FC2ブログ

天安門事件と光州事件

天安門事件から30年とか新聞に出ていても言葉だけ知っているだけで朧気である。
池上彰さんがテレビで解説する時間があるといいなあと思っていた。

NHKがそれらしいのを放映したのでみた。

民主化・自由化を訴える要望を弾圧しなかった胡耀邦の死を悼んで天安門前広場に集まったのが最初で、民主化を訴える運動へとなった。
胡耀邦の後の総書記の趙紫陽も民主化を訴える人たちに同情的だったが解任される。
最高指導者である鄧小平は「これは動乱である」と戒厳令を発効し、1989年6月4日早朝に兵士・戦車・装甲車を突入させ多数の死傷者をだした。
発表では死者319人負傷者9000人であるが、実際にはもっと多かったが正確な数は不明である。
最初は学生たちだけだったのが一般民衆もデモに集まり100万人集会だったとか。
デモを指導していた人でインタビューに答えた人は、弁護士になったあとも民主化などの声を上げていたので弁護士免許もはく奪され、今も監視下に置かれていると答えていた。
国営企業の民主化や外資の積極的導入などにより経済的には大きく成長したが共産党の一党独裁政権はそのままである。

こんな内容だったと思うが、要するに共産党の政権がひっくり返ったら大変だという事で(わが身可愛さもあり)戒厳令を発したのだ。
今でも中国では天安門事件は封印されていて若い人たち「知らない」と言っていた。

一方光州事件は1980年5月に、韓国全羅南道の光州市で起きた学生・民衆の暴動を戒厳軍が武力制圧し多数の死傷者が出たという事件。
中国と違って韓国はこれを映画にしている。

ドイツの新聞記者を光州市に運んだタクシー運転手の視点からちょっぴりユーモラスにも描かれている。
本来封鎖されている光州市へ何とかもぐりこんで客を送った。
その市内での惨状を見てしまった運転手は、一人娘の待つソウルへ帰りたいばかり。
一旦は戻りかけるのだが、自分の国の事でもないのに命がけで現場を撮影し、世界へ発信するのだという特派員を思い、引き返してまた危険な道をソウルの空港へと送り届けるのだった。

この映画は韓国でヒットしたとか。
[JSA」でいい俳優だと顔だけは知っている(ソン・ガンホ)が運転手役。
ソン・ガンホタクシー運転手

天安門事件を全く封印している中国と映画を作って公開されても許す韓国のちがいが少しは分かった。



こんな細っぴいで苗ができるのかしら?
セロリ発芽
野菜ばかりに目が行っていた。マンデビラよ、ごめん!
マンデビラにアブラムシ

プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
05 ≪│2019/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索