FC2ブログ

直木賞選考委員の講評

6月に発表された第161回直木賞候補作品が17日の選考会にて受賞作が選ばれる。
受賞した作品もさることながら、審査員による「選評」も楽しみである。
日本文学振興会の評議員で直木賞担当のそうそうたるメンバーが各候補作品についていろいろ感想などを言ったりするを後から読むことが出来る。
作家が作家に向かって「評」をつけるって勇気が要る事だろうと思われるが、かなり辛らつに講評される人もいるみたい。

受賞作一覧という所で過去の選評などを観るのも面白いが、ここは独断で書かれているサイトなので全部信じてはいけない事だけは頭に置いてそれなりに楽しむ。
2019 第161回直木賞候補作品

15日までに候補作6作品中5作品は借りて来て読んだ。
窪 美澄の「トリニティ」だがこれはまだ手に入っていない。
今までの5作中でneko選考委員が選ぶなら 原田 マハ「美しき愚かものたちのタブロー」である。

今年は国立西洋美術館が開館されて60年。
今しもそこで松方コレクション記念展覧会が開かれているそうだ。
東京国立博物館では松方氏→十五銀行→宮内省という流れの浮世絵展もひらかれているとか。

「日本に美術館を」と西洋の絵画や彫刻を買い集めた松下氏・それに付き添った人・第二次大戦中のパリに残されていた松方氏のコレクションをパリ占領のナチスから守った人・終戦後それらのコレクションをフランスが差し押さえてしまった物を返して欲しいと頑張った吉田首相など、絵画(タブロー)に夢中になり守った人々を描いた作品である。

というタイミングもあって原田 マハの作品が受賞するかもしれないと思うのはミーハー的だろうか?

※ 
午後7時前、大島真寿美さんの「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」が直木賞受賞だった。
neko 選考委員の予想は外れた。
プロフィール

neko

Author:neko
70代の女性。
ブログを始めてから11年目に。

ユーチューブ動画もあり。
下段のリンクからどうぞ。

ブログ 2007年7月開設

デジタル・コルクマ
デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ
最近の記事
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
コメントありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QR
RSSフィード
ブログ内検索