FC2ブログ

外仕事

みどりの日は「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」だとかなので、昼食後2時間の休憩をはさんだ他は、ほぼ一日外仕事に勤しんだ。

ぼたん園で買った坊ちゃんカボチャとオカヒジキを定植した。
カボチャとオカヒジキ定植


ウリハ虫が飛んできていた。
大根葉にウリハムシ到来
数匹だったので手でつまんで殺した。

花が終わって新芽が出だしたローズマリーを思いっきり切った。
ローズマリー強剪定
においで噎せてしまいそうだった。

アフリカンデージーはまだいっぱい咲いているが枝が伸びすぎてだらしなくなったので、こちらも思いっきり切り戻した。
アフリカンデージー強剪定

花々が咲いた。
さいたさいた!


自宅で自然にしたしんだみどりの日だった。

※ 古い奴だと笑って下され。

指摘されて気がついた。
4月29日はみどりの日だと思い込んでブログを書いた。
当初は昭和天皇の誕生日を祝日で残し「みどりの日」とされた。
2003年から「昭和の日」になって、「みどりの日」は5月4日だそうである。(もう15年も昭和の日だったのだ)
何やかやと理由付けして連休が作られ、ややこしく間違えてしまった。

イタドリを貰ったので

遠路はるばるイタドリを採りに行って来て我が家まで配達して貰った。

皮を剥いてサッと湯掻いてから一晩水にさらした。
イタドリを貰った

さてどうして食べよう。
ゴマ油で炒めて、酒・みりん・醤油・砂糖少々で味付けしいりごまをふった。
イタドリのごま油炒め

空洞の茎をパキパキと指で割ったせいか、味もよくしみ込んで歯ごたえのあるいい一品になった。

「美味いやないか。空洞になってるのは知らなんだ。見たような記憶があるなあ」とは主人の弁。


キャップに入っていたズッキーニが窮屈になったので取り外したが、これからはウリハ虫の攻撃にあうだろうと一時しのぎだがネットを被せた。
ズッキーニを守る

紫蘭が咲きだした。
この花は初夏を感じさせる。
紫蘭=初夏



買ったはいいけれど

朝採りのタケノコだと喜んで買い、蕗だ蕗だととよろこんんで買ったはいいけど後が大変だ。

茹でるのに米ぬかが入っているから気をつけないと吹きこぼれるし、長時間かかる。
よそ見をしていられない。

茹でで冷めるまで待っていたら当日の夕食には間に合わなかった。
筍買ったはいいけれど

ゴミもどっさり増えたけど、何はなくてもタケノコご飯だ。
ちゃんとかつおだしを取って炊いたせいかことのほか美味しい。(具は筍と細かく刻んだ油揚げだけ)
タケノコでふたつ


蕗もじっくり煮て佃煮風になった。
蕗の佃煮風


イチゴ農家へ手伝いに行っている友人から「ジャムにならできるよ」と完熟の苺を貰ったので早速ジャムに変身した。
2018イチゴジャム

ガスを沢山使った日だった。

いなべボタン園の藤がきれいだったので動画にしてYouTubeへアップした。




ボタン園からタイムリミットぎりぎりで帰宅した

「俺はあんまり好きやない」というつぶやきを聞こえなかったふりをして「12時までに帰宅したい」と頼んだのは三重県いなべ市の農業公園の牡丹園。

ライブカメラ(望遠の方は大きく見える)で咲いた花を見たら行かずにはおられない。

朝8時にスタートすれば、往復に2時間半をみて、ゆっくり見ても12時には帰宅できると計算した。
予定通り、花も見て出店であれこれも仕入れた。

通過できない赤飯や山菜おこわ。
以前も来た時に買ったと記憶が戻った朝採れの竹の子。
蕗や野菜の苗やら諸々。

それでも緑の村公園の牡丹はどんなでしょうと訪ねたし、一ノ瀬のツツジもチラリと見てきた。

山菜おこわで昼ご飯を食べたが、流石にそのままタケノコを茹でる時間はなくて、パソコン同好会から戻ってから茹でた。

夕食には間に合わなかった。

いなべのぼたんその1

かりん・むべ・ふじ・オオデマリなども目を楽しませてくれた。
いなべボタン園その2

簡単動画でボタン園をアップした。




対岸からの風景

長い間通行止めだった道路が通れるようになった造成地区。

来るまでは通ったが自転車ではまだだった。
側道が出来てはいても物が置いてあったりして「危ないからやめよう」と自粛していたのに知りたがり屋の虫がムズムズと出て来てしまった。

プールの帰りに川の対岸から見てみた。
あれは何をしているのだろう。
初めて反対側から見た造成地

対岸から見る造成地その2

橋を渡って、前後から車が来ないか確認して素早く危ないところを通り過ぎた。
父さんには内緒である。
言ったらきっと叱られるから。


スナップエンドウが少々採れたのでレンジでチンして薄切りしたタマネギと一緒にドレッシングで和えた。

タマネギとスナップエンドウ簡単レシピ

簡単に出来た

さっぱりした春の味だった。

稲荷ずし

前日に1パックの油揚げを湯通し、一口グラタンに3枚使った。
残りは刻んで冷凍にする予定だったのに、「稲荷ずしに使おう」と甘く煮たのだった。

巻きずしは上手く巻けない。
ちらし寿司は面倒だとすし類を全く作っていない自分に唯一何とかなるのが稲荷ずしである。(昔はコンコンずしと言っていた)

在庫の米が二合弱しかない。(米購入を依頼しておいたのに主人はほかの物は買って来たのに米だけ失念したとか)

硬めに炊いて、酢・大さじ2 砂糖・大さじ2 塩・小さじ半分強をレンジで溶かして混ぜた。

今日の具は白いりごまと野沢菜の漬物である。
刻み野沢菜漬け

いなり寿司


5枚分しかなくてやはりすし飯が余った。
すし飯保存

冷凍にして置いた。(海苔巻きできっと自分のおやつになるだろう)

下図はスマホで検索したレシピの材料画面だけをスマホでスクリーンショットして画像として残したものである。
アルバムに保存されるので(もちろんGoogleフォトでも示される)その画面を見ながら調味料などを確認して作った。
sirogohanのレシピ


『DELISH KITCHEN(デリッシュキッチン)』

スマホ利用の先輩のT田さんに教えても貰った料理のアプリ。

『DELISH KITCHEN(デリッシュキッチン)』
料理アプリデリッシュキッチン

そこのレシピから一つ作ってみたのは「油揚げの一口グラタン」である。

前に見て「お気に入り」に入れておいたので、そこを開いて台所のテーブルに置いて横目で見ながら作った。
(短い動画で作る過程を見ることが出来る)
お気に入りに

油揚げに詰めるというのが面白かったし、「美味いがやー」と褒めて貰えた。
一口グラタン

新タマネギとスナップエンドウのレシピもあったので今度作ってみようと思った。


暑くてぐったり!

30度近くまで気温が上がって熱風が吹いた一日だった。

草取りなど外仕事はいっぱいあるけど体が言う事をきかなくて、ほんの少しの極早生タマネギをひいただけでお終いだった。

極早生タマネギの収穫2018 

気温上昇で数日前にこんな写真で記事をアップしようと準備した。
植え付けと収穫

もう今日はもうこうなった。
スナップエンドウと茎ブロッコリー収穫


野菜が大きくなったのは嬉しいけど、この暑さは嫌だ。

おバカな私と美味しい二品

金曜日のドライブで「えー、何でー」とパニック状態だったのは私。

最近はスマホにナビをさせ、スマホで写真や動画も撮る。
モバイルバッテリーも買ったけど、車ではUSBケーブルで充電するつもりでちょっと長めのケーブルも買った。
チューリップ見物でちゃんとお試しをしたので安心していた。

前夜からモバイルバッテリー(念の為)と車用のケーブルを子袋に入れて用意しておいた。(準備万端整えた)

目的地でバッテリーが少なくて困ると車中で充電しようとしたら挿し口が合わない。
「何でやねん」と文句を言ったが合わないものは使えないわな。

モバイルバッテリーから充電したからよかったが、帰宅してもそのことが頭から離れない。
一体これはなんのコードなんや。

一晩寝てふと気がついたことがあった。
「車でしか使わないケーブルだから、車へ置いておこう」とグローブボックスへ入れておいたことを・・・
あった、あった。
目の前で父さんはメガネなど出し入れしていたのに全く気付かなかったおバカさんな私である。
勿論父さんには大声で報告した。(笑われた)

で、合わなかったケーブルも何の物だった分かった。
デジカメとPCを直で繋いで使うケーブルだった。
もともとデジカメでもSDカードをPCに差し込んで使っていたので、このケーブルはほぼ使っていなかった。
(デジカメの傍に置いてあったのを掴んで子袋に入れたのは私です。)

今度からこのケーブルは何に使うのだったか忘れないようにコードチューブに名前を書いておいた。
充電用ケーブルはどこに


いもこさんから教えて貰った大根の福神漬け風。昆布を入れ忘れたけど売れ行き好調である。
大根の福神漬け

いかの塩辛とスライスタマネギ乗せ


飛騨の花めぐりの最後は朝日町の枝垂れ桜たちを動画にした。
今頃桜とはちょっと驚いたのだった。

飛騨花めぐりツアー2018

昨年4月29日に高山春秋屋台曳き揃えというイベントに出かけ、ついでにとあちこち行った中で初めて行った美女高原の美女ヶ池水芭蕉が印象的だった。

同時に行った飛騨一之宮の臥龍桜が満開の見ごろで、水芭蕉はちょっと遅かったのだった。

今年もう一度と思っていたのに「臥龍桜が咲き始めた」と聞いたのに水芭蕉の事を忘れていた。
好天で気温も高い日が続くとあっては一日たりとも延ばすわけにはいかない。

水芭蕉と國田家の芝桜を目標に走りに走って貰った。
8時から11時までトイレ休憩のみだったので昼食の弁当など何も買っていなかった。(下道になったらコンビニで何か買って、水芭蕉の傍で弁当を食べるというのが理想だった。

ところが、有料と無料ながら上道が終わった高山インターからは町中の道を避けて山際の道を行ったのでお店屋さんが全くなった。

ならばと美女ヶ池へ入る道を通過して道の駅まで行った。
ここなら何かあるだろうと探したがパン一つさえ置いてない。(食堂はある)
店員さんに尋ねたら店の外まで出て「あの学校の前に店があり、あそこならおにぎりやパンも売っている」と教えられベンチで食べるようにおにぎりとパンをゲットできたのだった。

本来行く予定がなかったが道の駅で立派なパンフレットを貰って、朝日町にあるあちこちの枝垂れ桜を見て回るのを追加した。
3ヶ所の神社の桜を見物。
しだれ桜と水芭蕉


今年もちょっと遅かった水芭蕉をみて、またひたすらに走って貰って郡上の國田家の芝桜が見れた。

8時から午後5時過ぎまで312㌔を一人で運転してくれた父さんに感謝。
「何もえらくなかった。身体は快調だ」と言ってくれたし、無事に事故もなく帰れたので父さんに100点の満点を付けよう。

芝桜だけを動画にまとめた。



水芭蕉だけを動画にまとめた。(昨年のを見てみたらほぼ同じ作りになっていて我ながらあきれてしまった動画である)


水芭蕉まつりが22日に開催されるそうである。

新玉ねぎレンジでチンと塩豆腐

極早生タマネギが本当なら今頃は大きくなって然るべきなのに、おもいとは裏腹に満足できるような大きさのはほんの数個しかなくて、後はとう立ちが数個、小さいままで茎が倒れてもう成長しないのが目につく。

小さいうちからサラダにしたりして食べては来たが、今回はレンジでチンして丸ごと食べた。

小さめの玉ねぎの上下をひっくり返してお尻に十字の切り込みを入れ、バターを乗せてふんわりラップ。
500Wで5分。
上下を戻してだし醤油を垂らして食べた。 
新玉ねぎレンジでチン

とろりとして美味しかった。

暖かくなるとの予報だったので豆腐のやっこでもいいと思ったけど塩豆腐を仕込んでおいた。
木綿豆腐1丁に塩小さじ1弱を塗って、ペーパータオルで包んでラップもして冷蔵庫へ。
途中でペーパーを取り換えて24時間。

今日はオリーブオイルとごま油と二色かけてどちらが好きか尋ねた。
オリーブオイルの方に軍配が上がった。
塩豆腐何をかける?

映画を観て採って来た野菜

頼まれてディズニーの「美女と野獣」を録画した。
美女と野獣ラベル

せっかくなので自分も観た。
主人公が家の前の小さな畑(花もあり)で野菜を採っている場面がチラと出た。
「おっ!スイスチャードだ」と目を凝らす。
美女と野獣のスイスチャード

再生を一時中止して畑へ行き、スイスチャードを採って来た。

夜には湯掻いて山芋もろみで和えたスイスチャードが出た。
山芋もろみで和えて


影響されやすい性格が丸出しである。


 美女と野獣の女優さん、どこかで見たことがあるなあと思った。
エマ・ワトソンの名前では分からなかったが、「ハリーポッターシリーズ」でハーマイオニー役を演じていた。
だから見覚えがあったのだと調べて納得だった。

90点?

夕方から雨の予報だったので朝からやることがいっぱいあった。

ポットに蒔いておいた百日草と見切り品として買ったアスターを畑へ植えた。
植えつけた花

花手毬・斑入りスイートアリッサム・カンパニュラ何とかかんとか・コンパクト撫子は2日前に鉢に植えたのでやれやれ。

蒔いたトマトと伏見甘長を数株だけどポットに鉢上げ。

花が終わった水仙の葉は枯れるまで置いておきたいので、べったりと寝てしまったのをビニールテープで少しずつ縛る。
(枯れた葉を夏野菜の足元へ敷く)

キンセンカとシラー・カンパニュラータがいっぱい咲いているので久しぶりにお墓へ行ってお参りして来た。
今日のお墓参りの花

夏菊の挿し芽をした。
満開の小花たち

雨が降ったらこのきれいさは無くなるかもしれない。
午後2時過ぎの昼食後は録画のテレビを見て休養した。

という訳で自分で点数をつけると90点の一日だった。

マウスひとつに振り回された

ポイント交換でBluetoothのマウスを頼んだ。
届いたからには使いたい。
簡単だと思っていたがそれが大間違いで2日間にわたってあっちやこっちを探したり、いじくったりした。


マウスだけぽつんと入った箱。
その裏側に印刷されていたのは電池の入れ方・電源・コネクトの図とブルートゥースのついたパソコンのイラストだけだった。
メーカーのページへ行って見ても簡単に書かれているだけだった。

やらなけらばいけないことは三つだとか。
「ブルートゥースマウスの設定」
「PCの設定」
「PCとマウスの接続」

最初のつまずきはブルートゥースのドライバーがあるのに、オンにならないのである。
of.jpg

デバイスマネージャーで有効

ブルートゥースドライバ

ペアリング済み

ドライバーの更新もやってみた。
ドライバーの更新もしてみた

メーカーへ行って該当する更新のダウンロードがないかも調べた。
該当するDLが見つかりません

ひねくり回してそんな馬鹿な!という原因がやっとわかった。

ノートパソコンだけど家で使うときはワイヤレスをオフにして使っていた。
これをワイヤレスをオンに切り替えたら、最初にブルートゥースがどうしても有効の方に行かなかったのがパッとグリーンになった。
ワイヤレスをオンにしたらオンになった

これで最初からやり直し。

パソコンに周辺のブルートゥースを探させ、マウスを検出したのでそれを指定ししたら自動的に接続して無事完了。
マウスがやっと使えた

こんな小さなマウスひとつに振り回された二日間だった。
「あほだね」と言われて笑われても出来なかったことが何とか出来たのだからと公表した。

マウスの電源を切ることを忘れないようにしないといけないのが危うそうである。

池上彰でお勉強と思い出の映画

一週間遅れで「池上彰の現代史を歩く」の第1回を観た。

教えたがり屋(説明したがり屋)の印象が強くてほとんど見た事がなかった池上彰だった。
が、先日数回のホストをしたインタビュー番組をみて今回の番組を録画したのだった。

「今のニュースを知るには現代史を知らなくてはいけない」「現代史の場所を歩いてこそ実感できる」というコンセプト。
一回目は「朝鮮戦争は終わっていない」と題して「誰が何のために始めた戦争か」を解説し、実際に仁川や板門店へ行き現場で解説をしている。

朝鮮半島が日本の統治からやっと解放されたと思う間もなく、2次大戦後の東西の大国のはざまで一つの国家が二つの国家にならざるを得なかったばかりか、怒涛のように押し寄せた北朝鮮やその巻き返しのために国連軍(ほぼアメリカ)が一気に北の果てまで押し戻す。
日本に駐留していた米国兵士7万人余が半島へ送られた。
軍備放棄させた米国は、手薄になった日本の防衛のため警察予備隊という名前で再軍備を命令し、後の自衛隊に至る。

東西の冷戦の波をまともに受け、国民が翻弄されて死んだり一家離散などの憂き目にあう。
約3年間の戦争で(民族として同一なのに)兵士を含め300万人の人が死んだと言われる。

そして38度線近辺に軍事境界線を定め、停戦したのである。(国境ではない)
停戦ラインの南北1キロずつを共同警備区域として双方が管理することになっている。
そういうテレビを見ながら過去観た映画を思い出した。

img02211.jpg 


この区域の南北の兵士たちを描いた映画は今でも印象に残っている。
「JSA ジョイント・セキュリティ・エリア」2000年韓国映画。

映画より 

その後の北朝鮮帰還事業で日本から北朝鮮へ渡った家族やそれを見送った家族。
「かぞくのくに」 2012年日本

この二つの映画は本当に涙なしでは見れなかったので覚えているのである。

北朝鮮の最高責任者 金正恩の母親は大阪から帰還した在日朝鮮人だというのも何か因縁めいて思える。

nasa kara 


第2回はジョン・F・ケネディなのだが何時みられるか。また一週間後になってしまうのか。

「家族はつらいよ」

山田洋次監督の「家族はつらいよ」「家族はつらいよ2」を、大笑いしながら立て続けに観た。

5月に封切りになるパート3の前宣伝である。

三世代で暮らしている一家。
じいちゃんは退職後も結構好きな生活(ゴルフ・釣り・飲む・吸う)をしているし、奥さんもカルチャーセンターへお通いである。
その爺さんが奥さんから離婚を請求されて憮然。
「俺が何を悪い事をしたというのだ。家庭のため、子供のために粉骨砕身してきたのだ。それを今頃になって何だと」
同居の長男夫婦や長女夫妻や次男夫婦を前に、奥さんが「とにかくもう何もかもが嫌なのよ」という。

その二は、老人の免許返上と孤独死というテーマ。
老人に免許返上させるのに若い人たちが四苦八苦する光景は、身につまされる年齢の者にはちょっぴり辛いかもしれない。

家族はつらいよ

家族はつらいよ2

ユーモラスに作られているのでワハハと大笑いしながら時間を過ごした。
久しぶり肩がこらない映画だった。




例の工事中の道路をちらっと覗いて来た。
道路が見えた

もうちょっとで通れるようになるのかな?

川沿いの堤防横の道路はただいま盛り土中らしい。

LINEで友達を追加

LINEでの友達はさほど多くない。

娘と(息子はやらない)プール友達とパソコン友達だけである。

そのパソコン仲間のひとりと追加しようという事になった。
スマホ同士でふるふるというのでやってみたがうまくいかなった。
ふるふるした

じゃあ次はと、QRコード読み取りというのでやってみた。
QRコードで友達追加

こちらは大成功!
無事に彼女とLINEで繋がった。
電話もファイルも画像も送れるようになった。

もう一人の方は「スタンプを送ってそれだけでは分からないだろうとトークで説明もしたけど繋がらなくなった」と言われた。
自分は「●●ママなんて人は知らないよ」とブロックしてしまってトークの文字を読んでいなかった。

言われたその場ではブロックが解除できなかった。
帰宅してから調べて無事にブロックを解除でき、繋がるようになった。
ブロックを解除する


LINEはむつかしいよ。

夏野菜一番のり

例年のごとく「3株残してあるでね」とズッキーニの苗を頂戴した。

黒マルチで地温を上げて天候を見計らって定植した。
キャップを被せた。
本当はトンネルにしたいけど長い支柱や広いビニールがないので取敢えずはこれで辛抱してもらう。。

夏一番ズッキーニの定植
いっぱい採れたら配るろうなどと目論んでいるが、前触れだけで終わるかもしれない。


シソのひとりばえがぎっしり。
シソが生えてきた

蒔いて大事に保温までしたトマトやシシトウなどやっと生えてきたというのに、これらは自然のままなのに元気いい。



パソコンの会員の出入りがあったので名簿を作り直して印刷し配布した。
同様に出席簿も作り直した。
6月の予定を先生に確認し、公民館へ届けた。

取敢えずのパソコン役員の仕事は済んだ。

気分が高揚していたせいか、パソコンのお勉強から帰ってその足で、田圃の芝桜を見に走った。
数日遅かったが黙って見せて貰った。
それにしても草1本も生えていないのには感心するばかりである。

芝ざくらと共に、近所のイタリアンの店の横に鮮やかな花色を見つけて感激。
帰宅してから検索しおそらくこれではないかと思う画像が一致した。

ベニバナトキワマンサク

色鮮やかに二つ

本屋大賞2018

本屋大賞が発表されたと新聞で読んだ。
辻村美月の「かがみの孤城」だそうである。
自分の予想は外れた。
3月10日に書いた記事。

新聞記事で面白かったのはこの「かがみの孤城」よりでかく書かれていたのが翻訳小説部門の事だった。
翻訳小説大賞

初版が3500部、まだ900冊しか売れていないこの本を全国の書店員さんたちは翻訳小説部門で「この本を売りたい」と選んだのである。

出版元のキノブックスでは3万部増刷するそうである。
売らんがための本屋大賞だから、こうして新聞でも書いてもらえればウッシッシだろう。


青空が似合っていたハナズオウ。いもこさんの枠№174に入れて。
№174ハナズオウ

今日は雨にあたって寂しそうだった。


シイタケ栽培の終了

12月にお遊びで買って来たシイタケ栽培キット。
正月には皆でその味を楽しんだし、その後も少しずつは採れていた。
cats.jpg

しかし、3回目の栽培はうまくいかず数個採れただけどその後は全く出て来なくなり、黒いカビも見えだしたので廃棄処分とした。
おが屑で作ってあるのでばらばらにしてコンポストへ入れて、野菜くずと一緒に始末した。
シイタケ栽培終了



血液検査で朝食抜きだったので11時過ぎに朝昼兼用で自分だけ食べたもの。

ジャガイモスープが冷凍してあったのを戻して小松菜・ソーセージ・ひよこ豆・シメジを煮て、解凍した細いうどんを入れて食べた。
「コーンスープうどん」なる記事を見たので作ってみたのである。
ジャガイモスープうどん

こってりして形容しがたい形のものが出来た。
不味くはなかったが自分だけでよかったとも思った。

少し草取り

乾燥していたが雨が降ったので草取りには絶好なのである。
しかし、ちょっと肩の具合がよさげなのでヨガをやりたい。

バタバタと30分ほどやって、「帰ってからこの続きをやろう」と、鎌などをその辺にほおっておいた。

受講するヨガの先生は月曜日と金曜日である。
金・月・金と3回連続で欠席していた。
[nekoさんはどうしている?」とほかの方に尋ねておいでだったと聞いたので、「ご心配をおかけし申し訳ありませんでした。肩が痛かったのでお休みしました。」と始まる前に挨拶しておいた。

いつも出席している高齢者が連続で休むと心配だとおっしゃってくださった。
ありがたいことである。

肩が痛くてできない所はいい加減なやり方でそれでも何とか50分楽しめた。

気持ちよく帰宅途中の田んぼの土手には野の花が咲いていた。
4月の野の花2
4月の野の花3
4月の野の花1

そして家では朝より草取りの草が増えていた。
増えていた草

「草取りしてくれたの?」と尋ねたら
「続きをやれという命令かも知れないのでやった」と。
確かに草取りがやりかけてほってあった。すんません。


しぐれ雨にあった図書館行きとポイント交換

日曜日だけど「かんたんエアロ」のレッスンを受ける予定を立て、その前に図書館へ行くことにした。

怪しげな空模様だったので洗濯物は軒下へ干したが、自分は雨具は用意しなかった。
さほど行かないうちに時雨れてきた。
図書館の本などを濡らさないように自転車のかごに用意してあるビニール袋で包んだが自分は半コートのフードを引っ張り出して行くより仕方がなかった。
風でフードが外れてしまうので片手で押さえていたらその手が凍えるような冷たさだった。

用意された本は磯田道史著「日本史の内幕」で、返したのは朝井まかて著「雲上雲下」。
「雲上雲下」は自分好みの本だった。
雲上雲下

古くから語り継がれる民話や伝説。
子狐に山姥、乙姫に天人、そして龍の子。
よく知っている民話の主人公たちの話を「草どん」に語らせる。
民話の主人公たちが笑い、苦悩し、闘う。

最後にはその「草どん」とは?という事や、今それらのお話が語り継がれなくなって来ていると進行形の話でもある。

これは絶対アニメとして映像化して欲しいと思った。


夕方息子がタイヤ交換に来た。
彼が支払っていてくれるNTTの代金でついたポイントの中で4月30日で失効するのが3000ポイントある旨を伝え、ワイヤレスマウスを貰う事にした。
NTTポイント交換完了

私からはささやかに新玉ねぎ・初めて採れたアスパラ・切り干し芋を、ポイント交換分の交換品として差し出した。
タマネギ&アスパラ


手打ちそばと筑前煮 姫路旅行の日の食事

「青春18きっぷを使って平成の大修理が終わった姫路城へ行くよ」と声がかかった。
もろ手を挙げて参加を希望した。

6日が本命で9日が予備日となっていた。
「満開の桜とお化粧直しした姫路城」との企画だったが、世の中すべてうまくは行かなくて桜はあきらめて、後は雨さえ降らなければいいと言う風になった。
青春18きっぷで


2回の乗り換えをして3時間半で姫路へ到着した。
初めての人は駅を出て真正面に見える白鷺城に感激である。
平成の大修理を終えた姫路城

入城してからは梯子段で上がるために待ち、上がったらまた待ち、と何度も何度も繰り返してようやく6階に到着。
四方を眺めて、今度はさっきと逆で下りては待ち、下りては待ちを繰り返してようやく靴を履いて外へ。
雨はさほどではないが高い所なので風が強く、西の丸の方へは行かずじまいになった。(百間廊下を見たかった)

「腹減ったあ」の声も上がり、大手門通りから外れてアーケード街へ入り込み、「何食べよう、あれにしようか、こっちの方がいいかな」などうろうろ。

リーダーさんが「ここどうやろね」立ち止まった。
店内からイケメンの男性が出て来て勧誘され「ここにしようか」と決まった。
全員これに統一した。
やえもんでおすすめ定食
ペコペコのお腹だからという事ではなく、リーズナブルな値段でそばも揚げ物もデザートのわらび餅も柔らかくて美味しかった。
帰りかけたら入り口横で、先ほどの彼がそばを打っていた。
彼が店長で店の名前の「やえもん」はじいちゃんのじいちゃんの名前からつけたそうである。
その様子を少々。



最後にちょっとしたアクシデントはあったが無事に帰って来れた。

電車は立って行くことも懸念したが、全部着席できた青春18きっぷでの旅行だった。
リーダーさんに送迎までして貰って楽ちんだった。ありがとう!


「ただいま!」と入ると今しも父さんは夕食を始めようとしているところだった。
何も用意はしておかなかったから、何か買って来たのかと思ったらなんと、煮物が・・・
父さんの筑前煮
「たんと(沢山の意)作りすぎたでいっぱい食べてちょう」と言われびっくりぽんだった。

楽しかった旅行の話もいっぱい聞いてくれた。
6日は本当にいい日だった。


茹で鶏

鶏むね肉を買った来た。

ローズマリーとタイムと昆布茶をまぶしてラップで半日。

沸かしたお湯に、常温に戻して置いた胸肉を入れ、コトコトっとしたら火を止めてきちんと蓋をして冷めるまで置く。
そうすれば冷めるまでに中まで火が通る。

これでハーブの香りも少しはする茹で鶏が完成。
二つ茹でた鶏むね肉

作り置きにはもってこいである。
ゆで汁も


燈台下暗し?

「梅だ!カタクリだ!桜だ!」と飛び歩いているうちに狭い我が家でも花が咲いていた。

すぐ足元で咲いていたんだね。許してたもれ。
4月5日の花たち



2時間ほど草取りをしたせいか、夜になって右肩から腕にかけてが痛い。
1時間にしておけばよかった・・・

1週間ぶりの運動

とても痛かった右肩が少しは良くなったので1週間ぶりにスポーツクラブへと出かけた。
「ステップ」は、ほぼ足の運動だけで腕や肩はウォーミングアップやクールダウン以外は使わないので出席した。

真剣に先生のリードに耳を澄ませ、それを自分の体に言い聞かせて動いた。
(と言ってもかなり間違えたけど)

いつも水中歩行は30分なのだが15分延長し(おしゃべりでつい時間を忘れた)ジャグジーで肩のマッサージを念入りにして気持ちよく帰宅した。



今年度のパソコン同好会の当番役員になっている。
名簿は教室で習ったので皆さん入用ならプリントすれば事足りる。

午後の部の連絡網だけは自分が作らなければならないので始めた。
エクセルかワードで図形を描いて氏名・電話を入力し、連絡する順番を指定する。
ただこれだけなのに「面倒だ」とテンプレートを使って作ろうとした。

パワーポイントで作ったテンプレートが良さそうだったし、初めてだけどやってみた。
試行錯誤しながらもなんとか入力も出来たのでテスト印刷を黒白でやろうとしたらそれが難関だった。
本来のテンプレートは色がついていてグレースケールにすると色付けの所がグレーになってしまう。
パワーポイントそのもので「黒白」としてプリンターそのもので又「黒白」としてやっと1枚印刷できた。
黒と白で
白黒でパワーポイントで

不具合な印刷になってしまったが「もういいや」と一枚ずつ配布できるように枚数を印刷した。

そしてその後パワーポイントでなぜ作ったか、その目的をした。

「名前をつけて保存」で画像として保存できる。
もし希望があったらスマホなどへ送って保存して貰えるかもしれないと思ったからである。
(この間連絡網を使った時に連絡網の用紙がどこへおいたか不明だという事態もあった)

本来のワードやエクセルでの連絡簿の作り方は習ったのに忘れている困ったさんなのである。

久しぶりのJTrim チコリを入れたいもこさんの№172。
№172チコリ2

チューリップを愛でに行った

北か南かで迷って後まわしにした木曽三川公園のチューリップを見に行った。
ここも時間が遅いと混んで大変なので8時半過ぎには出発した。

「どの道を通る?」と尋ねたら「長良川右岸の堤防」という。
長良大橋西の信号でいつも混むので心配したら、スマホではちゃんとそこを避けて桜花が落下盛んな桜の堤防へと案内してくれる。
「ゆっくり走って」と頼み「おお、良き眺めじゃ」と31号の下を通過し、もうちょっともうちょっとと桜堤防でかなり南下した。

Googleのナビの設定を三川公園北の駐在所に設定したので北口駐車場へすんなりと案内してくれた。

噂通り、咲きそろった素敵なチューリップたちが出迎えてくれた。

大花壇のチューリップ

4月3日のチューリップ

名残りのアイスチューリップ


大花壇周辺をあちこち回り、旦那さんの姿を時々チェックしながらそれぞれ写真を撮って楽しんだ。

輪中の農家は二人そろってじっくりと見てきた。
また、木曽三川分派事業で100名近くの薩摩藩士が亡くなったり、自害したりした人々を祀った治水神社へも寄り、お参りした。

2時間、十分に堪能して帰りにお千代保稲荷へ寄ってお参り・昼食・買い物をして帰宅した。
勝文での昼食
居酒屋風の店でテイクアウトも出来たけど食べ歩きには暑すぎる日だったので店内でゆっくりした。
冷たいビールがひときわ美味しく、手羽先のチューリップのカリカリ味がそれに拍車をかけた。

可愛いチューリップたちを動画にしてアップした。



追記 ※
輪中の農家を後にして、噴水の写真を撮るために道を外れて池の近くへ。
後ろを振り返ったら父さんがいない。
こっちかな?あっちかな?と探したけど、あの帽子とあのシャツが見つけられない。
「父さん、今どこにおるの?」と見失った迷子を携帯で呼び出した。

「食べものを売っている傍のテントの下に居る」
無事に出会えた。
「お前さんがあそこに居るのは知っとったよ」
「なんで こっちへ行くでなと声をかけてくれなんだの」と文句を言った。
「悪かった。罪滅ぼしにソフトクリームを進呈するわ」との事で、ちょっとへそを曲げかけたのがにっこりと元へ戻った。(単純な人)

観桜二ヶ所

「チューリップがいい具合だって」と言っていたのに、朝になって突如方向転換(南へ行くつもりが北へ向かった)し、根尾の淡墨桜へ行った。
満開の情報だった。
その通り、見事に咲いていた。花数も多いのではないだろうか。

淡墨桜満開
これからうっすらとネズミっぽい色に変るらしい。

ピンク色のジャンパーを着たボランティアガイドさんも活躍中だった。
根尾のボランティアガイドさん

9時15分の到着だったのでまだ人は多くなくてゆっくり眺められた。

最初の予定通り関市へと向かい寺尾ヶ原の千本桜へ。

出迎えてくれるはずだった桜のトンネルが寂しい。
以前は空が見えないくらいの桜花のトンネルだったが枝が折れたりしてその面影はどこへ行った?
寺尾ヶ原千本桜の情景

苗の販売をしていた


メインの場所もやたらやかましい音(おんがく?)が流れて来るし、屋台の店の連なりがバックの花を阻害している。

がっかりして「来年以降、ここは見に来なくてもいい」と悪態をついて、そのまま北上し洞戸の道の駅で買い物をして帰宅した。
戦利品?

写真には写っていないがもう一つ。
「焼きぬか」一袋200円につい手が出た。

種蒔きした時に上へ撒いておくと乾燥を防げるらしい。
今年はタマネギの種取りに挑戦し、秋には自分で種を蒔いてみようとおもっている。
ホームセンターで買うと結構高いので手が出なかったものだ。

次はチューリップ見物へ?


買い物のついでにしだれ桜

いもこさんやなべちゃんのブログ&アップの動画で知ったごく近場の河川敷のしだれ桜群。

行きたいなあと思っていたら「買い物に行くぞー」との声。
渡りに舟と「私も行く」と言い、「こっちから回ってしだれ桜」を見たいと希望した。

子供たちがサッカーの練習などしている横にかなりの数のしだれ桜が今まさに満開であった。
地面にはタンポポが咲き、時折ウグイスの声も聞こえるのどかさだった。

お二人と被ってしまうけど、あまりのきれいさに動画にしてアップした。




その他、今日の日記は
① 再利用の黒マルチで覆った畝にインゲンを蒔いた。

②録画テレビは池上彰の対談。
久米宏とのは、楽屋話もいっぱいで大笑いした。

ビートたけしとの対談は今一つだった。



畑のタラの芽 収穫。大きなのは二人で喧嘩せずに二つあった。

自家調達の天ぷら素材

ホウレンソウの行方

花が咲きそうだったので全部(と言っても大した量ではないが)収穫したホウレンソウ。
水菜を収穫して腐らせてしまった経験から、すぐに処理をした。

少し冷蔵庫で生のまま保存。
少しは茹でて食べる準備。
あとはさっと湯がいてカットして冷凍保存とした。
ホウレンソウの行方




先だってスマホにSDカードを装着した後、Googleフォトが何か言ってきたので「はい」と返事をした記憶はある。

あらら、同じ画素が二つずつ。
でも、SDカードを入れた後の画像は単独でしか見えない。

Googleフォトで二重にバックアップ

SDカードを入れる前の本体のバックアップと、SDカードに移し替えた部分がバックアップされたのと二重になっているのだと分かった。

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索