蕎麦の花と彼岸花

「え!こんな近い所にきれいに咲いている」と金曜日の朝ブログを巡って発見した。

山県市伊自良掛という所なので、Googleの地図で調べ、ストリートビューでそれらしきところもわかった。
それを念頭に置いてスポーツクラブへ行き、帰宅してから父さんの状況を観察し(頼みごとを一つしてあった)、良さそうだったので「これからひとっ走りお願い!」と、例のごとく急に頼んだが承諾して貰えた。
蕎麦の田んぼ


昔は伊自良村だったが合併で山県市となってものどかな風景は変わらない。
蕎麦の花と彼岸花


写真を撮っていたら隣の畑へ菊を切りに来た方が「今年は失敗してしまったので良かった持って行ってください」と沢山切って下さった。
菊の花を頂戴した


お墓参りに行かなくちゃ。

ささやかだけど動画にした。


やっぱりボケた

ちょっと細めのサツマイモが残っていたので、一度サラダにしてみようと思った。
干しブドウをちょっと水に浸しておいた。

ああ、それなのにそれなのに・・・

調味料を入れて煮てしまったのだ。
サツマイモと干しブドウ
試食しながら「あ、サラダを作るのだった」と、やっと気がついたのだった。


スターチス種まき


ちょっと前に挿し芽をしたおいたのが発根したらしく新しい芽が見受けられる。
発根したらしい2種


プリンターを買った

重症だったプリンターが昇天したのは約10日前の事だ。
生存年数は4年と6か月である。(平均的寿命か?)

1年位前に二重に印刷されたりするので、あちこちひねくり回したけどどうしても駄目だった。
プリンター修復騒動記として書いている。

設定を「きれい」としてインクを余計に使いつつ、だましだまし来たけど今度は全く音沙汰もなくダウンしてしまった。

買い物に出たついでに電気やさんを2軒ばかり回ってみた。

10月にプリンター類は一斉に新製品が発売されるので旧製品はかなり安くなっている。
一度帰宅してネットで価格comなどで見たけど2店のうちの安いほうとほぼ同じ価格だった。
在庫限りだと脅されていたので、とんぼ返りで店へ行き購入してきた。キャノンのTS8030である。

最初から互換インクもどうかなあと純正を買ったのでそれが結構痛い支出である。

買ったのは火曜日だったが夕方だったので設定は翌日の水曜日にした。

大笑いは、無線ランの設定をするのにパソコンのワイヤレスをオフにしたまま命令していたので「失敗しました」となった事である。

2回やって漸く気がついた。
やっと無線ランでプリントできた。

有線ケーブルを繋いだ方が安定するとか聞いたので、前のプリンターのケーブルを使うようにした。
やれやれ、これでやっときれいな印刷が出来るだろう。
TS8030プリンター


父さんも直しに出していたアンプも帰って来てテレビの音声を元オーディオ(レコードプレーヤーは廃棄した)のスピーカーから出せるようになり、AV機器がきちんとなったようである。
父さんのお気に入り揃ったAV機器



仕込んでおいたぼかし肥料が発酵してきた。
暑すぎず、寒すぎずちょうどいい気温らしくいい具合である。
秋のぼかし肥料仕込む

このぼかし肥料も匂うけど、屋外ではあちこちでキンモクセイの香りが漂っていた。

低温発酵してピザの台を作った

カリフォルニアのばあさんブログの記事をみて「これならできるかもしれない」とやってみた。

低温発酵させたものでピザの台を作るのである。(忘れるといけないので日付を張って置いた。3日目の午前にピザを焼いた)
ピザ生地低温発酵

冷蔵庫から出して常温に戻してから、キッチンペーパーの上で手で伸ばす。(破れそうだったのでちょっと厚めにした)
もっちりピザを焼く2

イースト菌が入っているので気泡も見える。
気泡が見える

初めてにしては上等だった。



秋みょうがが出ていたので梅酢漬けにした。

みょうが300g 熱湯をまわし掛け、水分をふき取ってから2時間風に当てた。
100㏄の酒を煮切って、砂糖大さじ2と塩小さじ1を煮溶かし冷ます。
瓶にみょうがを入れ赤梅酢200ccと酒を入れる。

という手順でやってみた。
以前にカビをはやした失敗の経験があるので今度はどうだろうかとちょっぴり心配ではある。
秋みょうがで梅酢漬け

ここまでは数日前の事。



用事や買い物がいっぱいあったのでアッシー君を頼んだ。
久しぶりに外でご飯を食べてその後はちょっと走って犀川左岸、十九条近辺の堤防を散策しながら彼岸花を堪能した。
樽見線の電車も来たので一緒に編集してYouTubeへアップした。


畑色々 またも蟻に噛まれた

ホウレンソウを蒔いたけど種が古かったせいか発芽しなかった。(湿ったペーパーに包んで48時間置いたけど)

新しい種を買ってきて蒔いた。
花菜と小松菜と茎レタスも蒔いた。
種蒔き3種類


ジャガイモは土寄せをして追肥をした。
インゲンはまだ花は咲いていないがツルは伸びてきている。
期待しているいんげんとジャガイモ

もう一つ、もしかしたらとちょっとだけ期待しているのがカラーピーマンの黄色。
足元から新しい枝が出て来て花が咲いている。
もしかしたらと期待するカラーピーマン

喜んで見回りをしていたら、寒菊の様子が怪しいので株元をちょっと探ったら、ものすごい蟻の大群がいた。
粉剤のアリ殺しをふりかけたらそりゃ大騒動をしていた。

すぐに立ち去れば何事もなかったのに、懲りない私を1匹のアリがズボンの中へ侵入して「わが一族の敵だ!」とばかりに、三ヶ所も噛んだ。

大慌てで風呂場へ行きシャワーでどんどん水をかけ蟻酸を洗い流したつもりだった。
勿論薬も塗った。

しかし、蟻の執念はすごくて翌朝には熱まで持った赤い張れた足になっていた。
痒いけど掻かないようにしてひたすらに薬を塗っている。

クリックで蟻の死んだありさまが拡大する。(ちょっと気持ち悪いかも)
アリを殺したら

息子を真似してパッションでゼリー

息子の所へパッションフルーツを嫁に出した。
「しわしわになったら食べてね」と言って・・・

ブログにゼリーを作ったと写真付きで書いてあった。

「そうか、その手もあるのだな」と真似してみた。
残っていたものすべてを切って中身を取り出し絞った。
息子もこの絞るのに苦慮していたようだった。

流しの排水溝にセットして使っているストッキング様の袋を使ってみた。
いい具合だった。
絞ったパッション

このままでは酸っぱすぎて食べられないだろうからと、オリゴ糖を追加して味を調整し、ゼラチン溶かしの水50cc、合計300ccを固めた。
ありあわせの容器で固める
さてお味は如何?



自分にしては上出来!
結構暑い日が続いているのでより美味しく感じたのかもしれないが・・・
パッションフルーツゼリーの出来具合



おはぎと彼岸花

秋分の日で全国的に祝日だった。

お彼岸の入りに団子を作った残りの黄な粉がある。
既製品の小豆の粒あんも、もち米もあるので朝からおはぎ作りをした。
お彼岸のお供えのおはぎ

お供えだと言いながら、結局は自分が食べたいのである。
最近は主人も甘いものも食べるようになったのでこうした物も食べてくれる。


土曜日のレッスンはステップとヨガ。
これはどうしても受講したいので「午後から彼岸花を見に連れて行って」と頼んでおいてスポーツクラブへ。
いつもはレッスンが終わってから30分は水中歩行をするのだが今日は15分にとどめて急いで帰宅。

おはぎを3個たべて「はい。出かけられます」と言ったのが13:30分。

岐阜県海津市南濃町志津の津屋川の彼岸花見物へと出かけた。
4分咲き・5分咲きと言われていたが、陽の当たるところでは満開だった。
津屋川堤防の彼岸花

南濃梅園傍の駐車場へ入れ、北側の橋まで行き、村中も歩いてみようと周回した。
素敵な花飾りをしてあるお家もあった。
志津部落のお家



ここまで来たのだからと願って木曽三川公園センターのコスモスの具合を見に行った。
ちらほらと咲きだしてはいるが、大きくなったのは風で倒れてそこから立ち上がり中である。
公園センターのコスモス

通りのセンターのコスモスは全部摘芯してあって脇芽が伸びだしていた。

確認したので直行で帰宅した。

帰宅は17時。3時間半のお出かけだった。
地区の神社の彼岸花を確認に行ったら、咲いてはいた。

風で折れた木の枝なども散乱しているのが見受けられ、ちょっぴり残念!な気持ちである。
津神社の彼岸花


追記
自分ではきれいな写真が撮れません。
津屋川の彼岸花を23日に写された「自然風の自然風だより」さんの「津屋川の彼岸花風景」で素敵な写真を見て下さい。
クリックするとより大きな画像が見れます。

餃子を焼く 大学芋を作る

羽根つき餃子って作ったことがない。

NHK今日の料理でやっていたのでチャレンジしてみた。

包んだ餃子を円形に並べ(隣同士くっつかないように大きめのフライパンで)熱湯で溶いた小麦粉液を流し込んでから点火して焼くのだそうである。
最初の油はなでる程度だったのが驚き。
初めての羽根つき餃子

いもこさん流大学芋もフライパンで作った。
大学芋2017
テーブルの上に置いてあるので、一つ減り、二つ減りしている。
おいしいんだなあ、これが・・・


真剣に読んでいる本は谷村 志穂「移植医たち」。
移植医たち 谷村志穂

フィクションだが取材は現役の人たちからなのでリアルである。
遺体から臓器を受け取るための仕事も、それを運ぶのも、ましてや移植するのもすごい事である。
移植して閉じてからが勝負だという(拒否反応など)。
コーディネーターの仕事も重要みたいである。

本を読んで感動しつつも、自分が臓器提供者として登録はしていないのだがら遺憾である。

処分できた物、保留の物

ほんのちょっぴり自分の本の処分をした。
自分の本をまず処分

何故かカセットテープが残っていた。
これは即座に捨てた。
カセットテープは捨てた


いいおじさんおばさんになっている子供たちの文集とかがまだ置いてあった。
捨てようとしたが出来なかった。
処分できずに物と場所へ


午後はパソコン同好会へ出席し、次回にやるものなどを提示して貰ったり、前作品を提出物と出来るように印刷などをした。
(自分はまだできなかった)

大急ぎで帰り、補聴器の点検に行った。
夏を過ぎて不調になっていないか調べたり、前回の検査でちょっと足りない部分を補うように調整して貰った。
乾燥剤と電池を購入した。
「次回は今年中にもう一度来てください。電池も消費の期限がありますから古い物から使ってください」と注意を受けた。

3ヶ月後に忘れないように行こう。


お団子を供える

彼岸の入りである。

いつもなら既成のの団子を買ってきて供えるのだが、寄った店がドラッグストアでお彼岸団子は見当たらなかった。
粉は売っていたので買い、ついでに黄な粉と緑の粉を買って来た。

夕食後粉を練って団子にし、茹でてから粉をまぶした。
お供えした。
お供えの団子

二人も試食した。「美味い!」だそうである。
仏さまも喜んでくださったろうか?

スポーツクラブからその足で図書館へ行く通り道にはこんなかわいい子供たちが迎えてくれる。
出迎えてくれる子供たち

みのむしがぶら下がっていたので取ってやった。



19日に出かけた河川環境楽園の中のながれをテーマとした木曽川水園の風景を動画にした。
初秋の雰囲気が出ているだろうか。




白菜の定植

朝、パソコンで自分のブログを確かめていたら「ええ天気やなあ」と水を向けられた。
自分も出かけたい気持ちはあったが畑で半分倒れたような花や野菜を直したり、野菜の手入れもしたい。

「昼前にちゃちゃっとやるで、それが済んだら連れて行って」と頼んだ。

まずは、ピーマンやシシトウ・ナスやネギ・ゴーヤなどを起こしたり、始末したりした。
その後は、たった10株だけど、購入した白菜苗を定植した。
白菜2種類

白菜定植

これが結構面倒である。
起こしてはあるが、もう一度溝施肥ををし、根切り虫など用の殺虫剤を混ぜてからマルチを敷く。
普通の白菜は間隔を40センチ取りたいが無理なので35センチ。ミニ白菜は間隔を25センチとした。
狭すぎるのは分かっているがやむを得ない。
虫よけネットを張るのも結構時間がかかる。

大根の間引きをして、茎ブロッコリーの駄目になった所へ捕植をする。
いずれもネットをいったん外して作業をし、再びしっかりと張らなくては蝶々が入っって卵を産む。
大根間引きと茎ブロッコリー捕植

ジャガイモよし! ホームタマネギよし!
9月19日ジャガイモとタマネギの現状

あれこれやって約3時間。
昼ご飯はパンなど済ませてお出かけした。

何処へ?
「河川環境楽園・アクアトト」
水族館無料のうちに

きっといもこさんも行っているだろうなあと思いつつ・・・


里芋の親芋

わっ!
テーブルの上に里芋の親芋が2個入りが2パックも・・・
親芋購入

リンゴも買って来たみたい。

リンゴはいいのだけど親芋を4個もどうするの?

昔人間の二人とも子供の頃は里芋の親もちゃんと食べさせられた。
「腹減ったー」と帰って来ると「芋の煮たのがあるで食べよ」と子供たちのおやつだったような気がする。

ご希望に応えてこの2個を昔風に煮た。
煮た親芋

二人で朝な夕なに食べたので足掛け2日で食べきった。

流石に連日は自分も嫌なのでちょっと間をおいて、次の1個は茹でて味噌を乗せて焼いて食べた。
茹でてから焼いて親芋

やはりおなら製造機のような気がする。



「眩(くらら) 北斎の娘」は期待が大きすぎたせいか感動ものという訳にはいかなかった。
映像美としてお栄の着物などの色あいは原作では想像も出来なかった良さがあるけど。
宮崎あおいは自分としてはミスキャストのように感じた。
動作などはいいのだが声がきれいすぎるのがねえ。

と、いちいち文句をつけながら観たテレビドラマだった。(珍しく生のままで観た)

原作が良すぎた?約1年前に「借りてきた本たち」として感想を書いている。

残り野菜を冷凍保存

残った野菜などを刻んで、混ぜて、冷凍保存。

刻み野菜を冷凍保存

前にも保存してあった。
以前のミックス冷凍野菜

こちらの一部をコンソメ味のスープにした。
まあ、それなりにいけまっせ。
su-pu.jpg


味付けは洋風・中華風・味噌汁と何でもOK。
汁物だけでなく、炒め物にも使える。

手抜きだが、萎れさせたり腐らせたりするよりはいいかな?



三度目の殺人じゃなくて三度目の「そして父になる」を観た。
何度見ても素晴らしい。
脚本も書いた是枝監督がいいのだろう。

ただ、今回は民放だったので、いくらコマーシャルをカットして観ても感情がぷつんと途切れてしまうのが残念だった。
もう一度放映されたらまた観る? yes。

今夜19:30NHK放映の「眩(くらら)-北斎の娘」は朝井まかての原作も読んでいるし、「今この国で出来る最高の作品だ」などと批評が書かれていたので絶対見なくちゃと思っている。


台風対策の手抜き

台風もまず雨からやって来ている。
本体はまだなので風は吹いていないからアッシー君でスポーツクラブへ行き、お迎えアッシー君で一緒に食品などの買い物も済ませた。

数日は買い物に行かなくても大丈夫。

パソコンをしている部屋は南にあり、この元玄関には雨戸がないので大きい台風だと古い不要になったが残してある板の雨戸を打ち付けるのである。

ベニヤが駄目になったので張り替えて用意したその雨戸を打ちつけようとしたのを「ちょっと待って!」と止めた。
まだ早い!暗くなって嫌だ!と折角やってくれようとしたのを断ってしまった。

グリーンカーテンのパッションフルーツで風除けになって貰うという算段。
実は全部収穫したし適度な葉の付き方なので少々の風もかえって防風対策だ考えたのである。
(しっかりと結索してある)
17日になって強風が吹きそうなら古雨戸を付けて貰えばいいとのんきに構えている。

風除けカーテン
転がしてあるパッション


午前9時では雨も降っていない。
敬老会のイベントは中止になったが食事やお土産は届いた。
敬老会は中止だったが


誠にご苦労さまである。
昼食にいただきます!

敬老会デビューならず

我が地区の自治会主催の敬老会は17日に予定されていた。

今年初めて招待状をが送られて来たので、行けるうちに一度くらいは出席したいと返事を出しておいた。
ところが「台風18号接近で17日の敬老会は中止いたします」と広報の放送か流れた。

あちこちで「敬老会デビューするでね」としゃべっていたが残念なことになってしまった。

主催者はこれを決定するまでには協議を重ね、役員やお手伝いの皆さんなどへの連絡と大変だっただろうと思うと、中止になったと残念がるのは失礼かもしれない。

雨が降り出す前にと金曜日の夕方には畑で夏野菜のシシトウやナス・ピーマン・オクラやキュウリの小さいのも千切り、台風で倒れても傷んでも後悔のないようにした。

花などは適当に剪定して枝透かしをしたり、動かせるものは風のあたりが少ない陰へ持って行っておいた。


通り道の川岸に彼岸花が咲いていた。
ちょっと前に草刈りがされたらしく、彼岸花は難をのがれすっくと立ちあがっていた。

土手の彼岸花

家ではコムラサキが色づいていた。
コムラサキ色づく


追記
16日朝、7時前に玄関チャイムが鳴った。
この時間に来られるのはご不幸のお知らせかと思って出た。

自治会長さんが「敬老会は中止になりました」と、この組の出席者一覧表をチェックしながらの来訪であった。
「広報の放送だけではいけないので」との事。
中止も大変な事だとつくづく感じてしまった。お世話様です。

という訳で明日は台風接近だし、時間が余りそうなので、民放「そして父になる」(これで見るのは3回目になる)とNHK「オー・ルーシー」を午後9時から同時に録画予約した。
これでごろ寝の日になる。


電池の場所は?&フォントで外枠

トイレのリモコンに電池が残り少ないという表示が出た。

リモコンの電池残量


あれ?電池はどこにあるのだ。
情けない事にはわからないので便器の説明書を開く。

説明書で


ああ、そうだった。
このリモコンは引っ掛けてあるのでまっすく上へ持ち上げれば外れて、その裏で電池の交換をするのだった。
無事終了した

何年か前にやったことがあるのを思い出した。
やったことは思い出したがどうやったかを思い出せなくて情けなかった。



sachiさんのw1142の作り方でキバナコスモスを入れ、外枠はフォントを連ねて作ってみた。(いもこさんから教えて貰った)
w1142キバナコスモス


同様にフォントの外枠。taiさんの既成枠をお借りして画像はツルムラサキ。
taiさんの既成枠とnekoの大外枠ツルムラサキ350


四角の隅がうまく揃わないというか、ずれているがそこは目をつむることにした。

畑仕事種蒔きなど

畑などというと笑われそうな狭い家庭菜園。
しかし、二人家族が食べる野菜のうち、かなりの割合で自家品が占める。

秋冬野菜のシーズンであるからやらなくちゃと朝食前に一仕事をした。

大根種蒔きしたよ
むしたちよ来ないで1

とは言いながらもまだ名残りの夏野菜も残っている。
ナス・ゴーヤ・ツルムラサキ・シシトウなど。
野菜を食べようね

こんなかわいい姿を見たら切り倒せない。
20170911超新星での色づけキュウリ入り

いもこさんの手順の枠に入って頑張っている。

本読みに終始する

雨が降っているしスポーツクラブは休館日なので、ほぼ一日中本読みとテレビ録画を見て終わった。

本は読みかけの「晩夏の墜落」を終えて、諸田玲子の「ともえ」に取り掛かった。
諸田玲子 ともえ


松尾芭蕉と河合智月の交流と木曽義仲と巴のことを交錯させながら、どうして芭蕉の墓がこの大津の義仲寺の義仲と巴御前の墓と並んであるのか?
その秘密を諸田玲子は大津の芭蕉門下の女性俳人である智月にあると読んでの小説である。


テレビ録画はさだまさしの「今夜も生でさだまさし」の奈良編をようやく終わりまで観た。
チャリティコンサートでテツandトモが「NHKなのに商品名を言うのはどうしてかな?」と言っていた通り、サロンパス・モーラステープ・サッポロビール・トヨタなどと次々に出て来るのには大笑いした。

さだまさしが意見を言ったりすると隣のひとが「個人的な意見です」と書いたボードを見せるのも面白い。
今回は奈良の博物館の中の普段は公開されていない所からの放送だったが、普段より長い時間(2時間以上)の生放送だったから大変だっただろうなあと今頃録画した放送を観ながら言うのも゛いとおかし”ではある。


もう一つのおまけは公式テレビポータルTVer(ティーバー)で「サワコの朝」でさだまさしが出演しているのを見たことである。

サワコの朝

この番組は、9月16日の朝、7時29分まで配信されている。

苗が追い付かない

トマトやインゲンを整理して耕し、植える場所は確保できたのだが茎ブロッコリーの苗がまだ小さい。
もう少し辛抱しよう。
場所は確保したが


大根やホウレン草も蒔きたいが、こちらももう少し辛抱して気温が下がってからにしよう。

というわけで、畑仕事はお休みして本読みした。
ノア・ホーリーの「晩夏の墜落」
作者は全く知らないけどをアメリカ探偵作家クラブの最優秀長編賞をとった作品だから結構深くて読みごたえがある。
ノア・ホーリー晩夏の墜落


超金持ちのプライベートジェットにたまたま同乗することになった画家が墜落した海から泳いで帰還する。
その金持ちの4歳になる男の子を背中に乗せて・・・

という場面から始まるミステリである。

保険証を探す&スープうどん

最近は生命保険会社から年に一度は内容確認などに来てくれる。
先だっても主人の払い込み済みの保険会社が来た。
ここは代理人請求の手続きがしていなかったのでそれをしたらしい。

自分のも9月の契約なのでそろそろかな?と保険証を出して用意しておこうとした。
ところが一つは終身なのでいいのだが、もう一つは数年前に契約をしたはずなのに古いのしか見当たらない。
焦りながらも「落ち着いて、落ち着いて」と言い聞かせてあれこれの保険証を順番に見て行った。
でも無いのである。
告知して胃潰瘍をしたので5年間は胃関係の病気の保証がない契約を確かにしたことは覚えているのである。

もう一度それらを仕舞ってある場所を見たら、大きな書類袋があってそれがそうだった。
やれやれ。 父さんに告白した。笑われた。
これで連絡があっても何時でも面接できる。



キャベツ・タマネギ・ニンジンを切ってジップ袋で冷凍保存してあったものをスープにして食べた。
残りがあったのでこれまた冷凍うどんを入れて洋風スープうどんにして食べた。
黒コショウをふりかけて・・・ 結構いい味だったが緑やさいが足りなかった。

スープうどんは黒粒胡椒

絵本三冊に癒される

先週に続いて童話を借りてきた。
「りんごかもしれない」は予約して。
後の二冊は「館内用の本です。貸出可能な在庫があるかは受付でお尋ねください」とあったので尋ねた。
両方ともあった。
童話を三つ

「はらぺこあおむし」は本の作りが素敵だった。
リンゴをたべた。イチゴを食べた。と、食べた数によって小さいページから大きいページにになっていく。
そして満腹になったあおむしがさなぎになって蝶になる。
はらぺこあおむし

 「はらぺこあおむし」はYouTubeでアニメになって登場している。
本そのままのアニメである。

ほっこりとした気分になった。



スポーツクラブ在籍30年記念品を貰った。
今治のバスタオルだった。

受付嬢にはがきを渡したら「わあ、30年ですか」と驚いていた。
彼女が生まれて間もないころからここへ通っているんだよ。

「今後ともお元気でおいでください」との言葉を貰った。
記念のバスタオル

重陽の節句で菊茶が用意されていたので紙コップで頂戴した。

本当に最後

パッションフルーツの最後の一個。ミニトマトの最終。

最後のパッションとミニトマト


パプリカを全部倒さずに残してあったのがちょっぴり黄色くなったので今年最後のラタトゥイユにした。
(ミニのズッキーニの半分が冷蔵庫に残っていた)
息も絶え絶えのパプリカ


この夏の元気は、たくさんのトマトやこれらの野菜から貰ったような気がしている。
ありがたや、ありがたや。

合計で二十二里?

掘ったばかりのサツマイモを頂戴したのは確かお盆の前だった。
一個だけは天ぷらにして食べたが、サツマイモは追熟させるとより甘く美味しくなると聞いていたのでじっと辛抱していた。

早生の栗を頂戴した。
これは早く食べた方がいいので早速栗ご飯にした。
うるち2合:もち米1合を使った。

栗を食べるならサツマイモも。
甘辛味に煮た。
合計で22里

秋・秋・である。
下さった方たちに感謝しながら大満足であった。ありがとう!



晩生のタマネギなのに病気だったせいか腐り始めているのもある。
よく観察して危なそうなのを探して調理した。

カボチャやジャガイモのポタージュに使い、単独でとろとろ玉ねぎにして、いずれも冷凍保存した。
タマネギを使ってポタージュ

タマネギだけのスープも作った。(写真撮り忘れた)
これも結構おいしかった。

完全に食欲の秋である。

通行止めで

ちょっと広めの道路なのだが、また拡幅工事のため通行止めになっている。
近くに何やら出来るとかなのでその為の用意だろうか?
通行止めにつき

自転車で出かける時、車の通らないような田んぼ道を使っているのだが、この通行止めの影響で普通の車が田んぼ道を通るのでしばしば立ち止まって降りて車が通過するのを待ったりする。
「気を付けてね」と言葉を掛けてもらうので横着な走り方はしないようにはしている。


水田の稲は穂が出掛かっている。
手入れをしてある田んぼとそうでない田んぼが隣り合わせだった。
水田もいろいろ


昔人間の自分は、稗などの実がいっぱいある田んぼを見ると何やら寂しい気がする。
(事情は色々あるだろうから外野がとかく言う事ではないが・・・)

宿儺(宿儺)カボチャ

宿儺かぼちゃは岐阜県高山市丹生川町の特産品だそうで、登録商標されているそうな。
登録商標スクナカボチャ

すくなカボチャと呼べる本物の苗は、宿儺(すくな)かぼちゃ出荷組合に加入しないと入手できません。しかし、このカボチャから種を採り、自家栽培した苗が直売所やホームセンターで売られています。商標登録に抵触するため、「飛騨かぼちゃ」「長かぼちゃ」「スクナ系かぼちゃ」「ながちゃん」の名前であります。


とあるので、主人の弟が自作のすくなカボチャだと言って持ってきてくれたものは(苗が売っていたそうだ)宿儺系カボチャというものかもしれない。

大きさは60センチ以上あったそうで、その真ん中あたりを頂戴したらしい。
貰ったスクナ(?)カボチャ

自分のスクナ風カボチャはもうとっくに食べてしまっていたので美味しく頂戴し、種を採って置いた。



パソコン仲間のいもこさんが自分で考えたJTrimでの作品と作り方手順を公開して下さってる。
そのまま真似してやるだけの自分だが今までのを纏めてスライドショーにしてみた。
このスライドショーはオンラインで作ってくれるのをダウンロードして貼るだけ。
ここのありかもいもこさんの紹介である。
おんぶにだっこであるが、感謝していることをここに表明したいと思った。ありがとう!

画像の切り替えは何もなしにして、一つ一つを観て貰いたいので表示時間を長くしてみた。

bloggif_59af3083970c6.gif

芽が出た出たジャガイモとタマネギ

床下へ置いておいた秋植え用のジャガイモや如何にと取り出して見た。
順調に来ているので、雨を待たずに植えた。
デストロイヤー12個と追加でアンデスレッド8個。
上手くいったらご喝采。駄目でも泣かない。
2017デストロイヤー芽だし

8月15日にプランターへ植えたホームタマネギも緑の葉が出て来つつある。
畑へ入れたのも同様になっているのでちょっと楽しみ。(吊るして保存してあるタマネギが腐るのも出てきた)

ホームタマネギ発芽





すぐ近くの家で一人暮らしをしていた男性が亡くなってから大分経つ。
家の中で倒れているのを兄弟の方が発見し入院されたけど亡くなったと聞いた。
何か発作が起きたらしく、車が普段の所より前方まで行き、物置に突っ込んだ状態だったとか。

大きな夏ミカンの木があったけどずっと生ったままで放置されていた。

この数日、兄弟の方たち?が来て、木を切ったり、物置を壊したりとされている。
家そのものはどうされるかは知らないが、玄関先の屋根に夏ミカンがゴロゴロ乗っているのが何とも寂しい。

主が死去されて名残りの夏ミカンの実

始末して食べきろう!

少量ずつしか作っていない野菜たちも、ちょっと食べないと冷蔵庫にたまる。

うっかりして捨てることになっては野菜たちに申し訳ないので何とか工夫して食べつくす。

自家種のキュウリも一時はちゃんとした物だったがさすがに終盤になって腰まがりなどになって来た。
それらをまとめて調理した。
名残りのキュウリで漬物

自家種の甘長トウガラシの発芽が不調だったので万願寺トウガラシの苗を1本だけ買って植えておいた。
毎日少しずつ採って来ては冷蔵庫へ。
これもうっかりするとかなりの量が溜まってしまうので「エイッ」と全部調理した。
万願寺トウガラシの食べ方

さだまさし&高校生ボランティアアワード2017

さだまさしのファンである。

8月26日の「今夜も生でさだまさし」の録画に続いて27日にチャリティコンサートも録画しておいた。
見よう観ようと思いながら一日伸ばしで、先にコンサートの方を観た。

タイトルを見て風に立つライオン基金とかあるので海外で頑張っている人への募金集めかと思った。

海外への応援だけではなかった。
さだまさしが、創設した「風に立つライオン基金」という公益財団法人の応援の一環で、前日に行われた高校生ボランティアアワードの様子と共に、前日参加した高校生たちも招待してのチャリティコンサートだった。

コンサートの出演者たちも当日だけでなく、前日の高校生の発表の場で皆と交換していたのが印象的だった。

コンサートでのゲスト


さだ自身の曲は選び抜かれていて、その歌詞をもって若者たちに言葉を贈っていたと思う。
コンサートでのさだの曲
締めの曲は風に立つライオン

より一層彼のファンになった。

風に立つライオン基金

メンバーズカード

スポーツクラブ更衣室のリニューアルに伴って個人会員のメンバーズカードが更新された。

新メンバーズカード

何故か在籍年数で色が違う。
開業以来の在籍なので30年以上。支払った金額も計算するとすごいことになっている。
最初から法人会員になって置けばよかったのだが、その頃はまとまったお金もなかったし、10年償還だったのでそれほど長い事このクラブに通ううとも思えなかったので個人の会員にしていた。
法人会員は少ししたら募集が亡くなってしまったので致し方なく個人のままである。
夜には行かないのですべての営業日の夕方6時までのデイプラスというクラスにしてある。
現在の会費、税込みで6,588円は高いか安いか?

自分にとってはヨガなど無料のレッスンも時間さえ合えば受けられるし、プールでの歩行などもいい運動だと思っているので、できるだけ通ってこれからも日常生活が支障なく過ごせるようにしたいと思っている。

1日から個人会員は上記のカードで自動でチェックインしそのままロッカールームへ。
自分の好きなロッカーを開いてカードを差し込み扉の鍵を掛ける。(鍵は身に着けている)
帰りも自分でチェックアウトする。

朝行ったら、マネージャーが外でこのカードを使ってのロッカーの使い方を説明されていた。
ロッカーの開け方などの説明


受付の卓上の読み取り機にカードをかざす。「ピッ」と鳴った。
以前は受付嬢がやっていてくれた仕事である。

更衣室は床もきれいになっていたし、ロッカーは縦長幅狭い・チョット幅広で上下二つのもの・横幅広く上下3段の物と三種類があって「お好きな場所でお好きな形」を選べるようになっていた。

やはり初日とあって「どうするの?」とか「こうでいいんじゃない?」などといつもより賑わしかった。

さて今月は何回通ううことが出来るだろう。


NHK「あさイチ」で福山雅治が出ていた。
あさイチで福山雅治 
福山雅治の生出演を少しだけ観て、後は録画して出かけたので、帰宅してからまず一番にそれを観て楽しんだ。
是枝監督の「三度目の殺人」のプロモーションで出演。
役所広司が殺人をしたとされ、その弁護士役が福山である。観たくなるなあ。

是枝監督の「そして父になる」は本当にいい映画だったから、今回も期待を裏切らないと思うのである。



運動お休み4日目は

スポーツクラブが更衣室のリニューアル工事を行うとのことで、定休のほかにあと2日つけ、合計4日間の休館となっていた。

「4日間、どういう予定や」と言う主人に、「畑仕事・草むしり・美容院・医者」と何処へもアッシー君を頼まないとのスケジュールを伝えていた。

畑仕事や草むしりなどと言っても一日中やるわけでもないが、ざっと予定していたことは出来た。
最後に残っていた葉ボタンと茎レタスのポットへの鉢上げも済ませた。
ポットへ上げた二種類

どれだけの物が生き残るかわからないけどこれをやって置けば少しは望みもあるというもの。


ビオラの鉢に土が入ったままにしてあったのをやっとふるいにかけた。
黒いビニール袋がないのでマルチシートに包んで日光消毒をするようにした。
黒色で日光消毒


パッションフルーツの花が咲きだした。
蕾があるのでとブログネタにしようとしたら、一日後には開花していた。
9月咲きのパッション花芽

一日後には開花していた


夏休み中に整理をするつもりだったパソコン内のブックマークは尻切れトンボのままで9月に突入となってしまった。

1日からまたスポーツクラブへ通うつもり。
会員カードも新しくなって、そのカードを使っての自動受付やロッカーの開閉もするらしい。
1日目の朝はちょっと混乱するかもしれないが、きっときれいになっていることだろうと楽しみである。


プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから9年目に。

ホームページ・掲示板・ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

HP・ブログ共 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索