FC2ブログ

遡上

毎朝、予約した記事が公開されているかスマホで確認する。

確か昨日書いてアップしておいたはずの記事がない。
タイトルだけしかなくて本文や画像もない。
これからもう一度書き直すことになる。 どうして?



鮎の遡上の新聞記事をみた。
根尾川鮎遡上

その後の事だが未だ好天気が続いていたころの近くの川での話。
汚いヘドロいっぱいの川だがこの時期には鯉がのぼってくる。
水が少なくてコンクリート部分(ちょっとした堰状態)の上はすっかり乾いている。
ちょっとした堰
鯉登れず

手前で鯉が行ったり戻ったり。
そこへ女性が二人で両岸から大きなたもを振り回している。
尋ねはしなかったが、そのたもで鯉を捕まえようとしているように見受けられた。
「そりゃ無理だわ。川の中へ入らずには捕まえられないよ。とらえてまさか食べるのじゃないわね?」と心の中でつぶやいた。

その後激しい雨が降ったし、そろそろ田植え時で川にも水が流れて来るだろうからもう安心して好きなところへ行けそうだ。


おおよそこんなような意味の記事はどこへいってしまったのかな?

我が家のバラも咲いたので

3種類しかないけど我が家のバラもようやく咲き出した。
我が家のばら2019

ブログ仲間の皆さんもお出かけになった近場のばらを見に連れて行って貰った。

大野町バラ公園では
「第6回国際バラ新品種コンクール」で最高賞を受賞した深みのある香りの「夜来香(イエライシャン)」や20年の歳月をかけて開発された世界でもっとも青に近いバラ「ブルーヘブン」を見ることが出来る。
河本バラ園の二種
アーチのばらは今年はお休みのようで、大きな株が新しく植えられていたので来年はまたバラのトンネルをくぐれることだろう。

一方、神戸町いこいの広場のばら園はのびやかな風景と共にバラを楽しめる。
いこいの広場噴水
ごうどばら
ごうどのばら1

それぞれのばら公園のよさがあっていずれも素敵だ。

どの位置にどんな種類のばらが咲いているかをかなりの確率で覚えている。
「そうそう、これだった。」と眺め、堪能した。
センダンの木を仰ぎ見たけど花はまだ咲いていなかった。

地方創生ムービーとやらで由紀さおりが主演の映画「ブルーヘブンを君に」が制作されているらしい。
ばらの「ブルーヘブン」を作りだした河本純子さんがモデルとか。
映画制作 

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索