FC2ブログ

ピーマンとシシトウとオクラの撤収

22号は結構強い風も吹いて野菜が傷んでいた。

オクラ3本とピーマン・シシトウ各1本を撤収した。
シシトウピーマンを撤収


我が家は虫の住処?
大きなタカアシガニのようなクモがのそりのそり。
視界の片隅に動くものはカメムシ。

いずれも死んで貰った。
クモとカメムシ


なべちゃんが仲良しグループでやったよと、Photo Scapeを使ってコラージュっぽい物の作り方を書いてくださった。
忘れないうちにやってみた。
琵琶湖の思い出Photo Scapeで


だらけた日

目覚めたのが午前7時。
普通は起床するのに、トイレへ行ってまた布団にもぐり込んだ。
次に目覚めたら9時だった。

雨だけど洗濯機だけは回して後はだらだら。

テレビの予約を確認したり(生さだ・君の名は。など)昨夜は早く終了したパソコンのブログ巡りをしたりしているうちに時間は過ぎ去る。
画像加工をやったのでそれをこのブログに貼って終了である。

台風の雨が強いのがちょっと心配な午後1時である。

sachiさんのw1156の枠に100均マクロレンズをつけて撮ったスマホ写真を入れた。
写真はすべてぶれている。
それもお愛想の内と思う事にした。
Sachiさんw1156にスマホで写真


久しぶりにミシンが働いた

ご主人が透析を受けられている方からミシン仕事を依頼された。

透析中に今までは半そでのシャツ(下着)だったが長袖に変えようとしているが、袖口を上げるとしっかり締まりすぎて具合が悪い。
左袖口だけ締まる部分を切り離して始末して欲しいとの事。

ロックミシンを処分したので三つ折りになってもいいかを確認して預かった。
ジョキジョキと鋏を入れて縫うだけなのであっという間に出来た。
左袖口カット

タオルで台ふきんも縫った。

あっという間のお仕事に手の込んだ夕食を頂戴してしまった。
頂戴したロールキャベツ

ミシンもプリンターと一緒で、たまには運転させなければいけないだろうな。

「Windows 10 Fall Creators Update」

自動で更新するようにしてあるWindowsのアップデート。
まだだろうと思っていた「Windows 10 Fall Creators Update」がなされた。

「更新履歴」をちらっと触ったらアップデートが始まった。
時間がかかるとか聞いていたので、終わるまで傍にいたいと思い、テレビを見ながらチラチラと覗いていた。
1時間15分で終了した。

タスクバーに「People」というアプリが出来ていた。
言語バーが消えていた。
これは検索したら三つのやり方があって、順番にやってみたけどいずれもタスクバーには表示できなかった。
夜も更けていたので、翌日にもう一度やってみることにした。

翌朝には言語バーは現れていたのでやれやれであった。

バージョン情報で本当に1709になっているか確かめようとした。
いつもは設定から「バージョン情報」を見に行くのでそのようにしたら出ていない。
設定から見に行ったら

エクスプローラーのファイルから見に行ったら1709になっていた。
エクスプローラーからバージョン情報

1709になっていた




ようわからへん。わからへんけどパソコンの空き容量が17ギガくらい少なくなっていた。
更新を元へ戻さないのなら

Windows 10 Fall Creators Update」で新たに追加された“ストレージ センサー”を利用するとよいでしょう。


という記事を見たので、1週間か10日かして更新を元へ戻すことが出来なくなるまでは、現状で過ごし、上記のストレージセンサーとやらを使って以前のバージョンを削除したりして空き容量を増やす方へ持っていきたいと思った。

極早生玉ねぎを植える

好天気なので畑仕事をしなくちゃ。
早いタマネギを植えたいのだがまだ苗が買って来てないのでアッシー君を頼んだ。

産直の店へ行ったら極早生玉ねぎ50本単位で売られていたので即購入。税込みで300円だった。
「貴錦」という品種名である。
この産直の店へ来たらそれだけでは済まない。
リンゴ・柿・おはぎ・おこわ・白菜・シメジに牛蒡など段ボールいっぱい買ってニコニコ。

おこわを食べて力をつけ、穴あきシートを張ってタマネギを植えた。
「どうか、べと病になりませんように」
ホームタマネギと極早生玉ねぎ

ちょっと見ぬ間に虫がついてボロボロな白菜や小松菜たち。
ちょっと見ぬ間に虫が

畑のちょっとした隙間に、花菜やスターチスをポットから移植したりもした。
真っ青な空で気持ちがよかったが腰は痛くなった。

本日の青空に似合う花。アメリカン・ブッシュ・セージまたの呼び方はアメジスト・セージ。
真っ青な空にアメジストセージ

柚月裕子「孤狼の血」

柚月裕子「孤狼の血」を読み終えた。
柚月裕子「孤狼の血」 

この著者の本は初めてで、女性が警察とかやくざの抗争を書くとは思っても居なかった。
作者名を知らなかったら著者は男性だと思ったような書き方である。


昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す大上のやり方に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが……。

映画にするなら主人公の悪徳刑事は誰だろうとか若い刑事役は誰だろうなあと想像したりして楽しんだ。
あれ、本当に来年5月封切りの映画になるそうで、主役は役所広司・若い刑事は松阪桃李だとか。
ぼちぼち配役が決まりつつあるような段階らしい。

本は、ただ単に警察小説というだけでなく、ちゃんと最後におちがあって、「頑張れよ、若いの!」という風に思える爽快さもあった。

本日の画像遊び。
きまぐれさんの2012年のテキストで 

ひよこにsachiさんの外枠20 

少しだけ畑へ

午前は定期の医者通い。
今回は膝の注射のほかに、後期高齢者の健やか健診と風邪の具合も見て貰った。(ついでだから)

膝に注射をし、腕からは採血。
「喉がちょっと赤いけど、胸の方は雑音もなし。薬を出しておく」で済んだ。
この薬は眠たくなるのが難だ。

畑へ行ってゴーヤの始末をし、ツルムラサキも虫食いだらけになった来たので撤収。(大きなヨトウムシが居た)

ツルムラサキ撤収

台風の風で傷んだインゲン


柔らかいネギが半分に折れていたり、ネットの中なのに白菜が傾いていたりした。
これらはそのまま放置した。

何もせず

台風後の片付けをしようとしたがまだ風が強いという理由をつけて何もしなかった。

畑ではせっかく生りだしたインゲンの葉っぱが傷んだり、ジャガイモが元気よく伸びていたのがばったり倒れたり、その他諸々あったが目をつぶって手当をしなかった。

洗濯物だけはきれいに乾いてすっきりとした。

テレビの前で2015年アメリカ映画「エベレスト3D」。1996年大量遭難の実話に基づく映画。
ドキュメンタリーでBBC Earth2017「イエローストーン 七色の泉と白い雪解け」の冬・春・夏と3本。

水っ洟をかみながら、じっくりと鑑賞した。
エベレスト3D-1

映画館で3D眼鏡をかけてみたら圧倒されただろうと思った。

いもこさんの新しい枠づくりを真似してハロウィンお化けでちょっぴり遊んだ。
20171023スポットライトとフェードアウトで作る枠ハロウィンお化け


台所とテレビの前で過ごした日曜日

雨が降る前の土曜日には野菜などを採ってきた。
雨が落ちて来る前に

日曜日は選挙に行って来てからは、台所で半日暮らした。
午前中は台所で

スマホに入れた音楽を聞いたり、ラジコ(インターネットラジオ)のアプリをスマホに入れてラジオも聞いてみた。

うがいをしたり、鼻水をかんだりと忙しくしながら…
うがいとスマホでラジオ

午後は録画しておいた映画「scoop」(福山雅治・リリーフランキー・二階堂ふみ・吉田羊などが出演の2016年の映画)を観た。

中年パパラッチのカメラマン役は今までの彼とは違う事を強調している役だったが、やはり最後はかっこよく死んでゆく。
リリー・フランキーって気持ち悪い役をやらせたら本当にすごい。
「そして父になる」の二人を思い出し、端正なエリートの福山と田舎の電気屋のおっさんというコンビとはちょっと違うなあと思った。

こんな映画、全然知らなかった。
ということは、全くヒットしなかったのだ。

風邪をひいたらしい

金曜日からのどが痛くなってきた。
喉周辺がポーっと熱っぽい。

市販のうがい薬でひたすらうがいをしているが咳も出だしたし、くしゃみも出るようになった。
今のところ熱はないので医者へは行かなかったがさてどうなるだろう。


いもこさんが、JTrimを使っていろいろな枠を作り、やり方もオープンにして下さっているのでひたすら真似をしている。
本当にただひたすら真似をしているだけなので、自身は全く進化せず。
どうしてこうなるのとか、これを使ったらどう変化するのか等と考えればいいのに時間的・精神的余裕もないままである。
(中の画像はトッコスさんほかの方のも使わせていただいている)

それら12枚を使ってスライドショーにした。(記念品である)
セダム地蔵さんまで


いもこさん、いつもありがとう!
これからもお願いしますね。

玉葱の苗

極早生の玉葱苗50本ほど欲しい。

一昨年は10月18日に50本380円で買った苗を入れた。
昨年は10月28日に50本290円で買って植えた。(ちょっと太くなり過ぎていた苗だった)

今年はそろそろだと思っていたらN業屋の折込が入っていた。

Vホームセンターでの買い物があったのでまずそこへ寄ってみた。
極早生と早生の苗はあったが枯れそうになった古いものだった。値段は400円くらいだった。
次におんさい広場という産直の店の玉葱苗を見たけど中生しかなかった。
最後にN業屋へ行った。
しっかりした極早生の苗があったが、50本で600円もした。

「高すぎる」と撤退してきた。

年々苗の値段が上昇している。

極早生や早生はのんびりしていると苗が手に入らなくなる。
しかし、手に入ってもこの天気を見ていると、当分は植え付けも無理なようであるから一度頭を冷やすことにした。

売り切れて、手に入らなかったらそれはそれでいいじゃないかと思う事にした。


簡単夕食
石狩鍋2017



Googleフォトであれこれと虫対策

Googleフォト(クラウド)とスマホのGoogleフォトを同期させた。

スマホで写真を撮るとアルバムに入る。
そこから選んでアップロードするとGoogleフォトに入る。

ついうっかりスマホかパソコンでのGoogleフォトで削除してしまった画像があった。
パソコン本体へ画像が入れてなかったので大慌て。

Googleフォトを開いてゴミ箱を見たら残っていた。(削除してから60日で完全に削除するとあった)
元へ戻して事なきを得たが、今回の事からうっかりさんの自分は、スマホの画像も一旦はパソコン本体へ入れておくのが安全かもしれないと思った。

紛失したぎょっという画像。ヤモリ?のミイラが2匹。
乾燥ヤモリ

嫌いな虫たち。
でかい虫たち


雨降りの時のナメクジ対策用品。
天気のいい時ならこの薬をその辺にばらまくのだが、雨に濡れたら駄目だろうと缶に入れ、ちょっと勾配をつけて雨が入らないようにした。
どなたかのブログで見た方法である。
粒剤をばらまいた時はいっぱい寄って来て死んでいたが、さて雨の日にこれに寄ってくるだろうか。
ビールの缶を洗わずに置けばもっと良かったかも・・・
ナメクジ対策です

午後のお出かけ

午後から岐阜市歴史博物館とメディアコスモスと隣町の図書館へ。

歴史博物館では素描などを中心にしたダ・ヴィンチ×ミケランジェロという特別展が催されている。
絵画も彫刻も全く分からないながら、素描とはいいながら本物の絵などをみれるし、市内の70歳以上の人は無料なのである。
これが一番の魅力だったのかもしれない。
モナリザとかダビデ像とか超有名なものしか知らない彼らだが少しは身近に感じられた。
ミケランジェロ展ダ・ヴィンチと

メディアコスモスでは「信長公ギャラリー」という催しものを見た。
織田信長を岐阜と結び付けての催しである。

CGを使っての居館の映像シアターや3D眼鏡をかけて2分間の空中ブランコなどあったが、気に入ったのは回廊に飾られていた作品である。
挾土(はさど)秀平という高山の左官の人が信長をイメージした作品を作られ、展示のスタイルもご自身でされたようである。
バーチャルより現実がいい。

図書館では、途中までしか読めなかった本を続けて借りようとしたら「リクエストの方がお待ちです」という事で延長は駄目だった。
予約希望の本はまだ届いてなかったので、その辺で適当に見繕って借りてきた。


メディアコスモスでは建築当初から雨漏りがすると報道されている。
岐阜の伝統産業である和傘が正面玄関の上部に飾られていて思わず笑ってしまった。
メディコスかさの展示


やはり嬉しい野菜収穫

おてんとうさまが顔を出したので、長靴を履いて畑へ。

ジャガイモは倒れているし、ネット内の白菜や茎ブロッコリーも窮屈だと言っているけど今日は触れなかった。

片手に少しばかりの収穫物を採って撤退した。
(滑って転ばないように、そろりそろりと移動した)

量は少なくても嬉しい。
ささやかな収穫をする



目の敵にして排除していたのにこんな風に花が咲く。
オキザリスさん、ごめんね。
捨てがたいオキザリスの花


午後には前日に買って来た食料品をあれこれ途中まで下ごしらえしたりした。
その前にテレビの料理番組を見ていた。
料理番組キャプチャ

その中から夕食用に鮭の一口ムニエルを作った。
今日の料理は

大根と里芋の味噌汁も付いたので旦那さんには喜んで食べて貰えたので自分も満足だった。



便利だなと感じた

電話が鳴ることはないが、スマホを一応は持ち歩いている。

スポーツクラブでレッスンの待ち時間に借りてきた本を読むことがある。

今は笹本稜平の「ソロ」という山岳小説を読んでいるのだが、用具の名前や言葉が分からないのが出て来る。
今までは書き留めて帰宅してからパソコンを開いて調べていたのだが、今日は初めてスマホで言葉や用具の形態などをその場で検索できた。
ああ、これは便利だとまず一つだけだが納得できた。

あと一つ発見は、パソコンと同様にスクリーンキャプチャが出来る事だった。
試してみた。
スマホでスクリーンキャプチャ アンドロイドでスクリーンキャプチャ


パソコンでやったことがあるのは何となく安心感がある。

一つずつ読んでいると・・・

スマホの事を調べたりしていると一日があっという間に終わってしまう。

電話帳に登録をする事。
写真の撮り方とそれらをどうするか?
ラインって何だ。
音楽を取り込む方法。
それをボーズのスピーカーを使って聞きたい。

などなど。

ほぼ誰でも知っていることも知らないのだからしかたがない。
今は調べれば何とかなるのでとても便利である。
ラインとは

スマホにこのアプリを入れたらパソコンにも入れると便利らしい。
ラインとは2


少年棋士が主人公のアニメ「3月のライオン」の第2シリーズが始まった。
知っていたわけではなく、たまたま土曜日の午後11時にNHKを見ていて「あらら!」びっくりした。
毎週録画予約をした。

テレビの録画もたまっているし、借りた本も読まなくてはと結構忙しい毎日である。
雨の日で外のことは何もせずに済んだので少しは消化できたかな?



手抜きになった夕ご飯

初めての携帯電話。
ガラケーも持っていなかったので電話番号などの登録を一からやらなくてはならない。
少しずつ始めた。

最初の名前の入力から手こずっている。
住所などは後でやることにしてまず携帯電話と家庭の電話番号を入れ、保存する。
何処へ保存されたの?
自分のGメールだそうである。

本当に保存されているか見てみたら先ほど苦労して入れた連絡先が20以上並んでいた。
此処へ保存されていた

という事は、この連絡先に「新しい連絡先」というマークもあるのなら、ここで入力すればいいのではないか。
連絡先の同期が自動

なんだ、なんだ。片手で「えーとえーと」とやっていた名前などの入力はパソコンでやればいいのだ。
試してみた。
編集で住所を入れ、スマホで確認したらちゃんと更新されていた。


あれやこれやと試しているうちに夕食の準備が遅くなってしまい、こんなもので済ませた。
同様にその前夜は味噌煮込みうどんだった。(一人鍋大活躍だ)
鍋で手抜き


雨に濡れた名残りのバラでお口直しを・・・
名残りのバラは雨にに濡れて


瑞穂の国

雨が降る前の稲穂である。
瑞穂
瑞穂2

一面の黄金色を見て「瑞穂の国」という言葉が思い浮かんだ。

通行途中の横の田んぼは今年は稲を作らず、何やら出来るらしい。
工事も進んで来ている。

そうか、まずはダンプカーなどが走れるような道を作ることから始まるのだなあと橋の上から眺めた。
工事しんこうDSC_0056

側道を作るらしい工事もかなり進んで来ている。
昼休みで工事車両が働いて居ない時に覗きに行って見てきた。
道路の拡幅


通行止めの道では最近はあまり目にしなくなったセイタカアワダチソウが繁茂して、ここは何処の荒野?と思うほどである。
セイタカアワダチソウ繁茂

ちょこちょこと園芸仕事

気になっていたパッションフルーツの仕事、グリーンネットの鉢の物は廃棄した。
それらの鉢に今年育てた物を植え替えが済んでこれでいつでも屋内へ取り込める準備が出来た。
植え替え進む


次は、こぼれ種から芽が出てきたものをポットに鉢上げしてやりたい。
一人ばえをポットに上げた

午前中3時間、午後はパソコン同好会へ行き帰宅してから1時間半園芸仕事をしてとりあえず当面の仕事は済ませた。

畑ではまだツルムラサキが元気である。
まめ子さんに貰って植えておいてよかった。(食わず嫌いも少しは進歩して食べられるようになった)
ツルムラサキで元気を貰った


インゲン、後少しで採れそうだが気温が下がると時間がかかるかもしれない。
インゲンと20日わけぎ

時間が経って・・・

10,11日と暑い(30℃越え)日だったが空は真っ青。
気持ちは高揚した日だった。


前日の朝に切って干したゴーヤは2日間ですっかり乾いて夕方にはジップ袋に入れて冷凍した。
ゴーヤは完全乾燥

Bさんが、朝早く掘って来て下さった里芋は出かける前にバラシて洗って乾かして置いた。
夕食にはもう大根と一緒にごくシンプルに煮ものになってわが腹の中へと旅立った。
美味しかった里芋2017


この間中秋の名月だったのにもう下弦の月になっている。
青空を背景に白く見える月もいいものだ。

青空に下弦の月

外仕事

グリーンカーテンのパッションフルーツ、2株は撤去してあったがあと2鉢は枝を落としてそのままだった。

4鉢をひっくり返して茎や根っこなどを取り出し、葉と共にゴミ出しとする傍らで土はコンポスト内へ被せる土として取って置いた。
今年のは廃棄したので来年用にと元気に秋の実がなっている鉢を切り戻した。
大きめの鉢に植え替えるのは、時間切れで後日となった。
パッションフルーツの越冬準備


ナスも全部切って撤去した。


これらの仕事をする前、朝一番で3本のゴーヤが採れたので切って干した。
生で食べるのはもうすぐ収穫できそうなので、まずは天気のいいうちにと採れただけ全部干した。
好天気で2日あればかなり乾くだろう。
(冷蔵庫内で数本腐らせてしまった苦い経験あり)
この下の段で蒸したサツマイモを1本だけ切って干してある。
10月のゴーヤ干し


スマホの電話もうまく掛けられなのに百均でマクロのレンズを買って撮って遊んでみた。
百均のマクロレンズでその1

ピリッと辛い青唐辛子味噌

万願寺唐辛子はたったの1本あるだけだが頑張っている。

毎日少しずつ採れるのが冷蔵庫で眠っている。

たまたま立ち寄ったドラッグストアに「辛いよ!青唐辛子」とポップされてたったの一袋残っていた青唐辛子。
「そうだ!シシトウに混ぜて青唐辛子味噌を作ろう」と買って来た。

どなたかの(いもこさんだった?)分量を書いたメモが出てきたのでそれを参考にした。
自分の分量青唐辛子味噌

辛い青唐辛子が少ない。
青唐辛子味噌作成

まあ、そこはアバウトな性格なので、「辛みが少なかったらこのハバネロオイルを入ればいいさ」
青唐辛子を刻むときは手袋をしてすることは忘れなかった。
それでも蒸発した空気で咳が出た。
ハバネロオイルがあるさ

いい辛さだった青唐辛子味噌


口に入れた時はさほどでもないのだが、後になるほど口の中で辛さが感じられる。
自分にはこれくらいの方がいい。
ハバネロオイルの出番はなかった。


タップ・スワイプ・フリック 指の練習

お盆に帰省中の息子に相談していた携帯電話の件。

「僕のがもう少しで2年しばりの契約が終わるので、今の端末を譲るという事ではどうだろう」と言っていた。
しかし結果は、息子自身用に買ってあった端末を母親用に、自分はもう一つ買ったらしい。

契約会社の手続きもして貰い、送られてきた書類の情報やSIMカードを送って初期設定も済んだ端末機器を持参してくれた。

「スマホと使う場面のメモ」と本も一緒に・・・
スマホ到着
スマホ用メモ書き



タッチパネルという操作は一度もした事がないのでまずその指の使い方から・・・

急いてもいけないのでゆっくりとやってみよう。

それにしても音声の聞き取りはキッチリとキャッチしてくれる。
パソコンのマイクロソフトさんとは段違いである。 驚いた。

畑仕事に疲れて休憩の時に、父さんの携帯と娘の携帯に練習がてら電話したり、メールしたりをして遊んだ。

自分のブログをトップ画面に出して見れるようにした。
これは教わらずに自分で出来たのでちょっぴり嬉しかった。

ダイコンサルハムシ捕獲器

家庭菜園などをやっておられる方のブログを訪問し、いろいろ参考にさせて貰っている。

まこちゃん農園さんは家庭菜園ではなく本格的な農園栽培をされている方であるが、26年間無農薬有機栽培に取り組んで居られるので何かと参考になる記事が多い。

その中でダイコンサルハムシの捕獲器が目についた。
これはいいかもしれないと、画像を貰ってプリントした物を参考に見せて、材料は百均で見繕い主人に制作を依頼した。
ダイコンハルサムシ捕獲器参考書

まこちゃんへのコメントとお返事。
(自分はこの記事を書くまでダイコンハルサムシだとばっかり思っていた。)
サルハムシだったのである。
返信にはちゃんと訂正された虫の名前が書いてあるのにもかかわらず全く気がつかなかった。

まこちゃんさんへのコメント

まこちゃんさんからの返事

パンくずでは成功した


パンくずでの実験は成功したが、さて本番ではどうだろうか?
今のところダイコンサルハムシは大根には見当たらない。
白菜はちょっと虫食いがあるのでネットをめくって観察し、居たらこの捕獲器で吸い取ってやるのだ。

(この画像は我が家の白菜ではありません。ダイコンサルハムシはこんなものだという見本写真です)
ダイコンサルハムシ

撤去したグリーンカーテン

パッションフルーツでのグリーンカーテンは二か所。

その一か所のパッションを切って撤去した。(もう一か所は時間切れで出来なかった)
実もなっているが、二期目の開花では色づきはなく、やむなく終わり。
グリーンカーテンの撤去


ネットの撤去は父さんにお願いせずばなるない。

来年のグリーンカーテン用にと育てていたパッションは移動できるのでまだ実をつけたままにしてある。
あと一か月は外でも大丈夫だろうから、もしかしたら収穫出来るかもしれない。
来年用の鉢


ちびまる子ちゃんのズッキーニの播種を遅くして栽培したが、自分の所では2個しか収穫できなかった。
苗をお嫁入した所から、「出来たよ」といって貰ったのでラタトゥイユを作った。
ナスやシシトウ・ピーマンはぼちぼち生っているし、残り物のカボチャもある。
トマトは冷凍してあったものと、やはり冷凍してあったトマトソースも追加した。
本当に今年最後のラタトゥイユ

今年は何度これを作ったことか。
「本当におまはんはこれが好きやなあ」と笑われた。


名前の分からない植物

花なんぞに全く興味がないと思っていた父さんが「おい、気に入らんかもしれんが球根の花を貰って来た」と言う。

弟の家へ行ったら道路際に(土手で誰も通らない道)いっぱいあって、ちらほら花も咲いていた。
褒めたらごっそりと掘ってくれた。
花の名前は当家も分からない。

と言う。

どんな花かも分からないまま、写真を撮って質問の投稿をした。
名前を教えて

県名を書かなかったせいか、お一人の方からおしかりを受けちょっと不愉快だったがもう一人の方から回答があった。
「花の色も形状もわかないからお答えしようがないが、今の季節なら「ハブランサスやゼフィランサス・・・??」との回答だった。
ゼフィランサスは葉がもう少し丸くてしゃんとしているから違うだろうと、ハブランサスを見てみた。
ハブランサスと特定する

それらを主人に見せたら、色は違うけどそんな形だったような気がするという。

もうこれに決定して(勝手に)お尋ねした所へその旨書いてお礼の返信をしておいた。



noriheraさんのブログでオンラインの写真編集を紹介されていたので飛んで行って1個だけ遊んでみた。
photofuniaという所。
昨日のブログに登場したハロウィンお化けの画像をカテゴリのその他からLatteArtでカフェラテに描いてもらった。
PhotoFunia-カフェラテ作成




「かきまわし」とぎんなんと栗

ぎんなんを貰ったので、殻剥きは父さんにして貰い、薄皮だけ自分で処理した。

「かきまわし」(炊き込みの五目御飯ではなく、具だけ別に炊いて後から混ぜるもの)を作った。
最後にぎんなんもいれて秋の味にした。
ぎんなんごはん

勿論お代わりをしたし、混ぜたのも冷凍したが、元の具そのものも冷凍して次回に備えた。


栗も頂戴したので始末して冷凍保存した。
これでいつでも使える。嬉しいな。
栗の始末をした


同好会でやったJTrimでの加工品。季節ものハロウィンお化けを入れてみた。
シルクスクリーン背景塗りつぶしキャンドル 

フリマの雑貨を使ってパンづくり

フリマで買った雑貨品たち。
雑貨品1

一時代前のパイレックス用品。
pairekkusu.jpg 
レンジでパンの発酵をすると言う物。
先ごろ強力粉を買って残っている。ドライイーストも残っている。

じゃあ、と思って100円で買ったのだ。
一度くらいは作ってみなくちゃ。ダメだっていいじゃないかと・・・
レンジで発酵ミニパン作り


出来た事は出来た。
特別美味しいという事もない。
やってみたという満足感だけはあり、ままごとは終了した。

今年の中秋の名月は10月4日だそうである。
10月3日の月 
3日の月を見て、まだだろうなあと思っていたら満月は2日後だそうな。

「ススキ・萩・里芋」用意しなくちゃ。

30周年のイベント

スポーツクラブ30周年記念イベントと銘打って10月1日にクラブではいろいろ催し物が予定されていた。

もれなく飲み物進呈・外れ無しのお楽しみ抽選会
スタジオやプールの特別レッスン
フリーマーケット
水着・フィットネスウェアのバーゲン


等々告知されていたので、これは行かねばなるまいと思い、いつもと違うレッスン内容からエンジョイステップを選んだ。

それの時間に合わせるように前日スカを食った図書館へ一番に行き、逆回りをすることにした。
中島京子 「平成大家族」
本城雅人 「監督の問題」
この2冊の在庫を確かめて置いたので、佐藤愛子「九十歳、何がめでたい」と共に借り、クラブへ11時に着いた。

フリマで10円だ、50円だ、100円だ、500円だというようないわゆる雑多なものを買ってしまった。
着るものも(着ないかもしれないような安物)上下で2000円などの値段に惑わされて買った。

プールではマネージャーやサブマネージャーが派手な衣装でアクアビクスなんぞをしているのを横目で見てステップへ。
昼間と夜間にステップを受け持っている二人の先生がコラボして楽しませて貰下さった。

その次の講座はヨガで、先生自体は慣れ親しんだ先生だがいつもと違って90分でめい想も体験できるという。
二つ目を受ける人は定員に満たない場合に限り連続して受けれるというお約束だった。
常から受講希望者が多い先生なのできっと満員だろうと思ったら余裕があったので引き続いて受講した。
めい想?よくわからないのだが、ヨガはまず呼吸の仕方で始まる。
それに集中できると何も考えない解放された自分になれるとか。

30分くらいはそうしたことをした。

プールへ来たら、普段は無料では行わない平泳ぎとバタフライのレッスンをやっていた。
「70になった」と言っていた人が、バタフライのコースに居たのでそのチャレンジ精神に心から拍手をした。

「久しぶりやねえ」「元気やった?」など旧交をあたためたり出来たし、こんな沢山の人が会員なんだと思うくらい大勢の人で驚いたのだった。

結局4時間近くもスポーツクラブに滞在した日曜日だった。

畑ではまだ楽しめそうなインゲンとゴーヤ
まだ期待できるインゲンとゴーヤ

一見良さそうに見える白菜も
一見良さそうに見える白菜

よくよく見れば虫食いの跡がある。
白菜危険信号

早々にネットを外して虫退治をしないとあっという間に虫だらけになってしまう。

しかし、このネットを外してまたやり直すのは面倒なのだ。
が、そうも言っておれないからやらねば・・・



図書館へ行った話の続き

「早く受け取りに来て」とメールがあったので30日の土曜日にスポーツクラブからの帰りにその足で図書館へ回った。
(自宅からクラブへ3㎞弱、クラブからから図書館へ3㎞くらいあり、そこから自宅へも3㎞くらいである)

アシスト自転車のバッテリーの三つあるお知らせの最後の一つになっていたが、大丈夫だろうとたかをくくっていた。

クラブから出ると強い北西風が吹いている。
行く方向は北。しかもそちらは登っていく感じなのである。

アシスト自転車といえども強風に向かうのには力を消耗する。
重い人物と水に濡れた重い荷物を背負うしんどさに耐えかねたらしい。
途中でバッテリーがパッシングになってペダルは重くなってしまった。

大腿四頭筋を酷使して、自力のみで頑張って図書館へ。
前をザックを背負った高校生らしき男子が3名やはり図書館へと歩いていく。
ほぼ同時に着いた。
そして4人で「えー?」

「本日休館日」とあり、扉は固く閉まっている。

やっと気がついた。
月の最終日は休館日だという事を・・・

月曜日が休館日で祭日だったらその翌日が休みなので、10月は10日が休みだから気をつけようとそればかりが念頭にあったのである。

気落ちしたのでそこから自宅までの3キロの道のりの遠い事と言ったらありゃしない。

気力、体力とも萎えてしまって帰宅してからやるべき仕事のリスト表に眺めながら、それでも野菜の手入れだけは何とか済ませた。
茎ブロッコリー支柱立て
ネギ土寄せ
1本立ちにした大根
柔らかい大根葉


最初にメモしてあった「お墓参り」が出来なかった。

青空に映えて・・・
メキシカンセージ咲きだした


プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索