FC2ブログ

あっという間の一年

あっという間に一年が過ぎた。
自分たち夫婦は、まずまずつつがなく暮らせた。
が、夏に主人の長兄が亡くなったのは寂しい事である。

歳に不足はないと言うものの、親と同様、兄弟も、いつまでもいてくれるような気持で過ごしてきているから心寂しい。


「長距離の運転はもう最後だ」と言いながら長野県へのドライブ旅行は思い出に残っている。
おいしい食事だったなあといまだに思い出す。
宿のご主人のブログはずっと見ていて、夏しか知らない車山の雪景色やスキー風景など楽しませて貰っている。

パソコン仲間やプール仲間から本当に沢山の物を頂戴した。
頂きっぱなしで申し訳ないと思っていいる。

プールと言えば、スポーツクラブへ元気に通えた事も特筆すべきだと思う。
ヨガの先生が「ここにこうして居られる事、この体に感謝しましょう」と言われるが、本当にその通りだと実感するこの頃である。
ちなみにエクセルのメモ帳に行った日は○としているので年間トータルをみたら、198回だった。
雨の日は主人の送迎付き。そうでない日は自転車で。
来年もこうして元気に過ごせたらいいなあと一年の最後に思った。

前日のローストビーフの試食。
一応真ん中はまだ赤いいろが残っているのでまずは良しとしよう。
おろし大根にポン酢醤油をかけ、和風にしてみた。
和風ローストビーフ

一年間訪問していただき、またコメントも頂戴し有難うございました。

rantana-thank-ani.gif

yoitoshi-train-seishi1.png


寒いときは台所で

雪が降って寒い29日。午前中は台所で過ごした。

ローストビーフとバックリブのコーラ煮とサツマイモを使った色々。
ローストビーフ1
ローストビーフ2 ローストビーフ3 


バックリブのコーラに
コーラ煮2


沢山の芋を茹でて
サツマイモ加工品


サツマイモの試食をし過ぎて胸やけがする。

今日もバタバタ

財布の中のお金が千円未満になってしまってはどこへも出かけられないので、朝一番におろしに行った。

自分としては最後のスポーツクラブ行きで、「リラックスヨガ」と「やさしいエアロ」を受講した。
流石にのんびりこんなことをしているの人は少なく、プールへ行っても数人しか居なかった。
すいている時に泳ぎたかったが、分刻みのスケジュールとなっていたので15分だけ歩いてお終いにした。

通帳記入で銀行へ・スーパーで少しだけ買い物・帰宅・美容院でカット・お墓参りと慌ただしく一日が過ぎた。

スーパーで2割引きに釣られてオーストラリアンビーフを衝動買いしてしまった。(クリスマス食材の残りものだろうと察したが)
作った事がないローストビーフにチャレンジしてみるつもり。
一か八か勝負して火が通りすぎてしまったらサラダにでも使えばいいと思ったのである。

お墓は実家も本家ももうきれいな花が供えられていた。
最近はお参りする回数が減ってきて、何となく心が疚しく思っていたから今日お参りできてホッとした。
今年最後のお墓参り2
2018最後のお墓参り1


大根とセロリの漬物。簡単で美味しい。
即席漬けふたつ


天気予報通り29日の麻は雪である。
「おお!寒~」 昨日お墓参りに行っておいてよかったなあ。
2018初雪

花をかき集めて

寒くなる予報なので、大事にしてあった寒菊など花をかき集めて来た。

バケツに入れたままにする予定だったが「始末しよう」とあちこちへ配分して飾り、お墓用の花も出来た。
床の間は多量の南天と寒菊と水仙である。
正月だけど松はなし。
年末の花

ロウバイは父さんの部屋へ飾ったので「あれは何という花や」と尋ねられた。
においで気がついたようだった。


一日前の事だが、玄関を開けたらいいにおいがした。
鍋にシチューが仕込んであった。
しめしめ。今日はもう何も作らないぞとなまかわを決め込んだ。
味はちょっと濃過ぎたのでご飯を混ぜて食べた。
作って貰ったのだから文句は言わずに食べた。
父さんのビーフシチュー

いいアイディアだと思ったが

PC同好会の新年会をシュミレーションしてみた。

公民館へ集合した貰った時に、テーブルごとの座席をくじで引いてもらっておく。
先生方はいつも指定席だったが「僕もくじを引きたい」とおっしゃったそうなので監事4名以外は「ABCDE」の4枚ずつ用意する。
(BBさんが用意してくれるそうだ)
新会員の紹介・先生方の言葉など頂戴し会食へ。
その前にアルコールを召さない方は希望のソフトドリンクを注文する。
乾杯。会食。
デザートくらいの所で新役員の紹介。
なべちゃんのお母さんのアクリルたわしを頂戴しているのでこれを配る。
「ボケない小唄」を歌い、一本締めをしてお開き。


なのだったが、最終の打ち合わせに店へ行ったときに「歌を1曲歌っていいですか」と尋ねたら「ほかのお客さまもおいでなので歌はご遠慮させていただいています」と断られてしまった。
102歳のお母さんが眼鏡もなしで編まれたタワシ。
福寿たわし
ボケない小唄歌詞

長寿たわし」とか「福寿たわし」とか呼んでいる縁起のいいものと「ボケない小唄」はいいセットだと思い、歌詞カードも印刷して皆さんに配ろうと思ったが残念!
一応個室なのだが、天井近くはオープンになっているので唄はやはりまずいかなと納得した。

副会長に「司会をやって」とお願いしたがしり込みされた。
最後の締めをやって貰ってもいいと思っている。
「BBさん、どちらがいい?」

変身

傷みかけた細めのサツマイモを貰った。

リンゴとのサラダにしようと皮を厚く剥いて水にさらし茹でた。
あっという間に茹って、サラダにするには柔らかくなり過ぎた。

それならばと、マッシャーでつぶしスイートポテトの真似事に変身させた。
なまかわ(方言。怠けるの意)してペーパーの上で広げて切って、そのままトースターへ。
四角のスイートポテト

テーブルの上に置いたので通るたびに口に放り込んでしまう。
小さくカットしたのがかえって仇になったかもしれない。


金曜日ごろから寒波が来そうなので、土に預けてあった正月用の里芋を掘り出した。
同様にしていた大根も1本掘り出し、芋の大きいのと一緒に煮ることにした。
掘り出した大根と里芋


今年最後の月曜日のヨガ

月曜日の「ハタヨガ」クラスは今年最終という事で先生のお話も少しあった。
上手く書けないが・・・

ヨガは心と体を結ぶもの。
ヨガのポーズと深い呼吸をしながら自身に呼びかけましょう。
心はゆったりとしている? そして今日の自分の体に感謝しましょう。
呼びかければ必ず変化はして来ます。

だったかな?

いつも最初に足の指を動かしたり、なでたりさすったり。
また腹筋などもしたりしてからスタートする。

今回は残りの時間(30分以上)はただひたすらに太陽礼拝を繰り返すという事をした。
吸って吐いての呼吸に合わせながら、最初の3回は先生のリードとともにやり、その後は各自の呼吸に合わせて行った。
途中でしんどくなったら子供ポーズでお休みも可だった。
何回やっただろうか。
同じ動きを呼吸と共に続けることで頭の中でいろんなことを考えなくなったのが不思議だった。
有料のレッスンでは108回続けるとかおっしゃっていた。

こんなシンプルな動きを繰り返した。
太陽礼拝


一日前から味付けしておいた鶏のももを焼いて24日の夕食にした。
中まで火が通るようにと焼き過ぎたかも・・・
24日の夕食

ケーキはなし。

引き出しの掃除は?

台所の引き出しの中を整理するはずだった午前中。

並行して調理もしようと思ったのには無理があった。
午前中はこんなことをして
煮込み料理なら並行してやれただろうけど、刻んだり炒めたりと手は2本だったので整理は全くやらずに終わってしまった。

午後は、風呂場とトイレの細かいところも丁寧に掃除をしたので、ご褒美にイ・ビョンホンの2006年の映画「夏物語」を観た。
イビョンホン夏物語

韓国の1969年の独裁政権下における学生たちの運動なども含め、ひと夏の恋。
が、成就せず別れた。
何十年もあとに死の床についた彼が導かれるようにして彼女が居た場所へたどり着く。

ラブストーリーなのだが、イビョンホンが良かった。
また、やっと電気が来た田舎でテレビで月面着陸の様子を見て驚くシーンがあった。

このテレビ放送は自分の頭にも残っていて、隣りのおばあさんを呼びに行って「お月様に人が行ったよ」と一緒に画面を見たのを忘れていない。
きっとおばあさんには何のことか分からなかったのではないだろうか。
映画の中でも田舎の人たちはテレビと頭上の月とを見比べて頭をかしげていたから。

おうちで映画館風に

貰いもののポップコーンが一袋出てきたのでレンジで爆ざした。
ポップコーン爆ぜて

映画館のように山盛りにしたポップコーンを膝に抱えて録画してあった中国製歴史ドラマを2本観た。
中国の歴史ドラマ
年末だとか大掃除だとかは頭から除外して楽しい時間を過ごした。


冬至のカボチャはポタージュスープで食した。
ユズは二つだけお風呂に入れて楽しんだ。

次々と

「銀河鉄道の父」から始まった門井慶喜シリーズ。
「江戸を建てる」は、ほかの人に紹介したくらい良かった。
その勢いで「屋根をかける人」を読んだ。

教会や学校など多くの建物を手がけた建築家。
メンソレータムで知られる近江兄弟社の創業者として、日本近代史に大きな足跡を刻むウィリアム・メレル・ヴォーリズを描いていてこれも面白かった。

このメレルと結婚した華族の令嬢の満喜子。
この満喜子を描いたいい本があるとネットで見たので借りた。
玉岡 かおる著 「負けんとき ヴォーリズ満喜子の種をまく日々」である。

大名だった人は明治になって華族という事になり、そこの娘さんは御姫様なのである。
お兄さんが広岡家の娘さんと結婚し、婿養子となっているので女性実業家として活躍する麻子をまのあたりにする。
華族という出自に思い悩んだりしながらも亡き母親がつけてくれた道しるべをたどりながら、女子が学ぶことなどの手助けをする話らしい。
上巻の途中までであるが先を早く読みたいばかりである。

次々と読んで楽しい本に出合えていて心が落ち着く。
本2冊


切り漬けと下味をつけた肉との炒めもの。
豚肉でもやったし、鶏肉でもやった。何れも美味しかった。すごく得をした気分である。
肉と漬物の炒め


冷凍庫の整理

冷蔵室内の整理や掃除が終わったので、勢いで冷凍庫の整理をした。

よくこれほど貯め込んだと自分ながらあきれるほどの物。

春に水菜やホウレン草・小松菜などを刻んで保存した物は結局ほとんど食べていない。
畑には新鮮なものがあるのだからもっと早く捨てるべきだった。
冷凍庫整理

同様な事をピーマンで残してある。
こちらは少しずつ食べているのでもう少し置いておいてもいいかもしれないと元へ戻した。

次は流しの下や調理台の下の引き出しの掃除が待っている。

流しの下の物をほうり出したところで午前が終わり、今年最後のPC同好会へ。
貰った!もらった!山ほど貰った!(写真には写ってない他の物もあり)
たくさん貰った

帰りは自転車がふらつくくらいだった。
皆さん、本当にありがとう!感謝です。

お取り越しも済んで

お取り越しも早くに済んでちょっぴりほっとしている。

年末の掃除であるが、今年は畳の表替えやふすまの張り替えなど11月にしたので、何となくきれいになって「もう済んだ」みたいな気分なのである。

畳の部屋に置いたある整理ダンスやロッカーなどは除けなくてはならないので、それらは引き出しを全部出して側だけにしてよその部屋へ移動した。

そりゃ、恐いくらいの埃が積もっていた。

押し入れや天袋も張替えの引き取りに来る前にみんな出して掃除をした。
(ふすまを外した押し入れはとてもひとさまには見せられなかった)
畳が汚れても平気だった。

かなり捨てたりしたので多少はすっきりとした。

しかし、しかしである。
板の間は何もしないので以前のままの散らかり放題、汚れ放題。

うーん。と唸っているうちに一日はあっという間に過ぎて行く。

冷蔵庫内の整理と掃除。
先日冷蔵庫ないの半分だけやった。
残りをやった。百均で買ったトレーなどにジャムなど並べ、使いさしの要らない物を廃棄したので少しは片付いたが、まだ冷凍庫内が手付かずである。

畳表替えやふすま張り替え・網戸張り替えなど随分おそがけの記事になったのには理由がある。
息子が帰省して「おっ!」と驚かせたかったからあえて今頃ここへ書いたのである。
我々はもう慣れてしまった青畳のにおいがすると言っていた。
ふすま・畳表


例の工場用地傍の道路を眺めてきた。
橋から南側

北側は今真っ盛りらしい。
今年中に完成予定だったからもうすぐ出来る。

百均で遊ぶ

10時からアッシー君を頼んだ。

火災保険や生命保険が引き落される銀行の残高が怪しくなってきた。
郵便局に少々残っているお金をそちらへ回すことにしたので、それぞれのATMが用意されているショッピングセンターへ行った。
郵便局の方で出して、その現金をすぐ隣の銀行系のATMで放り込んだ。
2年間くらいは何もしなくても大丈夫。

図書館へ。
本を探して貰ったりするので「ちょっと待ってもらう事になる」と断って入館した。
図書館のイノシシ

最近は事前に借りたい本をメモに書いて行き、館員さんに探して貰う事が多い。

お正月にかかり、長い間借りれるので沢山借りた。
18日に借りた本


最後は百均では一番品ぞろえが多い(と自分は思う)ショッピングモールの店へと行って貰った。

待ち合わせ場所と時間を決め別れた。(約1時間後)
メモしていったもので分からない物は店員さんに教えて貰い、衝動で放り込むものも多々あり約束の時間をオーバーしてしまった。
「電話したぞ」と言われお詫びに昼食を食べて帰ることにした。

フードコートでソースカツ丼なる物を食べた。(初めてである)
ソースカツどん

味が濃すぎて往生したが全部食べた。
水を2杯も飲んだ。

父さんは帰宅した足で姉さんのご機嫌伺いに出かけたので自分は36点も買って来た商品をばらまいて始末した。
山ほどの買い物

今回、ダイソーへ行ったのはスマホ用のリモートシャッターと同じくスマホ用の三脚タイプのスタンド。そしてバターナイフが本命だった。
リモートシャッター

雑誌に乗っていたので買ってきて遊んでみようと大金(リモートシャッターは300円だった)をはたいて買ったのである。

古い花の整理

秋の菊やウィンターコスモスやメキシカンブッシュセージなど花が終了した物から順に切ってゴミに出せるように短くして縛った。
ゴミに出さるように

ぐんぐん成長している紅菜苔。
葉をかき分けたらもう蕾が1本。早くから食べることが出来るかも・・・
紅菜苔に蕾が

寒菊が咲いていた。
スマホに入れてみたアプリのPHOTOGRIDで枠内へ入れてみた。
菊などby フォトグリッド

このアプリはPC21という雑誌で紹介されていたので試したのである。

おかしいなあ?

19日の日曜日に神社関係の集金に伺うと事前にお知らせがあった。

以前に拝殿建て替えの協賛金申し込み用紙が配布されていたので「1万円寄付する」と伝えたら「では19日に領収証を切って来ます」との事だった。
忘れていると当日大慌てになるだろうとジップ袋に「協賛金1万円。積立金1万円。初穂料千円。お札800円」で合計21800円を入れて用意し、父さんにも「ここに入れて置いてあるでね」と念押ししておいた。

「ピンポーン」と見えたので父さんが渡した。

帰られてから父さんが「1万円足らなんだぞ」と言う。
協賛金領収書


おかしいなあ。たしかに確かめて入れたし、家計簿と財布の中身も合っているしなあ。
また間違いをしてしまったと少々悩む。
「新札だったか」と言われたけどそこまでは記憶にない。
「くっ付いていたのなら最終的にわかるからいいや」と言う結論になった。

1時間あまり後、「ピンポーン」。
「すみませんでした。余分に1万円貰ってしまっていました」と返金に来られた。

やれやれ、自分の頭と手指の間違いではなかったことが確認出来ほっとした。

積立金やら寄付金やら少しは賛助した新築の拝殿を見に行って来た。
以前と違って四方が板で囲われている。
これなら大雪でも拝殿内への積雪はなさそう。
津神社拝殿20181216

元旦の早朝の歳旦祭の寒さも余程緩和されることだろう。
津神社12月16日


※「父さんに注意された事
「おまえさんなあ、お取り越しのブログ買いたやろ。浄土真宗では檀家とは言わんぞ。門徒と言うんや」と指摘された。
ああ、そういえばそうだった。
いい歳して「チコちゃんにしかられる~」だった。

野菜の切り漬け

テレビでやっていた「野菜の切り漬け」
漬物としてだけでなく、肉と炒めたり鍋ものにしたりという事だった。

白菜・大根・人参を刻んで塩で漬けるだけ。超簡単。
塩の分量は2%とごく少ないのでちょっぴり心配だったけど第1回として試して見ることにした。
野菜の切り漬け
切り漬けをもむ
容器変更
8時間後試食

大根の葉も少し入れたので彩もよくなったし、試食段階では味もさっぱりとしておいしい。
肉との炒めまではあるかもしれないが、発酵して鍋物にまでたどり着く前に食べきってしまうかもしれない。

ジャガイモとタマネギと大根

 秋ジャガイモを掘ったが、寂しい収穫だった。
哀れな秋ジャガイモたち 
種芋をちっとも買わずに来たつけが来たようである。
デストロイヤー(グラウンドペチカ)は煮崩れしにくいものとして、これらから種芋を使う。
シャドークイーンも数個だけまた作ってみよう。
粉質系のキタアカリは種芋を買って植えることにする。
と、来年のジャガイモ植え付け計画をした。


車庫に下がっているタマネギも数個を残すのみとなった。
極早生タマネギが大きくなるように、年末には追肥をするのを忘れない事。
12月13日の極早生タマネギ 


たったひと畝の大根栽培だったけど今年は大きく育った。
地上にすっくと出ているので、これからの寒気にそのままでは地上部が凍傷にかかってしまう。
それらを覆うほどの土もないので引き抜いて葉を切り、土中に埋めることにした。
2本だけ台所へ行き、残りの7本。
結果はどうなるか分からないが一番外にはこもを被せておいた。
大根収穫と保存

大根の葉の活用


分業で過ごす

いい天気で「掃除日和だなあ」の声を聞こえぬふりをして畑へ。

使ってもいいと言われていた藁で編んだむしろ状の物(こも?)がまだ残っていたので、昨年と同様にえんどうの風除けにセットした。
寒菊がまだ咲きかけなので正月まで保つように霜よけをした。
フリージアも霜よけをした。
母さんは防寒対策

父さんは台所の窓ガラスを外してお掃除をしてくれた。
父さんのお掃除

午前中は分業をして過ごした。


さみしいからとスイートアリッサムを間に入れたら本家のビオラが負けてしまっている。
『庇を貸して母屋を取られる』
母屋を取られたビオラ

鬼の撹乱

大好きな水曜日のスタジオレッスンを休んだ。

前夜、夕食の準備をしようと台所へ行き鍋を取り出そうと流しの下を開けてから頭がふわふわ、めまいがし出した。
食べれるように準備はしたけど吐き気もし出したし、実際吐いたりしたので即寝床へ。
2時間ほど寝て起きたらまだ目は回るしまた吐いた。

朝まで何故か何度もトイレに行きたくなって恐る恐る歩いた。
しかし、その後は吐くこともなく、朝にはめまいもほぼ収まったし、食べることも出来たので自己判断で医者には行かなかった。

しかし、流石にスタジオレッスンやプールはやめておいた。

耳石によるものだと勝手に解釈し、直したり予防したりする簡単な方法をやっていたはずだと「NHK健康チャンネル」から「めまい」を探して読んだ。
ひとまずやっておいた。

外は冷たい風が吹いているのを横目で見ながら暖かくしてパソコンで遊んだ。
なべちゃん紹介の「フェルメール」から始まって「Google アート&カルチャー」内を漂った。

いもこさんのJTrim作品 №403を使って。
中のコハクチョウは自前の画像ではなくネットからの借り物。
№403コハクチョウ2

寒い!でも自転車で・・・

寒い朝だった。

水があるバケツは薄氷が張っていた。
薄氷張る


ジャガイモの葉が枯れた。キバナコスモスも終焉だった。
枯れました

いもこさんのブログをみたらすぐ近くでコハクチョウが居たとの事。動画もあった。

朝の用事だけ済ませて自転車こぎこぎ現場へ行った。
この橋から眺めれば居場所はわかるかと、とりあえず上った橋のすぐ北側でコハクチョウが居た!
尻毛橋から
コハクチョウのいる風景2
コハクチョウのいる風景3

風がないと言っても橋の上は流石に寒かった。
写真を撮っているとウォーキングの人や自転車で通りかかった人も足を止めて眺めておられた。
帰ろうとかばんへ仕舞ったところで鳥たちが一斉に飛び立った。
「あわわ」とスマホを取り出したころはみんな揃って上流へ行ってしまった。折角のきれいな姿を写真にとれなくて残念に思った。

スマホだけでなくデジカメも持参したが結局写したのはスマホだけで、動画もスマホで見る段にはきれいだがパソコンへ入れたらがっさがさである。

繊細な動きの様子は、望遠で撮影したいもこさんの動画で見せて貰って楽しませてもらうに限る。

さっと出かけた事だけは自身で褒めてやることにした。

ビーツ

先日収穫したビーツ。
直径5センチのビーツ

8日に、ビーツ一個をを使ってボルシチを作ってみた。
本来のボルシチの味を知らないけどNHKの今日の料理でやっていた方法が(多少素材などは違うが)簡単だったので・・・

牛肉などでしっかりスープを取ってからやるのが本当らしいが、前に作った鶏肉の団子と茹でた汁を基本にして、その団子少々やソーセージを肉代わりにして、サラダ油とバターで炒めたタマネギ・ニンジン・トマトの水煮とビーツを投入。

キャベツ・ジャガイモ・セロリも入れて、塩・コショウ・ローリエを加え15分煮込む。
おろしにんにく少々混ぜ器に盛ってからサワークリームを乗せた。
ボルシチ?

葉も試しに食べてみた。
オリーブ油で炒めて塩味で。モヤシもちょっぴり。
ビーツ葉も使って


真っ赤なスープと炒め物が出来た。

感想
ビーツはスイスチャードの親戚らしく、生でかじってみると独特のにおいがして嫌だったが煮込んだら全く苦にならなかった。
トマト風味とサワークリームで見た目とは違ってさっぱりとした味だった。


若院お取り越しデビューの事

例年お取り越しは住職がおいでになるが、今年は若院がおいでになった。
まだ龍谷大学の学生さんだけど、土日だけ住職を手伝ってのお取り越しデビューである。(お寺での行事などは以前からされている)

幼い頃の事しか記憶にないのだが、立派になってこうしてお手伝いが出来るようになられてご両親はさぞ嬉しかろうと察する。
檀家の人々もちゃんと跡取りが出来安心であろう。

「真宗学科だったら各地から女性も来ていおられるでしょう?
引っ張って連れて来て下さい。
くれぐれも引っ張られてよそのお寺へ行く事がないようにお願いしますよ」
と冗談まで交わした。

若いからどうかなと思ったユズ柿をちゃんと召し上がって「あ、ユズを使ってありますねえ」と言われたので、ばあさんは大喜びですっかり若院のシンパになってしまった。

いもこさんの枠 №399. どこでどう間違えたのかちょっぴり違ったものが出来た。
それはそれでもいいじゃないかと言ういいかげんな自分である。
№399サザンカ

№399-8


※ 訂正
浄土真宗なので檀家とは言いませんでした。
門徒と訂正します。

古い残りのもち米を消費

土曜日の午後からタイヤ交換に行くと事前に息子から連絡があった。

午後から公民館まつりの準備会議が開かれるので、午前中に畑で野菜を採ったりして持ち帰らせるものを用意した。
8日の収穫色々
収穫12月8日

また、去年のもち米が少し残っているので、主人に助手をさせておはぎを作った。
古米でおはぎ


公民館から帰ったらタイヤ交換は終了していたし、お下がりの2kのブルーレイレコーダーが我がテレビにセットされていた。
父さんから譲って貰ったレコーダーはまた父さんのテレビに接続されたらしい。

ブルーレイレコーダーも4kのを買った息子に「4kの映像はどうやね?」と尋ねてみた。
「コンテンツがすくないからなあ。4kカメラで撮影された自然物などはいいな」と言っていた。
お下がりを貰った自分はそれで満足しているのである。

冬を感じるあれこれ

自転車で走ると寒さがよく分かる。

柿の葉がすっかり落ちてこの間まで危険だった横断。
車の姿がよく分かるようになった。
落葉で見通しがよくなった

ハツユキカズラが真っ赤に紅葉している。
ハツユキカズラ紅葉

こちらはいくら何でももうダメだろうという物たち。
もうダメでしょう

頂戴したみかん

同好会へ行ったらTさんが段ボール3箱にみかんを持ってきてくださった。

おうちでミカンの木がある人以外、頂戴した。
この前も貰ったのでいっぱい食べても大丈夫。(食べ物が沢山あると心までほっこりする)
又もや頂戴したみかん

タイヤ交換に息子が来たらおすそ分けしてやろう。
Tさん、ありがとうございました。

sachiさんの枠に入れて輝いてもらった。
w1282みかん枠付き

ビーツ

9月にまめ子さんさんから種を貰って畑の片隅に蒔いたビーツ。
絶滅の危機に瀕しながらも赤い軸の葉が元気になり、土寄せしたりしたものを2個だけ収穫した。
直径5センチのビーツ

何時収穫するのか分からないので今までそのままにしておいたが9月播きだと11月から12月に収穫するのだそうだ。
大きくはなっていないがさて、これでボルシチなる物を作ってみようか。
トマトの缶詰やサワークリームも買って来た。

赤い軸の葉も食べるといいそうなのでチャレンジしてみよう。

今年の干し柿はちょっと硬めになってしまった。
しかし、ユズを頂戴したのでほんの少々ユズ巻きにした。
『お取り越し』の案内が来たからである。
今年もユズ巻き

しかし、案内状をみたら今年は新発意(しんぼっち)が伺うとある。
たしかまだ大学生のご長男さんだからユズ巻きはお茶請けには合わないかなあ。


カワセミが水中の魚を捕って木の枝で飲み込むところに遭遇した。

青い背中を見せて飛ぶところはたまに見るが、捕食した所は本当に久しぶりに見た。
とは言っても一瞬のことで、口にくわえて飛んで行った先へ慌てて追いかけて、飲み込む様子がかろうじて見れたのだった。
かわせみ食事中

図書館のホームページ

長く休館だった図書館。
3週間借りていた本も5日には返却しなければいけないので、次に借りる本を物色しようと図書館のページへ行ったら「あれれ」リニューアルされていた。

勝手が違って、本の検索も以前よりややこしく(慣れないせいだろうけど)、ログインも前はすんなりは入れたのがうまくいかない。
新しく登録し直しパスワードも入れ直したらやっと入れた。
図書館ホームぺージ一新
ここはすっきりとなって、借りている本と返却日時がさっと分かるようになっていた。

希望する本が3冊くらいOKだったので、受付でお願いして探して貰えるようにメモをして持って行こう。


定期の医者の帰りに赤い木々を目にした。神社の紅葉と個人宅の満天星。
曇り空だったけど結構きれいだった。
津神社の紅葉
個人宅の満天星

買い出し部隊

自分でかなりの間食品の買い物に行ってなかった。
冷凍の肉なども底をついたし、同じく冷凍の稲庭風うどんもなくなった。

雨が降るのでアッシー君をして貰ったついでに買い出し部隊となった。

食品類で段ボール3箱。
買い出し部隊

ホームセンターへ回ってティッシュやトイレペーパー・洗濯洗剤・住宅洗剤なども仕入れた。

軽自動車(後ろの座席は倒してある)空間いっぱいの買い出しであった。

トイレットペーパーで思い出したのが三浦しをんが「びろうな話で恐縮です日記」に
『公共のトイレで自分の番でペーパーが無くなったのに、新しい物と交換して行かないやつは大嫌いだ』
とあって、「そうだそうだ」と同感したものだった。

それは何処であるかというと、スポーツクラブのトイレである。
空になっていて後ろの棚に新しいペーパーがあるにもかかわらずそのまま出ていく人がいるのだ。
「何で私はいつも空のを交換しなきゃいけないのだ」とブツブツ文句を言いながらも(いくらもう一つのペーパーがあっても)そのままにはしておけないのである。

少し前の画像になるが、ナンキンハゼがカラスに食べられなくて残っているの発見した。
今年のナンキンハゼ


以前はあちこちにあるナンキンハゼがきれいに爆ぜて真っ白な実をみられたのにあそこもここもまだ実が爆ぜないうちにきれいになくなってしまっていた。

堤防の土手にこれだけはカラスの目に付かなかったらしくて白くハゼたのが眺められた。

お片付け

今週末は厳しい寒さの予報が出ている。

自分は植物たちを移動させ、父さんは網戸を外して片付けていた。
車庫と簡易ビニールへ
まだ軒下で
ブルーシートに包まれて車庫へ

大根もきれいに乾いた。
ひょろひょろジャガイモを一株掘ってみた。
収穫で


来春はちゃんと種ジャガイモを買って植えよう。

エンドウの定植

ポットに蒔いたスナップエンドウをやっと畑へ植えた。
植える場所がなかったのである。
小松菜が大きくなってしまったので、それらをすべて採ってそこへ植えた。
スナップエンドウ藁で保温付き


咲き出したのや名残りの花たち。
水仙とキルタンサス開花
キンセンカとウィンターコスモス

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索