茹で卵

茹で卵は大好きである。
それも味の付いたものがよろしい。

卵を茹でるとき、一時は常温に戻した卵を沸騰した湯に入れて茹でていた。
これもいいのだが、事前に冷蔵庫から出しておかないといけないのが面倒である。


最近は、小さめの鍋を使用し、少ない水(ネット上ではお玉1杯と書かれていたがちょっと不安で自分は200ccくらい)に卵を入れ蓋をして火にかけ、7分したら火を止める。
蓋をしたまま3分で完了。


本日の茹で加減


もうちょっと柔らかいのが欲しかったので2分30秒のむらし時間にしてみたら・・・
2分30秒半熟

煮卵にするならこれくらいで・・・

アバウトな性格なので希望通りの固さにならなくても「ま、いいか」と食べる。



池鏡山円鏡寺 ポケモンスポット?

隣町の円鏡寺はややこしい。
昔からよく分からないままである。

何処が円鏡寺なのか?
門も二つあるし、本堂らしきものも二つある。

こちらが本家かと思う方は、楼門と金剛力士像(国の指定の文化財の)をくぐってまっすぐ行くと本堂(観音堂)に突き当たる。
池や赤い橋・三重塔などもある。
観音さんというと弘法大師が開いたのではないよなあ。

その正面の建物が改築中で、外側は完成し内側が最後のお仕事をされていた。(10月にお祝いの稚児行列があるとか)

観音堂外観

内陣工事中


円鏡寺公園という広場を挟んであるお寺の本堂は「大師堂」というのだから空海が開いたというお寺はこちらなのだろう。
毎月21日にはその公園で門前市なるものが開かれている。


ややこしく感じるのが8月17日に「十七夜」と言って、観音様の縁日の前夜祭が行われたり、12月や1月の18日もお参りがあるという不思議さである。
(谷汲山は観音さまなので18日が縁日である)

地元の年上の友人に訪ねたら「大師堂」が本堂だという。

円鏡寺のホームページがあったので覗いたけど、我が疑問に関しては何も分からなかった。

「境内案内」を見たら分かるかと思ったらまだ工事中で駄目だった。

長々と書いたがこの円鏡寺がこの頃ポケモンGOのスポットとして人気上昇中とか。
夜になると沢山の車が寄って来て近所の人が大変困った状態になっているそうな。

土曜日の昼間に円鏡寺とは全くミスマッチな若者たちがひたすらスマホ画面を操作していたので人気スポットだと聞いたのを思い出した。

ポケモン?

それらとは全く違う次元の老女も3人ほど見かけた。



ナスの根切りなど

テレビを見て居たらナスの手入れで切り戻しと根切りと施肥をやっていた。

今年は2本のナスが細々と実をつけていただけである。

実を切ったところの先を切っていたので大きな切り戻しは必要ない。
しょぼいナスをどうしようかと思っていたけどもうちょっと置いておこうと、スコップで根切りをしてそこへ肥料を入れたっぷりと水をやった。
1株に3か所くらいだからあっという間に終わった。

菊を支柱で囲って倒れないようにした。

28日の畑仕事

2回目のキュウリが生りだしたので、一番初めのキュウリを撤去した。

インゲンの花が咲きだした。
インゲン開花始まる

草取りもした。
かなり頑張った日曜日だった。

飾る花が何もないのでレモングラスとバジルを切って差した。
レモングラスと


やっとナンバーカード受け取り

正月にナンバーカード用の写真を撮り、息子にネットで申請してもらった。

とっくに忘れた7月に「これこれの日時・時間に当事務所までお越しください」と通知が来た。
「そんなに都合よくその時間に行けるか」と二人ともへそを曲げて指定の日には行かなかった。

都合の悪い方は9月何日かまでに受け取りに来いとあったので、ずっとそのままにしてあった。
但し、通知書を仕舞い込むと絶対忘れるので封筒に大きな文字でナンバーカード何日までと書いて目につくところへ置いてあった。


「いくらなんでももう行って来ようか」と意見が一致した。
「朝は込む。午後一も込む。終了時間間近もやばそうだ」と、推理して23日火曜日の午後3時に出かけたら当たり!
ナンバーカード受け取りの待合の椅子に座る人はゼロ。
すぐにやって貰えて(隣の暗証番号を見たらなんと一緒じゃないの。6ケタ以上のだけは全く違っていたけど)15分で全部終わった。

その頃には待合の椅子には6人ほど座っておられた。
二人で小さく「ラッキー!」と言い合ったのだった。

免許証のない自分は身分証明のカードとして使う。

主人は免許返上の時の用意みたいである。用心深い人である。


久しぶりにトマトソースを作り、大きく刻んだトマトも加えての山もりのパスタを食べた。

hisasiburino.jpg

録画が出来てなかった

木曜日に予約したあったテレビ番組がいずれも録画されていなかった。

放送局などの都合の時は、お知らせのメールで「追跡録画が出来ませんでした」などと分かるのだが、それもない。

汗!

録画は一体で行われるタイプで何も頼んでいない時に、ハードディスク使用のランプと録画しているという赤点滅のランプも見える。
けど何も録画中ではないのである。

チャンペラを見てもそれらしき事項が見当たらない。

録画が命の我がテレビがその機能を失っては大ごとなので、メーカーか販売店に電話して尋ねようかと思った。

ふと思いついたのが、パソコンなどで不具合が起きた時初期化というのか、コンセントを抜いてもう一度さし直すという事。
テレビはどうなのだろうと思いながらやってみた。

録画もしていないハードディスク使用ランプは消えた。
たまたま朝ドラの予約時間になったのでどうなるだろうと見つめていたら通常通りのランプ点滅が始まったし、「録画一覧」を見たら無事に録画が始まっていることが確認できた。
やれやれ、よかった。

後は録画されなくて見れなかった物をどうやって見るかである。

朝ドラは週末にまとめて放映するからこれはよし。
民放の古い韓ドラは再びは放映しないだろうな。
もう一つ民放のドラマ「はじめまして、愛してます」は観たい。

ネットのテレビ朝日を検索したら最新のドラマとして9月8日20:00まで配信されるとわかった。

ネットで観る

ブックマークに一時的に保存してあるのでこのブログを書いたら落ち着いて観よう。
尾野真千子のファンだからこれは観たいのである。




大垣方面のスーパーへ行きたかったので、久しぶりにアッシー君を願った。

そこまで行ったのならもうちょっと足を延ばしてひまわり畑を見物にと追加した。

皆さんのブログでの紹介通り、きれいに咲きそろっていた。

夕日を背後から浴びて

花粉まみれ

定番のバックは新幹線



隣のコスモスの田んぼではちらりと花が見えた。


ミニズッキーニ破裂

種が採れないだろうかと大きくなりすぎたミニのズッキーニをそのままにしてあった。

25日に破裂していた。

もうこのままにして置いたら水が入ってダメになるだろうと割った。
あるは、あるはすごい数。
芽が出ているのもあった。

しかし、きれいにしようと洗っていたらみんな浮いてしまうのだ。
普通種取りして洗ったような場合は、沈んだ種だけ残して浮いたものは捨てている。(キュウリの例)

どうしたものかと思案しながらも一応乾燥させることにした。
ミニズッキーニの種とり


そして中央から二方向へ伸びた先にまだ花芽がある。
気温が下がったらもしかしたら生るかも知れないと廃棄せずにそのままにしてある。

もしかしたまだ大丈夫?




1本だけあるゴーヤがよく生って、追いかけられて食べている。
トマトも勢いはなくなったがまだなっている。
こちらも放任なので好きなところへ伸びていっている。

最初はゴーヤとトマトの勢力争いかと思ったが、いやいや、空中で絡み合ってお互い助け合っているのではないかと、下をくぐって通っている。

支えあうトマトとゴーヤ


胚軸切断挿し木法

「胚軸切断挿し木法」というのを読んだときは「ウソ~」と思った。
だって幼い苗をバッサリ切って挿し木するなんて考えられないから・・・

それなのにやってみてもいいかと思ったのは、自分は種まきすると必ずと言っていいほど徒長してひょろひょろ苗しかできない。
大きいポットに伸びた軸を埋め込んで植え替えるという手しかやったことがない。

2年前の購入種の秋きゅうり。
いくらなんでも遅いけど実験・実験とポットの2粒ずつ蒔いた。

案の定ひょろりとした幼苗。
徒長したキュウリ


各ポット1本ずつを切り取って水に浸け、ポットへ挿した。

きって水に浸ける



今のところシャンとしているがさて、本葉が出て来るか?
切らなかった幼苗は軸を埋めて植え替えた。

植える

両者並べて観察しよう。


胚軸というのは、発芽した苗の茎であり、子葉 の下、幼根 の上に位置している。



パッションフルーツも挿し木した。

パッション挿し木2016

萩と荻 荻原 浩

オリンピック観戦でテレビを観るのに時間を使い。借りてきた本も全く読めないままである。

直木賞受賞した荻原浩の受賞作品ではない物を借りて来た。
月の上の観覧車

映画としてみたのは「愛しの座敷わらし」「明日の記憶」で作者の名前は知っているが読むのは初めてである。

今回借りて来たのは「月の上の観覧車」
大切な人を失うことをテーマにした8つの物語。
また半ばまでいっていない。

(はぎ)と(おぎ)っていつも分からなくなり間違える。(萩は秋だとはわかっているのだが、当人の字はどちらだったかで迷ってしまうのである)

昔の卓球選手は荻村だったことはよく覚えているけど・・・


筋膜とは何ぞや

ここ4日間は連続でスタジオレッスンをした。

4日間でヨガ4コマ・エアロ・ステップ・ピラティス各1コマを受講した。

ここのところさぼってばかりだったので、今日になってあちこちが筋肉痛になっている。
腹直筋・腹斜筋・広背筋にふくらはぎの下肢三頭筋など。

日曜日のヨガは特にきつかった。
また2ヶ月ぶりくらいのピラティスも指示通りには出来なかった。


最近は筋膜リリースという言葉をよく聞く。
筋膜とは筋肉を包んでいる膜でそれをはがして伸ばすのがいいとか。
未だによく分からないが、リンパの流れをよくする事と同様に、足先から心臓に向かって順番に筋膜をはがしてやるとかおっしゃる。
時間があれば、ヨガなどの前にそれをするとより効果的だそうな。

スタジオレッスン中に、いい話を聞いたりちょこっと練習をしたりするのだが自宅では全くできないのはなぜだろう?

古いミシンの廃棄処分

パソコン付近の整理整頓の一環として古いインターロックミシンを廃棄することに決めていた。

「おい、もうばらしてもいいか」と訊かれた。
鉄類の回収に回ってくるからその時に出したいのだそうである。

廃棄したロックミシン

工業用のミシンなので台は木製のしっかりしたものである。
それは車庫において父さんの仕事台にするのだそうな。

3時間ばかり出ている間に、ばらして持って行ってもらえるようにしてあった。


もしかして使うかもしれないとロックの糸も大事にしまってあったがそれもゴミ出しに出せる。
10年以上一度も使わないまま、糸が切れたら通し方が複雑すぎて目が悪くなった自分には使えないだろう。
ロック用糸


「未練は振り捨てよう」


工業用のアイロンも数年前に廃棄した。
アイロン

知るのが遅かったオリンピック競技の説明

今回のオリンピックはかなりの時間を費やして観戦した。

成績はどうだったのか?
予選など通過したのかとか決勝に残ったのなら生放送は何時やるのか?
自分が起きて見れる時間なのかなどを新聞・ネット・そしてNHKのデータ放送で確認したりしたのだった。

やっぱりメダルに絡む試合は力が入る。
そして獲得した時はもっと嬉しい。

午後テレビをつけてまず見るのはデータ放送の当地方の本日の最低気温とか最高気温である。
そして次にオリンピック。
そして朝出かけるときには分からなかったオリンピックのニュースを見る。
DSC06546.jpg


そして今頃になって気が付いたこと。「競技説明」というのがある事。
DSC06547.jpg


「ホッケー」を見てみた。
DSC06549.jpg

その説明を見ながら録画でやっていた決勝戦を観たのだった。
DSC06545.jpg


ペナルティ―シュートアウト戦と説明にあったそのままで死闘を演じた両者の決勝だった。
Shoot-Outで決着


このホッケーに限らずよく知らない競技は観ずに終わってしまったのが沢山ある。
日本の選手が一人出ていた「テコンドー」
これも競技説明を見た後で、録画でやっていた試合をみた。

なんだかカンガルーが蹴りあいをしているようだった。


ああ、ジャマイカはすごいね。
ボルト単独で二つ。女性も単独で二つ。リレーと障害でも金だもの。

各国のメダル数がずらりと並ぶ。
全競技で金メダルはいくつある?  え?306もあるの?

つる有りインゲンを煮る

つる有りインゲンが種取りどころではなく、たくさん実がいってしまったのが採れた。
とりあえず乾燥させておいたが来年の種だけ残して実を取り出した。

一日水に浸してから甘煮にしてみた。
まずくて食べれないかと思ったが、そこはインゲン豆。
そこそこの味である。
つる有りインゲンの甘煮

捨てなくてよかった。

お試し種まきと乾燥インゲン

レスリングと卓球を観戦してから白菜とアスパラ菜やキュウリなどの種まきをした。


アスパラ菜というのは紅菜苔と菜心の交配種だとか。
昨年も早い時期に蒔いて秋にもうとうだちしたのである。

白菜も残り種だし、たいていは失敗するのだが、今年は実験してみたい事があるので蒔いてみた。
種まき2016年8月

種取りしたものを整理した。
2016種取り


種の残りというか、巨大化してしまったさやいんげんを乾燥させたものがどっさりある。
煮豆に出来るか?


煮ても不味いとか聞いたような記憶があるが試してみようと、実を取り出して水に浸けておいた。
明日にでも茹でて美味しかったら味付けしようと思う。

ほんの2時間あまり外にいただけで、気温はさほど高くないけど湿度が高いのでどっと疲れた。
遅い昼ごはんは、シャワーを浴びてから涼しくしてたべるとしよう。



オリンピック観戦

レスリングを夜の1回戦と朝の決勝戦を見た。

まけて涙、涙の吉田。
勝って涙の川井。
川井金メダル

バドミントンダブルスが金だとか。
まだその試合をみていない。

シングルの奥原は3位決定戦だとある。

7時過ぎから観ることにする。

19日午前7時に追記


勝ったとわかっているのにバドミントンの第3セットは手に汗握る展開だった。
3ポイント連取して同点にした後、2点連取で勝利をもぎ取った。
すごいなあとつくづく思う。

午前8時30分追記

ラベンダーの匂い袋

ビニールの袋に入っていた乾燥ラベンダーがやっと日の目を見ることになった。

いい加減のやり方で二つ。
ラベンダーの匂い袋

パソコンの傍とトイレの窓際へ下げた。



オリンピック 18日午前7時

レスリングはどうなった?とテレビをつけたら「登坂 金」と同時に伊調 馨も決勝進出とある。もう一人の人も・・・
祈る気持ちで決勝を観る。最後の最後で勝った。
4連覇なんて信じられない。
ityou金メダル

もうすぐ男子卓球が始まる。
これも応援しよう。

オリンピック 18日午前10時30分

男子卓球は中国に負けたけど、水谷選手は素晴らしかった。
セットポイント2:2 後がないマッチポイント10:7から連続5ポイント取って中国から1勝を勝ち取った。
こころが震えた。

さつまいものつる返し

さつまいものツルを返すという作業をした。

黒マルチが敷いてあるので返さなくてもいいのかもしれない。
でもやった。

二うねを右の方へひっくり返した。
さつまいも右側へツルかえし

根元には虫がいっぱい。
カメムシ・よとうむし・アリ・なめくじなど避暑に来ているのか?
「わあ、大変だ!」と大慌てで走り回ってまた隠れた。(夜盗ムシは死んでもらった)

1週間くらいしたら今度は反対側へひっくり返す予定である。


苗を採取した種イモをそのまま植えたものはたくさんのツルが出ている。
秋にはどうなるのか? 楽しみである。

種イモをそのまま植えたもの


若いツルを切り取ってさっと茹でごま油で炒めてから煮た。
冷麦のあてに食べが、まずまずだった。



朝はにわか雨が降ったりしたがその後天気が回復したので、お泊りさんの片付けが全部できてすっきりした。

国際宇宙ステーション「希望」を見るには今日が良さそうなので、19時50分ごろ空を見上げてみる。

うーん、北西13度~南南西72度~南南東37度という絶好の角度だったが北西から雲間をぬって光るのがほんの少し見れただけだった。

国際宇宙センターはずっと飛んでいるからまた良さそうな時を見計らってみてみればいい。


オリンピックライブは
バドミントン準決勝は観て勝って喜ぶ。
卓球 三位決定戦の1勝1敗までしか観れなかった。
朝、銅メダルだったことを知った。 これは録画でも良いので観ようと思う。

シンクロは全く見ていないが銅だって?

リオオリンピックロゴ
このロゴのフォントが好きである。

音声で検索

インターネットエクスプローラーを常用していたが少しずつクロームへ足が向くようになっている。
(単一アーカイブ保存というのが出来ないのが難点である)
Windows10のEdgeはほとんど使っていないのが現状である。


そのクロームでGoole検索の窓に常にマイクの表示がある。
「いったいこれは何?」と息子に訊いた。
「音声で検索する」「スマホなどと同様な使い方が出来る」という。

スマホはおろかガラケーも持っていないのでよく分からなかったが「ほら、こうして声で検索する」とスマホでやって見せてくれた。

文字で入力しなくても音声で判断して検索する。

マイクをクリック
音声で検索


「イタリアントマトの種類」と発声
お話しください

少し経つと検索結果がでる。
音声検索その2

「イタリアントマト」と発声
「お探しの画像はこれでしょうか」

Windows10でコルタナというのが使えるとは聞いていたが未だオフのままである。(音声を使うのだそうな)
何に使えるのかがよくわからないのである。



これより以前に教えて貰ったのが画像検索。Gooleの右上の「画像」をクリックして検索窓にカメラを表示させる。
画像をクリックして

画像で検索クリック

画像をドロップ


画像検索にしてドロップ&ダウンで検索してくれて「最も近いのはこれかな?」と画像だけでなく関連webなども表示してくれる。
嘘みたいである。

最良の推測結果

物によってはきっちり検索できるものやそうでない物の差はあるが使い方によっては便利であると思った。

知らないことが山ほどあるとつくづく思う今日この頃である。

サンマルツアーノさまさま

「今年の夏野菜のメインはイタリアントマトです」
と言って、帰省者に夜・朝・お八つとトマトを食べて貰った。


お帰りの土産も朝採りのトマト。
お持ち帰り用のトマト




15日午前11時30分追記
朝7時半から4時間、女子卓球団体の準決勝をテレビにかじりついて応援した。
今日は観戦ではなく、応援だった。

口惜しくて涙が出てきてしまった。

気を取り直してお参りに行ってこよう。


宇宙芋 このごろ

宇宙芋はネットに這わせて無理やりあちこちへ登らせている。

何時になったら芋の存在が見つけられるのかと、毎日のように眺めている。

見つけたのは大きなフンとぴょんと飛んだカエル。
カエルの存在

「これは居るぞー」と葉っぱを除けたら案の定、立派な青虫が・・・

宇宙芋に虫

これは死んでもらう。

宇宙芋を裏側から眺めてみたら・・・
もしかしたらこれが宇宙芋?
これがそうなのか

7月に肥料をやると書かれていたのでその通りにしたが雨が降らずに化成肥料は粒のまま残っている。
細い茎(蔓)ではさて芋が収穫できるのか?

隣では鷹の爪が枯れてしまった。 雨が欲しい。

枯れた鷹の爪





娘夫婦と息子(前日に電話あり)を迎えての夕食。
これを作ろうと前から思っていた。
グリルステーキ作り方

自前で調達のイタリアントマト・バジル・ニンニクでステーキ。
「ニンニクの匂いがする―」
自前で調達

ワイン持参がこのトマトにはちょうどよかった。


スーパーで調達のトウモロコシは婿殿の好物なのでチンして用意して置いた。
好物は
すぐにラッピング

5時間あまり飲んで食べてしゃべって楽しく過ごした。



掃除とオリンピック観戦

数日前に「おかあさん、13日と14日にお邪魔してもいい?」と娘からメールが入った。

「もちろん、OK。待っているでね」と返事をする。
例年来る息子からは何の連絡も来ない。来ないの?


普段掃除をしていない.
と言ってもいいくらいの水回りの掃除をしなくちゃと思いながらもオリンピック観戦に時間を取られ「明日やろう、あしたやろう」と後へ後へと押して、とうとう前日になってしまった。

流石に当日はそんな事はやっていられないからと12日に腰をあげつつも、水谷の三位決定戦は観たいし、水泳の決勝も観たい。

女子平泳ぎの金藤も観てしまった。
金メダルに大喜びし表彰式も観る。

kanetou金メダル

さて次は男子個人メドレー決勝が・・・

萩野は銀。フェルプスは強かった。

こうやってテレビを観ながら明日のブログを書いている。



「ルドルフとホワイトスノー」と「小説すばる」

アニメが公開されているルドルフ。

4冊目の「ルドルフとホワイトスノー」を読んだ。

何にも知らなかった子供だったルドルフも一丁前の大人の猫になり、「ルドおじさん」などと呼ばれるようになっている。

今回は行方不明になったちび猫を探しに横浜まで行く。
同行するのは真っ白な雌猫「ホワイトスノー」である。

ネコの縄張りと言うのは中々難しいようで、そこを通過するだけでも事前に挨拶をしておく。
などなど、相変わらず可笑しくてためになる格言がいっぱいのルドシリーズだった。
ホワイトスノー


今回は雑誌も借りた。 「小説 すばる」
雑誌を借りるのは初めてである。
村山 由佳さんの「ラヴィアンローズ」を検索したらこの雑誌が該当したのだった。

ただ残念ながらこれは連載小説の初めの所だけだったのである。
柚月裕子とか重松清・池井戸潤などは連載物。
萩原浩などの小説すばる新人賞を過去に受賞した作家の短編物。
その他 エッセーなど。
一年半以上も前の雑誌が保存されているのに驚いたのだった。



難しいがんにかかって10年。何回も手術をしてきたが今はもう手術も不可能になってしまっている親戚がいる。
この姿を人に見られたくないと言うそうなので見舞いも遠慮していた。
ずっと入院するのは嫌だと頑張っていたが、先月末にもう自分でも無理だと思ったのか入院した。

本人に気づかれないようにこっそりと病室を覗いた。
真っ白な顔で目をつむっていた。
看護婦さんが入られたので再びこっそりと覗いたらベッドに腰かけた姿。
その両足は棒のようにパンパンだった。

付き添いの家族は誰もいなかったので自宅へ行っていろいろ話を聞いた。
先生の話では「そんなに長くないようだ」と言われたと泣かれた。
どうもしてあげられないむなしい気持ちでいっぱいである。



オリンピック

昨夜残念ながら準決勝で敗れた水谷の三位決定戦を見た。
頑張った! 銅メダル。

その喜びも冷めぬうち、水泳。
女子200m平泳ぎで岐阜県ゆかりの金藤(かねとう)が金メダル。拍手喝采で喜んだ。

男子個人メドレー決勝をはいかに?

スタジオレッスンの最初のを休み、二番手もこのレースを見ていると行けそうもない。

12日午前10時32分に追記。

一石二鳥のパッションフルーツ

ここへきてパッションフルーツのグリーンカーテンの有難味が身に染みる。

日除けのパッション2016

カンカン照りの空からの日差しを適度に遮ってくれる。
照り返しを防ぐにも本当にいい素材である。

パソコンを使う部屋と座敷南の二か所で鉢が4個。
父さんがしっかりとネットを張ってくれているので多少の台風位なら心配ない。

ここへきて、一石二鳥と言える実の収穫も始まった。

実益も兼ね


パソコンを触りながら目をやって、「今日はあれが落ちるかな?」と眺めるのも楽しい。





さつまいものつるをほんの少し取ってきて、皮を剥いてさっと茹で、ごま油で炒めて味付けした。
エゴマのパウダーをふって試食。
ツルのキャラブキ風

もっとじっくり煮て本当のキャラブキのようにしたらいいかもしれないと思った。

オリンピック。
逆転金メダルの内村の鉄棒を生で観た。
柔道の二人の決勝は生では見れなかった。

今朝は愛ちゃんの3位決定戦を見なくちゃ。
水泳もあるし・・・

家事が出来ない今日、山の日である。

暑いのに元気なのは

暑さに参って涼しくした部屋でオリンピック観戦をしている。

その間も頑張っている野菜たち。

のび盛りの三つ

しぶとく生き抜く




早朝からオリンピック観戦し、金メダルに大喜び。

夜は映画「そして父になる」
2回目だけどじっくり見て感動再びだった。いい映画だ。

死ぬほど暑い日の生活

前日の天気予報で当地方は38度だと言った。

「うそ~」と思いながらスポーツクラブのハタヨガ講座へ。
自転車なので本当は日傘は禁止だが今日は許してもらって、首には保冷材の巻き込んだ手ぬぐいをして長袖・長ズボン・手袋と万全の構えである。

定員いっぱい23名、薄暗くした部屋でエアコンは効いているし気持ちよく過ごした。(最後の休息のポーズでは夢まで見た)
その後も冷たいプールでおしゃべりをしながら30分歩行する。

ここまでは天国である。

その後は熱風地獄。
保冷剤と手ぬぐいを百均で買おうと寄り道したのだが、その頃は風が強くて日傘は危険だと思い帽子のみである。
また、保冷剤が柔らかく溶けた状態でかすかに冷たいだけであった。

スポーツドリンクを前かごに入れ、途中途中で飲みながら、手ぬぐいと保冷材を買う。(小さい保冷材はどうも捨てたらしい)
金曜日に行ったきりの兄の所へも寄った。

昼食が済んで皆さんと一緒に食堂にいた。
金曜日は熱が出たそうだが今日は元気そうだった。

帰宅したら自分のテレビの部屋のエアコンを入れておいてから、冷えている父さんの部屋で一服である。

その後はもう洗濯干したり、入れたり、花の水やり以外は何もせずに涼しいところで楽をさせて貰った。

これが死ぬほど暑い(最高気温38,5℃)日の生活である。

「お盆がなんだ!掃除がなんだ!熱中症になるより元気でいた方がいいよな。」とやけのやんぱちである。
手ぬぐいやガーゼのタオル
小さな保冷材




9日の朝は一晩中エアコンをつけた部屋で目を覚ました。(5時)
早起きした甲斐があった。
柔道男子の決勝をみて「やった!」と叫び、男子体操を横目で見ながら祈る。
念願の金メダルを予選から挽回して自分たちの手で掴んだその気力。

今日も38度超えの気温だとか。
でも朝から元気をもらい、「さあ、今日も元気で行こう!」と立ち上がった。

サツマイモのつる

自分で芋から作ったサツマイモの苗。

2種で合計20本とささやかなのだが何しろ場所が無くて狭い畝に狭い間隔で植えたので、今やジャングル状態である。

隣の桑の木豆や甘長シシトウや2代目キュウリを芋づるの浸食から救うにはどうしたらいいのか。

もうそれ以上は

ここを参考にして蔓をかえすという事をした。

要するに伸びたつるから出た根をそのままにしておくと、そこから地面に根付いて新しい芋を作ろうとする。
そうすると本来のイモを作るための株と栄養が分散してしまう。
だから、そうならないように何度もツルをめくってやるのだそうな。
余り邪魔なら切ってもいいとか。

伸びたつるをよいしょと持ち上げたら、今まさに根付こうとしていつのがあった。
imamasani.jpg


turuwokaesita.jpg


隣の野菜も一息ついたようだ。
気が付いた時にこの仕事をしよう。



手に汗握って卓球石川選手の試合を見た。
残念!

朝食を摂りながらではあまり応援とまではいかなかったかな?

水泳の女子バタフライ100メートル決勝も観たいし、また午前中はテレビ観戦か?

真似して二つのソース

トマトソースは作るつもりだった。1キロ強の皮を剥いた様々なイタリアントマトを用意してあった。


夜、いもこさんのブログが更新されていたので読んだらトマトソースのほかに、「甘辛味噌」が載っていた。
欲が出た。「あ、私も作ってみよう」と。

朝から畑に出て甘長シシトウをちぎり、鷹の爪をちぎって材料を用意した。
青い鷹の爪


以前にもまねしてそれらしきものを作った記憶はある。
そのことは忘れて今回のいもこさんのを参考にさせて貰った。

青唐辛子50グラムだけ。(まだ小さいので重量的に少ない)
ピーマンは無いので甘長シシトウをありったけかき集めて300g。(冷蔵庫内も含め)
椎茸の代わりにしめじ少々。

いもこさんの分量の半分しかない素材だが、冷蔵庫に眠って賞味期限が来ていたこうじ味噌が450gくらいなのでいい塩梅だとシシトウや青唐辛子を刻んだ。
砂糖150g みりん100cc こうじ味噌を合わせて、炒めた野菜に入れまぜた。

ぷツぷつと飛ぶ味噌をざるで防備したけどやはり「アッチッチ」となった。

片方のコンロでトマトソースを時折混ぜ、もう一方で味噌を練るというなまかわな事をしたけど何とかそれらしきものが出来た。
なまかわ者は


味噌の味は甘い。と思っていると最後にピリリと来る。
青唐辛子は熱を加えると甘味が増すとか。やはりもうちょっと量が欲しかったかな?

ナスとズッキーニを焼いて青唐辛子味噌をつけて食べよう。そして食べた。 自分にはちょうどいい辛さだった。

青唐辛子味噌をつけて




前日の水切りヨーグルトのホエ―はスープに変身した。

ホエーのスープ

空芯菜を増やす

ちょっと前に空芯菜の苗を2本貰った。

植えておいたのだがこれだけではちょっと少ない。
種を買ってきて蒔くほどたくさんは要らないので、さし芽で増やすことにした。

枝を三本切り取ってポットに挿した。
今日、底を見ると白い根が出ていたので畑は定植した。

畑の中でも低地である。
空芯菜は水気の多いところでOKとあったのだ。
初めて栽培するので本当にそうなのかは?だ。

親株の新枝を切り取ってごま油で炒めて食べたらまずまずだったので挿し芽の方も早く大きくなるといいなあと思った。

空芯菜親株

空芯菜発根定植


水切りヨーグルト

朝採りミニトマトを湯むきした。

いつもは冷蔵庫で冷やしつつそのままつまんで食べるのだが「ヨーグルトでカッテージチーズ風にし事があったようなあ」と思い付いた。
コーヒーペーパーに手作りカスピ海ヨーグルトを入れて水分を切る。

8時間ではまだ水切りが足りなかったようでクリームチーズ風。
本日のデザート 水切りヨーグルト

あと一晩おいてもっと水分を切ってほろほろとした感じにしたい。

※ 混乱
混乱している。
以前に作ったのは温めた牛乳に酢を混ぜ、分離させたものを水切りしたのだった。
ほろほろ感は牛乳で作ったものだったのである。

改めてネットで検索したらヨーグルトと牛乳を混ぜて作るのやら、今回の自分のようにただ水切りするのやらいろいろだった。

記憶はいい加減。その度に調べなおさないとダメな自分を発見した。



「さっぱりしたね」

髪が伸びてがうるさくなったのでカットに行った。
後ろから見たら美人になったその足で兄の所へ行った。

あれれ?ベッドから足をおろして腰かけている。
寝ているか、車いすに座っているかの彼しか見たことがなかったのでちょっとびっくりした。

看護師さんに訊いたら「自分で起きられたのです。体力が付いてきましたね」という事だった。
転げ落ちるといけないのでベッドの足元にマットレスを敷いてあるのだそうな。

彼も床屋さんをして貰って髪が短くなっていた。

「いやあ、いい男になったね」と言って頭を触ったら「触るな!」と言われてしまった。
「失礼しました」と退散した。



録画してあったクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」。
前に2回観たのだけれどまた見てしまった。

「国のために戦争に行くけど、戦場では友ために戦う」と言う言葉が心に残った。
映画父親たちの星条旗 


banner-1082652_960_720.jpg


スポーツクラブは休館日 予定は?

火曜日はスポーツクラブが休館である。

その他の日にすべて出かけるわけではないが、どうしてもと言う用事は火曜日に予定する。

4週間のご無沙汰で膝への注射と投薬。
それに今回は先月採決した血液検査の結果も聞いた。
血液検査は「数値はすべてよろしい。後は知らず知らずのうちに体重が増えることを気をつけて」と言われ「せんせい、知っているのです。体重増加していることを・・・」と言ったら先生は苦笑い。
「大食は習慣のものです。気を付けましょう」といつも通りの注意を受けた。

お金を払って隣の薬局へ。
待っていたらクリニックの受付さんが「すみません。注射のお金をいただくのを忘れました」と追加料金を請求された。
何の気なしに支払った料金だったが確かにいつもの半分くらいだった。
その場で気が付かないのが情けない。

そんなこんなで定例の行事を一つ済ませてやれやれである。

※ 発見!

最初にここへかかった頃は、クリニック駐車場から隣地の薬局へ行くのに、境にフェンスはあったが通用口があり、そこから行き来していた。
数年前それが出来ないようになっていた。
ぐるりと道路まで行って、再び薬局方を戻ってくるのである。
その時「何でなの?」と薬剤師に訊ねたら「お上のご指導で・・・」との事。「馬鹿じゃなかろうか」と思ったが、こういう規制があり、しっかりと指摘があったらしい。

病院と隣接する薬局との間にフェンスを置くルール。
(医療機関から一度公道に出て薬局へ入る)



それが今回、又、近まわりで出はいり出来るようになっていた。

そういえば、ちょっと前にこうした例は患者の利便性を考えてOKとか読んだことがある。
そんなものは最初からわかっていた事だと患者は思うのである。


夏本番。連日35度超え。
虫達それぞれの夏


「花火見た?」の返事

85歳の兄が近くの特養へ入所して20日くらいになる。

以前から入退院を繰り返したり、自宅にいるときはリハビリで週2回ほど通所していた。

転倒して病院へ入りよくなってきたかと言うところで敗血症で安静が2週間続き、全く歩けなくなってしまった。
退院となっても自宅は無理だという事から、以前から頼んであった特養へ入れて貰えることになりほっとした。

以来、プールの帰りに寄って顔を見て来るのが日課になった。

食事中に行って食べている様子を見たり、部屋で休んでいるところへ行ったりと、その生活の一端を見て来るだけで何もするわけではない。
最初の頃は心が不安定だったらしく大きな声を出したりしていたが、最近はそうでもない。
こちらの話は大体わかるようだが兄の言葉がよく分からない。
どうして欲しいのか、何が言いたいのか理解できないもどかしさは、こちら以上に本人の方が大きいと思う。

その中で三つははっきりと分かった。

「それじゃ私は帰るでね。また来るでたくさん食べて元気でおってよ」に対して「もっとここに居れ」
「私はうちへ帰るでね」に「おれも帰る」

これには泣けた。

でもこれは笑った。
「ここからは花火がよう見えそうだねえ。花火見た?」の問いに「小ぜわして見とれなんだ」と二回も言った。
「そうかね、そうかね。忙しかったかね」と笑ったら兄もなにやら笑っているようにみえた。

手厚い介護をして貰いながらも心は自宅へ帰ることを思っているかと、ちょっぴり後ろ髪をひかれながら帰宅するのである。




記事と全く関係ないけどJtrimで加工した作品。超新星・渦巻き・拡散を使って宇宙のイメージ。
超新星・渦巻き・拡散



プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2016/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索