FC2ブログ

「アッシー君、お願い」

午前中ずっと主人をアッシー君にしてこき使ってしまった。

子コトコトへお願いといったあったのだが、お願いした人の準備がちょっと遅れた。
「散歩に行ってきてもええか?」と聞かれたので「時間は?」と尋ねたら「1時間」という。
「あかん、すぐ用意するで待っとって」と命令する。

最初は補聴器の店から。
12月に点検に行ってあるからそれはいいのだが年賀状が来ていて、下一桁が店の番号と一致したら電池を1パック進呈するし、掴んだボールの色で電池を割引して買えるという。
31日までなので危うくセーフだった。
番号一致で1パック貰って、干支の置物も頂戴した。
通常800円の電池が500円で買えたので3個購入。
リオネットプレゼント2018

簡単な掃除もして貰い、次回の点検は3月だと忘れないようにメモした。


2番目は、野菜など払底していたので「おんさい広場」へ行って欲しいと頼む。
いつも行くところがいいので、念のため検索したら「本日閉店のもよう」という返事。
定休日があったことを知らなかった。

食品スーパーへ行く途中で、ホムセンター前へ来た。
「寄らんでもええかね」の言葉につい寄り道をし、鍋を買ってしまった。

食品スーパーのKネスエで段ボール二箱分もあれこれ買った。

最後は金融関係へ2ヶ所。

昼過ぎに父さんはやっとアッシー君から解放されてやれやれだったと思う。
これだけ走り回っても嫌な顔もしないのに、ランチもご馳走して貰えない可哀そうな旦那さんなのである。


クスクス・げらげら笑いながら観た映画。メリル・ストリープとトミー・リー・ジョーンズ主演。

31年目の夫婦げんか 


すごい俳優共演だからその一つ一つの表情が可笑しい。
セックスレスの熟年夫婦。
妻はまだセックスをしたいし夫婦の愛を深めたいと思っているが、夫はそれらに全く無関心なので一大決心をした妻が滞在型のカウンセラーを大枚はたいてでも受けるという。

コメディだから深刻な話にはならず、とにかく笑った。

引っ掻き回して調達

少しの間買い物に行っていないのでこれはというような食材がない。
唸りながらなんとか夕食を整えた。

今日の夕食



こうして見るといい加減にやったにしてはバランスがとれたいい献立だったではないか。
ご飯と味噌汁もあるから満腹だった。

スマホの不具合とPCでのLINEお試し

外出先でスマホで自分のブログを確認しようとしたら「通信できません」となった。
その時は深くは気に留めなかった。

公民館の外で電話をしようとしても出来なかった。
Wi-Fiのある家では勿論つかえる。
何じゃこりゃ。携帯電話の意味がない。

検索した。
ネットワークモードが変っているので設定からやれとあれこれ書いてあった。
やろうとしたけど(設定からモバイルネットワーク データローミングなんたらかんたら)お手上げ。

マイネオで検索したら「再起動してみて」とある。
再起動ってどうやるの?とまた検索。
スマホの再起動

無事外でも通信できるようになった。


もう一つスマホで問題は最近急に電池の減りが早い。
ここのところは新しいアプリは入れていないし、アプリは使ったら必ず切っている。
何が原因なのかはわからないまま過ごしている。


パソコンにLINEをインストールしてまだ一度も使っていなかった。
お試しに美容院の予約に使ってみた。

ちゃんとやり取りで来た。
入力が楽である。
パソコンからLINEを使った


いもこさんの枠。きれいだ!(単色カラー 255 255 164)どこへメモして置いたらこの色を忘れないでいられるのか。

№117オウゴンユリエッジの抽出無し

見逃し視聴

古いアメリカのドラマ「プリズンブレーク」のシーズン1を観ていた。
22話で終了なのだが痛恨の極みで最後の一話が録画できていなかった。

死刑になる兄を助け出そうと弟が刑務所へ入獄して脱出するというお話である。

毎回、これでもかというようなピンチを切り抜け、塀の外へと出たところで21話が終わっていた。
果たして彼らは逃げ切れるのか?

その22話を録画できていなかったのは痛恨の極みである。
今はシーズン3というのが放映され始めている。
(シーズン4 シーズン5もあるらしい)
1は前にも放映されていたから、いくら何度でも放映するWOWOWでももうないだろう。
番組表を見てもなさそうである。

ああそうだ。WOWOWオンデマンドというのがあった。
息子のIDとパスワードを教えて貰っていたのでログインしてみたら、「あった!」
wowowオンデマンド

みようとしたらモニターでは見えない。
注意! アナログ端子では×
HDMIケーブルはどこにあった?
と探すより、モニターの接続を外して小さいパソコン本体で見た。
パソコンで視聴


脱出メンバーが次々と増えて9人にもなってしまったがそのうち一人は建物内で死亡。
(この男の隠して置いた500万ドルにも及ぶ金がきっと今後かかわってくるだろう)
もう一人は建物から塀へ移るところで転落し脱落。

外へ出てから二人捨てる。
車は準備されていたが、途中でぬかるみにはまり動けなくなった。
約束の小型飛行機は待っていたが時間が合わずに飛び立ってしまった。

果たしてこの5人の運命や如何に?
という所で第2シーズンへとなっていた。

話がどう転んでいくのは全く予想もつかないがシーズン2も見ることが出来るようにテレビで予約の開始をスタートした。

ちょっと前に見始めた「ツイン・ピークス」は途中で止めた。
これもそのうちそうなるかもしれない。

そうそう、見終わったらちゃんとログアウトをしておくようにと注意されていたのだった。
ログアウト完了




寒波は中々去らない。ブログ用にと霜柱をパチリ。
27日の霜柱



ピカピカ画像の復習を兼ねて宿題をこなす

仲良し掲示板での今回の出題はSachiさんの『w1181』という作品である。

お手本通りに作った画像を数日前にやったピカピカ光るように復習を兼ねて作った。

w1181素材と

w1181ピカピカ350


まつりのチラシと一緒で、提出すれば、出来はどうあれほっとする。



変形した新調眼鏡のフレームは無事なおして貰えたのでやれやれだった。

新調眼鏡は一時お蔵入り

水曜日は一日中気温が低く、夕方から降り出した雪で木曜日の朝は積雪も見られた。
そんなに珍しくはないが、何しろ気温が低く前夜から暖房して過ごした部屋のガラス戸は結露が激しかった。

陽が当たりだしたらそれが溶けて流れ落ちるので雑巾で拭き始めた。

狭い所へ身を乗り出した途端、額をものにぶっつけた。
眼鏡も吹っ飛んだ。

痛い額を抑えつつ眼鏡をみれば・・・つるが広がってしまった。
変形してしまったフレーム


せっかく慣れ始めた新調眼鏡は哀れケースの中へお入りいただき、古いほうの眼鏡の再登場となってしまった。
すぐに直しに行きたいが木曜日が定休日なのである。

まあ、レンズが破損しなかったから幸いであった。

ちなみに木曜日の朝の最低気温は-3.7℃だったそうである。

公民館まつりのチラシ

3月に行われる公民館まつりのチラシ(各家庭に配る)をパソコン同好会で作ることになっている。
資料は頂戴した。
けれど画像遊びなどはすぐやりたいのに、こちらのチラシの方は中々スタートが切れない。

超低温の一日。
アッシー君は自分の用事でお出かけだったので完全武装してプールへ行ってきた。

その後はぬくぬくストーブの前に居るのだからと少しずつやり始めた。

Word2013で従来のワードアートを取り出すのは???
やはり忘れていたので検索した。
オルト IPW
「Alt」と「I P W」と文字を打てば出て来る。
という事だそうである。

超シンプルで工夫跡は全くないチラシだけど一応出来たので誤字脱字などないか印刷したもので読み合わせチェックをして貰ったら提出しよう。
チラシ

西郷隆盛

林真理子著「西郷どん」を読み始めた。

上巻の半分以上来たのだが、履歴・エピソードの羅列のような感じがしている。
元々よく知らない人物のせいか、西郷隆盛という人物がイメージできないのである。

最後(西郷)まで読み通せるか?
林真理子 西郷どん



totoさんの動画での作品の説明第2弾。「フェード文字枠」を早速にやってみた。
説明に従って下の画像が出来た。
これが1

エッジの抽出を掛けると・・・ 目からうろことはこのことである。
エッジの抽出20を掛けると

目をこすりながらやったので間違えたところもあるかもしれないが、ピカピカと光っているので今日の所はこれで良しとした。


ちびちゃん

投稿されていた時は恐れ多くて訊けなかった。
totoさん、教えて下さってありがとうございました。

眼鏡を新調

自転車で出かける時は遠近。
室内では中近。
寝床で本を読むときは単焦点。

三つの眼鏡のお世話になっているが年月と共に度が進み、焦点がよく合わなくなってきた。

一度に三つも新調できないので一番使用頻度の高い室内用をと思った。
過去の眼鏡はほぼ同じ店で作っているのでデータを取り出され、どこでの使用の眼鏡かを尋ねられた。

「パソコン・読書・スマホ・テレビに使いたい」
「しかし、2メートルくらい先のカレンダーなども見える物」

という自分の注文なので、中近と言われる室内用のになった。
中近眼鏡

1週間後の22日に受け取りに行ってきた。
新調したメガネ

今までの物とは少し度が具合が違うせいか、さっと快適とはいかないが慣れるより仕方がない。


totoさんがmomo taka名でYouTubeにアップされている作品の中から、動画と音楽のマッチングが素晴らしいと思ったのを2点、無断ながらここへ貼らせて貰った。




こちらもブルースの曲とセピア色の画面がぴったりだと思う。


図書館と初弘法

予約の本が用意できたと知らせを貰ったので出かけた。

図書館の近くに円鏡寺というお寺があり、その門前では毎月21日にお店が出るらしい。(一度か2度しか行った事がない)
ついでだったので覗いてみた。
大師堂では

まずは大師堂へお参りし、出たところで従妹にばったりと会った。
それぞれの兄弟などの近況を立ち話でした。

お賽銭は少なかったがこの門前市では結構お賽銭を落とした。

再建なった観音堂も扉が開けられお参りできるようにしてあった。
三重の塔も扉が開けられていた。
山門・観音堂

鐘撞堂・観音堂

三重の塔と内部


すぐそばに民家もあったりして、気取らないお寺で北方の弘法さんと親しまれている。
1月とは思えない良い天気に老若男女ならぬ老々男女が三々五々とお参りされていた。

図書館では前日では3冊だった予約本が4冊ともそろって借りることが出来た。

60年以上前に卒業した中学校にどこか一つでも面影なないかとぐるりと周囲を巡ってみたが敷地だけは変わっていなかったが、流石に二宮金次郎さんもおいでにはならなかった。

葉室麟「峠しぐれ」ほか

葉室麟「峠しぐれ」と藤井邦夫「傀儡師 秋山久蔵御用控え」の2冊を先週の同曜日に借りてきた。
峠しぐれ他 
難しい本ではないのでサッと流し読み。
全く心に残らなかった。 残念だった。

予約本はまだかと毎日メールを確認していたが「あと一人」のままだった。
今日も来ていないか?と開けたら「資料がご用意できました」と3冊案内が来ていた。

月曜が休館なので21日には行ってこなくちゃ。

「そうだ!初弘法の催しもあるからちょうどいい」

林真理子の「西郷どん上下」と近藤史恵の「インフルエンス」
林真理子の本は今まで一冊も読んだ事がないのでどんな書き方がされているかちょっと楽しみである。



いもこさんの枠を追っかけで作っている。(手順そのままに)
№108
№108ルリビタキ

№109
№109海と灯り

ふた昔以上前のテレビドラマ「ツインピークス」

「ツインピークス」アメリカのドラマ。
題名は聞いたことがあっても全く見た事がなかった。

ツインピークスとはふたごの話かと思っていたら場所の名前で、カナダと国境を接するワシントン州でも山奥の架空の町である。
風景から二つの頂を持つ山が背景に見えるのである。

1990年スタートし全30章からなるドラマ。
結構視聴率がよかったとか。

それから25年以上たって「ツインピークTheReturn」として新しい作品が昨年放映されたそうで、その再放送を見る前に、旧作を見ておこうとしている。

不定期に深夜や早朝に放映されるのをチェックするのが一仕事だ。
その最初のを見たが、何と横長画面じゃないのにびっくりした。
勿論、ガサガサの画面だ。
全部見るかどうかは分からない。

もう一つ、見続けているアメリかドラマ「プリズンブレーク」
こちらもそのシーズン1の22話を録画中。
シーズン2も放映されている。
死刑囚の兄を助けるためにわざわざ罪を犯して刑務所へ入り危機一髪が毎回連続するという現実ではありえないお話である。

ひところ韓ドラの時代劇を見ていたが今は全く観ず、これらのドラマで時間を浪費している。

「刑事モース」の10回から17回までを観た。
その前の1~9回を2月にNHKで放映されるので、順番が違うけど見てみたい。

「モース警部」としてコリンデクスターの本を昔々に読んだ。
「ウッドストック行き最終バス」という題名は覚えているがどんな内容だったか全く記憶にはない。
もう一度読んでみたいと図書館で検索したけど「みつかりません」と出た。



くるくる回る環。
どうもよく分からないままだったがtotoさんが動画で説明して掲示板に貼って下さったので、それを見ながら(時々ストップをかけたり、戻したりしながら)描いてみた。

ピカピカ光りながら回転する環。今度はいいのだろうか。
二色回転こま

水漬け

収穫が終わったしいたけ栽培のブロックを水に漬けた。

8時間から15時間どっぷりと水に漬けて水分を増やしてから2回目の栽培がスタートするらしい。

この間のようにバケツの水が凍るような温度ではまずいと待っていたのである。
朝、水を張ったバケツに入れるとふんわりと浮いてしまうので、重しのブロックを乗せておいた。

さいばいブロックを水漬け

夜には取り出して再びビニールの袋に入れ、「目玉よ出てこい」と待つのである。
1~2週間くらいは待たねばならないとか。

じっくりと待ちましょう。



パソコン同好会の新年会が催された。

この同好会がスタートしてから十数年経ち、いろいろな問題も出てきた。
皆が集まった席なので、いろいろ意見を交わしたが、一番大事な事についてはもう一度役員が集まって相談することになった。

当番役員の方にはご苦労様だった。

Sachiさんのw1179の枠に姫リュウキンカを配した。
w1179姫リュウキンカ

青菜のオイル蒸し

葉物野菜が高いそうであるが、わずかばかりの菜園にある葉物でオイル蒸しなるものを作った。
(新聞の記事を取っておいた)

前日収穫した小松菜・水菜・折り菜に子蕪も足して、すべて4センチくらいのざく切りにし、フライパンに入れオリーブオイルをまわし入れ、塩少々をふって蓋をして蒸し煮にする。
途中で様子をみながら硬さが好みになったら出来上がり。
ニンニクを使うのが書かれていたが今回はパスした。
青物野菜のオイル蒸し


いやいや、この時期ぜいたくと言える一品かもしれない。
美味しかったので、ざく切りにして冷凍してある葉物野菜とキノコ類を一緒に同じようにしてみるのもいいかもしれないと思った。



JTrimで環を描いて少しずつずらしたものを回転させる。
以前に教えて貰っていたけどやってみていなかった。
再度教えて貰えたので今度は挑戦してみた。
が、お手本とはちょっと違った動きになってしまったが、さてどうしてだろうか?
環の回転

歌舞伎の鏡獅子の毛振りを連想してしまった。
kagamizisi kehuri


暖かだったので草取り

午前中はクリニックや眼鏡屋さんへ行った。

主人がこの所出かける神社の方へ回り道して帰宅した。
神社の東側だけ玉垣がない。
そこへ竹で囲いを作っている。
勝手にこんなことをしていいのかね?
神社の囲い


自然の物だから撤去命令されたらすぐに外せるけど・・・


昼食後は畑などの草取りをした。
あんなに寒かったのにちゃんと草は生えており、この後の気温上昇でアッという間に草だらけになりそうだと始めたのだか、体重増加で腹の脂肪がたっぷりとつき、しゃがんでの作業がしんどかった。

小松菜や水菜を収穫して喜ぶ。
小松菜と水菜

少しだけど鮮やかな色の花が咲いていた。
1月15日少しだけ開化しました

ジョウビタキが二羽遊びに来たけど写真は撮れなかった。


タマネギに追肥

寒さも緩んで来そうなのでタマネギに追肥をした。
一体いつが適当なのか分からないが、今回と2月中にもう一回施すつもりである。
あまり、大きくならない方が自分としてベストなのである。(大玉の方が腐りやすいとか)
タマネギに追肥2018


パッションフルーツと一緒に置いてある観葉植物に虫がついているらしく、かじられた葉っぱとフンが落ちていた。
どれだけ見回しても敵の姿を発見できず・・・
葉っぱとフン


姫リュウキンカが初咲きである。
w1138姫リュウキンカ初

この照り輝く金色を見ると「春が来る!」という気分になる。

シイタケ栽培覚書

12月にシイタケ栽培キットを買って始めたお遊び。

シイタケ栽培覚書その1 

シイタケ栽培覚書その2

最後は煮物になったシイタケ

収穫の数は大小合わせて50個くらいで、一旦終了として2週間くらい休ませるのだそうである。
次回もちゃんと出て来るかどうかは定かではない。

約1000円の投資をしてそれに見合ったか?

収穫物としては分からないが、毎日のぞき込んで「わ!出てきた。」「大きくなった!」などと楽しんだので十分元は取れたと思う事にした。

「バター焼きがうまかったなあ」と今でもいう主人。
その言葉だけでもやってみて良かったと思えるシイタケ栽培だった。



最後の田んぼの埋め立て


立ち読みし写メ&報恩講

12月に図書館でたくさんの本を借りた。
でも「これだ!」というような本には出会わなかった。
返却した本

返却期日が来たので寒かったけど行ってきた。
予約した本4冊はお知らせが来ていないのでまだ駄目という事が分かっていた。
ので、事前に貸出可能を確認した本を2冊だけ借りた。

雑誌類を見る所で腰かけて「日経PC21」を立ち読みならぬ座り読みした。
日経PC21

今欲しいなあと思っているスマホ用のモバイルバッテリーやワイヤレスマウスの情報を写メした。
記事

今度電気屋さんへ行ったら「これがいいよ」と書かれている物をチェックしてこようと思った。
ブログ用に使ったからと削除しちゃいけない。


図書館からの途中でもう一か所寄るところがあったのに「日が当たって乾いている道を通らなくちゃいけない。大きな建物の北側の道は禁止だ」と思いながら帰ったので玄関前で「あ、しまった。寄らなかった」という事になっていた。

午後3時にはお寺へ出かけてお寺の年会費ともいえる三季冥加金5000円を納めがてら最終の講座を一座だけ聴聞してきた。
マイクを使われていたが、補聴器を着けていても明瞭に話が聞き取れなかった。
残念ながら14日は全欠席になりそう。すみません。


-3.4℃の寒い朝

低温になるとの事だったので用心に用心を重ね、父さんが保温しておいた蛇口から少し水を出して置いた外の水道。
9時過ぎに見に行ったら水は流れていて凍ってはいなかったがバケツの表面はご覧の通り。
きれいな幾何学模様だった。

川も滞留しがちなところは凍っていた。
寒い朝凍る


年末に切って室内にあるロウバイは、寒さ知らずで開花盛んである。
ロウバイ室内で開化


13日14日は師匠寺の報恩講である。
ちょっとはお参りしてこなくちゃいけないだろうなあ。

温度差30度以上

寒い朝だった。

パソコン同好会がある木曜日なのだが先生の都合により休会なので、普段は行かないホットのクラスへ参加した。

10時過ぎの外の気温はどれくらいだっただろう。
マフラーに毛糸の帽子・手袋と防寒グッズに身を固めて自転車通勤後は、40度近いスタジオへ。
夏なら「暑ーい」というスタジオも「「あー。暖ったかい」という声が出た。

「ピラティス」と「ストレッチ」各30分をホットなスタジオでやった。
マットの上に大きな専用のタオルを敷き、顔などの汗は分厚いスポーツタオルが2本ぐっしょりだった。

両講座ともこんなおばあさんは誰も居なくてちょっと恥ずかしい気もしたが、そこは面の皮の厚さと毛の生えた心臓でもって遠慮はしなかった。

今の自分はこのイラストのままである。
正月太り

メタボ


干し白菜の炒め物

「干し白菜のしょうが炒め」をテレビでやっていた。
干し白菜のしょうが炒め

畑の白菜も嫁に行ったりしてあと2株なので何時もの鍋物はやめてやってみることにした。

ちょうど日も照っていたので出かける前に干して、帰宅して様子を見たらかなりしんなりしていたのでゴーサイン。

大きな生姜を繊維に沿ってごく細い千切りにしてごま油でじっくりと炒め、生姜だけ取り出してそこへ干しエビやら豚肉を炒め、干した白菜を手で裂いたのを最後に入れて炒め、酒・塩・しょうゆ(すこしだけ)の調味料で味付け。
干し白菜生姜炒め

しょうが炒め出来上がり

どっさりと出来たがうす味だったし、白菜のショキショキした歯ごたえがよかった。

だらけた日

午前中はそれでも掃除をしたり食べ物を作ったりしたのだが、午後は全くだらだらの日を送ってしまった。

録画したテレビがほとんどで、

タモリと山中教授の「人体」シリーズ第3集骨。
世界のプリンスプリンセス
海外ドラマ「刑事モース」などなど。

菓子はつまむわ、お茶は飲むわ。トドが寝ころんでいた。

いもこさんの作品で過去に作ってあったもの。№55.
№55でアニメ

少しだけ整理

パソコン内の整理整頓が全くされていない。
やらなくちゃと思いつつ日々が過ぎていき、ごちゃごちゃのままである。

せめてと思って手始めにしたのがJTrimでの加工でいつも参考にして作らせて貰っているSachiさんのフォルダ。
最近は公開されるものをほぼやってみて保存するから山ほどになっている。

シリーズものをそれぞれの大きいフォルダに収めたのでかなり整頓されたが、単発物がまだいっぱいあるのですっきりとまではいかなかったが多少はましになった。
sachiさんフォルダを整理


今日も一つ。
w1176白花タンポポ(外枠26)


いもこさんも次々と発表されている。もうすぐ100番台に突入である。すごいなあといつも感心して真似をさせて貰っている。
№98ツルウメモドキ

初運動

帰省客の後始末には好都合な天気だった。
洗濯ものを干したり布団を干したりして満艦飾のままプールへ初出勤した。

ヨガ50分・水中ウォーキング30分・スイミング20分 おまけはゆったりのんびりとジャグジー。
泳ぎは肩や腕が痛くてずっとやっていなかったが今日はコース一つを独り占め出来たので、休み休み平泳ぎと背泳の合計500メートルをやった。

これで明日肩の痛みがより増えるようなら今後も泳がない。

10日余り体を動かすことがなかったのでとても気分がいい。

キッチリ片付けも終わってまた元の生活に戻るとしよう。
JTrimもやらなくちゃ。

sachiさんの新春第1号を使わせて貰って・・・
sachiさんw1175で


野菜を持たせ正月は終わった

5日の夕方からの食事会では「もつ鍋」と自家栽培の「シイタケバター焼き」が話題となった。
「ほら、こんな風に出来たのを数時間前に取ったのよ」と見せた。
5日のしいたけ


この休み明けから職場を移動する婿殿は、同僚から贈られたワインを持参してくれ、一緒に乾杯しようと言ってくれた。
贈られたワイン
気持ちも一緒に貰って美味しかった。
ビールやこのスパークリングワインや日本酒や焼酎とアルコールも盛んだし、話も弾んだ。

とはいえ、とても付き合いきれないので、一番に風呂に入って「お先に」と寝た。(12時ごろ)
終了は何時だったかは知らない。

翌6日、老年二人は朝食を摂ったがその他3人はほぼ昼ご飯だった。

畑で水菜・ホウレンソウ・小松菜・大根・白菜を採って来て蒸した大豆も一緒に、二軒で喧嘩をしないように同じものを用意した。
お土産は野菜

夕ご飯は外で食べ3人は帰って行った。
お正月が終わった。

録画をブルーレイにダビング

映画1本と音楽番組4本をダビングし、プリントもした。

録画の余分なところを削除も上手になった。
やはり時を置かずに数をやれば自分でも出来るのだと変なところで自信を持った。

本日のダビング

仕込み色々

おせちは何も作らなかったけど、婿殿が来るので頑張っている。

もつ鍋はもう準備でき、何度か火を入れたりしている。

① 泥縄の白菜の刻み漬け。明日にまにあわないかもしれない。
② 「大根と豚のとろとろ塩角煮」も煮込んでいるので大丈夫。
1と2

③ 生シイタケも少しだけ収穫した。
④ 使うかもしれないと味付けゆで卵。
③と④

サラダ用材料も調達した。

⑤ 蒸し大豆を作る。半分は持たせようか。
ふく大豆を蒸す

同じような材料で

顔を見てからは到来物の魚の西京漬けを焼く。
種類がいろいろなのでじゃんけんで勝った順に好きなものを選ばせる?
夜のことばかり考えて翌日の事は何も思い至っていない。

父さんはアルコール類を調達に行っている。

天気が良かったので布団も日に当てたりして流石に疲れた。

ほぼ何もせず、もつ鍋を仕込むのみ

正月も三日目。

朝からほぼ何もせずに過ごした。

録画してあった北島三郎とキタサンブラックのドキュメンタリーを見たり、箱根駅伝のゴール場面を見たりして過ごした。

唯一したのが、5日に来る人たちの酒のつまみにと土手鍋を仕込んだことくらいである。
スーパーへ行ってもまだ正月食品がずらりと並んでいて、冷凍の牛スジを探したけど見当たらないので豚のモツと大根とこんにゃくやゴボウという内容だが2日間で何度も火を入れてトロリとさせようと準備したのである。(いもこさんのブログをみて触発された)

新規に買ったストーブの上に乗せて美味しくしよう。
いもこさんの№92の枠に入れたもつ鍋。
もつ鍋


電話でおめでとう!とシイタケ栽培キットのその後

どこへも行く予定はないから息子は爆睡しているので老夫婦は昨日のサンドイッチの残りを焼いて朝食をした後は何もすることがない。

ダビングしたブルーレイディスクの印刷のレイアウトなどをして遊ぶ。

年賀状を昨年・今年と欠礼して来た。
姉たち・知人・友人など正月明けにも会わない人に電話でおめでとうをした。
娘は婿殿の実家で正月を過ごしているので、LINEで様子を覗ってから電話し、お父さんやお母さんにも挨拶した。

そうして正月二日は済んで行った。

暮れに衝動買いした椎茸栽培キットは大事に扱っている。

暖かい部屋があればそこへ移動して置き、夜間はフリースのひざ掛けまでかけてやっていたらちゃんと応えてくれた。

著しいシイタケの成長その1

1月2日のしいたけ

5日には娘夫婦が来るし、いったん帰る息子も合流するとの事なので、その時には「採れたて椎茸だ!」とお目見えできるかもしれない。


順調なシイタケと違ってタラの芽栽培は失敗なのだろう。
芽が出る兆しも全くないのである。
そうはうまく問屋が卸さなかった。残念!

例年、近くの弁当屋さんのおせちを頼んでいる。
受け取りに行けば500円引きなので、せこいけど主人に受け取りに行って貰っている。
3人だけの正月ならお酒を飲んでも結構食べでがある。
賞味期限の2日夜までには完食できる。(無理やりする)
今年はアンケートはがきが添付されていた。
これも新しい試みなのだろう。
お品書き


例年通りの元旦

大晦日に元旦のスケジュールを決めた。

本家のお兄さんが調子が良ければ元旦の午前中に帰宅されると知らされたのでそれに向けて時間を調整した。
本家へ10時半から11時半までの間に伺うにはと逆算して「8時起床!9時から遅くとも9時半までには家を出る」となった。

洗濯は夜のうちに濯ぎまで終了しておいた。

7時に起きて洗濯物を干したり、雑煮の準備をしたりし、8時半には「おめでとうございます」となった。
元旦氏神様へ

谷汲山へお参りと干し柿

予定ぎりぎりの11時半に本家へ行って久しぶりにお兄さんの顔を見てきた。
入院、退院、老健と環境も変わったことあるだろうし、一時は危ないかもしれないというような状況からは脱してみえるがやはり食欲が減退しているのでかなり痩せられていた。
でも手を握って「元気でね。がんばって食べて下さいね」と言ったら力強く握り返されたのが嬉しかった。

実家のお仏壇もお参りして、元旦の予定行事は終了した。

昼食は手製のサンドイッチを準備した。
各自、好きな時に食べるように言って自分はパソコンに向かった。
いもこさんの枠 №89を作ろうとしたがどこで間違ったか少し違う。
ま、いいか。お正月だからおまけして貰おう。

№89サンドイッチ


元旦の一日。
神、そらにしろしめす。 すべて世は事もなし。
プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
12 ≪│2018/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索