嘘ーと思いながらやってみた事

昨年6月に収穫したジャガイモは秋には芽が出始める。

そのまま芽を欠きながら食べるのだが食べきれないと皺くちゃになりながら次々と芽が出てくる。
それを種イモとして2月に畑へ埋める。

芽が出ているから地上に芽が出てくるのが早くて霜で枯らすのは嫌なのでチョットしたビニールトンネルで覆ってある。
芽欠きの時期

芽が出ていなかった種イモより早くてもう芽を欠くほどに伸びてきている。
今までは欠いた茎は捨てていた。

ところが今回その仕事をする前にここを読んだ。
「根つき芽なら移植可能」
ここでは最初からそのつもりで芋から芽を出させ(畑へ入れるのではなく)根つき苗を作って畑へ植える説明だった。

「嘘でしょう?」と思った。
でもどうせ芽かきをするのだから大事に取って植えてみるのもいいじゃないかと考えた。

一個を掘り出して見てみた。 こんな風になっているのだと確認した。
ジャガイモの実験1

以後は、指を突っ込んで丁寧に余分な茎を取った。
勿論折れたり、根がついていないのもあるが10本以上取れたので畑の隅の方へ植えておいた。
ジャガイモの実験2

芋を植えるより狭い間隔。15から20センチで植えた。
ジャガイモの実験3


2か月後、種芋にくっついているのと比較できるのがたのしみである。
プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索