FC2ブログ

オークションを体験

「ぎふフラワーフェスティバル2016」という催しが5・6日に開かれている。

最初から行くと決めていたわけではないが、プール帰りの自転車走行が快適な模様なので、「そうだ、自転車で行って来よう」となったのである。(駐車場も狭くて主人には頼み難かった)

グーグルマップで距離とルートを調べる。
側道がある道を選んだ。8kmまではない。
お助け自転車のバッテリーは満タンなのでゆっくり行っても大丈夫。
30分余りで着いた。
フェスティバル2016

何年も前に同様なものを見に来た印象からするとこじんまりした感じである。


展示品のスケールが貧弱でドームの大半が体験のコーナーで占められているのだ。
午後も遅い時間なので(3時過ぎ)体験教室はほとんど終了していて机といすが並んで、明日の来客待ちといった風情である。

ハンギングバスケットや寄せ植えの展示や生産者の作品などを見て歩いた。
ハンギング

4時からステージで花のオークションをすると放送をしているので覗きにいった。

たくさんの切り花や鉢植えなどがまずはステージの下へ並べられていた。
欲しいもの・さほど欲しくないもの等などのうちで、ひときわ私を呼んでいるクリーム色のバラが目に付いた。
「これなら買いたいなあ」と思いつつオークションが始まるのを待った。
オークション登場

椅子にナンバーを書いたカードが置いてあり、競るときはそのカードとともに声を出すのだと教えられた。
オークションに参加しなくて見るだけの人もOKだったが100人もいなかったと思う。
(実は自分も係りの人に誘われたのである。人が少ないのでせり上がらないからお値打ちに買えるでしょうと)

切り花はすべて10本ずつ。せりは100円単位である。
ランからスタートし、バラなども売られていく。
大体300円スタートで500円から700円くらいで落札され、たまには1000円も出てきだした。
うろうろしているとあっという間に落札され涙を飲むことになるし、あまり高い値段はつけたくないし・・・

目をつけておいたクリーム色のスプレーバラが次だ。
これなら絶対落とせるという値段「1000円」と声をだし、無事に落札した。
その場で花を貰い、現金で支払いしておしまい。

まだいっぱい花があったが席を立ち帰途についた。

長い切り花なので自転車の前かごに斜めに乗せて、荷物を縛るゴムひもで落ちないようにぐるぐる巻きにしてきた。
バケツに入れて見てみてもとても10本だとは思えないにぎやかさである。
買ったスプレーバラ


競りという緊迫感というか、心理作戦というか、あっという間に落札なので迷っている間はないのが面白かった。

下の文字クリックで競りをしている動画へ飛びます

花の競りの様子
プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
02 ≪│2016/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索