トマトの落下とかぼちゃ

いつも通り朝の見回りに行くと、何とトマトが落ちている。
ほとんどがサンマルツアーノ種である。

見たところ鳥に突かれた形跡はないけど完熟していないのも落ちているのである。
勿論拾ってきた。
400gのサンマルツアーノ

確かによーく熟したのは、ちょっと触れただけで落ちる。
でもまだ青いところもあるトマトなのだ。
何か鳥か小動物が触れたか?(そういえばイタチらしきものを数回見た)

ありあわせの虫よけのネットで囲んでみた。
サンネットで囲った


これでもまだ落ちているようなら対策のしようがないのであきらめ、台所で真っ赤になるまで放置しよう。


スクナ風かぼちゃの成長が著しい。
でも1番のかぼちゃの葉が黄色くなってきている。
大丈夫かなあ?
初めて作る野菜はよくわからない。

誕生順番号

外付けブルーレイドライブ

息子が来て不調のDVDドライブをあれこれ検索したり触ってみたりしてくれたが「外付けを買おう」という事になった。

全部お任せで、付いている再生ソフトとライティングソフトをもインストールしてくれた。

パソコンでのDVDなどはクリアしたが、問題は地デジのブルーレイだった。
「アナログ映像を検出しました」と出て停止になるのである。
小さいパソコンなのでモニターとつないであるそのケーブルに支障があるらしい。
DVIケーブルというのを使うらしい。
普通のHDMIケーブルだとそのままではだめだとか。

数時間もパソコンの前に張りついてやってくれていたがタイムアウト。
「いいよ。テレビでダビングしたのをわざわざパソコンで見ないから」という事で終了し帰って行った。

貴重な時間を使わせてしまった。


翌日外付けのドライブで書き込みを試した。
新しく入れた書き込みソフト『ビーズレコーダー』を使って、単一アーカイブとして保存してあった物から二つのフォルダだけやってみた。
(読売オンラインのお絵かきが終了だそうである。現在公開されているページと自分の保存してあるページを見比べながら未保存のを保存した後で)
初仕事ビーズレコーダー

単一アーカイブとして保存

無事に書き込めたし単一アーカイブ保存したファイルはwクリックでIEが立ち上がって見れた。


次にやはり新しく入れたwinDVDと言う再生ソフトを試そうとUDF形式で書き込んだ動画のディスクを挿入したら「メディアが検出できません」とか言ってダメだった。
「何だ、これは。」と思って従来の Windowsメディアプレイヤーで開いてみたらちゃんと動いていたので、折角入れたソフトだけどおそらく使わないだろうなあと思った。
ゴムプレイヤーも入れてあるのでそちらを使ってもいいかな・・・

DVDドライブが不安定で困っていたがこれでやっと書き込みが出来るようになりほっとした。

読売オンライン Wordお絵かきの過去作品
並んでお花見


やっぱり蒔いた桑の木豆と生き残りのビオラ

桑の木豆のまき時である。(6月下旬から7月と教えられた)
蒔こうかやめようか。
この豆はご機嫌が悪いと全くといっていいほど収穫できないのである。
種にする程度には残っているが蒔くとしてどこへ?

ここしかないと遅いジャガイモを掘った。
泥べったんこのデストロイヤー


種イモのサツマイモって植えて置いたらどうなるの?と端っこに植える。(あくまでこれは実験である)
(さんざん茎を切り取ったけどまだ元気なツルが出ている)
サツマイモ親株も

畝の残りに桑の木豆をほんの少し蒔いて鳥に食べられないように不織布をかけて置いた。
キュウリも蒔いた。
あ、そうそう。茎レタスの種採りもした。
草取りなどもしたら午前は終わった。
梅雨の晴れ間は忙しい。


切り戻したパンジーやビオラで一番長生きなのがこれ。
まだ咲いている。頑張り屋さんだ。

頑張ったビオラ


おお、イタリアン

「畑で食べてしまわないでパンに乗せて食べてみて!」と言われてしまった。
つまみ食いするより数が多い完熟トマトを台所へ。
美肌3姉妹

何はさておいてもと作ったのがこれ。
さっと炒めて
バジルの香りもよろしい



帰省中の息子の遅い朝食に出したら「おお、いいねえ」とほめて貰えた。
フランスパンが売り切れて無かったので、そこは臨機応変に自分がいつも食べるライムギくるみパンを使った。

自分用にも一枚作った。
調理用トマトなので水分が少ない。
皮は硬い。
バジルの香りがまたいい。(トマトの間に植えて置いてよかった)

待ちに待ったイタリアントマト使用のイタリアの味、満足な日だった。



久しぶりにパッションフルーツの開花の模様を動画に撮った。
途中からだし、位置取りも悪かったけどYou Tubeへアップした。



夢見るレシピ

今年はイタリアントマト苗3種を大枚はたいて購入した。

夢はオリーブオイルで炒めて食べるのとトマトソースづくりである。
ここまで来た。
放任トマトの今


ソースまでは程遠いが、炒めて食べるのはもう目前である。
完熟を待つ

そう言いながら毎朝見回りに行くたびに、「これは美味しそうじゃのう」とつまんで食べるので中々完熟のが揃わないのが悩みである。

こうして食べよう。フランスパンもそろそろ買ってこなくちゃ。
ブルスケッタ

「サラメシ」がお気に入り

サラメシ中井貴一


ランチをのぞけば人生が見えてくる働くオトナの昼ご飯それが「サラメシ」
というキャッチフレーズそのままに、ランチの色々とそれを食べる人の働く姿などが中井貴一のナレーションと共に流れる。

中井貴一のナレーションの良さが、この番組の好評さの何割かを担っていると思う。

しゃっきりととした言い方がとても気持ちがいい。
勿論映像での、働く人と昼ごはんの取材もいい。

以前夜にやっていたとき?たまにチラッと見ただけであったが、今は火曜日夜8:15からNHKで録画しておいて観ている。
お気に入りである。


Wordで描いたお菓子ですが、おやつに召し上がってください。
お菓子の皿s

お茶もどうぞ。

カップ&ティー


朝飯前だにゃあ

雨が降っていなければ、朝はむっくら起きに畑へ行く。
※ むっくら起き 起きてすぐの事

30坪弱のマイ畑。
インゲン採取。
 ピークは過ぎたけどまだまだ生っている。毎日採らないとおデブさんになってしまう。

キュウリ
 さっととれるので時間はかからない。葉の込んだり茶色くなったようなのを廃棄したり。

カボチャとズッキーニ
 雌花が咲いていないか確認し咲いていたら授粉する。
ズッキーニは雌花しか咲いてなかったのでかぼちゃの花粉をつけて置いた。(ダメ元9)

ナス。
 枯れそうだ。お金を惜しんで接ぎ木苗を買ってかなかった罰か。

コリアンダー
 一回食べただけで開花してきた。種を食べることにしよう。

ゴーヤ
 いまだ雌花を見つけていない。

イタリアントマト
 最初のが真っ赤になってきたので試食2個。美味しいけど皮が硬い。
 放任状態はすごいことになっている。末が思いやられる。

さし芽のトマト
 補助支柱だったのから本支柱にからげなおす。時間がかかった。

サツマイモ
 最後に植えた6本いがいは順調に根が出たようで葉が生き生きしている。

甘長ピーマン
 自家蒔きなのでようやく花が見え始めたところである。
 葉っぱの裏に整然と並んだ卵。
 夜盗ムシの卵ではないだろうかとよくよく見れば、あちらにもこちらにも産み付けられているので葉ごとむしりとった。

後、アスパラとか花類を点検し、「ああ、また草むしりをしなくちゃ」などと収穫物を抱えて帰る。

これが雨が降っていなくて、おなかが空き過ぎていない日の朝食前の仕事である。
手間いらずの収穫

インゲンの収穫は

ニジュウヤホシテントウの卵かもしれない。
夜盗ムシの卵いっぱい

コリアンダー開花



父さんは仕事しい

「仕事しい」の意味は「よく仕事をする人だ」と言う意味。

太くて長い竹が2本ごろりと寝ていた。
「あ、また竹取じいさんやってきた」と思ったけど何に使うかは尋ねなかった。

脚立でお仕事をしている。

遮光ネットに追加の竹をからげていた。

取り付け前・取り付け後の写真。
父さんの仕事2


昼食後録画の映画を見ていたら半眠状態だった。
何やら台所で音がする。
何か作っているのかと思ってそのまま寝入る。

目が覚めてもまだ音がする。
流石に「なにしとるの~」と覗いたら・・・

窓際のお掃除をされている。
父さんが始めた仕事1

「どうしたの?今どき?」と訊ねたら
「目の手術をする前に掃除をしておく」との事。

母さんはテレビの前でお昼寝。父さんはお掃除。
あり難いやら恥ずかしいやらである。

体を動かす。
こういう事の積み重ねが体重に現れていると、よーくわかった。

「守り人」シリーズ終了

上橋菜穂子「守り人」シリーズ12冊を読み終わってしまった。
終わってしまったという言い方も変なのだが、早く読みたい、でも終わってしまうのは勿体ないという矛盾したはなしである。

二つの世界の重なる話も多々ある。
もともと子供向けのファンタージーというジャンル分けされるのだが、どうしてどうしておばあちゃんが読んでもワクワクした本だった。
新ヨゴ王国の2番目の王子のチャグムが王になるまでの話だと言ってしまえば簡単すぎる。
バルサという女用心棒がすごい過去がありながら、チャグムをここという時に助ける。

王になったときチャグムは「王は神ではない。民と一緒にこの国を築いて行く」というようなことを言う。
数年間の流浪の間に「大国の属国になったら、皇族は待遇が良くても国民は税を納め、兵役に駆り出される」という事を目の当たりにみて、自ら隣国を訪ねて同盟することを説得する。

隣国2国の精鋭と一緒に自国へ戻るという姿が映像化されて見えてくる。
このように熱に浮かされて過ごした本たちだった。

駆け足で読んだので一冊ずつの本を説明しようとしても記憶が混乱している。
改めてこのページで「うん、そうだった。そうだった」と振り返ったのだった。

守り人シリーズ紹介

自分がじっと待っていたように、リクエストして待っている人がおいでらしいので、1週間で返却した。

吉田 修一の「愛に乱暴」も借りて来てあって次に読もうとページを開いて「あ、読んだことがある」だった。

いつ借りたのか過去帳を検索した。
excelのフィルターはどうやってかけるのだった?

2015年にはなかった。
2014年にあった。
読んで頭の隅に残っているからか、どこかで書評など読んで記憶に残っていたのか。
手に取ってしまったのである。

今は本を買うこともなくなったが以前は少しは買った。
そして同じ本が2冊手元に並んだこともある。

アジサイ花かげつき2 アジサイ花1影付き アジサイ花かげつき2 アジサイ花1影付き アジサイ花かげつき2 アジサイ花1影付き


SachiさんのJtrimで「ぼかしとポスタライズ」をそのまま参考にして作成。水芭蕉を入れてみた。
ぽかしとポスタライズ25グリーン


カリブラコアの切り戻し

カリブラコアは天気がいいとこんな風に咲いていた。(ちゃちなのもあるが・・・)
晴れの日のカリブラコア


雨が降るとぐちゃぐちゃになってしまうし、蒸れて腐ったりもする。
思い切って刈り込んだ。1か月後を楽しみに・・・
刈り込んだカリブラコア
山ほどでた



蟻にたかられたデンドロビューム。薬剤をまいたのでデンドロの根元や鉢の下には蟻の死骸がいっぱいあった。
このままにはしておけないと植えかえをすることにした。
デンドロビュームのアリ退治


2日ほど前に遮光ネットが張られた。
早くも遮光ネット

「早すぎるのではない?」と言ったら「白内障の手術をしてからこういう仕事はしたくない」そうで、来週にする手術後の仕事もやっておいてくれた。

おかげで今日の仕事は涼しくできた。

久しぶりの仕事

編集した動画がだいぶ何本かたまってきたのでDVDに書き込むことをしようとした。

今のパソコンのDVDドライブの調子が悪いので延ばし延ばしにしてきたのだった。

旧パソコンは書き込めるので、データをコピーしてそちらで仕事をすることにした。
USBのメモリーはあれもこれも使いさしなので、カメラの予備として持っているSDカードを使うことにした。
以前はこのカードは写真だけの物かと思っていた。
今回初めてこういう使い方をした。

今年になってからの動画が22本。(ちゃちなのも入れて)
ちょうどDVD1枚分で済んだ。

今まではレーベルに印刷はしないのだが、いま同好会でそうしたことを練習中なのでやった。
ケースに入れた場合のために内容の詳しい紙も印刷した。

久しぶりのレーベル印刷

久しぶりの事でレーベル印刷がちゃんと出来るドキドキしたのだった。

げっ!

玄関前に置いたあったデンドロビューム。

今年は良く咲いた。
植え替えをしようかと迷ってそのままにしてあった。
花が終わったデンドロ

殺蟻剤をまいた

これの前はパッションフルーツの鉢だった。
蟻が行列をしていたら確かめないとこういう事になってしまう。

追記
蟻の行列、追加で一か所。
危ないと他のも見てみたら「わっ!」が一鉢。

パッションフルーツが「どうも元気がないなあ」
同じように肥料などをやっているのに葉の色も違う。
と思っていた鉢は、もう移動は終了していた。

もう一つはただ今移動中だった。
元をたどってもお隣の畑の中でよくわからない。
鉢にだけ殺蟻剤をふりかけた。

パッションが好きなのかなあ。



ネギのさび病とサツマイモ苗の大作戦終了間近

ニンニクはさび病で死んだ。

今度はネギである。

さびの出ている葉を千切ってはごみ袋に入れて廃棄していたが、ここへきてもう取り切れない状態なので薬をかけた。
展着剤もいれてかけた。
ネギのさび病


とったかみたかによくなることはないだろう。
数回は散布することになるだろうが致し方がない。



サツマイモ大作戦は終了間近になってきた。
朝,根が出た3本を植えたので残る陣地は3本分。
シルクスイートを3本切って水に浸けた。2日したら植える。
サツマイモ作戦詰め

それが済んだら長かったサツマイモ苗作り&植え付け作戦が終了する。

根付いたか確認できたら後はもうこっちのものだ。
バリバリとめくる仕事をすれば6か月後には・・・ウフフとなりたいものだ。



遅れて来た宇宙芋。

こりゃ駄目だとあきらめたけどポリポットにそのまま置いてあった宇宙芋。
芽が出ているのを発見した。
「遅いがね。あんたどこへ植えて欲しい?場所がないよ」と言ってやった。
今頃発芽エアポテト



You Tube動画にぼかし機能を使う事をテスト

なべちゃんがYou Tubeの動画で顔のモザイクや指定したところにモザイクがかけられると教えて下さった。

なべちゃんのブログでモザイクを見たことがあったので自分もテストしてみた。

昔々、息子が『動画が撮れます。」と言いながら食卓風景を映した「初めての記念すべき動画」と題したのがあったのでその一部をアップした。
そして父さんの顔にモザイクをかけた。
少々動いても大丈夫だった。
ぼかし機能を使ってみた1キャプチャ

物はどうなのかと、とんかつにもモザイクを掛けた。
ぼかし機能ととあるので濃い色の物は黒っぽくなる。
モザイクの範囲が大きすぎたかな?
ぼかし機能を使って2



今までYou Tubeにアップするものは顔が映っていないもの。あるいは映らないようにして写真を撮っていたのであまり気にしていなかったが、アップしたいものに公開してはいけない物とか(車ナンバーなど)顔などが入ってしまったときはこの手が活用できることが分かった。


なお、この父さんが黙々と食べ、食卓の料理を映し、流しでで洗い物をしている母さんの背中を映しながら、デジカメで動画が撮れる説明をしている息子の声とが入った動画は公開しておりません。念のため。



記事とは関係ないが、sachiさんのデジカメレタッチ別館の作品をお手本にJtrimで作った。
枠の美しいこと。
sachiw962ガウスとポスタライズ

順次植えているサツマイモ苗

自分でつる苗を作ってサツマイモを作ろう作戦。
辛抱しきれずに3本だけ蔓を切り取って水に浸け根を出させてから植えたのが6月9日である。

大きめの容器に植え替えたことで新葉が伸びてきているので「これはどう?」とか言いながら2本・3本と切り取っては新聞にくるんで1センチの水中へ。
1センチ根が出たところで畑へ植える。
と言う繰り返しで現在紅はるか11本・シルクスイート2本が植わった。

イモつる苗ただ今11本

シルクスイートが欲しいのになかなか苗が出来ないのが悩みである。
リミットはあと2週間か?


嬉しい その1
イタリアントマトがほんのりと色づいて来た。
少し色づき

下の方は葉を切り取って風通しを良くしたが上の方は脇芽も出放題でもっさもさ状態である。
こんなのでいいのかねえ。ソバージュ栽培ってちょっぴり心配だ。

一番花の下の脇芽は掻きとったのでそれを挿し芽して狭い畑にどんどん植えた。
脇芽を定植

こんなに作ってどうするの?


嬉しい その2

登らせ栽培のかぼちゃ。
二つは結実してここまで来たら大丈夫の感じでぶらりと下がっている。
もう少し大きくなったらネットで包んで支柱の竹竿からぶら下げようと思っている。

カボチャも何とか

変わったことがしてあるnekoさんちの畑である。



ハリヨの婚姻色

大垣市曽根城公園へ行ってきた。
前からの希望は入場料を払って花菖蒲と紫陽花を見るというのだったが、上等の紫陽花を見せて貰ったしなばなの里を歩き回るには暑そうだったのでやめにして代替のところがここなのである。

今年は花菖蒲があまり良くないと聞いていたので主目的は「ハリヨ」という事にしてのお出かけである。

知っている人は知っているイトヨ系の湧水地に住む、本来はもっと寒い地方に居るそうで、西濃地方が南限らしい。

むなびれをせわしなく動かす動作が可愛いので好きなのだ。

風がなくて水面が波立たないのでよく見れた。
オスの婚姻色も見れた。
ただメスに産卵してもらうための居住空間を作っているのか、もう卵を産んであって新しい水を送ったりしているのかがよくわからなかった。

メスが近寄ってきたら積極的に彼女を誘導して住処で産卵をしてもらわにゃいけんとに。
気がなさそうな態度では彼女も逃げるわな。

近辺の草刈りをしたりしていたおじさんからレクチャーしてもらった。
そのおじさんの言によると「今頃まだ家を作っとるようじゃ遅いわ。ええ嫁さんは残っとらん」そうである。

ほんのちょっとだけ見るつもりが結構時間が経ってしまった。
「旦那さんは何処へ行ったね」とおじさんに心配されてしまった。

動画を切り貼りしてYou Tubeへアップした。
3日連続のアップである。




公園の花菖蒲もこの色はきれいだった。
曽根城公園の花菖蒲

谷汲ゆり園

日曜日朝一番の根尾川ガーデン紫陽花園があまりにも素敵だったので、車に乗るときは「もうこのまま帰るわ」と言ったにもかかわらず、谷汲ゆり園へ行く道の寸前で「期待はしてないけどついでだから寄って行きたい」とわがままを言ってしまった。

谷汲山華厳寺には交差点から拝んで終わり。ゴメンナサイ。

期待はしなかったのでおひとりさま500円の入場料も「仕方がない」と思い、谷間の平地に整然と並んで咲いている早咲きのゆりを見て回る。

hirati の花

下から見る山側の林間もまだまばらにしか咲いていない。
ではと、日の当たる方へ登ってみた。

こちらはいい感じである。
山道コース2

山道コース1

最後に山歩きコースを散策してお花畑に出会えたので気持ちよく帰れた。

転んでもただでは起きないよ。
ゆり園の画像を使ってPowerPointでのスライドショーの練習をした。

もしかしたらいもこさんに教えて貰えるかもしれないので、アニメーションの使い方などを少しは触っておいた方がいいかもしれないと思ったのである。
時間がかかった。

PowerPoint形式ではYou Tubeにアップできないので .wmvと言う形式に変換してアップした。
練習。あくまで練習なのでおかしなところはご容赦のほどを願う。



あ、やっぱり。
最初から挿入したはずの音楽が出てきていない。
音楽のマークは表示しないとしたはずなのに最初だけ見えている。
次回からは気をつけよう。

見事な紫陽花園

自然風さんの記事を読んだら、ごく近場の老人保健施設に入場無料・駐車場完備と言う紫陽花園を紹介されていた。

そこなら主人の甥の子供が仕事に行っているところだ。
雨は夜には降るが昼間は曇りだとか。朝いちばんに行った。
車で30分。

広大な駐車場。1台居た車が我々とすれ違いに出て行って、見学者は我々だけ。
駐車場の周囲にびっしりと紫陽花が咲いている。
それだけでもう大喜びである。

そこからトントンと降りていくと紫陽花・紫陽花。
一部に入所者の方が使っておられる畑や花畑があるがその他はもう見事と言うほかなかった。

ここは社会福祉法人淡墨会(うすずみかい)。
介護老人保健施設「根尾川ガーデン」、特別養護老人ホーム「さはら苑」、軽費老人ホーム「ケアハウスもとす」と三つの施設があるらしい。
ここを始めた理事長がコツコツと紫陽花を植えたのがはじまりとか。
詳しい話は知らないが立派な駐車場を備えて「見にきて」と案内がある。

近くの人はぜひとも出かけて欲しいと思い記事を書いた。

おそらくケアハウスに入居されている方だろう。
バラなどきれいに咲かせて手入れをされていたので声を掛けたら「切ってさしあげましょう」とおっしゃる。
あれこれいっぱい頂戴してしまった。
自分の花を手入れ中の方
切ってくださった


感激した紫陽花の様子が伝わるかどうかわからないが動画にしてYou Tubeへアップした。


父さんの次のお仕事は?

車庫の屋根にペンキを塗ったり、
車庫の屋根の色

支柱用の棚をつくったりした後の主人が今度はこんなことを始めた。
同じ色の建造物
さてこれは何でしょう?




図書館へ行ったついでに買い物をしようとスーパーへ寄った。

先週バーゲンをやっていて、買い物のレシートで懸賞応募が出来ると呼びかけていた。
その場で抽選かと思ったら1週間後に当選番号を発表すると言う。

その店である。

「商売上手やね」と係員をからかった。

その時はわざわざ見には来ないわと思っていたが抽選券は冷蔵庫に留めておいた。

ほんの少々買い物をしてそれを思い出したのである。
抽選券は持ってこなかった。
もし特賞が当たっていたら口惜しいし、引き換えは20日までだというし・・・

カメラで当選番号を写してきた。
ちょっとぼやけているが番号はなんとは判別できた。
当たっていなかった

見事に外れていた。

バーゲンの時の賑わいは何処へ行ったの?
二階の衣料などではお客さんより従業員の方が多い。
土曜日だっせ。
危ういかも。


あわただしく過ぎた一日

梅雨の晴れ間は忙しい。

いつもは、いい加減にしている水回りの掃除を丁寧にして(自分なりに)あれこれ干す。

数日通院しているので出かけ、帰りにはお墓の掃除をしてくる。
クリニックで先生を待つ間に看護婦さんにちょっと変わったごみ入れの折り方を習う。

広告紙のごみ入れ

帰宅後は畑の仕事あれこれ。

葉が枯れたジャガイモを掘った。メークイーンは半分だけ。
メークイーン500グラム分

不作のキタアカリ


昼食と一服を挟んでまた畑仕事。

種を採る準備中。
種を採るその1


その他
登りだした

イタリアントマト
待ち遠しい色づき


スターチスを整理しながら切り、白妙菊と菊とカスミソウも切ってお墓参りの用意をする。


「あんたの兄さんが救急車で運ばれたのを知っているか」とよその人に尋ねられ絶句。
電話したら緊急とまではいかない状態らしいので一安心したが、入院先が近くなので自転車で出かけた。
面やつれした顔と身体を見てご無沙汰ばかりしていたのを悔やむ。
妹の自分は全く分からないようだった。
「どこか痛いかね」と訊いたら「あちこち」とだけ答えた。
10歳年上の兄、気力を出して頑張って欲しい。

お墓参りは明朝行くことにしてあわただしい一日を終えた。

夕食は父さんが買ってきた出来合いとスパークリングワインだった。
後期高齢者の仲間入りした記念の日だった。

辛抱しきれず

なかなか伸びないサツマイモの苗。
ニャハハさんの過去のサツマイモ栽培を読んでいて、家もこれかもしれないと思ったのが「容器が小さくて根詰まりし、上のイモの苗が成長できない」という物。

大きい容器に植え替えをしたとあったので真似した。
プランターの中

発砲スチロールとプランターへ植え替え


その前に短いけど3本だけ切った。
3本だけ

乾かすために1時間だけ干すのだとか、陰で1日置いておくとか、水につけてはいかんとか、1センチくらいだけ水につけておくのだとか(新聞紙にくるんで蒸散作用を抑える)

どれがいいのか全く分らず、手探りでやってみたのは、切り取った苗を2時間陰に置く。(なぜそうするのか理屈がわかるといいのだが)
そして根元だけ出して上の方は新聞紙でくるんで容器に1センチだけ水を入れそれを入れておく。(苗を上の方まで水に浸けると腐る)
新聞紙にくるんで

と言うスタイルでテストした。
一日後

なんだか良さそうな気がしたので畑へ植えた。
斜め植えお試し3本

短い苗は斜め植えがいいとかだったのでそのように植えた。
根付くだろうか?

NHK野菜の時間(日曜日)で次回はさつまいもを植えるとか言っていたので、それを見て参考になるかならないか。
苗はまだ短いから待ってみようと思う。

直木賞作品二冊

今年の1月に発表された直木賞は青山文平 「つまをめとらば」だった。
予約するつもりが間違えて「鬼はもとより」を借りて読んでそれが直木賞だと思っていた。

改めて予約した本が来て読んだ。
短編が6編だが表題の作品より「乳付」というのが印象に残った。

家格の違う家へ望まれて嫁ぎ、子を産んだが産後が思わしくなく授乳が出来無かった嫁。
「お乳は心配いりませんよ、遠縁の妻女に乳を貰っています。
すでに四人の子を育てているので赤子の扱いは心得ています」と姑に言われる。
その相手と初めて顔を合わせると美しい妻女であった。

赤ん坊を取られたように感じ嫉妬をするのであるが、その妻女が自分の産んだ子を亡くしているのにも係わらず、他人の子供に乳をくれる行為を目にして嫁は気持ちがほぐれ、旦那様にも正直にそういう気持ちであったことを打ち明ける。
格下の家から嫁いだ娘のところへ実家の父親が釣った魚を持参し、調理までして置いてゆく。
「初めて乳を含ませてもうまく吸い付いてくれないのに、貰い乳の方はすんなり乳を吸う」
嫉妬の心が沸く様がよくわかった。

短編ドラマを見ているような一遍だった。
つまをめとらば


もう一つの直木賞作品は朝井まかて 『恋歌(レンカ)」』である。

どうしてこの本を手に取ったのか、よく覚えていない。
中島歌子が開いた 歌塾「萩の舎」とか水戸藩の内輪の争いとかなじみがないせいかよくわからなかった。

恋歌を斜めに読んだあとは、守り人シリーズの「天と地の守り人 第三部」へと突入する。
これはおなじみだし、大きな字だし、さっと読めそうである。
土曜日が返却日である。


前日投稿ミスをして一挙に二つも公開してしまった。
ちょっと恥ずかしい気持ちなのでさつまいも編はもう一日伸ばすことしした。
コメントまで書いてくださった方、ゴメンナサイ。

シンプルポテトサラダ

這うカボチャの行き先を確保するため、ちょっとだけジャガイモを掘った。(空中栽培とは別の株)

チビ太があったので茹でてサラダにした。

ドレッシングは手作りで・・・
百均のでレッシング用容器を使ってあっという間にできた。
フレンチドレッシング材料

バーテンダーさんのようにシェイク・シェイク。
シェイクシェイク


粒マスタードとドレッシングを混ぜ、熱いうちにジャガイモは混ぜておく。

角切りのキュウリとみじん切りのタマネギにニンジンの酢漬けを刻んだのを入れた。
シンプルポテトサラダ

掘りたてジャガイモなのでシンプルなサラダが美味しく感じられた。


スカイプではJtrim。
基本のき、なのだがいまだにしっかり頭に入っていない明るい画素・暗い画素それぞれの合成。
忘れた時はこの画像を見て考えよう。
totoさんが分かるように並べてくれた。 いつもありがとう!


明・暗画素優先

昼間から映画鑑賞

「風に立つライオン」を録画した。
普通、録画映画は夜に観る。

が、昼ごはんを食べながら見始め、ついに午後のほとんどを費やしてしまった。
感動したか?
否、さほどには。
部分的にはいいのだが映画全体を言えば、本を読んでいない人には「なに?どうなってるの」という事あるのではないか。

歌のイメージで本とそれの映画化を熱望したという大沢たかおは良かった。

さだまさしの歌→本→映画と言うコースは「精霊流し」もそうだった?

さだまさしは好きなのだが小説はいただけないと読んでから思う。
幻冬舎の見城さんはさだのファンらしい。
映画風に立つライオン



植え替えとスープ風ズッキーニ

プランターのスイスチャードは葉が固くなって花も咲きそうだったので廃棄した。
土を入れ替えて、ポットに蒔いてあった苗を植えた。
スイスチャード移植



挿し芽して根付いていたのにそのままだったカリブラコアを纏めて植え替えた。
kariburakoa 移植

小さなポットで窮屈にしていたからきっと元気になると思う。



ミニズッキーニをスープのようして食べた。
グリーンエッグ第1号

二人分で。
適量の水(約300cc)にコンソメキューブ1個を入れ、ミニズッキーニ半分を適当に切って入れる。
ソーセージを一人あて1本を切り、、冷凍してあったトロトロ玉ねぎ1個分も一緒に煮る。

ズッキーニが柔らかくなったら塩胡椒で味を調え食す。

普通のズッキーニより中央部の水分が多いのでスープ風はどうだろうかと試してみた。
例のとう立ち玉ねぎ、いい所で活躍していい味を出してくれた。
ミニズッキーニのスープ


パンと一緒に食べたらするっと入ってしまった。


懸案だったJtrimを使って加工した画像のGIFアニメがやっとできた。
Jtrimの基本だとtotoさんに教えて貰ったのだが、まだ理解できていない。
何度も作ってみなければ覚えられないのだが、何しろ根気が続かなくなって取り掛かれない。
黄色のバラを巡って


今年のホタル見物

ここいら近辺でゲンジボタルをよく見れるところは二か所。
両方とも4日と5日がほたる祭りだそうである。

「飛んでるかなあ」と検索したら一つは「今年は早く飛び始めました。18日が最初でした」と書かれている。

もう一方は日にちと飛び具合がexcel表になっていた。星のマークで数の多さを表していた。
5月の末に星二つの日が3日間。
その後は星が一つが続いている。

うーん。もうピークは過ぎたらしい。


スポーツクラブの知人で隣の市に住んでいて、当番でホタルの数を数える事をしたという人に聞いた。
「6月の1日に数えたけどまあまあだったよ。まだ大丈夫」と言う話。
また別の知人もその近辺に住み、夜間ウォーキングはホタルが飛ぶ用水の脇道を往復すると言う。

お二人に詳しく訊いたので父さんに運転を願った。

近頃は夕食時もノンアルコールしか飲んでいないし、夜間とはいえ、知っている道を15分くらいなので大丈夫だろう。

安いコンデジではホタルの写真は無理だからこの目で飛ぶさまを見て来るつもりでいる。
(と、ここまでは出かける前に書いた。)


Gooleストリートビューでの交差点。ここを起点に北と南の用水だと教えられた。
国道303 この交差点

早野浄化センター北西側でホタルを見た。

小雨がぱらつきだしたので退散するも、消化不良だと察した主人は「まだ8時15分だぞ」と水を向けてくれたので「西郷の板屋川をちょっとだけ覗きに行きましょう」という事になった。

小雨が降る中、西郷中央公園脇の堤防に駐車して、橋から橋、約1kmをぐるりとめぐってきた。
まあそれなりに飛んではいた。
本来の飛ぶ時間にしては☆一つと言ったところか。

遊歩道を草刈りして整備してあるのが嬉しい。
一円のお金も落として来なかったのが申し訳ない感じである。


合成した早野のホタルの写真。
絞りとかシャッタースピードが設定できないので ISO感度というのだけ800にしてみた。
早野のホタル合成

ホタルの写真では必須の光の軌跡は撮れなくて、かすかにホタルの光が見えるだけ。
ま、仕方ないか。最初から写真は無理だとわかっていたことだ。



カボチャのための支柱とネット張り

去年食べたかぼちゃの種を蒔いたら4株育った。

狭い畑ではかぼちゃは無理だろうと思いつつも、ジャガイモの端っこへ植えて置いた。
最初に植えたのがかなり育って来たけどジャガイモを掘るには早すぎる。

空中で育てようとかぼちゃは好きではない父さんに、「こんな風にしたい」と頼んだ。

竹を切ってきて支柱を立て、漁網のネットを張ってくれた。

そこへ伸びたかぼちゃのつるを誘引してやろうと思う。
上手くいったらご喝采。
kabotya sodatu


今年は一段と支柱が多いような気がする。
支柱およびネットいろいろ


二個入れた宇宙芋、すごく伸びるそうだからこちらも用意しなくちゃ。
カニのお化けみたい。
カニのお化けみたい


ラベンダーの香り

午前に眼科へ行って(初めてのところ)納得のいく説明を受け気持ちが一段落した。
(以前かかっていた所ではいまいち得心が行かないような事があったのである。)

と言うわけでもないが、午後パソコンの勉強会から帰ってからラベンダーを見に連れて行ってもらった。
(いもこさんの記事に惹かれて)

車で30分。池田町にあるラベンダーファーム 『あまおか』は、池田町体育館のすぐ西側にある。
見渡す限りのラベンダー畑を想像してはいけない。
こじんまりとした農園で、周囲にはお茶畑がある。

「濃紫(ノウシ)早咲き」が今を盛りと咲いている。
濃紫早咲き

奥さんが摘み取りに大わらわであった。1本1本鋏で切り取っておられる。

隣の畑には「オカムラサキ」という主として香りを楽しむ種類が植えてある。
こちらも咲きだしていた。
オカムラサキ


以前はラベンダーを植えていたというハーブ園もあった。
あまおかのハーブ畑


待望のラベンダージェラードを食べた。
さっぱりとしていながら濃い味を堪能した。
ジェラード

ジェラード2

ご主人が店番をしながら刈り取られたラベンダーを整理したり、来園者の相手をつとめられていた。
店内はむせ返るようなラベンダーの香りでいっぱいだった。

行くときは、曽根城公園の花菖蒲の偵察を予定していたが、のんびりしていたので遅くなり後日改めて行くという事になった。

そろそろ蛍も飛ぶ頃だ。
お出かけ虫が騒ぐ。

あまおかのブログ ラベンダー風便り

二つのびっくりで焦った事

ブログを書こうとしたらトップページにHao123と言うのが鎮座している。
「あんた誰?」と調べたら中国のナビゲーションサイトだとか。

コントロールパネルからアンインストールしたけど何も変わらない。

インターネットオプションの「全般」タブで「トップページにする」と言うところが自分の設定したのではなく、Hao123になっている。
ここを設定しなおさないといけないらしいので前のように自分のブログをトップページに変えた。

やっと元のようになってやれやれ。

ソフトをインストールするときにくっついて来たりするとか書かれていたが近々はそのようなこともしていないし、よく分からなかった。

それが解決し、ブログのコメントの返事を書こうとしたら文字が入力できない。
焦りまくる。
何時も疑問点は検索でするのに文字が入力できなくては検索のしようがないではないか。


あ、旧パソコンだ。

起動が恐ろしく遅い。びっくりポンである。

キーボード入力出来ない・ Windows10で検索。

コードでつないでいるなら一度外して差し込み直す。
それでもダメならつないである物をすべて外す。
その後も書いてあったが、最初の線を外して差し込み直したら無事にキーボードが復活した。

当たり前の事が出来ないと本当に困ってしまう。

他の事を記事にする予定が変更になったし、時間を取られてしまったのでやりたかった画像のお遊びもおあずけになった。
予定は外れるものだ。

6月1日は強い風が吹き荒れた日だった。

好き放題に伸びているイタリアントマト
好き放題に伸びたトマト0601


初物2点
初物2点



sachiさんのテキストを参考にさせて貰った課題。グラデーションを使ったJtrim。
まめ子さんと同じスタイルでとりあえず回すことだけやってみた。

回る△

ただ減算を数回するところを、『二階調化」しネガポジ反転したものを合成貼り付けした。
はっきりくっきりし過ぎたかもしれない。

ミシンを使った

昨年だったか迷いに迷ってミシンの修理を願ったのは・・・

それから何度使った?

今どきのポータブルではなく、ドカーンとした工業用だからほとんど物置台と言ってもいいくらいで、ミシンを使おうとすると、まずそれらを除けなければならない。

頂戴物の薄いタオルでテーブル拭きを縫う。
念願のティッシュボックスカバーにチャレンジ。(いもこさんのブログを見つつ)
スポーツクラブの運動系の汗除けバンダナ?を縫う。

これらをパソコンの音楽を流しながら半日遊んだ。
ミシン仕事


家に居たのでパッションフルーツの開花を安心して眺めれた。
好天なので授粉は100%成功だろう。本日は3個。
今まで開花したのは一つの株だけで他のはまだ開花していない。

アマガエルも来ていた。
アマガエルお休み中


畑の巡視。
ゴーヤはまずまずの成長ぶりである。
ゴーヤ育つ


午前中はさわやかな風が家の中を吹きわたり快適な陽気だった。

午後は蒸し暑くなった。



プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
05 ≪│2016/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索