読み終わってしまった)

パソコンは3月1日の公民館まつりに提出する作品を何とか纏めようと四苦八苦したが、Wordで練習中の絵をペタペタと貼って終了にした。(先生、手抜きでごめんなさい)

当ブログで登場した物がほとんどである。
キャプチャ2

キャプチャ4


海鮮親子丼

「岩手大槌の定宿からイクラとウニが送られてきたので正月に実家で食べよう」と息子のブログに載っていたので楽しみしたお正月だったが胃腸風邪のため、息子は来れなかった。

1か月遅れで来たが当日は解凍しておらず食べれなかった。
翌日の昼食に海鮮親子丼として食べたらしい。
(自分は法事のおよばれだった)
いくら親子丼

『お母さんの分』としてイクラとウニが残してあった。
ウニは主人に進呈した。

数日後に息子がブログに載せた海鮮親子丼を見ながら作った(鮭を焼いて乗せただけだが)
自分だけ食べる訳にもいかず、二人分にしたのでイクラがいくらか少ないけどわさびも利かせて美味しく食べた。
海鮮親子丼

岩手→息子宅→我が家と、はるばる旅をしたイクラとウニはすべて無事にお腹に収まった。

小川旅館さん、ありがとう!

marqueeタグで悩む

悩んでいる。マーキータグに・・・
とても楽しむ所へはたどり着けない。迷走中である。



どうしても理解できない  



悩んでいる。文字コードなるものに・・・





☀ ☂ ☁  



totoさんのタグをコピペしてサイズと色を変えただけ。
タグの意味が全く理解できていない。

文字コードって何?

ロール白菜

白菜シリーズ。
ロールキャベツならぬロール白菜である。
キャベツを白菜に置き換えただけ。
合びき肉・炒め玉ねぎ・卵を塩コショウで味付けしよーくこねて、茹でた白菜で巻く。
楊枝でとめて


人参も一緒にコンソメ味で煮込んだ。
ニンジンも一緒に煮込む


ぐつ、ぐつ、ぐつ。



とろける美味しさ!
爪楊枝を抜くのを忘れた。 「 父さん、気をつけて」


フクジュソウと姫リュウキンカ

谷汲山華厳寺の節分会の帰りに買ってしまったフクジュソウ。
ハウス栽培されたものらしくもう1輪咲いていた。
フクジュソウ

繊細な花びらがいかにもいい。

早春に我が家に咲く黄色の花は「姫リュウキンカ」
蕾が上がっているのがあって、いつ咲くだろうかと毎日待っていた。
数日好天だったせいか6日に2個開花した。
ヒメリュウキンカ2015

黄色というより金色といった風情である。
姫リュウキンカ初咲き

元気を貰ったような気がする。
連結姫

「ニューシネマパラダイス」とトルナトーレ監督

「ニュー・シネマ・パラダイス」という1989年のイタリア映画をテレビで観た。

映写技師と映画大好きな子供のお話である。
子役の可愛い事と言ったらない。
戦後のシチリア島では教会が上映する映画館があった。
牧師が検閲してキスシーンなどをすべてカットしてから上映をするのも可笑しい。
(このカットしたフィルムが映画の最後の最後で登場してくる)

先に映画を観てからトルナトーレ監督のドキュメンタリーも観た。

自分の体験からいろいろシナリオを考えた。
島の撮影した村の人たちは500人も出ているとか、映画を撮った時の事など興味深かった。
映画の中で上映されれる映画の数は50本を超えるとか。
映画全盛期のころを知ってもらいたいと作ったそうである。

遅くに見始めて午前様になってしまったけどちっとも眠くならずに最後まで観た。
いい映画だった。
ニューシネマパラダイスのトトとアルフレード





Excelでお絵かき「バレンタインのイラストを描こう」
我がExcel2007では描ききれないのでWord2013で描いた。
バレンタインに何とか間に合った。
ば (500x344)


白菜で

白菜を鳥たちと競争で食べている。
(白菜だけではないが・・・)

新聞のレシピから「白菜の豆乳スープ」
白菜の柔らかい葉の部分を繊維を断ち切るように千切りにし、豆乳で10分ほど煮込み、あら塩・粗挽きコショウで味を調えるというごく簡単な物。
材料は2人前で 白菜 300g  豆乳(調整豆乳が扱いやすいとか) 500cc 粗塩 2つまみ 粗挽きコショウ 少々
自分の分だけで試したのですべて半分で作ってみた。
白菜スープ

これは美味しい。
豆乳って使わないので普段は無いのだが豆乳で豆腐を煮て食べたのでその残りがあったのである。

改めて調整豆乳を買って来た。
どんどん作ってダイエット食にしたら?という声が聞こえてきそうである。
その通りである。

節分の豆まき

天気が良好なので近くのお寺、谷汲山華厳寺へお参りがてら節分の豆まきに参加しに行った。

出かけたのが昼過ぎで、本堂での祈祷や豆まきには間に合わず、午後1時半からの仁王門前の豆まきだけ参加した。

写真を撮りたいと行ったので最初から豆を拾う事は諦めていた。
皆さんの熱気はすごい!
活力を貰った。



福豆が小さくて軽そうで、遠くへも撒こうとされても飛んで行かないみたいだった。
若いお坊さん二人は門前町キャラクター「いのりちゃん」?より人気があったみたい。

干しシイタケや豆類・フクジュソウ等を買い天ぷらそばを食べて帰宅した。
「夕飯は用意してあるでね」と言い、恵方巻きを買わないようにけん制した。

追記
パトカーが2台停まっているのは見て知っていた。
豆まきが終わって三々五々帰る人やらお店へ入る人などの中に二人のおまわりさんを見つけた。
若いおまわりさんと目が合った。
つい、敬礼をしてしまった。
にっこり笑っておまわりさんも礼を返してくれた。
「お前、知ってる人か?」と主人。
「ううん、知らん人やけどつい御苦労さんと言う感じで敬礼してしまった」

「何をやるかわからん人だなあ」と呆れられた。

スポーツクラブで貰った福豆。
貰った福豆

法事

昨年2月に亡くなった義兄の1周忌の法事が2月1日に営まれてお参りに行って来た。

義兄が亡くなったころはやつれていた姉もかなり元気が出てきたように見受けられた。
家を新築するという事で落ち込んではいられないのが元気を取り戻す源のようだ。

甥の息子(又甥)は修士を終え就職も決まったそうで明るい話題が多かった法事でほっとした一日だった。

三人の女姉妹はこうして法事で話もできたが実家の兄は残念ながら来れなかった。
二人の姉はその兄の顔を見てくるといって実家へ行った。

こうしてみると、法事というのは亡くなった方に対して営まれるのだが、「法事を行うという事で亡くなった方が参集した皆さんを引き合わせて下さっているのだ」というお坊さんの言葉を思い出すのである。

茶碗蒸しのうつわ

1か月遅れで新年の挨拶だと来た息子に茶碗蒸しを作った。

ずっと茶碗蒸しは作っていなくて自信がなかったが、いもこさんレシピでやってみた。

2人分で大きめの卵1個・だし汁200cc・調味料塩小さじ1/2 みりん小さじ1/2 薄口しょうゆ少々。具は適宜。
沸騰させた蒸し器を一度火を止め、蓋をした茶碗を入れて、強火で4分蒸し、火を止め8分蒸らす。


というのを信じてやった。(卵汁を一度濾した)

バンザイ! なめらかプリンのようなきれいな茶碗蒸しが出来た!
茶碗蒸しの器

息子がデジカメで写真を撮っている。
「ブログ材料かね」と訊いたら「この茶碗の柄は覚えている」と言う。
結婚以来の蒸し茶椀だから50年経っている。
骨董品もいいのだが、こんなに簡単にしかもなめらかな茶碗蒸しが出来るのなら新調してもいいと思った。

今日のマーキーは、仲良し掲示板で貰ったぬり絵を使って左右・上下と動かしたみた。



椿

義兄さんの椿は水墨画。

ならばとパソコンで描いた椿は総天然色。(こんな言葉を知っているのは昔生まれた人でしょう)

ブログ用椿


色はきれいだけど風情に乏しい。



夜、全豪オープンテニス男子シングル決勝をライブで観た。
第1セット第2セットともタイブレークまでもつれ込み二つのセットだけで2時間半もかかってしまいこれはどうなるかと思ったが、最終結果的には3時間40分ほどで決着がついた。
ユニクロのユニフォームを着ていたジョコビッチが優勝でマレーが準優勝だった。

錦織選手の活躍から見だしたテニス。
女子の決勝は録画してあるがまだ観てない。
結果は分かっていても明日にでも観たいと思っている。
プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
01 ≪│2015/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索