土曜日の土用の丑の日

ちょっと前から「うな丼が食べたい」などと言う話をした。
と言うのも、近くの市でうな丼が評判になっている店が多いと聞いたからである。

車で1時間未満なのだけど行列をするとか聞くと腰が引ける。
何軒か検索してここはどうだ!と言う店はこちらの都合がいい曜日が定休日だ。

あれこれ言っているうちに丑の日が来てしまった。
勿論こんな日にお店へ行ってウナギを食べたいとは思わないからこの話は終了となった。


プールから直接図書館へ行き立ち読みなどもしたので帰りが遅くなった自分と、ウェストポーチをを持った主人が出かけるところと鉢合わせした。
「何処へ行くの?」と訊ねたが「うん、ちょっとお遊び」とだけの返事だった。


夕方台所へ行ったらテーブルの上にうなぎの長焼きが一匹鎮座していた。
折角だから今日ほんの少しでも食べさせてやろうとわざわざ買いに行ってくれたらしい。
この店の隣の図書館へ行ったのに、自分は全くそんな事を思いもしなかった。

二人で半分こしてささやかに土曜日の土用のうなぎを食した。
ささやかに丑の日



図書館でネット予約が出来る手続きをした。(貸し出されていて今借りれない本しか予約が出来ないが)
もっと早く尋ねればよかった。
「ルドルフ」シリーズの第4巻を借りて来た。
これまた楽しい時間が過ごせそうだ。

国際宇宙ステーションISSの目視

いもこさんが教えて下さった「国際宇宙ステーションを目視する」情報に基づき改めて検索し、29日19時30分過ぎに当地方で、仰ぎ見る角度も良好なので夕食と後片付けもそそくさと済ませ、蚊対策をして外へでた。

宇宙ステーションはこんなカメラで撮影するとあった。

(1) 長時間の露出が可能な、B(バルブ)もしくは、T(タイム)機能のあるもの
(2) B、Tの機能はないが、5秒前後以上の露出が設定可能なもの
(3) レンズの絞りを開放に、ピントを無限大に設定可能なもの


一つも該当しないコンデジだが、もしかしたら映るかも知れないと三脚にセットして、「南西11度 最大は北西68度か。この辺からこの辺だろうなあ」とシュミレーションもした。

「おっ、あれじゃないか」と言われて見ると光と共に点滅するものが見える。
すぐ後から同じようなコースでこちらはただ光って動いて来る。
「こっちだよ」「飛行機の音がするから違うだろう」とあれこれ言っている間に北東の雲間に隠れてしまった。

SDカードをパソコンに差し込んでみたが、動画も静止画も真っ黒である。
ただ動画には二人の声が入っていて(カメラに近い自分の声が大きくて主人の声はおとなしそうなしゃべり方。しかもべったべたな岐阜弁である。)それが可笑しくて一人で大笑いした。

何でもありのブログ。写真は嫌だけど声だけならと、黒猫ルドルフまがいに岐阜弁を披露する。




ネギを据え変えなどの畑仕事

雨が降ったしっとりと湿った畑は草取りもし易い。

陽も照らず曇りなので午前中は畑仕事に専念した。

野菜あれこれ0728

トマトや甘長シシトウの収穫をした後で虫退治の消毒をした。
小さなカメムシがシシトウ・サツマイモなどにびっしりいるし、再生しだしたズッキーニの葉などにウリハムシがわんさかいるので我慢しきれず虫退治を散布した。

ネギを据え変えた。
この畑では病気があるようで植え替えてもまた腐ったりするかもしれないが、苗のままにしておけないので植え替えた。
ネギ据替2016



いもこさん宅ではパッションフルーツが色づいて落果が始まったとの事。
我が家はどうなの?と見回ったら「お!色づいている」 嬉しいなあ。

夕方外へ出たらコロンと落ちていた。その様子を見て思わず笑みがこぼれた。
パッションフルーツ落果第1号



黒猫ルドルフの物語

岐阜の金華山ロープウェー乗り場から歩いて(ネコの足で)15分の所のおうちに飼われていた、まだ成長途中の黒猫。
その名もルドルフ。
魚屋でシシャモを盗んで、そこのおやじに追っかけられてほろをかけた大型トラックに逃げ込んだのが運命の始まり。

気が付いて外をのぞくと景色がびゅんびゅん飛んでいく。
人が歩いていない。
信号もない。

そんなんで(ルドルフ自身は何処へ来たかは知らないが)東京へ来てしまったのである。

最初に出会ったのがその近辺のボス猫。
「お前、名前は何ていうのだ」
「ぼくは、ルドルフ。あんたは?」
「おれか、おれの名前はいっぱいあってな」
「えっ、『イッパイアッテナ』っていうのが名まえなのかい」
「そうじゃない。、『イッパイアッテナ』なんて名前があるもんか。でも、お前がそう呼びたければ、それでもいい」

という訳で、この本が「ルドルフとイッパイアッテナ」というちょっと変わったタイトルなのである。

面白い。
酸いも甘いもたくさん経験してきた百戦錬磨のボス猫が、純真で小さな黒猫に、人生を強く生き抜くための術を教えていく。
名言がいっぱい。、努力をすることも大事だと教える。

例えば、イッパイアッテナは学校のシチューの給食の日だけ給食のおばさんたちに、貰いに行く。
おばさんたちは「シチューの日だけに来るねえ」と不思議がっているが、イッパイアッテナは人間の文字を読んだり書いたり出来る。(前に飼われていたご主人に教えて貰って覚えた)
だから1週間の献立表を覗き見てシチューの日を確認するのである。

ルドルフはイッパイアッテナに字を教わる。
子供たちが登校してくる前の学校の砂場でひらがなから始まって、カタカナ・漢字に至るまで書いては消し、書いては消して練習する。
少しずつ覚えて、教室へ入って本や図鑑など見て教養を高める。

こうした話が伏線になっていて、矢も楯もたまらず、一度岐阜へ帰った時には車のナンバーやインターの名前を事前見た地図で記憶していくのである。

岐阜弁が活きている。
雑踏の浅草寺で岐阜弁が耳に入ってくるという設定で「そうかもしれないなあ」と思った。
我々岐阜っ子が、公共のテレビで岐阜弁でしゃべっている声が聞こえると耳をそばだてるのといっしょだなあとおもう。

ことほど左様に児童文学と言えど全く侮れず。

いい本に出合えた。
イッパイアッテナルドルフと

「コーンが主役?」のピザと雨の一日

トマトソースを作ったので、ピザの台を買ってきて色々のせて焼いた。

貰い物のとうもろこしは、今年教わったレンジでチンの方法で加熱した。
1本分で600wで6分。途中で裏返す。(いもこさん実験済み。自分も実験済み)
つるっと出て来た身から一列だけ割りばしでこそげ取り、あとは手で実の元までぽろぽろと取る。(まめ子さんからの伝授)

いくらなんでも多すぎた?
コーン主役のピザ

ソースが柔らかくてだらりと落ちそうになり、大口開けて慌てて食べると「アチチ」となり、大騒動の昼食だった。


雨の前のこと。
ミントを切ってトイレに飾ろうと近寄ったらなんと、今しもカマキリが食事中だった。

ミントの花影でカマキリ

捕らえられた虫には可哀そうだが、これも世の中。
食物連鎖って教わったよなあ。




しとしとと雨が降り涼しい。
あの大騒動の Windows10へのグレードアップ、無料が終了も目前。
8月のはじめに10の大きな更新があるとか。
念のため今の状態をバックアップしておいたら?という記事があった。

10では更新は自動でなされることになっているので、不具合が起きた時のための保険を掛けておくという事なのだろう。


外付けハードディスクはたっぷり余裕があるのでバックアップした。(ちょっとドキドキしながら)

貰った今のパソコンは容量が少ないのでパーティション区切りがしてなくてすべてCドライブである。

なので、いわゆるデータ類(以前はDドライブに入れていた物など)はフォルダ別にして別途にUSBにバックアップというソフトを使ってこまめに保存している。(つもり)
だが、しばらくやっていなかったのでそれもやって雨の日を過ごした。



ゴーヤチャンプルーと種採り

今年初めてゴーヤチャンプルーを食べた。

花かつおは風もないのにゆらゆら踊る。どうして?薄いかつおじゃないと揺れないの?。
新聞でお勉強した。
ヒント 冷たいものの上へ載せても踊らない。




ゴーヤは自前でなく、「生ってなってしかたがない」という方に「欲しいでーす」と手を挙げて貰ったものである。
苦みが少ない種類なのか自分の口にはちょうどだった。


あれこれと種を採った。
インゲン・キュウリは来年の種まき用のだが、コリアンダーはスパイスとして使ってみたい。(初めてのこと)
コリアンダーは葉としては一度使ってみたがもう要らないと思った。
シードになると香りが全然違ってくるとか。
それを信じて種を採取した。
種を採る3種

乾くるみ イニシエーション・ラブのどんでん返しは?

歌野 晶午=「葉桜の季節に君を想うということ」
「ほう!」と楽しんだ記憶はあるので、その作家ならいいだろうと本を借りて来た。

まったく面白くなかった。
一体「葉桜の季節に君を想うということ」はどんな本だったのか。記憶がよみがえらない。
どんでん返しに驚いたのは覚えているのだがどんなどんでん返しだったのか?

それを知りたいと検索中に「これよりどんでん返しならこれだろう」と書いてあったのが乾 くるみ「イニシエーション・ラブ」と道尾 秀介の「向日葵の咲かない夏」だった。
まったく内容も知らないままに借りて来た。

まずは「イニシエーション・ラブ」
「終わりから読むな」とか「二度読みたくなる」とキャッチコピーで意欲をそそっているがさて、どんなどんでん返しがあるのか?
乾くるみ



CDのようにside-Aとside-Bに分かれていて、ヒットした音楽が6曲ずつある。
中々面白そうだと読みかけたところへ、図書館から電話で「希望図書が用意できました」との事だったので早速行って童話の本を借りて来た。
さあ、岐阜の猫がどうして東京へ行ってしまったのか?
その2やその3で大体の事は分かっているが、リアルにその様子が分かるかと楽しみである。

「イニシエーション・ラブ」はちょっとお昼寝をして貰って猫ちゃんのお話が先になる。

歌野 晶午のどんでん返しは分かった。そういえばそうだったと少しは記憶も戻った。

図書館の雑誌コーナーでチラッと立ち読みした。

暮らしの手帖83
70年前の暮らしの手帖


創刊号のエッセーにそうそうたる名前が並んでいてびっくりした。



トマトづくし

毎日トマトを収穫できるので自然と「おかげさまでありがたい事だ」とう言葉が出てくる。

畑の見回りでミニをを千切っては口に放り込み、朝食・昼食とトマトづくしであった。
オムレツが美味だったのできっと再登場すると思う。

トマトづくしての食事




けなげに咲いているカリブラコア。
レース模様の枠に入れて・・・
レース模様カリブラコア

夏野菜満載 ラタトゥイユ

今年は終わりかと思ったキュウリがまた復活してきて「食べておくれ」と生ってなって困った。
我が家で採れるときは何処でも採れるので他所へは持っていけない。
頑張って食べつくそうと絞らないキューちゃん漬け・酢揉み・炒め物またキューちゃん漬け・酢の物と来て今度は佃煮である。

スライサーで3mm幅くらいに切ったボールいっぱいのキュウリに塩をふって、重しをして一昼夜置く。
水を固く絞って煮立てた調味液に入れてかき混ぜながら強火で汁けがなくなるまで煮る。
冷めてから塩昆布を混ぜて出来上がり。

これは冷凍出来るので、1.5キロくらいののキュウリで作り、三等分して二つは冷凍にする予定だったが好評で、かなり売れたので冷凍は一瓶にとどめた。

参考にしたレシピ(間弓 栄子さん)では材料はこうなって居た。

キュウリ 3キロ
塩 一握り
生姜 一個(千切り)
鷹の爪 3~4本(細かく切る)
砂糖 150g
醤油 150g
酢 200cc
みりん 50cc
塩昆布 50~60g

キュウリの佃煮2016


夏野菜満載の料理はこちら。
舌を噛みそうな「ラタトゥイユ」 夏野菜を炒めて煮るシンプルおかず。

ズッキーニはこんな状態だし気温が高いせいか雌花が腐ってしまい、収穫できず残念だ。
ズッキーニの葉にはウリハムシが

が、ナス・ピーマン・玉ねぎ・トマト・ニンニク・インゲンそしてタイムもある。
ナスとインゲンのあるうちにと作った。

みじんに切ったニンニクと玉ねぎをじっくりと炒める。
別のフライパンで野菜を種別にオリーブオイルで炒めては下味の塩を振り、次々と煮込みの鍋へ入れていく。
炒め終わったらトマト(湯剥きして1センチ角に切ったサンマルツアーノ)も入れてかき混ぜ、焦げ付かないように時々混ぜながら蓋をして弱火で約30分。
塩とコショウで味を調え最後にオリーブ油を大さじ1を回しかける。

ラタトゥイユ2016

色は悪いが味は良かった。
ご飯を入れて食べたりしたが、これが又イケル!

残りはきっとパンに乗せてチーズものせて焼くと思う。

韓ドラ 歴史もの2本

韓ドラの現代物は観ないけどNHKの歴史ものは惰性でずっと見ている。

最初は「イ・サン」だったか。
喉のうがい薬と同じ名前のイ・ソジンが世孫役だった。
あの頃は結構力を入れてみていた。


今は女性もので「イニョプの道」と男性物「ホジュン」。
いずれもストーリーは相変わらず「え?どうしてそっちへ話が行くの?」いう展開が多いが、これはドラマなのだ、好きなように作っているのだと思えばどうってことはない。

後者の主役級の俳優たちが大根だと思う。
特に妻ある医者をひそかに慕う役どころの女優が気に入らない。

(文句言うなら観ずに置けばいいのにね。)

このふたつ(前者は毎週。後者は週5回)に出ている脇役を見つけた。
パク・チョルミン
片や猟師、片や結構な官僚。
両方とも「どこかで見た顔だ」と思いながら観ていて、同じ時期に観ている韓ドラの俳優だとわかってやっとすっきりした。



今日のJtrim きまぐれさんの既成枠をお借りした。

今年も咲いたマンデビラ。我が家へ来てから何年?よく頑張っていると褒めてやりたい。

今年もマンデビラ開花

スクナ風かぼちゃ初収穫

去年食べたかぼちゃの種を蒔いて畑へ植えた。
場所もないので立体栽培だと父さんに登るネットを張ってもらった。

が、そこへ登って実を生らすところまではなかなか行かなかった。
雌花が咲くと喜んで授粉させ「あ、今度は育ちそうだ」と思っていると腐ってゆく。

傷心の日々を暮らしていたのでかわいそうに思ったのか、まず一つが腐らなかった。
でかくなると予想してネットの袋で支えにして上の竹にからげ万全の体制にした。

大きくはならなかったが、頃合いもよしと収穫した。
コルク状態
小柄なスクナ


収穫した日と、最も早くてもこの日からしか食べていけないと2週間後の日付を書いて裏口付近に放置した。


あと一個は確実である。
二番目のかぼちゃ

ぶら下がっている三個目はそのまま育つか微妙である。

カボチャ用ネットで


おそらくこれでかぼちゃは終わるのではないかと予想し、ネットの下につる有りインゲンを蒔いた。
畑も休む暇なく大変だ。

サツマイモが盛大に伸びてきているし、ネギの据替はどうする?どこへ?



本日のJtrim
「仕切りの中へ別々の画像を入れる」という事をいもこさんに教えて貰った。
半分分かったようで分からないような・・・

「そうだ!以前mmiさんがやっておられた」と思いだした。
過去の作り方などをコピーさせてもらった中にあった。

ひし形の枠を作っておいて

①枚目のJtrim 枠の中の入れる箇所の座標指定切り抜き OK コピー 戻しておく
②枚目のJtrim ①でコピーしたものを貼り付け、真ん中のひし形を 黒で塗りつぶし 二階調化する
③枚目のJtrim はめ込む画像を出して②のサイズに合うようにトリミングやリサイズをする
②に明るい合成 コピー
(座標指定が出ている)①のひし形を白く塗りつぶし、コピーした②を暗い合成
一コマ完成したので、①のJtrimで同じように入れたい箇所を四角く囲んで座標指定切り抜きして次々とはめ込んでゆく。

というやり方でやってみた。
ひし形に画像

同じようなやり方でやってみた。
画像をはめ込む


テキストがないと未だに出来ないJtrimである。

トマトその後

イタリアントマトは毎朝見回りに行く。
そして小粒のを三つ、四つと口に放り込む。

中玉で本命のサンマルツアーノは毎日眺めても中々完熟とまでいかない。
つい数個千切ってしまう。(焼きトマト用)

7月16日はこんな感じ

梅雨も明けて好天気だから数日辛抱してみよう。
と思うのだがさてどうなる事か。


初体験のソバージュ栽培。どんどん茂っている。
ソバージュ栽培7月16日



脇芽を挿し芽して植えた物もそろそろ色づきだしている。(風通しを良くするため2段目の実までの葉を切っている)
さし芽のサンマルツアーノの今


あちこちで虫の被害もあり。
虫が入って腐ったサンマルツアーノ



今のところはかなりの成績で、高い苗も元は取れたかな?とにんまりしている。



知らなかったこと三つ

「山の日」が今年から施行されるのをつい10日ほど前まで知らなかった。
大ニュースだと友人に「知っていた?」と訊ねたら「そうらしいねえ。私もつい最近知った」との事だった。
知らなかったのは自分だけだった?


六義園りくぎえんと読むとは全く知らなかった。
ろく義園と思っていた。
ネットでの東京の庭園シリーズを見て分かった。


とこゆか
京都の夏の風景で涼し気な床がある。

鴨川のほうはゆかと呼び、貴船はとこ(かわどこ)と言うのだそうである。
忘れそうになったら貴船は貴いから床の間のとこと覚えて置こう。


もう少しであちら方面へ行く年だというのに、知らないことや間違って覚えていることがいっぱいある。
恥とまでは思わないけど「いい年をして・・・」と我ながらおかしく思うのである。



今日のJtrim sachiさんの球体加工 12を参考にして 萩を入れた。

萩s



児童図書を借りて来た

夢中になった「精霊の守り人」シリーズは児童図書だった。

今回借りたのはもっと若い子(小学中級からと書いてあった)が読めるようにたいていの漢字には振り仮名がついている。
本の題名は「ルドルフとともだちひとりだち」(続:ルドルフとイッパイアッテナ)と続:続:ルドルフとイッパイアッテナと言う本。

一番目の本が貸し出し中で借りれなかったけどその2とその3を借りたのだ。

まったく聞いたこともなかったこの本を借りようとしたのは、「自然風」さんが岐阜から東京へ、意志に反して運ばれてしまった猫のルドルフの話が、8月に3DCGアニメとして公開されると教えて下さったことから始まった。

児童図書の名作だと言われても知らないのだからどんな本なのか、借りようとして検索したけど✖であった。
その2とその3は〇だった。

たまたま図書の返却日だったのでその2冊を借りて来て読み始めたところだ。

なるほど。なるほど。魅力的だ。
幼稚なルドルフと先生のイッパイアッテナのやり取りや友達ネコなどが目の前にいて動いているような気持ちになる描き方である。

先生は字を教えてくれた。
砂場でそれを書いて復習する。
夏休みの教室の学級文庫へ忍び込んで次々と本を読む。
伝記もいいけど図鑑が好きだ。


などなど。

キャッチコピーに「ノラ猫たちの、知恵と勇気と友情の物語」
1988年初版で2007年50版発行とあった。

こういう本を読むとおしっこをして行くノラ猫も許せる気がしてくるから不思議だ。



球体加工シリーズ
sachiさんの球体加工22で中央の枠へ画像を入れた。

球体加工22


同じくsachiさんの球体加工から24を参考に、NOBUさんの画像をお借りして。
白頭鷲s

今度のトラブルは

何かトラブってばかりの感じがあるパソコンで、今度は「矢印キーが動かない」。

エクセルで家計簿に入力しようと矢印キーを触っても左右上下セルが移動しない。

選択されているセルはそのまま固定で、いくら押しても下のセルへ移動せず、シート全体が上へ上へとスクロールしてしまう。
カーソルでやれば入力できるけど気持ち悪いのでやはり検索する。

「スクロールロック」がなされているとの事。
なんかランプが点いている。
スクロールロックキー

スクロールロックを押したらランプが消えて矢印キーが動くようになった。

何時触ったのだろうか。
本人は全く記憶なしだが元へ戻ってやれやれ。



Jtrimを使ってsachiさんの球体加工から10と27をやってみた。

球体加工10
球体加工27s




掃除機購入の言い出しっぺは

「おい、掃除機買おうか」と主人。

普通は主婦がいうセリフかもしれない。
「うん、買おうかね」
「お前の気に入ったのを買おう」

との事でまずは掃除機の勉強からスタートする。

紙パックとサイクロンの違い。 ゴミの捨て方から紙パックに決定。

ヘッドの種類から「自走ヘッド」か「パワーブラシ」にしようと思った。

掃除機ヘッドの種類

自走の方が5000円位値段が高い。

2代前の掃除機がまだあるのだがパワーブラシの重たいヘッドに辟易していた。
今の軽いパワーブラシを店で使ってみないとわからない。
キャニスター型紙パック一覧であれこれ見てみる。

良さそうなのを数点ピックアップして近所の電気屋のオンラインショップで探す。
型と値段などをメモし翌日電気屋へ。

自走パワーブラシと単なるパワーブラシを使わせてもらった。
主人も使ってみた。(そもそもこの人のご希望なのだから)

なるほど自走と言うだけあってするすると進む。
ほとんどこれだなと決めていた物は、単なるパワーブラシなのだが軽く動くので二人とも合格点を出した。

同じ会社のオンラインショップの値段にして貰ったので、その分で紙パックなどを買った。

店員さんはもっと高級種を勧めたかったようだが、あれこれ見ていると迷いだすのは目に見えているので見ないことにした。

さっさとした買い物に「早かったやろう?」と自慢した。
新掃除機

早速父さんが試運転した。

印刷したファイルの整理

ずいぶん前から始めていた印刷したファイルの整理。

やっと半分以上終わった。
料理・画像加工やお絵かき・何々するにはなどに分けてとにかくファイルした。

ファイルをファイリング

料理のレシピでメモ書きしたものがいっぱいある。
取っておきたいものは順次、Wordに入力している。
その後は印刷することが待っているが「あ、これも欲しいなあ」などと次々出てくるから終わりがないのである。

そしてこの後、新聞から切り抜いた「テクノ生活入門」などパソコン関連の記事と、お出かけしたところの思い出物など。
テクノ何とかはもう古いことが多いのでさっさと捨てることが出来ると思う。

そう思いながらよく見まわしたら「Word2007」の使い方などと言う膨大な印刷物が出て来た。
古いexcelの使い方も出て来た。

物持ちがいい自分に苦笑いである。



前日のトマトソースを使ってスパゲティを作った。

甘長ピーマンとナスと薄切りソーセージを炒め、トマトソースを加えて温めながらスパゲティが茹で上がるのを待つ。
頃合いよしと茹で鍋からトングでスパゲティを入れ、ゆで汁もお玉に掬って入れ混ぜ合わせる。

皿につける前から「父さん、出来たよ」と呼ぶ。
兎に角すぐ食べて欲しいのである。

トマトソース初出番

ノンアルコールをグラスに1杯ずつ飲みながら食べた。

美味しい美味しいと食べていたので、パソコン同好会に遅刻してしまった。

トマト記念日&美肌トマトスープの作り方

サンマルツアーノ種でトマトソースを作るのがこの夏の一つの目標だった。

もう少し置いておきたかったが虫に食われたりしだしたのでもう辛抱できずに収穫した。
収穫したサンマルツアーノは


ボールにいっぱいのトマト?
たくさんとれた?


いえいえ、上げ底。
上げ底でした


それでもソースにしたいサンマルツアーノは冷凍保存してあるのと合わせると1キロ以上になった。
トマトソースのレシピも色々あって迷ったが一番シンプルなやり方にした。
レシピを印刷

出来上がり二つ

覚え書き入り

イタリアントマトを生で食べるとき、自分は皮を剥いた方が好きである。
皮を剥いた方が美味しい


シロップ漬けも作ったし、最初のトマトソースはスパゲティを和えようか。

今日は自分のトマト記念日。
満足感はあるが、どっと疲れた。

写真のトマトスープ
美肌スープ 4人分

材料
トマト(シシリアンルージュなど) 300g 湯剥きして適当に切る
タマネギ 半個 ダイスに切る
ジャガイモ 半個 ダイスに切る
レタス 4枚 適当に千切る
ベーコン60g(なかったのでソーセージ2本) 薄切り
ニンニク 2片 みじん切り
オリーブオイル 大さじ2
水 800cc
コンソメ
塩・胡椒 適量

作り方
オリーブオイルにニンニクを入れて炒め、玉ねぎ・ジャガイモ・ソーセージを加え、材料が透き通るまで炒める。
水を加えてコンソメを入れて約5分。
ジャガイモが柔らかくなったらトマト・レタスを加えて2分煮る。

レシピにはアボガド半個が入っていたが在庫がないので省略した。
味が物足りないような気がしてコンソメも入れたが、レシピには書いてなかった。

パンと一緒に食べたら美味しかった。


インクカートリッジ認識せず

黄色のインクが無くなったというお知らせ。

無くなったのも新しいのも互換のインク。
差し込んだけどランプが付かない。
「認識できません」と言う。

検索した。
パソコンと一緒で再起動と言うか、覚えていることを忘れさせて改めて「このインクはどうだ!」と認めさせようという手段らしい。

インクをすべて取り外す。
プリンターのスイッチを切る。
コンセントも抜く。
しばらく置く。15分くらい?
黒のインクから差し込む。(これがどうしてなのかは書いてなかった。なぜ?)
タンクを全部外して


やっぱり認識しない。

もうちょっとほかのやり方もあったので、そちらも試してみた。

だめだった。

一年以内だったら交換してくれるそうだけど送っていたらその間プリントが出来ない。
この色のインクはこれしか予備がない。

仕方がないのでホームセンターで買ってきた。(純正を)
ランプが点いた。

この互換品の仲間であと3色もう少しで終わりだというのがあり、予備もある。
また認識しないのならまとめて返品したいので、この黄色だけでの返品は「ちょっと待て!」状態である。

あれやこれやとパソコンに時間を取られて、周りのファイルの整理が滞っている。



感度良好!

地上波アンテナ建設大作戦は終盤に入っていた。

朝早くからごそごそ、カンカンやっていた父さんだった。
9時すぎに父さんが居ないのに部屋でテレビが点いている。

もうちょっとで「誰も見てないのにテレビが点いてるよ!」と注意を促すところだった。

アンテナの受信状態をチェックしていたのだった。
仕上げ段階

地上波受信状態

一番不安定だったチャンネルがこの数値で父さんは満足した顔だった。
「ご苦労さん、おめでとう」と言ったらまんざらでもない様子だった。

今から思うと、車庫の屋根にペンキを塗ったり、補強の金具を付けたりしたのはこのテレビのアンテナを立て、支線を張ったりするので最初にやったのだったという事が分かった。
馬鹿な母さんは「車庫の床がペンキで汚れた」と嫌な顔をした。

「物だけでいくらかかったね?」と訊ねたが「計算してみな分からん」と逃げられた。
逃げられっぱなしの方が大蔵大臣としては喜ばしい。

遠大な(齢から言うと)計画が、今ここに完成をしようとしている。
(未だ梯子などが片づけてないのでやる事があるのかな?)


今日の畑

宇宙芋は細々ながら成長している。
リサイクルの漁網に無理やり方向を指示して掴まらせている。
まっすぐ登ってもらうとすぐに行き場がなくなるから・・・
宇宙芋の今日

サンマルツアーノのトマトは完熟一歩手前。
晴れが続けばトマトソース作成も夢じゃない。
あと一息で完熟




やってみたクロームのフィード

IEでのフィードは使えるけどクロームでは何やらややこしくて断念していた。

息子からメールが来て「クロームでフィードを読むことをやってみた。ファイルを添付した。よかったら試してみよ」との事だった。

Chromeに拡張機能を追加する。
IEからフィードをエクスポートしたものをファイルとして保存しておく。
Chromeのフィードへファイルをインポートする。

たったこれだけの事なのだが悲しいことに横文字が読めないので意味不明で出来なかった。

意味が分からない高齢者に丁寧に説明を書いてくれたので出来た。

最近IEが不安定で読み取りが出来なかったりしたので、Chromeを併用しようとしていた所だった。
本来の使い方がまだよくわからないままだがブログもここで書いてみようとしている。

同じfc2の管理画面なのに、こちらでびっくりは途中途中で自動的に下書き保存がなされない。
自分で保存しなければいけない。

この記事を何度書き直したことか。
これは要注意である。

読むだけの拡張機能のほかにもう一つ拡張機能を追加した。
余分だったか?
この二つの拡張機能を追加した


登録できます 受信登録できません



今日のトマト

オリーブ油で焼いた。
今日のトマトはオリーブ焼き

Haoと言われたくない

ネットを開いたら「Hao123」に席巻されていた。(中国のポータルサイト)

今回は2度目なので驚きはしたけど大慌てと言うわけではなかった。

それでも検索した。(折角だからとHao123を使って)
クロームでの消し方


IEでのトップページはここにHao123が選定されていたので削除し、元のように直した。
ここに入っていたので


クロームにも入っていたので設定から起動時のページを指定しなおした。
ここで設定

とりあえずの事はしたのだが、プログラムをアンインストールしようとしてもBaiduもHao123も無い。
パソコン内を検索したらドキュメント(パブリック)内にBaiduのフォルダがあったので削除した。

これでいいのかどうかは、分からないけどひとまず終わりにした。

何処からくっついて来たのか?
最近何かインストールしたかなあ?

あんなこんなで無駄な時間を使わされた。

悲しいことがひとつ。
落果

勿論中はまだ未熟である。

テレビ受信アンテナ建設

以前は屋根の上にあったテレビの受信アンテナは現在二階ベランダの手すりに括り付けられている。

強風や大雨で映像が乱れる(主人のテレビの状態が悪い)ことがあるので一念発起してもう少しきちんとしたアンテナを立てることにしたらしい。

一ヶ月近く前に車庫横にポールが立てられたがそれ以降は何の変化もないままだった。
同じ色の建造物

白内障の手術も途中に挟み、経過も順調で続きが始まった。

ここでの仕事は雨降りは駄目。
晴れだと暑くて危険。

曇りの日で眼科・歯科・内科などへ行かなくていい日と、条件が中々難しいらしかった。

車庫の上から大屋根へ梯子をかけてやるときはこの命綱を使っていたようだ。
気をつけてね

あと少しですテレビアンテナ

あと少しだね、父さん。

トマトを使ってあれこれ

今日の収穫のトマトはこれだけ。
トマトソース用は

サンマルツアーノはトマトソースにしたい。
今までに採れたのはこれだけで、全部たしても目標の一キロにはならない。
完熟したのを採ってきたら冷凍保存しているのである。
冷凍保存して貯めておく


自家生えのミニトマトは赤くなるタイプではなさそうなのが分かった。
真っ赤になるのを待っていたらピンクの濃い色で腐っていたのである。

そのまま食べてもいいのだが味がぼんやりとしているのでシロップ漬けにした。


湯剥きしたのを冷ましたシロップ(200ccの水に100gの砂糖を煮溶かしてレモンの汁を少々)に漬けて冷蔵庫で一日置く。

湯剥きして
ミニトマトのシロップ漬け


もう一つはコンソメスープにご飯の残りと湯剥きしたトマトを入れ、卵でとじる、いわばリゾット?
tomatoリゾット

半分に切ったシシリアンルージュが美味しいこと。
これは昼ごはんにグーだった。

フィード欄では太字が頼り

自分の場合はブログだけなのだが、更新されたら太字で表示されるというRSSフィードを使っている。

覗きに行っても記事が更新されていないと嫌なので、このリーダーをIEで使ってきた。

コマンドバーを表示させて矢印のような色になっているブログは受診登録が出来る。
コマンドバーに出てるこのマーク

受信登録をする


受信登録をした

登録をするとお気に入りの隣のフィードと言うところに登録され、更新されると太字になるのである。
フィード


ところが一両日ちっとも太字にならないので「おかしいなあ」「おかしいなあ」と登録してある40余りのお方のところを順次回っていた。
結局何だったのか分からないまま復活はした。

Gooleクロームではどうすればいいのか?
検索したら拡張機能を追加しないといけないらしい。
よくわからないのでやめた。

Edgeはどうなのだろう?
駄目らしい。

更新されたら見に行きたいブログはいっぱいあるので、今のところフィードと言う欄で太字になって更新されたよと知らせてくれるIEを使い続けるだろう。


今日のトマト
ズッキーニとトマトとシーチキンのスパゲティ。
ズッキーニとトマトのシーチキンのパスタ

カルボナーラ風は駄目だったが、これは美味しかった。


熱中症?

4日は朝からアクシデントの連続だったが、夕刻になってもう一つ起きたことがある。

夕食の用意をしなければと思いつつも、パソコンで遊んでいた。
机の下の物を取ろうとしたら頭がふわりとしてめまいがしだした。

むかつきも出て来た。

明日はクリニックへ行く日なのでシャンプーもせずにはいられないと浴室へ。
シャンプーの途中でこみあげてきたものを吐いてしまった。
さっき食べたキュウリの酢もみを洗い桶に・・・

髪だけ乾かしてすぐに横になった。
8時前から寝て6時に起きるまで2度起きて水を飲んだ。
朝にはふわふわ感が薄れていた。

クリニックで先生に尋ねたが「心配ないでしょう」と言われただけだった。

ちょっと前の暑い日の午後にも、めまいはしなかったが気分が悪くなったことがある。
その時は、数時間で直って夕食も食べた。

もしかしたら熱中症の初期症状かもしれないと懸念し、室内で31度以上になったらエアコンを入れ、外出は極力控えるようにしようと思った。

白内障の手術をして一週間経ち、「順調です」と言われた主人。

「乗せていく」と言って貰える時は遠慮せずに頼む事にした。
「齢には勝てん」と昔から言われている言葉が当てはまる。

はすのはなにグラデーションハート

三つめが怖い

朝から二つのアクシデント(不意の出来事。思わぬ故障。事故。)。

コーヒーのための湯を沸かすのとズッキーニのスープを温めるためコンロを点火して、洗濯機を回すためその場を離れた。
(ガスを使っているときはその場を離れてはいけないと常々言われているにもかかわらず)。

前の日の豪雨のため車庫内へ片づけてあったものを「外へ出し乾かさなくちゃ」
「わ、サッシなど泥跳ねがひどい、ちょっと拭こう」

とやっていたら焦げ臭いにおいが・・・

大慌てで台所へ行ったらもうガスの火は消してあり、スープの鍋は水を張ってあった。
「おとうさん、ごめんなさい」と謝った。

しょぼたれながらPCをつけてまずは自分のブログがちゃんと更新されているかを確認。
しようとしたら「ネットがつながりません」と来た。

再起動してみたけどダメだった。

電話は繋がるのでそこまでは大丈夫。
「父さん、ネットにつながった?」と聞いたら「あかん」との事。
わがパソコンの不調ではなくルーター近辺なのだろうと、うろ覚えのあれこれ線を外してしばらく置き、もう一度差し込む。
なんか順番があったような気もするが分からないのでいい加減である。

やっぱり駄目だった。

こりゃえらいこっちゃ。ネットで検索できないのは何と不便な事なのだ。


駄目なものを弄っていても仕方がないと、洗濯物を干したり、野菜の見回りをしたり、スープが無くなって寂しい朝食を摂ったりした。

「さて、どうしたもんだべなあ」とPCに訊いたら何という事、自分のブログが表示されているではないか。
本当にどういう事だったのだろうか。

焦げたなべもきれいになった。
ネットもつながった。

良くはなったが三つめのアクシデントがないように外出は控え、ごろ寝をすることにした。

キキョウ
桔梗1


コムラサキ
コムラサキの花



ネットにつながっているうちに今回のようなトラブルについて調べ、簡単なものをweb保存したり、Wordに書いて印刷したりした。
これを保存した場所を忘れないかとそれを心配したりする。
tunagaranakunattatoki 1
tunagaranakunattatoki2.jpg

夕方は豪雨だった日曜日

曇っていた午前中はサツキの剪定や草取りをした。

蚊に食われないよう衣服の上から虫よけスプレーをして始めたがそれでも寄ってきた。
太陽が出そうで出なかったので予定分は何とか終わった。
45リットルの袋が3個。

畑では虫たちが大活躍しだした。
トマトに虫が

カメムシ集合

色づきだしたトマトに殺虫剤をかけられず、穴が開いているのを見つけ捨てるという事になる。



スクナ風かぼちゃはたくさん生ったと喜んでいたが、その後順調なのは一個のみでその他は大きくなってこない。
大きくなったのはこれ

株の根元の方が黄色くなりつつある。
枯れそうなのだ。
これはピンチかもしれない。
せめてこれだけでも食べられるところまで行きたいものだ。


ズッキーニを使って軽いカルボナーラ風にしてみた。
ベーコンも生クリームも使わず、卵も二人で1個。
ズッキーニをダイスに切って
ズッキーニカルボナーラ風


正直言ってあまりおいしくなかった。

三食+お八つに昼寝付き。特別なことは何もなかった。

厚かましい

車庫の発砲スチロールで野良猫が爪とぎをしていく。

車庫の発砲スチロールは

植木鉢に飛び乗って用もたしてゆく。

ちょっと戸が開いていた物置の入り口から中を覗き込んでいたので「コレ!」と言ったら、振り返ってじろりと見てから悠然と去っていった。
黒猫立ち去る
(お借りした画像。こんな感じだった)

走って逃げていくならまだしも、この態度!
厚かましいったらありゃしない。

暑い日には

カンカン照りの日は朝のうちに陰になるところで外仕事をする。

春の鉢物の土を日に干す。
直射日光に当てる

チェリーセージなどを切り詰める。(ゴミ出し日の前日だ)


昼食後は2時間ほど録画のテレビ映画を観る。
「アリスのままで」
若年性で家族性アルツハイマー病になった大学教授の苦しみ・悩みを涙しながら観た後は、前日に引き続いてファイルの整理をした。
画像加工やお絵かき分は終わった。


家のランタナをtaiさんの既成品枠へ入れた。
ランタナtaiさんの枠


プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
06 ≪│2016/07│≫ 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索