FC2ブログ

古道具屋 皆塵堂 シリーズ

古道具屋 皆塵堂 シリーズ(輪渡颯介著)を借りて来ていた。
全7巻のうち5巻しかなかったので全部借りた。

深川の皆塵堂という古道具屋が舞台で、主の伊平次と小僧の峰吉がやっている店へ新入りが登場し、出くわす怪しい事件の数々。
各巻で新人が変っていく。
皆塵堂はどんなものでも引き取ってしまうことから、曰くつきの道具が集まってきて、中には、何かが憑いている道具も・・・。

釣り好きで店の仕事に熱の入らない主・伊平次と、人を食った小僧の峰吉、そして正体不明の猫・鮪助、地主の鳴海屋の隠居・清左衛門、魚売りの巳之助などがレギュラーの登場者。

何かが憑いている道具には、その背後に、おぞましい事件が存在するけど、最後にはほっこりと収まると言う物語。
猫がいっぱい出て来るのも我と関係ありや無しや。
古道具屋皆塵堂

流石に最後には読み飽きた感がした。

角田 光代 「坂の途中の家」
テレビドラマも始まったのでと思って借りてきたが、ドラマも本も途中で止めた。
暗くて楽しくなかったから。
プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索