タマネギはどうなる?

晩生の玉ねぎは、べと病にかかってもう全滅かと思ったが、葉を千切ったり消毒したりして何とか倒伏するまでになった。

引いて一日半そのままに放置して乾かした。
腐るかもしれないタマネギ


やはり何だかおかしい。
腐るかもしれないけど致し方ない。

ビルの谷間ではないが、ジャガイモの谷間で頑張ってきたのだから腐らないでほしいものだ。


そのジャガイモ軍は。、芽の出方が半端ではなく食べられない芋になっていた物を植えたキタアカリ。
これを手探りで掘って食べてきた。(秋ジャガイモが終わった後はこれで食いつないできた)
結構食べたからもうないかもしれないと5株掘ってみたら、これだけあったのでこれまた大喜びである。

探り掘りの残り物キタアカリ



またこれで本格的なジャガイモシーズンまで食いつなげる。

買ってくれば簡単だが、何とか自家製で回していくよう「工夫するのもまた楽し!」が趣味の農園たるゆえんである。

30日は乾かしたタマネギを絡げてぶら下げた。
べと病?らしかったので根っこや葉も切り取ったものは畑へ置かずにゴミとして廃棄することにした。

また支柱を立てるのが延び延びになっていたトマトとキュウリの手を取った。

やっと手が取れたトマトとキュウリ

最高気温33.3℃だったとか。
昼寝を挟んで一日中畑仕事をしたので疲れた。

子供の声に癒される

小さな子供がいないせいか、普段、スーパーなどでやんちゃを言っているようなちびっこの声はうるさいと感じる。

ところが場所が変わると、子供の声に何かほっとする自分が居るのが可笑しい。


日曜日に十九女池でスイレンやコウホネを見て散策し、その後は数十年ぶりという南宮大社へお参りした。
帰り道だし寄って行こうという程度のお参りで罰当たりな夫婦である。
神社の建物など記憶をたどっても思い出せなかった。
お正月に来たせいか、駐車する場所までたどり着くのに大変だったことだけは覚えている。

ずらりと車が並んでいるところはお祓いをする新車群で「どの車がいい?」と、買えもしないのに勝手に好みを言い合った。

南宮大社



その後は神戸ばら公園いこいの広場へ寄った。

約2週間前にも来たその時は、静かにばらを鑑賞したのだったが、この日は平均年齢がぐっと若返って、かわいい声があちこちから聞こえてくるのである。

シートを敷いてお弁当を広げたり、クローバーもある広場を駆けまわったり、遊具で遊んだり・・・

いこいの広場で憩う

いこいの広場2


スーパーで耳障りに思った声がここでは癒しの声になるのだから不思議である。


ドクターイエローを待つ人

「きれいに咲いているよ」と動画を見せて貰っていた。
関ケ原の十九女池(つづらいけ)のスイレンやコウホネをやっと見に出かけることが出来た。

咲いている咲いている。
池の北側半分はそれらで埋め尽くされている。

5gatu28niti.jpg

新幹線の列車が次々と通り過ぎていく。(池の一部を通っている)

ぐるりと回っていけば「やや!」
三脚を2台もセットした人が居る。

「ドクターイエローですか?」 「はい。ここからだと黄色い車体が池にも映り込みするのです」
「何時に通過の予定ですか?」 「午後1時半の予定です」

その時はまだ10時半だった。

やはり絶好のポイントで写そうと思うとそれくらい早くから場所取りが必要らしい。

「よい写真を撮ってください」と激励して我々はぶらぶら歩きに戻った。

池の花もきれいだがここの周囲を歩くコースはなかなか良い。
「十九女池 私の好きな風景」と題してYouTubeへアップした。
どんな風景が好きなのかこれでわかるでしょう。


NHKBSプレミアム 「the Covers」

まずは見ない音楽番組なのになぜか録画した。(宇崎竜童に惹かれたのかも)
kaba.jpg


月に1回の放映で時間が1時間。
今回のゲストはウルフルズ。レジェンドゲストというのが宇崎竜童。

MCがリリー・フランキーでこの人の司会がこの番組を引き立てているというのは間違いないと思う。
巧みに嫌味なく話を聞きだしたり、自分の感想を言ったりする。
この人は一体何人?
いわゆるマルチタレントというのか。
ゲストはウルフルズ

「バン・バン・バン」 元歌も流す。
バンバンバンcats

「情熱」 元歌を知らない。
情熱

「さよならの向う側」 ギターの弾き語りで。
レジェンド 宇崎竜童 
素晴らしかった。
体が震える。ああ、まだ現役の歌手だと思った。



「バカヤロー」 ウルフルズの持ち歌
バカヤロー



「よろしかったら」 これは途中でオネエ軍団が歌った。
歌は上手だったが、この人物たちを出す意味がよくわからなかった。

スピーカーのせいか、今日の音楽番組は違和感なく楽しめた。


♫バラが咲いた♫

真っ赤なバラが今年も咲いた。
5月26日サラバンド

サラバンドクローズアップ


訪問者はアマガエル。
訪問者はアマガエル


梅雨のイメージの色を使って斜めのブラインド枠に入れてみた。(skyさんの記事を参考にして)


畑ではパクチーの花が満開だった。
雨で倒れてしまったが・・・
パクチーの花



たいしたことはないけれど,体調がよろしくないので、ぐずぐずと一日を過ごした。

毛染めと補聴器と韓ドラ

延び延びになって髪の根元が真っ白になって来ていた。
やらなければと思っていた毛染めを意を決して始めた。

上げっぱなしの手がだるい。

そして突然気が付いた。

補聴器!

毎朝洗顔をした後、補聴器をつける。
そのままの状態で毛染めを始めたと思ったので「わあ、どうしよう。」と大いに焦った。
手袋を外し、イヤーキャップを外し、耳の中を探ったら補聴器はなかった。

髪を染めるかもしれないと補聴器をつけなかったことを忘れての大騒動だった。

最近よくあることである。しょぼん (´・ω・`)とする。



惰性で韓ドラを観ている。
最終回を迎えたのが「商人」。

「オクニョ」はストーリーと共に、吹き替えの声がしっくりこなくて気が入らないので、とうとう予約するのを中止した。

「商人」の後釜は「王女の男」だとか。
24回と短いから観るかもしれない。

「チュノ~推奴~」というのも観だした。
男優を見て「あ、どこかで見た。このやさし気な瞳を」と思った。
「イニョプの道」というのに下男として出ていた人だった。
オ・ジホ

あれあれ、こうして書きだすと自分も結構韓ドラをみているのだなあと再確認したのだった。



オンラインストレージ OneDrive

Windows10になってから、画像を一時的にデスクトップに貼ったりすると必ず(といっていい)こんなポップアップが出て来る。

サインインを促すマイクロソフトさん
サインイン促す

確かに自分はOneDriveにはサインインしていない。
ツールバーでのワンドライブ

自分なりに調べた。
ポップアップを消すには

やってみた。
ワンドライブの設定
でも前と同様に出て来る。


パソコンベテランのなべちゃんにお助けを請うた。
他の人にも尋ねて貰って答えを貰ったけど依然としてサインインを促される。

「面倒でもその都度消しなさい」という結論を貰っておしまいになった。


便利そうなシステムだけどオンラインストレージOneDriveと自分のパソコンと同期させてもスマホもタブレットも持っていない自分としてはあまり活用できないのではという点。
そして、ただでさえSSDで容量の少ないパソコンなので同期により容量が圧迫されるのではと心配するのでOneDriveを使わないのである。


バックアップとしてならポータブルハードディスクを活用すればいいのではないかと考えている。
(あまり活用してはいないけど)



ミニズッキーニは鈴なり

今日はスープで登場した。





草の勢い

自転車で走ると今は早植えの田植えの済んだ区域、麦が色づき始めた区域、田植えをするために耕起した区域などさまざまである。

今年は稲を作らない休耕田の区域もある。
普通は道の土手は草刈りがされたり、除草剤が撒かれたりして草が道路に進出するというようなことはまずない。
が、この一角は草ぼうぼうである。
草が茂る道

そうか。この辺りは工場が店か何かが進出するような話を聞いた。
その話はもう決まっているから所有者は手を付けていないのだ。


オダマキの種が出来たようなのでこぼれてしまわないようにお茶パックで包んだ。
とり蒔きしようと思って・・・
オダマキの種採取



イタリアントマトだと確信

昨年調理用のサンマルツァーノリゼルバその他を大事に育てて沢山収穫した。
その際、欲張って種も採ったので今年蒔いた。

2月に蒔いて、3月に発芽。
暖かくして発芽を促したせいか、もともと発芽率がよい品種なのか5月2日に無事に畑へ植えることが出来た。
イタリアントマト3種類のはずだったがごっちゃになってしまったかもしれない。

トマトの確認


ごちゃ混ぜになっていても色づくほど大きくなれば分かる。花が咲き、実も出来てきたので写真撮影した。
小さな実の形

サンマルツァーノリゼルバの種が残っていたので5月はじめに蒔いた。(去年購入したホームセンターでこの種類は売っていなかった。)
少々遅いスタートかもしれないが8月後半には収穫できると思う)
ポットに鉢上げした。
欲しい人いませんか


誰が作るの? 
手渡しできる人で先着順の希望者に進呈しますよ。

上手くいったらこんな風に調理して使えるかも・・・



熱中症?

土曜日に引き続いて暑くなる予報だったので、涼しいうちにと8時前から畑仕事に取り掛かった。

オクラ・かぼちゃ・ゴーヤの定植やスナップエンドウの撤収などやることはいっぱいある。
大根の後へオクラ。
晩生の玉ねぎも倒れ掛かってきているのでその中へカボチャを植え、撤収したインゲンのネットへ誘導しようと目論見、植えようとしたら一株が根元からぽきりと折れてしまった。
ポットに長く置きすぎた。摘芯をしてはあったが葉が成長しすぎて重すぎたせいだろう。
今日の仕事など

水分を取りながら陰で休みながらやった。
もうすぐ開花マトリカリア


その後は軒下で種まきして大きくなったイタリアントマト第二弾をポットに鉢上げしたり、挿し芽をしてあったバコパをポットに植え替えたりした。

菊の挿し芽したのも始末したかったがさすがに嫌になって午後1時過ぎには室内へ。

シャワーを浴びて発泡酒を飲んだらそのまま3時間も寝てしまった。

夕食もいつもならいっぱい食べるのに、胸がむかむかするので少量で済ませた。

一息ついたら気分がよくなったのでブログを書くことが出来た。

明日の朝、体重が減っていたら嬉しいなあ。


ルイジアナあやめ今年も開花

いっぱい切って部屋へ飾った。

仲良しの課題で描いた花しょうぶ。図形で描くというのはなかなか手間がかかって大変である。
写真と一緒に花しょうぶ




迷ってインク購入とホームセンター巡り

去年から調子が悪くなったプリンター。
「きれい」でやれば出来るので新規にプリンターを買わずに来た。
また、インクも手持ちがなくなってきて「少なくなりました」を通り越し「無くなりました」と表示されるのが1本。
「少なくなりました」が2本となってきた。

流石にインク切れで動かなくなってからではいけないだろうとホームセンターで互換インクを物色した。
3色とも買うか、とりあえず緊急のだけ買うかと迷った。

プリンター自体が動かなくなってインクだけ残るのは口惜しい。(機種によっては使えない)
で、バツ印の出ているマゼンタだけ買った。(税込み806円)

さほど印刷するわけでないからこれで当分は行けそうだ。

後の危ういインク2色がバツ印になる頃にはまたほかのインクも「少なくなりました」となるに違いないから、その時プリンターが無事ならセットで買ってもいいかなとの結論になった。



ホームセンター内を巡って欲しかったものや余計なものまで買ってしまった。(百均気分ななってしまった)

ホームセンター巡り


24センチのディープパン。ちょっとこびりつきやすくなっていたのでつい手が出た。
26センチ以上のは使用頻度が少なくなっているから表面の加工も落ちないまま何年も使えるが、この小さめのは毎日、それこそ何度も使うから、高いものは買わずに加工がはがれたら新しいのを買うというスタイルで来ている。

それにしても安すぎない?
ああ、IHには使えない物だから安いのだ。

不明のコメントは?

先週の木曜日11日に「タイル入りました」と書かれたコメントが入っていた。
名前もないし、全く心当たりがないので???とは思ったけどそのままにしてあった。
キャプチャ

1週間後の木曜日、どうしてだか突然、そのコメント意味と発信者がひらめいた。


もう一か月近く前に、ボーズの音響製品を勧めてくれた人が、「スピーカー類の下には硬いものを敷くと、より良い音になる。自分はこうして大理石を敷いている」と見せて下さった。
つてがあるらしく切った大理石の切れ端を手に入れることが出来るから貰ってきて下さるという。

それの連絡はブログにコメントを入れておく。
しかし、自分の名前を書くのはいやだ。
手に入ったと書けばわかるでしょう。

と話していたのに自分は全く失念していて1週間も連絡もせずにいたというていたらくであった。

電話して確認し頂戴に上がった。
2枚もあり、こうして2枚を重ねて敷きなさいと教えて貰った。

余裕を見て長めである。

主人に相談したら、石を切る道具があるのでやってみるという。

端っこを切るところだけ見物してプールへ行ってしまった。

切る作業



帰宅して「どうなった?」と眺めたら、切れたものになっているので尋ねたら「寸法を間違えて切ってしまった」そうである。

短くなったしまったよ


まことに残念! やった主人も残念に思っただろうね。

で、肝心の音の方は?

よくわからないけど気分は上々である。



カボチャは定植できるのか

宿儺風なカボチャは早くから芽が出て順調に来ているのだが、これを畑で定植する場所に悩んでいる。

狭い畑を計画的に使わないで、その時ばったりでいろいろ植えたりするからこんなことになる。
大根が終わったけど、すぐ隣にはキュウリがいるし、ジャガイモもまだ収穫時期ではないし・・・

やっぱりタマネギを数本採って、そこへ植えるしかしかたがないか。

ポットのカボチャの主枝を葉っぱ6枚のところでちょん切った。
「早く畑へ行きたいよー」と雄花が咲いている。
カボチャの植える場所は何処?



米ぬかと油カスを発酵させたぼかし肥料を広げて冷ましておいた。

今回水が多かったようで、発酵は順調に進んだが今になって団子がいっぱい出来ているので粉状と団子に分け、再び乾燥するため広げた。
完成とふるい

臭い警報が鳴り続けている。


このカタカナの名前は覚え難い。又の名前で覚えよう。
アフリカンデージーと覚えよう



生のパイナップル失敗談

パイナップルを貰った。「食べごろだよ」と言ってもらった。
食べごろのパイナップル

なるほどいい香りがしてくるし、これはすぐに食べなくちゃ。
生のパイナップル、前に食べたのはいつだったか思い出せないくらい縁遠い食べ物である。

えーと、どうやって切ればよかったかな?と検索。
葉っぱをタオルなどでくるんでぐるりと回せば取れる。
あとは半分に切り、もう半分に切ってから芯を切って取り除く。
皮と身を切り離す。

ふむふむとそこまでは順調に来たので喜んだneko は、食後のデザートとして一人あて四分の一本を食べることにした。
チョットつまみ食いなどもして・・・

食後、テレビを見ながら全部食べた。
酸っぱさもいい加減だし甘さもいっぱいで美味しかった。

が、
その後舌がひりひりするのである。
最初どうしたのか分からなかった。
また検索である。 あった!あった!

パイナップルを食べて舌がヒリヒリする原因はプロメラインという成分のせいでこれはたんぱく質を分解する働きがある。
舌もたんぱく質なので、そうなる。
なってしまったものは、牛乳やヨーグルトを食べることで痛みが少し緩和される。
切ってすぐ食べるとよりそういう状態になりやすい。


仕方がないのでコップに牛乳を入れて傍に置き、少しずつ口の中へ流しいれて過ごした。

翌朝には治っていた。やれやれ。

しかし、これを恐れて残りのパイナップルを食べないのは悲しい。
折角の生なので加熱せずに食べたい。(加熱すればこの状態にはならないとか。缶詰のパイナップルは加熱されている)

そこも前の晩に調べておいた。
味は落ちるかもしれないが、切って一晩冷蔵庫へ入れておけば繊維が破壊されている。

その言葉を頼りにして、翌朝は念の為、ヨーグルトの中へ切ったパイナップルを入れて食べた。

今度は乳製品でくるんで

大丈夫だった。

残りの4分の一もまだ冷蔵庫にある。
同様にして食べよう。

不思議なことに主人は何ともなかったそうである。


美を愛でる一日

まめこさんが出展しているパステル画の展覧会の案内を貰っていた。

当番日が火曜日だったので幸いとばかりにアッシー君を願って見せて貰いに行った。
市展での入選作品がどんと展示され友人として誇らしい気持ちになるのは何故か?

今まで何回も見せて貰いに行っていたが、今日ほどにぎやかな会場は初めてだった。
顔だけ知っているプールでの知人とは、まめこさんを介して改めて紹介しあった。(加藤さんだった。)
また、やはり絵を描きだした友人Fさんと久しぶりに会ったのであれこれ近況を知らせ合った。

きっと周囲の人は迷惑だったのではなかっただろうかと後から反省した。

お話ばかりしていて皆さんの絵に集中できなかったが、皆さんもこのサークルでパステル画を始められて、14年も経つとそれぞれいろんな方向の絵を描かれるようになったと感じた。(結構抽象的なものも見られた)
どの絵を見ても感心するばかりである。

目と口を堪能させてもらった後は近場の二か所のばらを見に行った。


大野町バラ公園はイベントがすんだせいか汚れたりしたバラもそのままだった。
勿論、まだまだきれいなバラもいっぱいあるし、細かい品種はこれからだ。

次の神戸町ばら公園いこいの広場へ移動途中にコンビニでおにぎりなどの昼食を買って持ち込んでベンチで食べた。
風があって、バラの香りが飛んでくる。
食べている頃は本当に人が居なかった。
しかし、その後幼児連れや施設からの人たちも増えてやっとにぎやかになったのでほっとした。

こちらは21日にイベントが開かれるようで、草取りや満開過ぎの花の切り取りなどに大忙しである。
今日一日でこんなに花を切り取ったから訪れた者は「見ごろだ」と感じたのかもしれない。
切り取った花

老人施設から来ていた人たちに混じって切り取った花を貰った。
貰った花

美を愛でた一日だった。

写真を撮った中からごく一部をスライドショーにした。(16枚)

初ズッキーニはピザで

丸くて小さなミニズッキーニ。
これは昨年種を採って今年自分で蒔いたものである。
これは丈夫というか発芽率もよかった。2株畑へ植えた。

初収穫してさてどうやって食べようか?

検索して、一番簡単そうでほぼ家にあるもので調達できる材料だった「丸ズッキーニの簡単ジューシーピザ」を作ることにした。

二人分として
丸ズッキーニ 1個 
トマトソース 100g
ツナ缶 80g
モッツアレラチーズ 50g
バジルの葉 10枚くらい


とあったが、チーズはパン用ナチュラルチーズ、バジルは青じそで代用した。
トマトソースは昨秋作って冷凍してあったのがまだ残っていた。
ミニズッキーニのピザ
オーブントースターで時間は適当で、のぞきながら「もういいだろう」という時間。

食べた結果。自分で栽培し、自分で調理した点を含めてもぎりぎり70点か。

もっと小さいうちに採らないとこの調理には向かない。
何故なら中央部がスカッとしていてはだめだから・・・




嬉しい事 その1 パッションフルーツの花芽が確認できたこと。
パッションの花芽が見えた

嬉しい事 その2 ダメ元と切り戻したパンジーが再生したこと。
再生したパンジー


残念な事 春大根の最後の1本が腐ったこと。
いっぱい食べたからいいようなものの、最後のが腐っていてちょっぴり残念。
春大根の終焉


忙しくした日曜日

全く母親をしていないので母の日ではなく、単なる日曜日であった。

一日採らなかったスナップエンドウ収穫から始まり、(沢山作っていないのだがこれが結構時間がかかる)ズッキーニは如何に?と見たり、玉ねぎのべと病の病状を見て、茶色くなった葉を摘み取る。
14日のタマネギの様子
今のズッキーニ
ミニはもう食べてもいいかもしれない

イタリアントマトの花から下の脇芽を摘み取り、良さそうなのを挿し芽にする。

そうかと思えば鉢花の整理やローブマリーの剪定にも手を出し、行く先々であれこれ始める悪い癖が出た。
花が咲いていれば写真も撮らなくちゃ。
14日の花たち

鉢を動かしたり、水仙の葉を切り取ったらダンゴムシが大慌てで逃げ出す様子に幼児に帰って遊んでしまった。
ダンゴムシで遊ぶ

しかし、忙しくしたのは午後2時まで。

それ以降はテレビで映画「SP」の野望編と革命編を一気に観た。
これのテレビドラマは全く見ていないので岡田准一のアクションがこれ程素晴らしいとは知らなかった。

こせわしくて のちはだらりと 皐月かな

※ ヒメのついた名前の花は「ヒメヒオウギ」 だと突然思い出した。 大きいほうのヒオウギを思い出せなくては何ともならないね。

「ひよっこ」タイトルバック

NHK朝ドラ「ひよっこ」を見ているが、オープニングのタイトル画像が面白い。
ミニチュアというのか小さな人物が動いている。


1960年代に結婚した我々、最初は白い無地の炊飯器だったような記憶があるが、次のがそのタイトルバックに出て来る花柄だと記憶にある。
これって炊飯器だったよね。
ひよっこタイトルバックの炊飯器


このドラマ、ナレーションの増田明美がいいね!

本手の役者さんよりタイトルバックやナレーションが気に入ったなんてねえ。



今日もSachiさんの枠で

今日もまたSachiさんの枠を参考にして画像作りをした。
制作過程15で反転して連結するのをやっていないようである。(失敗だが今回はそのまま放置した)
w1088.jpg

内側の枠だけウェーブを掛けた。
w1088-2.jpg

内側の枠だけ  何をしたのか忘れた。
w1088-3真鶴


sachiさんw1094サクランボ入り
w279-にバレりーナ


こうして今日も日は暮れていくのであった。

蕗を調理

蕗を頂戴したので朝から台所に立った。

板摺して茹でて皮をむくのが面倒である。

炊き込みご飯には油揚げと生姜を一緒に炊いた。

煮物もした。
蕗二題


パソコン同好会ではみい子さんのサイトを参考にしてJTrimで加工をした。
公民館でのJTrim

細くて直立していたコンシンネを何本かに切って挿して置いたら芽が出てきた。
コンシンネに芽が

収穫のよろこび

狭い畑にあれこれと野菜を作る。

その喜びは今日のような日である。

盛大に芽が出てしまったジャガイモのキタアカリを早めに土に預け、霜よけのビニールトンネルを掛けておいた。
霜の心配がなくなってトンネルはもちろん取り外してある。
元気は姿に、どのくらいの芋が出来ているか?と探ってみた。
今年初のジャガイモ

まあ、今夜のおかずにするくらいは取れた。

早生の玉ねぎと共に肉じゃがになった。
喜びの肉じゃが

その美味しい事といったらない。
採れたてを食す。
これが楽しみであれこれと野菜をつくるのである。


アスパラもぼちぼちと・・・
2日でこれだけだが

おまけが入っていたフラッシュメモリー

フリーのソフトに自分でテクスチャーなどを過去に追加している。

旧のパソコンから新のパソコンに追記されていないことが判明し、旧と新のパソコンを並べて「うん、同じ」「追加分あり」など確かめながら必要なものを新に入れる作業をした。

PhotoFiltreでパターンやテクスチャが山ほどあった。
山ほど入れて使うのか?でも捨てるには勇気がいる。
パターン・ブラシテクスチャーなどコピー


プラグインも追記した。
カールなど自動でやってくれるのはまた使うかもしれないし、グラデーションも捨てがたい。
プラグインバー現れる


自分で気が付いたところはやったつもりだが大きな落とし穴があるかもしれない。
使ってその場にならないとわからないのである。


フラッシュメモリーでお遊び道具を発見。

gameというフォルダをがあったので見たら、いわゆるゲームとブラインドタッチ練習のゲーム形式ソフトが数点。
今でもブラインドタッチが出来ないので練習しようとは思っているのだが、思っているだけでやっていない。
この発見は「やりなさい」という神のお告げかもしれない。


黄砂の中で

前日に続いて黄砂がひどかった8日。

その中を自転車でお出かけする。

堤防にはたくさんの草藤が咲いている。(だと思う)
草藤

よそのお宅ではこんな色づきが・・・
鳥が寄ってきそうなのに今のところ来ていないようである。
さくらんぼ?


草刈り機の音がしていると思ったら隣の畑のカモミールは全部切り倒されていた。
まあ、畑の持ち主にしたら雑草だわな。

せめてと思ってsachiさんの枠に入れてやった。 sachiさんのページ
カモミール sachiさんの枠で

「おっと、入ってなかった」自前のテクスチャ

パソコンを切り替えて貰って1ヶ月半あまり。

最近になってやっと気が付いた事。
JTrimで自前で作って入れてあったテクスチャーを使おうとしたら無いのである。

ソフトとしては入っていて使えるのだがプログラムファイルから見てみたら既成の物しか入っていない。
新パソコンのテクスチャ--


「当分置いておく」と言ってそのままにしておいてくれた前のパソコンのテクスチャー。自作物がいっぱい入っている。
古いほうのテクスチャを入れた

コピーして新しいほうのパソコンに入れた。

試してみた。 大丈夫!いろいろ入っているのを確認した。
テクスチャー復活

フォントはどうなっているのかも調べ、旧パソのフォントを新に入れた。
梅文字フォントが行方不明である。

あと、PhotoFiltreでも同様になっていると思うから調べなくちゃ。

おっとっとである。

花ズッキーニ

朝、畑を見回ったら昨日の予想通り、ズッキーニの花が咲いている。
雌花ばかり。
これでは授粉出来ないけど、2種類とも雌花しか咲いていないのだから仕方がないとあきらめた。

咲くのは雌花ばかり

2日ほど前には雄花が咲いていたので受粉させたのがちょっぴり大きくなっているのが見えた。
受粉できたらしいミニ

夕方、このズッキーニで明日のブログを書こうとしていて、ふとひらめいた。
確か花を食べるというのがあったような気がする。

検索した。
やはりあった。
花ズッキーニとして花びらの中に詰め物をして揚げるというのが・・・
ひき肉だとかモッツァレラチーズなどを使ってある。
今、そんなものは冷蔵庫にはないのでとろける板状のチーズをくるくると巻いて詰めることにした。

  • 花ズッキーニの花びらの中を雌しべを取る。
  • 花びらの中にチーズを詰める。
  • 水に溶いた小麦粉の衣をつける。
  • オリーブオイルでさっと揚げる。
オリーブ油で揚げた花ズッキーニ


話題性はある花ズッキーニ。
オリーブオイルで揚げてあるせいか美味しかった。

我が家の立夏

5月5日はこどもの日で立夏でもある。

さわやかな風が吹き、お出かけ虫は騒ぐけど、ぐっとこらえて今やるべき事を羅列して始める。

軒下に出してあるパッションフルーツが「どこへ摑まえればいいの?」と言っているので、グリーンカーテン用のネットを設置して貰うように頼んだ。

その前に周囲を整理整頓してからの話だが・・・
位置決めの決定権は我にあり。

長い時間かかって軒先2ヶ所にネットをを張ってくれたので、鉢を移動した。
今年も出ましたグリーンカーテンづくり

さて今年はいつ最初の花が咲くのだろう?
どれくらい実がなるのだろう?

等など半年は楽しめる。
伸びだした蔓



木陰で紫蘭が咲いている。 涼しげである。
木陰で紫蘭


そうそう、ぼかし肥料作りも10キロ分仕込んだ。

切りすぎ?パンジー

花はよく咲いているが背丈が伸びて、風が強いと倒れてしまうようになったパンジーの鉢植え。
例によって切り戻して再生を図ってみた。

根鉢ごとひっくり返して根詰まりしているところをほぐして植え替えた。

お亡くなりになってもそれはそれで納得である。
切りすぎ?でしょうか


sachiさんの「時々気儘に作る枠Ⅱ」のw1087を参考にさせて貰って作った。リンクは左のリンク「JTrim別館 Sachiさん」からどうぞ。
w1087.jpg

w1087-2.jpg

w1087-3.jpg


Sachiさん、いつもありがとうございます。

夏野菜を植える

5月2日はクリニックへ血液検査のため食事をせずに行く予定だった。

それならば、医者へ行く前に夏野菜を植えつけることにした。

例年、この時期の植え付けの方法は以前に教わったやりかたでやる。

前日の夕方、植穴にたっぷりと潅水しておく。
当日の朝、植える野菜をポットごとざんぶりと水に漬けしっかりと水を吸わせてから取り出し30分ほど置いて水をいきわたらせから植える。
午前9時までに植え、日光に当て光合成を促し、活着をよくする。
植えてからは水をやらない。


こういう理論から納得し、この方法はいいと思うようになってやっている。
失敗はまずない。
但し、天気予報をよく見て、植えてから数日は好天が続く時を見計らって植えるのがミソだろうか。

従来だと雨が降る前に植えていたし、植えてからも水をやっていた。
植えてから水をやらないなど、今までの方法と全く逆の話を聞いたときは半信半疑だったが「試してガッテン」の今の時期の植え付けの方法である。

えらくむつかしい理屈を言いながら植えた野菜はたったの15本。
種を買ってきて蒔いた長なすはちょっと小さいし元気がなさそうなので心配だ。
ピーマン類3本は苗を買って来たのだがこれも本当は植えるにはちと幼い。
と言うわけで、簡単なキャップをかぶせたり、トンネルを掛けたりした。
長なすキャップをする
ピーマン類もキャップする

トマトも保温のためトンネル


かぼちゃ2本が大きく育っているが植える場所がなくて待機させてある。
オクラは発芽はしたがまだ小さい。
ゴーヤは1本だけ発芽したが育つかどうか?

ズッキーニは順調に育ってきている。
着果したかミニズッキーニ


タマネギのべと病対策で殺菌剤を散布した。
気が付いた時は在庫のダコニール。
今日はサプロールをかけた。
トップジンというのも買って来た。

殺菌剤も同じものをかけるより種類が違う方がよいとか教えて貰ったので、収穫できる大きさまで保つかどうかわからないが、もう1回散布してみようと思う。

殺菌剤はバラなどにも使えるけど、あれやこれやとホームセンターで5000円も散財してしまった。
「趣味だ、お金はかかる」と自分に言い聞かせながら帰宅した。

高山祭旅行 その3 途中で寄った場所

高山祭に出かけるについては寄り道したいところがいっぱいあった。

「行きたいところ、寄りたい所を書き出して置け。ナビに登録しておくから」と言われた。
水芭蕉は清見の小鳥峠は「まだ咲いていません」で×。
行ったことがない美女ヶ池は「ピークは過ぎていますがまだまだいいですよ」といずれも観光課へ直接電話して確認した。

地点登録をフォルダに入れておいてくれたので、雨のために予定変更してもスムースに案内をしてくれて助かった。
結果、29日はこのような行程になった。
29日の行程


29日の行程地図

小川の花桃

明宝 国田家の芝桜
国田家の芝桜2017

一之宮 臥龍桜
臥龍桜2017

朝日美女高原 美女ヶ池の水芭蕉
美女ヶ池の水芭蕉1

30日は41号線を南下して帰宅した。

途中見物に寄ったのは2か所。
5月3日から50年ぶりに行われる飛騨一之宮水無神社に例大祭前だがお参りした。
飛騨一之宮神社

また下呂市「飛騨小坂道の駅 はなもも」ここは新聞で知った花桃の場所。
飛騨小坂はなもも


美女ヶ池の水芭蕉は木道が設置されているのでまじかに花が見れてよかった。
YouTubeへアップした。



欲張りなドライブ旅行だった。
黙っていう事を聞いてくれた父さんに感謝!である。

民宿「惣助」は外国人もお泊り

今回の旅行は最初に泊まる宿があるかどうかであった。

昼間に並べてある屋台を見たり、からくりを見るだけなら我が家から日帰りもできるのだが、夜に提灯をともして町中を曳く屋台を見物するにはやはり泊まることが前提となる。

1週間前に「泊まりたい」と個人が探してもなかなか無い。
民宿でさがしたら歩いて催し物の場所まで行けるところで一室あった。
但し、夕食なし。バス・トイレなし。である。

ホームページをちらっと見たら、45年前に築135年の民家を移築して民宿を始めたとあった。
いわゆる古民家というわけである。
迷ったけど主人は「寝るだけだからそれでもいい」というのですぐに予約した。

何度か行ったことのある高山グリーンホテルの真向かいだったので、曳き揃えが終わって二人で帰ってくるのにも迷わなくて戻れそうで安心だった。

翌日も朝食後チェックアウトしてからも「昼頃までならOK]と駐車の許可を貰って出かけられた。
民宿惣助


自分が出会った宿の人は4人だったがいずれも気さくで親切だったので、印象がよくて点数が上がった。

夜の曳き揃えと共に楽しんだ八幡祭の(秋のまつり)唯一のからくり。
にこやかな布袋様が唐子が渡りに成功すると「うんうん」と首を縦に振り、失敗すると「いやいや」をするのがとてもいい。
唐子が動かなくなって、途中で黒子が出て来て手助けしたのも可笑しくて皆に大うけであった。

手持ちのコンデジで動画を撮ったのだが、すぐ前が通路でお巡りさんが沢山いて「立ち止まらないでください、ここは通路です」と叫び続けるし、どこからどこへ行くのか、からくり上演中なのに通行の人が絶えないので沢山の人の顔や頭が出ている。
自分の記念の物だけどYouTubeへアップした。



プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索