FC2ブログ

久しぶりの外出

ふわふわ頭の大事を取って1週間外出しなかった。

水曜日のステップは足を使っての運動で、ヨガのように上を向いたり下を向いたりなどの動作がないので恐る恐るながら参加した。
「頭が働かんわ」「許容量を超えてしまった」などとつぶやきながらの50分間。
「試しに万歩計をつけてやってみるわ」という方に終わってから尋ねたら「5000歩を超えていた」そうである。

水曜日はこのステップの後に少しだけ泳ぐのだが、本日は呼吸するとき頭を振るから危険だと自主的判断によって取りやめた。

図書館へ行き、前日調べておいた2冊と、この作家なら借りよう!と衝動的に手に取ったのと継続1冊を含め4冊借りた。

円鏡寺へ寄り、梅の花と香りをちょっぴり楽しんできた。
大黒天となんとか

円鏡寺しだれ梅

円鏡寺花コラージュ

円鏡寺梅3Dオブジェクト

外はいいね。

検証不能で実験終了

わざわざ野菜保存袋なる物を2種類買って試して見ようと始めた実験。

エチレンガスを吸着透過させる大谷石粉末をポリエチレンに加工した「愛菜果」なるもの。
適度な透過性・透湿性を持ち、防曇処理も施してあるので水滴がつきにくく腐敗菌の発生・増殖を抑えます。

と、うたってある。

バナナ。腐らせるのは勿体ないと食べ始めてしまったので詳細な結果は分からなかった。
比較できなかったバナナ

1週間以上過ぎてもまあまあな状態だったので、今後はバナナを買ってきたらこの袋に入れて保存するようにと命令しておいた。(自分はごくまれにしか食べない)

その他のブロッコリーはいまだに変化の差がよくわからない。
モヤシはこの保存袋でない物で実験したが、流石に8日後にはべったりとしていた。(捨ててもいいのでそのままにして置いた結果)

人参や白菜・小松菜・レタス・キャベツ・トマトなども『愛菜果』へ入れられて冷蔵庫で眠っている。

保存袋の実験は結果がよく分からないまま終了し、在庫の袋にあれこれ入れて使う事にした。
洗って乾かせば数回は効果があるというキャッチフレーズを信じて・・・

アカデミー賞

めまいはほぼ収まったけどぶり返すといけないので一日中ほぼテレビの前で過ごした。
(暖かい日差しもあり外出の誘惑にかられたが辛抱した)

アカデミー賞発表もチラチラ見たり、過去のアカデミー作品賞などをあらためて観たりした。

「ゴッドファーザー」は2も3も観た。
アル・パチーノが1の時は本当に若々しい。
2や3では撮影した年数も下っているので中年の男から最後はメーキャップで高齢役もしていた。

「ラスト・エンペラー」
坂本龍一が甘粕大尉役である。
紫禁城内に幽閉されながらもその中では皇帝として育った愛新覚羅溥儀の一生。
幼いころの無邪気さが壮麗な紫禁城内と一緒に見ると切ない。

作品賞にノミネートされていた「ブラックパンサー」も観た。

結局受賞したのは
作品賞    『グリーンブック』
監督賞    アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』
主演女優賞 オリヴィア・コールマン『女王陛下のお気に入り』
主演男優賞 ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』
助演男優賞 マハーシャラ・アリ『グリーンブック』
助演女優賞 レジーナ・キング『ビール・ストリートの恋人たち』

「グリーンブック」は観たい映画候補である。

野菜の花も切り花に・・・
illust4143_thumb.gif
水菜の花を飾る
illust4143_thumb.gif

頭がふわふわした

「あ、おかしい」と感じて眠りについた。
トイレに起きたら頭がふわふわ。 
めまいがする。

吐き気がするほどではないが、ふと頭を動かしたりするやばいのでおとなしくしてテレビを観たりして過ごした。

外ではいろいろな花が咲いたりしてまさに春の様子が見て取れるようになった。
福寿草やっと咲いた
咲きました春の花


小さな最後のビーツとやはり最後の小カブとタマネギも入れてオリーブ油で炒め塩コショウで食べた。
鉄分取れたかな?
最後のビーツ

使ってみたムッキーちゃん

誤配されて一日遅れで届いた「ムッキーちゃん」
試して遊ぼう!
ムッキーちゃんの構造
外皮に切れ目
内袋を切る
遊んでから食べるハッサク

包丁を使ってやればいい事だが、使ってみたかった。
367円で当分遊べる。

届いてないよう~

ネットでおもちゃのようなものを買った。
ムッキーちゃん注文

コンビニで支払いをした。(ちょっぴりドキドキしながら操作した)

ヨドバシカメラからメールが届いた。
翌日も届いた。
ここをクリックすれば追跡調査が出来るとあったので見た。
21日9時頃の時点では持って出ているという状況。
cats郵便物ゆうパケットの情報

「今日中には来るな」と待っていたが来なかった。
22日朝、同様に追跡調査したら配達済みになっている。
お届け済み

郵便局へ電話してガイダンスに従ったが「ただいま混雑しています。後ほどお掛け直しして下さい」

30分程後にはやっとつながった。
こうこうで配達済みだとなっているけど届いてない旨を伝える。
待つことしばし、配達の方へ電話を回された。

もう一度状況を説明し、伝票番号で調べて貰ったらやはり「配達済みになっていますねえ。昼には配達員が戻りますので詳しく調べてその頃お電話差し上げます」

近くのホームセンターへ電話してこの商品がないか確かめたけどないとのことなのでネットで注文し、早く試して見たいから夜にもかかわらずコンビニへ行って送金したのに・・・いらついた。

昼頃局から電話が来て「配達したと言っております」との回答。
「ほかの郵便物はあったけど待っていたのはなかった」と主張した。
「もう一度調べます」

ピンポーンとチャイムが鳴って幼いと言ってもいいような子が「申し訳ありませんでした」と配達品を持ってきた。
「どこにあったの?」
「誤って他所へ届けました。そこの方が間違っていると渡して下さいました。申し訳ありませんでした」と。

その子が連絡したらしくすぐに局からも「申し訳ありませんでした」と電話が来た。

宅配便などでは状況を知りたい時に追跡できるのは知っていたが、配達受付番号がある郵便物もこうしてリアルで調べることが出来るという事が分かったので、今回のご配達は許そうと思った。

水菜と大根と白菜

たった二株の水菜を大事に食べてきたが、植物はちゃんと春が来たことを知っていて花芽が出だした。
遅播きした大根も小さいままだが葉の中心が危ういので抜いた。

それらを使ってサラダを作ろうと思っていたら、まめ子さんがルッコラを持参して下さったのでそれも追加してのサラダになった。
食べつくしサラダ

白菜も半分腐ったようなのだが採って来て、これは野菜保存袋の効果を試す材料にした。
白菜の保存テスト中

この保存袋は父さんのバナナでも検証中である。
明日くらいには結果が目に見えるかもしれない。
「食べずにおいてね」と頼んであるが忘れていなければいいけど・・・

鳥たちも活発に

雨が上がって暖かい日になった。

畑で鳥たちが喧しいくらいさえずっている。(青物をついばむ)

川べりを行くといつものカワセミが、背中だけ見せてくれた。
ジョウビタキの小柄なのがトタンの塀にとまっていた。
飛ぶ鳥停まる鳥

カモたちは仲間同士で群れ集う。

サギはひとりだけで魚とり。
サギ

塩田武士の本二冊

連続で塩田武士の本を借りて来ていた。
「盤上に散る」と「騙し絵の牙」

「盤上に散る」は「盤上のアルファ」で登場した林鋭生を求めて二人の男女が探し歩く。
秋葉もちょろっと登場するが、話がごちゃごちゃしていて面白くなかった。

「騙し絵の牙」は大泉洋を当て書きした小説である。
騙し絵の牙 大泉洋

紙媒体の衰退で女性誌・文芸誌の廃刊を前にバラエティ誌編集長の速水は打開策を探して奔走する。
戦士たちは外においては競合他社やクライアントと、内では同僚や上司とも戦っている。
それらの様子が大泉洋そのままに目の前に浮かぶ。

図書館で借りて読むだけで、買って読まない自分はチクチクと心が痛む。

きっとそのうち連続テレビドラマになるだろう。と思わせる面白い本だった。

「罪の声」ご用意できましたとメールが入ったので塩田武士さんを又借りに行かなくちゃ。

酸いも甘いも

ホウレンソウとハッサクのサラダ。
ホウレンソウとハッサクのサラダ
ヤッパリ酸っぱいのは苦手でマヨネーズも追加してやっと食べた。

皮も実も使ってジャムを作った。
ハッサクジャムとトースト

パンに乗せるには甘すぎた。
ヨーグルトとならちょうどいいかもしれない。

「酸いも甘いもかみ分ける」?

サイト終了宣言とハッサク

JTrimで枠の作り方などアップしていて下さったSachiさんのサイトを訪れたら・・・
突然ですが

今年中はサイトはそのままにして置いてくださるそうだから必要なものがあったら今のうちにダウンロードしておきたい。
最近でこそ、作り方をPDFでダウンロードしているので閉鎖されても残っているが、以前のはページにリンクできるようにしてしかしていない。
これは保存したいと思う物は、今のうちにやっておくのが後でしまった!とならない。
時間のある時に、さかのぼってじっくりと眺めてみようと思った。

次々と新しい物を手順書付きで公開されてきたのは並々ならぬことだったと感謝でいっぱいである。




ハッサクを頂いたので実だけにしてタッパーに入れてテーブル上へ。
二人でちょっとずつつまんでいる。
いつものは手で皮を剥いていたが、今日は包丁でリンゴのように皮むきをしてみた。
内袋の薄皮も包丁でやった。
ハッサクを食べる

もっと大胆に剥いたほうがよかったようである。

今度は内袋はハサミで切って薄皮を取ってみようと思う。

日焼けしたカゴカバーとブロッコリー

自転車の後ろかごのカバーは荷物が多い時は中段を開いて使えるようになっている。

沢山の買い物をしたのでジッパーを開いたら普段は気がつかなかったけど日に焼けて色落ちしていることが分かった。
最初はこんなに派手だったのね。
日焼けしたカバー


父さんが大きなブロッコリーを買って来ていた。
もう3日も経ったので消費しなけりゃと思っていたら朝刊に「ブロッコリーの牛そぼろあんかけ」というのが載っていた。
簡単なので牛の切り落とし肉だけ買い求めて作った。
ブロッコリーの蒸し茹でにはごま油を小さじ1杯と少しの水と塩で蓋をして3分。
ごま油で表面がコーティングされたブロッコリーはいい味になった。

牛肉を微塵に刻んでやはりごま油で炒め、みじんのニンニクも入れて炒める。
オイスターソースなども入れたあんを混ぜて出来上がり。
ブロッコリーのあんかけ

300gのブロッコリーを二人で食べてしまった。

筝と箏

 と
読みはソウで琴の事である。

チラシでもプログラムでも「ソウ」と入力して出て来た字は最初のだった。
なにも迷わずそのままだった。

主事さんに何度か校正をして貰っていたが、主事さんも気がつかれていなかったらしい。
「よく見ると微妙に違うのに気がついてしまったのです」
「ほぼ誰も気がつかないでしょうけどねえ。指摘されたら「あら、ごめんね』と言ってもいいんですけどね」とおっしゃる。
けど、気がついてしまった物をそのままにしていても気持ちが悪いので訂正しプリントして届けることにした。

データで渡そうとした時にワードもエクセルも公民館のパソコンとバージョンが違うのでもしかしたらレイアウトなど崩れるかもしれないと思って印刷した物を持参し、校閲や校正をして貰っていた。
早め早めにやっていたので慌てなくて済んだのでホッとしている。
本当にこれで最終だろうなあ。

通り端のちょっと入った余剰地に梅が咲いていた。
パチリと撮りに行った。
梅の花2019
お土産がついて来た。
ついて来たお土産

食べ切ろう、冬野菜

終末期の冬野菜を食べきりたい。
干して使い、漬けて使う。
ユズ大根と干し白菜


腐りそうな白菜が畑にあと2個。
土に埋まった大根が1本。

全部食べてしまって感謝したい。

どっさり借りても

図書館で本を借りる時同じ作者の本を選ぶことが多い。

今回は白石一文を4冊も選んだけれども結局1冊も読み切ることなく返却した。
(面白くなかった)

一方塩田武士は3冊借りたうち、「盤上のアルファ」はちゃんと読んだ。
「騙し絵の牙」に取り掛かった。編集者の物みたいで面白そう。
「盤上に散る」は「アルファ」のスピンオフらしく、林鋭生物語みたいである。

で、13日に行った図書館では「騙し絵の牙」と「盤上に散る」を継続で借りてきた。

前日新聞の書評を参考に図書館で検索したら大沢在昌「帰去来」と葉真中顕「凍てつく太陽」が在庫としてあったので借りようとしたら「貸出中です」と言われた。
きっと同じ新聞を読んでいる方がおられて一歩遅かったようである。

この図書館にない本を2冊リクエストして来たし、帰宅してからネットから「帰去来」と「凍てつく太陽」を予約した。

こんなに欲張っても読めないかもしれないが、「これは駄目だ」という時の予備に色々借りて来る欲深ばあさんなのである。

いもこさん №463 トッコスさんのアカハタチツボスミレを入れて・・・
№463アカフタチツボスミレ400

校正と校閲

まつり当日に使うプログラムを作成している。

公民館の各クラブから出された原稿を元に、主事さんから指示されたように入力する。
お手本がなかったらどうしていいか手が付けられないのだが、ありがたいことに先達者たちの作ったものがあるし、前年の4月にはPCクラブで先生からの指導もあったのでとにかく入力をしてみた。

印刷して主事さんに提出した。
誤りや注意事項など赤ペンを入れて貰った。(自分でも原稿に対しての疑問など赤ペンで書いておいた)

それをもとに訂正をした。(追加で出場者や歌の題名など変更もあった)

印刷して再度提出してきた。
二度目を提出

校閲と校正はどう違うか?
自分の中では曖昧だったので調べた。
校正と校閲
何となくわかって来た。
一度目の印刷物を渡してやって貰ったのが「校閲」で、今回渡したものを見てもらうのが「校正」にあたるのではないか。


公民館では筋トレ体操が行われている時間だった。
そっくりさんの自転車が停めてあった。
そっくりの自転車発見

スープスパゲティ

怪しい天気だったけど自転車で川べりの道を行った。

カワセミの青い背中だけ拝ませて貰った。
追っかけっこをしているとヨガの時間の遅れるので「また今度ね」とさようならをした。

「今日は定員より少ないので広がっていただいていいですよ」の先生の言葉にマットを動かし落ち着いた。
ドアが開いて遅刻者が入って来た。
先ほど移動した人二人がまた元の位置へと戻った。
遅れてきた人は普通は「ごめんなさい」とか「すみません」とか言うよね。
無言で平然とお座りになった。
どうでもいいけど気になりだすと止まらない。


パラパラする雨の中を帰っての昼食は「スープスパゲティ」にした。(自分だけ)
コンソメで味付けした汁にちょっと干した白菜とベーコンとポキンと半分に折ったスパゲティをいれて5分。
ハイ出来上がり!
白菜とベーコンのスープスパゲティ

陽が当たった白菜は歯ごたえもあっていい味だった。


じゃがいもの芽出しととう立ち

車庫内はシャッターや扉を開けなければかなり暖かいし、南側に透明ではないがガラス戸も入っているので1週間前から芽出しをしようと明るいところへ置いてある。

購入した芋は最初からちょっぴり芽が出ていたのだが、自家取りの芋は発芽が悪い。
種芋の芽出し

あと10日間ぐらい置いておいてから植えようと思う。


紅菜苔はとう立ちしてどんどん伸びて欲しいがサラダ水菜はまだ花芽は欲しくない。
とう立ち

「奥さん、それは無理と言うものです」

遅れてやってきた人

土曜日のヨガレッスンはたった40分間だ。
でもスーパー先生のレッスンなので結構人気がある。

同じスタジオの、前のレッスンが10分前に終了するのでその後に入室してマットなど位置を確保し、足指などをマッサージしたりして温めながら開始の時間を待つ。

定員23名。
広くないスタジオなので前後2列で隣と人と手足がぶつからないようにマットの先端を互い違いにするのがルールである。
時間ギリギリの人が来ると、それまでに用意出来ていた位置を又ずらしたりしなければならない。
それでも時間内なら許せるが、9日は悲惨だった。

先生が挨拶され呼吸の仕方をはじめられる頃にドアが開く。
お一人様かと思ったら続いてもう一人。

先生が「ここをもう少し寄ってあげて下さい」など言われてみんながごそごそと動き、仕切り直しである。
やっと体制が出来上がった所へ又おひとり様入室。

流石に皆から「えー?」とつぶやきの声が上がった。

先生がマットを持って「はい、これが基本の位置。左右はそれに従って前後にずらすのをやり直してください」
皮肉の意味もあるかもしれないが、遅れてきた人は中央の1等席になった。

受付では「定員になっていません」とOKが出たかもしれないが、時間前から待っていた我々は何度もマットの位置をずらしたりしたし、貴重な40分間がより短くなってしまった。

遅れてきた人はきっと居心地が悪かっただろうから次回からは気をつけるだろう。
あ、違う。
3名様の中にいつもギリギリの遅れ気味の人がいたから、あの人は直らないだろうなあ。

初夏になったらこんな青空の下、木陰でめい想したら気持ちいいだろうなあ。
公園ヨガ

ミーハーした

朝刊に中国の男優がスキャンダルを起こしたのでバラエティ番組の登場場面をすべてカットして放映されたとか。
不祥事により番組が放送されなくなったとか、その人が出ていた番組がキャンセルされたとかは聞いたことがある。
が、出ている場面をすべてカットして放映されたので不自然なところがいっぱいあったとか、携わった人たちは大変だったろうとか、どんなふうになったのだという事で放映された番組は視聴率がぐんと上がったとか。

そこに出て来る男優名がどこかで見た事がある。
もしかしたらあの人か?
そうだった。
「呉秀波」は土曜日に見ている中国ドラマ「三国志~司馬懿 軍師連盟~」で主役をやっているウーショウポーそのひとである。
ウー・ショウポー

公開予定の映画もなくなる。
ドラマもネット配信だけになるとか。

日本のこういったお話はほとんど見もしない自分だが、今回はちょっと驚きだった。


午後に美容院へ行ってパーマをかけて貰った。
ぺたりと落ちて来ていた前髪が上がって気持ちがいいのだが、カットもしたから首筋がちょっぴり寒い。
いっぱいお話をした。
マンボウ・思い立って出かけられた温泉・ついでに行ったうどんやさん・Xジャパンのヨシキ・キンメダイ・アンコウの吊るし切り・スマホの画像をブルートゥースで取り出す・ポイントで買った物などなど。

我が夫婦では出て来ない新鮮な話題が面白かった。

ボイスレコーダー 動画から音だけ取り出す

いもこさんがやっておられた音楽を取り出すのに音だけ録音できるとなべちゃんのコメントがあった。
同好会で直接尋ねたら「アプリであるよ」と言われて帰宅してから探した。

録音のミキサーとかも触るとか言われたので、まずは検索してやりかたをみた。

『撮影した動画から音声のみ抽出する方法(Windows10 ボイスレコーダー)』

「コントロールパネル」「サウンド」で録音の所をマイクだけでなくミキサーもチェックを入れた。
「ボイスレコーダー」を立ち上げて置いてオスカー・フィッシンガーでいい加減に音を入れて、映像と音が流れている状態で録音した。
奇妙な音源

レコーディングテスト


何処へ保存されたか?
ドキュメント内のサウンドレコーディングというフォルダに入っていた。

今日は出来た。けど絶対忘れる。
また誰かに尋ねようっと。

既視感(なんだか見たことがある)

「盤上のアルファ」のドラマに触発されて原作を借りてきた。
早速読み始めた。

ドラマを見たからなのか、どこか読んだ感じがする。
既視感というやつである。

もちょっと進んだあたりで「もしかしたら」と過去の借りた本をで調べたらやっぱりだ。
それもたった一年前の2月に借りて来ていた。
感想欄に「第5回小説現代長編新人賞作品。 将棋ものだがさほど感動はしなかった」とある。

2017年の暮れに柚月裕子の「盤上の向日葵」を読んで壮絶な将棋の世界に魅せられて同様なタイトルの本として借りたのかも知れなかった。
だから感想も「盤上の向日葵」ほどではなかったと思ったのだろう。

遠い昔の事は思い出せてもたった1年前の本の事をころりと忘れている。
典型的な老化現象である。


いもこさんの手順書によるJTrimの枠。
山ほど作っているのにいまだに理解してないからよく躓く。
恥ずかしながらの2作。№438と№456。
№438ゼフィランサス・カタリナ350

№456炎

自分でちっとも考えられないので今までどうり真似させて貰うことにする。
よろしくね、いもこさん。

キネマ旬報

新聞の片隅にキネマ旬報のベストテンのうちの第1位の発表が載っていた。

日本映画「万引き家族」
外国映画「スリー・ビルボード」
「万引き」は映画館で「スリービルボード」はWOWOWで観た。

これはさておき、「お!」と目を引いたのが
主演女優賞「安藤サクラ」  「万引き家族」
主演男優賞「柄本佑」  「きみの鳥はうたえる」「素敵なダイナマイトスキャンダル」「ポルトの恋人たち 時の記憶」
sakurato tasuku

若き夫婦なのに二人で同時に主演の第1位を取った。

安藤サクラも柄本もそれぞれ親兄弟たち一家で俳優や監督など活躍している。
この二人の子供が成長したらどんな才能に恵まれるのか末恐ろしいと感じる。


定期のクリニック訪問では「旦那さんは如何ですか?」と受付の方や先生に尋ねられた。
土曜日午後から発熱していた旦那さんが月曜日午後に「やっぱ、医者いってくるで」と行ったのである。
高熱ではないけどまたインフルではないか検査して貰ったけどそうではない。
点滴してもらい投薬して貰いおとなしく家の中で過ごしている。
その旨伝えた。(ちゃんと尋ねられたのでちょっぴり嬉しかった)

その足で図書館へ出向いた。
まだ読む本はあるのだが前夜検索したら「盤上のアルファ」が貸し出せるとあったので急いだのである。
ドラマが結構良かったので原作はいかに?と関心を持ったのである。
盤上のアルファ


冷や汗ものだった

父さんのパソコンとネットワークを作ろうと思った。
父さんのパソコンから我がプリンターを使えていたのだが、先日のトラブル後に繋がらないという。
で、自信はなかったがちょこっと触った。
「再起動」を求められたのでやった。
そしたら、今まではパスワード無しでは入れた自分のパソコンからパスワード入力を求められた。
パスワード1
パスワード2


「面倒だからパスワード無しで立ち上がるようにして」と頼んだのは記憶があるし、それ以後ずっと自動でやっていた。
「え?このパスワードってどんなだった?」
各種アカウントやパスワードの一覧表をじっとながめてみたけどない。
それらを記したノートも開いたけどない。

恥を忍んで息子にお助けメール。(スマホで撮ったPC画面画像添付)と電話をした。
電話は出て貰えず。
少ししてメールが入り、出先なので後ほどとの事。

Microsoftでのログインならパスワードもしっかりと書いてあるし、復旧も何とかなるらしいが、ローカルでのログインのパスワードが分からないとなると大ごとらしい。
焦るまくる。
何故なら、二日に亘って何とかそれらしくなって来たまつりのプログラムは入ったままなのである。
リムーバブルメディアにはコピーしていなかった。

自動にして欲しいと頼んだ時にパスワードを書いてあるはずなのにどうして?

結局「自動にして欲しいと言われたときにこれは危険だと自分のパソコンに書いてあった」と息子から電話とメールが入ったのでその通り入力したらパッと開いた。

その足で公民館まつりのプログラムのフォルダをUSBメモリーにコピーしておいた。

パスワードは一覧表にも追記したし、「父さんも書いておいて」と頼んだし、新しいUSBメモリーを使って万が一の時それを挿すと「確かにnekoさんだ」と確認して新しいパスワードが設定できるようにも準備しておいた。
USBメモリーには「パソコンのパスワード」とシールを貼ってPCの説明書と一緒に保存しておいた。

ここまでが日曜日の話で、一日経って本当にノートに記してないのかもう一度じっくりと見て行ったら、以前使っていたWindowsライブメールの所にパスワードが書いてあり、その横に「パソコンのパスワードも同じ。解除してある」とあった。
これだったのだ。

父さんも解除してあるので「パスワードは書いてある?」と尋ねたら「覚えとるでいい」と言われてしまった。
なるほど分かりやすいパスワードだった。

息子よ、迷惑をかけた。許してたもれ。



毎回パスワードを入れるのは面倒なので、今度は息子にやって貰わずに自分で自動にしてみようと思う。

やってみた。
無事に自動でログイン出来るようになった。 ちょっぴり進化した?

我が家の節分は

節分にお参りして豆まきの行事にも参加したいと思っていたが、アッシー君が土曜日午後から発熱したのでこの企ては放念した。

雨が降らないうちにと自転車で図書館の本を返却に行った。

企画室で可愛いお雛様の展示がされていた。
図書館でのお雛様4
図書館でのおひな様1
図書館でのお雛様2
図書館でのお雛様3
春のイメージをいっぱい貰った。


スーパーへ寄り恵方巻・煎り大豆・鬼まんじゅうを購入した。
我が家の節分

サラダや煮物も既製品を買って来たので夕飯の用意をしなくていいから、自分にとっての恵方は北北西のスーパーだった。

米粒はどこから?

数日前に10㌔の米を買って翌日には容器へ開けた。
レンジ台になっていたり、トースターを置いたり小さな引き出しなども一緒になっている古い古い容器である。

ところが翌日も、その翌日も米粒が床に落ちている。
米粒が

袋からこぼしたのかと思ったりもしたが、掃除機もかけてちゃんと始末したはずなのにまた落ちている。
まさか、ネズミ?
いやそんなはずはない。出たり入ったりする余地がないのだから。

ふたを開けて上からのぞいたり、取り出し口ものぞいたりしたけど分からなかったのが、横から眺めてやっとわかった。

ねじをキッチリ締めてあるはずだが、古くてちょっぴり隙間が出来ていた。
最近は5㌔しか入れた事がなかったのでそんな風になっている事さえ気づいていなかった。
振動などがあると少しだけこぼれ落ちたのである。
隙間から

間に合わせにテープを貼ってこぼれるのを防止した。




隣町の造成地。
まだ周辺を工事中だが、造成された周囲に植栽がなされた。
植物名までは分からない。
造成地植栽

チャット

「チャット」はコンピュータなどネットワーク上で、リアルタイムで文字入力して会話を交わす事。とある。

小説を読んでいてチャット場面はよくあるのだが今回読んだ本では自分の事を書かれているのかと思った場面があった。
ウーマンインザウィンドウ


精神科医?らしき人物がチャットボックスで相談を受けているという設定。
相手のプロファイルは年齢70歳の女性でハンドルネームはリジー。

「リジーさんが入力中」とあるので待った。さらに待った。
余程長いメッセージを打ち込んでいるか、年齢のせいで新しい事を覚えられないのだろう。
私の両親は生前、人差し指だけでキーボードを叩いた。浅瀬を行くフラミンゴみたいだった。
こんにちはと打つだけで30秒ぐらいかかっていた。

もしもし、こんちは。
私が返事を打つ前に、次のメッセージが表示された。
会話にならなくて一方的なメッセージが送られてくる。


そう、自分もチャットというのに全く慣れていなくて、つい長い文章を打ってしまう。
ピンポンのようにあっちからこっちへ、こっちからあちらへというのが会話なんだなあ。

娘とLINEでチャットらしきものをした。
チャットはこんな風?


サツマイモのレモン煮

サツマイモの在庫があるのにまた3本も買ってしまった。

以前のは新聞紙に一個ずつ包んで発泡スチロールにいれてあるのだがそれでもちょっと怪しい。
真ん中あたりがスカッとして来ているのもあった。

ので、それらを腐る前に消費しようとレモン煮を作ることにした。

最初から水や砂糖を入れて一緒に煮るのではなく、輪切りにしてさらした芋を茹でてから砂糖を溶かした液へ入れて5分煮た。
その時レモンを一緒に入れた。
サツマイモのレモン煮


公民館まつりのチラシ提出期限の31日。
欠席者3名を除いて全員が作成して主事さんへ提出出来た。
まつりチラシ提出11枚


サツマイモ、時間を置いたら甘味が浸みこんで美味しくなった。
おやつに食べた。
シロップも一緒に冷凍保存できるそうだがそこまで行かないうちに食べてしまいそうである。
プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索