FC2ブログ

フォルダの整理ふたつ

いもこさんのJTrim作品の作り方を公表されだしたのは昨年の8月だった。

ほぼ(全部でないかもしれないが)真似して作って保存してあった。
それが整理整頓が出来ていなかった。

作り方はスニッピングツールを使い画像として保存。
これを見ながら作品を作る。
途中経過やちょっと変化させたものなども№のままだったので、それを一つのフォルダにまとめる事をやった。
最初からそうしておけばよかったのに、これほどたくさんの物を提示して下さるとは思わずべたべたに貼ったままだったのである。

新しくフォルダを作る時、最初は間違えないようにとマウスで何だか丁寧にやっていたが、「今ショートカットを使わずして何時使うのだ」とコピー(ファイル名を)・新規フォルダ(ショートカットでうまく出来なかったのでマウスで)・ペーストで新しいフォルダに名前が付いたのが出来、そこへ放り込む。
一度にやるときっと間違えるだろうと、一つ一つフォルダを作っては放り込んで整理した。
いもこさんの作品作り方フォルダ

ナンバーは217になっていたが、自分のは214しかないのできっと三つばかりはやっていないのだろう。
ま、いいか。と思いながらもこのフォルダ一覧を見ただけでいもこさんの力に圧倒され、感謝の念に堪えない。

もう一人はsachiさんである。
この方はもっと以前からやっておられるようだが、公開されるのを順にマネし出したのはさほど前ではない。
順にやり出してからはフォルダを作って入れてあるのだが、その枠に入らないのや、ずっと前の物などがバラで保存してある。
出来得る限り整理はした。
sachiさんのJTrim作品フォルダ
フォルダの数が少ないのは、シリーズとして終了した物(30個)は入れ子にしてフォルダを作ってあるためである。

ただ、こうしてフォルダに入れてしまうと、パッと見て「これを」と、すぐにはわかりにくい点が難だと思う。

いもこさんの№217.この模様枠が文字を変形させたものだとどうしても思えない。

これから加工変形していくのを思いつくのが素晴らしい。
wingdings2  A般 shift+れ
「イカみたい」と思った。
№217バイカオウレン

ゴミ袋三つ

蔓バラの枯れた花や枝を切ったり、だらしなく伸びたバーベナ(地植え)を切り戻したり、草取りをしたりと自分ではかなり頑張った。
バーベナ

うす曇りで外仕事にはいい天気だったが、昼頃から晴れて来て暑くなったので3時間も休憩し(録画ドラマを3本もみた)夕方方再びやった。

以前に切り戻して再生したビオラ。
切り戻してビオラ
少しの間だけだが楽しもう。

ゴミは3袋も出来た。
ゴミ袋三つ

夕食にズッキーニを焼いて食べた。
ズッキーニの食べ方その1





イタリアントマト第2陣

自家蒔きイタリアントマトの第2陣をタマネギ収穫跡へ植えた。
小さな苗だが6本。タマネギの葉でどこにあるか分からないほどである。
イタリアントマト第2陣


ズッキーニが採れ出した。
それは嬉しいのだが虫よけネットが小さくなって(ズッキーニが大きくなったという事なのだが)葉っぱが飛び出ている。
ウリハ虫が集中攻撃である。おまけのモンシロチョウまでいる。
ウリハ虫の攻撃


自家蒔きスクナカボチャをジャガイモの端っこに植えたが、これも何か掛けておかないとあっという間に葉っぱが無くなってしまうなあ。


待っていてパッションフルーツの初開花。
いもこさんの作成手順 №216の枠に入れて祝福した。
№216パッションフルーツ

名古屋で基幹バスに乗る

土曜日に名古屋で基幹バスなる物に乗り、バスレーン上を走るバスと停留所を体験した。

基幹2号というバスレーンが設置されている道は以下である。
中央走行区間

名鉄バスは名駅から始めは普通の道を走るのでバス停も道の左側にある。
桜通を過ぎるとバスレーンが始まり、バスは着色された中央のレーンを走るようになる。
基幹バス
(上図で、疑問点だった市バスで栄から乗ろうとしてバス停が二つもあるがどれが本当なのかというのがわかった。
始発は栄でもオアシスパークのバスターミナルにあり、もう一つの栄は大津通にあるのだ。
ここの栄バス停までは普通の走りであり、その後はバスレーンを走るのだという事)

バス停が道の中央にあり、交差点の手前に設置されているのでバスは中央より右側の道路へ入りバス停へ停まる。
そして交差点で左側の道路へ戻り、中央寄りを走る。
バスレーン2

バス停

バスレーン交差点

対向してくるバスもそれと同様なので交差点でバスが交差する。

バスは直進しながらも、停留所前と交差点では緩やかにカーブをしながら走るのである。

これを目で見て、バスレーンと停留所が中央にあっても乗り降りできることがやっとわかったのである。

このバスレーンは平日のラッシュ時はバス専用で普通の車は走ってはいけないそうである。
土曜日はその規制がないのでバスレーンも普通の車も走っていたが、バスの走りに邪魔になるような台数ではなかった。
ラッシュ時は次々とバスが走るそうである。(地下鉄並み)

乗るだんには便利なのだがマイカーで走ろうとすると慣れないとバスのレーンが恐いそうである。
並行して走っている時はいいのだが、交差点では自分の直進線へ右側からレーン上のバスが追いかぶさって来るように感じたり、右折するときが難しいらしい。

今回の訪問を車で行こうかと検討したけど早々にやめて正解だった。

名古屋へ行くのもお上りさん?

娘夫婦が転居したので新しい住居を確認がてら初訪問する事にした。

岐阜の田舎の老夫婦。
町中へ出かけることは何年に一度という位稀な事で、新居の住所などはネットで検索し、マンションもGoogleで「ああ、これだ」と分かるのだが、さて自分の足で行くとなるとこれまた調べなくては・・・

名古屋の地下鉄・市バスのフリーパス券を息子から貰ってあった。
が、出かける機会がなくて保存したままだったのでそれを使おうと思った。
名駅から地下鉄1本では行けないし、乗り換えても駅から15分くらい歩かなくてはならない。

じゃあ、地下鉄+市バスというプランを立てたが、栄で乗り換えるについてバス停が色々ありすぎてややこしそうである。

娘にLINEで相談したら「フリーパス券はまたの機会にしたら?、名駅でどうせ乗り換えるのだから名鉄バスセンターへ行ってそこから乗れば家のすぐ前の停留所まで一発で来れるよ」とアドバイスを貰った。
「老いては子に従え」と従った。

名駅下車して桜通り口から外へ出て、まずはビル群を写真にパシャ。(お上りさん丸出し)
駅前のビル1

あとは名鉄ナナちゃん人形をめざして歩く。「お、居た、居た」
手前を右へエスカレーターを登れば名鉄バスセンター。
ナナちゃん人形をめざして

長距離のバスなどの発着もあるが、自分たちは4番乗り場。
始発なので着席でき、運転手さんにバス停をもう一度確認し後はお任せである。
スマホを開いて現在地と窓の外の風景を見ながら楽しんだ。

基幹バスでバスレーンのある道路。停留所は道の真ん中にある。
どうやって乗り降りするのか想像していた時は全く分からなかったが、乗車してレーン上をバスが走るのを見てやっと納得した。
(面白い体験だったのでまた次回に別途で記事を書くつもり)

現地の周囲はでかいマンション群がいっぱい。

「なるほど。こういったところなのだ」と確認。
「洗面ボールが気に入らん」とか「トイレが狭い」とかいう文句は聞き流し、「風通しがいいがね。ベランダが深くて広いし、人工芝の前庭もいいじやないの」とよいと思う所を指摘した。

車で最寄りの駅まで行ってあとは電車で行くと伝えてあり、「昼食はおよばれするがアルコールはなしでね」と言っておいた。
娘の手づくりの料理なんて何時食べた?貴重な昼食だった。
昼ごはんんはノンアルコール

コーヒーなど飲んで早々と帰ることにしたら、婿殿が近辺をドライブしがてら名駅まで送ってくれた。

朝、コンコースから出てきたところへ戻って来たが「ちょっとだけ駅ビル内を歩こう」ということになり、新しいほうのJRゲートタワーへ行き、15階でスターバックスコーヒーを飲もうとしたが、満席で、待ってまでは嫌だとあきらめた。
山ほど店舗があるがどこへも行かず、入らず。

15階で歩けば、いわゆるJRセントラルタワーズヘ行けると分かり、プラプラと歩き、東側のビル群や足元の様子を眺めたりした。
父さんは「一番南へ行って見る」というので付いて行ったら、名鉄やJRなどの線路が見え、出たり入ったりする列車がいて、立ち去れない。
帰りには上から
お店も入らず歩いて見下ろしただけ

「新幹線の列車が来るまで見とる」と言うので付き合った。

駅前ロータリーの様子や列車などが到着したり出発したりを動画に撮ったのでアップした。


体がだるい暑さ

金曜日はとうとう30度を超え真夏日になった。
身体がだるくて昼寝をしてしまった。


朝ごはん前に倒れて「もういいよ!」と言っているタマネギを引き抜いた。
3日間は好天気が続く予想なので、そのまま乾燥させて雨が降る前に絡げて取り込もうという計画である。
玉ねぎ引き


イタリアントマトの花がやっと咲きだした。
イタリアントマト初花2018

この暑さなら夏野菜もぐんと成長することだろう。

スターチスをドライフラワーにとぶら下げた。
スターチスドライフラワーに




新聞の地方版に東海柳檀というところで「その通り!」と手を打った川柳がこの二首。
どんぴしゃりの心情だった。

「子が来れば まずパソコンを 見てもらう」 豊橋の鈴木さん
息子が来たら夫婦二人で「これはどうなってるのや、こんな事を言って来てる」などと必ず質問したり、直して貰ったりする。

「根性で 直せないので クリニック」 瀬戸の深谷さん
肩の痛みを辛抱し続けたが直らないので、嫌々ながらリハビリに通っている自分を映した句である。

新聞の投稿をここへは書いてはいけないのだろうが、あまりにも面白かったのでコピーしてしまった。許してもらいたい。

「Google+」

PC同好会でこんな素敵なものを持ってきた方がいた。
自分にはとてもできない繊細で色使いもいい物だったのでパチリと記念に一枚。
折り紙千羽鶴風百合の花




Googleのアカウントは随分前に取ったまま何も変えていないままである。(ひとつだけである)

Googleのアカウント


当時、分からないまま適当にやった。
色々進化したGoogleで訳が分からないままだったのが「Google+」というものである。

フェイスブックなどと同様なソーシャルネットワークの一種のようであるから、自分には必要がないのでGoogle+のプロフィールを削除することにした。
Googleページを削除する


少しドキドキしながら
削除した
Google_のプロフィールの削除


本日のお仕事は終了した。

お遊びは いもこさんのJTrimで枠づくりから。作品№209と212。
ふたつの枠の色違いをPhoto Scapeのアニメ作成で・・・

色違いアニメbyいもこさん


野菜の様子や収穫物

火曜日の事。

ズッキーニの雌花とと雄花が一緒に咲いたので授粉。
キュウリも赤ちゃんが顔を見せるようになった。
少しずつだけど成長している

午前中は2日前に引き抜いておいたタマネギを25本絡げて吊るしたり、畑の草取りなどをした。
雨が降る前の収穫物

小さいけど赤いタマネギをスライスして酢漬けにした。
きれいに発色した。
酢漬けした赤タマネギ

セロリの春巻き

録画して残してあった料理番組。「塩漬けセロリの春巻き」

やっと作ってみた。
セロリの春巻き材料

巻いて揚げた

あり合わせの野菜もついでに揚げた。
ついでに揚げた野菜たち


コンロの温度設定が出来るのが嬉しかった。

初夏を感じる

隣りの畑の方が「ほら、あげるわ」と言ってソラマメを下さった。

貰ったソラマメ


さて、焼いて食べようか、茹でて食べようかと迷った挙句、両方ともやってみた。

ソラマメ焼いたもの

茹でたもの


ほっこり美味しさでは焼いたもの。
食べやすさでは茹でたもの。
いずれ劣らぬ美味しさで初夏を感じた食べ物だった。

川端の堤防に今年もキンシバイが咲きだした。

それらの画像を使って「Microsoftのフォト」を使ってビデオを作ってみた。

先ごろのも3D効果を使ってやったのだがその時はそれぞれの動画をムービーメーカーで繋いだのだった。
今回は文字入れも繋ぎも音楽もすべて」Microsoftのフォト」を使って作ったのである。

画像クリックでYouTubeのページへ。



焦った

土曜日の事である。
自転車に横風が当たると怖いくらいの強風のなか、スポーツクラブから図書館へ行った。(危険を感じる所は自転車を引っ張って歩いた)

カウンターにはこんなかわいい折り紙作品が・・・
褒めたら「おひとつどうぞ」と言ってもらえたので傘を一つ頂戴し、写真も一枚。
図書館のカウンターには


ここまでは良かった。

帰宅して昼食を取りながらいつものように録画した番組を観ようとリモコンの「録画一覧」を開こうとしたが何も反応しない。
「え?えっ?どうしたの」
その時点でも録画をしつつあった。(赤いランプが点滅していた)
BSから地上波に切り替えようとしても反応しない。(BS同士はチャンネル切り替えはできる)

焦った。

昼ご飯をそっちのけでPCで検索した。
リモコンが壊れたという想定の記事もあったが、まずこれからやってみようと思った記事。

「まずはリモコンの赤外線が出ているか確かめよう」
赤外線が出ているか確かめる


ふむふむ。目には見えない赤外線を確かめるには・・・
リモコンを押しながらスマホでパチリだって。
まずはせk外線が出ているか

赤外線が出ない時の原因はリモコン側

赤外線は出る場合


「そうか。以前も調子が悪いときは主電源を落としてからもう一度入れたら直ったこともあったなあ」とちょっぴり安心はしたのだが、ただいま録画中で、しかも延々と休みなく夜の9時まで録画が続く予定なので途中で切ってしまいたくない。

9時過ぎにリセットしようとしたらまだ録画中の赤い点滅ランプがついている。
おかしいなあ。この時間に予約してある番組はないはずだと「予約一覧」を開いたら(ここは開いた)もうとっくに時間が過ぎている物がずらりと並んだままである。(訳わからず)

主電源を落とし少しして入れたらもぞもぞを動き出した。
「予約一覧」を見たら朝の「サワコの朝」と「半分、青い」までは録画されていたがその後は全く無し。
録画中の赤い点滅ランプは何だったのか。
「お知らせメール」を開いたら「あれもこれもあれもこれも録画できませんでした」だって。
「そんなもん、お知らせして貰わんでもわかっとるわ」とすべて削除。

録画できなかった4本のドラマと1本の映画はwowowなので、それらの再放送をネットで検索したら6月の放映日と時間がわかったので書きとめた。
ブラタモリは火曜日の深夜。
これを予約して、録画できなかったものも復活できそうで問題は一応解決した。

このテレビは2010年製とあるのでまるっと8年経ったから、あちこちガタもくる時期なのだろう。

焦って時間を山ほどかけた土曜日の騒動記である。

「ひこうき雲」

自分で音楽番組を見るのはNHKBSで最終週の金曜日夜の「Covers」と3月のライオンが終了した後の「SONGS」くらいである。
その他の音楽番組にはご縁がない。

たまたま今回「録画しておいて」と頼まれたのは「SONGS&FRIENDS」「ひこうき雲」という番組であった。

2018年3月17日 東京武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナにて 一夜限りのステージ

訳が分からないまま録画を観たら、何と何とユーミンのファーストアルバム「ひこうき雲」の楽曲などをゲストたちが歌い、(ゲストに自分の歌いたい唄を選んで貰ったそうだ)ユーミンは当時の録音バンド(そうそうたるメンバー)をバックにピアノを弾いて歌う。

スペシャルなゲストは井上陽水でユーミンと一緒に歌った。

ひこうき雲

荒井由実とティン・パン・アレー

出演者たち



セットリスト

みんなプロだなあと感じた。(JUJUと久保田利伸が気に入った)

焼きました

新しいコンロでまず使ったのは、湯を沸かす事ではなくココットという物を使って焼くことだった。

味付けしてあった肉や野菜やキノコ類を焼いた。
肉も焼きました

野菜もキノコも焼きました


暑い日が続いていたら扇風機が登場していた。
扇風機登場


5月にこんなに暑いなんてと思って昨年の記録をみたら5月20日 32° 21日32.4° 22日30°とあったので、何も今年だけこんな暑さなのではないと思い耐えることにした。


3日前に「こちらも焼けました」
スポーツクラブの屋外の風呂から「真っ黒な煙が見える」との声が聞こえ、みんなで眺めに行った。
すぐ近くではないが真っ黒煙が上がっているし、その内消防車のサイレンも・・・

水着では野次馬に行くわけにもいかなくて帰りに「どこだ?」とそっち方面へ。
田圃の中になにやら廃棄物のようなものが山積みなった所があったがそこが燃えたらしく、消防署や警察などがまだ検証中だったので近寄れなかった。

で、後日nekoが野次馬根性を発揮して現場検証に行って写真を撮って来た。
こちらも焼けました


お別れしたガスコンロ

二十数年前に設置したガスコンロ。

あれこれと部品を取り換えたりしてここまで来たのだが「もう在庫もありません」と言われてまた数か月。

LPガスをとっているJAのチラシが入って来た。

定価の半額以下だったので即日電話して見に来てもらった。

最上級ではないがそれなりの物を注文したのが先週。

こちらの都合で(主として使う私が説明を受けるのがベストだというので)木曜日の午前10時に時間を指定した。
自分で外せるところを外し、周囲を丁寧に掃除をした。
カパッとコンロを外すと「おお、こうなっていたのか。
古いコンロの撤去

一時間ほどで新しいコンロが設置された。
新コンロ


呼ばれて説明を受けた。
いっぱい教えて貰ったけど一度には頭に入らない。

「あれこれ機能を試して使ってみて下さい。一か月くらいしたらほぼ使いこなせると思います」
「説明書を読みながらやって下さいね」

やっとタイマーやセンサーのついたコンロ使用の仲間入りした。



なべちゃんがWindows10でのフォトで新機能を使って動画をアップされていた。
公開されたときは「難しそうだ」とやってもみずにそのままだった。

しかし、一念発起して「ああでもない、こうだろうか」とひねくり回して作ってみたテスト版をYouTubeにアップした。





各動画間の繋ぎはどうするの?
分からなかったのでムービーメーカーで繋いでやった。
指摘を受けてよくよく見たら、「フォト」の編集で「音楽入りビデオの作成」というのがあって、そこですべて出来ることが分かった。
再チャレンジが必要である。

思いがけず儲けものだった本

2017年11月にアメリカで出版 されたアンディ・ウィアーの注目の第2作。「アルテミス」 
前作の「火星の人」が宇宙科学小説だけど面白かったので読んでみたいと図書館で検索したけど「該当作品がありません」

その代わりに「アルテミス・ファウル」という本が3冊明示された。

カウンターで「これってどんな本?」と尋ねたら出してきてくれたのが、何と児童図書っぽい。
パラパラと見てみると面白そうだったのでそのまま借りてきた。

大当たり!
15年も前に出版され、書庫で眠っていたらしく、紙そのものも日焼けしていたが中身は新鮮だった。

人間の少年12歳が(悪の家系で金持ちで頭が抜群にいい)妖精の世界のひとりを誘拐監禁し身代金を取るという奇想天外なお話だ。
人間は地上に住んで原子力などで汚染された世界。
妖精たちの諸々は地下に潜りそこで社会を作り生活している。

少年は妖精たちの事を知るために「妖精の書」を手に入れる事から始める。
それを持っている妖精を脅したりすかしたりして30分間だけ手にすることに成功。
マッチ箱くらいの大きさの本のうすページをデジタルカメラで撮影し、カメラのメモリーに収まったデータを携帯電話の電子メールで自宅のパソコンに送る。

ことほど左様に、今の自分なら理解できる電子社会の事なども面白い。
妖精たちの方がはハイテクさではまさっているのも可笑しい。(地下のマグマなどを利用し、地上観光ツアーなどもある)
また種々の妖精たち。

一番笑ったのはマルチという名前のドワーフ(妖精の種類)は穴掘りが得意で本当はやっちゃいけない地上の家へ地下から侵入してあれこれ失敬し、しこたま金をためている。
勿論地下警察に何度も逮捕されている前科があり、今回の仕事を成功させたら罪を免除すると言われて、難攻不落のファウル邸に地下から侵入する。
顎を外してひたすら土を体内へ入れ、それを消化しつつ排出しながら進む。
排出するには排出ぼたんを外す。その排出されたガスたるや凄まじいもので、アルテミスの執事兼ボディーガードもこれを浴びて失神するのである。

その光景が想像できて、大笑いした。

2巻目は「北極の事件簿」でこの回は、一転してアルテミスと妖精たちが力を合わ、協力しあう話になっている。
アルテミス・ファウル


映画「ホビット」や「指輪物語」で妖精たちのいくつかは目にしているので、想像しながら読めたのがよかったかもしれない。

エアロ・ズッキーニ・医者の梯子

火曜日はスポーツクラブの休館日だが、連休中に工事をやって休館があったのでその代わりに営業していた。

いつもと違う先生のヨガと初めての先生のエアロを受けた。
先週も同じ先生でやったのだが・・・。
ヨガは大丈夫だったがエアロが「初中級」とあり、普段ズンバもやっていないし、エアロもごく初歩的なのしかやっていなので、まずテンポの速さに慣れるのが大変だった。(最後まで慣れなかった)

見回しても自分の年齢の人は誰も居なくて恥ずかしかったけど、先生がうまく出来ると視線を飛ばして「OK]と指で合図して下さるのが嬉しかった50分だった。


暑い日でズッキーニちゃんも大きくなった。
第1号を収穫しオリーブ油で焼いて甘みそとすりごまで食べた。(写真はすりごまが掛かっていないねえ)
初物は美味しい。
2018 初物ズッキーニ

相変わらず雄花が咲かないので第2号の授粉は何時になる事やら・・・


月曜日に医者の梯子をした。
「医者2軒乗せてって」と頼んだ。
「どこからや?」「リハビリから」とU田クリニックへ。
2週間ずる休みしている間に玄関前の花が変化していた。
U田クリニックの玄関前

終了した後の道が「え?どこへ行くの」だった。
「何で、眼科やろ」
「アレー、言わなかったっけ。内科です」

「聞いとらん」と叱られたので平謝りに謝って内科へと行って貰った。
先月の血液検査の結果は「よろしい」。
「年に1回内臓の超音波検査もしましょう」とやって貰った。異常なし。

で、例のごとくの注意は「太らないようにしましょう。脂肪が内臓につくと厄介ですから」
その時は「そうだ!」と決意するのだがつい間食をしてしまう悪い癖はどうしても直らない。
困った人である。


定植した野菜など

畑へ植えるにはまだ小さすぎる我が家の苗たち。
しかし、辛抱しきれずに植えてまった。(岐阜弁)
接ぎ木ナスとイタリアントマト

植えつけその2

ミニトマトも2株植えた。

終わったもの。
茎ブロッコリー終了

明日にでも初収穫するもの。
2018初ズッキーニ

大根の始末

今年は春大根が食べられるサイズまで成長した。
しかし、この時期の大根はあっという間にとう立ちして花が咲いてしまうので油断大敵である。

10本にも満たない数なのだがそれでも美味しいうちに食べたい。

雨の日曜日、大根を3本始末した。

1本は洋風味付けの炒め煮。
拍子木切りにした大根に塩をふってしばらく置き水気を取る。
オリーブ油で人参と大根を炒め(塩麹漬けの鶏肉の細切りもいっしょに)味付けはコンソメで、仕上げに黒粒胡椒をふって洋風の味にした。
大根の洋風炒め煮

勿論葉も食べつくす。
大根葉の炒め煮じゃこ入り

細めの2本で福神漬け。
3度目の福神漬け風大根


半分は冷凍保存とする。

残りの大根はあと2本。食べきる本数になった。

ダウンロードした物を保存する場所と夕方放映の朝ドラ

以前はダウンロードするとどこへ保存するのかと尋ねてきた。
最近は何とも言って来なくて ダウンロードフォルダに入ってしまう。

以前のように「どこへ」と指定するにはどうするのだろうと探した。
ダウンロード先

保存場所を確認するにチェック


常に一定のフォルダに入れて必要に応じて振り分けた方がいいのか、その都度ダウンロード先を振り分けた方がいいのか。

取敢えずは保存場所を確認するにして使ってみることにした。



こりゃまた古い奴だとお笑いでしょうが、2011年後半期のNHK朝ドラ「カーネーション」を夕方放映されるのを観ている。
夕方放映の

月~金の午後4時20分から2話ずつの放映が基本なのだが、国会中継・大相撲・高校野球などの時は放映中止だそうだ。
という事は今週とその次の週は残念ながら「カーネーション」はおあずけだということになる。
2週間もお休み

30話過ぎまで観たところではなかなかいい。
尾野真千子が好きだから余計にいいと感じるのかもしれない。


手間いらずのセッコク。ほっておいても花が咲く。
セッコクふたつ

バラ園見物

朝「今日、帰宅したらばら園ふたつお願いね」と頼んでおき、プールへ出かけた。

午後3時前に大野町ばら公園へ到着。
結構ゆっくり巡って1時間。
大野町ばら公園2018

きれいなバラたちを鑑賞して次は神戸町ばら公園いこいの広場へ。

ここでも約1時間。仔細に眺めたり、写真を撮ったり、子供たちの声をバックに新緑も楽しんだ。

神戸町バラ2118

帰りにスーパーへ寄って買い物をして帰宅したらちょうど3時間のお出かけだった。

「バラの花の写真をいっぱい撮ったね。毎年同じなのに見るとどうしても撮ってしまうね」とお互い言いあった午後だった。

神戸ばら公園のバラと木々の花たちを動画にし、ユーチューブへアップした。


偽警告

「おい、この頃こんなのが出て来るんや」と言って主人プリントして見せたもの。

偽警告

偽の警告を出してソフトを導入させようとするインチキものである。

「触ったらあかんよ。更新したらあかんよ。」
「ブラウザで×にして終了して。それでも終了できない時はタスクマネージャーを開いて、そのアプリを右クリックし、タスクの終了でおわりにして。」
「次に開いた時に『復元しますか?』と訊いてきても復元しないで。」

など自分がネットで検索したことを先ほどのプリント用紙にメモ書きして渡した。

大きな音がして警告されたら素人は慌てるから、まずパソコンの音をミュートにして心を落ち着けて対処しようとも書かれていた。

自分もPCでは最近お目にかからないが、スマホでこれに類似するものが出てきたことがある。
やはり慌ててしまうのは同様である。

自分のPCは無料のウィルス対策ソフト(Avira Free Antivirus)がいれてあるのでマイクロソフトのディフェンダーは無効になっている。
「父さんは?」と尋ねたら、「無料ソフトの有効期限が来たのでどうしよう」と息子に尋ねたら『ディフェンダーを有効にして使えばいい』と言われた」との事。

チェックしたら確かにディフェンダーのあれこれにチェックが入れてあったので安心したが、偽警告の類似バージョンが山ほどあるらしいから何れも慌てない事がまずは肝要だと思った。



我が家のバラの咲きだした5月9日


最初はなんで私宛なのか?分からなかった。
一足早く早く届いたプレゼント。2段重ねのお重みたいになっていた。
一足早く

スマホ設定ふたつ

マイネオから応募者全員にあたるという大盤振る舞いお知らせが来ていた。

応募したのだが最初の連絡先メールアドレスが吾の連絡先ではない。
息子が最初にこのスマホを使えるようにするためにマイネオさんとの連絡用に設定したままで、これを変えようと思っても出来なかったので「なんか連絡がいけばわかるだろう」とそのまま応募した。

息子から「連絡先の変更はこれこれからこうしてしなさい」とメールが来たのでその通りにやった。
マイネオさんから連絡が来て「変更の確認手順をこのURLでしてください」とあった。
どうやってリンクもないURLへ行けるのか?
書いてあるところをコピーするにはどうするのか?

パソコンでマウスでやるのと同様に文字の所で長押ししてずるずると選択したら、なにやら出てきたのでどうにかしたら確認手順のページへたどり着いた。
必要事項を入力したらすぐに返信が来て「連絡用メールアドレスの変更を確認しました」とあった。
連絡用メール変更

出来た事は出来たのだが肝心の「なにやら出てきたのでどうにかしたら」ところを覚えていないのが悲しい。


エイ、やってみようともう一つ。
壁紙の変更である。

ここで躓いたのは、ロック画面とホーム画面の違いである。
ロック画面は電源を入れると現れる画面。
ホーム画面はロックを解除したときの画面。
頭の中が混乱したので「ロック画面とホーム画面」と同じものにした。
スマホ壁紙の設定

Full Page Screen Capture

IEだとページを保存するのに「単一のファイル」として保存出来るがchromeではそれが出来ない。

参考のページを保存したい時には「Full Page Screen Capture」という拡張機能を使うと画像として保存できると教えて貰った。
また、ページをPDFファイルとして保存する方法も教えて貰った(印刷をするという事から始めて変更とかいろいろ指定してPDFファイルとして保存する)

こんな拡張機能もあった。
Awesome Screenshot: キャプチャーと注釈
ページ全体や一部をキャプチャーし、各種の図形や文字で注釈をつけ、ワンクリックでアップロードして共有できます。


拡張機能のひとつにあって文字なども書き込んだりできるとあったので使ってみようとしたが悲しい事に横文字でキャプチャするときに使う物がよく分からなくてあきらめた。

で、初心にかえって「Full Page Screen Capture」を開いたらPDFでダウンロードボタンがあった。

フルページスクリーンキャプチャ1

フルページスクリーンキャプチャ2

sachiさんのページを画像とPDFと両方で保存してみた。
sachiのページと作品


後から参考としてページをみる時、やはりPDFの方に軍配が上がる。

追記
夜の会で「印刷からする方が簡単」「危険性がない」などの意見があったので「Full Page Screen Capture」でのPDFと比べてみた。
ふたつのpdf

印刷から保存した物

「Full Page Screen Capture」でのPDF


印刷からのものは1.5メガ。FullPageScreenCaptureの方はページ数が少ないのに3.6メガあるが開いた時に見やすく感じた。
それぞれ一長一短あるように思えるが、とにかくchromeしか使えなくなってもページをそのまま保存出来るやり方を教えて貰って幸いである。

おかしいなあ?

一体全体どこへ消えてしまったのだろう。

イチゴを頂戴したのでジャムを作る用意をした。(砂糖をまぶした状態)
イチゴを貰った

容器が不足しているので百均で2個買って来た。
鍋に入れて熱湯消毒をした。
取り出して乾かそうとしたら蓋が一つ無くなっている。(蓋が二つの部品で出来ている)
蓋の一部が紛失

包んであった新聞紙から取り出し、水洗いしてなべに入れた。
そこまでは記憶しているし、ちゃんとあったのに、いったいどこへ雲隠れしたのか・・・

流し周辺やガス台周辺をいくら探してもいまだに見つからずじまいで、物の怪に取りつかれたか?

ジャムは柔らかめのソースっぽいものだが無事に出来たので、瓶の事はもう忘れてしまおう。


春巻きの皮を買って来てあった。
セロリの塩もみと、とろけるチーズと何やらを中身にして作る春巻きをテレビで見たからである。
しかし、セロリを刻んで塩で揉んでという所まではやったのになぜか完成まで行かなかった。

賞味期限が近づいて来ている春巻きの皮を気にしていた。
先日の図書館での雑誌の立ち読みで「アスパラの春巻き」というのが目に入った。
その日は2本しか収穫出来なかったので一日待って喧嘩しない数の収穫になったので、普通の春巻きと共に揚げて賞味した。
春まき2種

「アスパラはこんな手間はかけない方が美味しいかもね」が二人の結論だった。
せいぜいベーコンや豚肉で巻いて焼くだけの方が好きである。


畑の見回り

畑を見回って来た。
ズッキーニ5月6日
毎年の事ながらまず咲くのは雌花ばかり。勿体ないけどこれらは着果しない。


たまねぎのようすは
晩生の玉ねぎが大きくなってきたし、紫の玉ねぎもちょっぴりそれらしくなったきた。


親里芋とジャガイモの花
テストの親芋の芽が出てきた。

蝶になる日を待つ
プランターのコカブは青虫に食われた。
大きくなった青虫はトタン板を登って行き、あっという間にさなぎになった。

好き放題の一日

スナップエンドウ少々とアスパラを2本採って、畑の様子を眺めただけで、朝から途中まで観ていた「ボーン・スプレマシー」を終わりまで観た後、今日返そうと思う本を読んだ。
「ミレニアム5」の下巻の途中から。

最初の頃のサランデルを彷彿とさせる描写に心が躍る。

昼食のパンを片手に本を読み続け、(お行儀が悪い)1時に読み終えたので図書館へ。
予約の本が用意できたとメールがあったし、西川美和の「永い言い訳」が貸し出し可だったので大急ぎで行ったのである。

受付の人に顔を覚えられたらしく「こんにちは」という前に棚から予約の本を出してくれた。(恩田陸 木洩れ日に泳ぐ魚)

次は百均へ。
コンビニのおにぎりのようにフィルムの間に海苔を挟んで包むのがあるらしいと知ったから、それを探しに行ったのである。
Sリアでは2軒とも無かった。Dソーならあるかも・・・
試してみたいだけであるから大量に通販で買うつもりはない。

通帳記入に銀行へ。

酢と煎りごまが欲しくてスーパーへ。
うろうろ回っている間に肝心の二品を買わずに出ていた。

マシン入れ替えとかで3日間休館していたスポーツクラブへ5日ぶりに寄った。
連休で普段のレッスンはすべてお休みなので少しだけ泳いで後は30分歩き、露天の風呂でしょうぶ湯を楽しんでから帰宅した。

夜は「パイレーツ・オブ・カビリアン5/ 最後の海賊」を観るだろう。
本当に好き放題の一日だった。(柏餅も食べた)


咲いている白い花たち。
白い花たち5月5日

パッションフルーツスタート

父さんがグリーンカーテン用のネットを張ってくれたので、早速ぐるぐる巻きになっていたパッションフルーツの弦をほどいてネットへ誘引した。
パッション2018スタート

どこまでカーテンになるのやら、頑張ってもらいたい。

キュウリがキャップで窮屈そうなのもあった。
インゲンももう少しでツルが伸びて来そう。

「伸びなさいよ」と手を用意した。
のぼって下さい

こいのぼり

蕗を頂戴した。
最初はちゃんとヒスイ色を残した上品なものにする予定だった。
白醤油などで味付けした煮汁を冷ましてから蕗を入れて味をしみこませるときれいな色のままになったと記憶しているが、田舎風にしてしまった。
こちらの方が自分には合う。
蕗の煮もの


刻んだ蕗と揚げを煮て炊きあがったご飯に混ぜたのも美味しかった。
蕗ご飯

今日の映画は「ボーン・アイディンティティ」 マットデイモンが若々しかった。


またまた映画とJTrim

向井理と尾野真千子の「いつまた君と~何日君再来~」を前日に見た。
向井理の祖母の本を映画化されたものだそうな。

こうした苦労した話はどうしても美化されがちで今一だった。
尾野真千子の名前に惹かれて観た映画だった。

「永い言い訳」 西川美和 原作・監督 本木雅弘主演。
こちらは良かった。

美容師の妻が夫の髪をカットするシーンから始まる。
最初は美容院かと思ったらそうではなく、美容師の妻が友人とバスツアーへ出かける前に夫の髪を切っていることがわかる。
深津絵里が手さばき鮮やかにカットしているし、いい感じだが彼女はバス転落の事故で死亡し、映画からは退場してしまう。

妻がでかけた事を確認して女を呼び寄せて浮気をするという嫌な男である。
一緒に亡くなった妻の友人宅で子供二人がトラックの運転手の父の留守を守るのを見て手助けすることを始める。
あれやこれやといろいろある。
死の直前に妻に切って貰った髪が伸び放題。
心の整理がついて、妻の美容院へ出かけて長く伸びた髪をカットして貰いに行く。

時間の経過がその髪が伸びていく様子で伺われた。

本木が奥さんが死んでも泣けなかったのが最後のシーンにハラリと一粒の涙を落とすところが印象的だった。
「おくりびと」もよかったがこの映画もいいんでない?

永い言い訳本木



仲間のいもこさんはJTrimで色々な枠を自分で作り、それを我々に公開してくれている。
驚いたことにもう№194にもなっている。

作り方に従ってやるだけの日々だが、ちょっといじったら目が覚めるような変化があったのでここへ貼った。

エッジの抽出で変化


数年前に行った垂井の曳軕まつりに行きたいなあと思って、こっそりとネットで子供歌舞伎の時間などを調べていた。
神社へのお練りはパスしても、午後1時からの八重垣神社での奉納歌舞伎は12時に出かければ間に合うと思い、声をかけようとしたら父さんはパッションフルーツでのグリーンカーテンネットの用意を始めていた。
その気になってやり始めてくれていたので言い出せなかった。

午前も午後も長い事かかって2面のネットを張ってくれたのだが、肝心のゴーヤさんがカーテンにまで成長してくれるかどうか。
2階に運んで越冬させたのだが、加温もしないままだったので殊の外寒かったこの冬を越せなかったのが何鉢も出たし、秋に挿し芽したのも1本の残して枯れてしまったのである。
枝が伸び、カーテンになったらお慰みという事だ。

曇りのち雨

天気予報では昼過ぎには雨が降ると言っていた。

じゃあ、午前中だけ外仕事をしようと畑へ行って草取りをした。
自分としてはかなり丁寧にやった。

ズッキーニを子細に眺めたらもう雌花が見えていたし、晩生の玉ネギも順調そうである。
キュウリはばらつきはあるけどキャップの中で成長している。
ズッキーニの雌花が見えた

悩みは、植える準備が出来た夏野菜用の畝だが、苗がそれに追いついていないことである。
植える準備は

接ぎ木のナス2本だけ買ってきてあるがまだ植えるには小さすぎる。(その他は自家蒔き)
小さい苗1
小さい苗2

あと2週間後くらいにしか定植できないだろうか。


カラーって虫たちに好かれるのかな?
カラーがお好き?


正確に正午前には雨が降り出したので、後はテレビで映画とドラマを観て、「ミレニアム5」を読んだりしてまったりと過ごす。


テレビで映画を見続けた

「3月のライオン」実写映画版の上下を一気に観た。

アニメで放映されたのが3月で終了してちょっと寂しかった時だったのでグッドタイミングだったのである。

前篇はアニメと同じような進行だったが、後編は家を出て行ったひなたちの父親が登場したりしてかなり違っていた。
出演者がすごい迫力で有村架純以外はいい俳優が揃っていた。(好みの問題だが)
3月のライオン前篇

出演者たち

伊藤英明は魅力的だ。
3月のライオン後編伊藤英明
4時間半くらいぶっ続けでテレビの前から離れなかった。

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
04 ≪│2018/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索