カタクリ鑑賞ツアー2017

自分の用事の予定と天候を考えると今日だろうと、火曜日の12時からカタクリ鑑賞ツアーの運転手を頼んだ。

それまでに自分は医者へ行って定例の膝への注射などを済ませた。

さて、12時に出かけようとしたら肝心の運転手が出てこないので不審に思ったら「車のキーがない」との事。
じっと待った。

が、見つからなかったらしく予備のキーを使ってのお出かけとなった。(帰宅してから見つかった)

関市宇多院一色地区からスタート。
開花情報からすると満開とまではいかないだろうとの予測して行ったが、やはりその通りだった。
が、枯れたり汚れたりした花がなくてその点ではよかったともいえる。

宇多院保木山のカタクリ

次は山県市赤尾である。

面積はさほど広くはないがきれいに咲いていた。

赤尾のカタクリ


最後は岐阜市畜産センターである。
以前「椿」という堆肥を買ったところで、もう二袋買うことにした。
ビジターセンターでカタクリの状況を尋ねたらパンフを持ってきて、行き方歩き方の説明とともに、「白いカタクリが咲いています。今日はまだ大丈夫なのでぜひ見ていってください」とその場所も丁寧に説明してくださった。
また、「昨日はギフチョウが遅くまで飛んでいました。
もしかしたら今日も飛んでいるかもしれません」と期待を抱かせる言葉もあった。

運転手は車で待っているというのでただ一人山道を登って行った。
誰にも会わないので少々不安だったが、すぐにカタクリの姿が目につきだした。

何やら人の声がするので目をやると白いカタクリの撮影を3人さまでやっていた。
寄って行って仲間にしてもらった。
「白飛びしてしまう」と言ったら「露出補正をマイナスにすればいい」とアドバイスを貰った。
「明るさ」調整というのは使ったことがある。
それだろうとやってみて撮ったら良さそうだった。
「こんな感じです」と見せたら「それなら上等」とでかいカメラのおじさんは言ってくれた。
それがこれである。
(クリックで拡大)

白いカタクリ小<br />


畜産センターのカタクリは周囲をぐるりと歩けるようになっているので普段の金網の外にもう一重のネットが張り巡らされている。
やむを得ない処置だろうけど何だかカタクリが牢屋に入れられているみたいでちょっとかわいそうである。
畜産センターのカタクリは囲われて


ギフチョウには出会えなかった。
ユーチューブへアップした。

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索