FC2ブログ

青枯れ病?

シシトウ2本が突然萎れた。
夜間はしゃんとしてくるが、日中はぐったりである。

雨が降って畑はいい具合に湿っているから水不足でないことは確かである。

検索したらどうも「青枯れ病」というのが該当した。
トマト、ナス、ピーマン、トウガラシ、ゴマ、ジャガイモなどナス科の植物が細菌に侵されてかかる病気らしい。
土壌にはびこるらしい。
すぐに引っこ抜いてゴミとして燃やして貰う事にした。
青枯れ病らしいので


そういえば、トマトもある日突然枯れたものがあった。

土壌消毒を太陽熱でやる方法が書いてあった。
暑い太陽熱で菌を殺すのだそうだが、起こしたり、水を掛けたり、透明マルチを敷く作業をするには今日は暑すぎて、自分が死んでしまいそうなのでやめて置くことにした。

バラの古い枝を切る

蔓バラのサラバンドが伸びてしまって、この間の風では縛っていた麻ひもも切れてしまってバッサリと枝が玄関前まで倒れて来てしまった。
バラの剪定の時期ではないだろうけど、古い枝を切って、今年伸びた枝だけにした。
サラバンドをバッサリと切る


酷暑に耐えて何とか生きている葉ボタン。
踊り子葉ボタンになれるか?少し切り詰めた。
葉ボタン切り詰め


突然萎れた野菜。
ジャンボシシトウ3本のうち、2本が突然萎れてびっくり!
萎れたししとう2本

よく生って喜んでいたのだがあと1本はどうなるか?

テキストを読むより触れて使う

父さんが古いテレビをすぐ持って行けるように配線を取り外してくれた。
午後に、テレビを設置して貰った。
スピーカーと古いブルーレイレコーダーの接続も頼んであったので、若いお姉さんが設定や説明をしてくれた。

大きな配達用の車の運転手。設定の責任の彼女とアシスタントの若い男性と三人であれこれやったので、ものの15分あまりで終了。


テレビとレコーダーの説明書があるけど、とりあえず触ってみた。

リモコンのボタンの位置などが前と違うから「戻るボタンは?」と探しつつも、本体をまず見て、次にレコーダーの方へダビング済みのディスクを入れて再生してみた。

使い勝手は前のようには簡単にいかないが、いくつか無事に観れた。
再生出来た

テレビの後ろはコードでごちゃごちゃ。
父さんに整理して貰った。
配線を整理して貰った


本体のUSB接続の方で録画予約をした。

連ドラとして予約する朝ドラと再放送朝ドラのカーネーション。
毎週録画は出来ないのかと父さんに尋ねたがお答えがなかったので、こちらはパソコンで検索した。

連ドラと同様にすれば毎週予約になることが判明。

あれやこれやと山ほど予約しておいた。

170時間くらい録画できるらしいから300ギガしかなかった以前のように「わ、どうしよう」と慌てなくても済むのはいい。

さて、このテレビは何年生きていることだろう。



バトンタッチするテレビ

不具合が起きて駄目かと思っていたテレビ。
何故かきれいな色に復活して「やれ嬉しや」と思っていたが、主人の言葉通り「最後のご奉公」だったようで、以前よりもっと悪い発色になってしまった。
液晶不具合


「液晶が駄目になったのでしょう」との業者の言葉に「やっぱり、それだよね」と妙に納得してこれは新しいのを買うしかないとやっと決心がついた。

後はどういうテレビを、どのメーカー製品を買うか。である。

今までの一体型は使いやすいけどお値段も高い。
ブルーレイレコーダーも高い。
古くて250Gしかないブルーレイレコーダーが主人のテレビに繋いである。
「俺はほとんど使わへんで、ブルーレイディスクに焼いたり、見たりする為だけならこれでどうじゃ」という。

USB外付けハードディスクを別に買って普段の録画はそれにする。(見たら消す)
保存版のディスクを作りたいような番組ならブルーレイレコーダーの方へ録画すればいい。

こういう方法がやっと理解できたので、チューナーが3あって、2番組同時録画しながらもう一つ別の番組も見れるという東芝REGZA 40v31に決めた。

後はどこで買うかである。

量販のオンラインで価格を調べた。
テレビは設置とかリサイクルとかもして貰いたいので店舗へ行って、オンラインの価格と比べた。
今までの概念だと店の方が高いと思っていたが、最初に行った店でオンラインより店舗の方が安かった。

係の人に物の確認などしただけで価格交渉などしないうちに「買う気だ」と分かったらしく、「古いテレビはリサイクルに出されますか?どういったメーカーの何年ごろのですか」
「少々お待ちください。どこまで勉強させて貰えるか調べます」

提示された値段が満足いくものだったので即決して買う事にした。
テレビと一緒ならこのUSBハードディスクのこの値段から10%引きますとの事で、2TBのを購入した。

予算より1万円安かったので満足である。
これが金曜日の事で日曜日には廃棄されると分かったらしく、テレビは音声は聞こえるけど、今度は白くなってしまってほぼ壊滅状態である。
急いで録画してあってやはり見たいという物をブルーレイにダビングした。
(新しいテレビが来たら見れるように)
辛うじて見える画面


火曜日中には配達設置してくれるそうだが、今までと録画や予約の方法も違うだろうから少しの間は戸惑うだろうと思うが、これでより一層テレビ漬けの日々になりそうである。

なかなか腰が上がらない

雨も降ったし、撤去した野菜の跡を起こして秋冬野菜の準備をしなくちゃと思いつつもなかなか腰が上がらない。

ちょこちょこと草取りなどは出来るのだが、肥料を撒いてスコップで起こすところまではいかなくて今日も見送ってしまった。

ふたつ種を採る

インゲンのj手を取った

秋用ジャガイモ芽だし


本日の収穫物は

調べものに使います

プールでの歩きお話友達の年上の男性は、ネットとかは一切されていない。

「そんなもん、何に使うんや。」とおっしゃる。
「天気予報もニュースもスポーツも新聞やテレビで事足りるやないか」とも。

逆らっても仕方がないので、「そうやねえ」とは言っておく。
が、心では「いやいや、家に居て外界とつながっていたいのですよ」とつぶやく。


そうこう話すうちに「アジア大会の水泳でスタートの時なんて言っているかわかるか?
「オンユアハート」と言っているように聞こえるが、どうだね」とおっしゃる。

「全く観ていませんからわかりません」

「今度は陸上も始まるからよく聞いてみなさい」

自分は帰宅したら調べずには済まない。

YouTubeの水泳のスタートの声も聴いてみた。
耳も悪いせいかよく分からなかった。

テキストのアンサーで陸上との違いも見つかった。

ネットでの答え

この答えが絶対にあっているかどうかは定かではないが、ネットではこう書かれていましたよとかの人には報告しようと思う。
「私はこういった調べもの時にも使います」と。

嫌味なばあちゃんだろうかね。


白川  「ニッポン周遊記」から

岐阜県で白川と言ったら世界遺産の白川郷がごくポピュラーだろう。
そこは大野郡白川村。

同じ岐阜県に白川町と東白川村というのがある。
こちらは加茂郡である。

岐阜県人でも間違えそうでややこしい。

池内 紀著「日本周遊記」という本の中で、

東白川村へ行こうとした。
最寄りの駅はJR高山線の白川口駅で、駅の近くに白川温泉という一軒宿があるので、岐阜駅から予約の電話を入れたら「白川口は白川町で白川村ではありませんよ」
「行きたいのは東白川村であって白川ではありません」

その他にもいろいろ言われた。
立ち寄ってわかったが、合掌造りで知られ、世界遺産になった白川村の観光に来て、白川口で下車する人が、ときたまいる。
東白川と白川を取り違えたケースや白川村と白川町がこんがらがったケースもあるらしい。

宿に入ってからはじめて間違えた事が分かったこともあるそうだ。
合掌造りの白川は飛騨、こっちは美濃だと宿のご主人が当惑顔でつぶやいた。

と。

確かにややこしい。


岐阜県でもう一つ不思議なのが例の「半分、青い。」のモデルと言われる岩村町へは、名古屋からだと中央線に乗り、恵那で下車。
その後明知鉄道で行くのだが、その終点の駅が明智駅。
鉄道はで駅名は
合併し恵那市になったけど町の名は明智であるのに、どうして鉄道名は明知なのだろう。

このこともこの本の中で書かれている。

いいかげんに書くときっと間違う字である。



事前にかなり手を入れて置いたけどやはり背丈の大きい物などは倒伏した。
台風20号で倒れた

また、エイコラサッと立ててやったけで駄目なのもあるかもしれない。

高齢者が大金をおろす時

高齢者が大金をおろすと金融機関から警察に知らせが行くらしい。

婿のお母さんが婿の所へ高額のお金を送ろうとしたら警察から電話があったそうである。
「ご主人の電話を教えて欲しい」
「歩きに行っているけど携帯は持って行っていないと思う」

一旦は引き下がったそうだが、やはりお父さんがつかまらなかったらしく、次は
「息子さんの電話番号を教えて欲しい」
「息子も仕事中は出られないと思う」

二度目の電話で婿が出たらしくやっと放免になったそうである。

話のオチとして笑ったのが、お父さんは元警察にお勤めだった。
ので、お母さんは電話を掛けてくれた警察官の部署と名前と聞いておいたという周到さ。
「だって、お父さんが『誰が電話して来た。なんで氏名を聞いておかなかった』と叱られると嫌だからねえ」という事だった。
流石警察官の妻をしていた方は違う。

帰宅したお父さんに話したら「うん、それでいい」との事だったそうな。

「自分の金をどうして自由のおろせない」とえらい剣幕で怒られる方もあるそうだが、オレオレ詐欺など日常茶飯事に起きていることを考えるとこういった処置もやむを得ないかとも思う。

自分が100万円おろした時は、ATMで50万円ずつ二日に亘っておろした。
窓口だったら「何に使われますか?」と訊かれたかもしれない。

心配して貰っているとありがたく思えばいいのである。


今日も又虫が一匹訪問して来た。
どんだけ田舎やなねん。来るのは虫ばかり。

いもこさんの№296の枠へ入れて・・・
№296今日の訪問者


Google画像検索で花の名前を調べたが・・・

名前が分かっている花などは簡単に調べられるけど、名前が分からない物を探し出すのは手間がかかる。

Google検索で手持ちの画像を検索してみた。
Google画像クリック

Google画像検索

Google画像選択してアップロードする

試しにやってみたヒャクニチソウ・キバナコスモスはちゃんと合っていたが、知りたかったふたつは全くダメだった。

黒い実の画像はオリーブだと出た。
これを検索したらオリーブだって


赤い実の方はマンダリンオレンジと出た。
Google画像マンダリンオレンジ


精度的にみて頼りにならないと思った。

背丈50センチくらい、白い小さな花が咲き、実は1センチ強ののオレンジ色。
「この名前を教えて下さい」とBBSへ投稿した。
拡大写真も添えて

もう一つも同様にして。
背の高さ70センチ
hanatomi.jpg


二時間後に覗きに行ったら。赤い実の方は「タマサンゴ」あるいは「フユサンゴ」
黒い実の方は「イヌホオズキ」の一種だろうとお答えがあった。
両者ともその名前で検索したら間違いなかった。(確認したらしたと返信しなければならない。)

このBBSは、画像の大きさや県名とかどう言うところでとか、なかなか敷居が高いのでちょっと二の足を踏むのだがこうやってお答えが返ってくるとやはり嬉しい。

投稿の仕方を間違え、叱られてやり直したこともある掲示板だが、Google画像検索よりは確実性の点で頼りになることを再確認したのだった。

電気代

エアコンの終日稼働が続いて恐れていた電気使用量が分かった。

前月の倍くらいの支払いだが、まああの暑さを凌がせてくれたのだからやむをえまい。

それにしても一時期だったら節電・節電と喧しかったのが嘘のようである。
太陽電池パネルが活躍しているらしい。

原子力発電はもう要らない?



蟻の巣ころりを置いてその後
小さい蟻その後

餌に対して蟻が小さすぎる。
このエサを巣まで運んでくれないと駄目なのだろうに。薬を間違えたかも・・・

来てほしくない訪問者。
コガネが玄関内へ


殺生をして気が咎めたので、Sachiさんの枠へ入れて成仏して貰う。

w1243コガネ虫



いもこさん№294 繊細な枠のライン素敵だね。相変わらずトッコスさんにサギソウをお借りして・・・

№294サギソウ3 

にわか雨

月曜日は天気予報を全く見ていなかったので、ヨガを終えて外が見える所へ出て「アレー、雨だ」とびっくりだった。

洗濯物、今朝洗ったのは外へ干しておいたが、父さんは「高校野球観戦する」と言っていたので家にいるから大丈夫だとほっとする。
そしてもっとラッキーだったのは、朝ごはん前の畑仕事で枯れた花などを燃やしたことである。
火曜日にしようかと迷ったが乾いているからとドラム缶内で少しずつ燃やしておいたので雨が降っても悔やまずに済んだ。
その代わり、鉢の土を乾かそうとひっくり返して干したあったのだけはびしょぬれになっていた。

すごいね、金足農業。がんばれ!

畑にナメクジ。家の中へ小さな蟻。
何故か洗面台をうろうろしている。
砂糖の中へ入り込んだのと同じ種類だ。

効くか効かないか、こんな物を置いて対策とした。
アリの巣ころりで


ほぼ枯れた状態で、実がかれて落ち続けたりした坊ちゃんカボチャ。
ほっておいたら先端の方が生き返って来て、雌花が咲いている。
もしかしたら・・・と授粉しておいた。
カボチャ大きくなる?

と同時に、この坊っちゃんを食べた種をポットに埋めた。
冬至カボチャ用に遅い栽培も出来るらしいのでやってみることにした。



スマホのラインで文字を入力するのが苦手でパソコンで入力したりしていた。
なべちゃんがLINEで音声で入力する方法を書いてくださったのでやってみた。
「何でもお話しください」画面が出てこなかった。(音声入力はオンになっているが)

どうしてだろうなあと検索してたどうもアンドロイド用の「Google日本語入力」というアプリをインストールしてそれを使ったキーボードでやるらしい。
で、インストールして使ってみた。
音声入力のために

句読点まではうまく出来なかったが手入力よりは早い。
娘にテスト送信をした。

知らなかったことを教えて貰って得をした気がした。

枯れたものの始末

熱波で少々の水やりくらいでは枯れてしまった花や野菜。
色々枯れました

片付けをしなくてはいけないのだが、それより前にすることもある。

油断していたら・・・
キュウリ種用の鳥対策

移植したインゲンが枯れたのでもう一度蒔いた。
芽が出てきたと思う間もなく食い散らされている。
ナメクジも犯人のひとりだろう。
ナメクジの薬

朝方の2時間ではなかなか仕事がはかどらなくて片付けは中途半端に終わった。

ひまわり、頑張って咲いた。 いもこさんの№292に入れた。

№292ひまわり

まわり道して帰る

朝の涼しさは本当に気持ちがよくて、畑の枯れた花や野菜を倒したりして2時間。

ゴミ出しに間に合う時間だったので久しぶりに出かけた。

遠目に見たら神社の方が見え、ブルーシートも見えるので「工事が始まったのだな」と分かったが、その時は見に行かずに帰った。


父さんは7日ごとの義兄のお参りに出かけた。(本日は午前9時から)
自分はプールへ出かけた。

スケジュールをこなし外へ出ると、行ったときはずらりと並んでいた自転車がなくなっていた。
帰る頃には1台だけ

日差しは強いけど風もあるので、いもこさんに教えて貰った天王川のコウホネを探し求めて堤防を行った。
沢山あった。
しかし水中花となっているのも多数。
コウホネ確認

全部頭を出していたらきっと見事だろうとちょっぴり残念だったが、ある場所が確認できたので満足する。


その後も普通のコースではなく、朝ブルーシートが掛かっていた神社の様子も見てこようとまわり道をした。

本殿は触らなくて、拝殿と渡り廊下みたいなところだけ建て替えるようである。
拝殿建て直し中

氏子として毎年1万円ずつ積み立てして来たのだが、神社仏閣を扱う工務店も少なくなる一方だし、工事代金も上がる一方なので相談されて前倒しで着手されたそうな。

あとどれくらいのお金が要るのか。
お知らせは来ていたし、寄付を募るとも書いてあった。
我が家では横並びのお金しかだせないなあ。

お金があって信心深い人はポンと出して下さることだろう。


スッキリ

じめじめした日を経てさわやかな朝を迎えた17日だった。

洗って洗って、干して干して干しまくってスッキリさわやかに寝具類を片付けることが出来たし、自分たちのまで出来た。

こういう日はやる気が起きるから不思議である。

久しぶりにリラックスヨガでゆったりと呼吸をし、エアロで「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」と声を出して気分爽快。
その勢いで泳ぎも出来た。

帰宅してから、おそらく今年最後になるだろう「トマトソース」づくりまでやった。

100点満点。
赤黒くて新しく買うかと言っていたテレビまで柔らかい色が出るようになった。
「死ぬ前の最後の一息だ」と父さんは言うけど、さて、どうなるかな?

映画「ベン・ハー」とキリスト

なべちゃんブログでキリストの磔刑についての記事を読んでパッと浮かんだ映画が「ベン・ハー」。
60年近く前のアメリカ映画だが何回も見た。
ユダヤの貴族の息子が濡れ衣を着せられてローマ人の奴隷になり、ガレー船のこぎ手に落されるがローマ軍のえらいさんの命を救ってその養子になる。

奴隷で辛いときに水を与えてくれた人
水を与えられる

あれこれあって、クライマックスは戦車での壮絶な戦い。
ベンハー戦車


十字架を背負ってゴルゴダの丘へ登る人に水を差しだしたベンハー。その人はかって自分に水をくれた人だった。
水を与える


残されていた母や妹は悪い病気にかかって洞窟内でかろうじて生きていた。
その彼女たちが、磔刑にされ、流れたキリストの血によって病気が治る。
キリスト誕生と治った病


ベンハーの物語なのだが、それと同時にキリストの物語でもあったのだと、ユーチューブのコマ切れのキャプチャ画面を見ながら再確認した。


映画と同時にキリストはなぜ磔刑されたのかを調べた。

「ユダヤ人の王」を名乗ったと同じユダヤ人(敵対勢力)が統治者(ローマ人)に訴え、刑執行権がある統治者が民衆に問いかける。
ある殺人者とキリストのどちらを死刑にすべきか敵対者や民衆に訊いた。

民衆は「今幸せになりたい」と考え
キリストは「生きている間の罪が許され天国へ行ける」という考えを説くので、民衆との意見の食い違いが生じ、不安感が増して死刑にすることにした。

新約聖書の約というのを「翻訳した」という事だと思っていたが全く間違いだった。
1世紀から2世紀ごろキリスト教徒たちによって書かれた書で、神と人間の約束・契約について書かれている。そうなんだ。

ほぼ一日中「ベン・ハー」で過ごした。

およばれしてその後では

2泊3日の三日目14日はは婿殿の招待でランチを食べに連れて行って貰った。

自分は朝ごはんを食べずに行った。(自分はネットでどういったものが提供されるか事前にみていたので)

長良川河畔の店で数日前に予約を取っておいてくれた。
文化屋0

文化屋その1

文化屋その2


ランプステーキなとという物は初めてじゃないだろうか。

帰宅して一服してから子供たちはそれぞれ帰って行った。

子供たちの寝具類を何度か洗濯機を回して干したりしているうちに気分が悪くなってきた。

胸がむかむかしてして来て、実際に吐いてしまった。
時間から言うと食事をしてから3時間たっている。
何かにあたったのかもしれないと、父さんは大丈夫かと訊いたけどどうもないという。

食べ物にあたったのでないのなら、さては熱中症の症状かもしれないとエアコンを入れ(油断して冷房を入れていなかった)濡らしたタオルで頭や首などを冷やしながら寝た。
1時間くらいし、また吐いた。

その後は吐き気も収まってきて翌日(15日)朝には平常に戻って食事も出来たので一安心。

沢山洗濯したのに皮肉なもので、雨が降っている。

お墓参りもお仏壇のお参りもパスしてだろうなあ。

ビデオ鑑賞会で記憶を繋ぐ

二番目の夜に飲みながら「そうそう」と言って車山ビデオの鑑賞会をした。

思い起こせば35年くらい前に家族で美ヶ原や霧ヶ峰へ行ったのだったかとかを覚えている各人の記憶を出し合った。
(婿殿はかやの外になってしまった)

共通している思い出は、霧ヶ峰あたりでものすごい雨が降って駐車場から店(だったと思う)へも行けなくて高校野球を車の中で聞いたという事。

車はブルーバードだったとか。
野球は横浜高校だっただったとか。(1980年の横浜対早実の決勝戦だったのなら愛甲と荒木大輔だったらしい)
娘が熱を出したとか。
美ヶ原のふもとの宿から息子は歩いて登り、我々3人は車で登り、頂上へは息子の方が早く着いていたとか。
美しの塔で鐘を撞いたとか。
諏訪大社も行ったとか。

息子が一番多く覚えていた。
我々は記憶はほぼ飛んで行ってしまったままである。


みんながまだ就寝中の午前にいもこさんの枠 №286を作成した。 画像はトッコスさんからお借りしたヤマトシジミ。

№286ヤマトシジミ




自家製野菜たちとカナダからの肉

12日夕方、娘夫婦は兄と日時調整をして同じ日に帰省した。

雷雨の真っ只中の「こんにちは」だった。


前から決めていたメインの夕食は、焼き野菜のトマトソースかけで、ナス・ピーマン・タマネギ・ジャガイモ・カボチャの自家製ものにカナダから来ていただいた豚肉を添えた。

飲み物係の父さんがあれこれ用意してくれたのでそちらは安心してお任せしていた。

ワインやエビスビールの色々を飲み比べたりしたのであっという間に酔っぱらった。

写真は一枚も撮らずに終わり、痛恨の極みであった。

南無阿弥陀仏!と死ぬなよと願う野菜ふたつ。

いつからここにこうして居たのやら。
バラの木に・・・。
今日初めて発見した。
お盆です 南無阿弥陀仏


こちらは元気はつらつ。蜘蛛の子供たちがわんさかわんさか。
トマトの枝を揺らすとわあーっと動き出す。
蜘蛛の子を散らす


生き延びよと命令している二つの野菜。
もう少し頑張って



ありがたや、「干天に慈雨」とはこのことだろう。
雷雨

一息

暑かった

「言うまいと思えど今日の暑さかな」

38度近い気温の中、自転車で図書館へ行った。
お客さんも少なく館員さんたちも暇そうだった。

読めなかった本を継続で借り、新着の本を2冊借りて早々に退散した。

道中流石に暑くて家までが遠く感じた。

我が部屋には自動でエアコンが入っていた。
「極楽、極楽」

いもこさんの№284の枠にトッコスさんのシロガネグモをお借りして入れた。
№284チュウガタシロガネグモ



愚痴が出るこの頃

ヨガの先生が7月終盤に急遽休まれた。

郡上から岐阜へ通ってヨガを教えてみるのだが、その日は気分がすぐれず講座を終えてから病院で点滴をして貰ってから帰宅しようとしたら「お泊り下さい」と言われ入院になってしまったそうである。

その先生が「頭痛したら要注意です」とおっしゃっていた。

少しだけど頭痛がした。
「こりゃいけないぞ」と梅干をかじりながらお茶を飲みつつ涼しい部屋でゴロゴロした。


37度3分。
これは自分の熱ではない。
10日の最高気温である。
前日も37,7度だった。

いつになったら涼しくなるの?
いつになったら雨が降るの?

ホースの届くところの水撒きはいいのだが、隣にある畑で頑張っている野菜に、せめてもとバケツやジョウロで水を運ぶ。
キュウリ・トマト・ナス・シシトウは死にそうだけどまだ実がなっているから、焼け石に水だとは思いながらも撒いている。
この4種はお盆の帰省客に食べさせることができるかも・・・

パッションも落ちた

ため息をつきながら今日も何とか過ごした。

DVDビデオ作成奮戦記

Windows10になってから一度もDVDビデオを作っていなかった。
前に「DVDメーカー」というのを使ってテレビで見れるDVDを作った記憶はあった。

Windows10には付いていないのだそうな。

車山ドライブの動画を纏めて一枚のDVDをと手持ちの物でやってみたが、データとしては纏めることが出来るがパソコンで見れてもテレビでは見れなかった。
ビデオファイルにするのだったなあ。
変換は出来ても最後に焼くのが出来ない。

フリーの安心そうなものを探した。これに時間がかかった。
良さそうだと使ってみたら最後になって無料版はウォータマークが入ることが判明して×の物もあった。

昔からの定番 DVD FlickとImageBarnはあまりにも長い事更新されていないとか知ってしり込みし、これはどうだとダウンロードして見たもの。
インストールした物

ところがwクリックでインストールしようとすると「アクセスできません」と出て、前へ進めない。
アクセス拒否

何回かダウンロードしても駄目で、「アクセス拒否」はどうしてか?と探し、こうやってみろと言われたようにやってみた。
どうやったのか今では忘れてしまったが、何回かやってみるうちにインストールできる状態になった。

ここへインストールされたのだと確認し、さてmp4の動画7個を取り込むところまでは行った。
タイトルとかチャプターとかその辺はいい加減にして、最後の書き込むところへ来た。

スタート

そこで一難。
デバイスはここですとマルチドライブを指定できるはずなのに出てこない。(もちろんDVDは入れた)
それが指定できないと書きこむことが出来ない。
もう嫌になってしまった。
アンインストールして再度入れ直す方がいいのだろうか。あちこちとみて回った。

日本語化パッチに不具合があるやもしれぬので最新のを貼りなさいとの記事でパッチのZIPファイルをダウンロードして解凍し、ソフトの中のフォルダへ。

ソフトの方ではジャパニーズという選択をしてインストールしたがパッチの追加で「日本語」というのにチェックを入れたら、先ほどまで出てなかったマルチドライブがちゃんと示されていた。
やっと焼き付け開始

じゃあ、後はお任せするよとスタートさせ、「出来ました」というまでほっておいた。
書き込み完了


テレビで確認。よし!
cats.jpg


記念品だからとディスクラベルも印刷して父さんに「一日中かかった。きれいな色のテレビで見て頂戴」と渡して置いた。
dvdビデオ完成


バタバタとDVDビデオにした理由は、お盆に子供たちが来るので「行って来たよ」と話題に上がらせるためである。


Skype更新

7月の終わりごろからスカイプを開こうとするとサインインを求められるようになった。
そしてパスワードを入れろと言われるのでちゃんと入れて、サインインしようとしても一瞬だけ開く感じだが、最新バージョンをインストール画面になる。
パスワードを入れても

今までだと「後で」とすれば開いたのが、今回は何度も同じことの繰り返しで元へ戻ってしまう。
サインインを求められ

仲良しのスカイプは9月までお休みだし、それまでこのままにしておこうと思っていた。
しかし、ブログのコメントでなべちゃんから「アプリ版の画面説明をSkypeに貼ったので参考にして」とあった。
SkypeのV7は9月には終了してV8を使わせるというMicrosoftさんの作戦らしいが、開いた画面や使い方がずいぶん変化があるらしいのでひとりではやりたくない。

ならばと、Windows10に最初から入っているSkype(アプリ版)を使えるようにしてみることにした。

V7の設定などがちゃんと引き継がれるかちょっぴり心配したが、なべちゃんの言われた画像も保存できたし、ほかの方にも送ったコメントもちゃんと読めているよとの返事が来たのでまずは一安心。

入れることはわかったけど、実際にグループで話したり画面共有などは9月になってやってみなければ分からない。
SkypeV12.jpg


V12が大丈夫だったのでV7のやかましいアップデートもついでにやってしまった。
SkypeV8.jpg

両者とも似たような画面でどっちがどっちだか分からなくなってきた。

なべちゃん、いろいろ有難うございました。
9月になったらまた教えて下さい。 よろしくお願いします。



いもこさん枠 №281 丸バージョン
№281その2イボクサ

「あの記事はどこへ行った?」

昨日予約で記事をアップしたはずだから今日の朝、7時に開けてみたが見当たらない。

昨日は医者の梯子とスカイプのバージョンアップなどの記事を書いた。
それに使った画像もアップロードされているのに記事がない。

せっかく書き続けたブログなので慌てて書く。

リハビリで時間待ちの時に掌に載せて貰った物。
トマトかほうずきか

トマトだと言われて食べてみた。
何とも言えない味だった。
もうちょっと色づいたらもっと美味しかったかもしれない。

アットホームなリハビリ室だった。


Skype更新騒動は明日にでも・・・・



死にそうな暑さの中で

連日、エアコンを頼りにしているとは言うものの本当に死にそうな暑さである。

当地方は2日連続で39度を超えた。

「あ、これも枯れた。」「えっ、これも」という中で、水やりをしているとはいえ花を咲かせている物もいる。
褒めて遣わす。

8月6日の花


鉢土の整理

枯れたり終わってしまった花の鉢土の整理をした。
やらねばと思いつつ一日伸ばしにしていたが前日にひっくり返して乾燥させておいたものをふるいにかけ、残すもの、ゴミにするものなどに分けて終結。

陽が差してこないうちに何とか終わらせた。
廃土の整理

蜂やカマキリが元気にしている。
元気ですなあ

我は早々に部屋に引っこんで蜂さんの動画編集をした。




待ち遠しい放映と三ヵ国の「グッドドクター」

NHKの朝ドラ再放送の「カーネーション」を楽しんでいる。

しかし、初めから分かっていたとはいえ、国会中継は突然にやって来て放映中止。
「何で2週間もお休み?」と思ったら大相撲中継だった。

やっとまた放映され始めたので「毎週録画」と毎日予約を入れ、綾野剛との恋のお話を胸キュンで見ていたら3日金曜日に「次回の放映は8月27日です」とある。
考えたら高校野球だ。

3人の娘さんたちも大人の俳優さんになってまた面白くなりそうだ。
ああ、3週間後が待ち遠しい。



日本製「グッドドクター」というのが放映されている。
WOWOWではアメリカ版「グッドドクター」と韓国版「グッドドクター」を放送している。

自分はアメリカ版を韓国がリメイクしたのだとばかり思っていた。
それを又日本でも作るなんてとちょっと嫌だった。

ところが制作は韓国が原作でアメリカがリメイク。
同様に日本でもリメイクするという順番だった。

アメリカ版を見ていないけど韓国版は観ている。
日本版も2回ほど見たがどうしても観たいというほどではなかった。(話が分かっているせいだろう)
グッドドクター三か国

韓国って他所の国のドラマなどのリメイクって多くない?

水分不足

キュウリの酢の物で白砂糖を使おうとしたら固まってしまっていた。
固まってしまった砂糖

サラサラにする方法があったはずだが忘れてしまっていたので検索。

簡単な方法でやってみた。

数時間で

さらさらなった

霧吹きで水分を足してもいい。
水分を追加する。そういうことである。


アッシー君送迎でプールへ行った。

お迎え時間の13時30分まで5分くらいあったのでロビーでスマホを見ていたら「ピーポー、ピーポー」と救急車の音がした。
どなたか熱中症だろうかと思いつつふと目を上げると何と救急隊員の方たちが入って来られた。

フリーの女子の更衣室ではそのような気配はなかったが、隊員さんたちが入っていったのはスクール用の女子更衣室だった。
まさかやじ馬で覗きに行くのも失礼かと思い、受付の人に「さっきまでスクールを受けていた方ですか?」と訊いたら「そうです」との事。
4人受講していた中で3人はフリーの更衣室に居られたから残りのひとりはあの方か。

救急車が来た

大事なけれがいいがと心配しつつもアッシー君の車も見えたので退出した。
身近に救急車を見るとドキンとしてしまった。

トマトソース煮込み中

花などに水をやった後に朝ご飯を食べ、その勢いで台所仕事を始めた。

焼いて後は冷蔵庫へ

へなちょこキュウリは


そしてメインの仕事は溜めておいたイタリアントマトのソースづくり。
とろとろ玉ねぎも一緒にぐつぐつと煮込んだ。

[広告] VPS


午前中は台所で頑張ったので午後はもうのんべんだらりと涼しくして過ごした。
午後1時50分現在、38,4℃だって。うひょー。

※ 火星最接近
映画「オデッセイ」を地上波初で放映されるのを週間テレビ番組で知った時、放映する日にちを見て「31日でしょう」と思った。
「オデッセイ」は原作の題が「火星の人」といって、火星に一人取り残された人のサバイバル物語だから・・・
日蝕や月蝕と違って今日しか駄目という訳でもないから、細かい事は言わなくていいかな?

排泄物でジャガイモを育てるシーンが面白かった。

昔話をしながら歩いた

暑くなる予報だったけど自転車でスポーツクラブへ出かけた。
(アッシー君は定期の病院通いで留守)

自分にとっては難しい運動(ステップ)を必死でやった後はひんやりと冷たいプールへ入って一休み。
泳ぎたかったけど各コース2人以上泳いで見えたので、下手くそな自分は遠慮してひたすら歩くことに専念した。
とは言っても、口の運動もした

歩きながら現在の泳ぎのレッスン風景を眺めながら自分たちの時の事を思い出してはおしゃべりをした。
その方も水が恐かったという人なので話が合った。

「ブクブクと沈んでしまってパニックになってコーチの(若い男性)足につかまって浮かんだ」とかやっと25メートル泳げるようになった後にターンの練習をした時「セミのように掴まって泣くんじゃないよ。ターンするんです」と言われたとか。
25メートルでハアハア息を切らして一息つき(手でプールサイドにつかまり、足もサイドに着いた状態)がよく分かるので大笑いしてしまった。
水中ウォーキング
ああいう先生が居たとかこういう先生にも教えて貰ったとか、懐かしいお顔を思い出しながらおしゃべりウォーキングの1時間だった。



いもこさんの枠 №273と№274。
出来なかったところも教えて貰って出来、嬉しかった。
№273水芭蕉

№274赤いバラとワイン2


プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索