まつりの音楽隊パレードへ行きたい

耳が悪いのになぜか音楽とかコンクールとかに関する本を読んでいた。

「蜜蜂と遠雷」に続き
「さよならドビュッシー」 これは最後のどんでん返しのために延々と読まされた感じがする本だった。

そして「我ら荒野の七重奏」 これは中学で吹奏楽部に入った息子のために頑張る母親たちを描いていた。
いわゆる保護者会である。
この保護者会の役員になるという事は大変なことだとつくづく思った。

そして、この近辺では公立の高校の吹奏楽と言えば、岐阜商業高校である。
どんだけ親さんたちは貢献されていることだろうね。

今年の1月に招待対されてアメリカのローズパレードに出場した。
あちらこちらのイベントにも出場している部活であるから、保護者会はどうなってるのだろうと興味がわいた。
そして、座っての演奏は数年前にバラまつりの会場で見て、聞いて「かっこいいなあ」と思ったのだが、いわゆるマーチングバンドとしてパレードに参加する彼らを見たいとおもったのである。

チャンスはすぐそばにある。

「道三まつり」で4月1日午後0時30分から岐阜市の長良橋通りでほかの音楽隊とともにパレードをするそうな。

思い立ったが吉日とやら。
今までまつりのパレードなんてと敬遠していたが今年はこういう気持ちになったのだから是非とも出かけて楽しんで来たいのである。

数年前の岐阜商業高校のバラまつりでの演奏風景をユーチューブにアップしてあったのでもう一度ここへ貼る。






ネギ坊主をてんぷらにした。
味はまあそれなりに・・・というところである。
ネギ坊主の天ぷら

近所で桜が咲きだした

近くの夕べが池公園の桜の木がぽおーっと濃いピンクだ。
もう開花も間近だなあと思いつつ、と午前10時に通った。

午後2時に通ったら咲いていた。
桜咲き始めた夕べが池


前日はフルタイムで農作業をやって反省し、本日は2時間限定で外仕事をした。
午後3時半から5時半まで。
夕食の支度があるからそれ以上はやっていられないのである。

菜花を倒して刻んでコンポストに放りこんだり、後をスコップで起こしたりした。

百均のシート


ネギも坊主が出かかっていたので引き抜いた。
ネギも終了
頭をちょん切ってまた植えておこう。

外仕事で一日 結果、腰痛

「天気はいいし、スポーツクラブは休館日だし、こんな日に外仕事をしないでどうする」
と、自分に言い聞かせ、まずは野菜の植え替えなど。
ちょっぴり種まきもした。

午前中にやったこと

「温床を作るのだ」と発泡スチロールに落ち葉と米ぬかを混ぜ、水を撒いて踏み固め発酵させて温度を上げるという目論見は、成功したかに見えたが、何しろ材料そのものが少ないのでほんの1週間くらいしか暖かさを保てなかった。
その素材(ごみ)をどうするか?

コンポストでたい肥作りに使う事にした。
今までのコンポストに加え、「あげるわ」と言われて貰ってきたのがあるので交互に使えると意欲が湧く。

古いほうの場所が悪くて移動するには中身を取り出さなくてはならない。
「エイヤ!」と上へ引っこ抜いて新しい場所に設置した。
もう一つのも並べて置いた。
何リットルか知らないが踏みこんで半分以上になった。
コンポストを使う


スコップを使ったりの力仕事をしたので、懸念した通り腰が痛くなってしまった。

年甲斐もなく頑張りすぎた。
「年甲斐もなく」とは 年齢にふさわしくなく愚かである。

はい。その通りです。

ファイルが行方不明

「障子を開け閉めして向こうの風景がみえる」という仲良し掲示板の出題。

1年前に懇切丁寧に教えてもらったし、テキストもあるのにもかかわらずすっきり、きっちりと出来上がらなかった。
途中途中でソフトで保存したり、画像で保存したりしたものをフォルダに入れてまずはデスクトップに置いておいた。

夜にデスクトップからそれらの整理した場所に移動しておいた。

翌日、何とか直したいとファイルを開こうとしたら保存したと思った場所にない。

「え~、どこへ入れたの」と悩む。
心当たりはドキュメントかピクチャーしかない。
ずらっと見てみたが見当たらない。
フォルダやファイルの名前も忘れている。どうやって探せばいいのだろう。

あきらめて午後になってからエクスプローラーを開いたら・・・・

探していたものは


よく使用するフォルダー内にあったし、最近使用したファイルにもあった。

普段はうるさいと思っていた機能だが今日は「助かりました」。

さあ、不具合の個所をやり直して障子を開け閉め出来るか再チャレンジである。


今日のJTrim。 千花さんの作り方を参考にしての枠。ノースポールを入れた。
ノースポール千花さん枠

作り方を見て・・・

雨が降ったりやんだりの日曜日だった。

草取りなど畑仕事などをしようと外へ出るとポツリ、ポツリと降ってくる。
肌寒いので雨にあたって冷えるとまずい。

やはりこういう日はパソコンでしょう。
パソコンの前に座れば宿題が待っている。

掲示板の課題に以前totoさんが自らレジュメを作り、指導してくださった「透ける障子のある丸窓を開閉する」というのを「もう一度やってみましょう」と本人さんが出されたのである。

「うわっ」と驚き、資料を探すところから始まった。

あった。
pdfファイルで送ってもらったものを印刷したら両面印刷で6枚。
ぱらぱらとめくってみて、これを作るのにどれだけの時間と労力を使われたのだろうと本当に頭が下がるのである。

感心ばかりしていても始まらないのだが、あまりにも長大なのでスタートが切れず、ネットサーフィンに行ってしまうのである。

自分の何枚かの途中までやりかけた作品や、障子がパシャンと閉まってしまうものや映り込みが四角くなったままのものなどある。

アルファチャンネル編集?

障子を開けただけの映り込み部分を選択ツールで囲み、コピー貼り付け。
貼り付けたい映り込みサムネイル右クリック。アルファチャンネルの編集。
グラデーションをかける。
コピーしてレイヤー11でアルファチャンネルの貼り付け。
床に映った画像の下のほうへ行くほど暗くなる。
障子を開けてはその都度、映り込み画像をコピー・貼り付け・アルファチャンネル編集・貼り付けをして保存する。

障子を開けて見える部分だけずつ切り取ってからする作業である。

気が遠くなりそうである。

ここへも貼ったかもしれないが、過去にこんなものを作っていた。

20160309自由課題アルファチャンネル使用


嗚呼,出来るかなあ。

父さんの春?

プールから帰ったら、父さんは自室で高校野球を見ながら(いや、聞きながら)土筆の袴を取っていた。

ちょっとスマートな土筆だけど、袴を取ってもらえればあとは任せて!

父さんの土筆


ごくろうさんだったのでご褒美に硬く乾いた芋切り干しを進呈した。

父さん用切り干し芋


黄色い春の花 ミモザ  枠はきまぐれさんのテキストを使わせてもらった。

kimagure20101115ミモザ


やっと行けたいなべ梅林公園

三重県いなべ市の農業公園にある梅林公園は好きで、ここ数年は毎年出かけている。

「今年は開花が遅い」との皆さんからの情報でじっと待っていた。
そろそろかという時になったら、あれこれ都合が悪くなりちょっと焦ったが、やっと運転手さんと日程のすり合わせが出来て24日に決まった。

ライブカメラで朝日が差し始めた梅林を見、天気予報で最高気温は10度というのを確認していっぱい着るものを準備してでかけた。

9時半まえではお客さんはほんの少しであった。
梅林には早いのや遅いのやいろいろあるが、自分は枝垂れ種が好きなので今を盛りであったので満足した。

但し、東屋があり、水路の両端に植えられていたのはこんなに貧弱だったかという寂しい姿だった。
刈り込みが強すぎたのか、しだれるべき枝が伸びていないのでちんちくりんな枝垂れ梅の姿だった。
短いしだれ梅

また、梅林の中で黄色く目立った数本のサンシュユが短く切ってしまってあった。うーん。残念。

西のほうの枝垂れ種はきれいに咲きそろっていたのでよかった。
梅林2017


梅林と藤原岳が同時に臨める展望台が新設されていた。
三脚やら望遠やらでカメラを構える人が多かった。
梅の花びらが、雪かと思うほどの強風と寒さにのんびりと花見とはいかず、栗おこわ・山菜おこわのまだ暖かいのを買ったり、本当の餅だけの草餅など買って早々に退散した。

8時から4時間のお出かけ。どこへも寄らずの往復90キロであった。
「どこへも寄らんとは、珍しいなあ」と笑われた。

早く帰れたので午後は録画のテレビタイム。
役所広司の「絆~走れ奇跡の子馬~」前篇を観て涙した。

ごく短い動画だが、このパソコンでは本来入れるのが難しいウィンドウズムービーメーカー。
数日前に入れてもらったので、確認のため使ってみた。だいじょうぶのようである。



お乞食をした事

しみったれな性格である。

自転車で田んぼ道を走っていると通りのそばの田んぼに剪定された木の枝などが山積みになっているところが結構ある。

そのままずっと置いておいて、乾燥したらそこで燃やされる。


蕾のついた梅の枝を発見した。
その日は通り過ぎたが翌日は我慢できなくて拾って来てしまった。
お乞食である。

蕾はしおれかけていたので切り戻して、水を張ったバケツに一日おいておいたら・・・
拾った梅の枝

あと1週間くらいは楽しめそうである。

枠はきまぐれさん 新聞写真風。

デコレーションは粒粒

同好会で千花さんのJtrimでの画像加工をやっている。

その中で作り上げた画像の周囲にちょろっとデコレーションで飾りをつけるというのがあった。

千花さんの既成のデコレーションを参考にしながら、各自作りなさいという事だった。

Photoscapeからアイコンを入れたり、文字で描いたりしたもの。
Jtrimで描いて保存してある粒粒を切り取って貼ったもの。
111.png  粒粒デコレーション


加工した作品にこれらのデコレーションを付け、ついでに額縁も描いてこれらを入れた。

自作デコレーションつき梅額付きⅡ


しだれ梅枠付き500 


赤い花額縁付き 


次回の同好会で、これらの作品をWordに貼り付けて印刷したら今年度のお勉強はおしまいである。

雨降りフリータイムの一日

朝から雨降り。
天気予報通りで、肌寒い。

まずは新しい中古のパソコンを触りながら不具合はないかと見渡す。

スタートメニューも整理しておいてくれた。

タスクバーのアウトルックやパワーポイントのアイコンが変わっている。
JTrimは大丈夫かと開いてやってたが大丈夫そうである。

クイックアクセスは基本だけしかなくなっていたので、自分なりに設定しなおす。

JTrimのフォルダーがぐちゃぐちゃである。
どういう風に整理したらいいのか。
参考ページやらそれを使って作った画像など、あるわあるわ。


無理やり入れたフリーメイクビデオコンバーター、バージョンが新しいもので(4.19.8.1)変換した物の最初と最後にコマーシャルがついて来る。
古いバージョンを(3.2以前のもの)を頼むのを忘れた自分が悪い。
セキュリティソフトを中断しながらのダウンロードなどは自分では絶対できないからあきらめるより仕方がない。


ユーチューブで次の動画が自動的に開いてしまう。
どこかでそれを止めるのがあったはずだと探す。
自動再生をオフにする


あれこれして最後はソリティアゲームで遊んだ。
午前はそこまでで終わり、これからテレビタイムとなる。


「エベレスト 神々の山嶺」を観る。

岡田准一・阿部寛・尾野真千子出演。
原作は夢枕獏。

原作がよかったので、期待した分だけマイナスになってしまった。

夜に教えてもらった縞々模様の枠。
大きいものを縮小したら縞の色合いが変わってしまった。

浮かぶ



息子からのお土産

冬タイヤから履き替えるのに帰省した息子。
父さんは夏タイヤの空気圧など点検し準備万端で待っていた。

母さんは食べ物をちょっとだけ準備した。

「中古だけどパソコンを買ったので引っ越しをする」と言う。
ちょうど一年前に、ウィンドウズ7から10にしたパソコンを持ってきてくれたのだった。

アニバーサリーアップデートをしたら調子が悪くなって慌てて元へ戻し、以後1607へならないようにしてきた。
ずっとこうしているのかなあとは思っていたがそのままだったのが、息子はそれが気になっていたらしい。

中古だが前のより新しいものらしく、メーカー(パナソニック)が大丈夫だという製品だそうである。

メモリは少なくなっているが今まで使っているものとほぼ同じ。

日曜日の夕方から引っ越しを始めて、夜中の12時に「先に寝ます」と言った時もまだ作業中だった。

月曜日の朝、寝ていたパソコンを起こしてまず見たのはセキュリティが入れてあるかだった。
なぜなら、前のパソコンは日曜日で期限が切れるということだったから、もしセキュリティソフトが入っていなかったらネットを見るのはまずいのである。
(息子さんは未だ寝ているので起こして聞けなかった)Avira Connectというのが働いていた。

引っ越しできていないものはないか点検した。

ムービーメーカーがない。
2月でサポート終了しているのでマイクロソフトからダウンロードできない。
ちょっと前、「ここからならダウンロードできるよ」と読んだのだが、その時は今日の事態は予想せず流し読みしていた。

又、フリーメイクビデオコンバーターもない。
これは自分としては使いやすかったので欲しい。

その他、見たこともないものも有るので「これはなんじゃ?」と見たりした。

念願のおはぎは、父さんを助手にしたのでさっさと出来た。
まずはお供えした。
団子とおはぎ



おはぎを餌にして食べさせ、午後から入っていないソフトを注文してインストールして貰った。
ムービーメーカーも無事にインストールできた。(自分では余分なものまでもらってくるような気がしてできなかった)
フリーメークvideoコンバーターはウィルスチェックソフトがダメだというのを無理やりこじ開けて入れてもらった。
(こちらも怖くて自分ではできなかった)

光学ドライブはDVDしかついていないので、ブルーレイディスクを使うときは前に買った外付けを使う事。

CDを焼くソフトは、
 もともとついていた=TotalMedia Backup&Record
 外付けBDドライブについてきたのは=B'sRecorder
DVDを見るソフトは、
 もともとついている=PowerDVD
 外付けでBDのディスクを見れるのはwinDVD BD


ちょっとややこしいのでメモも残してくれた。
これでマイクロソフトの自動更新しても大丈夫だろうとの事である。


父さんの故障したテレビは息子が使っていたものである。
前面にスピーカーが付いているので音声は聞きやすい。

帰省して後ろ側を何やら弄っていたら復活した。
「すぐ買わなくてよかったねえ」と父さんと喜んだ。

しかしながら、半日近くで又あえなくダウンした。

そのテレビを台やスピーカーを外し、車に積んで持って帰った。
「出来ることなら直したい」と言いながら・・・

父さんは元のように、パソコンのモニターでテレビを見ることになってしまった。
「これでもいい」と言いながら・・・

小豆を茹でる

息子が帰省するというので親ばかババさんはおはぎを作って食べさせようと計画した。

自作すると食べ過ぎるに違いないとは思ったがお彼岸だし小豆を茹でて作ることにした。

圧力なべでやれば早く出来るのだが、台所に立っている時に圧力なべは「さんまの筒煮」の制作中だったので普通の鍋でした。
さんまの筒煮

茹でこぼしを2回してその後は豆が踊らないようにゆっくりと静かに煮た。

1回目の砂糖を加え煮溶かし、さました。

その後は明日になるのだが、餡の固さは2種類にしたい。
外だけくるむのは柔らかめで、黄な粉や黒ゴマのように中へ餡を入れるスタイルには固めにすると塩梅よく出来るのだそうだ。
(初めて知ったことだ)

あ、そうそう。
茹でている途中で少しだけ取り分けた。
カボチャに入れて、いとこ煮にするためである。
カボチャのいとこ煮



前に農産物直売所で薩摩産サツマイモのシルクスイートを段ボールごと買った。
1本ずつ売っているような等級ではなく、ずんぐりむっくりや片方だけ太いのなどが入っていた。

圧力なべで2回蒸して干した。

試食が多くて大分減った。
父さんにも試食してもらって「これくらいでどう?」と尋ねたら、「もっと硬く干したほうがいい」との事だったので、半分はそのまままだ干し続け、自分用はもう取り込んだ。
シルクスイートで干し芋



華麗なる首飾りのイメージを作る

chiakiさんのJtrimのテキストそのままに描いた原型の枠。

原型

totoさんの加工を見て惹かれた。
色々ヒントやアドバイスを貰いつつ加工してみた。
華麗なるtubu完s

華麗なるtubu完成2s

超新星の色付けがちょっと薄い。

これらでもいいのだが、自分の中ではこんな豪華な首飾りのイメージが欲しいのである。

kodai.jpg


で、派手に色付けし、中央の画像にはメトロポリタン美術館の黄金のカエルを入れて、古代の首飾りのイメージだと自己満足したのだった。
首飾り枠に金色のカエルs



※ 19日午前8時 通りすがりにウグイスの初音を聞いた。「お!」と自転車を止めて聞き惚れた。
何処で練習してきたのか、とても上手に「ホーホケキョ」と鳴いていた。
カメラを持っていたら、姿は見えなくてもその声だけでも捉えて、ここで聞いてもらえただろうにと残念に思った。


墓誌建立

11月に死去した兄の納骨はお寺の納骨堂へは1月の報恩講の時に、行った。
たまたまお寺のお手伝いの当番だったので、甥たち家族と一緒だった。

お墓へも分骨して納骨すると言っていたが、その前に兄が念願していた墓誌建立をした時点で行うと聞いていた。

ちょっと前、ウォーキングの主人からの情報によると「住職の赤い車が駐車していたし、墓誌も建っていた」との事なので「墓誌建立し、納骨も自分たちだけですませたのだな」と思った。


春のお彼岸なので早速にお参りに行ってきた。

建立した甥の名前と兄の法名や成仏した日付などが刻まれていた。
墓誌建立


花立・線香縦・ろうそく立てなども新しくなっていた。
新しくなった花立など





日差しはあるが風が結構強い。
けど白もくれんが咲きだした。(通りすがりのモクレン)
白もくれん開花


sachiさんの「輝き自慢の枠」のうちW965を参考に作ってサイズを変更し、モクレンを入れた後フェードアウト(円形)した。
上記の花立あたりの枠は同じくsachiさんの「模様枠の背景」最新のW1073を参考にした。

いつも手順をそのままに使わせてもらって感謝している。

半日は土いじり、のちパソコンいじり

自分にしては早起きして(7時前)午前中は野菜や花の植え替えなどをした。

店開きした限りは最後までやらなくてはいけない。
朝から店開き

ポットに植え替えたりすると場所が増える。

簡易ビニールハウスは満員状態になり、カリブラコアなどは外へ追いやられた。
本日のお仕事は


車庫の中でいっぱい咲いていたバコパの切り戻しをして挿し芽をしておいた。
bakopa.jpg


「今年一番最初のだよ」とはかまを取ってサッと湯がいたのをくれたは土筆の君。
菜の花や土筆で春を食した。
春を食す

パブリック・ドメイン

パブリック・ドメイン(PublicDomain)

パブリックドメイン(public domain)とは、著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことをいう。 日本語訳として公有という語が使われることがある。

とある。
paburikkudomeinn.png

画像など使わせてくれるところへ行ってこのマークがついているものは使ってもいいという事だそうである。

新聞のネット点描というところで「デジタル時代の美術館」「ウェブ公開で開く未来」としてメトロポリタン美術館が著作権の保護が切れ「パブリックドメイン」の37万点以上の作品を公開し、誰でも無料で使えるようにする「オープンアクセス」の方針を採用した。

とあったので、アクセスして、翻訳をしてもらい、(汗をかきながら)ダウンロードしてみた。
メトロポリタン美術館コレクション 翻訳して! 
ほんの数点だが・・・

サムネイル画像クリックで拡大。(×で戻る方法しか知らない。誰かもう一度クリックで戻る方法を教えて欲しい。)



もう1つはパブリックドメイン美術館というサイトで権利が消滅している名画をそれほど細密ではなくダウンロードできるようになっている。

こちらは額縁をつけたりしてお遊びするにはもってこいかもしれない。
世界の名画を自分の作った額に入れる。



ミレー


額入り落穂ひろい



外仕事を少々

「火曜日の予定は?」と訊かれたので「畑などをします。でも少しだけ買い物に乗せて行ってほしい」と頼んでおいた。

堆肥を買ったので、今空いているところへバラまいて起こした。

黒マルチをしてあったジャガイモの一列(10個分くらい)をめくってみたら芽が出ていた。
これは自家製の芋で皺くちゃになりながら発芽していたものを捨てずに入れておいたものである。

マルチは外さなくても芽だけ外へ出してやればいいのだが、隣にマルチをしていない列があるのでそちらへ移動した。

そして、早くも芽が出て来ては霜にやられるのでビニールでトンネルを掛けてやった。
いい加減のやり方なので、強風に耐えることができるか心配ではある。
一種類のジャガイモは


産直の店へ行って野菜(なす・カリフラワー・ブロッコリー・キュウリ・きのこ・ごぼう・ニンジン・サツマイモなど)と切り花を買ってきた。

今夜のサラダはこれらの材料を使って。
本日のサラダ材料

アップし忘れていた数日前の白和え。
塩麹豆腐での白和え青い背景


質素な食事なのにどうして肥えるのかなあ。

何をつぶやいているのでしょう。
大食と間食のせいだとちゃんと分かっているじゃありませんか。

オウレン見物と有機たい肥「椿」試し買い

日曜日12日は良い天気だった。

スポーツクラブでヨガを受講し、今月初めての泳ぎをして帰宅。

薬科大学の薬草園で開花しているオウレンを見たいと願った。

見事に咲いていた。山手の方にびっしりと咲いていた。
でも小花なので写真が上手く撮れなかった。
セリバオウレン

セリバオウレン満開

バイカオウレン



この花以外はまだ季節が早いので、見るべきものはない。


もう1つの目的は隣の畜産センターへ寄って堆肥の「椿」なるものを試しに買ってくることだった。
管理棟でお金を払って隣の車庫内に積んである15キロ詰めの堆肥を車に入れて貰った。
とりあえず3袋。320円×3=
近くの園芸店でも販売しているところがあるらしいが、値段は「各店にお尋ねください」とあるだけ。

量的にどれくらい使えばいいのか尋ねたが明確な答えはなかった。

帰宅して調べたら、一袋15キロを10から15平方メートルに使用する。
プランターでは培養土5に対してこの堆肥1を混ぜて使えと書いてあった。

使ってある材料は鶏糞・給食の残渣・畜産センターの動物の家畜フンなどで70℃くらいの発酵なので雑菌とかた草の種とかも死んで安心だとか。
堆肥椿の成分など

肥料なのか堆肥なのか?
よくわからないけど堆肥となっている。
元肥として使い、追肥としても使えるとか。
夏野菜の元肥としてまずはバラまいてみよう。

トッコスさんの蝶たち

トッコスさんのブログには蝶や花や鳥たちがいっぱい登場していて、それらの説明文も書かれている。

「使わせて下さい」とお願いしたら快く承諾していただいているので気に入ったものはダウンロードして保存してある。
「ダウンロード画像」「写真」「トッコスさん」に入っている。
トッコスさんの画像集

今日は仲良し掲示板の課題「きまぐれさんの枠づくり」の枠にトッコスさんの蝶たちを入れて遊んでみた。
「キアゲハ」は間違いで「ナミアゲハ」が正しいが、作り直すが面倒なのでそのままである。

トッコスさんの蝶たち  

きまぐれさん、トッコスさん、いつも勉強させて貰っています。
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

タマネギを心配する

極早生の玉ねぎは、小さいながら毎日のように食べている。

晩生の玉ねぎ、其の1は「こんなもんでしょう」
晩生の今日その1


しかし、其の2が太っちょで心配である。
あまり肥えているととう立ちになってしまうのではないかと・・・
昨年、沢山のとう立ちしたタマネギを経験しているのでちょっとおびえている。
晩生の今日その2


肥料は2月の末にやって終了し、その後は何もしていないのに元肥の量が違っていたのか?
今更どうしようもないので見ているだけしか仕方がない。


草や残土、時々米ぬかなどを放り込んであるコンポスト。

主人に手伝ってもらって、下の方から掻き出した物(ぽろぽろした土になっている)を堆肥として撤収した白菜跡地にばらまいた。
隙間が出来たコンポストには新しい草とプランターで出た細かい土を放り込んで踏み固めておいた。
コンポスト取り出し


北風が強かったが姫リュウキンカは花盛りである。
3月11日姫リュウキンカ

慌ただしく観梅・ 墨俣光受寺の飛龍梅

まだまだと思っていた「蜜蜂と遠雷」を夜を徹して(大袈裟です。嘘です)読んだのでプール帰りに図書館へ回って返却してきた。

強い北風の中、頑張っていったおかげで、新着の本を見つけることが出来た。

塩野七生著「ギリシャ人の物語Ⅱ」である。
前月にⅠを借りたばかりであったので嬉しい。


墨俣光受寺のしだれ梅(飛龍梅)が満開だと数日前の新聞で見ていた。
天気と時間が合わず行ってなかった。
11日(土)はライトアップもあるそうだし、日曜日は好天気らしいので人出が多いだろうから行くなら今日だとの想いで、「3時から4時までの時間を運転手として願いたい」と申し出た。

午後3時出発。帰宅午後3時50分。
何処へも寄らず、ただひたすらに光受寺のしだれ梅に対面してきたお出かけだった。
しだれの枝の一番下まで咲いていた。

フォトスケープに任せたアニメ。ちょっと重たいけど試してみた。

光受寺しだれ梅2017


すご過ぎて・・・「蜜蜂と遠雷」

「蜜蜂と遠雷」
「早く読んで後の人に回してね」と言われ、「はい、はい」と返事をしたけどそんなにするっと読める本ではなかった。

どう言ったらいいのか。
読み飛ばせないのである。

国際ピアノコンクールでの出場者・審査員・ピアノ演奏曲などなど、それぞれの心持や演奏された曲の表現の仕方まで書かれている。
書類審査で落ちた人を救うためのオーディションから始まり、一次予選に約90名が決められた課題の中から3曲を20分以内で演奏する。5日間要する。
2次に進めるのは24名。
ここでは時間制限は40分で新しく作曲された課題曲(全員共通)を含め最低4曲。
3日間。

3次予選には12名選ばれ、演奏時間は1時間がリミットで1次、2次で演奏した曲は除いて自由にリサイタル形式で行う。

今やっと3次予選ののところまで来たところである。

この本には仮想ではあるが、第6回芳ケ江国際ピアノコンクールの課題曲が書かれており、小説に出て来る主な出場者の4名の1次から本選までに演奏される曲も並べてある。

自分は音楽は全く知らず、わずかに作曲者名を少し知っている程度であるから、作者が演奏された曲がどんなふうなのかを表現しているのだが、現実にはわからないのであった。

それが、びっくり!
出版元(幻冬舎)の依頼を受けて、この本に書かれている出場者が演奏した曲をずらりと並べてナクソス・ジャパンのミュージックライブラリーが第一次予選プレイリストから第二次予選プレイリスト・第三次そして本選の曲を聴けるようになっているのである。

勿論、全部聞くには月間有料会員にならないとだめだが、曲のさわりの30秒間だけを次々と試聴できるのである。(但し15分を限度として)

本で演奏者の演奏の仕方を表現されたのを、ほんの触りとはいえ、耳から聞けるのは素晴らしい。
だから、主人公たちが演奏したその場面で、ネットでその曲がどんな曲なのかを確かめるのである。

これでは早くは読み進めないけど、この本はサッと読むには勿体ないのである。

図書館のホームページで何人待ちか調べたら9人とあった。
待っている方、ごめんなさいね。
もう少し時間がかかるわ。
一次プレイリスト

本選はオーケストラとの演奏なので協奏曲である。
本選リスト


春大根を蒔いた

春大根を蒔いた!

大げさに言っている。たった7本分。

黒のマルチを敷いて蒔き、ビニールのトンネルを掛けた。
春大根を蒔く


スナップエンドウの手


ズッキーニの移植



totoさんに教えて貰ったJtrimでの額縁作りの練習をした。
細い切り込みのところが難しい。
額縁練習


今日は注射を3本

数日の暖かい日は何処えやら、一転して寒い日になった。(午後には横殴りの雪まで降った)

定期の膝の注射に行こうと、PCを閉じようとして気が付いた。
タスクバーの天気が雨ふりなのでもう一度しっかりとした天気を見たら、時間経過とともに雨雲が当地方を覆ってくる。
今は太陽がさんさんと降り注いでいるが、西を見ると山は見えず低い雲。

出かけるなら洗濯物を軒下に取り入れて行かないと後で泣くことになる。
しかし、早くいかないと自分が降られると焦った。

やはり途中で細かい雨が降ってきた。

膝の注射の途中で先生に肩の痛みが続いていることを言ったら、診察して「炎症を起こしている。」
「以前もこうなった事があるなあ。いわゆる五十肩の慢性化による痛みだろう」との事。
確かにもう肩の関節が変形しているのがわかる。(ヨガで頭上で合掌した手を胸の前まで下ろしてくるときに、鏡で見ると左右対称ではない)

湿布薬以外で何か治療法はあるかと尋ねたら「炎症を抑え痛みを和らげる関節腔内注射をしてみましょう」と言われて、本日3本目の関節への注射をした貰ったのだった。

「ヒアルロン酸と言うのもあるが」と言いながら、先生が打ってくれた注射を帰宅して調べてみた。

関節腔内注射
① キシロカイン注射液1% 5ml
② リンデロン懸濁注 2,5mg

①はステロイド 抗炎症作用。炎症を直す。
②は麻酔薬 痛みを和らげる

とあった。

膝のヒアルロン酸注射は自分には適切であると実感しているが、さて肩の方はどうだろうか?
無理をしない範囲で関節や肩甲骨を動かす運動もプラスして直さなくちゃ。


きまぐれさんのテキストで新聞写真風枠に梅の花
20100616新聞写真風

今年はどうしようか菊芋

宇宙芋も珍しかった頃は食べたのに放りっぱなしにしてあったのを開けたら腐っていた。
腐った宇宙いも

今年はもう作らない。


今年も作るかどうか思案中なのが「菊芋」
細かいものは皺くちゃになっていて廃棄したが大きい塊は砂に埋めておいたので生きている。
芽も見受けられる。
菊芋の今


背が高くて倒伏を避けるために支柱も要る。
これもジャガイモのようにいっぱい食べることもないので、種を植えるかどうか迷っている。


車庫の中に入れておいたカリブラコアが一輪咲いていた。
きまぐれさんの2010年2月20日の網代模様に入れた。
20100220の枠で網代模様カリブ

網代模様でもう一つ。
20100220網代模様2

公民館まつり

校区の公民館まつりが開かれた。
暖かい日で良かった。

自分は公民館の活動はパソコン同好会だけだから当日のステージ発表もなく、のんびりと春の日を遊ばせてもらった。

展示された作品は毎年ながら感心するものばかりである。

感心と言えば、おばあちゃんと来ていた女の子が折り紙教室をやっていなくて(昨年はやってみえた)残念がっていたが、主事さんから折り紙を提供して貰ったら、どんどん素晴らしいものを折って見せてくれた。
それが本当に綺麗で「今日の作品で一番だねえ」と叫んでしまった。

その一部。
仰天した折り紙


これらを含めて「公民館まつりハイライトとして動画にした。
「人物も映っているので不味いかなあ?でもモザイクをかけてあるからいいかなあ」と迷いつつYou Tubeへアップした。




後がつかえています

図書館から水曜日に「本がご用意でしました」とメールが来ていた。

早く読みたかったけど前の本の返却期限の土曜日に行った。

「メールでご連絡しましたがお読みいただけましたか?」とかなり強い口調。
「はい。でもすぐには来れませんでした」
「その3冊とも後にお待ちの方がおいでですのでなるべく早く返却願います」と言われてしまった。

その本とは
恩田 陸 「蜜蜂と遠雷」
森 絵都 「みかづき」
辻村 深月 「クローバーナイト」
蜜蜂と遠雷みかづき
クローバーナイト



「はいはい、ちゃっと読んで、読んだ本から返しますよ」

あっという間に過ぎる一日

朝起きるのが遅いから一日があっという間に済んでしまう。

プールへ行って、帰ってきたら昼食を取りながら1時間はテレビを観る。
濡れたタオルなどを洗って干し、乾いたのを取り込む。

3日は、夕方から髪のカット予約をしてあったので夕食の準備を先にしておく。

美容院から帰って夕食を済ませ、片づけたりしたらもう8時である。

ブログを書かなくちゃ。
ああ、今日は話題がない。どうしよう。

以前に描いたJtrim作品を並べてお茶を濁すことにしよう。
「苦しいときのJtrim頼み」である。

額縁づくり1
重厚な額


新作はSachiさんの手順を真似して・・・
模様枠の背景の装飾06 w1064s



案の定

冬知ら連結

冬は室内へ持ってきてあるパッションフルーツ。

元気がないのが二鉢あるので屋外でひっくり返したら、案の定コガネムシの幼虫が根をすっかり食べてしまっていた。
またもやコガネの幼虫

ぷっくり太った幼虫に殺虫剤を掛けた。

外出して数時間、帰宅してみたら逃げ出すはずがない幼虫が一匹もいない。

きっと鳥の餌になったのだろうが、殺虫剤を掛けた幼虫を食べた鳥は腹痛にはならなかっただろうか。

残っているパッションフルーツもちょっと心配である。
連結姫

この間行った彦根城。そのお濠に泳いでいた鳥を動画にしてアップした。鳥の名前は不明。誰か教えて!



「教えて!」と頼んだらすぐに知らせて下さったのは「てつ」さんで「キンクロハジロ」だそうです。
確認しましたので間違いありません。ありがとうございました。

金黒羽白

「泥棒!」

スポーツクラブへ行ってびっくり!

入口のドアの横のガラスが2枚割られている。(二重のドアになっている)
説明の張り紙によると「1日の午前2時ごろ泥棒に入られました。被害が何もないのですがドア横のガラスが割れていますのでご注意ください」とあった。

見知った顔の方がガラスの寸法を測っておられる。
名前は知らないがプールでよく見かける方である。(後で訊いたらそういうお仕事だそうである)

セコムから連絡があって職員たちは夜中から大変だったようである。
警察の聴取や後片付けなど、開館の時にはテープや注意書きなどがされていた。
12時近くにお風呂へ入っていたら「だいぶ暖かくなりましたね」と言われて「すっかり春ですね」と答えたら「今朝はお風呂の温度が低くて大変でした」と説明を受けたのだった。

泥棒さんの後始末に手が取られたせいか、ボイラーのスイッチを入れるのを忘れていたのかもしれない。

ジムの方の窓から侵入
DSC08128.jpg

玄関から出て行ったらしい。
DSC08127.jpg

ここには金目の物なんぞ何もないだろうになんて馬鹿なドロボーだろう。

受付の女性たちは玄関ドアが開放になっているので寒くて大変そうだった。


プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索